久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 井野  康の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • シンポジウム「Vascular teamによる重症虚血肢の治療」 重症虚血肢治療のためのVascular teamにおける形成外科医の役割
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    第55回日本脈管学会総会
  • 2

  • 重度骨盤骨折での動脈塞栓術(TAE)後に生じた殿筋壊死に対し、創内持続陰圧洗浄療法と局所陰圧閉鎖療法(V.A.C. ®システム)が有効であった2例.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 5月
    形成外科.
  • / Vol.57 No.5 561-568
  • 3

  • Panel「Idea&Innovation」 New Therapeutic Strategy for Gustilo Type ⅢB Open Fractures,using an Intra-wound Continous Negative Pressure Irrigation Treatment System.
  • その他 / 共同発表 / 2014年 5月
    The12th Korea-Japan Congress of Plastic & Reconstructive Surgery
  • 4

  • ミニシンポジウム「wound bed preparationの最前線」 感染創及び難治性皮膚潰瘍に対する創内持続陰圧洗浄療法の治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2014年 4月
    第57回日本形成外科学会 総会・学術集会
  • 5

  • 頭部に移植したペースト状人工骨上に生じた感染を筋弁移植と間欠的洗浄療法によって治癒し得た1例.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 1月
    創傷.
  • / Vol.5 No.1 39-44
  • 6

  • Push back手術の上顎発育と構音および鼻咽腔閉鎖機能への影響について.
  • 雑誌 / 単著 / 2014年 1月
    久留米醫學會雑誌.
  • / Vol.77 No.1 24-33
  • 7

  • パネルディスカッション「四肢重度外傷に対する治療戦略」 当院における四肢重度外傷に対する創内持続陰圧洗浄療法(IW-CONPIT)を用いた新しい治療戦略
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第40回日本マイクロサージャリー学会40周年記念学術集会
  • 8

  • 創内持続陰圧洗浄療法と局所陰圧閉鎖療法との組み合わせ治療の有用性について.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 8月
    創傷.
  • / Vol.4 No.3 163-169
  • 9

  • ミニシンポジウム「エキスパンダー:私の工夫とコツ」 エキスパンダーを安全かつ有効に用いるための我々の工夫
  • その他 / 共同発表 / 2013年 7月
    第5回日本創傷外科学会総会・学術集会
  • 10

  • パネルディスカッション「重度四肢外傷に対する治療選択」 当院におけるGustilo type 3B,Cを含む重度四肢外傷に対する治療戦略
  • その他 / 共同発表 / 2013年 5月
    第27回日本外傷学会
  • 11

  • ミニシンポジウム「唇裂における対称性を得るために」 唇裂術後変形における対称性とvolumeに留意した赤唇形態の三次元的修正術
  • その他 / 共同発表 / 2013年 4月
    第56回日本形成外科学会 総会・学術集会
  • 12

  • A Team Approach to the Management of Intractable Leg Ulcers.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 3月
    Annals of Vascular Diseases.
  • / Vol.6 No.1 39-45
  • 13

  • 組織拡張器を用いたUnfolded Cube Advancement Flap (Hammerhead Flap)による頭蓋顎顔面領域および四肢における広範囲皮膚欠損創の整容的再建.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年10月
    創傷.
  • / Vol.3 No.4 181-187
  • 14

  • パネルディスカッション「陰圧閉鎖療法の適応の拡大」 創内持続陰圧洗浄療法と局所陰圧閉鎖療法の組み合わせ治療の有用性について
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    第4回日本創傷外科学会
  • 15

  • Push back法の上顎発育および構音・鼻咽喉閉鎖機能への影響についての検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会
  • 16

  • A method for accurately designing flaps for use in reconstructive surgery of the oral and oropharyngeal region using surgical wire.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 4月
    J. Plast. Reconstr. & Aesthetic Surg.
  • / Vol.65 No.4 536-538
  • 17

  • 「連載/専門医取得に必要な形成外科手技—口頭試問への対策24症例」 第1回耳下腺腫瘍. 
  • その他 / 共著 / 2012年 1月
    形成外科. 
  • / Vol.55 No.1 67-73
  • 18

  • チーム医療による難治性足潰瘍の治療成績の検討. 
  • 雑誌 / 共著 / 2011年12月
    日本血管外科学会雑誌.
  • / Vol.20 No.7 913-920
  • 19

  • Treatment strategies for refractory pulmonary fistulae using a latissimus dorsi muscle flap.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 8月
    J. Plast. Reconstr. & Aesthetic Surg.
  • / Vol.64 No.8 1014-1021
  • 20

  • シェーグレン症候群を合併した難治性熱傷の1例.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 3月
    熱傷.
  • / Vol.36 No.1 52-61
  • 21

  • 広範囲腹壁瘢痕ヘルニアに対する自家組織移植による再建—当科における治療戦略—..
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 9月
    日本形成外科学会会誌
  • / Vol.29 No.9 526-533
  • 22

  • A New Modified Forked Flap With Subcutaneous Pedicles for Adult Cases of Bilateral Cleft Lip Nasal Deformity: From Normalization to Aesthetic Improvement.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 9月
    J. Craniofac. Surg.
  • / Vol.19 No.5 1374-1380
  • 23

  • 再建血管を移植床血管とした膝部悪性腫瘍切除後広範囲欠損の再建. 
  • 雑誌 / 共著 / 2007年12月
    日本マイクロサージャリー学会会誌. 
  • / Vol.20 No.4 426-432
  • 24

  • シリコンプロテーゼによる漏斗胸手術の問題点とその適応.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年11月
    日本形成外科学会会誌
  • / Vol.26 No.11 701ー710

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp