久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 柏木 孝仁の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • インフウルエンザウイルスPAタンパク質のエンドヌクレアーゼ活性を有する最小断片の高度発現法の確立
  • その他 / 共著 / 2020年 8月
    第94回日本感染症学会学術講演会
  • 2

  • 成績低迷医学生の心の状態と成績に対する個別コーチングの効果
  • その他 / 共著 / 2020年 7月
    第52回日本医学教育学会大会
  • 3

  • 臨床検査専門学校における協同学習の効果(第2報)
  • その他 / 共著 / 2020年 7月
    第52回日本医学教育学会大会
  • 4

  • フレームワーク(Laravel)を利用した独自アプリ開発 女性医師の現場復帰支援のためのWEBアプリ
  • その他 / 共著 / 2020年 7月
    第52回日本医学教育学会大会
  • 5

  • 女性医師のワークモチベーションの変化とライフイベントの関係
  • その他 / 共著 / 2020年 7月
    第52回日本医学教育学会大会
  • 6

  • A small fragmented P protein of respiratory syncytial virus inhibits virus infection by targeting P protein.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    J Gen Virol.
  • / Vol.101 No.1 21-32
  • 7

  • 臨床実習前演習(PCCE):学生と教員によるプログラムの作成と評価
  • その他 / 共著 / 2019年 7月
    第51回日本医学教育学会大会
  • 8

  • 臨床検査専門学校における協同学習の効果
  • その他 / 共著 / 2019年 7月
    第51回日本医学教育学会大会
  • 9

  • 精製したRSウイルスのP断片はRSウイルスの増殖を抑制する
  • その他 / 共著 / 2019年 4月
    第93回日本感染症学会総会学術講演会
  • 10

  • 教育や学習の見える化と教育力の重要性
  • 雑誌 / 単著 / 2019年
    久留米醫學會雜誌
  • / Vol.82 No.1-2 8-14
  • 11

  • The C-terminal fragment of the respiratory syncytial virus phosphoprotein inhibits the viral polymerase activity.
  • その他 / 共著 / 2018年 6月
    Negative Strand RNA Virus meeting
  • 12

  • RSウイルスの増殖を抑制する欠損型Pの作用機序について
  • その他 / 共著 / 2018年 6月
    第92回日本感染症学会学術講演会
  • 13

  • RSウイルスの欠損型PはRSウイルスのポリメラーゼ活性を阻害する
  • その他 / 共著 / 2017年10月
    第65回日本化学療法学会西日本支部総会
  • 14

  • 自主学習室におけるメンター配置の効果について
  • その他 / 共著 / 2017年 8月
    第49回日本医学教育学会大会
  • 15

  • The C-terminal region of the respiratory syncytial virus phosphoprotein has an inhibitory effect on the polymerase activity
  • その他 / 共著 / 2017年 7月
    International Union of Microbiological Sciences
  • 16

  • インフルエンザウイルスのPA断片が持つエンドヌクレアーゼ活性は自身の遺伝子複製阻害に関与する
  • その他 / 共著 / 2017年 4月
    第91回日本感染症学会総会学術講演会
  • 17

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼPB2サブユニットの転写および複製における役割
  • その他 / 共著 / 2017年 4月
    第91回日本感染症学会総会学術講演会
  • 18

  • RSウイルスのPタンパク質C末端領域はウイルスRNPの合成を抑制する
  • その他 / 共著 / 2017年 4月
    第91回日本感染症学会総会学術講演会
  • 19

  • 次世代シーケンサーによる病原体不明検体からのコロナウイルスの検出
  • その他 / 共著 / 2017年 4月
    第91回日本感染症学会総会学術講演会
  • 20

  • 新しい医師国家試験制度を前にした6年生の心境
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    久留米醫學會雜誌
  • / Vol.80 No.10/12 334-333
  • 21

  • Basic amino acids in the N-terminal half of the PB2 subunit of influenza virus RNA polymerase are involved in both transcription and replication.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J. Gen. Virol.
  • 22

  • 久留米大学医学部医学科のクリニカル・クラークシップの現状
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    久留米醫學會雜誌
  • / Vol.80 No.8/9 292-305
  • 23

  • 新作用機序によるインフルエンザウイルス阻害剤への応用
  • その他 / 共著 / 2016年11月
    第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会
  • 24

  • 共用試験CBTの成績から学生個人の医師国家試験の合否を予測できるか?
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第48回日本医学教育学会大会
  • 25

  • 共用試験の成績から学生個人の国試合否を予測できるか?
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    久留米醫學會雜誌
  • / Vol.79 No.6/7
  • 26

  • The N-terminal fragment of a PB2 subunit from the influenza A virus (A/Hong Kong/156/1997 H5N1) effectively inhibits RNP activity and viral replication
  • その他 / 単独発表 / 2015年10月
    第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会(平成27年度「感染症優秀論文賞(基礎的研究領域)」受賞講演)
  • 27

  • The N-terminal fragments of the PB2 and PA subunits severely inhibit a ribonucleoprotein (RNP) activity of influenza A virus.
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    Negative Strand Virus Meeting
  • 28

  • Identification of amino acids critical for polymerase activity in the N-terminal region of the PB2 subunit of influenza virus RNA polymerase.
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    Negative Strand Virus Meeting
  • 29

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼPB2サブユニットのRNA結合部位の同定
  • その他 / 共同発表 / 2015年 4月
    第89回日本感染症学会総会
  • 30

  • インフルエンザウイルスのN末端PAによるRNP合成阻害とその特異性について
  • その他 / 共同発表 / 2015年 4月
    第89回日本感染症学会総会
  • 31

  • Dengue hemorrhagic fever in a Japanese traveler who had preexisting Japanese encephalitis virus antibody.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Tropical Medicine and Health
  • 32

  • The N-terminal fragment of PA subunit of the influenza A virus effectively inhibits ribonucleoprotein (RNP) activity via supression of its RNP expression.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J Infect Chemother
  • 33

  • deep-sequencingを用いた治療抵抗性HCVにおけるIRES領域の遺伝子解析
  • その他 / 共同発表 / 2014年11月
    第37回日本分子生物学会年会
  • 34

  • インフルエンザウイルスA/H3N2の遺伝子再集合ではPB2とPAの同時移行が重要である
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    第88回日本感染症学会学術講演会
  • 35

  • インフルエンザウイルスPAサブユニットのN末端断片はRNPの合成を抑制する
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    第88回日本感染症学会学術講演会
  • 36

  • インフルエンザウイルスPAサブユニットによるRNP合成阻害の特異性の検証
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    第88回日本感染症学会学術講演会
  • 37

  • The N-terminal fragment of a PB2 subunit from the influenza A virus (A/Hong Kong/156/1997 H5N1) effectively inhibits RNP activity and viral replication.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    PLoS ONE
  • / Vol.9 No.12 e114502
  • 38

  • Performance of a rapid human metaneumovirus antigen test during an outbreak in a long-term care facility.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Epidemiol Infect
  • / Vol.142 424-427
  • 39

  • インフルエンザウイルスA/H3N2の遺伝子再集合について
  • その他 / 共同発表 / 2013年11月
    第83回日本感染症学会西日本地方会学術集会
  • 40

  • Co-incorporation of the PB2 and PA polymerase subunits is a critical determinant for the generation of H3N2 reassortant viruses.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    28th International Congress of Chemotherapy and Infection
  • 41

  • The N-terminal fragment of influenza A virus (H5N1) PB2 subunit strongly inhibits its RNA-dependent RNA polymerase.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    XI International Conference on Negative Strand Viruses
  • 42

  • Functional interaction between PB2 and PA polymerase subunits of influenza virus is a critical determinant of the replication of reassortant viruses.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    XI International Conference on Negative Strand Viruses
  • 43

  • Virological characteristics of treatment resistant HCV, examined using blood HCV RNA below the detection sensitivity limits.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    23rd APASL (Asian Pacific Association for the Study of the Liver) Liver Week
  • 44

  • The N-terminal fragment of influenza A virus (H5N1) PB2 subunit strongly inhibits its RNA-dependent RNA polymerase.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    16th US-Japan Acute Respiratory Infections Panel Meeting
  • 45

  • インフルエンザ(H1N1)2009発生時に地域に密着して実施した実験室内診断症例の検討.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    感染症学雑誌
  • / Vol.87 No.3 368-374
  • 46

  • Co-incorporation of the PB2 and PA polymerase subunits from human H3N2 influenza virus is a critical determinant of the replication of reassortant ribonucleoprotein complexes.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    J Gen Virol
  • / Vol.94 2406-2416
  • 47

  • Intrahost emergent dynamics of oseltamivir-resistant virus of pandemic influenza A (H1N1) 2009 in a fatally immunocompromised patient.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    J Infect Chemother
  • / Vol.18 865-871
  • 48

  • The RNA polymerase PB2 subunit of influenza A/HongKong/156/1997(H5N1) restricts the replication of reassortant ribonucleoprotein complexes.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    PLoS ONE
  • / Vol.7 No.2 e32634
  • 49

  • The PA subunit of the influenza A virus RNA polymerase contributes its stable activity on thermal stress through the promoter binding.
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    United States-Japan Cooperative Medical Science Program. 15th US-Japan Acute Respiratory Infections Panel Meeting
  • 50

  • Mutational analysis of the PB2 subunit of H5N1 influenza virus RNA polymerase required for the assembly of the functional hybrid ribonucleoprotein.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    15th International Congress of Virology
  • 51

  • Inhibitory effect of human metapneumovirus (HMPV) M2-2 on RNA synthesis.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    15th International Congress of Virology
  • 52

  • Clinical study concerning the relationship between community-acquired pneumonia and viral infection in northern Thailand.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Intern Med
  • / Vol.50 991-998
  • 53

  • PA subunit of Influenza A virus RNA polymerae is involved in the stable RNA replication at high temperature.
  • その他 / 共同発表 / 2010年 9月
    Options for the Control of Influenza VII
  • 54

  • The N-terminal region of the PA subunit of influenza virus RNA polymerase contributes to the functional RNA formation.
  • その他 / 共同発表 / 2010年 9月
    Options for the Control of Influenza VII
  • 55

  • Infection control for the pandemic (H1N1)2009 in Kurume university hospital. Meeting of the global outbreak alert and response network (GOARN) partners from the western pacific region.
  • その他 / 共同発表 / 2010年 3月
    WHO Goarn Meeting
  • 56

  • Artificial Hybrids of Influenza A Virus RNA Polymerase Reveal PA Subunit Modulates Its Thermal Sensitivity
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    PLoS ONE
  • / Vol.5 No.12 e15140
  • 57

  • 久留米大学試験問題プールシステム-Ku-Pool-
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    久留米コンピュータジャーナル
  • / Vol.25 57-62
  • 58

  • The N-terminal of the PA subunit of the RNA polymerase of influenza A/HongKong/156/97 influences promoter binding.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    PLoS ONE
  • / Vol.4 No.5 e5473 1-11
  • 59

  • Differential role of the influenza A virus polymerase PA subunit for vRNA and cRNA promoter binding.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Virology.
  • / Vol.370 No.1 194-204
  • 60

  • A mutational shift from domain III to II in the internal ribosome entry site of hepatitis C virus after interferon-ribavirin therapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Arch. Virol.
  • / in press
  • 61

  • Outbreak of human metapneumovirus infection in elderly inpatients in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    J. Am. Geriatr. Soc.
  • / Vol.54 177-180
  • 62

  • Kinetic analysis of C-terminally truncated RNA-dependent RNA polymerase of hepatitis C virus.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Biochem. Biophys. Res. Commun.
  • / Vol.290 No.4 1188-11894
  • 63

  • Molecular dissection of the transcription and replication machinery of influenza virus.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Recent Advances in Influenza Virus Research.
  • / 1-13
  • 64

  • Caenorhabditis elegans reticulon interacts with RME-1 during embryogenesis.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Biochem. Biophys. Res. Commun.
  • / Vol.293 No.2 698-704
  • 65

  • 学会抄録WEB登校用プログラムの構築
  • 雑誌 / 単著 / 2002年
    久留米大学コンピュータジャーナル
  • / Vol.17 3-14
  • 66

  • Promoter/origin structure of hepatitis C virus complementary strand of the genome.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.277 No.32 28700-28705
  • 67

  • Selective photoreceptor damage in four species of insects induced by experimental exposure to UV-irradiation.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Micron.
  • / Vol.33 No.1 23-31
  • 68

  • Molecular cloning and characterization of the mouse reticulon 3 cDNA.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Cell. Mol. Biol.
  • / Vol.48 No.2 163-172
  • 69

  • Isolation of amantadine-resistant influenza A viruses (H3N2) from patients following administration of amantadine in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    J Clin Microbiol.
  • / Vol.39 No.4 1652-1653
  • 70

  • Influenza virus RNA polymerase PA subunit is a novel serine protease with Ser624 at the sctive site.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Gene to Cells.
  • / Vol.6 No.2 87-97
  • 71

  • Molecular evolution of human echovirus 9 isolated from patients with aseptic meningitis in northern Kyushu during the summer of 1997.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Microbiol Immunol.
  • / Vol.45 No.10 717-720
  • 72

  • Effect of photic and thermal stress on distal and proximal rhabdomeres in the crayfish eye: why the visual membranes of the 8th retinula cell more resilient than the others?
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Protoplasma
  • / Vol.210 156-163
  • 73

  • Light activation of phospholipase A2 in the photoreceptor of the crayfish (Procambarus clarkii).
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Acta Neurobiol. Exp.
  • / Vol.60 9-16
  • 74

  • Antibody-scanning and epitope-tagging methods; Molecular mapping of proteins using antibodies.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Curr. Prot. Pept. Sci.
  • / Vol.1 303-308
  • 75

  • インターネット上で利用可能なCGIの持つ有用性と危険性
  • 雑誌 / 単著 / 2000年
    久留米大学コンピュータジャーナル
  • / Vol.15 20-23
  • 76

  • Emergence of new influenza A viruses which carry an escape mutation of the HLA-B27-restricted CTL epitope of NP in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Microbiol. Immunol.
  • / Vol.44 No.10 867-870
  • 77

  • Inhibition of influenza virus replication in cultured cells by RNA-cleaving DNA enzyme.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    FEBS Lett.
  • / Vol.481 113-116
  • 78

  • Molecular dissection of influenza virus RNA polymerase.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Rec. Res. Dev. Virol.
  • / Vol.1 839-847
  • 79

  • Eye lipids and fatty acids from Finnish and Japanese crayfish of similar habitats, but separated by 25 degrees of latitude.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Comp. Biochem. Physiol. B
  • / Vol.123 47-52
  • 80

  • Comparative studies on the compound eyes of larvae and adults of an aeschnid dragonfly, Anax nigrofasciatus nigrofasciatus. (I) Dorsal part.
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Internatl. J. Odonatol.
  • / Vol.1 No.1 15-31
  • 81

  • Fatty acid composition and ultrastructure of photoreceptive membrane in the crayfish Procambarus clarkii under conditions of thermal and photic stress.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    J. Comp. Physiol. B
  • / Vol.167 1-8
  • 82

  • Selective UV-induced damage to short-wavelength receptor cells in the butterfly Papilio xuthus.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Protoplasma.
  • / Vol.200 112-115

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp