久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 黒松 亮子の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 進行肝細胞癌に対するレンバチニブ治療の初期経験ならびにソラフェニブ治療との比較
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    第55回日本肝癌研究会
  • 2

  • Real World Evidence of Lenvatinib in Adavanced Hepatocellular Carcinoma: A Multicenter Cohort Study
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    The 70th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 3

  • 肝細胞癌におけるレンバチニブ投与前後の B mode 画像の変化
  • その他 / 共同発表 / 2019年10月
    日本超音波医学会(第29回九州地方会学術集会)
  • 4

  • 神経内分泌癌肝転移症例の造影超音波所見についての検討
  • その他 / 共同発表 / 2019年10月
    日本超音波医学会(第29回九州地方会学術集会)
  • 5

  • 長期生存例からみた初発肝癌治療後の長期生存の予測
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    26th JDDW(第22回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.59 A678
  • 6

  • C 型肝癌根治的治療後の再発率,肝予備能,再発後の治療:IFN,DAA,抗ウイルス治療(-)症例の比較
  • その他 / 共同発表 / 2018年 4月
    第104回日本消化器病学会総会
  • / Vol.115 A345
  • 7

  • 【肝臓を診る-肝臓病のキモ】肝不全・肝硬変・肝細胞がん: 肝細胞がん〜「見つかったときには手遅れ」とならないために〜
  • その他 / 共著 / 2017年 6月
    内科
  • / Vol.119 No.6 1181-1185
  • 8

  • 統合プログラム(1)肝癌根治後にDAAにてSVRを達成した患者の特徴:IFN-SVR,肝癌のないDAA-SVRとの比較
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    肝臓、24th JDDW(第20回日本肝臓学会大会、第58回日本消化器病学会大会、第14回日本消化器外科学会大会 合同
  • / Vol.57 No.Suppl.2 A453
  • 9

  • 治療と予防編 第XIV章 肝・胆道の特殊治療 5.経皮的エタノール注入(PEI)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年11月
    肝臓専門医テキスト 改訂第2版
  • / 427-429
  • 10

  • The systemic inflammatory response as a prognostic factor for advanced hepatocellular carcinoma with extrahepatic metastasis
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 7月
    Mol Clin Oncol
  • / Vol.5 No.1 83-88
  • 11

  • 肝細胞癌根治治療後にC型肝炎ウイルス治療にてSVRを達成した症例の検討:IFNとDAAの比較
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第52回日本肝癌研究会
  • / 253
  • 12

  • Hepatocellular carcinoma in Japanese patients with nonalcoholic fatty liver disease and alcoholic liver disease: multicenter survey
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 6月
    J Gastroenterol
  • / Vol.51 No.6 586-596
  • 13

  • Alternative treatments in advanced hepatocellular carcinoma patients with progressive disease after sorafenib treatment: a prospective multicenter cohort study
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 6月
    Oncotarget
  • / Vol.7 No.39 64400-64409
  • 14

  • Hepatic arterial infusion chemoembolization therapy for advanced hepatocellular carcinoma: multicenter phase II study
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 6月
    Cancer Chemother Pharmacol
  • / Vol.77 No.2 243-250
  • 15

  • C型慢性肝疾患症例におけるIFNにてSVR後の肝細胞癌の再発、予後の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    肝臓、第52回日本肝臓学会総会
  • / Vol.57 No.Suppl.1 A308
  • 16

  • Sorafenib for the treatment of advanced hepatocellular carcinoma with extrahepatic metastasis: a prospective multicenter cohort study
  • 雑誌 / 共著 / 2015年12月
    Cancer Med
  • / Vol.4 No.12 1836-1843
  • 17

  • Management of small HCC by aspartate aminotransferase to platelet ratio index in patients with Child-Pugh A
  • その他 / 単独発表 / 2015年10月
    2nd Asian Conference on Tumor Ablation 2015
  • 18

  • 小肝癌におけるALBI gradeを用いた肝予備能評価
  • その他 / 共同発表 / 2015年10月
    肝臓、23rd JDDW(第19回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.56 No.Suppl.2 A764
  • 19

  • 小肝癌におけるALBI、APRI、FIB 4、血小板数を用いた肝予備能の評価
  • その他 / 共同発表 / 2015年 7月
    第51回日本肝癌研究会
  • 20

  • シンポジウム(1)小肝癌における幅広い治療選択環境の重要性
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    プログラム・抄録集 : 第105回日本消化器病学会九州支部例会、第99回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • / 65
  • 21

  • C型肝癌根治的治療後のDAAは80才以上の症例に必要か
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    肝臓、第51回日本肝臓学会総会
  • / Vol.56 No.Suppl.1 A265
  • 22

  • プレナリーセッション: Child-Pugh Aの小肝癌におけるAPRIを用いた肝線維化の層別化と治療方針
  • その他 / 共同発表 / 2015年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第101回日本消化器病学会総会
  • / Vol.112 No.Suppl. A349
  • 23

  • Effect of pioglitazone on outcome following curative treatment for hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus infection: A prospective study
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 1月
    Mol Clin Oncol
  • / Vol.3 No.1 115-120
  • 24

  • Treatment of hepatocellular carcinoma with Child-Pugh C cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 2014年11月
    Oncology
  • / Vol.87 No.Suppl.1 99-103
  • 25

  • Time trends of clinical characteristics in hepatocellular carcinoma patients with chronic hepatitis B virus infection: A field survey between 2000 and 2012
  • 雑誌 / 共著 / 2014年11月
    Mol Clin Oncol
  • / Vol.2 No.6 927-934
  • 26

  • 80才超の高齢のMilan基準内肝癌患者の治療方針
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    肝臓、22nd JDDW(第18回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.55 No.Suppl.2 A614
  • 27

  • 80才超の高齢のMilan基準内肝癌患者の治療方針
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    肝臓、22nd JDDW(第18回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.55 No.Suppl.2 A614
  • 28

  • II.診断編 A.肝細胞癌編 7.腫瘍生検
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 9月
    文光堂、Hepatology Practice Vol.5 肝癌の診療を極める - 基本から最前線まで
  • / 79-82
  • 29

  • 肝疾患における造影超音波検査の有用性
  • その他 / 単著 / 2014年 6月
    久留米醫學會雜誌
  • / Vol.77 No.6 187-193
  • 30

  • ワークショップ(1)Child-Pugh C肝癌に対するMilan基準別治療法と予後
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    第50回日本肝癌研究会
  • 31

  • Clinical characteristics and prognostic factors for advanced hepatocellular carcinoma with extrahepatic metastasis
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 5月
    Mol Clin Oncol
  • / Vol.2 No.3 393-398
  • 32

  • シンポジウム(7)乏血性肝癌のラジオ波焼灼療法のタイミング
  • その他 / 共同発表 / 2014年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第100回日本消化器病学会総会
  • / Vol.111 No.Suppl. A82
  • 33

  • Gd-EOB-DTPA造影MRIをさらに深く知る:Gd-EOB-DTPA造影MRIによる肝細胞癌の形状評価 肉眼所見との対比
  • その他 / 共著 / 2013年11月
    日獨医報
  • / Vol.58 No.2 164-170
  • 34

  • ワ-クショップ(3)ASH/NASH肝癌の臨床像とフォローアップ体制の確立:アルコール性肝障害から発症する肝細胞癌の臨床的特徴
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    肝臓、JDDW 2013(第17回日本肝臓学会大会、第55回日本消化器病学会大会 合同)
  • / Vol.54 No.Suppl.2 A524
  • 35

  • Ⅰ.基本編 9.アルコールによる肝発癌
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年10月
    Hepatology Practice Vol.2 NASH・アルコール性肝障害の診療を極める - 基本から最前線まで、文光堂
  • / 270-275
  • 36

  • 肝細胞癌治療前後の高感度AFP-L3%値と再発の危険性予測
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第15回九州肝癌研究会学術集会
  • 37

  • パネルディスカッション(3)肝乏血性腫瘤の診断と治療戦略:乏血性肝癌患者をいつ治療すべきか
  • その他 / 共同発表 / 2013年 7月
    第49回日本肝癌研究会
  • 38

  • 小肝癌の治療アルゴリズムにおけるAPRIを用いた肝硬変推定の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    肝臓、第49回日本肝臓学会総会
  • / Vol.50 No.Suppl.1 A245
  • 39

  • Humoral immune responses to CTL epitope peptides from tumor-associated antigens are widely detectable in humans: A new biomarker for overall survival of patients with malignant diseases
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    Dev Comp Immunol
  • / Vol.41 No.1 68-76
  • 40

  • 治療と予防編 第XIV章 肝・胆道の特殊治療 5.経皮的エタノール注入(PEI)黒松亮子
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    肝臓専門医テキスト、南江堂
  • / 410-411
  • 41

  • I.肝癌治療選択のKnack & Pitfalls 6.考慮すべき他の条件(1)腫瘍条件 ①腫瘍形態
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    診療ガイドラインに沿った肝癌治療の要点と盲点、文光堂
  • / 128-133
  • 42

  • III.癌診療の現状 5.肝癌
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    今日の診療のために ガイドライン外来診療 2013、日経メディカル開発
  • / 568-658
  • 43

  • アルコール性肝硬変に起因した肝細胞癌における多中心性再発の検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    肝臓、20th JDDW(第16回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.53 No.Suppl.2 A717
  • 44

  • 肝癌治療法としての肝移植の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    第48回日本肝癌研究会
  • 45

  • 小肝癌の予後延長戦略としての脾摘術の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    肝臓、第48回日本肝臓学会総会
  • / Vol.53 No.Suppl.1 A207
  • 46

  • II.各論 1.画像診断 1)EOB-MRIによる早期診断 腫瘍肉眼型の予測とその臨床・病理学的意義黒松亮子、住江修治、佐田通夫
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 3月
    肝細胞癌の早期診断:画像と分子マーカー、アークメディア
  • / 111-117
  • 47

  • 術前画像診断で形態的特徴と血流動態の検討が可能であった硬化型肝細胞癌の1例
  • その他 / 共同発表 / 2012年 2月
    第17回筑後肝癌研究会
  • 48

  • Controversies in surveillance and early diagnosis of hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2011年12月
    Oncology
  • / Vol.81 No.Suppl.1 56-60
  • 49

  • Total and high molecular weight adiponectin and hepatocellular carcinoma with HCV infection
  • 雑誌 / 共著 / 2011年11月
    PLos One
  • / Vol.6 No.11 1-8
  • 50

  • ワークショップ(12):小肝癌の経皮的ラジオ波焼灼術後の局所再発と悪性度、結節部位、焼灼marginの検討
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    肝臓、19th JDDW (第15回日本肝臓学会大会、第53回日本消化器病学会大会、第9回日本消化器外科学会大会 合同)
  • / Vol.52 No.Suppl.2 A562
  • 51

  • Effect of vitamin K2 on the recurrence of hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 8月
    Hepatology
  • / Vol.54 No.2 532-540
  • 52

  • 10年以上無再発の肝癌症例の臨床的特徴
  • その他 / 共同発表 / 2011年 7月
    第47回日本肝癌研究会
  • 53

  • アルコール性肝障害に合併した肝細胞癌の特徴
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 4月
    アルコールと医学生物学
  • / Vol.30 46-50
  • 54

  • アルコール性肝障害に合併した肝細胞癌の特徴
  • その他 / 共同発表 / 2010年11月
    第30回アルコール医学生物学研究会学術集会
  • 55

  • HCV陽性小肝癌治療後3年以上無再発症例の検討 - 長期生存を得るために -
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    肝臓、18th JDDW(第14回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.51 No.Suppl.2 A620
  • 56

  • 6)硬化型肝細胞癌
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年10月
    見逃し、誤りを防ぐ!肝・胆・膵癌画像診断アトラス、羊土社
  • / 118-124
  • 57

  • Recent progress in the management of hepatocellular carcinoma detected during a surveillance program in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2010年10月
    Hepatol Res
  • / Vol.40 No.10 989-996
  • 58

  • Adipocytokine involvement in hepatocellular carcinoma after sustained response to interferon for chronic hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 9月
    Hepatol Res
  • / Vol.40 No.9 911-922
  • 59

  • HCC develops even in the early stage of chronic liver disease in elderly patients with HCV infection
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 8月
    Int J Mol Med
  • / Vol.26 No.2 249-256
  • 60

  • 肝癌症例に対する肝予備能改善を目的とした摘脾術の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2010年 7月
    第46回日本肝癌研究会
  • 61

  • Usefulness of tumor markers in hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2010年 6月
    The 1st Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE)
  • 62

  • HCV陽性小肝癌治療後3年以上無再発症例の検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    肝臓、第46回日本肝臓学会総会
  • / Vol.51 No.Suppl.1 A315
  • 63

  • 過去14年間における肝癌の予後改善と集学的治療
  • その他 / 共同発表 / 2010年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第96回日本消化器病学会総会
  • / Vol.107 No.Suppl. A121
  • 64

  • 画像による肉眼型診断
  • その他 / 単独発表 / 2010年 1月
    第16回肝血流動態イメージ研究会
  • 65

  • Pigment epithelium-derived factor inhibits lysosomal degradation of Bcl-xL and apoptosis in HepG2 cells
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 1月
    American Journal of Pathology
  • / Vol.176 No.1 168-176
  • 66

  • シンポジウム(11)肝細胞癌の生命予後改善のための挑戦(再発予防を中心に):高度の血小板減少を合併するC型肝癌患者における摘脾術の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    肝臓、17th JDDW(第13回日本肝臓学会大会、第51回日本消化器病学会大会 合同)
  • / Vol.50 No.Supple.2 A445
  • 67

  • Characteristics of treatments in patients with hepatocellular carcinoma (HCC) who have survived longer than 10 years
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    International Liver Cancer Association Third Annual Conference 2009
  • 68

  • 10年以上生存した肝癌症例における治療経過の特徴
  • その他 / 共同発表 / 2009年 7月
    第45回日本肝癌研究会
  • 69

  • Characteristics of treatments in patients with hepatocellular carcinoma who have survived longer than 10 years
  • その他 / 共同発表 / 2009年 6月
    3rd International Kobe Liver Symposium on HCC with a JSH-ILCA Joint Scientific Session
  • 70

  • C型肝硬変症例における肝癌根治後のIFN治療の現状
  • その他 / 共同発表 / 2009年 6月
    肝臓、第45回日本肝臓学会総会
  • / Vol.50 No.Suppl.1 A205
  • 71

  • 小肝癌におけるラジオ波焼灼療法の適応 - 腫瘍マーカー、腫瘍肉眼型を中心に -
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    日本消化器病学会雑誌、第95回日本消化器病学会総会
  • / Vol.106 No.Suppl. A45
  • 72

  • パネルディスカッション(5)肝癌の病態別推奨治療;コンセンサス形成を目指す異分野間衆議:5cm以下単発肝癌の治療方針
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    肝臓、16th JDDW(第12回日本肝臓学会大会、第50回日本消化器病学会大会 合同)
  • / Vol.49 No.Suppl.2 A462
  • 73

  • 初発肝癌と再発肝癌の再発,予後の比較と治療法選択
  • その他 / 共著 / 2008年 7月
    消化器科
  • / Vol.47 No.1 97-104
  • 74

  • Natural history of untreated hepatocellular carcinoma classified by tumor staging
  • その他 / 単独発表 / 2008年 6月
    EASL Monothematic Conference
  • 75

  • 腫瘍径3-5cm腫瘍個数2個以下の肝細胞癌におけるRFAとTAEの治療効果の比較(Retrospective Study)
  • その他 / 共同発表 / 2008年 6月
    肝臓、第44回日本肝臓学会総会
  • / Vol.49 No.Supple.1 A133
  • 76

  • Microvascular invasion in patients with hepatocellular carcinoma and its predictable clinicopathological factors
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 5月
    Annals of Surgical Oncology
  • / Vol.15 No.5 1375-1382
  • 77

  • 肝癌診療ガイドラインの肝癌治療アルゴリズムと当施設の治療方針の比較検討
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    第44回日本肝癌研究会
  • 78

  • 初発肝癌と再発肝癌の再発、予後の比較と治療法選択
  • その他 / 共同発表 / 2007年10月
    肝臓、15th JDDW(第11回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.48 No.Suppl.2 A338
  • 79

  • Significance of glucose intolerance and SHIP2 expression in hepatocellular carcinoma patients with HCV infection
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 9月
    Oncology Reports
  • / Vol.18 No.3 545-552
  • 80

  • Hyperplastic nodular hepatic lesions following end-to-side portacaval shunting in childhood
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 8月
    Internal Medicine
  • / Vol.45 No.15 1203-1208
  • 81

  • 肝癌治療のアルゴリズムによる推奨治療と実際の治療選択の相違
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    肝臓、第43回日本肝臓学会総会
  • / Vol.48 No.Suppl.1 A19
  • 82

  • Comparison of prognosis of HCC classified by tumor stage between primary and recurrent tumors
  • その他 / 共同発表 / 2007年 3月
    Hepatology International、17th Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • / Vol.1 No.1 184
  • 83

  • 3cm3個以下の初発肝癌と再発肝癌の治療法の選択
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    14th DDW-Japan(第10回日本肝臓学会大会)
  • 84

  • 初発肝癌と再発肝癌における Stage 別予後の比較
  • その他 / 共同発表 / 2006年 5月
    第42回日本肝臓学会総会
  • 85

  • 早期肝細胞癌の治療のタイミング
  • その他 / 共同発表 / 2006年 4月
    第92回日本消化器病学会総会
  • 86

  • 2. B 型肝炎における肝発癌予防
  • その他 / 共著 / 2006年
    臨床消化器内科
  • / Vol.21 No.7 1082-1089
  • 87

  • Natural history of untreated hepatocellular carcinoma classified by tumor stage
  • その他 / 単独発表 / 2005年12月
    The 4th JSH Single Topic Conference - Hepatocellular Carcinoma : International Consensus and Controversies
  • 88

  • 肝細胞癌原因の推移
  • その他 / 共著 / 2005年11月
    臨床検査
  • / Vol.49 No.11 1185-1191
  • 89

  • Recent treatment of hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2005年 8月
    Seminar on Infectious Hepatitis, Its Epidemiology, Prevention and Treatment
  • 90

  • 肝細胞癌治療における経皮的ラジオ波焼灼療法の位置づけ
  • その他 / 共同発表 / 2005年 4月
    第91回日本消化器病学会総会
  • 91

  • 肝切除、 MCT、PEIT 症例における JIS score 別予後
  • その他 / 共著 / 2004年 5月
    消化器科
  • / Vol.38 No.5 p488-p493
  • 92

  • Recent treatment of hepatocellular carcinoma
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年
    Textbook of JICA Seminar on infectious hepatitis-its epidemiology and control
  • / p90-p93
  • 93

  • Recent treatment of hepatocellular carcinoma
  • 単行本 / 分担執筆 / 2003年 9月
    Textbook of JICA Seminar on infectious hepatitis-its epidemiology and control
  • / p69-p72
  • 94

  • アルコール性肝硬変に起因した肝細胞癌における多中心性再発の検討
  • その他 / 共同発表 / 2002年10月
    肝臓、20th JDDW(第16回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.53 No.2 A717
  • 95

  • 肝細胞癌治療マニュアル
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年 6月
    南江堂
  • / p56-p58, p97-p100
  • 96

  • 第Ⅳ章RFA機器の特徴とその使い方 2.RTC b)使い方
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年 4月
    ラジオ波熱凝固療法の実際 南江堂
  • / p48-p54, p147-p152
  • 97

  • Bed Side ノートシリーズ 肝癌、肝癌の疫学
  • 単行本 / 分担執筆 / 1999年 9月
    現代医療社
  • / p3-p12

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp