久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 鷹野  誠の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • ペースメーカーチャネルHCN4は副交感神経刺激に対するフェールセーフシステムとして働く
  • その他 / 共同発表 / 2017年 6月
    日本麻酔科学会 第64回学術集会
  • 2

  • 心臓特異的HCN2過剰発現マウスでは低カリウム血症による催不整脈性が上昇する
  • その他 / 共同発表 / 2017年 6月
    日本麻酔科学会 第64回学術集会
  • 3

  • Kir2.1チャネルの細胞外Kイオンに依存するKイオン透過のメカニズム
  • その他 / 共同発表 / 2017年 1月
    日生誌, 第67回西日本生理学会
  • / Vol.79 No.1(Pt 2) 28
  • 4

  • 歯芽細胞の核膜アドレナリン受容体の発見
  • その他 / 共同発表 / 2017年 1月
    日生誌, 第67回西日本生理学会
  • / Vol.79 No.1(Pt 2) 30
  • 5

  • Mechanisms for external K+ dependence of K+ permeation and gating of Kir2.1 inward rectifier K+ channel
  • その他 / 共同発表 / 2017年
    J Physiol Sci, The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Symposium 12: Simulation studies of structures, dynamics, and functions of ion channels and transporters
  • / Vol.67 No.Supplement 1 S43
  • 6

  • Spontaneous electrical and Ca2+ activity in mucosa of guinea pig seminal vesicles
  • その他 / 共同発表 / 2017年
    J Physiol Sci, The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.67 No.Supplement 1 S172
  • 7

  • HCN channels are not principally involved in acid detection in mice
  • その他 / 共同発表 / 2017年
    J Physiol Sci, The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.67 No.Supplement 1 S126
  • 8

  • Cardiac pacemaker channel HCN4 stabilizes spontaneous firing of SAN against parasympathetic stimulation
  • その他 / 共同発表 / 2017年
    J Physiol Sci, The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.67 No.Supplement 1 S155
  • 9

  • ペースメーカーチャネルHCN4の陰性変時作用における機能
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    生理学研究所 研究会2016「心臓・血管系の包括的な機能統合研究」
  • 10

  • 心筋内向き整流K+チャネルのK+透過は細胞外K+に依存するのか
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    生理学研究所 研究会2016「心臓・血管系の包括的な機能統合研究」
  • 11

  • Kir2.1チャネルの細胞外K+に依存する透過と開閉のメカニズム
  • その他 / 共同発表 / 2016年 9月
    平成28年度生理学研究所研究会「膜システムの機能的・構造的統合」
  • 12

  • Cardiac pacemaker channel HCN4 is a limiter for parasympathetic bradycardia and stabilizes spontaneous firing of SAN
  • その他 / 共同発表 / 2016年 8月
    ESC Congress ROME 2016
  • 13

  • Visualization of HCN4-expressing neurons with GFP using Tet-expression system in the mouse central nervous system
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuroscience 2016)
  • 14

  • The hyperpolarization-activated cyclic nucleotide-gated (HCN) channels contain multiple S-palmitoylation sites
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 5月
    J Physiol Sci
  • / Vol.66 No.3 241-248
  • 15

  • 炎症性疼痛による脊髄後角のHCN4発現変化
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    日本麻酔科学会 第63回学術集会
  • 16

  • ペースメーカーチャネルHCN4の陰性変時作用における新たな機能
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    日本麻酔科学会 第63回学術集会
  • 17

  • Clinical concentrations of local anesthetics bupivacaine and lidocaine differentially inhibit human Kir2.x inward rectifier K+ channels
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 4月
    Anesth Analg
  • / Vol.122 No.4 1038-1047
  • 18

  • HCN4過剰発現・ノックアウトマウスにおける洞房結節機能の変化
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    第55回日本生体医工学会大会
  • 19

  • ノックインマウスを使ったHCN4 発現ニューロンの可視化
  • その他 / 共同発表 / 2016年 3月
    日生誌, 第66回西日本生理学会
  • / Vol.78 No.2(Pt2) 30
  • 20

  • Neuronal and glial expression of inward rectifier potassium channel subunits Kir2.x in rat dorsal root ganglion and spinal cord
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 3月
    Neurosci Lett
  • / Vol.617 59-65
  • 21

  • ペースメーカーチャネルHCN4の陰性変時作用における新たな機能
  • その他 / 共同発表 / 2016年 3月
    日生誌, 第66回西日本生理学会
  • / Vol.78 No.2(Pt2) 34
  • 22

  • Arrhythmogenic properties of rat pulmonary vein cardiomyocytes
  • その他 / 共同発表 / 2016年
    J Physiol Sci, The 93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.66 No.Suppl 1 S99
  • 23

  • Role of mucosa in generating spontaneous activity in the guinea pig seminal vesicle
  • その他 / 共同発表 / 2016年
    J Physiol Sci, The 93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Symposium 5: DIVERSITY IN PACEMAKING OF SMOOTH MUSCLE ORGANS
  • / Vol.66 No.Suppl 1 S36
  • 24

  • Revisiting K+ dependence of conductance and gating of strong inward rectifier K+ channels
  • その他 / 共同発表 / 2016年
    J Physiol Sci, The 93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Symposium 33: Structure based approaches to the functioning mechanisms of ion channels and the search for their novel inhibitors
  • / Vol.66 No.Suppl 1 S66
  • 25

  • The role of pacemaker channel HCN4 against bradycardic response
  • その他 / 共同発表 / 2016年
    J Physiol Sci, The 93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.66 No.Suppl 1 S77
  • 26

  • Visualization of HCN4-expressing neurons with GFP using Tet-expression system
  • その他 / 共同発表 / 2016年
    J Physiol Sci, The 93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.66 No.Suppl 1 S127
  • 27

  • Enhancement of spontaneous activity by HCN4 overexpression in mouse embryonic stem cell-derived cardiomyocytes - a possible biological pacemaker.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 9月
    PLoS One
  • / Vol.10 No.9 e0138193
  • 28

  • 内向き整流性カリウムチャネルのポアの開口には細胞外カリウムイオンの存在を必要としない
  • その他 / 共同発表 / 2015年 9月
    平成27年度生理学研究所研究会「膜システムの機能的・構造的統合」
  • 29

  • Genotype-dependent differences in age of manifestation and arrhythmia complications in short QT syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 7月
    Int J Cardiol
  • / Vol.190 393-402
  • 30

  • Renal nerve-mediated erythropoietin release confers cardioprotection during remote ischemic preconditioning.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 7月
    Circ J
  • / Vol.79 No.7 1557-1567
  • 31

  • Meta-analysis of short QT syndrome discloses genotype-dependent clinical characteristics in age of manifestation and arrhythmia complications.
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    Program and Abstracts, The Joint Meeting of the 30th Annual Meeting of the Japanese Heart Rhythm Society and the 32nd Annual Scientific Meeting of the Japanese Society of Electrocardiology
  • / 491
  • 32

  • Controversy still goes on; lessons from HCN4 knock-out mice.
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    Program and Abstracts, The Joint Meeting of the 30th Annual Meeting of the Japanese Heart Rhythm Society and the 32nd Annual Scientific Meeting of the Japanese Society of Electrocardiology, Symposium 'Sinoatrial Node Pacemaker Activity -The Mechanism of Heart Beats-'
  • / 375-376
  • 33

  • Atrial fibrillation and arrhythmogenic activities of pulmonary vein cardiomyocytes.
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    Program and Abstracts, The Joint Meeting of the 30th Annual Meeting of the Japanese Heart Rhythm Society and the 32nd Annual Scientific Meeting of the Japanese Society of Electrocardiology, Symposium 'New development on the mechanism of atrial fibrillation'
  • / 397
  • 34

  • Disturbance of cardiac gene expression and cardiomyocyte structure predisposes Mecp2-null mice to arrhythmias.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 6月
    Sci Rep
  • / Vol.5 11204
  • 35

  • ペースメーカーチャネル(HCN)の病態生理.
  • その他 / 単著 / 2015年 6月
    臨と研
  • / Vol.92 No.6 134-137
  • 36

  • ペースメーカーチャネルの病態生理~遺伝子改変マウスから得た知見~.(招待講演)
  • その他 / 単独発表 / 2015年 1月
    第68回福岡不整脈同好会
  • 37

  • ヌクレオチド結合タンパクによる細胞内cAMP濃度の調整
  • その他 / 共同発表 / 2015年 1月
    日生誌, 第107回近畿生理学談話会
  • / Vol.77 No.1 20-21
  • 38

  • Ectopic automaticity induced in ventricular myocytes by transgenic overexpression of HCN2.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 1月
    J Mol Cell Cardiol
  • / Vol.80 81-89
  • 39

  • Zdhhc3/7, the members of protein-palmitoylation enzymes, inhibit the current amplitude of HCN2 channel.
  • その他 / 共同発表 / 2015年
    J Physiol Sci, The 120th Annual Meeting of the Japanese Association Anatomists, the 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.65 No.Suppl 1 S118
  • 40

  • Epithelium-dependent periodical excitation in response to stretch of guinea pig seminal vesicle.
  • その他 / 共同発表 / 2015年
    J Physiol Sci, The 120th Annual Meeting of the Japanese Association Anatomists, the 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.65 No.Suppl 1 S223
  • 41

  • モルモット精嚢平滑筋自動性における粘膜の役割.
  • その他 / 共同発表 / 2015年
    第57回日本平滑筋学会総会 プログラム・抄録集, 第57回日本平滑筋学会総会
  • / 66
  • 42

  • Luminescence imaging of HCN4 expression and phenotypic analysis of HCN4 TET-off mouse.
  • その他 / 共同発表 / 2015年
    J Physiol Sci, The 120th Annual Meeting of the Japanese Association Anatomists, the 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.65 No.Suppl 1 S211
  • 43

  • Mechanism of the complete block of the Kir2.1 inward rectifier K+ channel under the external K+-free condition.
  • その他 / 共同発表 / 2015年
    J Physiol Sci, The 120th Annual Meeting of the Japanese Association Anatomists, the 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.65 No.Suppl 1 S118
  • 44

  • 化学発光によるHCN4発現部位の可視化.
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    日生誌, 第65回西日本生理学会
  • / Vol.77 No.2 43-44
  • 45

  • Differential expression of Kir2.x inward rectifier K+ channels in neurons and glial cells in rat dorsal root ganglion and spinal cord.
  • その他 / 共同発表 / 2014年 9月
    The 37th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuroscience 2014)
  • 46

  • Analysis of cardiac arrhythmias and gene expression in MeCP2-null Mouse.
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    13th Rett Syndrome Symposium
  • 47

  • Induced automaticity in ventricular myocytes from transgenic mice overexpressing HCN2.
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 48

  • Functional consequences of a gain-of-function mutation in the Kir2.1 inward rectifier K+ channel associated with short QT syndrome.
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 49

  • Pathophysiological roles of HCN channel family in the heart.
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 50

  • Epithelium of seminal vesicle modulates neural activity dependent contraction and originates stretch-sensitive contraction.
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 51

  • Identification of palmitoylation enzymes for the HCN2 channel.
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    3The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 52

  • Persistent α1-adrenergic receptor function in the nucleus locus coeruleus causes hyperexcitability in AD/HD model rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 2月
    J Neurophysiol
  • / Vol.111 No.4 777-786
  • 53

  • 過分極誘発陽イオンチャネル(HCN2)の潜在的な催不整脈性.
  • その他 / 共同発表 / 2013年12月
    第23回日本循環薬理学会
  • 54

  • Lasting activity of alpha1-AR during postnatal development alters membrane properties of LC in SHR.
  • その他 / 共同発表 / 2013年11月
    Society for Neuroscience, 43rd Annual Meeting (Neuroscience 2013)
  • 55

  • QT短縮症候群に同定されたK チャネル変異の電気生理学的特性と臨床像
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    第64回西日本生理学会
  • 56

  • 過分極誘発陽イオンチャネル(HCN2)の潜在的な催不整脈性.
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    第64回西日本生理学会
  • 57

  • QT短縮症候群患者に同定された新規K+チャネル変異の電気生理学的特性と臨床像.
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    第30回日本心電学会学術集会
  • 58

  • Induced automaticity in the ventricular myocytes of transgenic mouse overexpressing HCN2.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 7月
    IUPS 2013
  • 59

  • HCN2過剰発現マウス心室筋のイソプロテレノール誘発自動能.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 5月
    日本麻酔科学会第60回学術集会
  • 60

  • Increased expression of HCN channels in the ventricular myocardium contributes to enhanced arrhythmicity in mouse failing hearts.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 5月
    J Am Heart Assoc
  • / Vol.2 No.2 e000150
  • 61

  • Clinical manifestations and electrophysiological characteristics of K channel mutations responsible for short QT syndrome.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 62

  • Stromal cells play important roles in tissue compartmentalization : A FIB/SEM study.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 63

  • Epithelium of seminal vesicle confers stretch sensitivity and modulates noradrenaline-induced contraction.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 64

  • Isoproterenol-induced spontaneous action potentials in the cardiac myocytes of transgenic mouse overexpressing HCN2.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 65

  • Arrhythmogenic nature of pulmonary vein cardiomyocytes.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 66

  • Identification of the palmitoylation sites of HCN2 channel.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 67

  • S-palmitoylation regulates the HCN channels.
  • その他 / 共同発表 / 2012年12月
    The 85th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society
  • 68

  • HCN2を心臓特異的に発現する遺伝子改変マウス心室筋のイソプロテレノール誘発自動能.
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    平成24年度生理学研究所研究会「イオンチャネル・トランスポーターと心血管機能:細胞機能の分子機序とその統合的理解」
  • 69

  • パルミトイル化によるHCNチャネルの機能制御.
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    第63回西日本生理学会
  • 70

  • An α1 adrenergic receptor (AR) stimulation compensates α2-AR induced outward current in locus coeruleus neurons from spontaneous hypertensive rats, ADHD model animal.
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    Society for Neuroscience, 42nd Annual Meeting (Neuroscience 2012)
  • 71

  • モルモット精嚢の収縮特性に対する内膜の影響.
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    第63回西日本生理学会
  • 72

  • HCN2過剰発現マウス心室筋のイソプロテレノール誘発自動能.
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    第63回西日本生理学会
  • / Vol.75 No.2 61
  • 73

  • 過分極誘発陽イオンチャネル/HCN
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 9月
    不整脈学, 南江堂
  • / 29-31
  • 74

  • 肺静脈心筋細胞におけるノルエピネフリン誘発自動能へのCaクロックの関与.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 9月
    第89回日本生理学会
  • 75

  • 過分極誘発陽イオンチャネルの発現制御と病態生理.
  • その他 / 単著 / 2012年 6月
    久留米医会誌
  • / Vol.75 No.5・6 173-179
  • 76

  • Arrhythmogenic coupling between the Na+-Ca2+ exchanger and inositol 1,4,5-triphosphate receptor in rat pulmonary vein cardiomyocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 5月
    J Mol Cell Cardiol
  • / Vol.52 No.5 988-997
  • 77

  • α1 adrenergic receptors depolarize resting membrane potential of locus coeruleus neurons of spontaneously hypertensive rats.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    The 89th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 78

  • Palmitoylation regulates the functions of HCN channels.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    The 89th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 79

  • Segmental differences of mechanosensitivity in the isolated guinea pig seminal vesicle
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    The 89th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 80

  • 次世代走査型電子顕微鏡FIB/SEMによる平滑筋組織間質細胞の解析.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    第89回日本生理学会
  • 81

  • A trial of ultrastructural observation by the new generation FIB/SEM, of the smooth muscular tissue mesenchymal cells.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    The 89th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 82

  • Involvement of Ca clock in norepinephrine-induced automaticity in pulmonary vein cardiomyocytes.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    The 89th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 83

  • ラット肺静脈心筋の潜在性自動能.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 2月
    第41回日本心脈管作動物質学会
  • 84

  • モルモット精嚢の神経活動に依存しない機械刺激応答性収縮.
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    第62回西日本生理学会
  • 85

  • 高血圧自然発症ラット青斑核におけるNorepinephrine応答.
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    第62回西日本生理学会
  • 86

  • Inhibition of HCN overexpressed in failing heart of dilated cardiomyopathy mouse model by ivabradine prevents sudden arrhythmic death.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    The 28th Annual Scientific Session of the Japanese Society of Electrocardiology
  • 87

  • ANP・BNP遺伝子発現調節因子NRSFの機能阻害による心筋症モデルマウスにおける不整脈発症・突然死に対するHCNチャネル阻害の効果.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 4月
    第84回日本内分泌学会学術総会
  • 88

  • Pathophysiological remodeling of cardiac myocyte induced by cardiac specific inhibition of NRSF function.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 3月
    The 88th Annual Meeting of The Physiological Society of Japan and the 116th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists
  • 89

  • Norepinephrine induced automaticity in rat pulmonary vein cardiomyocytes.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 3月
    The 88th Annual Meeting of The Physiological Society of Japan and the 116th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists
  • 90

  • Pathophysiological remodeling of mouse cardiac myocytes expressing dominant negative mutant of neuron restrictive silencing factor.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年12月
    Circ J
  • / Vol.74 No.12 2712-2719
  • 91

  • Transcriptional mechanism of cardiac pacemaker specific channel HCN4.
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    The 87th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan(Morioka), May 19-21, 2010
  • 92

  • Functional molecular imaging of ILK-mediated Akt/PKB signaling cascades and the associated role of β-parvin.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 3月
    J Cell Sci
  • / Vol.123 No.5
  • 93

  • ES細胞によるパーキンソン病モデル動物の治療に関する基礎的研究.
  • その他 / 共同発表 / 2010年 3月
    第149回日本獣医学会学術集会(東京), 平成22年3月26日~28日
  • 94

  • p300 plays a critical role in maintaining cardiac mitochondrial function and cell survival in postnatal hearts.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年10月
    Circ Res
  • / Vol.105 No.8 746-754
  • 95

  • T-type Ca2+ channel blockade prevents sudden death in mice with heart failure.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 9月
    Circulation
  • / Vol.120 No.9 743-752
  • 96

  • The cardiac pacemaker-specific channel Hcn4 is a direct transcriptional target of MEF2.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 9月
    Cardiovasc Res
  • / Vol.83 No.4 682-687
  • 97

  • Self-contained induction of neurons from human embryonic stem cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 7月
    PLoS One
  • / Vol.4 No.7 e6318
  • 98

  • MEF2 directly regulates the transcription of HCN4, cardiac pacemaker channel.
  • その他 / 共同発表 / 2009年
    The XXXVI International Congress of Physiological Sciences (IUPS2009)(Kyoto), July 27-August 1, 2009
  • 99

  • 心臓ペースメーカー特異的チャネルHCN4の転写制御機構.
  • その他 / 単独発表 / 2009年
    第13回 Molecular Cardiovascular Conference(北海道), 平成21年9月4日~6日
  • 100

  • 心臓ペースメーカーチャネルHCN4遺伝子の新規エンハンサーはMEF2によって活性化される.
  • その他 / 共同発表 / 2008年11月
    第25回日本心電学会学術集会(新潟), 平成20年11月1日~2日
  • 101

  • NRSF regulates the developmental and hypertrophic changes of HCN4 transcription in rat cardiac myocytes.
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第25回日本心電学会学術集会(新潟), 平成20年11月1日~2日
  • 102

  • ES細胞を用いた生物学的ペースメーカー樹立の試み -ES細胞由来心筋の自動能維持機構の解析―.
  • その他 / 共同発表 / 2008年 3月
    第7回日本再生医療学会総会(名古屋), 平成20年3月13日~14日
  • 103

  • Hyperpolarization-activated cyclic nucleotide-gated channels and T-type calcium channels confer automaticity of embryonic stem cell-derived cardiomyocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年11月
    Stem Cells
  • / Vol.25 No.11 2712-2719
  • 104

  • マウス圧負荷モデルにおいてアンジオテンシンタイプ1a受容体シグナルが電気的リモデリングに与える影響についての検討.
  • その他 / 共同発表 / 2007年10月
    第24回日本心電学会学術集会(名古屋), 平成19年10月5日~6日
  • 105

  • マウスES細胞由来心筋細胞におけるイオンチャネル発現量の変化.
  • その他 / 共同発表 / 2007年10月
    第24回日本心電学会学術集会(名古屋), 平成19年10月5日~6日
  • 106

  • ES細胞由来心筋細胞の自動能を構成するイオンチャネルの解析.
  • その他 / 共同発表 / 2007年 8月
    第28回日本炎症・再生医学会(東京), 平成19年8月2日~3日
  • 107

  • 心臓ミトコンドリア機能維持におけるp300の重要性.
  • その他 / 共同発表 / 2007年 6月
    第80回日本内分泌学会学術総会(東京), 平成19年6月14日~16日
  • 108

  • 心臓イオンチャネル遺伝子の転写制御機構~エピジェネティックスと機能分化~.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 5月
    心電図
  • / Vol.27 No.Suppl 3 15-28
  • 109

  • NRSF regulates the developmental and hypertrophic changes of HCN4 transcription in rat cardiac myocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 2月
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.353 No.1 67-73
  • 110

  • High risk for bradyarrhythmic complications in patients with Brugada syndrome caused by SCN5A gene mutations.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年12月
    J Am Coll Cardiol
  • / Vol.46 No.11 2100-2106
  • 111

  • Pathophysiological significance of T-type Ca2+ channels: transcriptional regulation of T-type Ca2+ channel--regulation of CACNA1H by neuron-restrictive silencer factor.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年11月
    J Pharmacol Sci
  • / Vol.99 No.3 211-213
  • 112

  • Prospective identification of cardiac progenitors by a novel single cell-based cardiomyocyte induction.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 9月
    FASEB J
  • / Vol.19 No.11 1534-1536
  • 113

  • Transcriptional regulation of HCN4 gene and its pathophysiological relevance.
  • その他 / 共同発表 / 2005年 5月
    The 82nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan(Sendai), May 18-20, 2005
  • 114

  • NRSE-NRSF regulates the transcription of fetal type cardiac ion channels.
  • その他 / 共同発表 / 2005年 3月
    The 78th Annual Meeting of the Japanese Pharmacological Society(Yokohama), March 22-24, 2005
  • 115

  • Bepridil block of recombinant human cardiac IKs current shows a time-dependent unblock.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 2月
    J Cardiovasc Pharmacol
  • / Vol.43 No.2 178-182
  • 116

  • Additional gene variants reduce effectiveness of beta-blockers in the LQT1 form of long QT syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 2月
    J Cardiovasc Electrophysiol
  • / Vol.15 No.2 190-199
  • 117

  • NRSF regulates the fetal cardiac gene program and maintains normal cardiac structure and function.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年12月
    EMBO J
  • / Vol.22 No.23 6310-6321
  • 118

  • An important role of NRSF in maintenance of normal cardiac electrophysiological properties.
  • その他 / 共同発表 / 2003年11月
    第7回日本心血管内分泌代謝学会(札幌), 平成15年11月21日~22日
  • 119

  • M1-ACh受容体によるKCNQ1/KCNE1電流の調節機構の解析.
  • その他 / 共同発表 / 2003年 9月
    第20回日本心電学会学術集会(東京), 平成15年9月8日~9日
  • 120

  • Verapamil, a Ca2+ entry blocker, targets the pore-forming subunit of cardiac type KATP channel (Kir6.2).
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 8月
    J Cardiovasc Pharmacol
  • / Vol.42 No.2 161-168
  • 121

  • The electrophysiological properties of spontaneously beating pacemaker cells isolated from mouse sinoatrial node.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 7月
    J Physiol
  • / Vol.550 No.1 169-180
  • 122

  • 心筋胎児型遺伝子発現調節因子NRSFの心不全・突然死発症への関与.
  • その他 / 共同発表 / 2003年 4月
    第100回日本内科学会講演会(福岡), 平成15年4月1日~3日
  • 123

  • Regulation of cardiac inwardly rectifying potassium channels by membrane lipid metabolism.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 1月
    Prog Biophys Mol Biol
  • / Vol.81 No.1 67-79
  • 124

  • α1-Adrenoceptor-mediated breakdown of phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate inhibits pinacidil-activated ATP-sensitive K+ currents in rat ventricular myocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 8月
    Circ Res
  • / Vol.91 No.3 232-239
  • 125

  • 特集:内科-100年のあゆみ(循環器) II. 日本人の貢献 9. ATP感受性K+チャネル.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 3月
    日内会誌
  • / Vol.91 No.3 865-867
  • 126

  • Role of KCNQ1 in the cell swelling-induced enhancement of the slowly activating delayed rectifier K+ current.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 2月
    Jpn J Physiol
  • / Vol.52 No.1 31-39
  • 127

  • Characterization and subcellular localization of KCNQ1 with a heterozygous mutation in the C terminus.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年12月
    J Mol Cell Cardiol
  • / Vol.33 No.2 197-207
  • 128

  • Evidence for a single nucleotide polymorphism in the KCNQ1 potassium channel that underlies susceptibility to life-threatening arrhythmias.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年11月
    J Cardiovasc Electrophysiol
  • / Vol.12 No.11 1223-1229
  • 129

  • Determinants of activation kinetics in mammalian hyperpolarization-activated cation channels.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年11月
    J Physiol
  • / Vol.537 No.1 93-100
  • 130

  • マウス洞房結節ペースメーカ細胞の電気生理学的性質.
  • その他 / 共同発表 / 2001年10月
    第18回日本心電学会学術集会(東京), 平成13年10月4日~5日
  • 131

  • QT延長症候群(LQTS)のgenotype/phenotype連関―QTc及びT波形の検討―.
  • その他 / 共同発表 / 2001年10月
    第18回日本心電学会学術集会(東京), 平成13年10月4日~5日
  • 132

  • The regulation of cardiac potassium channels by membrane lipid metabolism.
  • その他 / 単独発表 / 2001年 8月
    The XXXIVth Congress of the International Union of Physiological Sciences (IUPS)(Christchurch, New Zealand), August 26-31, 2001
  • 133

  • Dual action of ZD6169, a novel K+ channel opener, on ATP-sensitive K+ channels in pig urethral myocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 5月
    Br J Pharmacol
  • / Vol.133 No.1 154-164
  • 134

  • The membrane currents of pacemaker cells isolated from mice sino-atrial node.
  • その他 / 共同発表 / 2001年 3月
    The 78th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan(Kyoto), March 29-31, 2001
  • 135

  • Determinants of activation kinetics in hyperpolarization-activated cation channels.
  • その他 / 共同発表 / 2001年 3月
    3The 78th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan(Kyoto), March 29-31, 2001
  • 136

  • Alteration of the membrane lipid environment by l-palmitoylcarnitine modulates KATP channels in guinea-pig ventricular myocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年12月
    Pflügers Arch
  • / Vol.441 No.2,3 200-207
  • 137

  • Angiotensin II type 1 receptor blockade abolishes specific KATP channel gene expression in rats with myocardial ischemia.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年12月
    J Mol Cell Cardiol
  • / Vol.32 No.12 2239-2247
  • 138

  • The effects of caffeine on ATP-sensitive K+ channels in smooth muscle cells from pig urethra.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年10月
    Br J Pharmacol
  • / Vol.131 No.3 505-513
  • 139

  • The properties of the Kir6.1-6.2 tandem channel co-expressed with SUR2A.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 8月
    Pflügers Arch
  • / Vol.440 No.5 692-698
  • 140

  • QT延長症候群のmolecular medicine -遺伝子異常を基盤とした治療を求めて-.
  • その他 / 共同発表 / 2000年 4月
    第64回日本循環器学会学術集会(大阪), 平成12年4月1日~3日
  • 141

  • 交感神経α1受容体刺激は、細胞膜PIP2(phosphatidylinositol-4,5 bisphosphate) レベルの変動を介して, 細胞膜ATP感受性K+チャネル (KATP) チャネル活動を直接制御している
  • その他 / 共同発表 / 2000年 4月
    第64回日本循環器学会学術集会(大阪), 平成12年4月1日~3日
  • 142

  • 細胞膜伸展刺激によるIKsの増加のセンサーはKCNQ1で, チロシンリン酸化を必要としない.
  • その他 / 共同発表 / 2000年 3月
    第64回日本循環器学会学術集会(大阪), 平成12年4月1日~3日
  • 143

  • Phospholipase C-linked receptors regulate the ATP-sensitive potassium channel by means of phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate metabolism.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年12月
    Proc Natl Acad Sci USA
  • / Vol.96 No.26 15292-15297
  • 144

  • Characterization of a novel missense mutation in the pore of HERG in a patient with long QT syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 9月
    J Cardiovasc Electrophysiol
  • / Vol.10 No.9 1262-1270
  • 145

  • Changes in cell volume induced by ion channel flux in guinea-pig cardiac myocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 9月
    Clin Exp Pharmacol Physiol
  • / Vol.26 No.9 698-706
  • 146

  • Molecular characterization of the hyperpolarization-activated cation channel in rabbit heart sinoatrial node.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 4月
    J Biol Chem
  • / Vol.274 No.18 12835-12839
  • 147

  • イオン・チャネルとチャネル病.
  • その他 / 共同発表 / 1999年 3月
    第63回日本循環器学会総会・学術総会(東京), 平成11年3月27日~29日
  • 148

  • 心筋虚血後のKir6.1遺伝子発現増加による心筋保護効果の可能性 ・・・ Kir6.1-6.2タンデム蛋白による検討.
  • その他 / 共同発表 / 1999年 3月
    第63回日本循環器学会総会・学術総会(東京), 平成11年3月27日~29日
  • 149

  • イソプロテレノール負荷によるMAP持続時間の短縮がみられた新たなLQT2症例の電気生理学的特徴.
  • その他 / 共同発表 / 1999年 3月
    第63回日本循環器学会総会・学術総会(東京), 平成11年3月27日~29日
  • 150

  • 抗CD8抗体を用いた発現細胞の選別によるKvLQT1チャネル電流の解析.
  • その他 / 共同発表 / 1999年 3月
    第63回日本循環器学会総会・学術総会(東京), 平成11年3月27日~29日
  • 151

  • 心筋虚血に伴うATP感受性カリウムチャネル遺伝子の調節.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 3月
    心電図
  • / Vol.19 No.2 131-136
  • 152

  • Wortmannin, an inhibitor of phosphatidylinositol kinases, blocks the MgATP-dependent recovery of Kir6.2/SUR2A channels.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 2月
    J Physiol
  • / Vol.514 No.3 655-665
  • 153

  • The antiarrhythmic agent cibenzoline inhibits KATP channels by binding to Kir6.2.
  • 雑誌 / 共著 / 1998年10月
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.477-481 No.2 477-481
  • 154

  • 心筋虚血に伴うATP感受性カリウムチャネル遺伝子の調節.
  • その他 / 共同発表 / 1998年10月
    第15回日本心電学会学術集会(鹿児島), 平成10年10月1日~2日
  • 155

  • Cytoplasmic terminus domains of Kir6.x confer different nucleotide-dependent gating on the ATP-sensitive K+ channel.
  • 雑誌 / 共著 / 1998年10月
    J Physiol
  • / Vol.512 No.2 395-406
  • 156

  • ラット心筋虚血再灌流モデルにおける心筋ATP感受性Kチャネル遺伝子の転写調節.
  • その他 / 共同発表 / 1998年 3月
    第62回日本循環器学会総会・学術集会(東京), 平成10年3月26日~28日
  • 157

  • QT延長症候群患者の遺伝子診断と治療戦略.
  • その他 / 共同発表 / 1998年 3月
    第62回日本循環器学会総会・学術集会(東京), 平成10年3月26日~28日
  • 158

  • The inhibitory effect of propranolol on ATP-sensitive potassium channels in neonatal rat heart.
  • 雑誌 / 共著 / 1998年 2月
    Br J Pharmacol
  • / Vol.123 No.4 599-604
  • 159

  • Myocardial ischemia induces differential regulation of KATP channel gene expression in rat hearts.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年12月
    J Clin Invest
  • / Vol.100 No.12 3053-3059
  • 160

  • KIR6.2およびKIR6.1サブユニットによるATP感受性Kチャネルの細胞内ヌクレオチドゲート機構の制御.
  • その他 / 共同発表 / 1997年10月
    第90回近畿生理学談話会(兵庫), 平成9年10月4日
  • 161

  • イオンチャネルフラックスを介する心筋細胞容積調節.
  • その他 / 共同発表 / 1997年10月
    第90回近畿生理学談話会(兵庫), 平成9年10月4日
  • 162

  • Development of inwardly rectifying K+ channel family in rat ventricular myocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年 4月
    Am J Physiol
  • / Vol.272 No.4 H1741-H1750
  • 163

  • Development of muscarinic potassium current in fetal and neonatal rat heart.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年 3月
    Am J Physiol
  • / Vol.272 No.3 H1188-H1195
  • 164

  • Cloning and functional expression of the rat brain KIR6.2 channel.
  • 雑誌 / 共著 / 1996年12月
    Jpn J Physiol
  • / Vol.46 No.6 491-495
  • 165

  • The Ba2+ block of the ATP-sensitive K+ current of mouse pancreaticβ-cells.
  • 雑誌 / 共著 / 1996年 2月
    Pflügers Arch
  • / Vol.431 No.4 625-631
  • 166

  • Non-selective cation current of guinea-pig endocardial endothelial cells.
  • 雑誌 / 共著 / 1995年 9月
    J Physiol
  • / Vol.487 407-419
  • 167

  • ラット心房筋細胞におけるムスカリン性K+電流の発生学的研究.
  • その他 / 共同発表 / 1995年 9月
    第88回近畿生理学談話会(大阪), 平成7年9月16日
  • 168

  • 心血管内皮細胞の電気生理学.
  • 雑誌 / 共著 / 1995年 3月
    循環器専門医
  • / Vol.3 No.1 103-110
  • 169

  • Effects of internal chloride on ATP-sensitive K-channels in mouse pancreatic β-cells.
  • 雑誌 / 共著 / 1994年 9月
    Pflügers Arch
  • / Vol.428 No.2 194-196
  • 170

  • Cation-dependent gating of the hyperpolarization-activated cation current in the rabbit sino-atrial node cells.
  • 雑誌 / 共著 / 1994年 6月
    J Physiol
  • / Vol.477 No.3 423-435
  • 171

  • Effects of intracellular pH on ATP-sensitive K+ channels in mouse pancreatic β-cells.
  • 雑誌 / 共著 / 1994年 2月
    J Physiol
  • / Vol.475 No.1 33-44
  • 172

  • The ATP-sensitive K+ channel.
  • その他 / 共著 / 1993年 7月
    Prog Neurobiol
  • / Vol.41 No.1 21-30
  • 173

  • The effect of intracellular pH on ATP-sensitive K+ channels in isolated mouse pancreatic β-cells.
  • その他 / 共同発表 / 1993年 4月
    The Physiological Society Leicester Meeting(Leicester), April 21-23, 1993
  • 174

  • Catecholamine-induced chloride current in cardiac myocytes.
  • 単行本 / 分担執筆 / 1993年 3月
    Ionic Channels and Effect of Taurine on the Heart (Developments in Cardiovascular Medicine), Kluwer Academic Publishers, Boston
  • / Vol.141 19-56
  • 175

  • Distribution of the isoprenaline-induced chloride current in rabbit heart.
  • 雑誌 / 共著 / 1992年 2月
    Pflügers Arch
  • / Vol.420 No.2 223-226
  • 176

  • Blockade of the ATP-sensitive K+ channel by 5-hydroxydecanoate in guinea pig ventricular myocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 1992年 2月
    J Pharmacol Exp Ther
  • / Vol.260 No.2 702-708
  • 177

  • 洞房結節細胞If電流の透過性に対する陽イオンの効果.
  • その他 / 共同発表 / 1991年11月
    第42回西日本生理学会(福岡), 平成3年11月1日~2日
  • 178

  • 心臓各部のアドレナリン誘発Cl電流の分布.
  • その他 / 共同発表 / 1991年11月
    第42回西日本生理学会(福岡), 平成3年11月1日~2日
  • 179

  • 過分極で活性化される心筋陽イオンチャネルの外液イオン依存性.
  • その他 / 共同発表 / 1991年11月
    第42回西日本生理学会(福岡), 平成3年11月1日~2日
  • 180

  • The ATP-sensitive K+ channel.
  • その他 / 共著 / 1991年
    Jpn J Physiol
  • / Vol.41 No.2 177-187
  • 181

  • Selective modulation of the ATP-sensitive K+ channel by nicorandil in guinea-pig cardiac cell membrane.
  • 雑誌 / 共著 / 1990年11月
    Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol
  • / Vol.342 No.5 592-597
  • 182

  • ATP-dependent decay and recovery of the K+ channels in guinea-pig cardiac myocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 1990年 1月
    Am J Physiol
  • / Vol.258 No.1 H45-H50
  • 183

  • The Mg2+ block and intrinsic gating underlying inward rectification of the K+ current in guinea-pig cardiac myocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 1989年12月
    J Physiol
  • / Vol.419 297-320
  • 184

  • Kinetics of ATP-sensitive K+ channel revealed with oil-gate concentration jump method.
  • 雑誌 / 共著 / 1989年11月
    Am J Physiol
  • / Vol.257 No.5 H1624-H1633
  • 185

  • モルモット単離心室筋ATP依存性KチャネルのATPによる開閉機序の解析.
  • その他 / 共同発表 / 1988年11月
    第39回西日本生理学会(鹿児島), 昭和63年11月26日~27日
  • 186

  • 小児における持続仙骨麻酔.
  • その他 / 共同発表 / 1986年10月
    第24回九州麻酔学会(1)(福岡), 昭和61年10月10日~11日
  • 187

  • 筋生検の麻酔.
  • その他 / 単独発表 / 1986年 7月
    第4回福岡小児麻酔カンファレンス(福岡), 昭和61年7月12日

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp