久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 深水  圭の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 8. Effectiveness of cryofiltration and mizoribine combination with oral steroid therapy in a patient with membranoproliferative glomerulonephritis due to essential cryoglobulinemia
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    CEN Case Rep
  • / No.29 10.1007/s13730-019-00394-4
  • 2

  • Carnitine deficiency is associated with decreased exercise activity in hemodialysis patients
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Renal Replacement Therapy
  • / No.5 2
  • 3

  • 腎臓病の診断・治療Up-to-Date
  • その他 / 単著 / 2018年 7月
    久留米醫學會雑誌
  • / Vol.80 No.6.7 175-183
  • 4

  • 糖尿病性腎臓病(DKD)における降圧治療のTips
  • その他 / 共著 / 2018年 5月
    血圧
  • / Vol.25 No.5 38-44
  • 5

  • ナトリウム利尿ペプチド(HANP, BNP)、NT-proBNP
  • その他 / 共著 / 2018年
    腎と透析 「腎と透析ベッドサイド検査事典」第9章 内分泌的検査
  • / 255-257
  • 6

  • RAGE-aptamer attenuates deoxycorticosterone acetate/salt-induced renal injury in mice
  • 雑誌 / その他 / 2018年
    Sci Rep
  • / Vol.8 No.8 2686
  • 7

  • 糖尿病性腎臓病(DKD)の概念と治療~腎性貧血も含めて~
  • その他 / 単著 / 2018年
    新居浜市医師会報
  • / No.714 15112-15116
  • 8

  • ADL影響因子とカルニチン欠乏 透析患者におけるカルニチン欠乏の筋量、筋力への影響
  • その他 / 共著 / 2018年
    透析療法ネクスト
  • / 63-69
  • 9

  • 糖尿病性腎症
  • 単行本 / 分担執筆 / 2018年
    今日の治療指針 腎疾患
  • / 595-600
  • 10

  • ADL影響因子とカルニチン欠乏 血液透析患者に併存する抑うつ(SDS)・認知症(MMSE)とカルニチン欠乏
  • その他 / 共著 / 2018年
    透析療法ネクスト
  • / 88-95
  • 11

  • AGEs-RAGE overexpression in a patient with smoking-related idiopathic nodular glomerulosclerosis
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    CEN Case Rep
  • / Vol.7 No.1 48-54
  • 12

  • Advanced glycation end products evoke inflammatory reactions in proximal tubular cells via autocrine production of dipeptidyl peptidase-4
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Microvasc Res
  • / Vol.26 No.120 90-93
  • 13

  • CKD治療の最前線~糖尿病性腎臓病、多発性嚢胞腎を攻略する~
  • その他 / 単著 / 2018年
    久留米内科医会会報
  • / No.73 4-6
  • 14

  • Crucial role of RAGE in inappropriate increase of smooth muscle cells from patients with pulmonary arterial hypertension
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    PLoS One
  • / Vol.4 No.13 e0203046
  • 15

  • ガイドラインでこう変わった最も新しいCKD薬物治療 CKDの基礎疾患に対する治療 糖尿病
  • その他 / 共著 / 2018年
    月刊薬事
  • / Vol.60 No.16 27-32
  • 16

  • 透析患者の栄養士表と抑うつ状態
  • その他 / 単著 / 2018年
    臨床透析
  • / Vol.34 No.11 106-107
  • 17

  • 腎臓専門医のためのCKD診療Q & A
  • その他 / 単著 / 2018年
    東京医学社
  • / 76-77
  • 18

  • 腎機能低下糖尿病患者における食事療法
  • その他 / 単著 / 2018年
    腎臓内科・泌尿器科
  • / Vol.8 No.4 320-325
  • 19

  • CKD管理と高尿酸血症
  • その他 / 単著 / 2017年 8月
    八女筑後医報
  • / Vol.383 5-10
  • 20

  • 女性医師キャリア支援へのやる気スイッチグラフの活用—厚生労働省「平成28年度女性医師キャリア支援モデル推進事業」の成果—
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 5月
    久留米醫學會雑誌
  • / Vol.80 No.4・5 135-142
  • 21

  • 尿化学分析装置を用いた尿試験紙マイクロアルブミン9による尿アルブミン,尿蛋白測定およびクレアチニン補正の有効性
  • 雑誌 / 単著 / 2017年
    医学と薬学
  • / Vol.74 No.6 711-715
  • 22

  • Ratio of serum levels of AGEs to soluble RAGE is correlated with trimethylamine-N-oxide in non-diabetic subjects
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Int J Food Sci Nutr
  • / Vol.23 1-8
  • 23

  • 血液透析患者におけるambulatory arterial stiffness index(AASI)と頸動脈末梢血管との関連についての検討
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    透析会誌
  • / Vol.50 No.7 473-476
  • 24

  • Efficacy and safety of plasma exchange for Kawasaki disease with coronary artery dilatation
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Renal Replacement Therapy
  • / No.3 50
  • 25

  • Compared effects of calcium and sodium polystyrene sulfonate on mineral and bone metabolism and volume overload in pre-dialysis patients with hyperkalemia.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Clin Exp Nephrol
  • 26

  • RAGE-Aptamer Blocks the Development and Progression of Experimental Diabetic Nephropathy
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Diabetes
  • / Vol.66 No.6 1683-1695
  • 27

  • ステロイド療法の効果的な使い方 腎疾患
  • その他 / 共著 / 2017年
    月刊臨牀と研究
  • / Vol.94 32-38
  • 28

  • L-Carnitine Supplementation Improves Self-Rating Depression Scale Scores in Uremic Male Patients Undergoing Hemodialysis
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Lett Drug Des Discov
  • / Vol.14 No.6 737-742
  • 29

  • Asymmetric Dimethylarginine Contributes to the Impaired Response to Erythropoietin in CKD-Anemia
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J Am Soc Nephrol
  • / Vol.28 2670-2680
  • 30

  • Decline in estimated glomerular filtration rate is associated with risk of end-stage renal disease in type 2 diabetes with macroalbuminuria : an observational study from JDNCS
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Clin Exp Nephrol
  • 31

  • The Coexistence of Multiple Myelom-associated Amyloid Light-chain Amyloidosis and Fabry Disease in a Hemodialysis Patient
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Intern Med
  • / Vol.56 841-846
  • 32

  • CKD診療における診断・治療のコツ~難病疾患に対する新たな治療も含めて~
  • その他 / 単著 / 2017年
    小倉内科医会誌
  • / Vol.39 91
  • 33

  • 慢性腎臓病治療Up-to-Date
  • その他 / 単著 / 2017年
    別府市医師会
  • / Vol.186 28-29
  • 34

  • 低血糖
  • その他 / 共著 / 2017年
    腎臓内科・泌尿器科
  • / Vol.6 No.5 393-398
  • 35

  • 母体環境がCKD進展に及ぼす影響
  • その他 / 2016年12月
    最新醫學
  • / Vol.71 No.12 81-87
  • 36

  • AGEs-RAGE系と血管障害
  • その他 / 共著 / 2016年 9月
    血管
  • / Vol.39 No.3 107-116
  • 37

  • AKIの血液浄化療法
  • その他 / 共著 / 2016年 7月
    臨牀と研究
  • / Vol.93 No.7 14-18
  • 38

  • 糖尿病性腎症の診断と治療
  • その他 / 共著 / 2016年 4月
    臨牀と研究
  • / Vol.93 No.4 171-120
  • 39

  • 老化と腎とADMA
  • その他 / 共著 / 2016年 4月
    腎臓内科・泌尿器科
  • / Vol.3 No.4 376-383
  • 40

  • Maternal exposure to high-fat and high-fructose diet evokes hypoadiponectinemia and kidney injury in rat offspring
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Clinical and Experimental Nephrology
  • 41

  • 腎障害とAGEs(終末糖化産物)
  • その他 / 単著 / 2016年
    循環plus
  • / No.1 2-6
  • 42

  • Serum Levels of Growth Differentiation Factor 11 Are Independently Associated with Low Hemoglobin Values in Hemodialysis Patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Biores Open Access
  • / Vol.1 No.5 155-158
  • 43

  • 女性医療のすべて AGEsと腎機能
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年
    メディカルレビュー社
  • / 135-141
  • 44

  • 血糖管理指標:グリコアルブミン(GA)
  • その他 / 共著 / 2016年
    糖尿病腎症の治療のポイント,医薬ジャーナル社
  • / 115-123
  • 45

  • DNA-aptamers raised against AGEs as a blocker of various aging-related disorders
  • その他 / 2016年
    Clin Exp Nephrol
  • / Vol.33 683-690
  • 46

  • 腎機能別降圧薬数の実態とアドヒアランス向上に対する降圧配合剤への期待
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    血圧
  • / Vol.24 No.2 48-52
  • 47

  • Accurate estimation of protein/creatinine ratio on urine sample in CKD patients
  • その他 / 共著 / 2016年
    Clin Exp Nephrol
  • / Vol.20 319-321
  • 48

  • 慢性腎臓病の診断と最新の治療
  • その他 / 単著 / 2016年
    八女筑後医報
  • / No.373 18-22
  • 49

  • Regulation of platelet count by erythropoiesis-stimulating agents-iron axis in hemodialysis patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Dovepress
  • 50

  • AGEs阻害薬開発の現状とアプタマーへの期待
  • その他 / 単独発表 / 2015年12月
    第27回日本糖尿病性腎症研究会
  • 51

  • RAGE-DNAアプタマーはRac1-MR経路を抑制しアルドステロン誘導性ポドサイト障害を改善する
  • その他 / 共同発表 / 2015年12月
    久留米大学大学院研究発表会
  • 52

  • Serum albumin-adjusted glycated albumin reflects glycemic excursion in diabetic patients with severe chronic kidney disease not treated with dialysis
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 9月
    J DIABETES COMPLICAT
  • / Vol.29 913-917
  • 53

  • MR関連腎障害におけるAGEs-RAGE系の役割とRAGEアプタマーの腎保護効果
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    第58回日本腎臓学会学術総会
  • 54

  • Receptor for advanced glycation endproducts and progressive kidney disease
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 1月
    Wolter Kluwer Health Lippincott Williams & Wilkins
  • / Vol.24 No.1 54-60
  • 55

  • Dipeptidyl peptidase-4-deficiency protects against experimental diabetic nephropathy partly by blocking advanced glycation end products-their receptor RAGE axis.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    LAB INVEST
  • / No.95 525-533
  • 56

  • Rivaroxavan inhibits oxidative and inflammatory reactions in advanced glycation end products-exposed tubular cells by blocking thrombin/protease-activated receptor-2 system.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    THROMB RES
  • / No.135 770-773
  • 57

  • AGEs-DNA aptamer as a novel therapeutic strategy for hypertensive nephropathy
  • その他 / 共著 / 2015年
    Taguchi K, Yamagishi S, Nakayama Y, Fukami K
  • / No.10 11-14
  • 58

  • 久留米大学保育所による女性医療者の復職支援と今後の課題
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    久留米醫學會雑誌
  • / Vol.78 No.9-12
  • 59

  • 今,求められる女性医師の労働環境とは―常勤に復帰していない女性医師のアンケート結果を踏まえて―
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    久留米醫學會雑誌
  • / Vol.78 No.2-4
  • 60

  • Development of a monoclonal antibody-based ELISA system for glyceraldehyde-derived advanced glycation end products.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    IMMUNOL LETT
  • / No.167 141-146
  • 61

  • Pigment epithelium-derived factor inhibits caveolin-induced interleukin-8 gene expression and proliferation of human prostate cancer cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    ONCOLOGY LETTERS
  • / No.10 2644-2648
  • 62

  • AGEs-DNA aptamer as a novel therapeutic strategy for hypertensive nephropathy
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    IMARS Highlights
  • / Vol.10 11-14
  • 63

  • Evaluation of tissue accumulation levels of advanced glycation end products by skin autofluorescence: A novel marker of vascular complications in high-risk patients for cardiovascular disease.
  • その他 / 共著 / 2015年
    INT J CARDIOL
  • / No.15 263-268
  • 64

  • Serum albumin-adjusted glycated albumin is a better indicator of glycemic control in diabetic patients with endstage renal disease not on hemodialysis.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    ANN CLIN BIOCHEM
  • / No.29 488-496
  • 65

  • 糖尿病性腎症をどう治療する? 動脈硬化
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年
    日本医事新報社
  • 66

  • L-carnitine supplementation increases trimethylamine-N-oxide, but reduces markers of vascular injury in hemodialysis patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J CARDIOVASC PHARM
  • / No.65 289-295
  • 67

  • RAGE and progressive kidney disease.
  • その他 / 共著 / 2015年
    CURR OPIN NEPHROL HY
  • / No.24 54-60
  • 68

  • Role of receptor for advanced glycation end products (RAGE) and its ligands in cancer risk.
  • その他 / 共著 / 2015年
    REJUV RES
  • / Vol.18 No.1 48-56
  • 69

  • Crosstalk between advanced glycation end products (AGEs)-receptor RAGE axis and dipeptidyl peptidase-4-incretin system in diabetic vascular complications.
  • その他 / 共著 / 2015年
    CARDIOVASC DIABETOL
  • / No.14 2
  • 70

  • 活性酸素と腎臓病
  • その他 / 共著 / 2015年
    臨床化学
  • / Vol.44 198-206
  • 71

  • テストステロンと血液透析患者
  • その他 / 共著 / 2015年
    腎臓内科・泌尿器科
  • / Vol.1 443-449
  • 72

  • 慢性血液透析患者におけるLOH症候群・動脈硬化に対するL-カルニチン投与の意義についての検討
  • その他 / 単著 / 2014年12月
    一般財団法人 医療・介護・教育研究財団 第8回業績集
  • / 9-11
  • 73

  • Ramipril inhibits AGE-RAGE-induced matrix metalloproteinase-2 activation in experimental diabetic nephropathy
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 8月
    DIABETOLOGY & METABOLIC SYNDROME
  • / Vol.6 No.86 1-9
  • 74

  • 血液透析患者に対する経口・静注L‐カルニチン補充療法がカルニチン濃度に与える影響とその効果についての検討
  • その他 / 共著 / 2014年 6月
    透析会誌
  • / Vol.47 No.6 367-374
  • 75

  • Asymmetric dimethylarginine accumulates in the kidney during ischemia/reperfusion injury
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    Kidney International
  • / Vol.85 570-578
  • 76

  • Involvement of Iron-Evoked Oxidative Stress in Smoking-Related Endothelial Dysfunction in Healthy Young Men
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 2月
    PLOS ONE
  • / Vol.9 1-6
  • 77

  • First reported case of collagenofibrotic glomerulopathy with a full-house pattern of immune deposits
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    CLIN NEPHROL
  • / Vol.81 290-295
  • 78

  • アンチエイジングのための100の質問 透析患者において、LOH症候群やうつ症状とAGEsは関連しますか
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年
    メディカルレビュー社
  • / 180-181
  • 79

  • アンチエイジングのための100の質問 AGEsとエピジェネティクスとの関係について、何かわかっていれば教えてください
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年
    メディカルレビュー社
  • / Vol.218-219
  • 80

  • エクリブマブ投与により血漿交換を離脱しえた非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    日本腎臓学会誌
  • / Vol.56 606-611
  • 81

  • 被囊性腹膜硬化症にイレウス管挿入による腸重積を合併した1症例
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    臨牀透析
  • / Vol.30 No.5 91-97
  • 82

  • 横隔膜交通症手術時の腹部圧迫操作により交通性陰囊水腫をきたした腹膜透析患者の1症例
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    臨牀透析
  • / Vol.30 No.2 93-98
  • 83

  • 敗血症に伴う腎障害
  • その他 / 共著 / 2014年
    腎と透析
  • / Vol.76 401-404
  • 84

  • 血液透析患者におけるカルニチン欠乏と酸化ストレス-AGEs軽減作用への期待-
  • その他 / 共著 / 2014年
    透析療法ネクスト
  • / Vol.17 13-20
  • 85

  • CKD治療ガイドライン改訂のポイントと治療
  • その他 / 単著 / 2014年
    八女筑後医報
  • / Vol.363 13-17
  • 86

  • 月刊糖尿病 糖尿病腎症における血糖コントロール(腎不全期~透析療法期)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年
    医学出版
  • / 29-36
  • 87

  • CKD治療ガイドライン改訂のポイントと治療
  • その他 / 単著 / 2014年
    八女筑後医報
  • / Vol.363 13-17
  • 88

  • 当院における腹膜透析の継続率向上に向けた取り組み
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    腎と透析
  • / Vol.77 211-212
  • 89

  • 血液透析患者に対する経口・静注L-カルニチン補充療法がカルニチン濃度に与える影響とその効果についての検討
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    日本透析医学会雑誌
  • / Vol.47 357-374
  • 90

  • スルフォラファンは、試験管内において終末糖化産物(AGE)形成を抑制する.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Diabetes Frontier Online
  • / Vol.1 e1-001
  • 91

  • アンチエイジングのための100の質問 可溶性RAGEについて、教えてください。どのような機序で産生されますか
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年
    メディカルレビュー社
  • / 120-121
  • 92

  • サルモネラ(Salmonella enteritidis)感染による感染性 胸部大動脈瘤を発症した,透析患者の一例
  • その他 / 共著 / 2013年11月
    臨床透析
  • / Vol.29 No.12 99-104
  • 93

  • DNA Aptamer Raised Against AGEs Blocks the Progression of Experimental Diabetic Nephropathy
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 9月
    DIABETES
  • / Vol.62 3241-3250
  • 94

  • Role of AGEs-RAGE System in Cardiovascular Disease
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    Current Pharmaceutical Design
  • / Vol.20 2395-2402
  • 95

  • ロサルタン,フロセミドによる中毒性表皮壊死症(TEN)を発症した慢性腎不全患者の1症例
  • その他 / 共著 / 2013年 5月
    透析会誌
  • / Vol.46 No.5 493-499
  • 96

  • Effects of Switching from Calcium Carbonate to Lanthanum Carbonate on Bone Mineral Metabolism in Hemodialysis Patients
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    Therapeutic Apheresis and Dialysis
  • / Vol.17 No.1 35-40
  • 97

  • AGEs-RAGE system in cardiovascular disease
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Cur Pharm Des
  • 98

  • DNA aptamer raised against AGEs blocks the progression of experimental diabetic nephropathy
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Diabetes
  • 99

  • Telmisartan inhibits AGE-induced podocyte damage and detachment
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Microvasc Res
  • 100

  • Potential Inhibitory Effects of L-Carnitine Supplementation on Tissue Advanced Glycation End Products in Patients with Hemodialysis
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    REJUVENATION RESEARCH
  • / Vol.16 No.6 460-466
  • 101

  • 認定医・専門医のための輸液・電解質・酸塩基平衡
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    中山書店
  • / 206-207
  • 102

  • Glucagon-like Peptide-1 Receptor Agonist Inhibits Asymmetric Dimethylarginine Generation in the Kidney of Streptozotocin-Induced Diabetic Rats by Blocking Advanced Glycation End Product-Induced Protein Arginine Methyltranferase-1 Expression
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Am J Pathol
  • / Vol.182 No.1 132-141
  • 103

  • PEDF inhibits AGE-induced podocyte apoptosis via PPAR-gamma activation
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Microvasc Res
  • / No.85 54-58
  • 104

  • CKDガイドラインにおけるアルブミン尿測定の重要性
  • その他 / 単著 / 2013年
    Sysmex Journal
  • / Vol.36 No.1 18-24
  • 105

  • Serum asymmetric dimethylarginine levels are independently associated with procollagen III N-terminal peptide in non-alcoholic fatty liver disease patients
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Clin Exp Med.
  • 106

  • First reported case of collagenofibrotic glomerulopathy with a full-house pattern of immune deposits
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Clin Nephrol.
  • 107

  • 腎臓病の分類. 最新の腎疾患診療 
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    臨床と研究 大道學館出版部
  • / Vol.90 6-9
  • 108

  • CKDガイドラインにおけるアルブミン尿測定の重要性
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    Sysmex Journal
  • / Vol.36 18-24
  • 109

  • Evidence for a positive association between serum carnitine and free testosterone levels in uremic men with hemodialysis.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Rejevenation Res
  • 110

  • アログリプチンからリナグリプチンへの切換え例での臨床的有用性について―血液透析患者における検討―
  • その他 / 共著 / 2012年10月
    THERAPEUTIC RESEARCH
  • / Vol.33 No.10 1569-1573
  • 111

  • Expermental diabetic nephropathy is accelerated in matrix metalloproteinase-2 knockout mice
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 9月
    Nephrology Dialysis Transplantation
  • / No.0 1-8
  • 112

  • AGEの腎症進行における役割と治療法開発への期待
  • その他 / 共著 / 2012年 8月
    腎と透析
  • / Vol.73 No.2 134-138
  • 113

  • 終末糖化産物質からみた慢性腎臓病(CKD)の病態解明と治療戦略
  • その他 / 単著 / 2012年 5月
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.74 No.3~5 95~100
  • 114

  • ゾレドロン酸水和物投与後に発症した急性腎障害後に、ボルテゾミブ、デキサメタゾン併用療法が奏功し維持透析を離脱した多発性骨髄腫患者の1例
  • その他 / 共著 / 2012年 1月
    日本内科学会雑誌
  • / Vol.100 No.1 179~181
  • 115

  • Role of advanced glycation end products (AGEs) oxidative stress in vascular complications in diabetes.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Biochim Biophys Acta
  • / Vol.1820 No.5 663-671
  • 116

  • Decreased serum carnitine is independently correlated with increased tissue accumulation levels of advanced glycation end products in hemodialysis patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Nephrolog
  • / Vol.17 No.8 689-694
  • 117

  • 特集:糖尿病性腎症への挑戦 AGEの腎症進展における役割と治療法開発への期待
  • 単行本 / 単著 / 2012年
    腎と透析
  • / Vol.73 No.2 134-138
  • 118

  • 糖尿病性腎症のすべて;腎症の治療・管理・対策とそのエビデンス
  • 単行本 / 単著 / 2012年
    Visual糖尿病臨床のすべて 中山書店
  • / 168-175
  • 119

  • Proteinuria elevates asymmetric dimethylarginine levels via protein arginine methyltansferase-1 overexpression in a rat model of nephrotic syndrome
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Life Sciences
  • / Vol.91 301-305
  • 120

  • Chapter 1 AGEs化反応の基礎
  • 単行本 / 単著 / 2012年
    AGEsと老化 メディカルレビュー社
  • / 105-113
  • 121

  • An Overview of Diabetic Nephropathy
  • 単行本 / 単著 / 2012年
    Nutritional and Therapeutic Interventions for Diabetes and Metabolic Syndrome
  • / No.12 145-153
  • 122

  • 糖尿病性腎症のすべて;腎症の治療・管理・対策とそのエビデンス
  • 単行本 / 単著 / 2012年
    中山書店
  • / 168-175
  • 123

  • 自己血管標準内シャント感染から大動脈グラフト感染、感染性大動脈瘤、第動脈食道瘻をきした血液透析患者の1例
  • その他 / 共著 / 2011年 3月
    日本透析医学会誌
  • / Vol.44 No.3 261
  • 124

  • ゾレドロン酸水和物投与後に発症した急性腎障害後に、ボルテゾミブ、デキサメタゾン併用療法が奏功し維持透析を離脱した多発性骨髄腫患者の1例
  • その他 / 共著 / 2011年 1月
    日本内科学会雑誌
  • / Vol.100 No.1 1
  • 125

  • A new vasculitis activity score for predicting death in myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibody associated vasculitis patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Am J Nephrol
  • / Vol.35 No.1 1-6
  • 126

  • 終末糖化産物からみた慢性腎臓病(CKD)の病態解明と治療戦略
  • 単行本 / 2011年
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.74 No.3-5 95-100
  • 127

  • Tissue level of advanced glycation end products is an independent determinant of high-senseitivity C-reactive protein levels in haemodialysis patients
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Nephorology
  • / Vol.16 299-303
  • 128

  • Beneficial cardiometabolic actions of telmisartan plus amlodipine therapy in elderly patients with poorly controlled hypertension.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Clin Cardiol
  • / Vol.34 No.4 261-265
  • 129

  • 糖尿病患者の酸化ストレスマーカー・AGE/PEDF
  • 単行本 / 単著 / 2011年
    糖尿病と酸化ストレス(メディカルレビュー)
  • / 149-153
  • 130

  • テルミサルタンのすぐれた降圧効果と高い忍容性
  • 単行本 / 単著 / 2011年
    血圧
  • / Vol.18 No.7 54-58
  • 131

  • 糖尿病にみられる急性腎不全
  • 単行本 / 単著 / 2011年
    日本臨床 腎臓症候群
  • / 137-140
  • 132

  • Pigment epithelium-derived factor (PEDF) inhibits proximal tubular cell injury in early diabetic nephropathy by suppressing advanced glycation end products (AGEs)-receptor (RAGE) axis
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Pharmacol Res
  • / Vol.63 No.3 241-248
  • 133

  • Association of Asymmetric Dimethylarginine with Severity of Kidney Injury and Decline in Kidney Function in IgA Nephropathy
  • 雑誌 / 共著 / 2010年11月
    American Journal of Nephrology
  • / Vol.33 p1-6
  • 134

  • 23. Development of enzyme-linked immunosorbent assay system for PEDF and its clinical utility.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Curr Mol Med
  • / Vol.10 No.3 317-320
  • 135

  • 生活習慣関連疾患CKD検査:シスタチンC、尿微量アルブミン
  • 単行本 / 単著 / 2010年
    研究と臨床
  • / Vol.87 No.2 181-184
  • 136

  • Efficacy of combination therapy with telmisartan plus amlodipine in patients with poorly controlled hypertension.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Oxid Med Cell Longev
  • / Vol.3 No.5 342-346
  • 137

  • Co-administration of ezetimibe enhances proteinuria-lowering effects of pitavastatin in chronic kidney disease patients partly via a cholesterol-independent manner.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Pharmacol Res.
  • / Vol.61 No.1 58-61
  • 138

  • Nifedipine inhibits advanced glycation end products (AGEs) and their receptor (RAGE) interaction-mediated proximal tubular cell injury via peroxisome proliferator-activated receptor-gamma activation.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.398 No.2 326-330
  • 139

  • Interstitial Foxp3-posituve T cells may predict renal survival in patients with myeroperoxidase anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated glomerulonephritis
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Clinical and Experimental Pharmacology and Phsiology
  • / Vol.37 879-883
  • 140

  • Involvement of asymmetric dimethylarginine(ADMA)in glomerular capillary loss and sclerosis in a rat model of chronic kidney disease(CKD)
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    Life Sciences
  • / Vol.84 853-856
  • 141

  • Clinical Utility of Acarsbose, an α-Glucosidase Inhibitor in Cardiometabolic Disorders
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Current Drug Metabolism
  • / Vol.10 159-163
  • 142

  • Adiministration of Pigment Epithelium-Derived Factor(PEDF) Reduces Proteinuria by Suppressong Decreased Nephrin and Increased VEGF Expression in the Glomeruli of Adriamycin-Injected Rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Nephrol Dial Transpl
  • / Vol.24 1397-1406
  • 143

  • 24. Protective role of pigment epithelium-derived factor (PEDF) in early phase of experimental diabetic retinopathy.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Diabetes Metab Res Rev
  • / No.25 678-86
  • 144

  • Circulating matrix metalloproteinase-2 is an independent correlate of proteinuria in patients with chronic kidney disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Am J Nephrol
  • / Vol.29 109-115
  • 145

  • エビデンスが不十分な年齢層への降圧目標と降圧薬選択のポイント
  • 単行本 / 単著 / 2009年
    薬局
  • / Vol.60 No.13 60-63
  • 146

  • 糖尿病合併高血圧におけるRA系の関わりとテルミサルタンの降圧効果とその有用性.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年
    Pharma Medica
  • / Vol.26 No.4
  • 147

  • Involvement ofasymmetric dimethylarginine(ADMA) in tubulointerstitial ischemia in early phase of daibetic nephropathy.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Nephrol Dial Transplant
  • / Vol.24 1162-1169
  • 148

  • Inhibition of NADPH oxidase prevents advanced glycation end product-mediated damage in diabetic nephropathy through a protein kinase C-alpha-dependent pathway.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Diabetes
  • / Vol.57 No.2 460-469
  • 149

  • Implication of asymmetric dimethylarginine (ADMA) in endothelial cell growth process in atherosclerosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Cell Growth Processes: New Research.
  • / No.Chapter IV 123-137
  • 150

  • Role of AGEs in diabetic nephropathy.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Current Pharmaceutical Design
  • / Vol.14 946-952
  • 151

  • Olmesartan blocks advanced glycation end products(AGE-s)-induced angiogenesis in vitro by suppressing receptor for AGEs(RAGE) expression.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Microvascular Research
  • / Vol.75 130-134
  • 152

  • Pleiotropic effects of atorvastatin of vascular injury in diabetes.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    BDL Cholesterol: Targets, Control and Therapy
  • 153

  • Diabetic nephropathy:where hemodynamics meets metabolism.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Exp Clin Endocrinol Diabetes
  • / Vol.115 No.2 69-84
  • 154

  • Asymmtric Dimethylarginine(ADMA) is a novel emerging risk factor for cardiovascular disease and the development pf renal injury in chronic kidney disease.
  • その他 / 共著 / 2007年
    Clin Exp Nephrol
  • / Vol.11 115-121
  • 155

  • Molecular mechanisms of diabetic nephropathy and its therapeutic intervention.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Current Drug Targets
  • 156

  • Plasminogen activator inhibitor-1 production is pathogenetic in experimental murine diabetic renal disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Diabetologia
  • / Vol.50 No.6 1315-26
  • 157

  • Adult-onset acute tubulointerstitial nephritis and uveitis with Fanconi syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Clinical Nephrology
  • / Vol.67 No.4 255-259
  • 158

  • Dimethylarginine dimethylaminohydrolase prevents progression of renal dysfunction by inhibiting loss of peritubular capillaries and tubulointerstitial fibrosis in a rat model of chronic kidney disease
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    J Am Soc Nephrol
  • / Vol.18 1525-1533
  • 159

  • Novel therapeutic targets for diabetic nephropathy.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Endocr Metab Immune Disords Drug Targets
  • 160

  • メルボルンBaker Heart Research Instituteにおける研究
  • その他 / 単著 / 2006年 6月
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.69 No.5 1-4
  • 161

  • Agents in development for the treatment of diabetic nephropathy
  • その他 / 共著 / 2005年
    Expert Opin. Investing.Drugs
  • / Vol.14 No.3 279~294
  • 162

  • Comparison of Histological Findings and Parathyroid Scintigraphy in Hemodialysis Patients with Secondary Hyperparathroid Glands
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Endocrine Journal
  • / Vol.52 No.2 223~228
  • 163

  • AGEs activate mesangial TGF-beta-Smad signaling via an angiotensin II type I receptor interaction.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Kidney Int
  • / Vol.66 2137-2147
  • 164

  • 腎梗塞
  • 単行本 / 単著 / 2002年12月
    腎疾患治療マニュアル(東京医学社)
  • / Vol.53 212
  • 165

  • 鉄と動脈硬化
  • 単行本 / 単著 / 2000年
    低温医学
  • / No.26 61-66

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp