久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 関  律子の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Pigment epithelium-derived factor (PEDF) inhibits survival and proliferation of VEGF-exposed multiple myeloma cells through its anti-oxidative properties
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.431 No.4 693-697
  • 2

  • Analysis of the Cutoff Values in Fibrin-Related Markers for the Diagnosis of Overt DIC.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 9月
    Clin Appl Thromb Hemost.
  • / Vol.18 No.5 495-500
  • 3

  • Impacts of the autologous PBSCT for DLBCL with high skp2
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    第73回日本血液学会学術集会
  • / Vol.52 No.9 328(10)
  • 4

  • Case of polycythemia vera with unusual organizing pneumonia mimicking the clinical features of military tuberculosis and possibly caused by the involvement of neoplastic megakaryocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 8月
    Pathol Int.
  • / Vol.61 No.8 486-490
  • 5

  • Prospective evaluation of hemostatic abnormalities in overt DIC due to various underlying diseases.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 8月
    Thrombosis Research
  • / Vol.128 No.2 186-190
  • 6

  • DNA MICROARRAY ANALYSIS IN DLBCL DEPENDENT ON SKP2 EXPRESSION
  • その他 / 単独発表 / 2011年 6月
    16th Congress of the European Hematology Association
  • 7

  • DLBCLにおけるSkip2発現に関するcDNAマイクロアレイ解析
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第51回日本リンパ網内系学会総会
  • / Vol.51 109
  • 8

  • The Immunohistochemical Profile and Other Prognostic Factors In Patients with Newly Diagnosed Diffuse Large B-Cell Lymphoma Treated with R-CHOP
  • その他 / 共著 / 2010年12月
    52nd American Society of Hematology (ASH)
  • 9

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫におけるSkip2/p27kip蛋白の予後因子としての有用性
  • 雑誌 / 共著 / 2010年12月
    臨床血液
  • / Vol.51 No.12 1741-1743
  • 10

  • The Immunohistochemical Profile and Other Prognostic Factors In Patients with Newly Diagnosed Diffuse Large B-Cell Lymphoma Treated with R-CHOP
  • その他 / 共著 / 2010年10月
    2010 Lymphoma & Myeloma meeting(国際造血器腫瘍会議)
  • 11

  • IgH遺伝子再構成検査(PCR法)によるBリンパ腫細胞骨髄浸潤の検討
  • その他 / 共著 / 2010年 6月
    第50回日本リンパ網内系学会総会
  • / Vol.50 131
  • 12

  • Rituximab in combination with CHOP chemotherapy for the treatment of diffuse large B cell lymphoma in Japan: a retrospective analysis of 1,057 cases from Kyushu Lymphoma Study Group.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 3月
    Int J Hematol.
  • / Vol.91 No.2 258-266
  • 13

  • Prognostic significance of S-phase kinase-associated protein 2 and p27kip1 in patients with diffuse large B-cell lymphoma: effects of rituximab.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Ann Oncol
  • / Vol.21 833-841
  • 14

  • A-3Pigment Epithelium-Derived Factorは骨髄腫細胞においてNADPHオキシダーゼ活性を介したROS産生を抑制する
  • その他 / 共著 / 2009年11月
    第34回日本骨髄腫研究会総会
  • 15

  • IgH遺伝子再構成検査(PCR法)によるBリンパ腫細胞骨髄浸潤の検討
  • その他 / 共著 / 2009年10月
    第71回日本血液学会学術集会
  • / Vol.50 No.9 347(1039)
  • 16

  • Prognostic impact of immunohistochemical biomarkers in diffuse large B-cell lymphoma in the rituximab era.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 7月
    Cancer Sci
  • / Vol.100 No.10 1842-1847
  • 17

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫:予後因子解析(九州リンパ腫研究会)
  • その他 / 共著 / 2009年 7月
    第49回日本リンパ網内系学会総会
  • / Vol.49 93
  • 18

  • Characterization of the light chain-restricted clonal B cells in peripheral blood of HCV-positive patients
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    International Journal of Hematology
  • / Vol.89 452-459
  • 19

  • Regulation of p27 by S-Phase Kinase-Associated Protein 2 Is Associated with Aggressiveness in Diffuse Large B Cell Lymphoma(DLBCL)
  • その他 / 共著 / 2008年12月
    American Society of Hematology (ASH)
  • / Vol.112 No.11 1288
  • 20

  • DLBCL11107例における予後因子解析-Rituximab有無別比較(九州リンパ腫研究会)
  • その他 / 共著 / 2008年10月
    第70回日本血液学会総会
  • / Vol.49 No.9 183(861)
  • 21

  • DLBCL677例における予後因子解析-Skip2有用性の検討(九州リンパ腫研究会)
  • その他 / 共著 / 2008年10月
    第70回日本血液学会総会
  • / Vol.49 No.9 183(861)
  • 22

  • Mobilization of Bone Marrow Cells by Leukocytapheresis in Patients With Ulcerative Colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 8月
    Therapeutic Apheresis and Dialysis
  • / Vol.12 No.4 271-277
  • 23

  • HIGH SKP2 EXPRESSION IS AN INDEPENDENT PREDICTOR OF UNFAVORABLE OUTCOME IN 684 PATIENTS WITH DIFFUSE LARGE B CELL LYMPHOMA (DLBCL)
  • その他 / 単著 / 2008年 6月
    Annals of Oncology/ 10th International Conference on Malignant Lymphoma
  • / Vol.19 No.4 iv142
  • 24

  • Periostin and bone marrow fibrosis
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 6月
    International Journal of Hematology
  • / Vol.88 No.1 57-64
  • 25

  • High Skp2 Expression Is an Independent Predictor of Unfavorable Outcome in 333 Patients with Diffuse Large B Cell Lymphoma (DLBCL)
  • その他 / 共同発表 / 2007年12月
    blood/ American Society of Hematology (ASH)
  • / Vol.110 No.11 466a
  • 26

  • High Skp2 Expression Is an Independent Predictor of Unfavorable Outcome in 333 Patients with Diffuse Large B Cell Lymphoma (DLBCL)
  • その他 / 共同発表 / 2007年11月
    American Society of Hematology (ASH)(49th Annual Meeting and Exposition)
  • / Vol.110 No.16 466a
  • 27

  • APLに非典型的な表面マーカーを認めたmicrogranular typeの2例
  • その他 / 共著 / 2006年11月
    第275回 日本内科学会九州地方会
  • 28

  • 汎血球減少を契機に診断された非分泌型多発性骨髄腫の1例
  • その他 / 共著 / 2006年11月
    第275回 日本内科学会九州地方会
  • 29

  • 慢性肝炎における赤血球変形能の低下とエイコサペンタエン酸の効果
  • その他 / 共著 / 2006年 3月
    第83回日本生理学会大会
  • 30

  • 自家移植後の 2nd relapse(MRD 再発)の急性前骨髄球性白血病に亜砒酸治療で3回目の寛解導入に成功し、HLA 一致ドナーから同種末梢血幹細胞移植を行い寛解を維持している一例
  • その他 / 共著 / 2006年 2月
    第28回日本造血細胞移植学会総会
  • 31

  • Simultaneous Hepatic Relapse of Non-Hodgkins Lymphoma and Hepatocellular Carcinoma in a Patient with Hepatitis C Virus-Related Cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Acta Haematologica
  • / Vol.116 266-271
  • 32

  • Demonstration of reversed flow in segmental branches of the portal vein with hand-held color Doppler ultrasonography after hematopoietic stem cell transplantation
  • 雑誌 / 共著 / 2005年12月
    Bone Marrow Transplant
  • / Vol.36 No.12 1071-1075
  • 33

  • Pigment epithelium-derived factor (PEDF) inhibits multiple myeloma through suppressing NADPH oxidase ROS generation
  • その他 / 共同発表 / 2005年12月
    American Society of Hematology (47th Annual Meeting and Exposition)
  • 34

  • Pigment epithelium-derived factor (PEDF) inhibits multiple myeloma through antioxidant capacity
  • その他 / 共同発表 / 2005年 6月
    10th Congress of the European Hematology Association
  • 35

  • Immunological evaluation of vaccination of peptides derived from epithelial cancer-related antigens in two patients with hematological malignancy
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Int J Oncol
  • / Vol.26 1605-1612
  • 36

  • Quantitative studies on the impaired filterability of erythrocytes from patients with liver cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    日本バイオレオロジー学会誌
  • / Vol.19 No.1 50-59

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp