久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 跡上 富美の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 現代の更年期の捉え方と更年期対処方法―テキストマイニング法を用いてー
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    第34回日本女性医学学会学術集会
  • 2

  • 無精子症の男性にとっての子どもの意味から見えてくるMD-TESE・TESEを選択した男性の様相~自分の精子でできた子供という花を咲かせるために~
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    第64回日本生殖医学会学術集会
  • 3

  • 妊娠期の座位行動時間に影響を与える生活習慣の検討
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    第39回日本看護科学学会学術集会
  • 4

  • 男性不妊患者の妊孕性に対する認識の実態
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    第39回日本看護科学学会学術集会
  • 5

  • 妊娠に伴う便意の状況と対処行動
  • その他 / 共同発表 / 2019年10月
    第60回日本母性衛生学会学術集会
  • 6

  • 青年期男性の被養育経験と愛着スタイルが育児準備状態に及ぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2019年10月
    第60回日本母性衛生学会学術集会
  • 7

  • Developing a Prenatal Couple Education Program Focusing on Coparenting for Japanese Couples: A Quasi-Experimental Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 9月
    Tohoku J Exp Med.
  • / Vol.249 No.1 9-17
  • 8

  • Longitudinal study of physical activity using an accelerometer in Japanese pregnant women
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 8月
    Japan Journal of Nursing Science(DOI: 10.1111/jjns.12294)
  • 9

  • 座位中心型の生活習慣と妊娠期マイナートラブルの関連
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第21回日本母性看護学会学術集会
  • 10

  • 妊娠経過に伴う身体活動内容の変化‐就労状況別の身体活動量との比較‐
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    母性衛生
  • / Vol.59 No.4
  • 11

  • 20歳代未婚女性がとらえる自らの妊孕力自己認識
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    母性衛生
  • / Vol.59 No.2 544-549
  • 12

  • What does Klinefelter syndrome mean for men wiht Azospermia in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Journal of Midwifery and Reproductive Health
  • / Vol.6 No.2 1230-1235
  • 13

  • 妊娠期のセルフケア向上に役立つアプリの検討
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    母性衛生
  • / Vol.58 No.1 600-607
  • 14

  • 就労妊婦の罪悪感の測定「胎児への罪悪感尺度」と「職場への罪悪感尺度」の開発:信頼性と妥当性の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    東北大学医学部保健学科紀要
  • / Vol.27 No.1 23-30
  • 15

  • 妊婦の日常生活における身体活動の評価
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    日本母性看護学会誌
  • / Vol.17 No.1 29-36
  • 16

  • 女性の足関節底背屈運動が腓腹筋の血行動態に及ぼす影響‐浮腫予防ケアの開発を目指して‐
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    リンパ浮腫管理の研究と実践
  • / Vol.5 No.1 9-17
  • 17

  • Feelings of guilt toward the baby and workplace commitment related to prenatal comfort in pregnant Japanese working women
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    International Journal of Occupational Health and Public Health Nursing
  • / Vol.4 No.1 45-58
  • 18

  • Japanese Version of the Quality of Life Measurement for limb Lymphedema(leg)(J-LYMQOL-1): Its Reliability and Validity
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    LYMPHEDEMA RESEACH AND PRACTICE
  • / Vol.5 No.1 1-8
  • 19

  • Maternal Gaze Behaviors During Latching-On for Breastfeeding
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Breastfeed Medicine
  • / Vol.12 No.6 359-364
  • 20

  • 無侵襲性出生前遺伝学的検査(NIPT)受検者が妊娠中に抱く思い
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    東北大学医学部保健学科紀要
  • / Vol.26 No.1 47-56
  • 21

  • 日本語版コペアレンティング関係尺度(CRS-J)の信頼性・妥当性の検証
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    日本母性看護学会誌
  • / Vol.17 No.1 11-20
  • 22

  • Immediate needs and concerns among pregnant women during and after Typhoon Haiyan (Yolanda)
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 1月
    PLoS Current
  • / Vol.25 No.8
  • 23

  • 就労妊婦の罪悪感:概念分析
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    日本看護科学学会誌
  • / Vol.36 213-219
  • 24

  • 無精子症の診断を受けた時の思い 精巣内精子採取術・顕微鏡下精子採取術を選択した男性の語りから
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    日本母性看護学会誌
  • / Vol.16 No.1 49-56
  • 25

  • 就労妊婦の就労日と休日における身体活動量と生活活動パターン
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    日本母性看護学会誌
  • / Vol.16 No.1 33-40
  • 26

  • Is There a Meaningful Level of Activity Restriction for Hosptalizaed Pregnant Women?: A single-Case Experimental Investigation
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Bulletin of School of Health Sciences Tohoku University
  • / Vol.24 No.1 29-37
  • 27

  • 妊娠期の身体活動に対する認識と保健指導の実態
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    母性衛生
  • / Vol.57 No.2 475-482
  • 28

  • Comfort with motherhood in late paregnancy facilitates maternal role attainment in early postpartum
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Tohoku J Exp Med
  • / Vol.235 No.1 53-59
  • 29

  • Cross-sectional online survey of research productivity in young Japanese nursing faculty
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Japan Journal of Nursing Science
  • / Vol.12 No.3 198-207
  • 30

  • Committed to working for the community: experiences of public health nurse in a remote area during the Great East Japan Earthquake.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Health Care for Women International
  • / Vol.36 No.11 1224-1238
  • 31

  • 入院妊婦の動静制限にはどのような意味があるのか?
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    東北大学医学部保健学科紀要
  • / Vol.24 No.1 29-37
  • 32

  • 婦人科がん手術後患者がリンパ浮腫予防教室に抱く思い リンパ浮腫発症の可能性に直面して
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    日本がん看護学会誌
  • / Vol.29  No.1 5-13
  • 33

  • 就労妊婦における妊娠期の快適性の特徴
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    母性衛生
  • / Vol.56 No.2 292-300
  • 34

  • 若手研究者の研究活動阻害因子と日本看護科学学会に求める支援の関連要因
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    日本看護科学学会誌
  • / Vol.35 203-214
  • 35

  • Remote community-based public health nursing during a disaster: an ethnographic case study in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Australian emergency nursing journal
  • / Vol.17 No.3 106-111
  • 36

  • 妊娠先行型結婚をした女性の認識における快適性の変化
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    日本母性看護学会誌
  • / Vol.14 No.1 50-56
  • 37

  • 入院している切迫早産妊婦の肯定的な体験について
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    母性衛生
  • / Vol.54.0% No.2 346-353
  • 38

  • 切迫早産妊婦の入院における妊娠の受け止め
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    母性衛生
  • / Vol.53 No.2 313-353
  • 39

  • Assessment of quality of life in pregnant Japanese women: comparison of hospitalized, outpatient, and non-pregnant women
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Nursing Health Science
  • / Vol.14 No.2 182-188
  • 40

  • 妊娠期の快適性に関する尺度の開発
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    日本母性看護学会誌
  • / Vol.11 No.1 11-18
  • 41

  • 妊娠先行婚女性の家族形成過程の特徴
  • 雑誌 / 単著 / 2011年
    東北大学医学部保健学科紀要
  • / Vol.20 No.1 45-54
  • 42

  • Assessment of maternal psychosocial adaptation in pre-labor hospitalized pregnant women in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Nursing Reports
  • / Vol.1 No.1 35-39
  • 43

  • 現代の更年期女性における体形とQOL・更年期症状との関連
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    母性衛生
  • / Vol.52 No.2 263-269
  • 44

  • マタニティスイミングの精神的効果 MCL-3, POMSを利用し
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    母性衛生
  • / Vol.47 No.2 283-289
  • 45

  • 胎児異常を診断された妊婦をケアする看護者が援助を通して大切にしていること
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    長野県看護大学紀要
  • / Vol.8 21-28
  • 46

  • 分娩期の看護
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年
    放送大学 母性看護学(’05)
  • 47

  • Menopause in Australia and Japan: effects of residence on menopausal status and menopausal symptoms
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Climacteric
  • / Vol.7 No.2 165-175
  • 48

  • 長野県女性の骨粗しょう症予防とヘルスプロモーションに関する研究:1.健康状況とライフスタイル
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    長野県看護大学紀要
  • / Vol.6 27-34
  • 49

  • 第5章(8,9,11節),第8章(1節)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年
    女性生涯看護学
  • 50

  • Relationship between menopausal symptoms and menopausal status in Australian and Japanes women: preliminary analysis
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Nursing and Health
  • / Vol.6 No.3 173-180
  • 51

  • 21世紀の日本女性が体験している更年期症状の特徴
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    日本更年期医学会誌
  • / Vol.11 No.2 247-256
  • 52

  • マタニティスイミングの運動強度の測定%HRmaxとRPEを用いて
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    日本母性看護学会誌
  • / Vol.3 No.1 37-46
  • 53

  • 妊娠先行婚女性の親となる過程と家族を作るプロセスに関する研究
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    日本母性看護学会誌
  • / Vol.3 No.1 1-8
  • 54

  • 中高年女性の更年期に対する認識
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    日本母性看護学会誌
  • / Vol.2 No.2 11-19
  • 55

  • 第3章,第4章,第5章
  • 単行本 / 分担執筆 / 2000年
    更年期のケア-女性の健康と看護‐
  • / 24-70
  • 56

  • 更年期女性の精神心理症状の特徴-45歳から65歳までの長野・大阪女性の健康実態調査から-
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    日本女性心身医学会
  • / Vol.5 No.1 38-46
  • 57

  • Impairment of autonomic function induced by posture change in postmenopausal women.
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Journal of Women's Health
  • / Vol.7 No.5 575-582
  • 58

  • Reflex control of autonomic function induced by posture change during the menstrual cycle.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Journal of Autonomic Nerve System
  • / Vol.66 69-74
  • 59

  • 持続的胎児心拍モニタリング法と間欠的聴取法の比較研究
  • 雑誌 / 共著 / 1995年
    日本助産学会誌
  • / Vol.9 No.1 11-22

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp