久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 谷口 英太郎の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 統合プログラム(3)肝硬変患者の認知能低下に関わる栄養プロファイル
  • その他 / 共同発表 / 2015年10月
    肝臓、23rd JDDW(第19回日本肝臓学会大会、第57回日本消化器病学会大会、第13回日本消化器外科学会大会 合同)
  • / Vol.56 No.Suppl.2 A614
  • 2

  • ワークショップ(2)NAFLD患者の肝線維化進展に関連する因子:生活習慣や体組成を含めた包括的検討
  • その他 / 共同発表 / 2014年12月
    プログラム・抄録集、第104回日本消化器病学会九州支部例会、第98回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • / 87
  • 3

  • 主題ポスター(午前)慢性肝不全―病像と治療の現状:肝硬変患者における潜在性肝性脳症関連因子の包括的検討:データマイニング解析
  • その他 / 共同発表 / 2013年12月
    肝臓、第40回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.54 No.Suppl.3 A681
  • 4

  • Lipid profile is associated with the incidence of cognitive dysfunction in viral cirrhotic patients: A data-mining analysis
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    Hepatol Res
  • / Vol.43 No.4 418-424
  • 5

  • Nutritional assessments for ordinary medical care in patients with chronic liver disease
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 2月
    Hepatol Res
  • / Vol.43 No.2 192-199
  • 6

  • 慢性肝疾患患者の栄養管理における手軽で有用な栄養評価法の検討
  • その他 / 共同発表 / 2013年 2月
    静脈経腸栄養、第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会
  • / Vol.28 No.1 328
  • 7

  • Poster Session (3): Bioparameters associated with the incidence of cognitive dysfunction in viral cirrhotic patients: a data-mining analysis
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    Hepatology、The 63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.56 No.Suppl.1 943A-944A
  • 8

  • Poster Session (3): PNI and CONUT as potential tools for nutritional assessment in patients with chronic liver disease
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    Hepatology、The 63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.56 No.Suppl.1 919A
  • 9

  • シンポジウム(3)肝硬変患者の精神神経機能に対する脂質プロファイルの意義
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    肝臓、20th JDDW(第16回日本肝臓学会大会、第54回日本消化器病学会大会 合同)
  • / Vol.53 No.Suppl.2 A577
  • 10

  • 慢性肝疾患を有する入院患者の転倒と栄養状態との関連
  • その他 / 共同発表 / 2012年 2月
    静脈経腸栄養、第27回日本静脈経腸栄養学会
  • / Vol.27 No.1 393
  • 11

  • Quick and simple method for increasing the reduced albumin fraction in human serum albumin preparations by using stronger neo-minophagen C.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年11月
    Hepatol Res
  • / Vol.40 No.11 1120-1125
  • 12

  • Redox state of albumin is not associated with colloid osmotic pressure.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 7月
    Mol Med Report
  • / Vol.3 No.4 685-687
  • 13

  • Hybrid training of voluntary and electrical muscle contractions reduces steatosis, insulin resistance, and IL-6 levels in patients with NAFLD: a pilot study.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 6月
    J Gastroenterol
  • / Vol.46 No.6 746-757
  • 14

  • Subjective global assessment is not sufficient to screen patients with defective hepatic metabolism
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    Nutrition
  • / Vol.27 No.3 282-286
  • 15

  • Supplementation before endoscopic therapy for esophageal varices reduces mental stress in patients with liver cirrhosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    Hepatogastroenterology
  • / Vol.58 No.107 814-818
  • 16

  • Insulin resistance and chronic liver disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    World J Hepatol
  • / Vol.3 No.5 99-107
  • 17

  • Copper incorporation into ceruloplasmin is regulated by Niemann-Pick C1 protein.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    Hepatol Res
  • / Vol.41 No.5 484-491
  • 18

  • Serum level of free fatty acids is associated with nocturnal hypoglycemia in cirrhotic patients with HCV infection: a pilot study.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 1月
    Hepatogastroenterology
  • / Vol.58 No.105 103-108
  • 19

  • 主観的包括的評価による栄養障害を示す消化器疾患患者のスクリーニング効果
  • その他 / 共同発表 / 2011年 1月
    第14回日本病態栄養学会年次学術集会
  • 20

  • 主観的包括的評価による消化器疾患患者の栄養評価と栄養学的特徴
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    日本消化器病学会雑誌、18th JDDW(第52回日本消化器病学会大会)
  • / Vol.107 No.Suppl. A926
  • 21

  • The pathogenesis, complications and therapeutic strategy for hepatitis C virus-associated insulin resistance in the era of anti-viral treatment.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 9月
    Rev Recent Clin Trials
  • / Vol.5 No.3 147-157
  • 22

  • Assessment of anti-obese effect in obese patients with metabolic disorders
  • その他 / 共同発表 / 2010年 7月
    Obesity、11th International Congress on Obesity (ICO)
  • / Vol.11 No.Suppl.1 284
  • 23

  • Association of exogenous insulin or sulphonylurea treatment with an increased incidence of hepatoma in patients with hepatitis C virus infection.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 3月
    Liver Int
  • / Vol.30 No.3 479-486
  • 24

  • Pigment epithelium-derived factor inhibits lysosomal degradation of Bcl-xL and apoptosis in HepG2 cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 1月
    Am J Pathol
  • / Vol.176 No.1 168-176
  • 25

  • 質的肥満患者における体重変化と体組成変化との相関
  • その他 / 共同発表 / 2010年 1月
    第13回日本病態栄養学会年次学術集会
  • 26

  • Branched-chain amino acid supplements reduced ascites and increased the quality of life in a patient with liver cirrhosis: A case report.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年11月
    Mol Med Report
  • / Vol.2 No.6 977-981
  • 27

  • Heating improves poor compliance with branched chain amino acid-rich supplementation in patients with liver cirrhosis: A before-after pilot study.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年11月
    Mol Med Report
  • / Vol.2 No.6 983-987
  • 28

  • 肝疾患患者を対象とした握力による栄養状態のスクリーニング
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    肝臓、17th JDDW(第13回日本肝臓学会大会、第40回日本消化吸収学会総会 合同)
  • / Vol.50 No.Suppl.2 A495
  • 29

  • 質的肥満患者における生活指導後の体組成変化の特徴
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    第32回筑後地区輸液栄養NST研究会
  • 30

  • 糖尿病治療薬が肝発癌の危険因子になる可能性
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 8月
    消化器科
  • / Vol.49 No.2 186-189
  • 31

  • Leukocytapheresis Therapy Improved Cholestasis in a Patient Suffering from Primary Sclerosing Cholangitis with Ulcerative Colitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 4月
    Case Rep Gastroenterol
  • / Vol.3 No.1 77-83
  • 32

  • Clinical benefits and cost-effectiveness of 17-year treatment with low-dose interferon-alpha 2b in a patient with chronic hepatitis C: a case report.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    Dig Dis Sci
  • / Vol.54 No.3 690-694
  • 33

  • Niemann-Pick C1 protein transports copper to the secretory compartment from late endosomes where ATP7B resides.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 1月
    Exp Cell Re
  • / Vol.315 No.2 119-126
  • 34

  • Thrombocytopenia, an important interfering factor of antiviral therapy and hepatocellular carcinoma treatment for chronic liver diseases.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 1月
    Kurume Med J
  • / Vol.56 No.1-2 9-15
  • 35

  • Supplement improves nutrition and stresses caused by examination-associated fasting in patients with liver cirrhosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年12月
    Hepatol Res
  • / Vol.38 No.12 1178-1185
  • 36

  • Switching in discoid domain receptor expressions in SLUG-induced epithelial-mesenchymal transition.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年11月
    Cancer
  • / Vol.113 No.10 2823-2831
  • 37

  • Body cell mass is a useful parameter for assessing malnutrition and severity of disease in non-ascitic cirrhotic patients with hepatocellular carcinoma or esophageal varices.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年11月
    Int J Mol Med
  • / Vol.22 No.5 589-594
  • 38

  • Use of exogenous insulin or sulfonylureas is a potential risk factor for hepatocellular carcinoma in hepatitis C patients with diabetes mellitus
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    Hepatology、The 59th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD)
  • / Vol.48 No.Suppl.1 516A
  • 39

  • 肥満者に対する生活指導後の体組成変化と体重変化の相関についての検討
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第29回日本肥満学会
  • 40

  • 糖尿病治療薬が肝発癌の危険因子になる可能性
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    肝臓、16th JDDW(第50回日本消化器病学会大会、第12回日本肝臓学会大会、第39回日本消化吸収学会総会 合同)
  • / Vol.49 No.Suppl.2 A472
  • 41

  • 急性肝障害モデルマウスを用いた血管内皮前駆細胞による肝再生促進効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第40回日本臨床分子形態学会
  • 42

  • 第Ⅴ章 各疾患時の栄養療法 1 消化器疾患 B 肝疾患 肝細胞癌
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 4月
    今日の病態栄養療法 改訂第2版 南江堂
  • / 176-178
  • 43

  • Mutation in keratin 18 induces mitochondrial fragmentation in liver-derived epithelial cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 2月
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.367 No.1 33-40
  • 44

  • Altered expression of glucagon-like peptide-1 and dipeptidyl peptidase IV in patients with HCV-related glucose intolerance.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 2月
    J Gastroenterol Hepatol
  • / Vol.23 No.2 244-251
  • 45

  • Branched-chain amino acids improve insulin resistance in patients with hepatitis C virus-related liver disease: report of two cases.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年11月
    Liver Int
  • / Vol.27 No.9 1287-1292
  • 46

  • 体組成を指標とした肥満患者に対する生活指導効果の評価
  • その他 / 共同発表 / 2007年10月
    日本消化器病学会雑誌、15th JDDW(第49回日本消化器病学会大会、第74回日本消化器内視鏡学会総会、第11回日本肝臓学会大会 合同)
  • / Vol.104 No.Suppl. A395
  • 47

  • Significance of glucose intolerance and SHIP2 expression in hepatocellular carcinoma patients with HCV infection.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 9月
    Oncol Rep
  • / Vol.133 No.1 91-107
  • 48

  • Body cell mass estimated by DSM-BIA is a possible parameter for disease severity in patients with liver cirrhosis
  • その他 / 共同発表 / 2007年 9月
    The 6th JSH Single Topic Conference
  • 49

  • Keratin inclusions alter cytosolic protein localization in hepatocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 8月
    Hepatol Res
  • / Vol.37 No.10 828-835
  • 50

  • Oxidative stress induces the endoplasmic reticulum stress and facilitates inclusion formation in cultured cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 7月
    J Hepatol
  • / Vol.47 No.1 93-102
  • 51

  • Anthropometry and body composition measured by MF-BIA in patients with liver cirrhosis
  • その他 / 共同発表 / 2007年 3月
    Hepatology International、17th Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • / Vol.1 No.1 234
  • 52

  • Clearance of HCV improves insulin resistance, beta-cell function, and hepatic expression of insulin receptor substrate 1 and 2.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    Am J Gastroenterol
  • / Vol.102 No.3 570-576
  • 53

  • 血管内皮前駆細胞移植による肝線維化抑制、肝再生促進および生存率改善効果
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年10月
    「消化器疾患における網羅的遺伝子解析から分子標的治療」アークメディア
  • / 113-118
  • 54

  • 体組成計を用いた肝硬変患者の栄養評価
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    肝臓、14th DDW-Japan(第10回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.47 No.Supple.2 A479
  • 55

  • Branched-chain amino acid supplementation complements conventional treatment for spontaneous bacterial peritonitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 6月
    Dig Dis Sci
  • / Vol.51 No.6 1057-1060
  • 56

  • Gene transfer of kringle 1-5 suppresses tumor development and improves prognosis of mice with hepatocellular carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 4月
    Gastroenterology
  • / Vol.130 No.4 1301-1310
  • 57

  • Endothelial progenitor cell transplantation improves the survival following liver injury in mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 2月
    Gastroenterology
  • / Vol.130 No.2 521-531
  • 58

  • Appearance-specific satiety increases appetite and quality of life in patients with metastatic liver tumor: a case report.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Kurume Med J
  • / Vol.53 No.1-2 41-46
  • 59

  • The mechanism of accelerated liver regeneration after endothelial progenitor cell transplantation
  • その他 / 共同発表 / 2005年11月
    56th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 60

  • 血管内皮前駆細胞移植療法の肝再生作用とそのメカニズム
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    DDW-Japan(第47回日本消化器病学会大会、第9回日本肝臓学会大会 合同)
  • 61

  • 血管内皮前駆細胞を用いた細胞療法は急性肝傷害時の肝再生を促進する
  • その他 / 共同発表 / 2005年 6月
    第41回日本肝臓学会総会
  • 62

  • Keratin-containing inclusions affect cell morphology and distribution of cytosolic cellular components.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 4月
    Exp Cell Res
  • / Vol.304 No.2 471-482
  • 63

  • Cholestasis in a rat model of graft-versus-host disease is accompanied by alteration of the expression and distribution of tight-junction-associated proteins.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    Int J Mol Med
  • / Vol.15 No.3 431-436
  • 64

  • The Wilson disease protein ATP7B resides in the late endosomes with Rab7 and the Niemann-Pick C1 protein.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 2月
    Am J Pathol
  • / Vol.166 No.2 499-510
  • 65

  • 2. インスリン抵抗性発現における C 型肝炎ウイルスコア蛋白の細胞生物学的意義
  • その他 / 共著 / 2005年 1月
    臨床と研究
  • / Vol.82 No.1 151
  • 66

  • Hepatitis C virus down-regulates insulin receptor substrates 1 and 2 through up-regulation of suppressor of cytokine signaling 3.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年11月
    Am J Pathol
  • / Vol.165 No.5 1499-508
  • 67

  • Overexpression of angiopoietin-1 and angiopoietin-2 in hepatocellular carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 5月
    J Hepatol
  • / Vol.40 No.5 799-807
  • 68

  • Proteasome inhibition induces inclusion bodies associated with intermediate filaments and fragmentation of the Golgi apparatus.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 8月
    Exp Cell Res
  • / Vol.288 No.1 60-69
  • 69

  • Unusual hyperbilirubinemia associated with bacterial pneumonia and acute myeloid leukemia.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 6月
    Hepatol Res
  • / Vol.26 No.2 114-118
  • 70

  • Troglitazone induces p27Kip1-associated cell-cycle arrest through down-regulating Skp2 in human hepatoma cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 5月
    Hepatology
  • / Vol.37 No.5 1086-1096
  • 71

  • Troglitazone induces p27Kip1-associated cell-cycle arrest through down-regulating Skp2 in human hepatoma cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 5月
    Hepatology
  • / Vol.37 No.5 1086-1096
  • 72

  • Wilson disease protein ATP7B is localized in the late endosomes in a polarized human hepatocyte cell line.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 3月
    Int J Mol Med
  • / Vol.11 No.3 293-298
  • 73

  • Tumor necrosis factor-alpha and interferon-gamma directly impair epithelial barrier function in cultured mouse cholangiocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 2月
    Liver Int
  • / Vol.23 No.1 3-11
  • 74

  • Hydrogen peroxide overproduction in megamitochondria of troglitazone-treated human hepatocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 1月
    Hepatology
  • / Vol.37 No.1 136-47
  • 75

  • Expression of uncoupling protein-2 in biliary epithelial cells in primary biliary cirrhosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年12月
    Liver
  • / Vol.22 No.6 451-458
  • 76

  • Bronchiolitis obliterans organizing pneumonia in a patient with primary biliary cirrhosis and rheumatoid arthritis treated with prednisolone.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 8月
    Hepatol Res
  • / Vol.23 No.4 301
  • 77

  • Abnormal accumulation in lipopolysaccharide in biliary epithelial cells of rats with self-filling blind loop.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 6月
    Int J Mol Med
  • / Vol.9 No.6 621-626
  • 78

  • Involvement of p21(WAF1/Cip1), p27(Kip1), and p18(INK4c) in troglitazone-induced cell-cycle arrest in human hepatoma cell lines.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 5月
    Hepatology
  • / Vol.33 No.5 1087-1097
  • 79

  • Endotoxin increases paracellular permeability of isolated rat hepatocyte couplets.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 5月
    Hepatol Res
  • / Vol.20 No.1 144-154
  • 80

  • A mutation of the Wilson disease protein, ATP7B, is degraded in the proteasomes and forms protein aggregates.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 3月
    Gastroenterology
  • / Vol.120 No.4 967-974
  • 81

  • Expression and role of vascular endothelial growth factor in liver regeneration after partial hepatectomy in rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 1月
    J Histochem Cytochem
  • / Vol.49 No.1 121-130
  • 82

  • Copper does not alter the intracellular distribution of ATP7B, a copper-transporting ATPase.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 9月
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.275 No.3 871-6
  • 83

  • Cholestasis with altered structure and function of hepatocyte tight junction and decreased expression of canalicular multispecific organic anion transporter in a rat model of colitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 6月
    Hepatology
  • / Vol.31 No.6 1285-1295
  • 84

  • Role of ATP7B in biliary copper excretion in a human hepatoma cell line and normal rat hepatocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 5月
    Gastroenterology
  • / Vol.118 No.5 921-928
  • 85

  • Ursodeoxycholic acid reduces expression of heat shock proteins in primary biliary cirrhosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 2月
    Liver
  • / Vol.20 No.1 78-87
  • 86

  • High prevalence of anticardiolipin antibodies in hepatitis C virus infection: lack of effects on thrombocytopenia and thrombotic complications.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    J Gastroenterol
  • / Vol.35 No.4 272-277
  • 87

  • Detection of hepatitis-C virus and hepatitis-C virus replication in hepatocellular carcinoma by in situ hybridization.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 4月
    Scand J Gastroenterol
  • / Vol.34 No.4 432-438
  • 88

  • Expression of cyclooxygenase-2 in human hepatocellular carcinoma: relevance to tumor dedifferentiation.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 3月
    Hepatology
  • / Vol.29 No.3 688-696
  • 89

  • Vascular endothelial growth factor in patients with rheumatoid arthritis.
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Scand J Rheumatol
  • / Vol.27 No.5 377-380

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp