久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 工藤 博司の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Large blood pressure variability aggravates arteriolosclerosis and cortical sclerotic changes in the kidney in hypertensive rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 9月
    Circ J
  • / Vol.78 No.9 2284-2291
  • 2

  • Molecular mechanism of aggravation of hypertensive organ damages by short-term blood pressure variability.
  • その他 / 共著 / 2014年
    Curr Hypertens Rev
  • / Vol.10 No.3 125-133
  • 3

  • Blood pressure variability activates cardiac mineralocorticoid receptor and induces cardiac remodeling in hypertensive rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    Circ J
  • / Vol.77 No.6 1474-1481
  • 4

  • CCB単剤で降圧しない場合、増量か併用か?併用は何がベストか?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    「臨床高血圧ワークブック エビデンスを越えた次の一手」医薬ジャーナル社
  • / 69-82
  • 5

  • 運動負荷試験により心室頻拍を起こした1症例
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 5月
    心臓
  • / Vol.44 No.5 574-580
  • 6

  • Enhanced cardiac inflammation and fibrosis in ovariectomized hypertensive rats : a possible mechanism of diastolic dysfunction in postmenopausal women-
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 4月
    Hypertens Res
  • / Vol.34 No.4 496-502
  • 7

  • Simvastatin prevents large blood pressure variability induced aggravation of cardiac hypertrophy in hypertensive rats by inhibiting RhoA/Ras-ERK pathways.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 3月
    Hypertens Res
  • / Vol.34 No.3 341-347
  • 8

  • 血圧変動による臓器障害の機序:原因か結果か?
  • その他 / 共著 / 2011年 1月
    動脈硬化予防
  • / Vol.9 No.4 61-66
  • 9

  • カルシウム拮抗薬の抗動脈硬化作用
  • その他 / 共著 / 2010年 1月
    血圧(Journal of Blood Pressure)
  • / Vol.17 No.1 40-44
  • 10

  • Large blood pressure variability and hypertensive cardiac remodeling--role of cardiac inflammation.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年12月
    Circulation Journal
  • / Vol.73 No.12 2198-2203
  • 11

  • 労作性狭心症を合併する高血圧治療
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年10月
    「患者抄録で究める循環器病シリ-ズ1.高血圧」羊土社
  • / 137-145
  • 12

  • Exaggerated Blood Pressure Variability Superimposed on Hypertension Aggravates Cardiac Remodeling in Rats via Angiotensin II System-Mediated Chronic Inflammation
  • 雑誌 / 共著 / 2009年10月
    Hypertension
  • / Vol.54 No.4 832-838
  • 13

  • 無症候性心筋虚血とβ遮断薬 
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 2月
    「β遮断薬のすべて(第3版)」 先端医学社
  • / 266-270
  • 14

  • 降圧薬の特性と使い方-β,αβ遮断薬、α1遮断薬
  • その他 / 共著 / 2008年 1月
    臨床と研究
  • / Vol.85 No.1 39-44
  • 15

  • 心筋リモデリング
  • その他 / 共著 / 2007年
    心不全(上)-最新の基礎・臨牀研究の進歩-日本臨牀
  • / Vol.65 No.増刊 302-306
  • 16

  • Pressure overload-induced transient oxidative stress mediates perivascular inflammation and cardiac fibrosis through angiotensin II.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 9月
    Hypertens Res
  • / Vol.29 No.9 711-718
  • 17

  • 血圧変動:「朝の血圧が高い」どのような降圧薬をいつ飲ませればよいのか. 
  • その他 / 共著 / 2006年
    治療 (J. Therapy)
  • / Vol.88 1291-1294
  • 18

  • Pressure-independent effects of angiotensin㈼on hypertensive myocardial fibrosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 2月
    Hypertension
  • / Vol.43 No.2 499-503

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp