久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 中山 ひとみの著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Association of Sleep Duration with Metabolic, Anthropometric, and Lifestyle Factors in Type 2 Diabetes: Analysis of Components of the U-shaped Relationship
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    American Diabetes Association 79th scientific sessions (ADA)
  • 2

  • 糖尿病専門医の働き方と生活現状調査,学会に求められる 取り組みについて~2017 年度「糖尿病医のキャリアにおける 現状調査と今後の展望に向けたアンケート」結果より~
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 5月
    糖尿病
  • / Vol.62 No.5 337-346
  • 3

  • 糖尿病医療を通じてキャリアアップ
  • その他 / 単独発表 / 2019年 5月
    第62回日本糖尿病学会年次学術集会 シンポジウム24 :ジェンダーフリーな働き方から糖尿病診療を考える
  • 4

  • SGLT2阻害薬の血糖低下及び体重減少効果と栄養素摂取量との関連
  • その他 / 共同発表 / 2018年10月
    第56回日本糖尿病学会九州地方会
  • 5

  • 1型糖尿病妊婦のインスリン治療と妊娠・分娩予後;当院における20年間の解析
  • その他 / 共同発表 / 2018年10月
    第56回日本糖尿病学会九州地方会
  • 6

  • 若年者における体脂肪増加と高齢者における骨格筋減少にそれぞれ関連する食品群の解析
  • その他 / 共同発表 / 2018年10月
    第39回日本肥満学会
  • / Vol.24 No.Sup 189
  • 7

  • 2型糖尿病患者における間食摂取頻度と骨格筋指数の関連
  • その他 / 共同発表 / 2018年 9月
    第68回日本体質医学会総会
  • 8

  • 高度肥満症の2型糖尿病患者の食品・栄養素摂取の特徴
  • その他 / 共同発表 / 2018年 7月
    第26回西日本肥満研究会
  • 9

  • Effect of SGLT2 inhibition on body water distribution and its relevance to body composition measures 
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    American Diabetes Association 78th scientific sessions (ADA)
  • 10

  • 2型糖尿病における朝食欠食と体組成および糖脂質代謝異常との関連の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 6月
    日本体質医学会雑誌
  • / Vol.80 No.2 264-275
  • 11

  • 独居2型糖尿病患者の摂取エネルギーバランスと体組成、病態との関連
  • その他 / 共同発表 / 2018年 5月
    第61回日本糖尿病学会年次学術集会
  • 12

  • 糖尿病学会60歳以上の2型糖尿病患者における食事摂取と骨格筋指数の関連
  • その他 / 共同発表 / 2018年 5月
    第61回日本糖尿病学会年次学術集会
  • 13

  • SGLT2阻害薬によるインスリン抵抗性改善作用と血中Fetuin-A濃度の変化
  • その他 / 共同発表 / 2018年 4月
    第91回日本内分泌学会学術総会
  • / Vol.94 No.1 371-371
  • 14

  • Protective effect of 3-hydroxybutyrate against endoplasmic reticulum stress-associated vascular endothelial cell damage induced by low glucose exposure
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 3月
    PLoS One
  • / Vol.13 No.3 e0191147
  • 15

  • 当院における20年間の1型糖尿病妊婦のインスリン治療と妊娠・分娩経過の解析
  • その他 / 共同発表 / 2017年12月
    第33回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会
  • 16

  • 1型糖尿病妊婦のCSIIとインスリンデテミル皮下注射の併用効果
  • その他 / 共同発表 / 2017年12月
    第33回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会
  • 17

  • 妊娠24週以前、妊娠24週以降に診断される妊娠糖尿病妊婦の産褥経過の特徴
  • その他 / 共同発表 / 2017年12月
    第33回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会
  • / Vol.17 No.1 S-84
  • 18

  • 当院における20年間の1型糖尿病妊婦のインスリン治療と妊娠・分娩経過の解析
  • 雑誌 / 共著 / 2017年12月
    糖尿病と妊娠
  • / Vol.17 No.1 S-84
  • 19

  • Overt diabetes in pregnancy (ODP)の分娩後耐糖能についての検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年12月
    第33回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会
  • / Vol.17 No.3 S-83
  • 20

  • 朝食摂取習慣と2型糖尿病患者の病態および体組成との関連の検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    第38回日本肥満学会
  • 21

  • SAPを用いて帝王切開前後の血糖コントロールを行った1型糖尿病合併妊婦の2症例
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    第17回先進糖尿病治療研究会
  • 22

  • 2型糖尿病における朝食欠食と体組成および糖脂質代謝
  • その他 / 共同発表 / 2017年 9月
    第67回日本体質医学会
  • 23

  • 食事中の炭水化物比の血糖日内変動に及ぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2017年 9月
    第55回糖尿病学会九州地方会
  • 24

  • 糖脂質代謝および血中グレリン濃度に及ぼす性別,年齢,肥満度,運動習慣の影響についての検討
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 9月
    久留米醫學會雜誌
  • / Vol.80 No.8・9 264-275
  • 25

  • Profound alteration in the expression of Wnt-associated gene in pancreatic islets induced by high fat/high sucrose diet and potential roles of Wnt4 in beta cells
  • その他 / 共同発表 / 2017年 9月
    53th Annual Meeting of theEuropean Association for the Study of Diabetes(EASD) Annual
  • 26

  • 2型糖尿病における朝食欠食と体組成および糖脂質代謝異常との関連の検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年 7月
    第25回西日本肥満研究会
  • 27

  • 血糖日内変動とCGMによる血糖プロファイルの比較
  • その他 / 単独発表 / 2017年 5月
    第60回日本糖尿病学会年次学術集会
  • 28

  • 女性医師キャリア支援へのやる気スイッチグラフの活用 - 厚生労働省「平成28年度女性医師キャリア支援モデル推進事業」の成果 -
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 5月
    久留米醫學會雜誌
  • / Vol.80 No.4/5 135-142
  • 29

  • 女性医師キャリア支援へのやる気スイッチグラフの活用ー厚生労働省「平成28年度女性医師キャリア支援モデル推進事業」の成果ー
  • その他 / 共著 / 2017年 5月
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.80 No.4 135-142
  • 30

  • SGLT2阻害薬を用いた短期治療によるインスリン抵抗性改善効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    第90回日本内分泌学会学術総会
  • 31

  • Beneficial effects of metformin on energy metabolism and visceral fat volume through a possible mechanism of fatty acid oxidation in human subjects and rats
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 2月
    PLoS One
  • / Vol.12 No.2
  • 32

  • 間食摂取の時間による血糖変動への影響の違い―CGMを用いた検討―
  • その他 / 共同発表 / 2017年 1月
    第61回九州糖尿病懇話会
  • 33

  • 女性糖尿病医をPromoteする委員会より
  • その他 / 単独発表 / 2016年10月
    第54回日本糖尿病学会九州地方会
  • 34

  • Changes in body composition during SGLT2 inhibitor treatment and their relevance to the improvement of insulin sensitivity
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    the 11th International Diabetes Federation Western Pacific Region(IDF-WPR) Congress and the 8th Scientific Meeting of the Asian Association for the Study of Diabetes (AASD)
  • 35

  • クッキーを食べるなら15時より昼食直後の方が良い ―CGMを用いた検討―
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    第54回日本糖尿病学会九州地方会
  • 36

  • 肥満2型糖尿病におけるサルコペニアの特徴とリスク因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    第37回日本肥満学会
  • 37

  • Clinical and Anthropometric Characteristics of Sarcopenia in Patients with Type 2 Diabetes and Relevant Risk Factors
  • その他 / 共同発表 / 2016年 9月
    52nd European Association for the Study of Diabetes(EASD) Annual Meeting
  • 38

  • 2型糖尿病患者のサルコペニアの頻度と臨床的特徴およびリスク因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 9月
    第66回日本体質医学会
  • 39

  • 2型糖尿病におけるサルコペニア 肥満の病態とリスクファクターの検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第24回西日本肥満研究会
  • 40

  • Changes in body composition and fatty liver markers during SGLT2 inhibitor treatment and their relevance to the improvement of insulin sensitivity
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    America Diabetes Association(ADA) 76th Scientific Sessions
  • 41

  • SGLT2阻害薬による体重減少に伴う体組成変化の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    第59回日本糖尿病学会年次学術総会
  • 42

  • 2型糖尿病患者の空腹時血清IRI,CPR比に関連する因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    第89回日本内分泌学会学術総会
  • 43

  • Folic acid supplementation of aspirin therapy further improves vascular endothelial function among patients with type 2 diabetes: a short -term crossover study
  • 雑誌 / 共著 / 2015年12月
    Diabetology International
  • / Vol.6 No.4 284-9
  • 44

  • 2型糖尿病における9ポイント血糖日内変動とCGMの比較
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    第15回日本先進糖尿病治療研究会
  • 45

  • Effects of a sodium glucose co-transporter 2 selective inhibitor, ipragliflozin, on the diurnal profile of plasma glucose in patients with type 2 diabetes: A study using continuous glucose monitoring.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年11月
    J Diabetes Investig.
  • / Vol.6 No.6 699-707
  • 46

  • Serum albumin-adjusted glycated albumin reflects glycemic excursion in diabetic patients with severe chronic kidney disease not treated with dialysis.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年10月
    Journal of Diabetes and its Complications
  • / Vol.29 913-917
  • 47

  • 肥満2型糖尿病におけるSGLT2阻害薬の体重 減少効果に関連する因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年10月
    第36回日本肥満学会
  • 48

  • Differential expression of the E2F family in the carcinogenesis accelerated by liver steatosis
  • その他 / 共同発表 / 2015年 9月
    Yamada51th Annual Meeting of theEuropean Association for the Study of Diabetes(EASD) Annual meeting
  • 49

  • What is Decreased in the Early Phase of SGLT2 Inhibitor Treatment, Body Fat, Skeletal Muscle, or Water? Analysis by the Multi-frequency Bioelectrical Impedance Method
  • その他 / 共同発表 / 2015年 9月
    the 7th Scientific Meeting of the Asian Association for the Study of Diabetes (AASD)
  • 50

  • Cross-sectional and Longitudinal Analyses of Factors Contributing to the Progressive Loss of the β-cell Function in Type 2 Diabetes.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 8月
    Internal Medicine
  • / Vol.54 No.16 1971-1976
  • 51

  • 糖尿病自律神経障害に伴う胃排出障害に対するアコチアミドの有効性
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 8月
    糖尿病
  • / Vol.58 No.8 564-7
  • 52

  • 2型糖尿病患者における遊離脂肪酸および3ヒドロキシ酪酸日内変動の年齢およびBMIとの関連
  • その他 / 共同発表 / 2015年 7月
    第65回日本体質医学会
  • 53

  • SGLT2阻害薬の血糖および体重低下作用に関わる因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 7月
    第23回西日本肥満研究会
  • 54

  • Serum albumin-adjusted glycated albumin is a better indicator of glycaemic control in diabetic patients with end-stage renal disease not on haemodialysis
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 7月
    Annals of Clinical Biochemistry
  • / Vol.52 No.4 488-96
  • 55

  • Serum albumin-adjusted glycated albumin reflects glycemic excursion in diabetic patients with severe chronic kidney disease not treated with dialysis.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 6月
    Ann Clin Biochem
  • / Vol.52 No.Pt 4 488-96
  • 56

  • Factors associated with the effects of ipragliflozin on the diurnal profiles of plasma glucose and 3-hydroxybutyrate in patients with type 2 diabetes.
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    American Diabetes Association(ADA) 75th scientific sessions
  • 57

  • SGLT-2阻害薬による血中ケトン体上昇と年齢との関係
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    第58回日本糖尿病学会年次学術集会
  • / Vol.58 No.Supplement1
  • 58

  • Q&A:加齢に伴うケトン体産生能の変化 ―若年者の清涼飲料水ケトーシスおよび高齢者の低血糖との関係―
  • その他 / 単著 / 2015年 5月
    DITN
  • / Vol.446
  • 59

  • 強化インスリン療法中の1型および2型糖尿病の遊離脂肪酸,3ヒドロキシ酪酸日内変動の検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 4月
    第88日本内分泌学会学術総会
  • / Vol.91 No.1
  • 60

  • Age-related changes in the diurnal variation of ketogenesis in patients with type 2 diabetes and relevance to hypoglycemic medications
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 3月
    Endocrine Journal
  • / Vol.62 235-241
  • 61

  • Prognosis of Pregnant Women with One Abnormal Value on 75gOGTT.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 3月
    Kurume Medical Journal
  • / Vol.61
  • 62

  • 肥満2型糖尿病患者の治療における夕食前血中3ヒドロキシ酪酸測定の重要性
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    第35回日本肥満学会
  • 63

  • Development of a novel, short, self-completed questionnaire on empowerment for patients with type 2 diabetes mellitus and an analysis of factors affecting patient empowerment
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 8月
    BioPsychoSocial Medicine
  • / Vol.8 No.19
  • 64

  • DPP-4阻害薬シタグリプチンの長期的効果と安全性に関する報告
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 7月
    糖尿病
  • / Vol.57 No.7 513-519
  • 65

  • Age-related changes in diurnal variation of ketogenesis in patients with type 2 diabetes and relevance to hypoglycemic medications.
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    American Diabetes Association(ADA) 74th scientific sessions
  • 66

  • インスリンポンプ療法におけるトラブルシューティング
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 6月
    インスリンポンプ療法マニュアル-CSII療法導入・管理のための手引き-改訂第2版、南江堂
  • / 177-180
  • 67

  • 2型糖尿病患者の遊離脂肪酸および3ヒドロキシ酪酸日内変動の検討 ―加齢との関連―
  • その他 / 共同発表 / 2014年 5月
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会
  • / Vol.57 No.Supplement1 250
  • 68

  • 1型糖尿病患者の血中ケトン体の日内変動からみたケトーシス評価の検討
  • その他 / 共同発表 / 2014年 4月
    第87回日本内分泌学会学術総会
  • / Vol.90 No.1 345
  • 69

  • A randomized crossover study of the efficacy and safety of switching from insulin glargine to insulin degludec among patients with type 1 diabetes
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    Diabetology International
  • / Vol.5 No.1 74-77
  • 70

  • Cross-sectional and Longitudinal Analyses of Factors Contributing to the Progressive Loss of β-Cell Function in Type 2 Diabetes.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    49th European Association for the Study of Diabetes(EASD) annual meeting
  • 71

  • Prevalence and clinical characteristics of unremembered nocturnal eating in diabetic subjects: Kurume sleep trouble in obesity and metabolic disorders (KUSTOMED) study.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 9月
    Endocrine Journal
  • / Vol.60 No.9 1059-63
  • 72

  • Selective modulation of Wnt ligands and their receptors in adipose tissue by chronic hyperadiponectinemia
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 7月
    PLOS ONE
  • / Vol.8 No.7 1-11
  • 73

  • 1型糖尿病におけるケトアシドーシスの病態と3-ヒドロキシ酪酸自己測定に基づく予防の検討
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    第56回日本糖尿病学会年次学術集会
  • 74

  • Modulation by adiponectin of circadian clock rhythmicity in model mice for metabolic syndrome
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    Endocrine Journal
  • / Vol.60 No.4 483-92
  • 75

  • 最近5年間のケトアシドーシス症例の病態と原因の検討
  • その他 / 共同発表 / 2013年 4月
    第86回日本内分泌学会学術総会
  • 76

  • The reliability and validity of the Japanese version of the Diabetes Family Behavior Checklist (DFBC) for assessing the relationship between Type 2 diabetes mellitus patients and their families with respect to adherence to treatment regimen
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    Diabetes Research and Clinical Practice
  • / Vol.99 No.1 39-47
  • 77

  • CSII治療中の3-ヒドロキシ酪酸 在宅自己測定の意義
  • その他 / 共同発表 / 2012年12月
    第12回日本先進糖尿病治療研究会
  • 78

  • CSII治療における3-ヒドロキシ酪酸自己測定の意義
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    第55回日本糖尿病学会年次学術集会
  • / Vol.55 No.supplement1 S-226
  • 79

  • Hyperadiponectinemia protects against premature death in metabolic syndrome model mice by inhibiting AKT signaling and chronic inflammation
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Journal of Endocrinology
  • / Vol.213 No.1 67-76
  • 80

  • Modulation by adiponectin of circadian clock rhythmicity in model mice for metabolic syndrome
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Endocrine Journal
  • 81

  • 皮膚組織灌流圧(SPP)検査が治療方針の決定に有用であった糖尿病壊疽の1例
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    第49回糖尿病学会九州地方会
  • 82

  • 下垂体卒中で発症し部分切除後カバサール®で残存腫瘍の縮小を認めた 先端巨大症の一例
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第84回日本内分泌学会総会
  • 83

  • Adiponectin suppresses endoplasmic reticulum stress in nonalcoholic steatohepatitis
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 2月
    Experimental and Therapeutic Medicine
  • / Vol.2 No.6 1035-1040
  • 84

  • マウスのNASH様肝病変に対するアディポネクチン遺伝子発現の効果
  • その他 / 共著 / 2011年
    アルコールと医学生物学、東洋書店
  • / Vol.30 107-111 
  • 85

  • マウスのNASH様肝病変に対するアディポネクチン遺伝子発現の効果    
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    アルコールと医学生物学
  • / Vol.30 107-11
  • 86

  • Surrogate index for insulin sensitivity composed of factors not using glucose and insulin in Japanese patients with diabetes
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Journal of Diabetes Investigation
  • / Vol.2 No.2 140-147
  • 87

  • Reduction of skeletal muscle, especially in lower limbs, in Japanese type 2 diabetic patients with insulin resistance and cardiovascular risk factors.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 4月
    Metab Syndr Relat Disord.
  • / Vol.8 No.2 137-142.
  • 88

  • Excessive maternal transmission of diabetes in Japanese families with young-onset type 2 diabetes and insulin secretion defect according to clinical features.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Acta Diabetologia
  • / Vol.47 No.S1 133-138
  • 89

  • Epigallocatechin-3-gallate improves nonalcoholic steatohepatitis model mice expressing nuclear sterol regulatory element binding protein-1c in adipose tissue
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 7月
    Internal Journal of Molecular medicine
  • / Vol.24 No.1 17-22
  • 90

  • Effects of Adiponectin Transgenic Expression in Liver of Nonalcoholic Steatohepatitis Model Mice
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 7月
    Metabolism Clinical and Experimental
  • / Vol.58 No.7 901-908
  • 91

  • 2型糖尿病における血清FFA濃度とβ細胞減少速度の関連
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    第52回日本糖尿病学会年次学術集会
  • 92

  • 超速効型インスリンを用いた強化療法における夕食前グラルギン注射の血糖安定化作用
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 1月
    糖尿病
  • / Vol.52 No.1 7-11
  • 93

  • マウスのNASH様肝病変に対するアディポネクチン遺伝子発現の効果
  • その他 / 共同発表 / 2009年
    第6回酸化ストレスと肝研究会
  • 94

  • 2型糖尿病におけるβ細胞量の経時的変化と病態および治療との関連
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第46回日本糖尿病学会九州地方会
  • 95

  • アディポネクチンおよびTNF-αのNASH発症への関与の検討
  • その他 / 共同発表 / 2008年 2月
    第22回日本糖尿病・肥満動物学会
  • 96

  • マウスのNASH様肝病変に対するアディポネクチン遺伝子発現の効果
  • その他 / 共同発表 / 2007年12月
    第19回分子糖尿病学シンポジウム
  • 97

  • nSREBP-1cトランスジェニックマウスの肝病変に対するアディポネクチンの効果
  • その他 / 共同発表 / 2007年10月
    第4回酸化ストレスと肝研究会
  • 98

  • Effects of Adiponectin Transgenic Expression in Model Mice for NASH
  • その他 / 共同発表 / 2007年 6月
    American Diabetes Association(ADA) 67th scientific sessions
  • 99

  • Transgenic mice expressing nuclear sterol regulatory element-binding protein 1c in adipose tissue exhibit liver histology similar to nonalcoholic steatohepatitis
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 4月
    Metabolism Clinical and Experimental
  • / Vol.56 No.4 470-475
  • 100

  • Histological and metabolic analysis of a novel murine model for nonalcoholic steatohepatitis
  • その他 / 共同発表 / 2007年 3月
    The 17th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver(APASL)
  • 101

  • Preclinical stageの褐色細胞腫を伴ったvon Hippel-Lindau病の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    ホルモンと臨床「内分泌クリニカル・カンファランス47」
  • / Vol.55 No.増刊 154-158
  • 102

  • Overexpression of human adiponectin in transgenic mice results in supression of fat accumlation and prevention of premature death by high-calorie diet.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Am J Physiol Endocrinol Metab.
  • / Vol.293 No.1 E210-218
  • 103

  • Clinical and genetic features of childhood-onset Type 2 diabetes in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Acta Diabetol
  • / Vol.44 No.4 181-5
  • 104

  • Autoimmune hypophysitis treated with intravenous glucocorticoid therapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年12月
    Intern Med
  • / Vol.45 No.32 1249-1252
  • 105

  • IL-18 gene polymorphism confers susceptibility to the development of anti-GAD65 antibody in Graves' disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 9月
    Diabet Med
  • / Vol.23 No.2 211-215
  • 106

  • nSREBP-1cトランスジェニックマウスにおけるNASH様肝病変
  • その他 / 共著 / 2006年 8月
    Diabetes Frontier 
  • / Vol.17 No.4 540
  • 107

  • Sequential activation of caspases and synergistic beta-cell cytotoxicity by palminate and anti-Fas antibodies.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 8月
    Life Sci.
  • / Vol.79 No.13 1312-1316
  • 108

  • Transgenic mice expressing nuclear SREBP-1c in adipose tissue exhibit liver histology similar to nonalcoholic steatohepatitis
  • その他 / 共同発表 / 2006年 6月
    American Diabetes Association(ADA)'s 66th Annual Scientific Session
  • 109

  • nSREBP-1cトランスジェニックマウスにおけるNASH様肝病変
  • その他 / 共同発表 / 2006年 2月
    第20回日本糖尿病動物研究会年次学術集会
  • 110

  • Clinical and genetic features of childhood-onset type 2 diabetes in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Int J Diadetes & Metabolism
  • / Vol.14 106-109
  • 111

  • グラルギン夕食前注射と超速効型インスリンとの併用による朝食後高血糖抑制効果
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    第43回日本糖尿病学会九州地方会
  • 112

  • Preclinical stageの褐色細胞腫を伴ったvon Hippel-Lindau病の一例
  • その他 / 共同発表 / 2005年 7月
    第78回日本内分泌学会学術総会
  • 113

  • グラルギンの超速効型インスリンとの併用による血糖変動の安定化
  • その他 / 共同発表 / 2005年 5月
    第48回日本糖尿病学会年次学術集会
  • / Vol.48 No.2 S-287
  • 114

  • Interleukin-13 gene polymorphisms confer the susceptibility of Japanese populations to Graves' disease
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 1月
    J Clin Endocrinol Metab
  • / Vol.90 No.1 296-301

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp