久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 松浦 充洋の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • キーンベック病に対して有頭骨部分骨切り短縮術を行った1例
  • その他 / 共同発表 / 2019年 9月
    第12回日本手関節外科ワークショップ
  • 2

  • 肘関節不安定性を伴う橈骨頭・頚部骨折に対する手術治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第45回日本骨折治療学会
  • 3

  • キーンベック病に対して有頭骨短縮骨切り術を行った1例
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第137回西日本整形・災害外科学会学術集会
  • 4

  • Two cases of coronal shear fracture of the distal end of the humerus(Dubberly classification Type3A)
  • その他 / 共同発表 / 2019年 2月
    第31回日本肘関節学会学術集会
  • 5

  • 肘頭裂離骨片を伴う上腕三頭筋腱皮下断裂に合併した橈骨頭骨折、上腕骨内側上顆骨折の1例
  • 雑誌 / 2019年
    日本肘関節学会雑誌
  • / Vol.25 No.2 258-261
  • 6

  • 感染性偽関節・骨髄炎に対して抗生剤含有セメント髄内釘の有用性と容易な作成方法
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    骨折
  • / Vol.41 No.3 1121-1125
  • 7

  • 小児上腕骨顆上骨折の手術治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    第60回日本手外科学会学術集会
  • 8

  • 橈骨遠位端骨折に対するVolar Rim Locking Plate固定後にFPL断裂を認めた1例 
  • その他 / 共同発表 / 2017年 2月
    第38回九州手外科研究会
  • 9

  • 左手三角骨体部偽関節の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    骨折
  • / Vol.39 488-491
  • 10

  • 左手三角骨体部偽関節の一例
  • その他 / 共同発表 / 2016年 2月
    第37回九州手外科研究会

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp