久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 山口  倫の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Comparison of the accuracy of breast cytological diagnosis at seven institutions in southern Fukuoka Prefecture Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Jpn J Clin Oncol.
  • / Vol.42 No.1 21-28
  • 2

  • Benign phyllodes tumour with intraductal papillary growth of the breast in a young woman.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    J Clin Pathol.
  • / Vol.65 190-192
  • 3

  • Recurrence of invasive micropapillary carcinoma of the breast with different ultrasound features according to lesion site
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Kurume Med J
  • / Vol.(accepted).
  • 4

  • Tumor-infiltrating lymphocytes are an important pathological predictor for neoadjuvant chemotherapy in patients with breast cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Hum Pathol
  • / Vol.accepted.
  • 5

  • "Intraductal Neoplasm of the Intrahepatic Bile Duct: Clinicopathological study of 24 cases"
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    W J Gastroenterol
  • / in press
  • 6

  • 自然縮小傾向をみた横行結腸間膜Castleman病の1例 
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    日本臨床外科学会雑誌
  • / No.73 170-176
  • 7

  • "Pure flat epithelial atypia is uncommon in subsequent breast excisions for atypical epithelial proliferation"
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Cancer Sci
  • / in press
  • 8

  • Evaluation ofinadequate, indeterminate, falsenegative and false-positive cases in cytological examination for breast cancer according to histological type.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Diagn Pathol
  • / Vol.18 No.7 53.
  • 9

  • Current accuracy of breast fine needle aspiration cytological diagnosis in Japan: Report from the Working Group on the Accuracy of Breast Fine Needle Aspiration Cytology of the Japanese Society of Clinical Cytology
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Oncol Rep
  • / in press
  • 10

  • Cytological features of myxomatous fibroadenoma of the breast.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Diagn Cytopathol
  • / Vol.40 No.4 316-20
  • 11

  • Immunohistochemical study of metaplastic carcinoma and invasive acellular carcinoma of the breast: invasive acellular carcinoma is related to metaplastic carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Med Mol Morphol
  • / Vol.accepted.
  • 12

  • Infiltrative epitheliosis of the breast
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    J Clin Pathol.
  • / in press
  • 13

  • 乳腺嚢胞内腫瘍に対する吸引式針生検の役割。
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    日本乳癌検診学会誌
  • / Vol.21 No.2 175-178
  • 14

  • 画像で類似した腫瘤性病変における細胞診の有用性ー間質成分に着目した細胞診断
  • その他 / 共同発表 / 2011年 2月
    第20回日本乳癌画像研究会
  • 15

  • 第一回Singapore General Hospital (SGH) Breast Pathological Courseに参加して 一般口演 病理2 座長
  • その他 / 単独発表 / 2011年 2月
    第8回乳癌学会九州地方会
  • 16

  • 後腹膜脱分化型脂肪肉腫の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 2月
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.74 51-57
  • 17

  • Increased alpha-B-crystallin expression in mammary metaplastic carcinomas.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Histopathology
  • / No.59 247-255
  • 18

  • 原発巣と転移巣の粘液形質が一致したS状結腸癌小腸転移の1例 
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    日本大腸肛門病学会誌
  • / No.64 337-342
  • 19

  • FDG-PET検査を契機に発見され、腹腔鏡補助下手術を実施した小腸GISTの1例 
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    臨床外科
  • / No.66 1252-1255
  • 20

  • 直腸癌孤立性腎転移の1例 
  • 雑誌 / 2011年
    日本消化器外科
  • / No.44 1478-1484
  • 21

  • 「病理診断プラクティス 乳癌」 [細胞診の現状と問題点][硬化性瘢痕]  
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年
    中山書店
  • / 17-25, 213-217
  • 22

  • “High-grade” central acellular carcinoma and matrix-producing carcinoma of the breast: correlation between ultrasonographic findings and pathological features.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Med Mol Morphol
  • / Vol.44 151-7
  • 23

  • Recurrence of invasive micropapillary carcinoma of the breast with different ultrasound features according to lesion site
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Kurume Med J
  • / (accepted).
  • 24

  • Giant malignant phyllodes tumor: a case report.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Kurume Med J
  • / Vol.58 No.2 67-72.
  • 25

  • Study on the state of implementation of HER2 testing and positive ratios in patients with breast cancer in the Kyushu-Okinawa region of Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Breast Cancer
  • / in press
  • 26

  • Myxomatous fibroadenoma of the breast: correlation with clinicopathological and radiological features.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Hum Pathol
  • / Vol.42 419-423
  • 27

  • N-myc downstream regulated gene1/Cap43 overexpression suppresses tumor growth by hepatic cancer cells through cell cycle arrest at the G(0)/G(1) phase.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Cancer Lett.
  • / No.310 :25-34
  • 28

  • 「乳腺細胞診の現状とさらなる精度向上のために」[特集] 乳腺の細胞診と針生検の現状と問題点 
  • 雑誌 / 単著 / 2011年
    乳癌の臨床
  • / Vol.26 43-48
  • 29

  • 術前化学療法を施行した大腸癌肝転移切除例の背景肝の臨床病理組織学的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    癌と化学療法
  • / Vol.38 No.4 585-9
  • 30

  • Case presentation 「DCIS, Invasive acellular carcinoma, Nipple adenoma, peripheral type]
  • その他 / 単独発表 / 2010年11月
    1th Breast Pathology Course 11/12 Singapore
  • 31

  • ランチョンセミナー1 演者『HER2診断の精度に影響を及ぼす要因]、 一般口演座長、口演「粘液腫状線維腺腫の臨床病理学的検討—乳癌検診におけるその重要性—」
  • その他 / 単独発表 / 2010年11月
    第20回日本乳腺検診学会総会 福岡
  • 32

  • 「適確なHER2診断のために〜検体の取扱いの重要性」
  • その他 / 単独発表 / 2010年11月
    大分乳がん治療戦略セミナー大分
  • 33

  • 特別講演1「適確なHER2診断のために
  • その他 / 単独発表 / 2010年10月
    Okinawa Breast Cancer Symposium沖縄
  • 34

  • 特別講演1「適確なHER2診断のために〜組織固定の重要性」
  • その他 / 単独発表 / 2010年 9月
    Nagasaki Breast Cancer Symposium
  • 35

  • Characteristic Morphology of Invasive micropapillary carcinoma of the breast-An immunohischemical Analysis」
  • その他 / 共同発表 / 2010年 8月
    9th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society Gifu
  • 36

  • Myxomatous fibroadenoma of the breast
  • その他 / 単独発表 / 2010年 7月
    第11回乳腺最新情報カンファランス沖縄
  • 37

  • 「適正なHER2診断のために:知っておいて欲しいこと」
  • その他 / 単独発表 / 2010年 6月
    ハ-セプチンカンファランス松山
  • 38

  • 一般口演座長, ワークショップ 「乳腺細胞診断の精度管理と問題点」, ポスター病理コメンテーター
  • その他 / 単独発表 / 2010年 6月
    第18回日本乳癌学会総会 札幌
  • 39

  • 葉状腫瘍
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年 6月
    腫瘍病理鑑別診断アトラス 乳癌  文光堂
  • / 131-135
  • 40

  • 乳腺細胞診を有効利用するためにー粘液腫状線維腺腫に着目して」
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    第48回日本臨床細胞学会総会 横浜
  • 41

  • 乳腺化生癌および中心に無細胞領域を伴う癌の免疫組織学的検討」
  • その他 / 共同発表 / 2010年 4月
    第99回日本病理学会総会 京王プラザ
  • 42

  • 「乳癌の顔つきはいろいろ」
  • その他 / 単独発表 / 2010年 3月
    健康医療講座 耳納市民センター、筑邦市民センター
  • 43

  • 「HER2診断:知っておいて欲しいこと」
  • その他 / 単独発表 / 2010年 3月
    第7回日本乳癌学会九州地方会 サテライトシンポジウム基調講演1
  • 44

  • 「乳腺針生検の現状と対策」
  • その他 / 単独発表 / 2010年 3月
    第7回日本乳癌学会九州地方会
  • 45

  • 事前アンケート調査発表およびコメント
  • その他 / 単独発表 / 2010年 3月
    第5回 乳腺道場
  • 46

  • 病理コメンテーター
  • その他 / 病理コメンテーター / 2010年 2月
    第16回日本乳腺疾患研究会 病理コメンテーター
  • 47

  • Immunohistochemical study of metaplastic carcinoma and invasive acellular carcinoma of the breast: invasive acellular carcinoma is related to metaplastic carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Med Mol Morphol accepted.
  • 48

  • 術前に大腸原発腫瘍が疑われた腹膜原発漿液性乳頭状癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    日本臨床細胞学会雑誌
  • / Vol.49 25-29
  • 49

  • 内視鏡下生検で術前に診断確定可能であった原発性空腸癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    臨床と研究
  • / Vol.87 545-547
  • 50

  • Clinicocytopathologic study of breast cancers with a ring-like appearance on ultrasonography and/or magnetic resonance imaging.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Pathol Int
  • / Vol.60 20-26
  • 51

  • Characteristic Morphology of Invasive Micropapillary Carcinoma of the Breast: An Immunohistochemical Analysis.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Jpn J Clin Oncol
  • / Vol.40 781-7
  • 52

  • 抗凝固療法高Ht患者における高濃度塩化カルシウムによる活性化部分トロンボプラスチン時間補正の臨床的有用性
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    医学検査
  • / Vol.59 915-918
  • 53

  • FDG-PET検査を契機に発見された原発性小腸癌の1例 
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    外科
  • / Vol.72 1234-1237
  • 54

  • Pleomorphic carcinoma of the breast in a 17-year-old woman.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Med Mol Morphol.
  • / Vol.43 43-47
  • 55

  • Pseudo-Meigs症候群を呈した直腸癌異時性卵巣転移の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    日本臨床外科学会雑誌
  • / Vol.71 527-532
  • 56

  • Clinicopathologic study of 53 metaplastic breast carcinomas: Their elements and prognostic implications.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Hum Pathol
  • / Vol.41 679-685
  • 57

  • 各論 (症例提示) 症例79〜88, Case study21~23および解説
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 9月
    乳腺針生検病理診断アトラス 100例の鑑別診断 その考え方進め方 文光堂
  • / pp115-124,157-159,170-172
  • 58

  • リング状形態を示す乳癌の臨床病理細胞学的検討
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    第98回病理学会総会
  • 59

  • Neuroendocrine Small Cell Carcinoma of the Breast: Report of a Case
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    Medical Molecular Morphology
  • / Vol.42 58-61
  • 60

  • Carcinoma in a solitary intraductal papilloma of the breast
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    Pathology International
  • / Vol.59 185-187
  • 61

  • 上腕近位部に発生した副乳癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    外科
  • / Vol.71 No.3 306-309
  • 62

  • 待機手術が可能であった胆嚢捻転症の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 1月
    日本臨床外科学会雑誌
  • / Vol.70 No.1 174-178
  • 63

  • 第4回乳腺道場
  • その他 / 座長 / 2009年
    「乳腺診療における乳腺病理診断の重要性」
  • 64

  • Mastopathic-type fibroadenoma and ductal adenoma of the breast showing false-positive FDG-PET: Report of two cases.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Jpn J Radiol
  • / No.27 280-284
  • 65

  • Angiosarcoma of the breast with silicone granuloma: report of a case.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Kurume Med J
  • / Vol.56 33-37
  • 66

  • Mastopathic-type fibroadenoma and ductal adenoma of the breast showing false-positive FDG-PET: Report of two cases.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Japanese Journal of Radiology
  • / Vol.27 280-284
  • 67

  • 第24回日本臨床細胞学会福岡県支部総会
  • その他 / 座長 / 2008年12月
    乳腺疾患 4例
  • 68

  • 「おさえておきたい組織型」化生癌. 特集 乳癌II-組織型診断のコツ-
  • 雑誌 / 単著 / 2008年11月
    病理と臨床
  • / Vol.26 No.11 1151-1153
  • 69

  • PETで集積を示した乳腺症型線維腺腫、乳管腺腫の2例
  • その他 / 共同発表 / 2008年 9月
    第16回日本乳癌学会総会
  • 70

  • 日常業務に役立つ乳腺病理の実際」
  • その他 / 講義 / 2008年 9月
    第3回、第4回乳腺細胞診ワークショップ (I)
  • 71

  • 「中心に無細胞領域を伴う癌」
  • その他 / 症例提示&ミニレクチャー / 2008年 9月
    第21回長野県乳腺診断フォーラム
  • 72

  • 乳癌の病理と臨床
  • その他 / 特別講演 / 2008年 7月
    第36回筑後地区乳癌チーム医療研究会
  • 73

  • ザンクトガレン国際早期乳癌治療学会におけるリスク分類の病理学的検証
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    第97回日本病理学会総会
  • 74

  • 第10回ザンクトガレン早期乳癌国際治療学会に参加して (病理の立場から)~行けばわかるさ~
  • その他 / 単独発表 / 2008年 3月
    第五回九州乳癌学会
  • 75

  • 乳腺の病理診断
  • その他 / 研究会 座長 発起人 / 2008年 2月
    乳腺道場
  • 76

  • Clinicopathological study of invasive ductal carcinoma with large central acellular zone: Special reference to magnetic resonance imaging findings
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 1月
    Pathology International
  • / Vol.58 26-30
  • 77

  • 当院における妊娠・授乳期乳癌の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    久留米医学誌
  • / Vol.71 288-292
  • 78

  • Adenomyoepithelioma of the Breast Diagnosed by a Mammotome Biopsy: Report of a Case
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Surgery Today
  • / Vol.38 144-146
  • 79

  • Ductal carcinoma in situ arising in a benign phyllodes tumor: report of a case
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Surgery Today
  • / No.38 42-45
  • 80

  • 病理と画像と、時々、治療
  • その他 / 特別講演 / 2007年11月
    久留米乳腺診断会
  • 81

  • 乳腺High-grade invasive ductal carcinoma with large central acellular zoneの一例
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 7月
    日本臨床細胞学会九州連合会雑誌
  • / Vol.38 105-108
  • 82

  • 乳腺化生癌の臨床病理学的検討
  • その他 / 共同発表 / 2007年 6月
    第15回乳癌学会総会
  • 83

  • 乳癌におけるtumor associated macrophage (TAM)と新生血管増生に関する臨床病理学的検討
  • その他 / 共同発表 / 2006年 3月
    日本外科学会
  • 84

  • 葉状腫瘍内に発生した非浸潤性乳管癌の1例
  • その他 / 共同発表 / 2006年 2月
    日本乳癌学会九州地方会
  • 85

  • Expression of vascular endothelial growth factor-C in human hepatocellular carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 1月
    Journal of Gastroenterology and Hepatology
  • / Vol.21 152-160
  • 86

  • Rhabdoid featureを呈した低分化結腸癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    診断病理
  • / Vol.23 No.2 124-125
  • 87

  • Pancreatic acinar cell carcinoma extending into the common bile and main pancreatic ducts
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Pathology International
  • / Vol.56 633-637
  • 88

  • 中心部壊死と膵管内腫瘍栓を認めた膵腺房細胞癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2005年11月
    消化器画像
  • / Vol.7 No.6 747-750
  • 89

  • 中心に広範な無細胞領域を伴う浸潤性乳管癌の検討: 血管新生の観点から
  • その他 / 2005年 6月
    第十三回日本乳癌学会総会ポスター発表(倉敷)
  • 90

  • 胃底腺ポリポーシスより発生した多発性胃型腺腫の一例
  • その他 / 2005年 6月
    第79回日本消化器内視鏡学会九州支部例会口演発表(沖縄)
  • 91

  • 乳癌組織におけるMacrophageと微小血管増生及びCOX2の臨床病理学的意義
  • その他 / 2005年 6月
    第十三回日本乳癌学会総会共同演者(倉敷)
  • 92

  • Rhabdoid featureを呈した未分化結腸癌の一例
  • その他 / 2005年 4月
    日本病理学会ポスター発表(横浜)
  • 93

  • 乳腺病理診断のコツと落とし穴- その臨床学的意義-
  • その他 / 講演 / 2005年 2月
    老人保健法指定講習会
  • 94

  • Carcinoid tumor of Vater's papilla presenting with chronic pancreatitis-a case report-
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
  • / Vol.52 105-109
  • 95

  • 傍腫瘍性辺縁系脳炎を初発リンパ節転移で見つかった潜在性乳癌(invasive micropapillary carcinoma)の一例
  • その他 / その他 / 2005年
    日本乳癌学会九州地方会(福岡)ポスター発表
  • 96

  • 病理組織学的検索による微小癌病巣の臨床病理学的意義
  • その他 / 2004年 7月
    第61回大腸癌研究会共同演者(新潟)
  • 97

  • 再発乳癌例におけるHER2, ER, PgR発現と細胞異型度の検討
  • その他 / 2004年 6月
    第十二回日本乳癌学会総会共同演者(北九州)
  • 98

  • 肝細胞癌におけるvascular endothelial growth factor-Cの発現について
  • その他 / その他 / 2004年 6月
    日本病理学会口演発表(札幌)
  • 99

  • 総胆管、主膵管内発育を示した膵腺房細胞癌
  • その他 / その他 / 2004年 6月
    日本病理学会共同演者(札幌)
  • 100

  • 肝内胆管癌におけるN-myc downregulated gene-1の発現
  • その他 / 2004年 6月
    日本病理学会共同演者(札幌)
  • 101

  • 'Peliotic change'を伴う肝細胞癌の臨床病理学的検討
  • その他 / 2004年
    肝臓学会(東京)共同演者
  • 102

  • Unique hypervascular nodules in alcoholic liver cirrhosis; Identical to focal nodular hyperplasia-like nodules?
  • 雑誌 / その他 / 2004年
    J Hepatol.
  • / Vol.41 No.6 992-8
  • 103

  • 5-FUとIFN-alpha(OIF)の併用による肝細胞癌細胞株の増殖抑制効果の検討
  • その他 / 2004年
    肝臓学会(東京)共同演者
  • 104

  • 肥厚性硬膜炎に類似したRosai-Dorfman diseaseの1例
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    脳神経外科
  • / Vol.32 No.10 1051-1056
  • 105

  • パンチ生検で診断できたPaget病の2例
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Mamma
  • / Vol.48 18~21
  • 106

  • Truncated Hepatitis C Virus Core Protein Encoded in Hepatocellular Carcinomas
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Int J Mol Med
  • / Vol.14 1097~1100
  • 107

  • A case of Hepatocellular carcinoma with unusual neuroendocrine component
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Pathology International
  • / Vol.54 No.Ⅰ-11 861-865
  • 108

  • 特殊な病理形態と神経内分泌系への分化を示した肝細胞癌の一切除例
  • その他 / その他 / 2003年10月
    日本肝癌研究会口演発表 (金沢)
  • 109

  • 乳癌のHistological gradeと画像診断および予後との関係について。乳腺に転移したalveolar rhabdomyosarcomaの一例。
  • その他 / その他 / 2003年 6月
    日本乳癌学会共同演者(新潟)
  • 110

  • IFN-alphaCon1のin vitro及びin vivoにおける肝細胞癌の増殖抑制作用
  • その他 / その他 / 2003年 5月
    肝臓学会共同演者(福岡)
  • 111

  • 膵管内発育をきたした腎細胞癌膵臓転移の一切除例
  • その他 / その他 / 2003年 4月
    日本病理学会共同演者 (福岡)
  • 112

  • 十二指腸に生じた悪性間葉系腫瘍の捺印細胞像
  • その他 / その他 / 2003年 3月
    日本臨床細胞学会共同演者(東京)
  • 113

  • 混合型肝癌の画像と病理
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    消化器画像
  • / Vol.5 491-498
  • 114

  • 膵管内増殖を示した腺房細胞癌の細胞像
  • その他 / 2003年
    日本臨床細胞学会偉(東京)共同演者
  • 115

  • 胸水貯留で発症した前縦隔腫瘍の一例
  • その他 / その他 / 2002年
    日本呼吸器学会九州地方会(久留米)共同演者
  • 116

  • Expression and localization of vascular endothelial growth factor receptors in human hepatocellular carcinoma and non-HCC tissues.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Oncol Rep
  • / Vol.7 725-729
  • 117

  • Expression of vascular endothelial growth factor in human hepatocellular carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Hepatology
  • / Vol.28 p68-77
  • 118

  • 肝細胞癌におけるvascular endothelial growth factorの発現について
  • その他 / 共同発表 / 1997年
    日本肝臓学会
  • 119

  • 肝細胞癌におけるvascular endothelial growth factorの発現について
  • その他 / 共同発表 / 1997年
    第86回日本病理学会総会
  • 120

  • Hepatocellular carcinoma with sarcomatous change: a clinicopathological and immunohistochemical study of 6 surgical cases.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Oncol Rep
  • / Vol.4 p525-529
  • 121

  • Alpha-fetoprotein-producing rectal carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Kurume medical journal
  • / Vol.44 p339-348
  • 122

  • A new human hepatocellular carcinoma cell line (HAK-2) forms various structures in collagen gel matrices.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Human cell
  • / Vol.10 p183-192
  • 123

  • Deletion type hepatocyte growth factor has different effects on growth and c-met expression in 10 different human hepatocellular carcinoma cell lines.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Int J Oncol
  • / Vol.10 p1167-1172
  • 124

  • An alpha-fetoprotein-producing human gallbladder carcinoma cell line (KMG-C) shows more aggressive biologic behavior than an alpha-fetoprotein-non-producing cell line.
  • 雑誌 / 共著 / 1996年
    Int J Oncol
  • / Vol.8 p1179-1188
  • 125

  • A case of the mucin producing tumor of the pancreatic uncus (in Japanese).
  • 雑誌 / 共著 / 1996年
    The Journal of the Kurume Medical Association
  • / Vol.1 p28-36

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp