久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 石橋 正敏の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • ブロナンセリンの使用経験
  • その他 / 講演 / 2019年 3月
    Schizophrenia Evidence Meeting, 久留米 2019.3.15
  • 2

  • アセナピンの薬理作用をいかした使用経験
  • その他 / 講演 / 2019年 3月
    Meiji Seika ファルマ(株)社内勉強会, 久留米 2019.2.26
  • 3

  • 久留米大学病院におけるBrexpiprazoleの使用経験~認知機能への影響~
  • その他 / 講演 / 2018年12月
    REXULTI CONFERENCE, 久留米 2018.12.11
  • 4

  • おおりん病院におけるアリピプラゾール使用経験と考察.
  • その他 / 講演 / 2017年 8月
    第8回エビくる会, 福岡 2017.8.28
  • 5

  • コカインの脳内局所還流によるマウスの行動変化及び細胞外ドーパミン量の評価.
  • その他 / 共同発表 / 2017年 6月
    第18回ブレインサイエンス研究会, 大分 玖珠 九重 2017.6.3-4
  • 6

  • 薬物療法. 実際の症例とそのポイント.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年 8月
    冨松健太郎 編著 多職種で支える高齢者うつ病 東京, PILAR PRESS, 2016
  • / 126-130,175
  • 7

  • リエゾンで経験した肺炎症例-抗精神病薬の服用状況について-. 
  • その他 / 単独発表 / 2014年 2月
    第7回リエゾン研究会,久留米 
  • 8

  • 20年以上のひきこもりの後にアスペルガー症候群と診断された1例.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    臨床精神医学
  • / Vol.43 No.6 945-951
  • 9

  • 統合失調症に対するラモトリギンの使用経験
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    第108回日本精神神経学会学術総会
  • 10

  • 長期の引きこもりの後にアスペルガー症候群と診断した一例
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    第64回九州精神神経学会

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp