久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 山本 眞利子の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 保育士におけるストレングスカードを用いたエンカウンターグループの試み
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.17 No.7 13
  • 2

  • 大学生におけるストレングスカードを用いたEGの試みー現在型と未来型の観点からー
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 3月
    久留米大学大学院心理学研究科 心理教育相談センター紀要
  • / Vol.19 p.19-31
  • 3

  • 自分らしさや個性の強みを生かす進路・キャリア開発-「カウンセリング心理学」での仲間とのつながりを大切にして-
  • 雑誌 / 単著 / 2018年 3月
    久留米大学 教職課程年報 
  • / Vol.2号
  • 4

  • 心理学科における高等学校公民の教科教育
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 3月
    久留米大学教職課程年報
  • / Vol.2 71-75
  • 5

  • ストレングスカードを用いたグループワークによる気分の変化
  • その他 / 共同発表 / 2017年11月
    日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会
  • / 29p
  • 6

  • ストレングスモデルに基づく小学校での授業・教員研修・コンサルテーション-ストレングスカードとストレングスシンキングカードを用いて-
  • 雑誌 / 単著 / 2017年 3月
    久留米大学大学院心理学研究科 心理教育相談センター紀要
  • / Vol.18 59-65
  • 7

  • 大学生によるポジティブな自己像の筆記が抑うつに及ぼす影響
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 3月
    久留米大学文学部心理学科・大学院心理学研究紀要
  • / Vol.15 17-26
  • 8

  • ストレングスカードとSFAシートを用いた大学生の就職活動不安低減の試み
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 3月
    久留米大学文学部心理学科・大学院心理学研究科紀要
  • / Vol.15 35-45
  • 9

  • うつを克服するためのポジティブサイコロジー練習帳(ミリアム・アクタル著、大野裕監訳、山本眞利子訳)
  • 単行本 / その他 / 2015年10月
    うつを克服するためのポジティブサイコロジー練習帳(創元社)
  • 10

  • ポジティブ認知行動療法(第11章 2回目以降のセッションを訳した)(F・バニック著、津川秀夫・大野裕史 監訳)
  • 単行本 / その他 / 2015年 9月
    ポジティブ認知行動療法 北大路書房
  • / 205-227
  • 11

  • ストレングスの認知再構成法が自動思考と抑うつに及ぼす影響
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.13 29-37
  • 12

  • 大学生版スピーチ場面不安尺度の作成とスピーチ場面における見積もりモデルに関する研究
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.13 11-18
  • 13

  • グループワークにおける大学生の就職活動版ストレングスカードの効果に関する研究
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.13 55-64
  • 14

  • リワークプログラムにおけるストレングスカードとストレングスTEBBカードを用いた認知行動療法的アプローチの実践的試み
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.13
  • 15

  • ポジティブサイコロジーとストレングス(強み)の認知行動療法-ストレングスコラム法の実践的試み-
  • 雑誌 / 単著 / 2014年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.13 95-105
  • 16

  • 認知行動療法におけるストレングス・ストレングスTEBBモデルに基づくストレングスビリーフづくりの試み
  • 雑誌 / 単著 / 2013年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.12 50-59
  • 17

  • ストレングスモデルに基づく学校におけるチーム・システムづくり -教師のためのストレンぐスでつながる新たなケース検討会の試み-
  • 雑誌 / 単著 / 2013年 3月
    マイクロカウンセリング研究
  • / Vol.8 No.1 3-12
  • 18

  • ストレングスの認知行動療法ワークブック(山本眞利子)
  • 単行本 / 単著 / 2012年12月
    ふくろう出版
  • 19

  • 学級・学校におけるストレングスモデルの試み-教師を守るチームづくりのためのケース検討会-
  • その他 / 単著 / 2012年10月
    日本カウンセリング学会
  • / 70
  • 20

  • ブリーフセラピーの包括的ストレングスTEBBモデルに基づく認知療法・認知行動療法的アプローチの試み
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / No.11 23-34
  • 21

  • 心理教育の展開-コミュニケーションと絆
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    日本マイクロカウンセリング学会第4回学術研究集会
  • 22

  • ストレングスダイアリー・ストレングスグッズ・ストレングスイベントが大学生のストレス反応と抑うつの軽減に及ぼす影響
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / No.11 35-44
  • 23

  • ストレングスアプローチワークブック(山本眞利子 編著者)
  • 単行本 / 編著 / 2011年 3月
    ふくろう出版
  • / p.87
  • 24

  • ストレングスアプローチにおける小学校教諭の学級雰囲気に対する認識の変化
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / No.10 72-76
  • 25

  • ストレングスアプローチ入門(山本眞利子)
  • 単行本 / 単著 / 2010年 3月
    ふくろう出版
  • / p.154
  • 26

  • 「子どものスピリチュアリティに関する基礎研究」「多文化相互理解エンカウンター・グループの実践報告(2)-大グループと小グループの有機的関連-」「ベーシック・エンカウンター・グループの展開-「EGチックな活動」を通して-」
  • その他 / 座長 / 2009年 8月
    日本人間性心理学会第28回大会
  • 27

  • インタラクティブコンプリメントの効果に関する実験的研究
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / No.8 111-116
  • 28

  • 場面の違いにおける友人に対する怒りの表出行動のズレと精神的健康および満足感に関する研究
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / No.8 85-94
  • 29

  • 第3章 来談者中心的アプローチを山本眞利子が担当(玉瀬耕治・佐藤容子編著)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 3月
    臨床心理学,学文社
  • / 43-60
  • 30

  • 微笑みの有無とタイミングがカウンセラーの印象に及ぼす影響
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    マイクロカウンセリング研究
  • / Vol.4 No.1 14-22
  • 31

  • カウンセラーとクライエントにおけるリフレイミングが感情効果に及ぼす実験的研究
  • 雑誌 / 単著 / 2008年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / No.7 29-34
  • 32

  • ロールプレイを用いた構成的EGが対人援助ボランティア学生のストレス低減に及ぼす影響
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / No.7 87-94
  • 33

  • 大学生におけるライフイベントに対する認知の違いと精神的健康・性格特性に関する研究
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / No.7 95-102
  • 34

  • 依存的な女子学生への自己解決志向型発達カウンセリングアプローチの試み
  • 雑誌 / 単著 / 2007年12月
    心理臨床学研究
  • / Vol.25 No.5 p.572-581
  • 35

  • 自己解決志向型発達カウンセリングアプローチの効果を探る
  • 雑誌 / 単著 / 2007年10月
    マイクロカウンセリング研究
  • / Vol.13 No.1 p.5-14
  • 36

  • 女子中学生と青年期女性とのカウンセリングにおけるクライエントの志向性とカウンセラーのかかわり
  • 雑誌 / 単著 / 2005年 3月
    大阪大学大学院人間科学研究科紀要
  • / Vol.31 345~357
  • 37

  • 学生同士のカウンセリングにおける発達心理療法的観点からの一考察
  • 雑誌 / 単著 / 2004年 3月
    岡山県立大学短期大学部研究紀要
  • / Vol.11 51~63
  • 38

  • 対人関係で悩む学生への自己解決志向型発達カウンセリングアプローチの試み
  • 雑誌 / 単著 / 2004年
    ブリーフサイコセラピー研究
  • / Vol.1 No.13 19~28
  • 39

  • 自己解決志向型発達カウンセリングアプローチの実践的試み
  • その他 / 講演 / 2003年11月
    日本カウンセリング学会第36回 学会奨励賞受賞者講演
  • / 17
  • 40

  • 授業における自己解決志向型発達カウンセリングアプローチの試み
  • その他 / 単独発表 / 2003年 8月
    日本教育心理学会第45回総会
  • / 45
  • 41

  • 授業における自己解決志向型発達カウンセリングアプローチの試み
  • 雑誌 / 単著 / 2003年 7月
    学生相談研究
  • / Vol.24 No.1 52~65
  • 42

  • 発達心理療法におけるクライエントの志向性と非志向性-カウンセラーの人間性・態度・技法-
  • 雑誌 / 単著 / 2003年 3月
    岡山県立大学短期大学部研究紀要
  • / Vol.10 107~114
  • 43

  • 発達心理療法的観点によるエンカウンター・グループの発展過程
  • 雑誌 / 単著 / 2002年11月
    学生相談研究
  • / Vol.23 No.2 156~165
  • 44

  • 発達心理療法的観点によるカウンセラーの積極技法と肯定的資質探求技法がクライエントに及ぼす影響
  • その他 / 単独発表 / 2002年10月
    日本教育心理学会第44回総会
  • / 97
  • 45

  • 大学教育でのEG事例における発達心理療法的観点からの一考察
  • その他 / 単独発表 / 2002年 8月
    日本カウンセリング学会第35回大会発表論文集
  • / 202
  • 46

  • 発達心理療法的観点による学生の認知的反応と援助行動の可能性
  • 雑誌 / 単著 / 2002年 6月
    カウンセリング研究
  • / Vol.35 No.2 139~144
  • 47

  • 学生の対人援助場面における認知的ずれと心理的距離-発達心理療法的観点からの検討-
  • 雑誌 / 単著 / 2002年 3月
    岡山県立大学短期大学部研究紀要
  • / Vol.9 51~55
  • 48

  • 発達心理療法的観点によるカウンセラーの積極技法と肯定的資質探求技法がクライエントに及ぼす影響-学生によるカウンセリングスキルがクライエント反応評定に及ぼす影響-
  • 雑誌 / 単著 / 2002年 3月
    岡山県立大学短期大学部研究紀要
  • / Vol.9 57~66
  • 49

  • 長期閉じこもり青年への発達心理療法に基づくカウンセリング過程モデルの実践的適用
  • 雑誌 / 単著 / 2001年 6月
    カウンセリング研究
  • / Vol.34 No.2 180~191
  • 50

  • 学生の陳述に対する聞き手の応答パターンと回数が認知的反応評定に及ぼす影響
  • 雑誌 / 単著 / 2000年 7月
    四国学院大学論文集
  • / Vol.102 57~66
  • 51

  • 援助関係・人間関係における『出会い』の枠組みに関する考察-発達心理療法的観点による事例の分析を通して-
  • 雑誌 / 単著 / 2000年 7月
  • / Vol.102 67~77
  • 52

  • 対人関係に関する研究-聞き手の意味づけがクライエント反応に及ぼす影響-
  • 雑誌 / 単著 / 2000年 3月
    岡山県立大学短期大学部研究紀要
  • / Vol.7 75~82
  • 53

  • カウンセリング過程に伴うカウンセラーとクライエントの認知的変化
  • その他 / 単独発表 / 1999年 8月
    日本教育心理学会第41回発表論文集
  • / 743
  • 54

  • カウンセラーの調節的介入と同化的介入の効果を探る
  • その他 / 単独発表 / 1999年 7月
    日本カウンセリング学会第35回大会発表論文集
  • / 202
  • 55

  • カウンセラーの原因帰属スタイルがカウンセラーと来談者の認知的反応評定に及ぼす影響
  • 雑誌 / 単著 / 1998年10月
    カウンセリング研究
  • / Vol.31 No.3 237~246
  • 56

  • 解釈応答パターンと回数が学生の認知的反応評定に及ぼす影響
  • その他 / 単独発表 / 1998年 7月
    日本教育心理学会第40回発表論文集
  • / 374
  • 57

  • 解釈の内的で肯定的な原因帰属がカウンセラーと来談者の認知的反応評定に及ぼす影響
  • 雑誌 / 単著 / 1998年 4月
    吉備国際大学社会福祉学部研究紀要
  • / Vol.3 123~131
  • 58

  • クライエントとカウンセラーの原因帰属に関する研究
  • その他 / 単独発表 / 1997年11月
    関西心理学会第109回発表論文集
  • / 58
  • 59

  • 解釈研究におけるクライエントの認知的変容メカニズムに関する一考察
  • 雑誌 / 単著 / 1997年 6月
    カウンセリング研究
  • / Vol.30 No.2 151~159
  • 60

  • クライエントの調節状態の違いにおける解釈がクライエントの気づき反応評定に及ぼす影響
  • 雑誌 / 単著 / 1997年 4月
    吉備国際大学社会福祉学部研究紀要
  • / Vol.2 71~75
  • 61

  • クライエント状態とカウンセラー応答の違いがクライエントの気づき反応評定に及ぼす影響
  • その他 / 単独発表 / 1996年11月
    日本教育心理学会第38回総会発表論文集
  • / 498
  • 62

  • カウンセラー応答とクライエントの状態がクライエントの気づき反応評定に及ぼす影響
  • その他 / 単独発表 / 1996年 5月
    日本カウンセリング学会第29回発表論文集
  • / 148~149
  • 63

  • 効果的な解釈を規定する要因に関する研究
  • 雑誌 / 単著 / 1996年 3月
    奈良教育大学修士論文
  • 64

  • クライエントのレディネス状態の違いにおける解釈がクライエント反応の評定に及ぼす影響
  • 雑誌 / 単著 / 1996年 3月
    カウンセリング研究
  • / Vol.29 No.1 1~8
  • 65

  • タイミングとカウンセラー応答の違いがクライエント反応評定に及ぼす影響
  • その他 / 単独発表 / 1995年11月
    関西心理学会第107回発表論文集
  • / 54
  • 66

  • 解釈スタイルとタイミングがカウンセラー解釈応答効果性評定に及ぼす影響
  • その他 / 単独発表 / 1994年 4月
    関西心理学会第106回発表論文集
  • / 68

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp