久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 坂田 雅浩の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 大腸憩室出血に対する黄連解毒湯の有効性と安全性に関する検討
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第70回日本東洋医学会学術総会
  • 2

  • シンポジウム(6)救急医療での漢方の実践、漢方の実力 消化器救急および内視鏡診療の現 場における漢方の力
  • その他 / 単独発表 / 2018年 6月
    第69回日本東洋医学会学術総会
  • 3

  • ワ-クショップ(9)漢方で消化管を癒す 機能性消化管障害に対する再現性 ある漢方治療を目指して
  • その他 / 共同発表 / 2018年 2月
    第14回日本消化管学会総会学術集会
  • / 148
  • 4

  • 消化器科領域における補中益気湯の使用経験
  • 雑誌 / 単著 / 2018年
    MEDICAL KANPO
  • / Vol.1 5-6
  • 5

  • 洋医学的アプローチでの止血困難例に対する黄連解毒湯の使用経験
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 1月
    日本東洋医学会誌
  • / Vol.68 No.1 47-55
  • 6

  • 腸間膜脂肪織炎の治療方針決定における超音波検査の可能性:腹水合併例の経験から
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    第105回日本消化器病学会中国支部例会
  • 7

  • 業績黒字の急性期病院に漢方医の居場所はあるか
  • その他 / 単独発表 / 2016年 6月
    第67回日本東洋医学会学術総会
  • 8

  • The role of fibroblast growth factor 21 in metabolic abnormalities of patients with hapatitis C virus infection
  • その他 / 単著 / 2015年11月
    Research Report 2014
  • / 57
  • 9

  • Q10.これから本格的に専門医の取得のために漢方の勉強を始めたいと思いますが、何をどのように学べばよいのでしょうか?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年10月
    漢方診療クリニカルクエスチョン 50
  • / 26-28
  • 10

  • ワ-クショップ(1)黄連解毒湯の止血効果
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    日本東洋医学雑誌、第66回日本東洋医学会学術集会
  • / Vol.66 No.別冊 158
  • 11

  • A型胃炎に伴う胃神経内分泌腫瘍NET G2の1切除例
  • その他 / 共同発表 / 2014年12月
    第104回日本消化器病学会九州支部例会、第98回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 12

  • 担癌症例に対する通導散の使用経験
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    日本東洋医学雑誌、第65回日本東洋医学会学術集会
  • / Vol.65 No.別冊 232
  • 13

  • ESDにより診断された粘液産生を伴う胃型分化型胃腺癌の一例
  • その他 / 共同発表 / 2014年 5月
    Gastroenterological Endoscopy、ESDにより診断された粘液産生を伴う胃型分化型胃腺癌の一例
  • / Vol.56 No.Suppl.1 1228
  • 14

  • Decreased expression of insulin and increased expression of pancreatic transcription factor PDX-1 in islets in patients with liver cirrhosis: a comparative investigation using human autopsy specimens autopsy specimens
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 2月
    Journal of Gastroenterology
  • / Vol.48 No.2 277-285
  • 15

  • Islet hypertrophy with decreased insulin expression and increased expression of pancreatic transcription factor PDX-1 in patients with liver cirrhosis: A comparative investigation using human autopsy specimensAutopsy Specimens
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    Hepatology、The 63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.56 No.Suppl.1 943A
  • 16

  • パネルディスカッション(12)肝硬変における膵内分泌細胞の臨床病理学的検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    日本消化器病学会雑誌、20th JDDW(第16回日本肝臓学会大会、第54回日本消化器病学会大会 合同)
  • / Vol.109 No.Suppl.3 A513
  • 17

  • C型肝硬変患者における膵内分泌細胞島の変化
  • その他 / 単独発表 / 2012年 9月
    第16回肝と栄養の会
  • 18

  • 肝硬変における膵内分泌細胞の臨床病理学的検討
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    肝臓、第39回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.52 No.Suppl.3 A851
  • 19

  • Quick and simple method for increasing the reduced albumin fraction in human serum albumin preparations by using stronger neo-minophagen C
  • 雑誌 / 共著 / 2011年11月
    Hepatology Research
  • / Vol.41 No.11 1120-1125
  • 20

  • アルブミン製剤のレドックス状態:肝硬変症における臨床効果への影響と製剤還元法
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    日本消化器病学会雑誌、19th JDDW (第53回日本消化器病学会大会)
  • / Vol.108 No.Suppl. A954
  • 21

  • Oxidized albumin is associated with water retention and severity of disease in patients with chronic liver diseases
  • 雑誌 / 共著 / 2010年12月
    e-SPEN, the European e-Journal of Clinical Nutrition and Metabolism
  • / Vol.5 No.6 e247-e292
  • 22

  • 慢性肝疾患における酸化型アルブミンと体水分貯留との関連
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    日本消化器病学会雑誌、18th JDDW(第52回日本消化器病学会大会)
  • / Vol.107 No.Suppl. A902
  • 23

  • 体水分評価から考える還元型アルブミンの可能性
  • その他 / 単独発表 / 2010年 9月
    第14回肝と栄養の会
  • 24

  • Redox state of albumin is not associated with colloid osmotic pressure
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 7月
    Molecular Medicine Reports
  • / Vol.3 No.4 685-687
  • 25

  • フォン・レックリングハウゼン病患者に発症した悪性末梢神経鞘腫の肝転移病変が経皮的ラジオ波焼灼療法で局所制御可能であった一例
  • その他 / 共同発表 / 2009年12月
    肝臓、第38回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.50 No.Suppl.3 A767
  • 26

  • ウイルス性慢性肝疾患における酸化型アルブミンと体水分貯留及び肝疾患重症度との関連
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    肝臓、17th JDDW(第13回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.50 No.Suppl.2 A558
  • 27

  • Oxidized albumin is associated with water retention and severity of disease in patients with liver cirrhosis
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    Gastroenterology、DDW-USA (Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases)
  • / Vol.134 No.4(Suppl.1) A-793
  • 28

  • 研究医リレー執筆 今、思うこと
  • その他 / 単著 / 2008年 2月
    消化器の臨床
  • / Vol.11 No.1 82-83
  • 29

  • 大腸顆粒細胞腫の2例
  • その他 / 共同発表 / 2007年 6月
    第89回日本消化器病学会九州支部例会、第83回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp