久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 高橋 知之の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Viral Vector-based Innovative Approaches to Directly Abolishing Tumorigenic Pluripotent Stem Cells for Safer Regenerative Medicine.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Mol Ther Methods Clin Dev.
  • / Vol.5 51-58
  • 2

  • Intravenous Administration of Endothelial Colony-Forming Cells Overexpressing Integrin β1 Augments Angiogenesis in Ischemic Legs.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Stem Cells Transl Med
  • / Vol.5 218-226
  • 3

  • Disruption of MeCP2 attenuates circadian rhythm in CRISPR/Cas9-based Rett syndrome model mouse.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Genes Cells
  • / Vol.20 No.12 992-1005
  • 4

  • Disturbance of cardiac gene expression and cardiomyocyte structure predisposes Mecp2-null mice to arrhythmias.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Sci Rep
  • / Vol.5 11204
  • 5

  • Intramuscular injection of adenoviral hepatocyte growth factor at a distal site ameliorates dextran sodium sulfate-induced colitis in mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Int J Mol Med
  • / Vol.33 No.5 1064-1074
  • 6

  • Circulating Myeloid Dendritic Cells is Decreased in the Acute Phase of Kawasaki Disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    J Clin Exp Cardiolog
  • / Vol.4 No.10 1000272
  • 7

  • Two neonatal cholestsis patients with mutations in the SRD5B1 (AKR1D1) gene: diagnosis and bile acid profiles during chenodeoxycholic acid treatment.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    J Inherit Metab Dis
  • / Vol.36 No.3 565-573
  • 8

  • Alterations of Gene Expression and Glutamate Clearance in Astrocytes Derived from an MeCP2-null Mouse Model of Rett Syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    PloS ONE
  • / Vol.7 No.4 e35354
  • 9

  • Characterization of urinary bile acids in a pediatric BRIC-1 patient: Effect of rifampicin treatment.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Clin Chim Acta
  • / Vol.413 No.15-16 1301-1304
  • 10

  • Rett症候群の病態に関する神経生化学的研究
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    日本生物学的精神医学会誌
  • / Vol.22 No.1 45-49
  • 11

  • Rett syndrome: The state of clinical basic research, and future perspectives.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Brain Dev
  • / Vol.33 No.8 627-631
  • 12

  • Increased Plasma Type B Natriuretic Peptide in The Acute Phase of Kawasaki Disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Pediatr Int
  • / Vol.53 No.5 736-741
  • 13

  • Neural Development of Methyl-CpG-Binding Protein 2 Null Embryonic Stem Cells: A System for Studying Rett Syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Brain Res
  • / Vol.1360 17-27
  • 14

  • Molecular genetics and bile acid profiles of 3beta-hydroxy-delta 5-C27-steroid dehydrogenase/isomerase deficiency in 2 Japanise patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Pediatr Res
  • / Vol.68 No.3 258-263
  • 15

  • Anti-Fas Gene Therapy Prevents Doxorubicin-induced Cardiotoxicity through Mechanisms Independent of Apoptosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Am J Pathol
  • / Vol.176 No.2 687-698
  • 16

  • Postinfarction gene therapy with adenoviral vector expressing decorin mitigates cardiac remodeling and dysfunction.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Am J Physiol: Heart and Circulatory Physiology
  • / Vol.297 No.4 H1540-1513
  • 17

  • Combined therapy with cardioprotective cytokine administration and anti-apoptotic gene transfer in postinfarction heart failure.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Am J Physiol: Heart and Circulatory Physiology
  • / in press
  • 18

  • Application of an adenoviral vector encoding soluble transforming growth factor-beta type II receptor to the treatment of diabetic nephropathy in mice
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Clin Exp Pharmacol Physiol.
  • / Vol.35 No.11 1288-1293
  • 19

  • In vivo hepatocyte growth factor gene transfer reduces myocardial ischemia-reperfusion injury through its multiple actions
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    J Card Fail.
  • / Vol.13 No.10 874-883
  • 20

  • Treatment with an adenoviral vector encoding hepatocyte growth factor mitigates established cardiac dysfunction in doxorubicin-induced cardiomyopathy
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Am J Physiol: Heart and Circulatory Physiology
  • / Vol.294 No.2 H1048-1057
  • 21

  • Importance of recruitment of bone marrow-derived CXCR4(+) cells in post-infarct cardiac repair mediated by G-CSF
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Cardiovasc Res.
  • / Vol.71 No.3 455-465
  • 22

  • 特集:I. ヒトおよびサルのES細胞 "ES 細胞と遺伝子治療技術"
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    再生医療 日本再生医療学会雑誌 メディカルレビュー社
  • / Vol.5 No.1 61-69
  • 23

  • 増殖因子と再生医療 "HGF 急性/劇症肝炎"
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年
    メディカルレビュー社
  • / 199-204
  • 24

  • Cell cycle-specific changes of hTERT promoter activity in normal and cancerous cells in adenoviral gene therapy: An promising implication of telomerase-dependent targeted cancer gene therapy
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Int. J Oncol.
  • / Vol.29 No.3 681-688
  • 25

  • Identification and isolation of embryonic stem cell-derived target cells by adenoviral conditional targeting
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Mol. Ther.
  • / Vol.14 No.5 673-683
  • 26

  • In vivo hepatic HB-EGF gene transduction inhibits Fas-induced liver injury and induces liver regeneration in mice: a comparative study to HGF
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    J. Hepatol.
  • / Vol.44 No.6 1046-1054
  • 27

  • "ES細胞の心筋分化と再生医学への技術開発" 幹細胞生物学の新たな展開 -ES細胞の分化-
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    最新医学 最新医学社
  • / Vol.60 1688-1694
  • 28

  • "At the Bench" アップデート版
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年
    メディカル・サイエンス・インターナショナル社
  • / 387-415
  • 29

  • "At the Bench"
  • 単行本 / 分担執筆 / 2001年
    メディカル・サイエンス・インターナショナル社
  • / 387-415
  • 30

  • 再生医学-21世紀の医学を展望する "肝細胞増殖因子(HGF)による肝臓再生"
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    最新医学 別冊 最新医学社
  • / Vol.55 No.12 193-204
  • 31

  • 再生医学と生命科学 -生殖工学・幹細胞工学・組織工学- "肝細胞増殖因子(HGF) 再生因子から治療因子へ"
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    蛋白質 核酸 酵素 臨時増刊号 共立出版
  • / Vol.45 No.13 106-114
  • 32

  • Bio Science 用語ライブラリー 神経・発生 "Wnt-4"
  • 単行本 / 分担執筆 / 1996年
    実験医学 別冊 羊土社
  • / 56-57

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp