久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 吉田 史郎の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Treatment options for coronal shear fractures of distal humerus
  • その他 / 共同発表 / 2019年10月
    Taiwan Orthopedic Trauma Association 2019 Annual meeting
  • 2

  • Fascial flap stabilization for Ulnar nerve instability after in situ decompression
  • その他 / 共同発表 / 2019年 9月
    74th Annual meeting of the American Society for Surgery of the Hand
  • 3

  • Recurrent Cubital Tunnel syndrome
  • その他 / 共同発表 / 2019年 5月
    35th Annual Indianapolis-Louisville-Cincinnati Hand Surgery Conference
  • 4

  • Fascial flap stabilization for Ulnar nerve instability
  • その他 / 共同発表 / 2019年 5月
    35th Annual Indianapolis-Louisville-Cincinnati Hand Surgery Conference
  • 5

  • Double Fascial Flap Stabilization for Ulnar Nerve Instability After In Situ Decompression.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    J Hand Surg Global Online
  • / Vol.1 No.4 218-221
  • 6

  • 上腕骨小頭・滑車骨折の治療法
  • 雑誌 / 単著 / 2019年
    MB Orthopaedics
  • / Vol.32 No.8 21-32
  • 7

  • 舟状骨偽関節に対する鏡視下手術
  • その他 / 2017年 7月
    第46回 福岡県整形外科医会学術集会・研究会
  • 8

  • 「重度四肢外傷の治療」コラボレーションの利点と欠点
  • その他 / 共同発表 / 2017年 6月
    第133回西日本整形・災害外科学会学術集会
  • 9

  • 手関節鏡視下手術の工夫 Tricks &Tips of Wrist Arthroscopy(シンポジウム)
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    第60回日本手外科学会学術集会
  • 10

  • キーンベック病にTFCC fovea断裂をともなった1例
  • その他 / 共同発表 / 2017年 2月
    第38回九州手外科研究会
  • 11

  • M 運動器外科 3.絞扼性末梢神経障害
  • 単行本 / 分担執筆 / 2017年
    わかりやすい外科学,文光堂
  • / 206-209
  • 12

  • M 運動器外科  2.骨折
  • 単行本 / 分担執筆 / 2017年
    わかりやすい外科学,文光堂
  • / 206-207
  • 13

  • 5.よくある足部外傷 中足骨骨折に対する手術治療 特に頻度の高い第5中足骨骨折について
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    整形外科Surgical Technique,メディカ出版
  • / Vol.7 No.3 38-39
  • 14

  • 重度足部外傷の3例
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    第3回九州重度四肢外傷セミナー
  • 15

  • 寛骨臼後壁骨折をともなった大腿骨骨頭骨折の治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第42回日本骨折治療学会
  • 16

  • 寛骨臼後壁骨折術後の関節内遊離骨片に対する鏡視下摘出術の1例
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第16回骨盤輪寛骨臼骨折研究会
  • 17

  • 寛骨臼後壁骨折をともなった大腿骨骨頭骨折の治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第42回日本骨折治療学会
  • 18

  • FIX & FLAPを行い2nd lookで感染を沈静化し得た開放Pilon骨折の1例
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    第22回救急整形外科外傷シンポジウム
  • 19

  • Styloid first fixation then arthroscopic reduction technique for intra-articular distal radius fractures
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    15th Biennial Conference of the International Society of Fracture Repair
  • 20

  • コラボレーションの功罪
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    重度四肢開放骨折に対するFix & Flap 2nd Round
  • 21

  • 橈骨遠位端骨折AO分類Type Cに対するStyloid First Fixation鏡視下整復法
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    第59回日本手外科学会
  • 22

  • Plate fixation of Fracture management ~Absolute or relative stability?~
  • その他 / 単独発表 / 2016年 3月
    2nd Kurume Fracture Seminar
  • 23

  • 舟状月状骨間靭帯断裂に対するmini open修復術の1例
  • その他 / 共同発表 / 2016年 2月
    第37回九州手外科研究会
  • 24

  • 橈骨遠位端骨折AO分類type Cに対する簡略化した鏡視下整復法
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    第130回西日本整形外科災害外科学会
  • 25

  • 初期治療とDebridement
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    第2回九州重度四肢外傷セミナー
  • 26

  • 橈骨遠位端骨折AO分類type C に対する簡略化した鏡視下整復法
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    第130回西日本整形外科災害外科学会
  • 27

  • 寛骨臼後壁骨折をともなった大腿骨骨頭骨折の治療
  • その他 / 共同発表 / 2015年 7月
    第5回九州骨盤研究会 
  • 28

  • 骨盤輪・寛骨臼の画像診断と骨折型の基礎
  • その他 / 共同発表 / 2015年 7月
    第4回九州骨盤骨折研究会
  • 29

  • 寛骨臼後壁骨折に対するModified Gibson Approachの利点
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    第41回日本骨折治療学会
  • 30

  • 小児Monteggia骨折の治療経験(パネルディスカッション)
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    第41回日本骨折治療学会
  • 31

  • 舟状骨偽関節に対する鏡視下手術の1例
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    第129回西日本整形災害外科学会
  • 32

  • 橈骨遠位端骨折AO分類type C に対する鏡視下整復法
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    第41回日本骨折治療学会
  • 33

  • Comparison of TFCC Repair with and without Ulnar Shortening for Distal Radioulnar Joint Instability
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    第88回日本整形外科学会学術集会
  • 34

  • Limited arthroscopic reduction technique for intra-articular distal radius fractures
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    16th Deutsch-Jaapanische Orthpadische und Unfallchirurgische Tagung
  • 35

  • 掌側関節包切除により一時的に改善した手関節尺側部痛の1例の検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 2月
    第36回九州手外科研究会
  • 36

  • 第1特集 整形外科でよく使われる評価法がわかる! まるごとガイド
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    整形外科看護,メディカ出版
  • / Vol.20 No.10 6-14
  • 37

  • Frequency of scapholunate ligament injuries associated with distal radius shearing fracture: correlation of fracture patterns and ligament tear
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Hand Surgery
  • / Vol.20 No.3 440-446
  • 38

  • 下肢重度外傷の1例
  • その他 / 共同発表 / 2014年11月
    第1回九州重度四肢外傷セミナー

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp