久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 光山 慶一の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 慢性便秘の診断と治療
  • その他 / 単著 / 2019年
    筑紫医師会報
  • / Vol.43 34-36
  • 2

  • 炎症性腸疾患の病態とサイトカイン
  • その他 / 単著 / 2019年
    Colonoexpert コロノエキスパート
  • / Vol.1 10
  • 3

  • 便秘症の治療 慢性便秘症における非薬物療法
  • その他 / 単著 / 2019年
    臨牀と研究
  • / Vol.96 32-33
  • 4

  • 血球成分除去療法の使い方
  • その他 / 共著 / 2019年
    診断と治療
  • / Vol.107 811-814
  • 5

  • 潰瘍性大腸炎の重症度を評価するための大腸カプセル内視鏡検査を用いた新しいスコアリングシステムの確立-潰瘍性大腸炎のカプセルスコアリング
  • その他 / 共著 / 2019年
    IBD Research
  • / Vol.13 250-251
  • 6

  • 炎症性腸疾患に対する腸内細菌叢の是正を目的とした治療の有用性
  • その他 / 共著 / 2018年 4月
    日本臨牀
  • / Vol.76 No.3 362-366
  • 7

  • 便秘症の診断と治療
  • その他 / 単著 / 2018年 2月
    臨牀と研究
  • / Vol.95 No.2 223-226
  • 8

  • クローン病に伴う肛囲複雑瘻孔に対する幹細胞治療(Cx601)の長期効果と安全性
  • その他 / 単著 / 2018年
    IBD Research
  • / Vol.12 No.3 201
  • 9

  • Prediction of colorectal tumor grade and invasion depth through narrow-band imaging scoring
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    World Journal of Gastroenterology
  • / Vol.24 4809-4820
  • 10

  • Endoscopic analysis of colorectal serrated lesions with cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Oncology Letters
  • / Vol.15 8655-8662
  • 11

  • 炎症性メディエーター・サイトカインの関与
  • その他 / 共同発表 / 2018年
    日本臨牀
  • / Vol.76 87-93
  • 12

  • 統合プログラム(5)内科と外科による炎症性腸疾患のトータルマネージメント:潰瘍性大腸炎におけるサーベイランス大腸内視鏡-ランダム生検と狙撃生検の比較を中心に
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    25th JDDW(第59回日本消化器病学会大会、第15回日本消化器外科学会大会 合同)
  • / Vol.114 A434
  • 13

  • 【図説「胃と腸」所見用語集2017】画像所見[腸] 粘膜橋,粘膜紐,polypoid mucosal tag(mucosal bridge, mucosal tag)
  • その他 / 共著 / 2017年 5月
    胃と腸
  • / Vol.52 No.5 648
  • 14

  • 【図説「胃と腸」所見用語集2017】画像所見[腸] アフタ,アフタ様潰瘍(aphtha, aphtoid ulcer)
  • その他 / 共著 / 2017年 5月
    胃と腸
  • / Vol.52 No.5 623
  • 15

  • Duodenal metastases from lung carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 3月
    Intern Med
  • / Vol.56 No.5 573-574
  • 16

  • Comparison of targeted vs random biopsies for surveillance of ulcerative colitis-associated colorectal cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2016年12月
    Gastroenterology
  • / Vol.151 No.6 1122-1130
  • 17

  • Dysbiosis
  • その他 / 共著 / 2016年11月
    Current Therapy
  • / Vol.34 No.11 78
  • 18

  • Increased levels of circulating adrenomedullin following treatment with TU‑100 in patients with Crohn's disease
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 9月
    Mol Med Rep
  • / Vol.14 No.3 2264-2268
  • 19

  • 診断に苦慮した成人T細胞白血病(ATL)による腸管病変
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 6月
    消化器内視鏡
  • / Vol.28 No.6 910-911
  • 20

  • クローン病の新規診断
  • その他 / 単著 / 2016年 5月
    福岡医学会誌 第8巻(福岡県医学会総会記録集)
  • / Vol.8 10-12
  • 21

  • A longitudinal study of FDG-PET in Crohn disease patients receiving granulocyte/monocyte apheresis therapy
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 2月
    Cytotherapy
  • / Vol.18 No.2 291-299
  • 22

  • Antibody markers in the diagnosis of inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 1月
    World J Gastroenterol
  • / Vol.22 No.3 1304-1310
  • 23

  • Novel exonic mutation inducing aberrant splicing in the IL10RA gene and resulting in infantile-onset inflammatory bowel disease: a case report
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 1月
    BMC Gastroenterol
  • / Vol.16 No.10 1-6
  • 24

  • Advanced endoscopic features of ulcerative colitis-associated neoplasias: Quantification of autofluorescence imaging
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 1月
    Int J Oncol
  • / Vol.48 No.2 551-558
  • 25

  • An open-label prospective randomized multicenter study of intensive versus weekly granulocyte and monocyte apheresis in active crohn's disease
  • 雑誌 / 共著 / 2015年11月
    BMC Gastroenterol
  • / Vol.15 No.1 163(page 1-8)
  • 26

  • Ulcerative colitis in a patient with non-small-cell lung cancer receiving bevacizumab
  • 雑誌 / 共著 / 2015年10月
    Invest New Drugs
  • / Vol.33 No.5 1133-1135
  • 27

  • Adalimumab for the treatment of Japanese patients with intestinal Behçet's disease
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 5月
    Clin Gastroenterol Hepatol
  • / Vol.13 No.5 940-948.e3
  • 28

  • 炎症性腸疾患におけるプロバイオティクス・プレバイオティクス療法:最近の進歩
  • その他 / 単著 / 2014年10月
    医学のあゆみ
  • / Vol.251 23-26
  • 29

  • 第4章.大腸 5.虚血性大腸炎
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 9月
    消化器疾患の臨床分類: 一目でわかる分類95と内視鏡アトラス(改訂版:第2版)、羊土社
  • / 169-171
  • 30

  • 第4章.大腸 2.潰瘍性大腸炎
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 9月
    消化器疾患の臨床分類: 一目でわかる分類95と内視鏡アトラス(改訂版:第2版)、羊土社
  • / 151-161
  • 31

  • 第4章.大腸 4.Behçet病、胆汁性潰瘍
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 9月
    消化器疾患の臨床分類: 一目でわかる分類95と内視鏡アトラス(改訂版:第2版)、羊土社
  • / 166-168
  • 32

  • 第4章.大腸 1.Crohn病
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 9月
    消化器疾患の臨床分類: 一目でわかる分類95と内視鏡アトラス(改訂版:第2版)、羊土社
  • / 140-150
  • 33

  • Univariate analysis to examine predictors of response to leukocytapheresis in ulcerative colitis patients
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 6月
    Ther Apher Dial
  • / Vol.18 No.3 244-251
  • 34

  • Possible diagnostic role of antibodies to Crohn's disease peptide (ACP): results of a multicenter study in a Japanese cohort
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 4月
    J Gastroenterol
  • / Vol.49 No.4 683-691
  • 35

  • 特集:ここまで来た、炎症性腸疾患の新展開:プロバイオティクス・プレバイオティクスと炎症性腸疾患
  • その他 / 共著 / 2014年 3月
    成人病と生活習慣病
  • / Vol.44 No.3 305-310
  • 36

  • Chapter 39:Germinated barley food stuff dampens inflammatory bowel disease
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 2月
    Wheat and Rice in Disease Prevention and Health, 1st Edition
  • / 507-519
  • 37

  • Effects of the modulation of microbiota on the gastrointestinal immune system and bowel function
  • 雑誌 / 共著 / 2013年10月
    J Agric Food Chem
  • / Vol.61 No.42 9977-9983
  • 38

  • Oral Session(1): Recent Issues on IBD:Interleukin-6 trans-signaling in IBD
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    5th Kyushu-Busan GI Endoscopy Symposium 2013
  • 39

  • 特集:プロ・プレバイオティクス研究と臨床応用:炎症性腸疾患におけるプロ・プレバイオティクス療法の作用機序
  • その他 / 共著 / 2013年 8月
    G.I. Research
  • / Vol.21 No.4 324-331
  • 40

  • 特集:プロ・プレバイオティクス研究と臨床応用:炎症性腸疾患におけるプロ・プレバイオティクス療法の作用機序
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 8月
    G.I. Research
  • / Vol.21 No.4 324-331
  • 41

  • 炎症性腸疾患とバイオマーカー
  • 雑誌 / 単著 / 2013年 7月
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.76 No.6-7 215-223
  • 42

  • 下痢と便秘の日常診療について
  • 雑誌 / 単著 / 2013年 6月
    臨牀と研究
  • / Vol.90 No.6 814-818
  • 43

  • 特集:潰瘍性大腸炎関連腫瘍 - 診療と研究の最前線 - 大腸炎関連腫瘍の進展とサイトカインシグナル
  • その他 / 共著 / 2013年 6月
    IBD Research
  • / Vol.7 No.2 77-84
  • 44

  • 炎症性腸疾患と発癌
  • その他 / 共著 / 2013年 6月
    大腸癌 FRONTIER
  • / Vol.6 No.2 150-151
  • 45

  • 特集:潰瘍性大腸炎関連腫瘍 - 診療と研究の最前線 - 大腸炎関連腫瘍の進展とサイトカインシグナル
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    IBD Research
  • / Vol.7 No.2 77-84
  • 46

  • 下痢と便秘の日常診療について
  • その他 / 単著 / 2013年 6月
    臨牀と研究
  • / Vol.90 No.6 814-818
  • 47

  • 【炎症性腸疾患2013】炎症性腸疾患の診断 炎症性腸疾患の腸管外合併症
  • その他 / 共著 / 2013年 5月
    胃と腸
  • / Vol.48 No.5 591-600
  • 48

  • The new prophylactic strategy for colitic cancer in inflammatory bowel disease by modulating microbiota
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    Scand J Gastroenterol
  • / Vol.48 No.4 387-400
  • 49

  • Oral Session(1): Recent Issues on IBD:Interleukin-6 trans-signaling in IBD
  • その他 / 単独発表 / 2013年 4月
    5th Kyushu-Busan GI Endoscopy Symposium 2013
  • 50

  • 炎症性腸疾患の病態と診断・治療
  • その他 / 単独発表 / 2013年 4月
    第67回久留米医学会総会
  • 51

  • 潰瘍性大腸炎の新潮流 - 粘膜治癒達成のポイント(講演1)新たなマーカーを指標としたIBDの診断・治療 (第9回日本消化管学会総会学術集会 ランチョンセミナー10)
  • その他 / 単著 / 2013年 4月
    Nikkei Medical 特別編集
  • / 12-13
  • 52

  • ワ-クショップ(8)炎症性腸疾患の病態解明を目指した新しいアプローチ:炎症性腸疾患とその癌化におけるIL-6トランスシグナルの役割
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    日本消化器病学会雑誌、第99回日本消化器病学会総会
  • / Vol.110 No.臨増 A174
  • 53

  • Poster Session : Clinical; Therapy and Observation:Predictive factors for the efficacy of leukocytapheresis in ulcerative colitis
  • その他 / 共同発表 / 2013年 2月
    8th Congress of European Crohn's and Colitis Organisation(ECCO)
  • 54

  • 特集:潰瘍性大腸炎における新たな治療戦略 IX.腸内フローラを標的とした治療
  • その他 / 単著 / 2013年 2月
    INTESTINE
  • / Vol.17 No.2 177-182
  • 55

  • Chapter 6 : Aberrant mucosal immune responses are responsible for the development of Crohn's disease-like ileitis in SAMP1/Yit miceMatsumoto S, Funabashi H, Mitsuyama K
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    The Senescence- Accelerated Mouse (SAM): Achievements and Future Directions, Elsevier E.V.
  • / 53-63
  • 56

  • 特集:消化器疾患の病態と診断・治療(III) 急性虫垂炎
  • その他 / 共著 / 2012年12月
    医学と薬学
  • / Vol.68 No.6 944-947
  • 57

  • シンポジウム(3)漢方薬と消化管機能
  • その他 / 単独発表 / 2012年10月
    第49回日本臨床生理学会総会
  • 58

  • 【IBDにおける腸内細菌と免疫異常】 腸内フローラを標的としたIBD治療のストラテジーと実際
  • その他 / 共著 / 2012年 9月
    IBD Research
  • / Vol.6 No.3 163-169
  • 59

  • 小児炎症性腸疾患におけるFDG-PET/CTの有用性
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    第39回日本小児栄養消化器肝臓学会、第29回日本小児肝臓研究会 合同
  • 60

  • 5-aminosalicylic acid released from mesalazine tablet – comparison of pharmacokinetic parameters between Japanese patients with ulcerative colitis and healthy adults
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 6月
    Asian J Chem
  • / Vol.24 No.8 3357-3361
  • 61

  • 炎症性腸疾患 - 病因解明と診断・治療の最新知見 -  VI.炎症性腸疾患の内科的治療 炎症性腸疾患の内科的指針 クローン病の治療指針
  • その他 / 単著 / 2012年 2月
    日本臨牀
  • / Vol.70 No.増刊1 305-309
  • 62

  • 炎症性腸疾患 - 病因解明と診断・治療の最新知見 -  VI.炎症性腸疾患の内科的治療 炎症性腸疾患に対するプロバイオティクスの有用性
  • その他 / 単著 / 2012年 2月
    日本臨牀
  • / Vol.70 No.増刊1 358-364
  • 63

  • Endoscopic discrimination of sessile serrated adenomas from other serrated lesions
  • 雑誌 / 共著 / 2011年12月
    Oncol Lett
  • / Vol.2 785-789
  • 64

  • II.炎症性腸疾患の病因・病態:環境因子
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年11月
    IBD炎症性腸疾患を極める、メディカルビュー社
  • / 33-39
  • 65

  • ワ-クショップ:Colitis-associated cancer モデルの大腸粘膜樹状細胞活性化機構における腸内細菌及び神経・内分泌系による活性化調節
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    第40回日本免疫学会学術集会
  • 66

  • Isolation and characterization of a novel short peptide associated with Crohn’s disease
  • 雑誌 / 共著 / 2011年10月
    Clin Exp Immunol
  • / Vol.166 No.1 72-79
  • 67

  • ワークショップ(18):Lactobacillus casei Shirota (LcS)を用いた大腸炎関連大腸癌予防の可能性
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    日本消化器病学会雑誌、19th JDDW (第53回日本消化器病学会大会、第9回日本消化器外科学会大会、第42回日本消化吸収学会総会 合同)
  • / Vol.108 No.Suppl. A737
  • 68

  • 2.潰瘍性大腸炎の病態はどこまで解明されたか? 3)潰瘍性大腸炎における腸内フローラの役割
  • その他 / 共著 / 2011年10月
    Prog Med
  • / Vol.31 No.10 2333-2337
  • 69

  • 特集:臨床に役立つ腸管免疫学のトピックス XI.プロバイオティクスを用いた炎症性腸疾患の治療
  • その他 / 共著 / 2011年 9月
    INTESTINE
  • / Vol.15 No.5 471-477
  • 70

  • Prebiotic treatment in experimental colitis reduces the risk of colitic cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 8月
    J Gastroenterol Hepatol
  • / Vol.26 No.8 1298-1308
  • 71

  • Quantitative analysis of colorectal mucosal lesions by autofluorescence endoscopy: Discrimination of carcinomas from other lesions
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 7月
    Oncol Rep
  • / Vol.26 No.1 43-48
  • 72

  • Lactobacillus casei ShirotaはIL-6/STAT3シグナルの抑制により腸管炎症を改善させる
  • その他 / 共著 / 2011年 6月
    分子消化器病
  • / Vol.8 No.2 151-158
  • 73

  • TNFα converting enzyme誘導型腸内細菌による大腸粘膜樹状細胞の活性化がcolitis-associated cancerの発症に関与する
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第15回腸内細菌学会
  • 74

  • Prebiotic treatment reduced preneoplastic lesions through the downregulation of toll like receptor 4 in a chemo-induced carcinogenic model
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    J Clin Biochem Nutr
  • / Vol.48 No.3 1-5
  • 75

  • TACE 誘導型腸内細菌による粘膜樹状細胞の活性化がIL6 trans-signalingを介したcolitis associated cancerの発症に関与する
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    日本消化器病学会雑誌、第97回日本消化器病学会総会
  • / Vol.108 No.Suppl. A62
  • 76

  • A multicenter study of the efficacy and safety of leukocytapheresis therapy without concomitant systemic steroid treatment in patients with active ulcerative colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 4月
    Transfus Apher Sci
  • / Vol.44 No.2 113-117
  • 77

  • 慢性腸炎および腸炎関連性大腸癌モデルにおけるIL-6/STAT3シグナルを標的とした治療の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2011年 2月
    第7回日本消化管学会総会学術集会年
  • 78

  • Clinical trial: Effects of an oral preparation of mesalazine at 4 g/day on moderately active ulcerative colitis. A phase III parallel-dosing study
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 1月
    J Gastroenterol
  • / Vol.46 No.1 46-56
  • 79

  • New prebiotics from rice bran ameliorate inflammation in murine colitis models through the modulation of intestinal homeostasis and the mucosal immune system
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 1月
    Scand J Gastroenterol
  • / Vol.46 No.1 40-52
  • 80

  • IBDとバイオマーカー - 血性抗体の意義 -
  • その他 / 共著 / 2010年12月
    IBD Research
  • / Vol.4 No.4 274-281
  • 81

  • 第7章 病因・病態 Ⅲ.免疫学的異常 III-5.サイトカインの関与
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年10月
    炎症性腸疾患、医学書院
  • / 293-297
  • 82

  • 薬剤性腸炎
  • その他 / 単著 / 2010年 9月
    ALLERGIA TRENDS
  • / Vol.12 No.2 10-13
  • 83

  • 薬剤性腸炎
  • その他 / 単著 / 2010年 9月
    ALLERGIA TRENDS
  • / Vol.12 No.2 10-13
  • 84

  • Colonic F4/80+- and F4/80- dendritic cells co-orchestrate the promotion of inflammation-based colon tumorigenesis via modulation of IL6 trans-signaling
  • その他 / 共同発表 / 2010年 8月
    International Immunology、14th International Congress of Immunology
  • / Vol.22 No.S1 140
  • 85

  • 食物繊維と免疫
  • その他 / 共著 / 2010年 7月
    Functional Food
  • / Vol.4 No.1 23-28
  • 86

  • 慢性腸炎および腸炎関連性大腸癌モデルにおけるIL-6/STAT3シグナルを標的とした治療の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2010年 7月
    第47回日本消化器免疫学会総会
  • 87

  • クローン病の新規バイオマーカーの検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第96回日本消化器病学会総会
  • / Vol.107 No.Suppl. A243
  • 88

  • Preventive effects of enzyme-treated rice fiber in a restraint stress-induced irritable bowel syndrome model
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 4月
    Int J Mol Med
  • / Vol.25 No.4 547-555
  • 89

  • Mechanisms underlying the effects of leukocyte apheresis with a fiber filter in a rat model of dextran sulfate sodium-induced colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 3月
    Dig Dis Sci
  • / Vol.55 No.3 596-606
  • 90

  • Essential Roles of IL-6 Trans-Signaling in Colonic Epithelial Cells, Induced by the IL-6/Soluble-IL-6 Receptor Derived from Lamina Propria Macrophages, on the Development of Colitis-Associated Premalignant Cancer in a Murine Model
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 2月
    J Immunol
  • / Vol.184 No.3 1543-1551
  • 91

  • 慢性腸炎および腸炎関連性大腸癌モデルにおけるIL-6 trans-signaling 標的療法の有用性
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    消化器と免疫
  • / Vol.47 9-11
  • 92

  • 腸内細菌による大腸粘膜樹状細胞のTNFαconverting enzyme (TACE)の発現誘導とTCRβ/p53二重欠損マウスにおける大腸発癌の関連性/Roles of commensal bacteria in induction of TNFα converting enzyme (TACE) on colonic endritic cells during the development of spontaneous colon cancer in TCRβ/p53 double mutant mice
  • その他 / 共同発表 / 2009年12月
    第39回日本免疫学会総会・学術集会
  • 93

  • A component of polysaccharide peptidoglycan complex on Lactobacillus induced an improvement of murine model of inflammatory bowel disease and colitis-associated cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 9月
    Immunology
  • / Vol.128 No.1 Suppl e170-e180
  • 94

  • Safety of bisphosphonates in women of child bearing age: authours’ reply
  • その他 / 共著 / 2009年 6月
    Aliment Pharmacol Ther
  • / Vol.29 No.11 1215-1216
  • 95

  • Fecal microbiota profile of crohn's disease determined by terminal restriction fragment length polymorphism (t-rflp) analysis
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 2月
    Aliment Pharmacol Ther
  • / Vol.29 No.4 424-430
  • 96

  • 炎症性腸疾患に対する白血球除去療法 – 臨床成績と今後の展望
  • その他 / 共著 / 2009年 1月
    日本アフェレシス学会雑誌
  • / Vol.28 No.1 16-20
  • 97

  • Recent understanding of leukocytapheresis (LCAP) for the treatment of inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Curr Pharm Des
  • / Vol.15 No.18 2110-2119
  • 98

  • Editorial: The impact of microbiota and cytokines on inflammatory bowel disease
  • その他 / 共著 / 2009年
    Curr Pharm Des
  • / Vol.15 No.18 2049-2050
  • 99

  • Interleukin-6 trans-signaling and colonic cancer associated with inflammatory bowel disease
  • その他 / 共著 / 2009年
    Current Pharmaceutical Design
  • / Vol.15 No.18 2095-2103
  • 100

  • Therapeutic leukocytapheresis in inflammatory bowel disease: clinical efficacy and mechanisms of action
  • その他 / 共著 / 2009年
    Cytotherapy
  • / Vol.11 No.2 229-237
  • 101

  • Overview of the role of macrophage migration inhibitory factor (MIF) in inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 2009年
    Curr Pharm Des
  • / Vol.15 No.18 2104-2109
  • 102

  • The therapeutic impact of manipulating microbiota in inflammatory bowel disease
  • その他 / 共著 / 2009年
    Curr Pharm Des
  • / Vol.18 No.18 2074-2086
  • 103

  • Recent understanding of leukocytapheresis (LCAP) for the treatment of inflammatory bowel disease
  • その他 / 共著 / 2009年
    Curr Pharm Des
  • / Vol.15 No.18 2110-2119
  • 104

  • プロバイオテクスを用いた炎症性腸疾患の治療
  • その他 / 共著 / 2008年12月
    診断と治療
  • / Vol.93 No.12 2549-2554
  • 105

  • IL6トランスシグナリングを介した大腸発癌過程における粘膜マクロファージの重要性
  • その他 / 共同発表 / 2008年12月
    第38回日本免疫学会総会・学術集会
  • 106

  • Lack of macrophage migration inhibitory factor suppresses innate immune response in murine dextran sulfate sodium-induced colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2008年12月
    Scand J Gastroenterol
  • / Vol.43 No.12 1497-1504
  • 107

  • Colitis-associated cancer発症過程におけるIL6トランスシグナリングの重要性と粘膜マクロファージ
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    日本消化器病学会雑誌、16th JDDW(第50回日本消化器病学会大会)
  • / Vol.105 No.Suppl. A666
  • 108

  • Mobilization of bone marrow cells by leukocytapheresis in patients with ulcerative colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 8月
    Ther Apher Dial
  • / Vol.12 No.4 271-277
  • 109

  • Beneficial effects of Lactobacillus casei in ulcerative colitis: a pilot study
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 7月
    J Clin Biochem Nutr
  • / Vol.43 No.Suppl. 1 78-81
  • 110

  • Leukocytapheresis for the treatment of active pouchitis: a pilot study
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 7月
    J Gastroenterol
  • / Vol.43 No.7 571-575
  • 111

  • L.caseiシロタ株の抗炎症作用を利用したマウスcolitis-associated-cancer抑制効果の解析
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    日本消化器病学会雑誌、第94回日本消化器病学会総会
  • / Vol.105 No.Supple. A242
  • 112

  • Gut microflora: a new target for therapeutic approaches in inflammatory bowel disease
  • その他 / 共著 / 2008年 3月
    Expert Opin Ther Targets
  • / Vol.12 No.3 301-312
  • 113

  • 腸内細菌を標的としたIBDの治療 - プロバイオテクスとプレバイオテクス
  • その他 / 単著 / 2008年 3月
    IBD Research
  • / Vol.2 No.1 72-79
  • 114

  • 炎症性腸疾患と腸内細菌
  • その他 / 単著 / 2007年12月
    日本医事新報
  • / Vol.4366 67-70
  • 115

  • 病者用食品(機能性食品)を活用した潰瘍性大腸炎に対する栄養療法について
  • その他 / 共同発表 / 2007年12月
    第5回日本機能性食品用学会学術集会
  • 116

  • 潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法の作用機序:骨髄細胞動員と白血球遺伝子発現に及ぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2007年11月
    第28回日本アフェレシス学会学術集会
  • 117

  • Therapeutic strategies for the IL-6/STAT3 cytokine signaling pathway in inflammatory bowel disease
  • その他 / 共著 / 2007年11月
    Anticancer Res
  • / Vol.27 3749-3756
  • 118

  • 炎症性腸疾患とプロバイオティクス
  • その他 / 共著 / 2007年 8月
    綜合臨床
  • / Vol.56 No.8 2516-2523
  • 119

  • High Affinity of Ecabet Sodium for Inflamed Colonic Mucosa in Ulcerative Colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 6月
    Dig Dis Sci
  • / Vol.52 No.6 1442-1443
  • 120

  • プロピオン酸菌による乳清発酵物を用いた潰瘍性大腸炎の治療
  • その他 / 共著 / 2007年 4月
    腸内細菌学雑誌
  • / Vol.21 143-147
  • 121

  • IL-6 trans-signaling を標的とした SAMP1/Yit 腸炎の治療
  • その他 / 共同発表 / 2007年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第93回日本消化器病学会総会
  • / Vol.104 No.Suppl. A93
  • 122

  • Potential therapeutic implication of soluble gp130 in inflammatory bowel disease
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年
    Recent Adv Inflam Bowel Dis、Elsevier Japan K.K.
  • / 48-56
  • 123

  • Curcumin maintenance therapy for ulcerative colitis: randomized, multicenter, double-blind, placebo-controlled trial
  • 雑誌 / 共著 / 2006年12月
    Clin Gastroenterol Hepatol
  • / Vol.4 No.12 1502-1506
  • 124

  • Interleukin-6 trans-signaling in inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 共著 / 2006年12月
    Cytokine Growth Factor Rev
  • / Vol.17 No.6 451-461
  • 125

  • A novel prebiotic, milk culture with whey propionibacterium freudenreichii ET-3, is effective for dextran sulfate sodium-induced colitis in mice
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    14th United European Gastroenterology Week
  • 126

  • Role of vascular endothelial growth factor in protein loss of Menetrier's disease
  • 雑誌 / 共著 / 2006年10月
    Int J Mol Med
  • / Vol.18 No.4 571-576
  • 127

  • STAT3 activation via interleukin 6 trans-signalling contributes to ileitis in SAMP1/Yit mice
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 9月
    Gut
  • / Vol.55 No.9 1263-1269
  • 128

  • 潰瘍性大腸炎(UC)に対する白血球除去療法の作用機序の検討
  • その他 / 共同発表 / 2006年 4月
    日本医工学治療学会(第22回学術大会)
  • 129

  • 潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法の作用機序の検討:DNA マイクロアレイによる解析
  • その他 / 共同発表 / 2006年 4月
    第92回日本消化器病学会総会
  • 130

  • Pro-inflammatory signaling by Jun-N-terminal kinase in inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 3月
    Int J Mol Med
  • / Vol.17 No.3 449-455
  • 131

  • A novel aspect of intestinal microflora profile in UC
  • その他 / 単独発表 / 2006年 2月
    International Symposium on Recent Advances in Inflammatory Bowel Disease Tokyo 2006(炎症性腸疾患国際シンポジウム)
  • 132

  • Eubacterium limosum ameliorates experimental colitis and metabolite of microbe attenuates colonic inflammatory action with increase of mucosal integrity
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 2月
    World J Gastroenterol
  • / Vol.12 No.7 1071-1077
  • 133

  • Activation of c-Jun N-terminal kinase (JNK) signalling in experimentally induced gastric lesions in rats
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 1月
    Clin Exp Immunol
  • / Vol.143 No.1 24-29
  • 134

  • 潰瘍性大腸炎(UC)に対する白血球除去療法の作用機序:骨髄と炎症性シグナル発現に及ぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2006年 1月
    第103回日本内科学会講演会
  • 135

  • Attenuation of experimental colonic injury by thiazolidinedione agents
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 1月
    Inflamm Res
  • / Vol.55 No.1 10-15
  • 136

  • A form of circulating interleukin-6 receptor component soluble gp130 as a potential interleukin-6 inhibitor in inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 1月
    Clin Exp Immunol
  • / Vol.143 No.1 125-131
  • 137

  • Increased Circulating Concentrations of Growth-Related Oncogene (GRO)-alpha in Patients with Inflammatory Bowel Disease
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 1月
    Dig Dis Sci
  • / Vol.51 No.1 173-177
  • 138

  • 腸内フローラを標的とした炎症性腸疾患の治療
  • その他 / 単著 / 2006年
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.69 No.9・10 298-306
  • 139

  • Modulation of platelet aggregation responses by leukocytapheresis therapy in patients with active ulcerative colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    J Gastroenterol
  • / Vol.41 No.6 540-546
  • 140

  • Bifidogenic growth stimulator for the treatment of active ulcerative colitis: a pilot study
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Nutrition
  • / Vol.22 No.1 76-81
  • 141

  • Interleukin-10 in the pathophysiology of inflammatory bowel disease: increased serum concentrations during the recovery phase
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Mediators Inflamm
  • / Vol.2006 No.6 26875
  • 142

  • 炎症性腸疾患に対するプレバイオティクス療法の作用機序と効果
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年12月
    「消化器病学の進歩 2005 - モノグラフ -」日本メディカルレビュー社
  • / 231-235
  • 143

  • 潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法の作用機序の検討:骨髄細胞動員および炎症性シグナル発現に及ぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2005年11月
    第86回日本消化器病学会九州支部例会、第80回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 144

  • Diminished cytokine signaling against bacterial components in mononuclear leukocytes from ulcerative colitis patiens atter leukocytapheresis
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 7月
    Clin Exp Immunol
  • / Vol.141 No.1 130-140
  • 145

  • 炎症性腸疾患とプロバイオティクス・プレバイオティクス
  • その他 / 単著 / 2005年 5月
    日本臨牀
  • / Vol.63 No.5 850-858
  • 146

  • Transgenic over-expression of macrophage migration inhibitory factor renders mice markedly more susceptible to experimental colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 5月
    Clin Exp Immunol
  • / Vol.140 No.2 241-248
  • 147

  • 病態生理: (1) 腸管粘膜免疫
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年 5月
    「新しい診断と治療の ABC 29 消化器 4 炎症性腸疾患」最新医学社
  • / 28-36
  • 148

  • 薬剤性出血性腸炎
  • その他 / 共著 / 2005年 4月
    胃と腸
  • / Vol.40 No.4 611-615
  • 149

  • 潰瘍性大腸炎に対するプレバイオティクス療法の作用機序と効果
  • その他 / 共同発表 / 2005年 4月
    第91回日本消化器病学会総会
  • 150

  • UC における作用機序
  • その他 / 単独発表 / 2005年 4月
    第49回日本リウマチ学会総会・学術集会
  • 151

  • Leukocytapheresis therapy modulates circulating T cell subsets in patients with ulcerative colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Therapeutic apheresis and dialysis
  • / Vol.9 No.3 270-276
  • 152

  • Suppression of inflammatory cytokine secretion by granulocyte/monocyte adsorptive apheresis in active ulcerative colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Therapeutic apheresis and dialysis
  • / Vol.9 No.2 123-127
  • 153

  • Probiotic lactobacillus-induced improvement in murine chronic inflammatory bowel disease is associated with the down-regulation of pro-inflammatory cytokines in lamina propria mononuclear cells
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Clin Exp Immunol
  • / Vol.140 417-426
  • 154

  • A yeast extract high in bioactive peptides has a blood-pressure lowering effect in hypertensive model
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Current Medicinal Chemistry
  • / Vol.12 No.26 3085-3090
  • 155

  • Role of the mucosal immunity and epithelial restitution in IBD : Which plays the leading part for future therapies ?
  • その他 / 共同発表 / 2004年12月
    第1回日本炎症性腸疾患研究会学術集会(東京)
  • 156

  • クローン病モデルマウス SAMP1/Yit マウスにおける IL-5 の役割
  • その他 / 共同発表 / 2004年12月
    第34回日本免疫学会総会学術集会(札幌)
  • 157

  • Suppression of interleukin-1beta- and tumor necrosis factor-alpha-induced inflammatory responses by leukocytapheresis therapy in patients with ulcerative colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2004年12月
    J Gastroenterol
  • / Vol.39 1150-1157
  • 158

  • Lactobacillus casei シロタ株の腸炎抑制機構の解析:IL6 産生抑制細胞壁成分の解析
  • その他 / 共同発表 / 2004年12月
    第34回日本免疫学会総会学術集会(札幌)
  • 159

  • クローン病モデルマウス SAMP1/Yit マウスにおける IL-5 の役割
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    DDW-Japan(第46回日本消化器病学会大会)(福岡)
  • 160

  • ラット実験腸炎モデルにおける顆粒球吸着療法(GCAP)の効果
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    DDW-Japan(第46回日本消化器病学会大会)(福岡)
  • 161

  • クローン病患者血清と特異的に反応するエピトープペプチド
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    DDW-Japan(第46回日本消化器病学会大会)(福岡)
  • 162

  • 炎症性腸疾患に対する JNK 選択的阻害剤の治療作用
  • その他 / 共同発表 / 2004年 7月
    第41回日本消化器免疫学会総会(大津)
  • 163

  • Bacteroides および Lactobacillus の定義が正常時及び病態時のマウス腸粘膜免疫応答に与える影響について
  • その他 / 共同発表 / 2004年 6月
    第8回腸内細菌学会(東京)
  • 164

  • 活動期潰瘍性大腸炎に対する新規プレバイオティクスの有用性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2004年 6月
    第83回日本消化器病学会九州支部例会(東京)
  • 165

  • Interleukin-5 participates in the pathogenesis of ileitis in SAMP1/ Yit Mice
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 6月
    Eur J Immunology
  • / Vol.34 1561-1569
  • 166

  • 実験腸炎モデルにおける GCAP の効果
  • その他 / 共同発表 / 2004年 6月
    第4回九州白血球除去療法研究会(福岡)
  • 167

  • Beneficial effcts of prebiotics germinated barley foodstuff in the long term treatment of ulcerative colitis: a multicentre open control study
  • その他 / 共同発表 / 2004年 5月
    The 2004 Annual Meeting of the British Society of Gastroenterology(Glasgow, UK)
  • 168

  • プロバイオティクスとプレバイオティクス:炎症性腸疾患治療への応用
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 5月
    J・JSMUFF
  • / Vol.1 No.5 277-285
  • 169

  • Germinated barley foodstuff prolongs remission in patients with ulcerative colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 5月
    International Journal of Molecular medicine
  • / Vol.13 No.3 643-647
  • 170

  • Effect of a specific JNK inhibitor in rat experimental gastric injury
  • その他 / 共同発表 / 2004年 5月
    DDW-USA (105th Annual Meeting of the American Gastroenterology Association)(New Orleans, USA)
  • 171

  • プロピオン酸菌による乳性発酵物の炎症性腸疾患患者に対する有用性
  • その他 / 共同発表 / 2004年 4月
    第90回日本消化器病学会総会(仙台)
  • 172

  • 白血球除去療法(LCAP)の全身性サイトカインレスポンスと活性化血小板マーカーに対する影響
  • その他 / 共同発表 / 2004年 4月
    第90回日本消化器病学会総会(仙台)
  • 173

  • 潰瘍性大腸炎に合併した血栓症の検討
  • その他 / 共同発表 / 2004年 4月
    第90回日本消化器病学会総会(仙台)
  • 174

  • 白血球除去療法のメカニズム:サイトカインシグナル伝達の観点から
  • その他 / 単独発表 / 2004年 4月
    第10回日本アフェレシス学会九州地方会(久留米)
  • 175

  • 新しい分子標的薬・JNK 阻害剤による炎症性腸疾患治療の可能性
  • その他 / 共同発表 / 2004年 4月
    第90回日本消化器病学会総会(ワクショップ)(仙台)
  • 176

  • 潰瘍性大腸炎に対する血球成分除去療法(LCAP療法)の使用報告
  • その他 / 共同発表 / 2004年 4月
    第10回日本アフェレシス学会九州地方会(久留米)
  • 177

  • 白血球除去療法のサイトカインシグナル伝達系に及ぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2004年 4月
    第90回日本消化器病学会総会(仙台)
  • 178

  • 炎症性腸疾患に対する新規プレバイオティクス『B.G.S.』の効果
  • その他 / 共同発表 / 2004年 3月
    第11回自己免疫性消化器疾患研究会(久留米)
  • 179

  • 腸内細菌と肝疾患:プレバイオティクスによる慢性肝疾患の改善を目指して
  • その他 / 共同発表 / 2004年 3月
    第11回自己免疫性消化器疾患研究会(久留米)
  • 180

  • 炎症性腸疾患における STAT3 の in vivo での役割
  • その他 / 共同発表 / 2004年 1月
    第1回北部九州消化管リサーチカンファランス(福岡)
  • 181

  • 炎症性腸疾患に対する新規プレバイオティクス '' B.G.S. '' の効果
  • その他 / 共同発表 / 2004年 1月
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業『難治性炎症性腸管障害に関する調査研究』平成15年度第2回総会(東京)
  • 182

  • 潰瘍性大腸炎に対する顆粒球・単球吸着療法の有用性の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    消化器科
  • / Vol.38 No.4 425-430
  • 183

  • 潰瘍性大腸炎に対する新規プレバイオティクス BGS の効果
  • その他 / 共著 / 2004年
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 難治性炎症性腸管障害に関する調査研究 平成 15 年度研究報告書 
  • / 92-93
  • 184

  • 炎症性腸疾患に対する JNK 選択的阻害剤の治療応用
  • その他 / 共著 / 2004年
    消化器と免疫
  • / Vol.41 16-18
  • 185

  • 炎症性腸疾患とプロバイオティクス、プレバイオティクス
  • その他 / 単著 / 2004年
    治療学
  • / Vol.38 1250-1256
  • 186

  • Fucoidan derived from Cladosiphon okamuranus Tokida ameliorates murine chronic colitis through the down-regulation of interleukin-6 production on colonic epithelial cells
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Clin Exp Immunol
  • / Vol.136 432-439
  • 187

  • 潰瘍性大腸炎に対する発芽大麦の作用機序と臨床応用
  • 雑誌 / 共著 / 2003年12月
    消化器科
  • / Vol.37 No.6 550-555
  • 188

  • 炎症性腸疾患に対する最新の内科的治療
  • 雑誌 / 単著 / 2003年10月
    日本大腸肛門病会誌
  • / Vol.56 No.10 826-833
  • 189

  • 潰瘍性大腸炎に対する食品を用いた栄養学的なアプローチ
  • その他 / 共同発表 / 2003年10月
    DDW-Japan(第34回日本消化吸収学会総会、第45回日本消化器病学会大会、第7回日本肝臓学会大会 合同)(ワクショップ)(大阪)
  • 190

  • 炎症性腸疾患へのプロバイオティクスの治療応用
  • その他 / 共同発表 / 2003年 4月
    第89回日本消化器病学会総会(ワクショップ)(さいたま)
  • 191

  • 潰瘍性大腸炎の内科的治療
  • 雑誌 / 単著 / 2003年 3月
    Modern Physician
  • / Vol.23 No.3 426-427
  • 192

  • Germinated barley foodstuff, a prebiotic product, ameliorates inflammation of colitis through modulation of the enteric environment
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 2月
    Journal of Gastroenterology
  • / Vol.38 No.2 134-141
  • 193

  • Modification of intestinal flora in the treatment of inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Current Pharmaceutical Design
  • / Vol.9 333-346
  • 194

  • 腸内細菌を標的とした炎症性腸疾患の治療:プロバイオティクスとプレバイオティクス
  • 雑誌 / 共著 / 2002年12月
    臨牀消化器内科
  • / Vol.18 No.1 101-109
  • 195

  • クローン病自然発症モデル SAMP1 / Yit マウス
  • 雑誌 / 共著 / 2002年11月
    消化器科
  • / Vol.35 No.5 506-514
  • 196

  • Intestinal microflora as a therapeutic target in inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 共著 / 2002年10月
    Journal of Gastroenterology
  • / Vol.37 No.Suppl XIV 73-77
  • 197

  • 潰瘍性大腸炎に対するプレバイオティクス療法
  • 雑誌 / 単著 / 2002年10月
    消化器科
  • / Vol.35 No.4 408-413
  • 198

  • Treatment of ulcerative colitis by feeding with germinated barley foodstuff: first report of a multicenter open control trial
  • 雑誌 / 共著 / 2002年10月
    Journal of Gastroenterology
  • / Vol.37 No.Suppl XIV 67-72
  • 199

  • 腸内細菌を利用した潰瘍性大腸炎の治療
  • 雑誌 / 単著 / 2002年 9月
    日本醫亊新報
  • / Vol.4090 92-93
  • 200

  • Prebiotic treatment of experimental colitis with germinated barley foodstuff: A comparison with probiotic or antibiotic treatment
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 1月
    International Journal of Molecular Medicine
  • / Vol.9 No.1 65-70
  • 201

  • 抗サイトカイン療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年
    TECHNICAL TERM 消化管、消化管先端医学社
  • / 292-293
  • 202

  • Efficacy of vascular endothelial growth factor in the treatment of experimental gastric injury
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Digestion
  • / Vol.66 99-105
  • 203

  • 座談会 臨床医のための潰瘍性大腸炎の診断と治療
  • 雑誌 / 共著 / 2001年12月
    Medical ASAHI
  • / Vol.12 40-42
  • 204

  • 自然発症小腸炎モデル SAMP1/Yit strain の基礎的検討
  • その他 / 共同発表 / 2001年10月
    DDW-Japan(第43回日本消化器病学会大会、第32回日本消化吸収学会総会 合同)(ワークショップ)(京都)
  • 205

  • 実験腸炎モデルに対するプロバオティクス療法とその IBD 治療への応用の可能性
  • その他 / 共同発表 / 2001年10月
    DDW-Japan(第43回日本消化器病学会大会)(ワクショップ)(京都)
  • 206

  • 炎症性腸疾患と PPARγ
  • 雑誌 / 共著 / 2001年10月
    G. I. Research
  • / Vol.9 No.5 421-427
  • 207

  • 炎症性腸疾患とサイトカインシグナル抑制因子 CIS ファミリーの役割
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 9月
    臨床免疫
  • / Vol.36 No.3 373-379
  • 208

  • 潰瘍性大腸炎における虫垂の役割
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 8月
    日本消化器病学会雑誌
  • / Vol.98 No.8 911-915
  • 209

  • Appendectomy protects murine inflammatory bowl disease through the modulation of intestinal microflora and intestinal immune response
  • その他 / 共同発表 / 2001年 7月
    International Conference of Intestinal Bacteriology(国際腸内細菌学会議)(Tokyo, Japan)
  • 210

  • 潰瘍性大腸炎に対するプレバイオティクス療法の試み
  • その他 / 共同発表 / 2001年 4月
    第87回日本消化器病学会総会(シンポジウム(東京)
  • 211

  • クローン病モデル SAMP1/Yit strain における Bacteroides の関与
  • その他 / 共同発表 / 2001年 4月
    第87回日本消化器病学会総会(ワクショップ(東京)
  • 212

  • CIS3/SOCS3/SSI3 plays a negative regulatory role in STAT3 activation and intestinal inflammation
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 2月
    The Journal of Experimental Medicine
  • / Vol.193 No.4 471-481
  • 213

  • サイトカインシグナルと炎症性腸疾患
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    実験医学(増刊)
  • / Vol.19 No.5 694-700
  • 214

  • 炎症性腸疾患におけるサイトカインシグナル伝達と治療
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Pharma Medica
  • / Vol.19 No.4 71-79
  • 215

  • Development of a functional germinated barley foodstuff from brewer's spent grain for the treatment of ulcerative colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Journal of American Society Brewing Chemists
  • / Vol.59 No.2 59-62
  • 216

  • 発芽大麦の潰瘍性大腸炎患者における下痢抑制作用
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    JJPEN
  • / Vol.23 No.10 543-548
  • 217

  • Germinated barley foodstuff feedingA novel neutraceutical therapeutic strategy for ulcerative colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Digestion
  • / Vol.63 No.Suppl 1 60-67
  • 218

  • Transcription factor-targeted therapies in inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Digestion
  • / Vol.63 No.Suppl 1 68-72
  • 219

  • 転写因子を標的とした炎症性腸疾患治療の可能性
  • その他 / 共同発表 / 2000年10月
    DDW-Japan(第42回日本消化器病学会大会、第31回日本消化吸収学会総会 合同)(シンポジウム)(神戸)
  • 220

  • 発芽大麦(GBF)の潰瘍性大腸炎治療への応用
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 6月
    診断と治療
  • / Vol.88 No.6 1025-1033
  • 221

  • Cholestasis with altered structure and function of hepatocyte tight junction and decreased expression of canalicular multispecific organic anion transporter in a rat model of colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 6月
    Hepatology
  • / Vol.31 No.6 1285-1295
  • 222

  • Lymphocyte progenitors in Cd8αα expressing intestinal intraepithelial lymphocytes are derived from neonetal appendix
  • その他 / 共同発表 / 2000年 5月
    DDW-2000 (The American Gastroenterology Association)(San Diego, USA)
  • 223

  • Effect of germinated barley foodstuff administration on mineral utilization in rodents
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 5月
    Journal of Gastroenterology
  • / Vol.35 188-194
  • 224

  • Cytokine-targeted therapeutic approaches for inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 5月
    Drugs of Today
  • / Vol.36 No.5 281-293
  • 225

  • サイトカイン・転写因子を標的とした炎症性腸疾患治療の可能性
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 4月
    消化器科
  • / Vol.30 No.4 403-411
  • 226

  • 虫垂切除マウスでの大腸炎抑制機序の解析
  • その他 / 共同発表 / 2000年 4月
    第86回日本消化器病学会総会(パネルディスカッション)(新潟)
  • 227

  • 潰瘍性大腸炎治療の最近の話題
  • 雑誌 / 単著 / 2000年 1月
    日本消化器病学会雑誌
  • / Vol.97 No.1 10-20
  • 228

  • 潰瘍性大腸炎における虫垂の意義
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    消化管の臨床
  • / Vol.6 15-18
  • 229

  • Germinated barley foodstuffs attenuate colonic mucosal damage and mucosal nuclear factor kappa B activity in a spontaneous colitis model
  • 雑誌 / 共著 / 1999年12月
    Journal of Gastroenterology and Hepatology
  • / Vol.14 1173-1179
  • 230

  • 抗サイトカイン療法 炎症性腸疾患ー新しい視点
  • 単行本 / 分担執筆 / 1999年12月
    へるす出版、消化器病セミナー
  • / Vol.77 259-272
  • 231

  • 細胞内シグナル伝達阻害剤による炎症性腸疾患治療の可能性
  • その他 / 共同発表 / 1999年10月
    DDW-Japan (第58回日本消化器内視鏡学会総会、第41回日本消化器病学会大会、日本消化吸収学会、日本大腸肛門病学会合同)(パネルディスカッション)(広島)
  • 232

  • Butyrate from bacterial fermentation of germinated barley foodstuff preserves intestinal barrier function in experimental colitis in the rat model
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 9月
    Journal of Gastroenterology and Hepatology
  • / Vol.14 880-888
  • 233

  • 細胞内シグナル伝達阻害剤による炎症性腸疾患治療の可能性
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 9月
    Gastroenterol Endosc
  • / Vol.41 1796
  • 234

  • マウス実験腸炎におけるインターロイキン-18 の意義
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 6月
    Progress in Medicine
  • / Vol.19 No.6 1566-1567
  • 235

  • OK-432 treatment increases matrix metalloproteinase-9 production and improves dimethylnitrosamine - induced liver cirrhosis in rats
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 5月
    International Journal of Molecular Medicine
  • / Vol.3 497-503
  • 236

  • 炎症性腸疾患ラットモデルにおける肝細胞 Tight Junction の変化
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 4月
    薬理と治療
  • / Vol.27 No.Suppl 3 S817
  • 237

  • サイトカイン・抗サイトカイン抗体によるデキストラン硫酸腸炎の制御
  • その他 / 共同発表 / 1999年 4月
    第85回日本消化器病学会総会(シンポジウム)(長崎)
  • 238

  • Increased growth of Bifidobacterium and Eubacterium by germinated barley foodstuff, accompanied by enhanced butyrate production in healthy volunteers
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 2月
    International Journal of Molecular Medicine
  • / Vol.3 175-179

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp