久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 小松 誠和の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Enhancement of humoral and cell mediated immune response to HPV16 L1-derived peptides subsequent to vaccination with prophylactic bivalent HPV L1 virus-like particle vaccine in healthy females.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Exp Ther Med.
  • / Vol.13 No.4 1500-1505
  • 2

  • Phase I study of a new cancer vaccine of ten mixed peptides for advanced cancer patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Cancer Sci.
  • / Vol.107 No.5 590-600
  • 3

  • An Open-Label, Randomized Phase II Trial of Personalized Peptide Vaccination in Patients with Bladder Cancer that Progressed after Platinum-Based Chemotherapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Clin Cancer Res.
  • / Vol.22 No.1 54-60
  • 4

  • Phase I trial of a cancer vaccine consisting of 20 mixed peptides in patients with castration-resistant prostate cancer: dose-related immune boosting and suppression.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Cancer Immunol Immunother
  • / Vol.64 No.4 493-505
  • 5

  • Phase II Study of Personalized Peptide Vaccination with Both a Hepatitis C Virus-Derived Peptide and Peptides from Tumor-Associated Antigens for the Treatment of HCV-Positive Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J Immunol Res.
  • / Vol.2015 473909
  • 6

  • Feasibility study of personalized peptide vaccination for advanced non-small cell lung cancer patients who failed two or more treatment regimens.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Int J Oncol
  • / Vol.46 No.1 55-62
  • 7

  • Haptoglobin promoter polymorphism rs5472 as a prognostic biomarker for peptide vaccine efficacy in castration-resistant prostate cancer patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Cancer Immunol Immunother.
  • / Vol.64 No.12 1565-73
  • 8

  • Genetic factors associated with serum haptoglobin level in a Japanese population
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Clinica Chimica Acta
  • / Vol.433 54-57
  • 9

  • Phase II study of personalized peptide vaccination for previously treated advanced colorectal cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Cancer Immunol Res
  • / Vol.2 No.12 1154-62
  • 10

  • Humoral immune responses to EGFR-derived peptides predict progression-free and overall survival of non-small cell lung cancer patients receiving gefitinib.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    PLoS One
  • / Vol.9 No.1 e86667
  • 11

  • PD-1 expression on peripheral blood T-cell subsets correlates with prognosis in non-small cell lung cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Cancer Sci.
  • / Vol.105 No.10 1229-35
  • 12

  • Humoral immune responses to CTL epitope peptides from tumor-associated antigens are widely detectable in humans: A new biomarker for overall survival of patients with malignant diseases
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Developmental and Comparative Immunology,
  • / Vol.41 No.1 68-76
  • 13

  • 進行性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象としたテーラーメイドペプチドワクチン療法の予後予測バイオマーカーの探索
  • その他 / 共同発表 / 2013年
    第36回日本分子生物学会年会
  • 14

  • Personalized Peptide Vaccine as a Novel Immunotherapy Against Advanced Cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Molecular Vaccines
  • / Vol.4 361-369
  • 15

  • Juzentaihoto failed to augment antigen-specific immunity but prevented deterioration of patients' conditions in advanced pancreatic cancer under personalized peptide vaccine
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Evidence-based Complementary and Alternative Medicine
  • 16

  • テーラーメイドペプチドワクチン 個人の免疫記憶に基づくワクチン選択と治療
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    実験医学
  • / Vol.31 No.12 160-162
  • 17

  • A phase II study of a personalized peptide vaccination for chemotherapy-resistant advanced pancreatic cancer patients
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Oncology Reports
  • / Vol.30 No.3 1094-1100
  • 18

  • Haptoglobin proved a prognostic biomarker in peripheral blood of patients with personalized peptide vaccinations for advanced castration-resistant prostate cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry
  • / Vol.77 No.4 766-770
  • 19

  • Fine-mapping naturally occurring NY-ESO-1 antibody epitopes in melanoma patients' sera using short overlapping peptides and full-length recombinant protein
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Molecular Immunology
  • / Vol.54 No.3-4 465-471
  • 20

  • がんペプチドワクチン適格性予測手法の開発
  • その他 / 共同発表 / 2013年
    第36回日本分子生物学会年会
  • 21

  • 標準治療抵抗性消化器がんに対するテーラーメイドペプチドワクチン療法第II相臨床試験
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    第14回日本がん免疫学会総会
  • 22

  • 標準治療抵抗性胆道・膵臓がんに対するテーラーメイドペプチドワクチンにおけるバイオマーカーの検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    第110回日本外科学会定期学術集会
  • 23

  • 胆道がんに対するテーラーメイドペプチドワクチン治療
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    第14回日本がん免疫学会総会
  • 24

  • 抗ペプチド体価測定値を利用するAdaBoostによる膵臓癌早期診断法の開発
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    久留米医学会誌
  • / Vol.72 280-287
  • 25

  • Dexamethasone did not suppress immune boosting by personalized peptide vaccination for advanced prostate cancer patients
  • その他 / 共同発表 / 2008年
    第46回日本癌治療学会総会
  • 26

  • A new epitope peptide derived from hepatitis C virus 1b possessing the capacity to induce cytotoxic T-lymphocytes in HCV1b-infected patients with HLA-A11, -A31, and -A33.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Cancer Immunol. Immunother.
  • / Vol.56 No.9 1359-1366
  • 27

  • Increased levels of IgG antibodies against peptides of the prostate stem cell antigen in the plasma of pancreatic cancer patients
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Oncol. Rep.
  • / Vol.18 No.1 161-166
  • 28

  • Phase I clinical trial of pan-HLA type personalized peptide vaccine for advanced cancer patients
  • その他 / 共同発表 / 2007年
    第66回日本癌学会学術総会
  • 29

  • Phase I clinical study of a personalized peptide vaccination for patients infected with hepatitis C virus (HCV) 1b who failed to respond to interferon-based therapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Vaccine
  • / Vol.25 No.42 7429-7435
  • 30

  • Identification of a peptide derived from HCV inducing cellular responses with various HLA class I-A alleles
  • その他 / 共同発表 / 2007年
    第66回日本癌学会学術総会
  • 31

  • New peptides of the polycomb group protein enhancer of zeste homolog 2 with the potential to induce cancer-reactive cytotoxic T lymphocytes in human leukocyte antigen-A2+ prostate cancer patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Oncol Rep.
  • / Vol.18 No.5 1231-1237
  • 32

  • 免疫療法における抗ペプチド抗体を指標とした治療効果の評価と予測可能性
  • その他 / 共著 / 2006年
    基盤的癌免疫研究会第10回総会
  • 33

  • Identification of hepatitis C virus (HCV) 2a-derived epitope peptides having the capacity to induce cytotoxic T lymphocytes in human leukocyte antigen-A24(+) and HCV2a-infected patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Cell Immunol.
  • / Vol.241 No.1 38-46
  • 34

  • エビデンスに基づいた癌ワクチン療法を目指して
  • その他 / 2006年
    第19回日本バイオセラピィ学会学術集会総会
  • 35

  • Development of a new diagnostic tool for pancreatic cancer: simultaneous measurement of antibodies against peptides recognized by cytotoxic T lymphocytes
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Kurume Med J.
  • / Vol.53 No.3-4 63-70
  • 36

  • Identification of squamous cell carcinoma antigen-derived peptides having the capacity of inducing cancer-reactive CTLs in HLA-A24+ cancer patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Int J Oncol.
  • / Vol.29 No.3 577-587
  • 37

  • 非特異免疫療法における抗ペプチド抗体を指標とした治療効果の評価と予測
  • その他 / 共著 / 2006年
    第65回日本癌学会学術総会
  • 38

  • 免疫・細胞療法の予後予測マーカーとしての抗ペプチド抗体
  • その他 / 共著 / 2006年
    第19回日本バイオセラピィ学会学術集会総会
  • 39

  • A unique gene having homology with the kinesin family member 18A encodes a tumour-associated antigen recognised by cytotoxic T lymphocytes from HLA-A2+ colon cancer patients
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Eur. J. Cancer
  • / Vol.41 No.9 1323-1330
  • 40

  • Identification of hepatitis C virus 1b-derived peptides recognized by both cellular and humoral immune systems in HCV1b(+) HLA-A24(+) patients
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Hepatol Res.
  • 41

  • 抗ペプチド抗体測定による膵臓癌診断の検討
  • その他 / 共同発表 / 2005年
    第35回日本免疫学会学術総会学術集会
  • 42

  • ABCE1, a member of ATP-binding cassette transporter gene, encodes peptides capable of inducing HLA-A2-restricted and tumor-reactive cytotoxic T lymphocytes in colon cancer patients
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Oncol Rep.
  • / Vol.13 No.5 907-913
  • 43

  • 細胞性および液性免疫によって認識されるC型肝炎ウイルス抗原ペプチドの同定
  • その他 / 共同発表 / 2005年
    第64回日本癌学会学術総会
  • 44

  • SARS-CoVのNucleocapsid-protein内の Membrane-protein結合部位の同定
  • その他 / 共同発表 / 2005年
    第53回日本ウイルス学会学術集会
  • 45

  • Immunologic evaluation of personalized peptide vaccination for patients with advanced malignant glioma
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Clin. Cancer Res.
  • / Vol.11 No.16 5900-5911
  • 46

  • フローメトリーによるペプチド抗体測定とワクチンモニタリング
  • その他 / 共同発表 / 2004年
    第63回日本癌学会総会
  • 47

  • Identification of epidermal growth factor receptor-derived peptides recognised by both cellular and humoral immune responses in HLA-A24(+) non-small cell lung cancer patients
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Eur J Cancer.
  • / Vol.40 No.11 1776-1786
  • 48

  • Assessment of synthetic peptides of severe acute respiratory syndrome coronavirus recognized by long-lasting immunity
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Tissue Antigens
  • / Vol.64 No.5 600-607
  • 49

  • ペプチド抗体価測定による膵臓癌診断の検討
  • その他 / 共同発表 / 2004年
    第34回日本免疫学会学術総会学術集会
  • 50

  • テーラーメイド型医療におけるLuminexシステムの応用可能性について
  • その他 / 共同発表 / 2004年
    第27回日本分子生物学会年会
  • 51

  • Induction of cytokines by toxins that have an identical RNA N-glycosidase activity: Shiga toxin, ricin, and modeccin
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Biochim. Biophys. Acta
  • / Vol.1671 44-50
  • 52

  • Protein-bound polysaccharide K induced apoptosis of the human Burkitt lymphoma cell line, Namalwa
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Biomed Pharmacother.
  • / Vol.58 No.4 226-230
  • 53

  • Two Proliferation-Related Proteins, TYMS and PGK1, Could Be New Cytotoxic T Lymphocyte-Directed Tumor-Associated Antigens of HLA-A2+ Colon Cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Clin. Cancer Res.
  • / Vol.10 No.17 5828-5836
  • 54

  • New multiplexed flow cytometric assay to measure anti-peptide antibody: a novel tool for monitoring immune responses to peptides used for immunization
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Scand. J. Clin. Lab. Invest.
  • / Vol.64 No.6 535-546
  • 55

  • Analysis of cellular localization of SART3 tumor antigen by a newly established monoclonal antibody: heterotopic expression of SART3 on the surface of B-lineage leukemic cells
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Oncol. Rep.
  • / Vol.11 No.4 785-789
  • 56

  • がん患者血清中IgGによって認識されるHLA-A2拘束性HER2/neu抗原ペプチドによる癌特異的細胞傷害性T細胞の誘導
  • その他 / 共同発表 / 2003年
    第62回日本癌学会総会
  • 57

  • ペプチドワクチン療法における免疫応答の多検体モニタリング法
  • その他 / 共同発表 / 2003年
    第62回日本癌学会総会
  • 58

  • Identification of two novel tumor-associated antigens recognized by HLA-B46-restricted cytotoxic T lymphocytes
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Int. J. Mol. Med.
  • / Vol.12 No.6 895-902
  • 59

  • HLA-A2大腸癌患者におけるCTLにより認識されるThymidylate synthase由来抗原ペプチドの同定
  • その他 / 共同発表 / 2003年
    第63回日本癌学会総会
  • 60

  • 大腸癌患者由来HLA-A2拘束性CTLが認識するkinesin familyと考えられる新規遺伝子の同定
  • その他 / 共同発表 / 2003年
    第63回日本癌学会総会
  • 61

  • Heat shock cognate protein 70 encodes antigenic epitopes recognised by HLA-B4601-restricted cytotoxic T lymphocytes from cancer patients
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Br. J. Cancer
  • / Vol.89 1079-1085
  • 62

  • HLA-B46拘束性CTLに認識される癌抗原遺伝子と抗原ペプチドの同定
  • その他 / 共同発表 / 2002年
    第61回日本癌学会総会
  • 63

  • クレスチンの白血病細胞に対する傷害活性の解析
  • その他 / 共同発表 / 2002年
    日本免疫学会総会
  • 64

  • Fluorometric Microvolume Assay Technologyによる細胞性免疫・液性免疫モニタリング法
  • その他 / 共同発表 / 2002年
    第61回日本癌学会総会
  • 65

  • Measurement of interferon-gamma by high-throughput fluorometric microvolume assay technology system
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    J. Immunol. Methods
  • / Vol.263 169-176
  • 66

  • Vero細胞由来Brefeldin A (BFA)耐性変異BER-40細胞のリシンによるアポトーシス機構
  • その他 / 共同発表 / 2001年
    平成13年度日本生化学会九州支部例会
  • 67

  • Effect of Glutathione-related Compounds on Induced Caspase-3 and Caspase-6-like Activities in Ricin-treated U937 cells
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Biosci. Biotechnol. Biochem.
  • / Vol.64 202-205
  • 68

  • Vero細胞由来brefeldin A(BFA)耐性変異株BER-40細胞の種々の蛋白質合成阻害剤によるアポトーシス誘導に対する耐性機構
  • その他 / 共同発表 / 2000年
    第73回日本生化学会大会
  • 69

  • Isolated Ricin B-Chain-mediated Apoptosis in U937 Cells
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Biosci. Biotechnol. Biochem.
  • / Vol.64 1422-1429
  • 70

  • 毒蛋白質ricin及び diphtheria toxin のVero由来 brefeldin A 耐性変異株BER-40細胞に対するアポトーシス様毒性の比較
  • その他 / 共同発表 / 2000年
    平成12年度日本農芸化学会大会
  • 71

  • Depletion of Intracellular NAD+ and ATP Levels during Ricin-Induced Apoptosis through the Specific Ribosomal Inactivation Results in the Cytolysis of U937 Cells
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    J. Biochem.
  • / Vol.128 463-470
  • 72

  • Detoxifying Ability of Marine Bacterium Flavobacterium sp. Against a Toxic Contaminant in the Reagent Sodium Chloride to Nannochloropsis oculata
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Fisheries Sci.
  • / Vol.66 241-248
  • 73

  • INVOLVEMENT OF NADPH OXIDASE LIKE ENZYME IN THE PRODUCTION OF SUPEROXIDE ANION BY CHATTONELLA MARINA
  • その他 / 共同発表 / 2000年
    9th International Conference on HARMFUL ALGAL BLOOMS
  • 74

  • Vero由来 brefeldin A (BFA)耐性変異株BER-40細胞に対するricin及びdiphtheria toxin(DT)のアポトーシス様細胞毒性の相違
  • その他 / 共同発表 / 2000年
    第47回毒素シンポジウム
  • 75

  • 毒蛋白質リシンの誘発するアポトーシス機構の解明
  • その他 / 共同発表 / 2000年
    第47回毒素シンポジウム
  • 76

  • Mechanism of Superoxide Anion Generation in the Toxic Red Tide Phytoplankton Chattonella marina: Possible Involvement of NAD(P)H Oxidase
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Biochim. Biophys. Acta
  • / Vol.1524 220-227
  • 77

  • 毒蛋白質リシンによるアポトーシス様細胞毒性発現機構
  • その他 / 共同発表 / 1999年
    平成11年度日本生化学会九州支部例会
  • 78

  • Specific Efflux of Glutathione from the Basolateral Membrane Domain in Polarized MDCK Cells during Ricin-Induced Apoptosis
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    J. Biochem.
  • / Vol.126 715-721
  • 79

  • ベロ毒素と Ricin のサイトカイン誘導活性の比較
  • その他 / 共同発表 / 1999年
    第72回日本生化学会大会
  • 80

  • Toxic Potential of the Raphidophyte Olisthodiscus luteus: Mediation by Reactive Oxigen Species
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    J. Plankton Res.
  • / Vol.21 1017-1027
  • 81

  • Ricinの誘発するアポトーシス様細胞死に対する3-Aminobenzamide(3-ABA)の影響
  • その他 / 共同発表 / 1999年
    平成11年度日本農芸化学会大会
  • 82

  • リシン及びそのB鎖によるアポトーシス様細胞毒性の比較
  • その他 / 共同発表 / 1999年
    第72回日本生化学会大会
  • 83

  • Effect of the Hemolytic Lectin CEL-III from Holothuroidea Cucumaria echinata on the ANS Fluorescence Responses in Sensitive MDCK and Resistant CHO Cells
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    J. Biochem.
  • / Vol.125 713-720
  • 84

  • ヒマ種子毒蛋白質リシンのアポトーシス様毒性発現機構
  • その他 / 共同発表 / 1999年
    第23回九州シンポジウム
  • 85

  • シャットネラの活性酸素産生におけるNADPH oxidaseの関与の可能性
  • その他 / 共同発表 / 1999年
    平成11年度日本水産学会秋季大会
  • 86

  • Involvement of N-Acetylcystein-sensitive Pathways in Ricin-induced Apoptotic Cell Death in U937 Cells
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Biosci. Biotechnol. Biochem.
  • / Vol.63 341-348
  • 87

  • Involvement of Both Caspase-Like Proteases and Serine Proteases in Apoptotic Cell Death Induced by Ricin, Modeccin, Diphtheria Toxin, and Pseudomonas toxin
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    J. Biochem.
  • / Vol.124 1038-1044
  • 88

  • Ricinによるアポトーシスに対するN-acetylcysteine(NAC)の阻害作用
  • その他 / 共同発表 / 1998年
    第71回日本生化学会大会
  • 89

  • Diisopropylfluorophosphate (DFP) Inhibits Ricin-induced Apoptosis of MDCK Cells
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Biosci. Biotechnol. Biochem.
  • / Vol.62 325-333
  • 90

  • Fish Mucus Stimurates the Generation of Superoxide Anion by Chattonella marina and Heterosigma akashiwo
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Fisheries Science.
  • / Vol.64 866-869
  • 91

  • Vero 及びそのBrefeldin A (BFA)耐性変異株BER-40細胞のricin誘導アポトーシスに対する感受性の相違
  • その他 / 共同発表 / 1998年
    日本農芸化学会西日本支部大会
  • 92

  • 海洋細菌Flavobacterium sp. によるNannochloropsis oculataの増殖阻害因子の除去効果
  • その他 / 共同発表 / 1998年
    平成10年度日本水産学会秋季大会
  • 93

  • Ricinの誘発するapoptosisにおけるcaspase群及びserine protease群の関与
  • その他 / 共同発表 / 1998年
    第71回日本生化学会大会
  • 94

  • Chattonella marina 及びHeterosigma akashiwoの活性酸素産生に対する魚粘液物質の増強作用
  • その他 / 共同発表 / 1998年
    平成10年度日本水産学会秋季大会
  • 95

  • Cell Lysis Induced by Ricin D and Ricin E in Various Cell Lines
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Biosci. Biotechnol. Biochem.
  • / Vol.61 291-297
  • 96

  • Ricinが誘発するアポトーシスに対するプロテアーゼインヒビターの影響
  • その他 / 共同発表 / 1997年
    平成9年度日本生化学会大会
  • 97

  • Ricinの細胞溶解作用に対するdideoxyforskolin (DDF)の阻害作用
  • その他 / 共同発表 / 1997年
    平成9年度日本生化学会大会
  • 98

  • Inhibitory Effect of Dideoxyforskolin on Cell Death Induced by Ricin, Modeccin, Diphtheria Toxin, and Pseudomonas toxin in MDCK Cells
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Cell Struct. Funct.
  • / Vol.22 545-554
  • 99

  • 毒蛋白質ricin D及びricin Eによる細胞溶解作用(アポトーシス)
  • その他 / 共同発表 / 1996年
    平成8年度日本生化学会大会

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp