久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 名嘉眞 武國の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Hematopoietic stem cell transplantation in advanced cutaneous T-cell lymphoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J Dermatol
  • 2

  • Angiotropic syringomatous carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J Cutan Pathol
  • / Vol.44 No.4 397-400
  • 3

  • Case of shift from linear immunoglobulin A bullous dermatosis to pemphigus herpetiformis for a short period of time.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J Dermatol
  • / Vol.44 No.2 189-193
  • 4

  • Treatment satisfaction, willingness to pay and quality of life in Japanese patients with psoriasis.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J Dermatol
  • / Vol.44 No.2 143-146
  • 5

  • Reply to: Direct Immunofluorescence Findings in Discoid Lupus Erythematosus and Bullous Pemphigoid.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Am J Dermatopathol
  • / Vol.39 No.4 321-322
  • 6

  • The parathyroid hormone family member TIP39 interacts with sarco/endoplasmic reticulum Ca2+ - ATPase activity by influencing calcium homoeostasis.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Exp Dermatol
  • 7

  • Successful autologous peripheral blood stem cell transplantation in primary cutaneous aggressive epidermotropic CD8+ T-cell lymphoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J Dtsch Dermatol Ges
  • / Vol.15 No.4 440-442
  • 8

  • IL-10-producing lung interstitial macrophages prevent neutrophilic asthma.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Int Immunol
  • / Vol.28 No.10 489-501
  • 9

  • A clinical and serological study of linear IgA bullous dermatosis without linear immunoglobulin deposition other than IgA at the basement membrane zone using direct immunofluorescence.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Br J Dermatol
  • 10

  • Comparative Study of Direct Immunofluorescence in Discoid Lupus Erythematosus and Bullous Pemphigoid.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Am J Dermatopathol
  • / Vol.38 No.2 121-123
  • 11

  • A severe and prolonged case of pemphigoid gestationis successfully treated with combination therapies.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Br J Dermatol
  • / Vol.174 No.4 925-927
  • 12

  • Vesicles and pustules on the fingers as an initial manifestation of eosinophilic pustular folliculitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J Dermatol
  • / Vol.42 No.9 914-915
  • 13

  • Adnexal involvement in bullous pemphigoid.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J Cutan Pathol
  • / Vol.42 No.8 587-590
  • 14

  • Loss of heterozygosity in a case of glomuvenous malformations.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J Dermatol
  • / Vol.42 No.6 646-647
  • 15

  • Cutaneous Metastasis of Cecal Carcinoma With Epidermotropism.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Dermatol Surg
  • / Vol.41 No.7 854-856
  • 16

  • A three-dimensional in vitro culture model of Hailey-Hailey disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Exp Dermatol
  • / Vol.24 No.10 788-789
  • 17

  • Oesophageal involvement in epidermolysis bullosa acquisita.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Br J Dermatol
  • / Vol.172 No.1 288-290
  • 18

  • Clinical and immunological profiles in 17 Japanese patients with drug-induced pemphigus studied at Kurume University
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Br J Dermatol
  • / Vol.171 No.3 544-553
  • 19

  • Microarray analysis of gene expression by microdissected epidermis and dermis in mycosis fungoides and adult T-cell leukemia/lymphoma
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Int J Oncol
  • / Vol.45 No.3 1200-1208
  • 20

  • Combination therapy of fexofenadine and montelukast is effective in prurigo nodularis and pemphigoid nodularis
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Dermatol Ther
  • / Vol.27 No.3 135-139
  • 21

  • Distinct protein expression and activity of transglutaminases found in different epidermal tumors.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Exp Dermatol
  • / Vol.23 No.6 433-435
  • 22

  • Molluscum contagiosum with CD30+ cell infiltration in a patient with mycosis fungoides
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Am J Dermatopathol
  • / Vol.36 No.8 685-687
  • 23

  • 当科で経験したダーモスコピーによる興味ある症例
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    福岡地区皮膚科医会学術講演会
  • 24

  • 最近話題となっている薬剤の皮膚障害について
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    久ひ会学術講演会
  • 25

  • 放射線癌
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    腫瘍、皮膚科診療カラーアトラス大系(6)、講談社
  • / Vol.6 51
  • 26

  • 久留米大学皮膚科におけるアクアセルAgの使用経験例~先天性表皮水疱症も含めて~
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    第4回福岡創傷セミナー
  • 27

  • 当科で経験した興味あるダーモスコピーの話~初級から中級編~
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    第163回鹿児島県皮膚科医部会講演会
  • 28

  • 水疱症とサイトカイン
  • 単行本 / その他 / 2010年
    皮膚アレルギーフロンティア、メディカルレビュー社
  • / Vol.8 No.3 15-19
  • 29

  • 当科で経験したダーモスコピーの興味ある症例について
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    第3回山口皮膚科セミナー
  • 30

  • 近年汎用されている分子標的薬の皮膚障害
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    第36回筑後腫瘍研究会
  • 31

  • 近年注目されている薬剤の皮膚障害について
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    大牟田医師会皮膚科泌尿器科医会
  • 32

  • 水疱性類天疱瘡の診療ガイドラインについて -最近当科で経験した瘙痒性皮膚疾患に対する治療についてー
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    南房総 Dermatology Conference
  • 33

  • 一般皮膚疾患についての為になる雑学
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    AIM研究会(朝倉内科研究会)
  • 34

  • 水疱性類天疱瘡のインターフェロンガンマ療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    WHAT`S NEW in 皮膚科学2010-2011、メディカルレビュー社
  • / 216-217
  • 35

  • 手術の前に、器具類・手術道具の準備とメンテナンス
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    皮膚外科学、秀潤社
  • / 26-31
  • 36

  • 自己免疫水疱症に対するサイトカインをターゲットとした治療、γグロブリン大量静注療法
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    MB Derma 169
  • / 70-76
  • 37

  • リフレッシングセミナー ダーモスコピー「躯幹のダーモスコピー」
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    第62回日本皮膚科学会西部支部学術大会
  • 38

  • 今さらですがダーモスコピーをこれから始めるにあたって!
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    皮膚疾患勉強会
  • 39

  • 演習1;ダーモスコピー初級~中級編 講演(2)「ダーモスコピー診断用紙の演習」
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    第6回関西ダーモスコピー研究会
  • 40

  • 表皮母斑
  • 単行本 / 2009年
    子どもの良性・悪性皮膚腫瘍の実践診療、診断と治療社
  • / 49-50
  • 41

  • Pigmentary demarcation lines associated with pregnancy.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Clin Exp Dermatol
  • / Vol.34 573-576
  • 42

  • ありふれた皮膚疾患についての為になる雑学
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    臨床と研究
  • / Vol.86 No.7 934-938
  • 43

  • An association of idiopathic chronic eosinophilic pneumonia with pemphigoid nodularis: a rare variant of bullous pemphigoid
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Arch Dermatol
  • / Vol.145 1339-1340
  • 44

  • 水疱症と膿疱症
  • 雑誌 / 単著 / 2009年
    日本皮膚科学会雑誌
  • / Vol.119 No.13 2687 – 2690
  • 45

  • The compound heterozygote for new/recurrent COL7A1 mutations in a Japanese patient with bullous dermolysis of the newborn.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    J Dermatol Sci
  • / Vol.56 66-68
  • 46

  • CO2レーザー治療
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年
    子どもの良性・悪性皮膚腫瘍の実践診療、診断と治療社
  • / 48
  • 47

  • 水疱症と好酸球. Monthly Book Derma.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年11月
    全日本病院出版
  • / No.94 34~42
  • 48

  • 皮膚円柱腫の1例.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 6月
    皮膚科の臨床
  • / Vol.46 No.6 379~382
  • 49

  • 脈絡膜悪性黒色腫を合併した水疱性類天疱瘡の1例.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 5月
    臨床皮膚科
  • / Vol.58 No.5 451~454
  • 50

  • 巨大尖圭コンジローマの2例.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 3月
    皮膚科の臨床
  • / Vol.46 No.3 923~926
  • 51

  • アナフィラクトイド紫斑. 紅斑のみられる皮膚疾患カラーアトラス.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年 1月
    皮膚病診療
  • / Vol.26増刊号 14
  • 52

  • 凍瘡. 紅斑のみられる皮膚疾患カラーアトラス.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年 1月
    皮膚病診療
  • / Vol.26増刊号 25
  • 53

  • 老人性皮膚掻痒症に対する塩酸セチリジンの臨床効果
  • 雑誌 / 共著 / 2003年12月
    西日本皮膚科
  • / Vol.65 No.6 610〜615
  • 54

  • 下腿、足背の腫瘍切除後の再建に施行したmeshed advancement flapの変法
  • 雑誌 / 共著 / 2003年11月
    皮膚科の臨床
  • / Vol.45 No.11 1565〜1568
  • 55

  • 腺胞細胞癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2003年11月
    皮膚科の臨床
  • / Vol.45 No.11 1653〜1656
  • 56

  • 犬咬傷の3例
  • 雑誌 / 共著 / 2003年10月
    西日本皮膚科
  • / Vol.65 No.5 438〜442
  • 57

  • Sjogren症候群に伴う環状紅斑の3例
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 6月
    臨床皮膚科
  • / Vol.57 No.6 258〜261
  • 58

  • 乳房外Paget病と思われた陰茎基部の基底細胞癌
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 6月
    皮膚病診療
  • / Vol.25 No.増刊号2 13〜16
  • 59

  • LipoPGE1(パルクス)が有効であった難治性皮膚潰瘍の3例.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2003年 5月
    診療と新薬  医事出版社
  • / 367〜370
  • 60

  • 頭部血管肉腫の1例報告と久留米大学皮膚科における血管肉腫12例(1985〜2001)の臨床的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 3月
    臨床皮膚科
  • / Vol.57 No.3 231〜236
  • 61

  • 色素性乾皮症バリアント患者に発症した悪性黒色腫
  • 雑誌 / 共著 / 2002年12月
    Skin Cancer
  • / Vol.17 No.3 225〜229
  • 62

  • 久留米大学皮膚科におけるプロトピック軟膏の使用経験
  • 雑誌 / 共著 / 2002年12月
    西日本皮膚科
  • / Vol.64 No.6 758〜762
  • 63

  • リンパ節転移を伴った右頬部アポクリン腺癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2002年12月
    西日本皮膚科
  • / Vol.64 No.6 713〜717
  • 64

  • Aggressive digital papillary adenocarcinoma arizing on the right great toe
  • 雑誌 / 共著 / 2002年12月
    European Journal of Dermatology
  • / Vol.12 491〜494
  • 65

  • 塩酸オロパタジン(アレロック)が有効であった慢性蕁麻疹の4例.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年 7月
    診療と新薬. 医事出版社
  • / 563〜566
  • 66

  • 物理・化学的障害による水疱の最新情報.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年 6月
    Monthly Book Derma. 全日本病院出版
  • / 1〜7
  • 67

  • 久留米大学における最近6年間のボーエン病およびボーエン癌100例の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 1月
    日本皮膚科学会雑誌
  • / Vol.112 No.1 29〜35
  • 68

  • 水疱性類 天疱瘡に対するテトラサイクリン・ニコチン酸アミド併用内服療法の効果の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2001年12月
    日本皮膚科学会雑誌
  • / Vol.111 No.14 2093〜2099
  • 69

  • 皮膚科専門医
  • 単行本 / 分担執筆 / 2001年 2月
    Clinical Exercises. 医学書院
  • / 90、93、98、116、121、122、148
  • 70

  • 眼窩炎偽腫瘍の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 9月
    皮膚科の臨床
  • / Vol.42 No.9 1337〜1340
  • 71

  • A homozygous missensie mutation in the cytoplasmic tail of β4 integrin,G931D,that disrupts hemidesmozome assembly and underlines non-Herlitz junctional epidermolysis bullosa wihtout pyloric atresia?
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 5月
    Journal of Investigative Dermatology
  • / Vol.114 1061〜1064
  • 72

  • 妊娠性疱疹.ステロイドホルモンと皮膚疾患.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2000年 4月
    Monthly Book Derma. 全日本病院出版
  • / 29〜34
  • 73

  • Cutaneous eosinophilic vasculitis associated with rhuematoid arthritis.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 5月
    British Journal of dermatology
  • / Vol.140 754〜756

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp