久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 川口  巧の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • シンポジウム(5) NASHとASH,その診断と治療への対応 肝硬度上昇に関わる生活習慣:中等度飲酒と運動習慣の意義
  • その他 / 共同発表 / 2019年12月
    第43回日本肝臓学会西部会
  • 2

  • The Liver Frailty Index was Related to Hypoalbuminemia with Hyperglycemia, but not Muscle Mass, in Cirrhotic Patients with Hepatocellular Carcinoma: A Data-mining Analysis
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    The 70th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 3

  • サルコペニア予防に向けたチーム医療-運動療法・栄養療法の取り組み-
  • その他 / 共著 / 2019年11月
    LST REPORT
  • / Vol.1 1-10
  • 4

  • パネルディスカッション(1) NAFLD, NASH 診療の最前線と今後の展開 SGLT2阻害剤がNASH関連肝癌マウスモデルの腫瘍増殖と代謝におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    27th JDDW(第23回日本肝臓学会大会、第61回日本消化器病学会大会)
  • 5

  • Decorin, An Exercise-induced Myokine, was Associsted with Physical Function and Prognosis of Patients with Hepatocellular Carcinoma Independent From The BCLC Classification
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    The 70th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 6

  • Effects of a DPP4 Inhibitor on Progression of NASH-related HCC and the p62/ Keap1/Nrf2-Pentose Phosphate Pathway in a Mouse Model
  • 雑誌 / 共著 / 2019年10月
    Liver Cancer
  • / Vol.8 No.5 359-372
  • 7

  • The Prevalence of Advanced Hepatic Fibrosis Evaluated by Shear Wave Elastography in Health Check-up Examinees
  • その他 / 共同発表 / 2019年10月
    JSH International Liver Conference 2019
  • 8

  • Muscle Clumps and Sarcopenia
  • その他 / 単独発表 / 2019年10月
    JSH International Liver Conference 2019
  • 9

  • リファキシミンが肝性脳症患者の腸内細菌叢におよぼす影響:探索的データ解析
  • その他 / 共同発表 / 2019年 9月
    第26回日本門脈圧亢進症学会総会
  • 10

  • NAFLD/NASHの薬物療法の現状と展望
  • その他 / 共著 / 2019年 9月
    Pharma Medica
  • / Vol.37 No.19 55-59
  • 11

  • Eltrombopag enables initiation and completion of pegylated interferon/ribavirin therapy in Japanese HCVinfected patients with chronic liver disease and thrombocytopenia
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 7月
    Experimental and Therapeutic Medicine
  • / Vol.18 No.1 596-604
  • 12

  • シンポジウム(5) NASH/NAFLD:概念と診断基準の整理 NAFLDにおける非侵襲的肝線維化マーカーPRO-C3の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2019年 5月
    第55回日本肝臓学会総会
  • 13

  • シンポジウム(3) 消化器疾患におけるサルコペニア がんのリハビリテーションが進行肝癌患者のサルコペニアにおよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2019年 5月
    第105回日本消化器病学会総会
  • 14

  • シンポジウム(2) 糖尿病と肝がん update 糖尿病治療薬が肝がんにおよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2019年 5月
    第6回肝臓と糖尿病・代謝研究会
  • 15

  • A Case of Immune-Mediated Drug-Induced Liver Injury Caused by Neuraminidase Inhibitor
  • その他 / 共同発表 / 2019年 4月
    APASL Single Topic Conference on Liver Immunology and Genetics
  • 16

  • Spontaneous regression of hepatocellular carcinoma with reduction in angiogenesis-related cytokines after treatment with sodiumglucose cotransporter 2 inhibitor in a cirrhotic patient with diabetes mellitus
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 4月
    Hepatology Research
  • / Vol.49 No.4 479-486
  • 17

  • Rifaximin-altered gut microbiota components associated with liver/neuropsychological functions in patients with hepatic encephalopathy: An exploratory data analysis of phase II/III clinical trials
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 4月
    Hepatology Research
  • / Vol.49 No.4 404-418
  • 18

  • 肝性脳症の発症機序と誘発因子ー最近の考え方ー
  • その他 / 共著 / 2019年 3月
    肝胆膵
  • / Vol.78 No.3 355-360
  • 19

  • SGLT2阻害剤がNASH関連肝癌マウスモデルの腫瘍増殖と代謝におよばす影響
  • その他 / 共同発表 / 2019年 2月
    第15回酸化ストレスと肝研究会-プログラム(二次会)-
  • 20

  • イソマルツロースがNAFLD患者のインスリン抵抗性と代謝におよぼす影響:メタボローム解析
  • その他 / 共同発表 / 2019年 1月
    第22回日本病態栄養学会年次学術集会
  • 21

  • SGLT2阻害剤がNASH関連肝癌マウスモデルの腫瘍増殖と代謝におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2019年 1月
    第38回アルコール医学生物学研究会学術集会
  • 22

  • 肝硬変の実態調査:成因別特徴と肝癌危険因子の解析
  • 単行本 / 分担執筆 / 2019年
    肝硬変の成因別実態2018
  • 23

  • PartⅡ Alcoholic/Non-Alcoholic Liver Diseases Diabetes in Liver Disease
  • 単行本 / 分担執筆 / 2019年
    Diabetes in Liver Disease
  • 24

  • 「貯筋」何歳でも遅くない
  • その他 / その他 / 2019年
    佐賀新聞
  • 25

  • 特集「隠れ脂肪肝」
  • その他 / その他 / 2019年
    NHKテレビ「あさイチ」
  • 26

  • 肝臓と筋肉、肝炎体操
  • その他 / その他 / 2019年
    ラジオNIKKEI第1『大人のラヂオ』
  • 27

  • リファキシミンが肝性脳症患者の腸内細菌叢におよぼす影響:Phase Ⅱ/Ⅲ Study探索的データ解析
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    26th JDDW(第22回日本肝臓学会大会、第60回日本消化器病学会大会、第16回日本消化器外科学会大会、第96回日本消化器内視鏡学会、第56回日本消化器がん検診学会大会 合同)
  • / Vol.115 A423
  • 28

  • ワ-クショップ(17)内科疾患における肝繊維化高値に関わる要因:Community-based surveyに基づく探索的検討
  • その他 / 単独発表 / 2018年11月
    26th JDDW(第22回日本肝臓学会大会、第60回日本消化器病学会大会、第16回日本消化器外科学会大会 合同)
  • / Vol.115 A650
  • 29

  • シンポジウム(2) 最近の糖尿病合併症Ⅱ 糖尿病治療と脂肪肝・肝がん
  • その他 / 単独発表 / 2018年10月
    第56回日本糖尿病学会九州地方会
  • 30

  • 肝硬変の栄養療法 血糖コントロールをどうするか?
  • その他 / 共著 / 2018年10月
    肝臓クリニカルアップデート
  • / Vol.4 No.2 187-191
  • 31

  • Factors Associated with Advanced Hepatic Fibrosis in Patients with Various Internal Diseases: A Multicenter Community-based Survey
  • 雑誌 / 共著 / 2018年10月
    Hepatology Research
  • / Vol.48 882-892
  • 32

  • 特集【慢性炎症から肝胆膵癌にいたるランドスケープ】NAFLD/NASH肝癌
  • その他 / 共著 / 2018年 9月
    肝胆膵
  • / Vol.77 No.3 637-642
  • 33

  • Effects of a DPP4 inhibitor on Progression of NASH-related HCC with alterations in p62/Keap1/Nrf2 Pathway in a Mouse Model
  • その他 / 共著 / 2018年 9月
    IBD and Liver:East Meets West
  • 34

  • Effects of isomaltulose on insulin resistance and metabolites in patients with nonalcoholic fatty liver disease: A metabolomic analysis.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 8月
    Molecular Medicine Reports
  • / Vol.18 2033-2042
  • 35

  • 内科疾患における汗腺維化関連要因の探索的検討:A Multicenter Community-based Survey
  • その他 / 共同発表 / 2018年 7月
    第5回肝臓と糖尿病・代謝研究会
  • 36

  • A Data Mining-based Prognostic Algorithm for NAFLD-related Hepatoma Patients: A Nationwide Study by the Japan Study Group of NAFLD
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 7月
    Scientific Reports
  • / Vol.8 10434(page.1-13)
  • 37

  • シンポジウム(4)肝疾患におけるサルコペニアの診断と治療 肝疾患におけるサルコペニア:判定基準の比較と運動療法の効果
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    第54回日本肝臓学会総会
  • / Vol.59 A98
  • 38

  • 【NAFLD/NASH診療のイノベーション-ガイドラインからパイプラインへ】NAFLD/NASH治療の現状:NAFLD/NASHに対する生活習慣の改善~ヒトは変われるのか?〜
  • その他 / 共著 / 2018年 6月
    内科
  • / Vol.121 No.6 1341-1344
  • 39

  • シンポジウム:メディカルスタッフに必要な消化吸収の知識 運動療法とBCAAが肝癌患者の筋肉量におよぼす影響
  • その他 / 単独発表 / 2018年 6月
    第41回日本栄養アセスメント研究会
  • 40

  • ポスターシンポジウム肝硬変の成因別実態 肝硬変の実態調査:成因別特徴と肝 癌危険因子の解析
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    第54回日本肝臓学会総会
  • / Vol.59 A303
  • 41

  • 肝疾患におけるサルコペニアの治療
  • その他 / 共著 / 2018年 5月
    日本消化器病学会雑誌
  • / Vol.115 No.5 439-448
  • 42

  • プレナリーセッション肝(2):運動療法が肝がん患者のサルコペニアにおよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2018年 4月
    第104回日本消化器病学会総会
  • / Vol.115 A254
  • 43

  • 第2章 病態生理:インスリン抵抗性
  • 単行本 / 分担執筆 / 2018年 2月
    最新医学別冊:新しい診断と治療のABC(131):肝硬変
  • / 54-62
  • 44

  • NASH・NAFLDの疫学
  • その他 / 共著 / 2018年 1月
    臨牀消化器内科
  • / Vol.33 No.1 9-16
  • 45

  • NAFLD診療の留意点
  • その他 / 単著 / 2018年 1月
    久留米内科医会会報
  • / Vol.72 14-17
  • 46

  • 肝性脳症診断と治療~肝性脳症の判別方法~
  • その他 / 単著 / 2018年
    リフキシマ発売1周年記念講演会記録集
  • / 1-3
  • 47

  • リファキシミンが肝性脳症患者の腸内細菌叢に及ぼす影響:PhaseⅡ/ⅢStudy探索的データ解析
  • その他 / 単著 / 2018年
    JDDW2018 講演要旨集
  • / 4
  • 48

  • 運動療法とBCAAが肝がん患者のサルコペニアにおよぼす影響
  • その他 / 共著 / 2018年
    消化と吸収
  • / Vol.40 No.2 102-106
  • 49

  • 運動療法とBCAAが肝癌患者の筋肉量におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2017年11月
    第48回日本消化吸収学会総会
  • / 42
  • 50

  • Clinical Implications and Therapeutic Strategy of Sarcopenia in Liver Disease.
  • その他 / 単独発表 / 2017年11月
    2017 Symposium of the Korean Study Group of Portal Hypertention (KSPH)
  • 51

  • Updating the neuropsychological test system in Japan for the elderly and in a modern touch screen tablet society by resetting the cut-off values
  • その他 / 共著 / 2017年11月
    Hepatology Research
  • / Vol.47 No.12 1335-1339
  • 52

  • NAFLDに対する運動プロトコールの検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年11月
    第42回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.58 A709
  • 53

  • Recent Advances in the Pathogenesis of Hepatitis C Virus-Related Non-Alcoholic Fatty Liver Disease and Its Impact on Patients Cured of Hepatitis C
  • その他 / 共著 / 2017年10月
    Current Hepatology Reports
  • / Vol.16 No.4 317–325
  • 54

  • 糖尿病合併NAFLD患者の肝硬度上昇に関わるプロファイル:データマイニング解析
  • その他 / 共著 / 2017年10月
    25th JDDW(第21回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.58 A637
  • 55

  • 肝癌診療AtoZ:11.栄養・運動療法
  • その他 / 共著 / 2017年10月
    肝臓クリニカルアップデート
  • / Vol.3 No.2 177-183
  • 56

  • Recent Advances in the Pathogenesis of Hepatitis C Virus-Related Non-Alcoholic Fatty Liver Disease and Its Impact on Patients Cured of Hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2017年10月
    Current Hepatology Reports
  • / Vol.16 No.4 317–325
  • 57

  • A Novel Prognostic Algorithm for Patients with NAFLD-related Hepatocellular Carcinoma: A Nationwide Data-mining Analysis by Japan Study Group of NAFLD
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    The 68th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.66 763A
  • 58

  • DPP4 Inhibitor Suppressed Progression of NASH-related Hepatocellular Carcinoma with Inhibition of Metabolic Reprograming in p62-Keap1-Nrf2-Pentose Phosphate Pathway in a Mouse Model: A Metabolomic Analysis
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    The 68th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.66 976-977A
  • 59

  • 運動療法が肝硬変患者のサルコペニアにおよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    25th JDDW(第21回日本肝臓学会大会、第59回日本消化器病学会大会、第94回日本消化器内視鏡学会大会、第15回日本消化器外科学会大会 合同)
  • / Vol.58 A540
  • 60

  • 肝疾患に伴う糖尿病
  • その他 / 共著 / 2017年 8月
    月刊糖尿病
  • / Vol.9 No.8 15-22
  • 61

  • 夢の万能ホルモン「マイオカイン」
  • その他 / 単著 / 2017年 7月
    週刊新潮
  • / 132
  • 62

  • 肝硬変/脂肪肝の新栄養アセスメント
  • その他 / 単独発表 / 2017年 6月
    第40回日本栄養アセスメント研究会
  • / Vol.2 No.2 101
  • 63

  • 肝疾患における膵ランゲルハンス島の変化と消化管ホルモンの意義
  • その他 / 共同発表 / 2017年 5月
    第4回肝臓と糖尿病・代謝研究会
  • / 24
  • 64

  • 糖尿病患者の肝硬度上昇に関わるデータマイニング解析
  • その他 / 共同発表 / 2017年 5月
    第4回肝臓と糖尿病・代謝研究会
  • / 28
  • 65

  • 有酸素運動とレジスタンス運動のNAFLD 改善効果の比較検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    第103回日本消化器病学会総会
  • / Vol.114 A54
  • 66

  • Risk Factors Associated with an Increase in Liver Stiffness in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: A Data-Mining Analysis
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    APASL Single Topic Conference in Nagasaki “Prevention of HCC development”
  • 67

  • 小麦ふすまペプチドによる非アルコール性脂肪肝炎の改善効果 Whear-Bran Autolytic Peptides Improve Non-alcoholic Steatohepatitis
  • その他 / 共著 / 2017年 4月
    New Food Industry
  • / Vol.59 No.4 13-16
  • 68

  • 第5章 症例と栄養 8.肝硬変
  • 単行本 / 単著 / 2017年 3月
    研修医・医学生のための症例で学ぶ栄養学
  • / 144-145
  • 69

  • 【見直す時期を迎えた肝硬変の治療】 栄養療法-BCAAの有効性と糖尿病治療薬の影響
  • その他 / 共著 / 2017年 3月
    消化器・肝臓内科
  • / Vol.1 No.3 323-329
  • 70

  • Wheat-bran autolytic peptides containing a branched-chain amino acid attenuate non-alcoholic steatohepatitis via the suppression of oxidative stress and the upregulation of AMPK/ACC in high-fat diet-fed mice
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 2月
    International Journal of Molecular Medicine
  • / Vol.39 No.2 407-414
  • 71

  • Wheat-bran autolytic peptides containing a branched-chain amino acid attenuate non-alcoholic steatohepatitis via the suppression of oxidative stress and the upregulation of AMPK/ACC in high-fat diet-fed mice
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 2月
    Int J Mol Med
  • / Vol.39 No.2 407-414
  • 72

  • NASH/NAFLDの食事・運動療法
  • その他 / 共著 / 2017年 2月
    消化器・肝臓内科
  • / Vol.1 No.2 212-218
  • 73

  • II.栄養評価 E.窒素代謝および窒素平衡
  • 単行本 / 分担執筆 / 2017年 2月
    一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 静脈経腸栄養テキストブック
  • / 163-167
  • 74

  • NAFLD診療の要点と盲点:糖尿病との関連を含めて
  • その他 / 単著 / 2017年 1月
    VOICE 飯塚医師会報
  • / Vol.140 29-34
  • 75

  • 脂肪肝と糖尿病
  • その他 / 単著 / 2017年 1月
    久留米内科医会会報
  • / Vol.71 15-18
  • 76

  • 脂肪肝と糖尿病
  • その他 / 単著 / 2017年 1月
    久留米内科医会会報
  • / Vol.71 15-18
  • 77

  • Aerobic versus resistance exercise in non-alcoholic fatty liver disease: A systematic review
  • その他 / 共著 / 2017年 1月
    J Hepatol
  • / Vol.66 No.1 142-152
  • 78

  • NAFLD診療の要点と盲点:糖尿病との関連を含めて
  • その他 / 単著 / 2017年 1月
    VOICE 飯塚医師会報
  • / Vol.140 29-34
  • 79

  • Updating neuropsychological test system for the elderly and modern touch screen tablet society by resetting of the cut-off values
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Hepatol Res  (in press)
  • 80

  • 糖代謝異常・インスリン抵抗性
  • その他 / 共著 / 2016年12月
    肝胆膵
  • / Vol.73 No.6 894-898
  • 81

  • Poster Session(III)DPP4 inhibitor suppressed Warburg-Dickens pathway and HCC progression in a mouse model of NASH: A metabolomic analysis
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    Hepatology、The 67th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.64 No.Suppl.1 789A
  • 82

  • Poster Session(II)What is the optimal exercise regimen for patients with NAFLD: Aerobic or resistance exercise ?
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    Hepatology、The 67th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.64 No.Suppl.1 565A
  • 83

  • Poster Session(II): Ectopic fat deposition in skeletal muscle was associated with diabetes mellitus in patients with non-alcoholic fatty liver disease: A MRI-proton density fat-fraction analysis
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    Hepatology、The 67th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.64 No.Suppl.1 549A
  • 84

  • パネルディスカッション(3)非B非C肝がんの発症・予後とアルブミンの関連:Random Forest分析
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    肝臓、24th JDDW(第20回日本肝臓学会大会、第58回日本消化器病学会大会、第14回日本消化器外科学会大会、第54回日本消化器がん検診学会大会 合同)
  • / Vol.57 No.Suppl.2 A478
  • 85

  • Free Paper (Oral): Liver (1)Dipeptidyl peptidase 4 inhibitor suppressed tumor progression with inhibition of pentose-phosphate pathway through Nrf nuclear expression in a mouse model of non-alcoholic steatohepatitis-related hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    Journal of Gastroenterology and Hepatology、Asian Pacific Digestive Week 2016 (APDW 2016)
  • / Vol.31 No.Suppl.3 360
  • 86

  • Poster Session(III)Wheat bran autolytic peptide, containing a branchedchain amino acid, improves nonalcoholic steatohepatitis with up-regulation of AMPK/ACC/GSK3β signaling Ppathway in high-fat diet-fed mice
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    Hepatology、The 67th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.64 No.Suppl.1 788A
  • 87

  • 基礎知識編 第III章 病態整理 16.肝硬変の機能評価法(Child-Pugh分類、肝障害度)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年11月
    肝臓専門医テキスト 改訂第2版
  • / 81-82
  • 88

  • 疾患編 第IX章 肝疾患 7.肝硬変(アルコール性、ウイルス性を含む)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年11月
    肝臓専門医テキスト 改訂第2版
  • / 227-230
  • 89

  • 疾患編 第IX章 肝疾患 31. 全身疾患と肝
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年11月
    肝臓専門医テキスト 改訂第2版
  • / 320-321
  • 90

  • I.診断と病態把握 5.肥満・糖尿病
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年11月
    肝硬変のマネジメント 改訂3版
  • / 56-61
  • 91

  • シンポジウム(5)肝硬変患者の認知能低下:潜在性肝性脳症と交通事故の視点から
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    第14回大連合大会(第38回日本臨床栄養学会総会、第37回日本臨床栄養協会総会)
  • 92

  • ワ-クショップ(1)肝疾患における糖尿病の病態と薬物療法の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 9月
    講演プログラム・要旨集、第48回日本臨床分子形態学会総会・学術集会
  • / 56
  • 93

  • 糖尿病と肝がんの関連
  • その他 / 共著 / 2016年 9月
    VOICE 飯塚医師会報
  • / Vol.139 23-26
  • 94

  • 拒食状態に伴う肝障害とオートファジー/オートシス
  • その他 / 共著 / 2016年 8月
    肝胆膵
  • / Vol.73 No.2 189-193
  • 95

  • ワークショップ(6)入院中の運動療法が肝癌患者の肝予備能とサルコペニアにおよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第52回日本肝癌研究会
  • / 168
  • 96

  • DPP4阻害剤がNASH関連肝がんマウスモデルにおよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第3回肝臓と糖尿病・代謝研究会
  • 97

  • NAFLD/NASHの食事・運動療法
  • その他 / 共著 / 2016年 7月
    Current Therapy
  • / Vol.34 No.7 666-671
  • 98

  • 肝硬変に対する栄養・運動療法の実際
  • その他 / 共著 / 2016年 6月
    臨床栄養
  • / Vol.128 No.7 900-905
  • 99

  • Hepatocellular carcinoma in Japanese patients with nonalcoholic fatty liver disease and alcoholic liver disease: multicenter survey
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 6月
    J Gastroenterol
  • / Vol.51 No.6 586-596
  • 100

  • II.慢性肝不全:その常識は正しいか?:糖代謝異常の改善は肝不全患者の予後を改善するのか?
  • その他 / 共著 / 2016年 5月
    救急・集中治療
  • / Vol.28 No.5 422-426
  • 101

  • Efficacy of peritoneovenous shunt for treating tolvaptan-resistant refractory ascites in a cirrhotic patient with portal vein thrombosis: A case report
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 5月
    Oncol Lett
  • / Vol.11 No.5 3205-3209
  • 102

  • An association between dietary habits and traffic accidents in patients with chronic liver disease: A data-mining analysis
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 5月
    Biomed Rep
  • / Vol.4 No.5 615-622
  • 103

  • DDP4阻害剤がNASHモデルマウスの肝癌におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    肝臓、第52回日本肝臓学会総会
  • / Vol.57 No.Suppl.1 A299
  • 104

  • 肝硬変のマネージメント(3)肝硬変と糖代謝異常
  • その他 / 共著 / 2016年 4月
    Hepatology Foresight
  • / Vol.1 7-8
  • 105

  • 肝硬変のマネージメント(3)肝硬変と糖代謝異常
  • その他 / 共著 / 2016年 4月
    Hepatology Foresight
  • / Vol.1 7-8
  • 106

  • 運動療法が肝硬変患者のサルコペニアにおよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第102回日本消化器病学会総会
  • / Vol.113 No.Suppl. A304
  • 107

  • Oral Session: HCC:DPP4 inhibitor suppressed tumor progression and Nrf expression in a mouse model of NASH-related HCC
  • その他 / 共同発表 / 2016年 2月
    Hepatology International、25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • / Vol.10 No.Suppl.1 S59
  • 108

  • 慢性肝疾患患者における乗り物運転に関するアンケート調査:ヨーグルト摂取と事故の関連
  • その他 / 共同発表 / 2016年 2月
    日本静脈経腸栄養学会雑誌、第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会
  • / Vol.31 No.1 286
  • 109

  • 慢性肝疾患患者における糖尿病の実態と病態
  • その他 / 共同発表 / 2016年 2月
    日本静脈経腸栄養学会雑誌、第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会
  • / Vol.31 No.1 286
  • 110

  • NASHの治療はどこまで進歩したか。糖尿病治療薬による治療
  • その他 / 共著 / 2016年 1月
    Meibo
  • / Vol.33 No.1 72-79
  • 111

  • 薬剤性肝障害
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年 1月
    今日の治療指針:わたしはこうして治療している TODAY'S THERAPY 2016、医学書院
  • / 584-586
  • 112

  • 新ウイルス性肝炎学 - 最新の基礎・臨床研究情報 - V.各論 A型肝炎.A型肝炎の予防
  • その他 / 共著 / 2015年12月
    日本臨牀
  • / Vol.73 No.増9 593-598
  • 113

  • 新ウイルス性肝炎学 - 最新の基礎・臨床研究情報 - V.各論 C型肝炎 治療.ウイルス排除困難症例に対する治療.食事・運動療法
  • その他 / 共著 / 2015年12月
    日本臨牀
  • / Vol.73 No.増9 290-293
  • 114

  • ワ-クショップ(2)リハビリテーションが進行肝がん患者の身体機能とQOLに及ぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2015年12月
    第106回日本消化器病学会九州支部例会、第100回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 115

  • DAAs時代における肝がん予防の糖尿病治療
  • その他 / 単著 / 2015年11月
    八女筑後医報
  • / Vol.372 4-7
  • 116

  • その徴候を見逃すな:逆引き病気辞典
  • その他 / 単著 / 2015年10月
    週刊現代
  • / Vol.57 No.32 なし
  • 117

  • (取材記事)ピオグリタゾンの肝がん再発抑制は、BMI 24以上の糖尿病患者で有効
  • その他 / 共著 / 2015年 7月
    Medical Tribune(特別号)
  • / なし
  • 118

  • NASH患者の血液検査項目はどこに注意してみるべきなの?
  • その他 / 共著 / 2015年 7月
    Nutrition Care
  • / Vol.8 No.7 24-25
  • 119

  • 肝硬変患者に対する検査前補食の安全性と有用性
  • その他 / 共著 / 2015年 7月
    臨床栄養
  • / Vol.127 No.1 10-11
  • 120

  • スポット: 肝硬変患者に対する検査前補食の安全性と有用性
  • その他 / 共著 / 2015年 6月
    臨床栄養
  • / Vol.127 No.1 10
  • 121

  • 胆汁酸研究のあゆみ:胆汁うっ滞とタイトジャンクション
  • その他 / 単著 / 2015年 6月
    たんじゅうさん
  • / 23
  • 122

  • Effects of fucoidan on proliferation, AMP-activated protein kinase, and downstream metabolism- and cell cycle-associated molecules in poorly differentiated human hepatoma HLF cells
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 5月
    Int J Oncol
  • / Vol.46 No.5 2216-2222
  • 123

  • 非B非C肝がんのリスクプロファイル:データマイニング解析
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    肝臓、第51回日本肝臓学会総会
  • / Vol.56 No.Suppl.1 A369
  • 124

  • ワ-クショップ(1)糖尿病治療薬が肝癌におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    糖尿病、第2回肝臓と糖尿病・代謝研究会
  • / Vol.58 No.Suppl.1 S-122
  • 125

  • ピオグリタゾンが糖尿病合併HCV関連肝細胞癌の再発抑制におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    肝臓、第51回日本肝臓学会総会
  • / Vol.56 No.Suppl.1 A378
  • 126

  • Efficacy of peritoneovenous shunt for treating tolvaptan-resistant refractory ascites in a cirrhotic patient with portal vein thrombosis: A case report
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 5月
    Oncol Lett
  • / Vol.11 No.5 3205-3209
  • 127

  • DPP-4阻害剤がNASHモデルマウスの肝癌におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    糖尿病、第2回肝臓と糖尿病・代謝研究会
  • / Vol.58 No.Suppl.1 S-484
  • 128

  • Poster Session: Effects of sitagliptin, a dipeptidyl peptidase 4 inhibitor, on tumor progression and p62/SQSTM1 subcellular localization in a mouse model of non-alcoholic steatohepatitis-related hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    Gastroenterology、DDW-2015 (Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases)(AASLD)
  • / Vol.148 No.5(Suppl.1) S-1014
  • 129

  • 急性肝炎
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 4月
    南山堂「医学大事典」第20版、南山堂
  • / 538
  • 130

  • A型肝炎
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 4月
    南山堂「医学大事典」第20版、南山堂
  • / 213
  • 131

  • インスリン抵抗性と肝がん
  • その他 / 共著 / 2015年 4月
    肝臓
  • / Vol.56 No.4 127-136
  • 132

  • シンポジウム(7)NAFLD患者の耐糖能異常に関連する骨格筋・性別・肝線維化プロファイル
  • その他 / 共同発表 / 2015年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第101回日本消化器病学会総会
  • / Vol.112 No.Suppl. A66
  • 133

  • 家で暮らす。家で看取る。自分の家で家族が看取る
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 3月
    がん医療・がん在宅医療ガイドブック(筑後版)、九州大学病院がんセンター 編
  • / 2-3
  • 134

  • The morbidity and associated risk factors of cancer in chronic liver disease patients with diabetes mellitus: a multicenter field survey
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 3月
    J Gastroenterol
  • / Vol.50 No.3 333-341
  • 135

  • Effects of branched-chain amino acids and zinc-enriched nutrients on prognosticators in HCV-infected patients: A multicenter randomized controlled trial
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 3月
    Mol Med Rep
  • / Vol.11 No.3 2159-2166
  • 136

  • 特集:トロンボポエチン受容体作動薬の臨床応用 - 現況と展望
  • その他 / 共著 / 2015年 2月
    血液フロンティア:Hematology Frontier
  • / Vol.25 No.2 217-224
  • 137

  • 最新肝癌学 - 基礎と臨床の最新研究動向 - III.肝癌の危険因子と発癌機序.非B非C肝癌.非B非C肝癌の危険因子と発癌機序.インスリン抵抗性・糖尿病
  • その他 / 共著 / 2015年 1月
    日本臨牀
  • / Vol.71 No.増1 134-138
  • 138

  • Effect of pioglitazone on outcome following curative treatment for hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus infection: A prospective study
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 1月
    Mol Clin Oncol
  • / Vol.3 No.1 115-120
  • 139

  • Time trends of clinical characteristics in hepatocellular carcinoma patients with chronic hepatitis B virus infection: A field survey between 2000 and 2012
  • 雑誌 / 共著 / 2014年11月
    Mol Clin Oncol
  • / Vol.2 No.6 927-934
  • 140

  • Effect of zinc on liver cirrhosis with hyperammonemia: a preliminary randomized, placebo-controlled double-blind trial.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年11月
    Nutrition
  • / Vol.30 1409-1414
  • 141

  • Exendin‑4, a glucagon‑like peptide‑1 receptor agonist, modulates hepatic fatty acid composition and Δ‑5‑desaturase index in a murine model of non‑alcoholic steatohepatitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 9月
    Int J Mol Med.
  • / Vol.34 No.3 782-787
  • 142

  • Decreased serum levels of immunoglobulin A, immunoglobulin M and immunoglobulin G in a patient with primary biliary cirrhosis: A case report.
  • その他 / 共著 / 2014年 9月
    Hepatol Res.
  • / Vol.44 No.10 261-266
  • 143

  • Exendin-4がNASHモデルマウスの肝脂肪酸組成におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2014年 7月
    第1回肝臓と糖尿病・代謝研究会
  • 144

  • Branched-chain amino acids prevent hepatocarcinogenesis and prolong survival of patients with cirrhosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 6月
    Clin Gastroenterol Hepatol
  • / No.12 1012-1018
  • 145

  • C型肝炎のすべて 加齢とC型肝発癌
  • その他 / 共著 / 2014年 6月
    臨牀消化器内科
  • / Vol.29 No.7 248-254
  • 146

  • 脂肪肝の肝硬変・肝細胞癌への進展
  • その他 / 単著 / 2014年 6月
    日本医事新報
  • / Vol.4702 62-63
  • 147

  • C型肝炎の診療を極める 食事・栄養療法
  • その他 / 共著 / 2014年 5月
    Hepatology Practice 3
  • / Vol.3 206-211
  • 148

  • レクチャー:健康食品による肝障害
  • 単行本 / その他 / 2014年 5月
    Hepatology Practiceシリーズ(第4巻):難治性肝疾患の診療を極める-基本から最前線まで、文光堂
  • / 147-149
  • 149

  • III.治療編 10.食事・栄養療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 5月
    Hepatology Practiceシリーズ(第3巻)治療編:C型肝炎の診療を極める-基本から最前線まで、文光堂
  • / 206-211
  • 150

  • 非B非C肝がんに関連するアセスメントプロファイルの検討
  • その他 / 共同発表 / 2014年 5月
    第37回日本栄養アセスメント研究会
  • 151

  • 難治性肝疾患の診療を極める 健康食品による肝障害
  • その他 / 共著 / 2014年 5月
    Hepatology Practice 4
  • / Vol.4 147-149
  • 152

  • ウイルス肝炎と生活習慣病について
  • その他 / 共著 / 2014年 4月
    臨床雑誌
  • / Vol.113 No.4 651-656
  • 153

  • Usefulness of short‑term eltrombopag treatment as a supportive treatment in hepatocellular carcinoma patients with cirrhosis and severe thrombocytopenia: A report of two cases
  • その他 / 共著 / 2014年 3月
    ONCOLOGY LETTERS
  • / No.7 2130-2134
  • 154

  • Free fatty acid level is a new hepatic fuel meter
  • その他 / 単著 / 2014年 2月
    Hepatol Res
  • / Vol.44 No.2 176-178
  • 155

  • 慢性肝疾患患者の乗り物運転に関する実態調査:食事・生活習慣との関連
  • その他 / 共同発表 / 2014年 2月
    第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会
  • 156

  • 薬物性肝障害の病態機序と臨床像
  • その他 / 共著 / 2014年 1月
    薬事
  • / Vol.56 No.1 27-30
  • 157

  • 非B非C肝癌に関連する新規リスクファクターの検討
  • その他 / 共同発表 / 2014年 1月
    第19回 筑後肝癌研究会
  • 158

  • インスリン抵抗性改善剤がHCV関連肝がんの再発におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2014年 1月
    第19回 筑後肝癌研究会
  • 159

  • 肝癌と素因 ②糖尿病と肝癌
  • その他 / 共著 / 2013年12月
    The LIVER CANCER JOURNAL
  • / Vol.5 No.4 258-266
  • 160

  • 肝硬変患者における潜在性肝性脳症関連因子の包括的検討:データマイニング解析
  • その他 / 共同発表 / 2013年12月
    第40回 日本肝臓学会西部会
  • 161

  • Modification of a simple clinical scoring system as a diagnostic screening tool for non-alcoholic steatohepatitis in Japanese patients with non-alcoholic fatty liver disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年11月
    J Diabetes Investig
  • / Vol.4 No.6 651-658
  • 162

  • Independent factors associated with altered plasma active ghrelin levels in HCV-infected patients
  • 雑誌 / 共著 / 2013年11月
    Liver Int
  • / Vol.33 No.10 1510-1516
  • 163

  • Effect of occult hepatitis B virus infection on the early-onset of hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus infection
  • 雑誌 / 共著 / 2013年11月
    Oncol Rep.2013
  • / Vol.30 No.5 2049-2055
  • 164

  • 第3章 診断 臨床所見
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年11月
    最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 44、最新医学社
  • / 55-60
  • 165

  • 耐糖能異常を合併する機能性消化管障害患者の消化器症状と血中GLP-1濃度の関連
  • その他 / 共同発表 / 2013年11月
    日本消化器病学会関連研究会 第7回 機能性ディスペプシア研究会
  • 166

  • 全科型NSTおよび消化器内科病棟NSTの現状と今後の課題
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    JDDW2013 Tokyo
  • 167

  • Trk 阻害剤は肝細胞癌株に間葉上皮移行(MET)を誘導する
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    第72回 日本癌学会学術総会
  • 168

  • Metabologyからみた運動療法の効果
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    第35回 日本臨床栄養学会総会
  • 169

  • Effects of oral branched-chain amino acids on hepatic encephalopathy and outcome in patients with liver cirrhosis.
  • その他 / 共著 / 2013年10月
    Nutr Clin Pract
  • / 580-588
  • 170

  • 肝疾患 急性ウイルス肝炎
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    消化器病学 基礎と臨床
  • / 1146-1150
  • 171

  • 診療現場でNASHを診断するためのtips
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年10月
    NASH・アルコール性肝障害の診療の極める,文光堂
  • / 157-160
  • 172

  • 下痢型過敏性腸症候群患者における出雲スケールによるQOLスコアと⾎中活性型GLP-1濃度との関連
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    JDDW2013 Tokyo
  • 173

  • 糖尿病を合併する肝疾患患者のがん有病率とがん関連因⼦
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    JDDW2013 Tokyo
  • 174

  • 高齢者・肝機能低下例に対するC型肝炎治療の適応と限界 分岐鎖アミノ酸亜鉛含有栄養補助食品の摂取によるインターフェロン治療への影響と効果
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    JDDW2013 Tokyo
  • 175

  • K252a(Trk阻害剤)は肝細胞癌株に間葉上皮移行(MET)およびG2期停止を誘導する
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第45回 日本臨床分子形態学会総会・学術集会
  • 176

  • Noninvasive scoring systems in patients with nonalcoholic fatty liver disease with normal alanine aminotransferase levels.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 9月
    J Gastroenterol
  • / Vol.48 No.9 1051-1060
  • 177

  • Portal Vein Thrombosis during Eltrombopag Treatment for Immune Thrombocytopenic Purpura in a Patient with Liver Cirrhosis due to Hepatitis C Viral Infection
  • その他 / 共著 / 2013年 8月
    J Clin Exp Hematop
  • / Vol.53 No.2 151-153
  • 178

  • 感染症症候群(第2版)-症候群から感染性単一疾患までを含めて-上 病原体別感染症編 ウイルス感染症肝炎ウイルス感染症 A型肝炎ウイルス(A型肝炎)
  • その他 / 共著 / 2013年 7月
    別冊 日本臨牀
  • / Vol.24 524-529
  • 179

  • 肝硬変患者における潜在性肝性脳症と脂質代謝との関連:データマイニング解析
  • その他 / 共著 / 2013年 6月
    第101回 日本消化器病学会九州支部例会 第95回 日本消化器内視鏡学会九州支部例会
  • 180

  • NASH/NAFLD/ASHとメタボ肝癌
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 6月
    メタボ肝癌,㈱アークメディア
  • / 58-62
  • 181

  • 他の繊維化マーカー
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 6月
    メタボ肝癌、㈱アークメディア
  • / 158-162
  • 182

  • ウイルス肝炎・肝癌の病態と治療.HCVのインスリン抵抗性と動脈硬化へのParadoxicalな影響:HCV高淫浸地区疫学研究
  • その他 / 共著 / 2013年 6月
    第29回 犬山シンポジウム記録集
  • / 143-149
  • 183

  • Trk(tropomyosin-related kinase)阻害剤は肝細胞癌株に間葉上皮移行(MET)を誘導する
  • その他 / 共著 / 2013年 6月
    第101回 日本消化器病学会九州支部例会 第95回 日本消化器内視鏡学会九州支部例会
  • 184

  • 肝がん予防の栄養療法
  • その他 / 単著 / 2013年 5月
    飯塚医師会報 VOICE
  • / No.129 28-31
  • 185

  • Nutritional management contributes to improvement in minimal hepatic encephalopathy and quality of life in patients with liver cirrhosis: A preliminary, prospective, open-label study
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 5月
    Hepatol Res.
  • / Vol.43 No.5 452-458
  • 186

  • 肝硬変における栄養療法 up-date
  • その他 / 共著 / 2013年 4月
    PROGRESS IN MEDICINE
  • / Vol.33 922-927
  • 187

  • Dipeptidyl peptidase-4: A key player in chronic liver disease
  • その他 / 共著 / 2013年 4月
    World J Gastroenterol
  • / Vol.19 No.15 2298-2306
  • 188

  • Lipid profile is associated with the incidence of cognitive dysfunction in viral cirrhotic patients: A data-mining analysis
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    Hepatol Res
  • / Vol.43 No.4 418-24
  • 189

  • C型慢性肝疾患患者における活性化グレリンの変化および代謝異常との関連
  • その他 / 共同発表 / 2013年 4月
    第50回 日本臨床分子医学会学術集会
  • 190

  • Ⅳ.肝癌治療成績向上のKnack & Pitfalls 2.サーベイランスと発癌制御 4)インスリン抵抗性改善
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    診療ガイドラインに沿った肝癌治療の要点と盲点 ㈱文光堂
  • / 409-410
  • 191

  • 6章 肝臓・胆道・膵臓疾患 Ⅱ 主な疾病と診療 1 肝疾患 1 ウイルス肝炎
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    臨床病態学2 ヌーヴェルヒロカワ
  • / Vol.2 103-113
  • 192

  • 第Ⅲ章 病態生理 16.肝硬変の機能評価法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    肝臓専門医テキスト
  • / 78-81
  • 193

  • 臨床医学の展望2013 肝臓病学 Hepatorogy
  • その他 / 共著 / 2013年 3月
    日本医事新報
  • / No.4636 72-78
  • 194

  • ●Current issue 肝癌の発生とインスリン抵抗性
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    診療ガイドラインに沿った肝癌治療の要点と盲点 ㈱文光堂
  • / 411-413
  • 195

  • 第IX章 肝疾患 31.全身疾患と肝 b.肝腎症候群
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    肝臓専門医テキスト
  • / 310-311
  • 196

  • BCAAの肝発癌と予後におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    第99回 日本消化器病学会総会
  • 197

  • 第IX章 肝疾患 7.肝硬変
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    肝臓専門医テキスト
  • / 216-219
  • 198

  • 肝硬変の栄養ガイドライン作成と今後の課題
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    第99回 日本消化器病学会総会
  • 199

  • 高アンモニア血症を呈する肝硬変における亜鉛製剤投与の検討:多施設共同プラセボ対照二重盲検比較試験
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    第99回 日本消化器病学会総会
  • 200

  • Decreased expression of insulin and increased expression of pancreatic transcription factor PDX-1 in islets in patients with liver cirrhosis: a comparative investigation using human autopsy specimens.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 2月
    J Gastroenterol
  • / Vol.48 No.2 277-85
  • 201

  • 慢性肝疾患患者の栄養管理における手軽で有用な栄養評価法の検討
  • その他 / 共同発表 / 2013年 2月
    第28回 日本静脈経腸栄養学会学術集会
  • 202

  • 持続血糖モニタリングシステムと遊離脂肪酸によるC型肝硬変患者の就寝中栄養評価の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2013年 2月
    第28回 日本静脈経腸栄養学会学術集会
  • 203

  • Nutritional assessments for ordinary medical care in patients with chronic liver disease
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 2月
    Hepatol Res
  • / Vol.43 No.2 192-199
  • 204

  • 肝硬変の栄養ガイドライン作成と今後の課題
  • その他 / 共同発表 / 2013年 1月
    第16回 日本病態栄養学会年次学術集会
  • 205

  • 宇宙医学“ハイブリッド訓練システム”による非アルコール性脂肪性肝障害の改善効果
  • その他 / 共著 / 2013年 1月
    第32回 アルコール医学生物学研究会学術集会
  • 206

  • Chronic HCV infection was associated with severe insulin resistance and mild atherosclerosis: a population-based study in an HCV hyperendemic area
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    J Gastroenterol.
  • / Vol.48 No.1 93-100
  • 207

  • 特集 宇宙飛行・長期臥床と骨 Topics 宇宙飛行での骨格筋維持装置の開発
  • その他 / 共著 / 2012年12月
    CLINICAL CALCIUM
  • / Vol.22 No.12 81-88
  • 208

  • 分岐鎖アミノ酸によるインスリン抵抗性改善と肝癌抑制効果
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年12月
    肝がん・肝硬変に対する栄養療法の新時代、㈱アークメディア
  • / 42-46
  • 209

  • 肝癌と糖尿病治療薬の関連
  • その他 / 共著 / 2012年12月
    消化器内科
  • / Vol.55 No.6 830-834
  • 210

  • Hepatitis C and Diabetes
  • その他 / 単独発表 / 2012年11月
    The 10th JSH Single Topic Conference "Hepatitis C:Best Practice Based on Science"
  • 211

  • 座談会“糖尿病と肝障害:診療のコツ”
  • その他 / 共著 / 2012年11月
    肝胆膵
  • / Vol.65 No.5 909-919
  • 212

  • Islet hypertrophy with decreased insulin expression and increased expression of pancreatic transcription factor PDX-1 in patients with liver cirrhosis: A comparative investigation using human autopsy specimens
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    The63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease
  • 213

  • 肝疾患患者の検査前補食に関するアンケート調査結果
  • 雑誌 / 共著 / 2012年11月
    静脈経腸栄養
  • / Vol.27 No.6
  • 214

  • Paradoxical Alterations of HCV-related Insulin Resistance and Atherosclerosis:A Population-based Study in an HCV Hyperendemic Area
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    The63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease
  • 215

  • Branched-chain amino acids prolonged survival of patients with liver cirrhosis : a nationwide study in Japan
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    The63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease
  • 216

  • 第77回北九州肝腫瘍研究会 肝がん抑制をめざしたインスリン抵抗性へのアプローチ
  • その他 / 共著 / 2012年11月
    臨床と研究
  • / Vol.89 No.11 115-118
  • 217

  • 非B非C肝癌に関連する生活習慣病の検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    第100回 日本消化器病学会九州支部例会 第94回 日本消化器内視鏡学会九州支部例会
  • 218

  • Effect of branched-chain amino acid-enriched nutritional supplementation on interferon therapy in Japanese patients with chronic hepatitis C virus infection: a retrospective study
  • 雑誌 / 共著 / 2012年11月
    Virol J
  • / Vol.9 No.1 282
  • 219

  • Bioparameters associated with the incidence of cognitive dysfunction in viral cirrhotic patients:a data-mining analusis
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    Taniguchi E, Kawaguchi T, Itou M, Oriishi T, Sata M
  • 220

  • ONI and CONUT as potential tools for nutritional assessment in patients with chronic liver disease
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    The63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease
  • 221

  • 分岐鎖アミノ酸のHCV関連インスリン抵抗性とPigment Epithelium-derived Factorにおよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    JDDW2012
  • 222

  • ピオグリタゾンのHCV関連肝細胞癌再発抑制における有効性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    JDDW2012
  • 223

  • 機能性消化管障害患者におけるQOLと血中活性型GLP-1濃度の関連
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    JDDW2012
  • 224

  • 肝硬変患者の精神神経機能に対する脂質プロファイルの意義
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    JDDW2012
  • 225

  • (座談会)高アンモニア血症・肝性脳症の治療 up-date
  • その他 / 共著 / 2012年10月
    Prog Med
  • / Vol.32 No.10 2124-2129
  • 226

  • 非B非C肝癌に関連する新規リスクファクターの検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    JDDW2012
  • 227

  • 肝病態と糖代謝
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年10月
    最新!C型肝炎 治療薬の使いかた  診断と治療社
  • / 12-15
  • 228

  • GPS分類での栄養評価の有用性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年 9月
    第4回 日本静脈経腸栄養学会九州支部学術集会
  • 229

  • Valine, a branched-chain amino Acid, reduced HCV viral load and led to eradication of HCV by interferon therapy in a decompensated cirrhotic patient
  • その他 / 共著 / 2012年 9月
    Case Rep Gastroenterol
  • / Vol.6 No.3 660-667
  • 230

  • 慢性肝疾患を有する入院患者の転倒と栄養状態との関連
  • その他 / 共同発表 / 2012年 9月
    第4回 日本静脈経腸栄養学会九州支部学術集会
  • 231

  • 拒食・断食で急性肝機能障害が起きる理由
  • その他 / 共著 / 2012年 9月
    週刊日本医事新報
  • / Vol.4614 76-78
  • 232

  • 肝肺症候群の状態とは
  • その他 / 共著 / 2012年 9月
    週刊日本医事新報
  • / Vol.4612 56-57
  • 233

  • 原発性胆汁性肝硬変症に低γ-globulin血症を合併した1例
  • その他 / 共同発表 / 2012年 8月
    第298回 日本内科学会 九州地方会
  • 234

  • Ⅲ.肝がん・その他  5.慢性肝疾患の栄養療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 8月
    肝炎ウイルス -B型・C型 医薬ジャーナル社
  • / 130-135
  • 235

  • Efficacy and safety of eltrombopag in Japanese patients with chronic liver disease and thrombocytopenia: a randomized, open-label,phase II study
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 6月
    J Gastroenterol
  • / Vol.47 1342-1351
  • 236

  • Motor vehicle accidents: How should cirrhotic patients be managed ?
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 6月
    World J Gastroenterol
  • / Vol.18 No.21 2597-2599
  • 237

  • 肝発癌抑制を目指した耐糖能異常へのアプローチ:C型肝炎におけるインクレチン動態と肝細胞糖取り込みにおけるGLP-1シグナル伝達経路
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    肝臓、第48回 日本肝臓学会
  • / Vol.53 No.Suppl.1 A232
  • 238

  • ワ-クショップ(2)「ハイブリッド訓練システム」によるNAFLD患者のインスリン抵抗性と炎症性サイトカインにおよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    第99回日本消化器病学会九州支部例会、第93回日本消化器内視鏡学会九州支部例会
  • 239

  • C型肝炎ウイルスcore蛋白は低酸素環境下においてNF-κB/HIF-1α軸を介してVEGFの発現を上昇させる
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    第48回 日本肝臓学会
  • 240

  • Aging modulates susceptibility to mouse liver Mallory-Denk body formation
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 6月
    J Histochem Cytochem
  • / Vol.60 No.6 475-483
  • 241

  • GLP-1R agonist increased glucose uptake and inhibited GSK3β phosphorylation through the AMPK signaling pathways in human hepatocytes.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    Digestive Disease Week 2012
  • 242

  • Dipeptidyl peptidase IV inhibitor improves insulin resistance and steatosis in a refractory nonalcoholic fatty liver disease patient: A case report.
  • その他 / 共著 / 2012年 5月
    Case Rep Gastroenterol
  • / Vol.6 No.2 538-544
  • 243

  • Fish to meat intake ratio and cooking oils are associated with hepatitis C virus carriers with persistently normal alanine aminotransferase levels.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 4月
    Hepatol Res.
  • / Vol.42 No.10 982-989
  • 244

  • 運動療法の有効性
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 4月
    症例に学ぶNASH/NAFLDの診断と治療 -臨床で役立つ症例32- 診断と治療社
  • / 129-132
  • 245

  • (座談会)肝不全用経口栄養剤の服用のコツ
  • その他 / 共著 / 2012年 4月
    Prog Med
  • / Vol.32 No.4 894-899
  • 246

  • 今月のテーマ:肝発癌と代謝異常 肝がんと糖代謝異常
  • その他 / 共著 / 2012年 4月
    日消誌
  • / Vol.109 No.4 544-554
  • 247

  • 肝硬変
  • その他 / 共著 / 2012年 3月
    診断と治療
  • / Vol.100 No.増刊 224-230
  • 248

  • 非B非C肝硬変の実態調査 2010
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 3月
    我が国における非B非C肝硬変の実態調査 2011、響文社
  • / 198-200
  • 249

  • Quantification of Hepatic Iron Concentration in Chronic Viral Hepatitis: Usefulness of T2-weighted Single-Shot Spin-Echo Echo-Planar MR Imaging
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 3月
    PLoS One
  • / Vol.7 No.3 e33868
  • 250

  • Ischaemic colitis during interferon treatment for chronic hepatitis C: report of two cases and literature review
  • その他 / 共著 / 2012年 2月
    J Viral Hepat
  • / Vol.19 No.2 e220-e224
  • 251

  • 血小板減少、肝機能異常を伴うRefeeding症候群を呈した神経性食思不振症の1例
  • その他 / 共同発表 / 2012年 2月
    第27回 日本静脈経腸栄養学会
  • 252

  • Roles of Glucagon-Like Peptide-1 and Dipeptidyl Peptidase-4 in HCV-related Insulin Resistance and Human Hepatocytes.
  • その他 / 単独発表 / 2012年 2月
    The 22nd Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver(APASL 2012)
  • 253

  • 肥満を呈する慢性肝疾患患者の実態調査
  • その他 / 共同発表 / 2012年 2月
    第27回 日本静脈経腸栄養学会
  • 254

  • 慢性肝疾患を有する入院患者の転倒と栄養状態との関連
  • その他 / 共同発表 / 2012年 2月
    第27回 日本静脈経腸栄養学会
  • 255

  • 高齢者肝硬変における栄養代謝と病態の特徴
  • その他 / 共同発表 / 2012年 1月
    第15回 日本病態栄養学会年次学術集会
  • 256

  • ALT持続正常HCVキャリアにおける食事内容の特徴
  • その他 / 共同発表 / 2012年 1月
    第15回 日本病態栄養学会年次学術集会
  • 257

  • NSTから生まれた新たな栄養療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 1月
    肝硬変の栄養療法とチーム医療〜実践編〜 メディカルレビュー社
  • / 126-131
  • 258

  • Hepatitis C virus core protein upregulates the expression of vascular endothelial growth factor via the nuclear factor-κB/hypoxia-inducible factor-1α axis under hypoxic conditions
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 1月
    Hepatol Res
  • 259

  • 看護師による肝硬変患者教室の有効性
  • 雑誌 / 共著 / 2011年12月
    久留米醫學會雜誌
  • / Vol.74 No.10-12 316-323
  • 260

  • Development of intrahepatic cholangiocarcinoma after a 14-year follow-up of a patient with primary sclerosing cholangitis and ulcerative colitis.
  • その他 / 共著 / 2011年12月
    Hepatol Res.
  • / Vol.41 No.12 1253-1259
  • 261

  • 座談会:肝細胞癌治療における背景肝病変の意義
  • その他 / 共著 / 2011年12月
    The LIVER CANCER JOURNAL
  • / Vol.3 No.4 13-24
  • 262

  • 検査前捕食による肝硬変患者の栄養状態およびQOLの改善効果
  • その他 / 共同発表 / 2011年12月
    第39回 日本肝臓学会西部会
  • 263

  • Sustained Upregulation of HIF-1α by Hepatitis C Virus Core Protein Augments VEGF and Bcl-xL Expressions in Hepatocellular Carcinoma Cells under Hypoxic Condition.
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases: The Liver Meeting 2011
  • 264

  • Total and high molecular weight adiponectin and hepatocellular carcinoma with HCV infection.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年11月
    PLoS One
  • / Vol.6
  • 265

  • Quick and simple method for increasing the reduced albumin fraction in human serum albumin preparations by using stronger neo-minophagen C
  • 雑誌 / 共著 / 2011年11月
    Hepatol Res
  • / Vol.41 1120-1125
  • 266

  • Total and High Molecular Weight Adiponectin and Hepatocellular Carcinoma with HCV infection.
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases: The Liver Meeting 2011
  • 267

  • 総/高分子アディポネクチン濃度とHCV関連肝細胞癌
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    JDDW2011 Fukuoka
  • 268

  • HCV関連肝細胞癌と糖尿病治療薬の関連
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    JDDW2011 Fukuoka
  • 269

  • アルブミン製剤のレドックス状態:肝硬変症における臨床効果への影響と製剤還元法
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    JDDW2011 Fukuoka
  • 270

  • Use of HOMA-IR in hepatitis C
  • その他 / 共著 / 2011年10月
    J Viral Hepat
  • / Vol.18 No.10 675-684
  • 271

  • C型慢性肝疾患におけるGLP-1とDPP-4の動態と肝細胞GLP-1シグナル伝達機構
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    JDDW2011 Fukuoka
  • 272

  • 慢性肝疾患患者におけるBCAA・亜鉛含有食品のインスリン抵抗性改善効果
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    JDDW2011 Fukuoka
  • 273

  • 分岐鎖アミノ酸(BCAA)・亜鉛含有食品が味覚感度に及ぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    JDDW2011 Fukuoka
  • 274

  • 非B非C肝硬変の実態調査
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    JDDW2011 Fukuoka
  • 275

  • Meta-analysis: insulin resistance and sustained virological response in hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 8月
    Aliment Pharmacol Ther
  • / Vol.34 No.3 297-305
  • 276

  • 肝硬変に対する先進的治療 血小板減少への対策
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年 8月
    肝硬変のマネジメント改訂版  医薬ジャーナル
  • / 184-192
  • 277

  • 出雲スケールによる症状の把握がQOLの向上に有効であった、ギラン・バレー症候群寛解後の機能性胃腸障害(FGIDs)の一例
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第97回 日本消化器病学会九州支部例会 第91回 日本消化器内視鏡学会九州支部例会
  • 278

  • Data mining reveals complex interactions of risk factors and clinical feature profiling associated with the staging of non-hepatitis B virus/non-hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 6月
    Hepatol Res
  • / Vol.41 No.6 564-571
  • 279

  • 検査前捕食による肝硬変患者の栄養状態およびQOLの改善効果
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第97回日本消化器病学会九州支部例会、第91回日本消化器内視鏡学会九州支部例会
  • 280

  • A new method of muscle strength training for older adults by means of combined electrical stimulation and volitional contraction
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    16th International The World Confederation for Physical Therapy Congress
  • 281

  • 糖尿病治療薬とHCV関連肝細胞癌
  • その他 / 共著 / 2011年 6月
    第28回 犬山シンポジウム記録集
  • / 139-143
  • 282

  • 福岡県肝疾患診療連携拠点病院における取り組み
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第97回日本消化器病学会九州支部例会、第91回日本消化器内視鏡学会九州支部例会
  • 283

  • 近年のA型肝炎:臨床的特徴
  • その他 / 共著 / 2011年 5月
    日本臨牀
  • / Vol.69 No.4 566-569
  • 284

  • 消化器疾患患者における肥満の実態調査とBMIによる肥満診断の特徴
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    久留米醫學會雑誌
  • / Vol.74 No.3-5
  • 285

  • 肝癌・食道胃静脈瘤治療の栄養状態におよぼす影響-多周波数生体電気インピーダンス法を用いた評価-
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    久留米醫學會雑誌
  • / Vol.74 No.3-5
  • 286

  • Insulin resistance and chronic liver disease
  • その他 / 共著 / 2011年 5月
    World J Hepatol
  • / Vol.3 No.5 99-107
  • 287

  • Supplementation before endoscopic therapy for esophageal varices reduces mental stress in patients with liver cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    Hepatogastroenterology
  • / Vol.58 814-818
  • 288

  • Copper incorporation into ceruloplasmin is regulated by Niemann-Pick C1 protein
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    Hepatol Res
  • / Vol.41 No.5 484-491
  • 289

  • Periostin, a matrix protein, has potential as a novel serodiagnostic marker for cholangiocarcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    Oncol Rep.
  • / Vol.25 No.5 1211-6
  • 290

  • 分岐鎖アミノ酸・亜鉛含有栄養補助食品であるアミノフィール® の市販後全例追跡調査-有効性ならびに安全性の検討-
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    新薬と臨牀
  • / Vol.60 No.05 1046-1063
  • 291

  • Correlation of Kupffer cell function and hepatocyte function in chronic viral hepatitis evaluated with superparamagnetic iron oxide-enhanced magnetic resonance imaging and scintigraphy using technetium-99m-labelled galactosyl human serum albumin
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 4月
    Exp Ther Med
  • / Vol.2 607-613
  • 292

  • Hybrid training of voluntary and electrical muscle contractions decreased fasting blood glucose and serum interleukin-6 levels in elderly people: a pilot study
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 4月
    Appl Physiol Nutr Metab
  • / Vol.36 No.2 276-282
  • 293

  • Subjective global assessment is not sufficient to screen patients with defective hepatic metabolism.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 3月
    Nutrition.
  • / Vol.27 No.3 282-6
  • 294

  • 糖尿病治療薬と肝細胞癌
  • その他 / 共著 / 2011年 3月
    消化器内科
  • / Vol.52 No.3 327-330
  • 295

  • Evaluation of the mean and entropy of apparent diffusion coefficient values in chronic hepatitis C: correlation with pathologic fibrosis stage and inflammatory activity grade.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 3月
    Radiology
  • / Vol.258 No.3 739-48
  • 296

  • 肝硬変患者に対する疾患・栄養療法・生活習慣認知からみた患者教室の有効性
  • その他 / 共同発表 / 2011年 2月
    第26回 日本静脈経腸栄養学会
  • 297

  • 肝疾患患者の検査前捕食に関するアンケート調査
  • その他 / 共同発表 / 2011年 2月
    第26回 日本静脈経腸栄養学会
  • 298

  • Hybrid-training of voluntary and electrical muscle contractions reduces steatosis, insulin resistance and IL-6 levels in patients with NAFLD
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 2月
    J Gastroenterol
  • / Vol.46 No.6 746-57
  • 299

  • 消化器疾患患者における肥満の実態調査
  • その他 / 共同発表 / 2011年 2月
    第26回 日本静脈経腸栄養学会
  • 300

  • Serum level of free fatty acids is associated with nocturnal hypoglycemia in cirrhotic patients with HCV infection: a pilot study
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 1月
    Hepatogastroenterology
  • / Vol.58 103-108
  • 301

  • 主観的包括的評価による栄養障害を示す消化器疾患患者のスクリーニング効果
  • その他 / 共同発表 / 2011年 1月
    第14回 日本病態栄養学会年次学術集会
  • 302

  • Branched-chain amino acids as pharmacological nutrients in chronic liver disease
  • その他 / 共著 / 2011年
    Hepatology
  • / Vol.54 1063-1070
  • 303

  • Taste Alteration in Palliative Care
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年
    DIET and NUTRITION in PALLIATIVE CARE CRC Press
  • / 215-221
  • 304

  • 宇宙医学用に開発された“ハイブリッド訓練システム”の脂肪肝改善効果
  • その他 / 共著 / 2011年
    アルコールと医学生物学
  • / Vol.30 133-135
  • 305

  • Development of intrahepatic cholangiocarcinoma after a 14-year follow-up of a patient with primary sclerosing cholangitis and ulcerative colitis
  • その他 / 共著 / 2011年
    Hepatol Res
  • / Vol.41 1253-1259
  • 306

  • リーバクト
  • その他 / 共同発表 / 2010年12月
    肝胆膵
  • / Vol.61 No.6 1051-1059
  • 307

  • "ハイブリッド訓練システム”による非アルコール性脂肪性肝障害患者の脂肪肝・インスリン抵抗性・高IL-6血症に対する改善効果
  • その他 / 共同発表 / 2010年12月
    第17回 日本FES研究会学術講演会
  • 308

  • Branched-chain Amino Acid (BCAA) Treatment May Improve Insulin Resistance by Elevating Circulating Levels of Pigment Epithelium-derived Factor (PEDF) in Cirrhotic Patients with HCV Infection
  • その他 / 共同発表 / 2010年11月
    The 61st Annual Meeting of the American Association for the Study of the Liver Disease: The Liver Meeting 2010
  • 309

  • Data Mining Revealed Clinical Feature Profiling Associated with Staging of non HBV- and non HCV-related Hepatocellular Carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2010年11月
    The 61st Annual Meeting of the American Association for the Study of the Liver Disease: The Liver Meeting 2010
  • 310

  • 宇宙医学用に開発された“ハイブリッド訓練システム”によるNAFLD患者の脂肪肝・インスリン抵抗性・高IL-6血症に対する改善効果
  • その他 / 共同発表 / 2010年11月
    第30回 アルコール医学生物学研究会学術集会(JASBRA)
  • 311

  • Periostin, a Matrix Protein, is a Novel Serodiagnostic Marker for Cholangiocarcinom
  • その他 / 共同発表 / 2010年11月
    The 61st Annual Meeting of the American Association for the Study of the Liver Disease: The Liver Meeting 2010
  • 312

  • 慢性肝疾患における肝発癌に関わる栄養学的因子の検討:多施設共同研究
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    JDDW(第14回 日本肝臓学会)
  • 313

  • Hybrid-Training of Voluntary and Electrical Muscle Contractions Improves Nonalcoholic Fatty Liver Disease and Reduces Insulin Resistance and Interleukin-6 Levels
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    The 61st Annual Meeting of the American Association for the Study of the Liver Disease: The Liver Meeting 2010
  • 314

  • 慢性肝疾患における酸化型アルブミンと体水分貯留との関連
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    JDDW (第14回 日本肝臓学会)
  • 315

  • C型肝炎における Glucagon-like peptide-1 と Dipeptidy1 peptidase IV の変化
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    JDDW (第14回 日本肝臓学会) 
  • 316

  • 主観的包括的評価による消化器疾患患者の栄養評価と栄養学的特徴
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    JDDW (第14回 日本肝臓学会)
  • 317

  • HCV関連肝細胞癌と糖尿病治療薬の関連
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    JDDW(第14回 日本肝臓学会)
  • 318

  • 非B非C肝癌の腫瘍病期に関わる因子の検討
  • その他 / 単独発表 / 2010年 9月
    第12回 九州肝癌研究会学術講演会
  • 319

  • Adipocytokine involvement in hepatocellular carcinoma after sustained response to interferon for chronic hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 9月
    Hepatology Research
  • / Vol.40 911-922
  • 320

  • 化学放射線療法中に経口栄養剤による栄養療法を必要とする食道癌患者の背景因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年 9月
    第2回 日本静脈経腸栄養学会九州支部学術集会
  • 321

  • 肝癌・食道胃静脈瘤治療の栄養状態におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2010年 9月
    第2回 日本静脈経腸栄養学会九州支部学術集会
  • 322

  • 薬物性肝障害:肝細胞障害型
  • その他 / 共著 / 2010年 9月
    肝・胆道系症候群(第2版)-その他の肝・胆道系疾患を含めて-
  • / 282-286
  • 323

  • 家族の勧めで摂取したレオピンファイブ®により肝細胞障害型薬物性肝障害を発症した1例
  • その他 / 共同発表 / 2010年 8月
    第290回九州地方会
  • / 23
  • 324

  • Assessment of anti-obese effect in obese patients with metabolic disorders
  • その他 / 共同発表 / 2010年 7月
    11th International Congress on Obesity
  • 325

  • Redox state of albumin is not associated with colloid osmotic pressure.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 7月
    Mol Med Rep
  • / Vol.3 685-687
  • 326

  • 糖尿病治療薬とC型肝炎ウイルス関連肝細胞癌
  • その他 / 共著 / 2010年 6月
    The LIVER CANCER JOURNAL
  • / Vol.2 No.2 61-67
  • 327

  • HCV core 蛋白とIL-6との協調的作用による肝細胞上皮間葉移行(EMT)の誘導
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    第46回 日本肝臓学会総会
  • / O-96
  • 328

  • インスリン抵抗性
  • その他 / 共著 / 2010年 5月
    臨床栄養
  • / Vol.116 No.6 643-647
  • 329

  • The Pathogenesis, Complications and Therapeutic Strategy for Hepatitis C Virus-associated Insulin Resistance in the Era of Anti-viral Treatment.
  • その他 / 共著 / 2010年 5月
    Rev Recent Clin Trials.
  • 330

  • Pathophysiological Role of Pigment Epithelium-Derived Factor (PEDF) in Hepatic Disorders.
  • その他 / 共著 / 2010年 5月
    Curr Med Chem.
  • / Vol.17 No.19 1995-2000
  • 331

  • Importance of hepatitis C virus-associated insulin resistance: therapeutic strategies for insulin sensitization
  • その他 / 共著 / 2010年 4月
    World Journal of Gastroenterology
  • / Vol.16 No.16 1943-1952
  • 332

  • Increasing muscle strength and mass of thigh in elderly people with the hybrid-training method of electrical stimulation and volitional contraction.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 4月
    Tohoku J Exp Med
  • / Vol.221 77-85
  • 333

  • Aminofeel improves the sensitivity to taste in patients with HCV-infected liver disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 4月
    Med Sci Monit.
  • / Vol.16 No.4 PI7-12
  • 334

  • Structure-function relationships of PEDF.
  • その他 / 共著 / 2010年 4月
    Curr Mol Med
  • / Vol.10 No.3 302-311
  • 335

  • Association of exogenous insulin or sulphonylurea treatment with an increased incidence of hepatoma in patients with hepatitis C virus infection.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 3月
    Liver Int
  • / Vol.30 No.3 479-486
  • 336

  • 化学放射線療法中に経口栄養剤による栄養療法を必要とする食道癌患者の背景因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年 2月
    第25回 日本静脈経腸栄養学会
  • / O-242
  • 337

  • 肝細胞癌・食道胃静脈瘤治療の栄養状態におよぼす影響〜多周波数生体電気インピーダンス法を用いた評価〜
  • その他 / 共同発表 / 2010年 2月
    第25回 日本静脈経腸栄養学会
  • / O-047
  • 338

  • Pigment Epithelium-Derived Factor Inhibits Lysosomal Degradation of Bcl-xL and Apoptosis in HepG2 cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 1月
    Am J Pathol
  • / Vol.176 No.1 168-176
  • 339

  • 質的肥満患者における体重変化と体組成変化との相関
  • その他 / 共同発表 / 2010年 1月
    第13回 日本病態栄養学会年次学術集会
  • / O-81
  • 340

  • 肝硬変の栄養治療
  • その他 / 共著 / 2010年
    アミノレバンEN配合剤資料
  • / 1-4
  • 341

  • 検査前捕食によるQOLの改善効果
  • その他 / 単著 / 2010年
    第29回 食事療法学会ランチョンセミナー記録集
  • 342

  • アメリカ肝臓病学会第60回年次総合リポート 独創性に富む研究
  • その他 / 単著 / 2010年
    Hepatoday
  • / Vol.22 No.3-5
  • 343

  • C型慢性肝疾患患者における疾患進行程度と栄養摂取状況
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    日本病態栄養学会誌
  • / Vol.13 No.1 41-47
  • 344

  • Oxidized albumin is associated with water retention and severity of disease in patients with chronic liver diseases.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    e-SPEN, the European e-Journal of Clinical Nutrition and Metabolism
  • / Vol.5 247-253
  • 345

  • 肝疾患患者に対する栄養指導のコツ
  • その他 / 単著 / 2010年
    第13回 日本病態栄養学会年次学術集会ランチョンセミナー記録集
  • 346

  • 無重力状態での筋萎縮予防法“ハイブリッド訓練”の非アルコール性脂肪性肝障害に対する効果
  • その他 / 共同発表 / 2009年12月
    第38回 日本肝臓学会西部会
  • / O-132
  • 347

  • 無重力状態での筋萎縮予防法“ハイブリッド訓練”の非アルコール性脂肪性肝障害に対する効果
  • その他 / 共同発表 / 2009年12月
    第38回 日本肝臓学会西部会
  • / P-117
  • 348

  • フォン・レックリングハウゼン病患者に発症した悪性抹消神経鞘腫の肝転移病変が経皮的ラジオ波燃灼療法で局所制御可能であった一例
  • その他 / 共同発表 / 2009年12月
    第38回 日本肝臓学会西部会
  • / P-35
  • 349

  • 潰瘍性大腸炎を合併する原発性硬化性胆管炎の経過観察14年目に胆管細胞癌を発症した一若年症例
  • その他 / 共同発表 / 2009年12月
    第38回 日本肝臓学会西部会
  • / P-117
  • 350

  • 栄養指導を必要とする肝硬変患者の背景因子についての検討
  • 雑誌 / 共著 / 2009年11月
    日本病態栄養学会誌
  • / Vol.12 No.4 353-358
  • 351

  • 無重力状態における筋萎縮予防“ハイブリッド訓練”の非アルコール性脂肪性肝障害に対する効果
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    第13回 日本肝臓学会大会
  • 352

  • Branched-chain amino acids and pigment epithelium-derived factor: novel therapeutic agents for hepatitis c virus-associated insulin resistance.
  • その他 / 共著 / 2009年10月
    Curr Med Chem
  • / Vol.16 No.36 4843-4857
  • 353

  • Knowledge of Vibrio vulnificus infection among Japanese patients with liver diseases: a prospective multicenter study.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年10月
    Med Sci Monit.
  • / Vol.15 No.10 PH115-120
  • 354

  • ウイルス性慢性肝疾患における酸化型アルブミンと体水分貯留及び肝疾患重症度との関連
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    第13回 日本肝臓学会大会
  • / 肝P-217
  • 355

  • Pigment Epithelium-deribed factor suppresses apoptosis through lysosomal degradation of Bcl-xL in HepG2 cells
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases
  • 356

  • 消化管ホルモンGLP-1ミメティクス“exenatide”の不死化ヒト肝細胞の糖取り込み能におよぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    第51回 日本消化器病学会大会
  • / 消P-496
  • 357

  • 肝疾患患者を対象とした握力による栄養状態のスクリーニング
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    第13回 日本肝臓学会大会
  • / 肝W11-4追1
  • 358

  • 質的肥満患者における生活指導後の体組成変化の特徴
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    第32回筑後地区輸液栄養NST研究会
  • 359

  • 当院肝疾患症例における入院中血清御アルブミン濃度低下に関わる因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    第32回 筑後地区輸液栄養NST研究会
  • 360

  • 化学放射線療法中に経口栄養剤による栄養療法を必要とする食道癌患者
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    第32回 筑後地区輸液栄養NST研究会
  • 361

  • 肝疾患とインスリン抵抗性
  • その他 / 共著 / 2009年 9月
    日本医師会雑誌
  • / Vol.138 No.6 1100-1100
  • 362

  • 検査前捕食による肝硬変患者の栄養状態およびQOLの改善効果
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    第32回 筑後地区輸液栄養NST研究会
  • 363

  • 検査前捕食による肝硬変患者さんの絶食ストレスの軽減効果
  • その他 / 単著 / 2009年 9月
    メディカル朝日
  • / Vol.38 No.9 2-6
  • 364

  • 検査前補食の安全性およびストレスと栄養状態の改善効果
  • その他 / 共著 / 2009年 9月
    消化器科
  • / Vol.49 No.3 258-261
  • 365

  • 糖尿病治療薬が肝発癌の危険因子になる可能性
  • その他 / 共著 / 2009年 8月
    消化器科
  • / Vol.49 No.2 186-189
  • 366

  • Branched-chain amino acids and pigment epithelium-derived factor: novel therapeutic agents for hepatitis c virus-associated insulin resistance.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 7月
    Curr Med Chem.
  • / Vol.16 No.36 4843-4857
  • 367

  • Thrombocytopenia, an Important Interfering Factor of Antiviral Therapy and Hepatocellilar Carcinoma Treatment for Chronic Liver Diseases.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 7月
    Kurume Med J
  • / Vol.56 9-15
  • 368

  • 無重力状態における筋萎縮予防“ハイブリッド訓練”の非アルコール性脂肪性肝障害に対する効果
  • その他 / 単独発表 / 2009年 6月
    第24回 日本消化器病学会九州支部例会
  • 369

  • Characterization of the light chain-restricted clonal B cells in peripheral blood of HCV-positive patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 5月
    Int J Hematol.
  • / Vol.89 No.4 452-459
  • 370

  • C型慢性肝疾患患者のインスリン抵抗性およびアンモニア代謝におよぼすANOM®の影響
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 5月
    静脈経腸栄養
  • / Vol.24 No.4 57-62
  • 371

  • Branched-chain ammino acid supplements reduced ascites and increased the quality of life in a patient with liver cirrhosis: A case report.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 4月
    Mol Med Rep
  • / Vol.2 977-981
  • 372

  • Heating improves poor compliance with branched chain amino acid-rich supplementation in patients with liver cirrhosis: A before-after pilot study.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 4月
    Mol Med Rep
  • / Vol.2 983-987
  • 373

  • USE OF EXOGENOUS INSULIN OR SULFONYLUREA ASSOCIATED WITH AN INCREASED INCIDENCE OF HEPATOCELLULAR CARCINOMA IN PATIENTS WITH HEPATITIS C VIRUS INFECTION
  • その他 / 共同発表 / 2009年 4月
    Journal of Hepatology, 2009 European Association for the Study of the Liver
  • / Vol.50 No.a S291
  • 374

  • Leukocytapheresis Therapy Improved Cholestasis in a Patient Suffering from Primary Sclerosing Cholangitis with Ulcerative Colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    Case Rep Gastroenterol
  • / Vol.3 77-83
  • 375

  • Clinical Benefits and Cost-Effectiveness of 17-Year Treatment with Low-Dose Interferon-alpha 2b in a Patient with Chronic Hepatitis C: A Case Report.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    Dig Dis Sci.
  • 376

  • 食道胃静脈瘤の内視鏡治療前補助の安全性とストレスに及ぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2009年 3月
    第34回 九州代謝・栄養研究会
  • / S3-4
  • 377

  • 肝硬変患者の栄養療法に関する理解と栄養介入の必要性-他施設調査を中心に-
  • その他 / 共同発表 / 2009年 1月
    日本病態栄養学会誌、第12回日本病態鋭意追う学会年次学術集会
  • / Vol.11 No.5 107
  • 378

  • 食道胃静脈瘤の内視鏡治療前補食の安全性とストレスに及ぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2009年 1月
    静脈経腸栄養、第24回日本静脈経腸栄養学会
  • / Vol.24 No.1 234
  • 379

  • 飽食時代における肝疾患進行度と骨格筋量および体脂肪量の変化
  • その他 / 共同発表 / 2009年 1月
    静脈経腸栄養、第24回日本静脈経腸栄養学会
  • / Vol.24 No.1 342
  • 380

  • Niemann-Pick C1 protein transports copper to the secretory compartment from late endosomes where ATP7B resides.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 1月
    Exp Cell Res.
  • / Vol.315 No.2 119-126
  • 381

  • Knowledge of Vibrio vulnificus infection among Japanese patients with liver diseases: a prospective multicenter study.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Med Sci Monit
  • / Vol.15 No.10 115-120
  • 382

  • あなたならどう考える?NSTの現場から 咽頭癌、肝癌を合併した患者に一貫して栄養管理に携わった経験
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    臨床栄養
  • / Vol.114 506-509
  • 383

  • Branched-chain amino acids and pigment epithelium-derived factor: novel therapeutic agents for hepatitis C virus-associated insulin resistance.
  • その他 / 共著 / 2009年
    Curr Med Chem
  • / Vol.16 No.36 4843-4857
  • 384

  • Supplement improves nutrition and stresses caused by examination-associated fasting in patients with liver cirrhosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年12月
    Hepatol Res
  • / Vol.38 No.12 1178-85
  • 385

  • Switching in discoid domain receptor expressions in SLUG-induced epithelial-mesenchymal transition.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年11月
    Cancer
  • / Vol.15 No.113 2823-2831
  • 386

  • Body cell mass is a useful parameter for assessing malnutrition and severity of disease in non-ascitic cirrhotic patients with hepatocellular carcinoma or esophageal varices.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年11月
    Int J Mol Med
  • / Vol.22 No.5 589-94
  • 387

  • Kupffer cell function in nash patients:Correlation between spio-mri and histopathological findings.
  • その他 / 共同発表 / 2008年11月
    59th Annual Meeting of The American Association for the Study of Liver Diseases
  • 388

  • Use of exogenous insulin or sulfonylureas is a potential risk factor for heptocellular carcinoma in hepatitis C patients with diabetes mellitus.
  • その他 / 共同発表 / 2008年11月
    59th Annual Meeting of The American Association for the Study of Liver Diseases
  • 389

  • Decreased active glucagon-like peptide-1 and increased dipeptidyl peptidase-4 expression in patients with HCV-related insulin resistance.
  • その他 / 共同発表 / 2008年11月
    59th Annual Meeting of The American Association for the Study of Liver Diseases
  • 390

  • 糖尿病治療薬が肝発癌の危険因子になる可能性
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第16回 日本消化器関連学会週間(DDW-Japan)
  • 391

  • 肥満者に対する生活指導後の体組成変化と体重変化の相関についての検討
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第29回 日本肥満学会
  • 392

  • Glucagon-like peptide-1 のC型肝炎ウイルス感染症に伴う耐糖能異常での変化
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第29回 日本肥満学会
  • 393

  • Niemann-Pick C1蛋白の関与する銅の輸送とATP7Bの局在
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第40回 日本臨床分子形態学会
  • 394

  • 検査前捕食の安全性およびストレスと栄養状態の改善効果
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第16回 日本消化器関連学会週間(DDW-Japan)
  • 395

  • 内視鏡的食道静脈瘤治療前の絶食について
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第76回 日本消化器内視鏡学会総会
  • 396

  • C型肝炎ウイルスによるインスリン抵抗性発症の機序
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第29回 日本肥満学会
  • 397

  • PLASMA ACYL GHRELIN REPRESENTS A DIFFERENCE OF NUTRITIONAL METABOLISM BETWEEN CROHN'S DISEASE AND ULCERATIVE COLITIS
  • その他 / 2008年 9月
    Clinical Nutrition Supplements, 30th Congress of ESPEN
  • / Vol.3 73
  • 398

  • 急性肝炎の治療
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 8月
    からだの化学
  • / Vol.258 107-109
  • 399

  • Branched-chain amino acid-enriched supplementation improves insulin resistance in patients with chronic liver disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 7月
    Int J Mol Med
  • / Vol.22 No.1 105-112
  • 400

  • HCV感染症における耐糖能異常と糖代謝関連消化管ホルモン;Glucagon-like peptide-1の動態
  • その他 / 共同発表 / 2008年 6月
    第91回日本消化器病学会九州支部例会、第85回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 401

  • HCVあるいはHBV感染者における歯科治療時の自己申告調査
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 6月
    感染症誌
  • / Vol.82 No.3 213-219
  • 402

  • Mdm2およびIGF-I receptor発現量と肝細胞癌の悪性化
  • その他 / 共同発表 / 2008年 6月
    第44回 日本肝臓学会総会
  • 403

  • Niemann-Pick C1蛋白により銅は後期エンドゾームから蛋白分泌経路へ輸送される
  • その他 / 共同発表 / 2008年 6月
    第44回 日本肝臓学会総会
  • 404

  • HBV and HCV infection in Japanese dental care workers.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 6月
    Int J Mol Med.
  • / Vol.21 No.6 791-799
  • 405

  • Niemann-Pick C1 proteinを介した銅のセルロプラスミンへの輸送機構
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    第12回 ウイルソン病研究会学術集会
  • 406

  • Niemann-pick C1 protein transports copper to the secretary compartment from late endosomes where Atp7b resides
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    Digestive Disease Week 2008
  • 407

  • 7年間の怠薬後に治療再開するも急速に肝不全へ進行した成人Wilson病の一例
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    第12回 ウイルソン病研究会学術集会
  • 408

  • ハイブリッド訓練法が身体に与える影響を血液生化学検査と体組成から考える
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    第43回 日本理学療法学術大会
  • 409

  • Oxidized albumin is associated with water retention and severity of disease in patients with liver cirrhosis
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    Digestive Disease Week 2008
  • 410

  • Q56 海外旅行に行くのですが、ウイルス性肝炎の予防接種は必要ですか?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 4月
    患者さんの質問に答える  慢性肝疾患診療 南山堂
  • / 183-185
  • 411

  • Q57 ウイルス性肝炎のワクチンはないのですか?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 4月
    患者さんの質問に答える  慢性肝疾患診療 南山堂
  • / 186-187
  • 412

  • Q8 シカやイノシシの生肉を食べると肝炎になるという記事を読みました。好物なのですが肝炎にかからぬようにワクチンを打っていただけますか?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 4月
    患者さんの質問に答える  慢性肝疾患診療 南山堂
  • / 26-27
  • 413

  • AN ASSOCIATION BETWEEN USE OF SULFONYLUREAS OR EXOGENOUS INSULIN AND THE PRESENCE OF HEPATOCELLULAR CARCINOMA IN HEPATITIS C PATIENTS WITH DIABETES MELLITUS
  • その他 / 共同発表 / 2008年 4月
    The 43rd Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver
  • 414

  • 検査前補食による肝硬変患者の栄養状態およびQOLの改善効果
  • その他 / 共同発表 / 2008年 3月
    第33回九州代謝・栄養研究会
  • 415

  • 肝硬変患者の日常生活指導-アンケート調査による実態調査-
  • その他 / 共同発表 / 2008年 3月
    第33回九州代謝・栄養研究会
  • 416

  • 体成分分析装置(InBody)を用いたC型慢性肝炎肝疾患患者の体組成の検討
  • その他 / 共同発表 / 2008年 3月
    第33回九州代謝・栄養研究会
  • 417

  • 肝疾患患者の栄養スクリーニングに対する新たなアプローチ
  • その他 / 共同発表 / 2008年 3月
    第33回 九州代謝・栄養研究会
  • 418

  • Altered expression of glucagon-like peptide-1 and dipeptidyl peptidase IV in patients with HCV-related glucose intolerance.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 2月
    J Gastroenterol Hepatol.
  • 419

  • Mutation in keratin 18 induces mitochondrial fragmentation in liver-derived epithelial cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 2月
    Biochem Biophys Res Commun.
  • / Vol.367 No.1 33-40
  • 420

  • 肝硬変患者の日常生活指導-アンケート調査による実態調査-
  • その他 / 共同発表 / 2008年 2月
    第23回日本静脈経腸栄養学会
  • / Vol.23 No.55 319
  • 421

  • 検査前補食による肝硬変患者の栄養状態およびQOLの改善効果
  • その他 / 共同発表 / 2008年 2月
    第23回日本静脈経腸栄養学会
  • / Vol.23 No.55 178
  • 422

  • 肝疾患患者の栄養スクリーニングに対する新たなアプローチ
  • その他 / 共同発表 / 2008年 2月
    第23回 日本静脈経腸栄養学会
  • / Vol.23 No.55 188
  • 423

  • 栄養管理計画書の改良-多職種共同による栄養管理計画書の策定-
  • その他 / 共同発表 / 2008年 2月
    第23回日本静脈経腸栄養学会
  • / Vol.23 No.55 189
  • 424

  • 体組成計を用いた食道静脈瘤治療に伴う体重変化の検討 -より良い栄養パスを目指して-
  • その他 / 共同発表 / 2008年 1月
    日本医療マネジメント学会 第8回福岡地方会
  • 425

  • 体成分分析装置(InBody)を用いたC型肝硬変患者の体組成の検討
  • その他 / 共同発表 / 2008年 1月
    第11回 日本病態栄養学会年次学術集会
  • 426

  • C型慢性肝疾患患者における肥満と穀類摂取の関連性について
  • その他 / 共同発表 / 2008年 1月
    第11回 日本病態栄養学会年次学術集会
  • 427

  • 門脈圧亢進症と栄養管理
  • その他 / 共著 / 2007年12月
    日本門脈圧亢進症学会雑誌
  • / Vol.13 No.4 240-244
  • 428

  • Branched-chain amino acids improve insulin resistance in patients with hepatitis C virus-related liver disease: report of two cases.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年11月
    Liver Int.
  • / Vol.27 No.9 1287-1292
  • 429

  • 体組成計を用いた肝疾患の重症度評価
  • その他 / 共同発表 / 2007年10月
    第15回 日本消化器関連学会週間(JDDW 2008)
  • 430

  • 体組成を視標とした肥満患者に対する生活指導効果の評価
  • その他 / 共同発表 / 2007年10月
    第15回 日本消化器関連学会週間(JDDW 2008)
  • 431

  • Clearance of HCV improves glucose metabolisms and up-regulates hepatic expression of insulin receptor substrates
  • その他 / 共同発表 / 2007年 9月
    The 6th JSH Single Topic Conference
  • 432

  • Body cell mass estimated by DSM-BIA is a possible parameter for disease severity in patients with liver cirrhosis
  • その他 / 共同発表 / 2007年 9月
    The 6th JSH Single Topic Conference
  • 433

  • Significance of glucose intolerance and SHIP2 expression in hepatocellular carcinoma patients with HCV infection.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 9月
    Oncol Rep.
  • / Vol.18 No.3 545-552.
  • 434

  • Down-regulation of glucagon-Like peptide-1 in patients with HCV-related glucose intolerance
  • その他 / 共同発表 / 2007年 9月
    The 6th JSH Single Topic Conference
  • 435

  • Keratin inclusions alter cytosolic protein localization in hepatocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 8月
    Hepatol Res.
  • / Vol.37 No.10 828-835.
  • 436

  • 薬物性肝炎
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 7月
    肝胆膵
  • / Vol.55 No.102 115-120
  • 437

  • Oxidative stress induces the endoplasmic reticulum stress and facilitates inclusion formation in cultured cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 7月
    J Hepatol.
  • / Vol.47 No.1 93-102.
  • 438

  • C型慢性肝疾患に伴うインスリン抵抗性の機序と意義
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 6月
    消化器科
  • / Vol.44 No.6 609-613
  • 439

  • ラミブジンのB型慢性肝炎における肝細胞癌発生への影響
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 5月
    臨床消化器内科
  • / Vol.22 No.7 207-212
  • 440

  • 食事療法と分岐鎖アミノ酸顆粒製剤の就寝前投与にて血糖コントロールの改善を認めた肝硬変症の1例
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    第277回 日本内科学会九州地方会
  • 441

  • 肝疾患の栄養療法とBCAA顆粒製剤の新たな可能性
  • その他 / 単著 / 2007年 5月
    メディカル朝日
  • / Vol.36 No.5 2-7
  • 442

  • Eradication of HCV Improves Hepatic Expression of Insulin Receptor Substrate 1/2 and Insulin Resistance
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    Digestive Disease Week-2007
  • 443

  • 検査前捕食による肝硬変患者の絶食ストレスの軽減効果
  • その他 / 共同発表 / 2007年 3月
    第32回 九州代謝・栄養研究会
  • 444

  • Clearance of HCV Improves Insulin Resistance, Beta-Cell Function, and Hepatic Expression of Insulin Receptor Substrate 1 and 2
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    Am J Gastroenterol.
  • / Vol.102 No.3 570-576.
  • 445

  • 肝疾患患者の主観的包括的評価の実態
  • その他 / 共同発表 / 2007年 3月
    第32回 九州代謝・栄養研究会
  • 446

  • 体組成計を用いた食道静脈瘤治療に伴う体重変化の検討-より良い栄養パスを目指して-
  • その他 / 共同発表 / 2007年 2月
    第22回 日本静脈経腸栄養学会
  • 447

  • 肝疾患患者の主観的包括的評価の実態
  • その他 / 共同発表 / 2007年 2月
    第22回 日本静脈経腸栄養学会
  • 448

  • 検査前補食による肝硬変患者の絶食ストレスの軽減効果
  • その他 / 共同発表 / 2007年 2月
    第22回 日本静脈経腸栄養学会
  • 449

  • C型肝炎ウイルスによって引き起こされる肝外病変の検討-とくにHCVキャリアに対する大規模な疫学調査-
  • その他 / 共著 / 2007年
    財団法人臨床研究奨励基金 年報
  • / Vol.20 44-48
  • 450

  • 第3章  診断
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年
    新しい診断と治療のABC 44 /消化器6 -肝硬変-
  • / No.44 43-49
  • 451

  • C型慢性肝炎とインスリン抵抗性
  • 雑誌 / 単著 / 2007年
    Clinical Exchange Program 2006
  • / 8
  • 452

  • 主な疾病と診療-ウイルス肝炎-
  • その他 / 共著 / 2006年11月
    臨床病態学№2
  • / 101-112
  • 453

  • 小胞体ストレスと細胞内凝集体形成との関わり
  • その他 / 共同発表 / 2006年11月
    第3回 酸化ストレスと肝研究会
  • 454

  • C型肝炎ウイルス(HCV)感染をともなう耐糖能異常の機序と意義
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    第14回 日本消化器関連学会週間(DDW-Japan) 
  • 455

  • 病態生理の基礎的・臨床的研究の進歩 肝炎ウイルス研究の進歩 HCV感染とインスリン抵抗性
  • その他 / 共著 / 2006年10月
    医学のあゆみ
  • / 175-177
  • 456

  • 体組成計を用いた肝硬変患者の栄養評価
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    第14回 日本消化器関連学会週間(DDW-Japan)
  • 457

  • 糖代謝調節消化管ホルモン(GLP-1)のC型慢性肝炎における変化
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    第14回 日本消化器関連学会週間(DDW-Japan)
  • 458

  • 白血球除去治療が有効であったと考えられる潰瘍性大腸炎合併原発性硬化性胆管炎の1例
  • その他 / 共同発表 / 2006年 9月
    第15回自己免疫性消化器疾患研究会
  • 459

  • C型肝炎における酸化ストレス
  • その他 / 共著 / 2006年 8月
    カレントテラピー
  • / Vol.24 No.8 66
  • 460

  • C型肝炎ウイルス感染とインスリン抵抗性
  • その他 / 単著 / 2006年 7月
    MINOPHAGEN MEDICAL REVIEW
  • / Vol.51 No.4 67~69
  • 461

  • Branched-chain Amino acids supplementation complements conventional treatment for spontaneous bacterical peritonities.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 6月
    Dig Dis Sci.
  • / Vol.51 No.6 1057~1060
  • 462

  • Q8 シカやイノシシの生肉を食べると肝炎になるという記事を読みました。好物なのですが肝炎にかからぬようにワクチンを打っていただけますか?
  • 単行本 / 執筆協力 / 2006年 5月
    患者さんの質問に答える  慢性肝疾患診療 南山堂
  • / 25〜26
  • 463

  • Q53 海外旅行に行くのですが、ウイルス性肝炎の予防接種は必要ですか?
  • 単行本 / 執筆協力 / 2006年 5月
    患者さんの質問に答える  慢性肝疾患診療 南山堂
  • / 175〜177
  • 464

  • Body cell mass, a useful new marker assessing nutritional status and severity of disease in patients with liver cirrhosis
  • その他 / 共同発表 / 2006年 5月
    Digestive Disease Week-2006(The American Association for the Study of Liver Diseases)
  • 465

  • Q54 ウイルス性肝炎のワクチンはないのですか?
  • 単行本 / 執筆協力 / 2006年 5月
    患者さんの質問に答える  慢性肝疾患診療 南山堂
  • / 178〜179
  • 466

  • 栄養学的サポートが、特発性細菌性腹膜炎および肝不全からの離脱に有効であった一症例
  • その他 / 共同発表 / 2006年 5月
    第273回 日本内科学会九州地方会
  • 467

  • Endothelial progenitor cell transplantation improves the survival fllowing liver injury in mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 2月
    Gastroenterology
  • / Vol.130 No.2 521-531
  • 468

  • 検査のための絶食が患者に与えるストレスの検討
  • その他 / 共同発表 / 2006年 1月
    第21回 日本静脈経腸栄養学会
  • 469

  • 胃・食道静脈瘤治療パスにおける栄養を強化した食事療法の効果
  • その他 / 共同発表 / 2006年 1月
    第21回 日本静脈経腸栄養学会
  • 470

  • 温度調節による肝不全用経口栄養剤の摂取量改善効果
  • その他 / 共同発表 / 2006年 1月
    第21回 日本静脈経腸栄養学会
  • 471

  • 部位別直接測定インピーダンス法を用いた肝硬変患者の栄養評価
  • その他 / 共同発表 / 2006年 1月
    第21回 日本静脈経腸栄養学会
  • 472

  • C型肝炎ウイルス感染とインスリン抵抗性
  • 雑誌 / 単著 / 2006年
    MINOPHAGEN MEDICAL REVIEW
  • / Vol.51 No.4 67-69
  • 473

  • 実践  肝疾患の栄養療法-肝と栄養の会- 5 肝癌を合併している場合
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年
    南江堂
  • 474

  • Appearance-specific satiety increases appetite and quality of life in patients with metastatic liver tumor: a case report.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Kurume Med J.
  • / Vol.53 No.1-2 41-46.
  • 475

  • 肝疾患と栄養
  • その他 / 共著 / 2005年12月
    八女筑後医報  平成17年12月
  • / Vol.311 4〜9
  • 476

  • DOWN-REGULATED SH2-CONTAINING INOSITOL PHOSPHATASE(SHIP)-2 EXPRESSION IN HCC AND HYPRINSULINEMIA ARE INVOLVED IN PROGNOSIS OF MEN WITH HCV INFECTION
  • その他 / 共同発表 / 2005年11月
    56th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases
  • 477

  • Direct segmental multi-frequency bioelectric impedance assay を用いた肝硬変患者の栄養評価
  • その他 / 共著 / 2005年11月
    第36回 日本肝臓学会西部会
  • 478

  • THE MECHANISM OF ACCELATED LIVER GENERATION AFTER ENDOTHELIAL PORGENITOR CELL TRANSPLANTATION
  • その他 / 共同発表 / 2005年11月
    56th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases
  • 479

  • CLEARANCE OF HCV IMPROVES INSULIN RESISTANSE,BETA CELL FUNCTION,AND HEPATIC EXPRESSION OF INSULIN RECEPTOR SUBSTRATE 1 AND 2
  • その他 / 共同発表 / 2005年11月
    56th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases
  • 480

  • DOWN-REGULATED A GUT HORMONE, GLUCAGON-LIKE PEPTIDE-1, IN PATIENTS WITH HCV INFECTION
  • その他 / 共同発表 / 2005年11月
    56th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases
  • 481

  • 消化器疾患における栄養管理の位置づけ 食道静脈瘤治療および肝癌治療における栄養管理の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    第47回 日本消化器病学会大会、第70回日本消化器内視鏡学会総会、第36回日本消化吸収学会総会 合同 
  • 482

  • Extrahepatic manifestations and insulin resistance in an HCV hyperendemic area.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 8月
    Int J Mol Med
  • / Vol.16 No.2 291〜296
  • 483

  • Causal relationship between hepatitis C virus core and the development of type 2 diabetes mellitus in a hepatitis C virus hyperendemic area: A pilot study.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 7月
    Int J Mol Med.
  • / Vol.16 No.1 109-114
  • 484

  • PPARγ 過剰発現とPPARγ リガンドによる刺激は P27のmislocalization を是正する
  • その他 / 共同発表 / 2005年 6月
    第41回 日本肝臓学会総会
  • 485

  • Keratin-containing inclusions affect cell morphology and distribution of cytosolic cellular components.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 4月
    Exp Cell Res.
  • / Vol.304 No.2 471-482
  • 486

  • Overexpression of peroxisome proliferator-activated receptor γ and its ligand-mediated activation restore mislocalization of p27 Kip1 in hman hepatoma cells
  • その他 / 共同発表 / 2005年 4月
    96th Annual Meetinng of the American Association for Cancer Research(AACR)
  • / Vol.46 534
  • 487

  • A gut hormone, glucagon-like peptide-1, associated with HCV-induced insulin resistance
  • その他 / 共同発表 / 2005年 4月
    40th Annual Meetinng of the European Association for the Study of the Liver(EASL)
  • 488

  • The sprouty-related protein, spred, a novel therapeutic way for HCC
  • その他 / 共同発表 / 2005年 4月
    40th Annual Meetinng of the European Association for the Study of the Liver(EASL)
  • / Vol.42 143
  • 489

  • Cholestasis in a rat model of graft-versus-host disease is accompanied by alteration of the expression and distribution of tight-junction-associated proteins.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    Int J Mol Med.
  • / Vol.15 No.3 431-436
  • 490

  • Exacerbation of oral erosive lichen planus by combination of interferon and ribavirin therapy for chronic hepatitis C.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 2月
    Int J Mol Med.
  • / Vol.15 No.2 237-241
  • 491

  • The Wilson disease protein ATP7B resides in the late endosomes with Rab7 and the Niemann-Pick C1 protein.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 2月
    Am J Pathol.
  • / Vol.166 No.2 499-510
  • 492

  • Hepatitis C virus down-regulates insulin receptor substrates 1 and 2 through up-regulation of suppressor of cytokine signaling 3.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年11月
    Am J Pathol.
  • / Vol.165 No.5 1499-1508
  • 493

  • Causal relationship between hepatitis C virus infection and the development of type 2 diabetes mellitus in a hepatitis C virus hyperendemic area
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    Hepatology
  • / Vol.40 410A
  • 494

  • Intrahepatic insulin receptor substrate-1 expression recovers after restricted diet and exercise therapy in patients with nonalcoholic steatohepatitis
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    Hepatology
  • / Vol.40 586A
  • 495

  • Overexpression of peroxisome proliferator-activated receptor γ and its ligand-mediated activation restore mislocalization of p27KIP1 in human hepatoma cells
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    Hepatology
  • / Vol.40 370A
  • 496

  • Hepatitis C core down-regulates insulin receptor substrate (IRS) 1 and IRS2 through up-regulation of suppressor of cytokine signaling 3 in HEPG2 cells
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    Hepatology
  • / Vol.40 440A
  • 497

  • Severe hepatotoxicity associated with a N-nitrosofenfluramine-containing weight-loss supplement: report of three cases.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 3月
    J Gastroenterol Hepatol.
  • / Vol.19 No.3 349-350.
  • 498

  • Where is the site that ATP7B transports copper within hepatocytes?
  • 雑誌 / 共著 / 2003年12月
    Gastroenterology.
  • / Vol.125 No.6 1911
  • 499

  • Insulin resistance through down regulation of insulin receptor substrate (IRS) -1 and IRS-2 in patients with chronic hepatitis C virus infection
  • その他 / 共同発表 / 2003年11月
    Hepatology
  • / Vol.38 456A
  • 500

  • Increased hepatic fructose 2,6-bisphosphate after an oral glucose load does not affect gluconeogenesis.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 8月
    J Biol Chem.
  • / Vol.278 No.31 28427-28433
  • 501

  • Proteasome inhibition induces inclusion bodies associated with intermediate filaments and fragmentation of the Golgi apparatus.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 8月
    Exp Cell Res.
  • / Vol.288 No.1 60-69
  • 502

  • Unusual hyperbilirubinemia associated with bacterial pneumonia and acute myeloid leukemia.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 6月
    Hepatol Res.
  • / Vol.26 No.2 114-118
  • 503

  • Xylulose 5-phosphate mediates glucose-induced lipogenesis by xylulose 5-phosphate-activated protein phosphatase in rat liver.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 4月
    Proc Natl Acad Sci U S A.
  • / Vol.100 No.9 5107-5112
  • 504

  • Wilson disease protein ATP7B is localized in the late endosomes in a polarized human hepatocyte cell line.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 3月
    Int J Mol Med.
  • / Vol.11 No.3 293-298
  • 505

  • Tumor necrosis factor-alpha and interferon-gamma directly impair epithelial barrier function in cultured mouse cholangiocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 2月
    Liver Int.
  • / Vol.23 No.1 3-11
  • 506

  • Expression of uncoupling protein-2 in biliary epithelial cells in primary biliary cirrhosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年12月
    Liver
  • / Vol.22 No.6 451-458
  • 507

  • A cytokeratin mutation induces Golgi reorganization in liver-derived epithelial cell lines
  • その他 / 共同発表 / 2002年11月
    Hepatology
  • / Vol.36 240A
  • 508

  • Carbohydrate responsive element-binding protein (ChREBP): a key regulator of glucose metabolism and fat storage.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 6月
    Biochem Pharmacol.
  • / Vol.63 No.12 2075-2080.
  • 509

  • Abnormal accumulation in lipopolysaccharide in biliary epithelial cells of rats with self-filling blind loop.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 6月
    Int J Mol Med.
  • / Vol.9 No.6 621-626
  • 510

  • Carbohydrate responsive element-binding protein (ChREBP): a key regulator of glucose metabolism and fat storage.
  • その他 / 共著 / 2002年 6月
    Biochem Pharmacol.
  • / Vol.63 No.12 2075-2080
  • 511

  • Mechanism for fatty acid "sparing" effect on glucose-induced transcription: regulation of carbohydrate-responsive element-binding protein by AMP-activated protein kinase.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 2月
    J Biol Chem.
  • / Vol.277 No.6 3829-3835
  • 512

  • Expression of uncoupling protein-2 in biliary epithelial cells in primary biliary cirrhosis
  • その他 / 共同発表 / 2001年11月
    Hepatology
  • / Vol.34 No.4 372A
  • 513

  • Glucose and cAMP regulate the L-type pyruvate kinase gene by phosphorylation/dephosphorylation of the carbohydrate response element binding protein.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年11月
    Proc Natl Acad Sci U S A.
  • / Vol.98 No.24 13710-13715
  • 514

  • Regulation of energy metabolism in macrophages during hypoxia. Roles of fructose 2,6-bisphosphate and ribose 1,5-bisphosphate.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 7月
    J Biol Chem.
  • / Vol.276 No.30 28554-28561
  • 515

  • Autocrine motility factor enhances hepatoma cell invasion across the basement membrane through activation of beta1 integrins.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 7月
    Hepatology
  • / Vol.34 No.1 62-71
  • 516

  • Regulation of energy metabolism in macrophages during hypoxia. Roles of fructose 2,6-bisphosphate and ribose 1,5-bisphosphate.
  • 雑誌 / 2001年 7月
    J Biol Chem.
  • / Vol.276 No.30 28554-28561
  • 517

  • Alterations in tight junctions differ between primary biliary cirrhosis and primary sclerosing cholangitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 6月
    Hepatology
  • / Vol.33 No.6 1460-8
  • 518

  • TNF-α and IFN-γ affect on barrier functions of tight junction in immortalized mouse cholangiocytes
  • その他 / 共同発表 / 2001年 5月
    Gastroenterology
  • / Vol.120 No.5 A356
  • 519

  • Distribution of tight junction associated proteins, ZO-1, 7H6, and claudin-1, in regenerating rat liver
  • その他 / 共同発表 / 2001年 5月
    Gastroenterology
  • / Vol.120 No.5 A356
  • 520

  • Endotoxin increases paracellular permeability of isolated rat hepatocyte couplets.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 3月
    Hepatol Res.
  • / Vol.20 No.1 144-154
  • 521

  • A mutation of the Wilson disease protein, ATP7B, is degraded in the proteasomes and forms protein aggregates.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 3月
    Gastroenterology
  • / Vol.120 No.4 967-974
  • 522

  • Successful treatment for bronchial bleeding from invasive pulmonary metastasis of hepatocellular carcinoma: a case report.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 3月
    Hepatogastroenterology
  • / Vol.48 No.39 851-853
  • 523

  • Involvement of p21(WAF1/Cip1), p27(Kip1), and p18(INK4c) in troglitazone-induced cell-cycle arrest in human hepatoma cell lines.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 3月
    Hepatology
  • / Vol.33 No.5 1087-1097
  • 524

  • Regulation of energy metabolism in macrophages under hypoxia: Roles of fructose 2,6-bisphosphate and ribose 1,5-bisphosphate
  • その他 / 共同発表 / 2001年 3月
    Annual Meeting of The American Society of Biochemistry and Molecular Biology
  • 525

  • Relation of type II transforming growth factor-beta receptor to hepatic fibrosis and hepatocellular carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 1月
    Int J Oncol.
  • / Vol.18 No.1 49-55
  • 526

  • Copper does not alter the intracellular distribution of ATP7B in a human hepatoma cell line
  • その他 / 共同発表 / 2000年10月
    Hepatology
  • / Vol.32 No.4 413A
  • 527

  • Copper does not alter the intracellular distribution of ATP7B, a copper-transporting ATPase.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 9月
    Biochem Biophys Res Commun.
  • / Vol.275 No.3 871-876
  • 528

  • Cholestasis with altered structure and function of hepatocyte tight junction and decreased expression of canalicular multispecific organic anion transporter in a rat model of colitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 6月
    Hepatology
  • / Vol.31 No.6 1285-1295
  • 529

  • Mechanism of hepatoma cell invasion induced by autocrine motility factor (AMF)
  • その他 / 共同発表 / 2000年 6月
    Gastroenterology and Hepatology
  • / Vol.15 F109
  • 530

  • Troglitazone, a ligand for peroxisome proliferator-activated receptor-γ, inhibits cell cycle progression in human hepatoma cell lines
  • その他 / 共同発表 / 2000年 6月
    Gastroenterology and Hepatology
  • / Vol.15 F103
  • 531

  • Involvement of p21 WAF1/CIP1 and p27 KIP1 in troglitazone-induced cell cycle arrest in human hepatoma cell lines
  • その他 / 共同発表 / 2000年 5月
    Gastroenterology
  • / Vol.118 No.4 A909
  • 532

  • High prevalence of anticardiolipin antibodies and platelet-associated immunoglobulin G in hepatitis C virus infection
  • その他 / 共同発表 / 2000年 5月
    Gastroenterology
  • / Vol.118 No.4 A944
  • 533

  • Role of ATP7B in biliary copper excretion in a human hepatoma cell line and normal rat hepatocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 3月
    Gastroenterology
  • / Vol.118 No.5 921-928
  • 534

  • Ursodeoxycholic acid reduces expression of heat shock proteins in primary biliary cirrhosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 2月
    Liver
  • / Vol.2000 No.1 78-87
  • 535

  • High prevalence of anticardiolipin antibodies in hepatitis C virus infection: lack of effects on thrombocytopenia and thrombotic complications.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    J Gastroenterol.
  • / Vol.35 No.4 272-277
  • 536

  • Wilsons disease gene product ATP7B localizes in the late edosomes in a human hepatoma cell line and normal rat hepatocytes: Participation in biliary copper excretion
  • その他 / 共同発表 / 1999年11月
    Hepatology
  • / Vol.30 No.4 500A
  • 537

  • Role of vascular endothelial growth factor in liver regeneration after partial hepatectomy in rats
  • その他 / 共同発表 / 1999年11月
    Hepatology
  • / Vol.30 No.4 254A
  • 538

  • Budd-Chiari syndrome complicated by hepatocellular carcinoma with no evidence of infection with hepatitis virus: a case report.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年11月
    Hepatogastroenterology
  • / Vol.46 No.30 3237-3240
  • 539

  • Soy sauce induces hyperammonemia in patients with liver cirrhosis
  • その他 / 共同発表 / 1999年11月
    Hepatology
  • / Vol.30 No.4 396A
  • 540

  • Estrogen up-regulates nitric oxide synthase expression in hepatic sinusoidal endothelial cells
  • その他 / 共同発表 / 1999年11月
    Hepatology
  • / Vol.30 No.4 238A
  • 541

  • Hepatic fibrosis and hepatocarcinogenesis: Studies of transforming growth factor- β receptor II expression
  • その他 / 共同発表 / 1999年11月
    Hepatology
  • / Vol.30 No.4 256A
  • 542

  • Detection of hepatitis-C virus and hepatitis-C virus replication in hepatocellular carcinoma by in situ hybridization.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 4月
    Scand J Gastroenterol.
  • / Vol.34 No.4 432-438
  • 543

  • Expression of cyclooxygenase-2 in human hepatocellular carcinoma: relevance to tumor dedifferentiation.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 3月
    Hepatology
  • / Vol.29 No.3 688-696
  • 544

  • Different lobular distributions of altered hepatocyte tight junctions in rat models of intrahepatic and extrahepatic cholestasis.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 1月
    Hepatology
  • / Vol.29 No.1 205-216
  • 545

  • Different paracellular routes for bile regurgitation in primary biliary cirrhosis and primary sclerosing cholangitis
  • その他 / 共同発表 / 1998年11月
    Hepatology
  • / Vol.28 543A
  • 546

  • Alterations of hepatocyte tight junctions in a rat model of inflammatory bowel disease are prevented by polymyxin B
  • その他 / 共同発表 / 1998年11月
    Hepatology
  • / Vol.28 430A
  • 547

  • Autocrine motility factor stimulates β -1-integrin-mediated invasion of hepatoma cells
  • その他 / 共同発表 / 1998年11月
    Hepatology
  • / Vol.28 513A
  • 548

  • nvolvement of Fas ligand-expressing T lymphocytes in bile duct injury of primary biliary cirrhosis
  • その他 / 共同発表 / 1998年11月
    Hepatology
  • / Vol.28 543A
  • 549

  • Expression of vascular endothelial growth factor in hepatocytes of regenerating rat liver
  • その他 / 共同発表 / 1998年11月
    Hepatology
  • / Vol.28 179A
  • 550

  • Blood-bile barrier breaks down in rat model of inflammatory bowel disease
  • その他 / 共同発表 / 1998年 9月
    Digestion
  • / Vol.59 554
  • 551

  • Different paracellular routes for bile regurgitation in primary biliary cirrhosis and primary sclerosing cholangitis
  • その他 / 共同発表 / 1998年 9月
    The Second US-Japan Meeting on Autoimmune Liver Diseases
  • 552

  • Altered tight junction of biliary epithelial cells and hepatocytes in rat graft-versus-host disease
  • その他 / 共同発表 / 1998年 9月
    Digestion
  • / Vol.59 39
  • 553

  • Vascular endothelial growth factor in patients with rheumatoid arthritis.
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Scand J Rheumatol.
  • / Vol.27 No.5 377-380
  • 554

  • Reduced expression of cyclooxygenase-2 during development of hepatocellular carcinomas
  • その他 / 共同発表 / 1997年11月
    Hepatology
  • / Vol.26 457A
  • 555

  • Lobular heterogeneity of impaired hepatocyte tight junctions in rat models of intrahepatic and extrahepatic chlestasis
  • その他 / 共同発表 / 1997年11月
    Hepatology
  • / Vol.26 42A, 296A
  • 556

  • Biliary secretion of endotoxin and pathogenesis of primary biliary cirrhosis.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年 7月
    Yale J Biol Med.
  • / Vol.70 No.4 403-408
  • 557

  • Biliary secretion of endotoxin and pathogenesis of primary biliary cirrhosis.
  • その他 / 共著 / 1997年 7月
    Yale J Biol Med.
  • / Vol.70 No.4 403-408
  • 558

  • Replication of HCV in hepatocellular carcinoma cells detected by in situ hybridization
  • その他 / 共同発表 / 1997年 5月
    Gastroenterology
  • / Vol.112 A1356
  • 559

  • Evidence of increased paracellular permeability of biliary epithelial cells and hepatocytes in primary biliary cirrhosis (PBC)
  • その他 / 共同発表 / 1997年 5月
    Gastroenterology
  • / Vol.112 A1371
  • 560

  • Systemic sclerosis associated with diabetes insipidus.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年 1月
    Intern Med.
  • / Vol.36 No.1 73-76

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp