久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 平井 祐治の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Ezetimibe combined with standard diet and exercise therapy improves insulin resistance and atherosclerotic markers in patients with metabolic syndrome
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 5月
    J Diabetes Invest
  • / Vol.6 No.3 325-333
  • 2

  • Association of serum eicosapentaenoic acid to arachidonic acid ratio with microalbuminuria in a population of community-dwelling Japanese.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 4月
    Atherosclerosis
  • / Vol.239 No.2 577-582
  • 3

  • Serum vaspin levels are positively associated with carotid atherosclerosis in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    Atherosclerosis
  • / Vol.233 No.1 248-252
  • 4

  • Serum uric acid is associated with the left ventricular mass index in males of a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 1月
    Int Heart J
  • / Vol.55 No.1 65-70
  • 5

  • 一般住民男性における、血清尿酸値と左室重量係数の関連
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    未病と抗老化
  • / Vol.23 No.7 81
  • 6

  • Independent association of elevated serum hepatocyte growth factor levels with development of insulin resistance in a 10-year prospective study.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 7月
    Clin Endocrinol
  • / Vol.79 No.1 43-48
  • 7

  • High level of plasma remnant-like particle cholesterol may predispose to development of hypertension in normotensive subjects.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    Am J Hypertens
  • / Vol.26 No.6 793-798
  • 8

  • High serum N-acetyl-β-D-glucosaminidase activity is a predictor of 28-year mortality in a population of community-dwelling Japanese -The Tanushimaru Study-
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 3月
    J Am Geriatr Soc
  • / Vol.61 No.3 467-468
  • 9

  • New computer model for prediction of individual 10-year mortality on the basis of conventional atherosclerotic risk factors.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 3月
    Atherosclerosis
  • / Vol.227 No.1 159-164
  • 10

  • 血清N-acetyl-β-D-glucosaminidase (NAG)活性高値は、日本の一般住民における28年間の死亡の予測因子である。-田主丸研究より-
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    未病と抗老化
  • / Vol.22 No.7 124-130
  • 11

  • Plasma endothelin-1 level is a predictor of 10-year mortality in a general population: The Tanushimaru Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年12月
    Circ J
  • / Vol.76 No.12 2779-2784
  • 12

  • Serum hepatocyte growth factor and cancer mortality in an apparently healthy Japanese population.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 9月
    J Epidemiol
  • / Vol.22 No.5 395-401
  • 13

  • High-sensitive troponin T is associated with atrial fibrillation in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 4月
    Int J Cardiol
  • / Vol.156 No.1 98-100
  • 14

  • 地域住民の摂取栄養量と冠危険因子の50年間の変遷
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 1月
    日本循環器病予防学会誌
  • / Vol.47 No.1 30-36
  • 15

  • Plasma aldosterone levels and development of insulin resistance: prospective study in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年12月
    Hypertension
  • / Vol.58 No.6 1043-1048
  • 16

  • Systolic Blood Pressure Predicts Cardiovascular Mortality in a Farming but Not in a Fishing Community.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 8月
    Circ J
  • / Vol.75 No.8 1890-1896
  • 17

  • Trends in dietary intakes and serum cholesterol levels over 50 years in Tanushimaru in Japanese men.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 7月
    Food and Nutrition Sciences
  • / Vol.2 No.5 476-481
  • 18

  • 地域における検討-田主丸・牛深研究 (Seven Countries Study)
  • その他 / 共著 / 2011年 4月
    保健の科学
  • / Vol.53 No.4 241-244
  • 19

  • Factors associated with plasma ghrelin level in Japanese general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 4月
    Clin Endocrinol
  • / Vol.74 No.4 453-458
  • 20

  • 女性における血清尿酸値と総死亡との関連 -田主丸住民検診での疫学的検討-
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    日循予防誌
  • / Vol.46 No.2 174-179
  • 21

  • LDL-C/HDL-C ratio predicts carotid intima-media thickness progression better than HDL-C or LDL-C alone.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    J Lipids
  • / Vol.2011 549137
  • 22

  • High level of plasma endothelin-1 predicts development of hypertension in normotensive subjects.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年10月
    Am J Hypertens.
  • / Vol.23 No.10 1103-1107
  • 23

  • The p66shc gene expression in peripheral blood monocytes is increased in patients with coronary artery disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 9月
    Clin Cardiol.
  • / Vol.33 No.9 548-552
  • 24

  • Interstitial Foxp3-positive T cells may predict renal survival in patients with myeroperoxidase anti-neutrophil cytoplasmic antibody (MPO-ANCA)-associated glomerulonephritis.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Clin Exp Pharmacol Physiol
  • / Vol.37 879-883
  • 25

  • Factors associated with serum high mobility group box 1 (HMGB1) levels in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年12月
    Metabolism
  • / Vol.58 No.12 1688-1693
  • 26

  • オランダWageningen University and Research Centre留学記
  • 雑誌 / 単著 / 2009年 6月
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.72 No.5,6 5-8
  • 27

  • Habitual coffee but not green tea consumption is inversely associated with metabolic syndrome - An epidemiological study in a general Japanese population -
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 6月
    Diabetes Res Clin Pract
  • / Vol.76 No.3 383-389
  • 28

  • Plasma levels of asymmetric dimethylarginine (ADMA) are related to intima-media thickness of the carotid artery - An epidemiological study -
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    Atherosclerosis
  • / Vol.191 No.1 206-210
  • 29

  • Effect of physical training on insulin resistance in patients with chronic heart failure.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 7月
    Circ J
  • / Vol.70 No.7 864-867
  • 30

  • High plasma level of remnant-like particle cholesterol in the metabolic syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年10月
    Diabetes Care
  • / Vol.28 2514-2518
  • 31

  • Strong association between serum Hepatocyte Growth Factor and metabolic syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 5月
    J Clin Endocrinol Metab
  • / Vol.90 No.5 2927-2931
  • 32

  • Very long chain N-3 fatty acids intake and carotid atherosclerosis - An epidemiological study evaluated by ultrasonography -.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 9月
    Atherosclerosis
  • / Vol.176 No.1 145-149
  • 33

  • 二次性心筋症ー鑑別診断に必要な知識ー鑑別のポイント 産褥性心筋症
  • その他 / 共著 / 2004年 6月
    Heart View
  • / Vol.8 No.6 88-90
  • 34

  • Plasma endothelin-1 level is related to renal function and smoking status but not to blood pressure : an epidemiological study -.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 4月
    J Hypertens
  • / Vol.22 713-718

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp