久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 石田 哲也の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • ストレス対処方法、保健管理センターの利用方法
  • その他 / 講演 / 2019年 6月
    久留米大学病院看護部 2019年度新規採用看護師研修, 久留米 2019.6.28
  • 2

  • Heart Rate Variability of PTSD Patients in Trauma-Related Words Condition: A Preliminary Study.
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    The 16th European Society for Traumatic Stress Studies Conference, Rotterdam, the Netherlands 2019.6.14-16
  • 3

  • 健常群とトラウマティック・ストレス患者群における心拍変動の差異
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第18回日本トラウマティック・ストレス学会, 京都 2019.6.15-16
  • 4

  • 携帯・スマホとのつきあい方
  • その他 / 講演 / 2018年12月
    平成30年度水巻中学校プロジェクト企画 携帯・スマホとのつきあい方を考える対話集会, 水巻 2018.12.1
  • 5

  • Burnout and Psychological Symptoms among Nurses and Midwives Working in the Perinatal Wards: A Cross-cultural Study between Japan and Switzerland.
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    International Society for Traumatic Stress Studies 34th Annual Meeting, Washington, DC, USA 2018.11.8-10
  • 6

  • 糖尿病の不眠症に対する認知行動療法
  • その他 / 講演 / 2018年11月
    第5回糖尿病と睡眠・こころ研究会, 久留米 2018.11.28
  • 7

  • 子どもの自殺対策~生きづらさを抱える子どもたちへの気づきと対応・LGBTと自殺予防~
  • その他 / 講演 / 2018年10月
    平成30年度子ども・若者自殺対策研修(教職員向け), 久留米 2018.10.15
  • 8

  • 神経症圏患者への短期心理教育面接の心理療法としての意味づけ
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    九州神経精神医学
  • / Vol.64 No.2 63-70
  • 9

  • 神経症圏患者への短期心理教育面接の心理療法としての位置づけ
  • その他 / 共著 / 2018年
    公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団研究助成報告集
  • / Vol.30 7-12
  • 10

  • 久留米大学病院における発達障害臨床
  • その他 / 単独発表 / 2017年 3月
    第9回筑後地区発達障害治療研究会一般演題
  • 11

  • 公開事例検討会事例発表
  • その他 / 単独発表 / 2016年12月
    NPO法人九州大学こころとそだちの相談室設立10周年企画公開事例検討会
  • 12

  • 発達障害者の特性理解用レーダーチャート(MSPA)を用いた心理アセスメントの実施例
  • その他 / 共同発表 / 2016年12月
    九州精神神経学会第69回大会口頭発表
  • 13

  • 父からの暴力を背景に異なる行動様式を示した神経症圏の兄弟例
  • その他 / 共同発表 / 2016年12月
    九州精神神経学会第69回大会口頭発表
  • 14

  • 精神的に問題を抱えた生徒・保護者への対応〜発達障害の基礎知識と最新情報
  • その他 / 単独発表 / 2016年10月
    河合塾福岡校ハラスメント防止講演
  • 15

  • holdingにおける失敗の活用―学生相談機関の場合―(シンポジウム名:舛田亮太・平野直己・石田哲也・小田部貴子.様々なholdingの在り方2—holdingにおける「失敗」の活かし方ー)
  • その他 / 単独発表 / 2016年 9月
    日本パーソナリティ心理学会第25回大会,自主シンポジウム
  • 16

  • 心理臨床家が読み解く現代のものがたり ものがたりを遊ぶ-ヒロインを空想する男たち
  • その他 / 単著 / 2016年 8月
    心理臨床の広場
  • / Vol.9 No.1 51-53
  • 17

  • 当院精神科外来におけるスボレキサントの使用状況とその有用性について
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    日本睡眠学会第41回定期学術集会ポスター発表
  • / 283
  • 18

  • 第3章 操作主義と本質主義「でも先生,それってそもそもどういう意味?」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年 7月
    金坂弥起(監訳)心理学をまじめに考える方法-真実を見抜く批判的思考 誠信書房
  • / p49-68
  • 19

  • ストレスの対処方法・保健管理センターの活用方法
  • その他 / 単独発表 / 2016年 6月
    平成28年度新人看護師研修会講演
  • 20

  • 看護師・助産師の職場ストレスと期待する職場環境
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    日本トラウマティックストレス学会第15回大会ポスター発表
  • / 141
  • 21

  • てんかんの併存症に関する心理アセスメント
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    第6回全国てんかんリハビリテーション研究会一般演題
  • 22

  • Day workers suffering from a wider range of sleep problems are more likely to experience suicidality
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Sleep and Biological Rhythms
  • 23

  • 不眠に対する認知行動療法の実践報告
  • その他 / 単独発表 / 2015年12月
    久留米大学医学部神経精神医学講座同門会総会発表
  • 24

  • 精神的に問題を抱えた生徒・保護者への指導上で注意すること
  • その他 / 単独発表 / 2015年11月
    河合塾福岡校ハラスメント防止講演
  • 25

  • PTSD患者の薬物療法―うつ病併存に着目して―.
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    九州精神神経学会第68回大会口頭発表
  • 26

  • 公開スーパービジョン事例提供
  • その他 / 単独発表 / 2015年10月
    一般社団法人福岡県臨床心理士会第23回全体研修会
  • 27

  • 「習慣への没入」概念を用いた熱中と嗜癖の差異に関する検討
  • その他 / 単独発表 / 2015年 9月
    日本心理臨床学会第34回秋季大会口頭発表(シンポジウムA)
  • / 119
  • 28

  • 心的外傷体験の心理教育における援助構造について-内的,外的,社会的構造の3分類による仮設生成-
  • その他 / 共同発表 / 2015年 9月
    日本心理臨床学会第34回秋季大会ポスター発表
  • / 497
  • 29

  • 睡眠に対する認知行動療法における抱え方(シンポジウム名:舛田亮太・平野直己・石田哲也・小田部貴子.様々なholdingの在り方—抱えられる環境を作るプロセスー)
  • その他 / 単独発表 / 2015年 8月
    日本パーソナリティ心理学会第24回大会,大会準備委員会企画シンポジウム
  • / 15
  • 30

  • PTSD患者の薬物療法--うつ病併存に着目して--
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    日本トラウマティックストレス学会第14回大会ポスター発表
  • / 131
  • 31

  • 2014年度心理教育相談部門活動報告書
  • その他 / 共著 / 2015年
    九州大学総合臨床心理研究
  • / Vol.7 印刷中
  • 32

  • 3次元型睡眠尺度(3 Dimensional Sleep Scale: 3DSS)—日勤者版—のカットオフ値について:ピッツバーグ睡眠質問票(Pittsburgh Sleep Quality Index: PSQI)による睡眠障害判定を用いた検討
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    産業衛生学雑誌
  • / Vol.57 No.4 140-143
  • 33

  • 心的外傷体験を有するクライエントへの認知行動的アプローチ(第3報)―実践報告4例における研究統括―
  • その他 / 共著 / 2015年
    財団法人メンタルヘルス岡本記念財団, 研究助成報告書集
  • / Vol.27 印刷中
  • 34

  • 思春期の子どもとの関わり方
  • その他 / 単独発表 / 2014年 8月
    河合塾福岡校中学生個別指導コース保護者会講演
  • 35

  • 嗜癖概念に関する臨床心理学的理解の現状と課題
  • 雑誌 / 単著 / 2014年
    臨床心理学
  • / Vol.14 No.6 851-859
  • 36

  • 睡眠の位相・質・量を測る3次元型睡眠尺度(3 Dimensional Sleep Scale; 3DSS)-日勤者版-の信頼性・妥当性の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    産業衛生学雑誌
  • / Vol.56 No.5 128-140
  • 37

  • 嗜癖概念に関する臨床心理学的理解の現状と課題.
  • 雑誌 / 単著 / 2014年
    臨床心理学
  • / Vol.14 No.6 851-859
  • 38

  • 心的外傷体験を有するクライエントへの認知行動的アプローチ(第2報)――テキストを用いた実践報告
  • その他 / 共著 / 2014年
    財団法人メンタルヘルス岡本記念財団, 研究助成報告書集
  • / Vol.26 103-107
  • 39

  • 2013年度心理教育相談部門活動報告書
  • その他 / 共著 / 2014年
    九州大学総合臨床心理研究
  • / Vol.6 101-105
  • 40

  • 「習慣への没入」の類型とその特徴――習慣の目的および精神的健康度の観点から
  • 雑誌 / 単著 / 2014年
    心理臨床学研究
  • / Vol.32 No.3 369-380
  • 41

  • 習慣への没入尺度を用いた熱中と嗜癖の差異に関する検討
  • その他 / 単独発表 / 2014年
    日本心理臨床学会第33回秋季大会ポスター発表
  • 42

  • 親子で学ぶ心理学セミナー
  • その他 / 単独発表 / 2013年10月
    河合塾福岡校大学受験基礎・高卒認定対応コース保護者会講演
  • 43

  • 規則性・質・量の3要素で睡眠のタイプを評価する質問票の開発
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    産業衛生学雑誌
  • / Vol.55 No.5 154-164
  • 44

  • 大学院附属相談室におけるケース引き継ぎの留意点に関する調査と研修の報告
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    九州大学総合臨床心理研究
  • / Vol.5 25-35
  • 45

  • 九州大学心理教育相談室における「曜日チーム」の機能
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    九州大学総合臨床心理研究
  • / Vol.5 37-45
  • 46

  • メディア依存対策としての表現療法
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    西日本芸術療法学会誌
  • / Vol.41 47-57
  • 47

  • 2012年度心理教育相談部門活動報告書
  • その他 / 共著 / 2013年
    九州大学総合臨床心理研究
  • / Vol.5 61-65
  • 48

  • 心的外傷体験を有するクライエントへの認知行動的アプローチ――心理教育の観点から
  • その他 / 共著 / 2013年
    財団法人メンタルヘルス岡本記念財団, 研究助成報告書集
  • / Vol.25 105-109
  • 49

  • 多様な習慣に没入して勉強に集中できない予備校生との面接
  • その他 / 単独発表 / 2013年
    日本心理臨床学会第32回秋季大会ポスター発表
  • / 242
  • 50

  • 双極性障害の不眠に対して認知行動療法を実施した1例
  • その他 / 共同発表 / 2013年
    第38回日本睡眠学会,ポスター発表
  • / 227
  • 51

  • 不眠症患者に対する認知行動療法の実践報告
  • その他 / 単独発表 / 2012年 9月
    久留米大学医学部神経精神医学講座集談会
  • 52

  • JC尺度試行調査報告
  • その他 / 単独発表 / 2012年 2月
    NPO法人子どもとメディア日韓共同フォーラム
  • 53

  • 2011年度心理教育相談部門活動報告書
  • その他 / 共著 / 2012年
    九州大学総合臨床心理研究
  • / Vol.4 165-169
  • 54

  • 日本の思春期児童・生徒におけるネットメディア依存傾向に関する基礎的研究
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    九州大学総合臨床心理研究
  • / Vol.4 1-9
  • 55

  • 不眠症患者に対する認知行動療法の実践報告
  • その他 / 共同発表 / 2012年
    第37回日本睡眠学会,シンポジウム30
  • / 176
  • 56

  • 大学病院における不眠症の認知行動療法実施について――主訴に表れない潜在的ニーズの観点から
  • その他 / 共著 / 2012年
    財団法人メンタルヘルス岡本記念財団, 研究助成報告書集
  • / Vol.24 71-76
  • 57

  • カウンセリングルームから
  • その他 / 単独発表 / 2011年 1月
    河合塾福岡校スタッフ研修
  • 58

  • Does the 'hikikomori' syndrome of social withdrawal exist outside Japan? A preliminary international investigation.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Social Psychiatry and Psychiatric Epidemiology
  • / Vol.47 1061-1075
  • 59

  • Introducing the concept of modern depression in Japan; an international case vignette survey.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Journal of Affective Disorders
  • / Vol.135 66-76
  • 60

  • 青年期における嗜癖に関する研究――嗜癖傾向尺度作成の試み
  • 雑誌 / 単著 / 2010年
    九州大学心理学研究
  • / Vol.11 91-99
  • 61

  • 子どもたちのメディア依存に関する調査研究(3)
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    日本心理臨床学会第29回秋季大会口頭発表
  • 62

  • 子どもたちのメディア依存に関する調査研究(2)
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    日本心理臨床学会第29回秋季大会口頭発表
  • 63

  • メディア依存に対するスクールカウンセラーの役割――脱メディア依存プログラムの開発と実践
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    日本心理臨床学会第29回秋季大会自主シンポジウム
  • 64

  • 子どもたちのメディア依存に関する調査研究(1)
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    日本心理臨床学会第29回秋季大会口頭発表
  • 65

  • Impact of biopsychosocial factors on psychiatric training in Japan and overseas: Are psychiatrists oriented to mind, brain, or sociocultural issues?
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Psychiatry and Clinical Neurosciences
  • / Vol.64 520-530

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp