久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 松田 光太郎の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Elevated expression of Transforming acidic coiled-coil containing protein 3 (TACC3) is associated with a poor prognosis in osteosarcoma
  • その他 / 共同発表 / 2019年 7月
    第52回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会
  • 2

  • Clinicopathological and immunohistochemical analysis of autoimmune regulator expression in patients with osteosarcoma
  • その他 / 共同発表 / 2019年 7月
    第52回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会
  • 3

  • TACC3の高発現は骨肉腫における予後不良因子である
  • その他 / 共同発表 / 2019年 2月
    第2回日本サルコーマ治療研究学会学術集会
  • 4

  • TACC3の高発現は骨肉腫における予後不良因子である
  • 雑誌 / 単著 / 2019年
    整形外科
  • / Vol.70 No.9 992-995
  • 5

  • 当院における四肢転移性骨腫瘍の生命予後と治療の検討 (主題4:転移性骨腫瘍の診断と治療)
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    第136回西日本整形・災害外科学会学術集会
  • 6

  • clinicopathological and prognostic vaue of transforming cidic coiled-coil-containing potein 3 (TACC3) expression in soft tissue sarcomas
  • 雑誌 / 共著 / 2017年11月
    PLoS One
  • / Vol.12 No.11
  • 7

  • 南部肉腫におけるTACC3発現の臨床病理学的検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    第32回日本整形外科学会基礎学術集会
  • 8

  • 当院におけるAlveolar soft part sarcomaのER・PgR発現の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    第132回 西日本整形・災害外科学会学術集会
  • 9

  • 臀部Epidermal cystより発生した扁平上皮癌の1例
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    第130回西日本整形災害外科学会

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp