久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 駒井  幹の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 卵巣癌の進行期分類と治療方針
  • 雑誌 / 共著 / 2004年10月
    Nippon Rinsho
  • / Vol.62 No.10 484-495
  • 2

  • 腫瘍マーカー 乳腺、婦人科系(CA125,CA15-3,SCC)
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 5月
    Modern Physician
  • / Vol.24 No.5 980-985
  • 3

  • Does Second-Line Chemotherapy,Performed in Response to Marker Recurrence,Improve the Outcome of Ovarian Cancer?
  • その他 / 発表 / 2002年 5月
    The 38th Annual Meeting American Society of Clinical Oncology(Orland,USA)
  • 4

  • 卵巣腫瘍と腫瘍マーカー
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    癌と化学療法
  • / Vol.29 No.3 481-486
  • 5

  • The possible intraspousal transmission of HCV in terms of lichen planus
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Int J Mol Med
  • / Vol.10 569-573
  • 6

  • Clinical characteristics of mucinous adenocarcinoma of the ovary.
  • その他 / その他 / 2001年 5月
    The 37th American society of Clinical Oncology
  • 7

  • 上皮性卵巣癌のsecond-line chemotherapy
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    ONCOLOGY&CHEMOTHERAPY
  • / Vol.17 No.2 116-121
  • 8

  • Remission of metastatic cervical adenocarcinoma with weekly paclitaxel
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Int J Gynecol Cancer
  • / Vol.11 167-168
  • 9

  • 抗癌剤の卵巣機能に与える影響についての基礎的臨床的研究
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    ONCOLOGY&CHEMOTHERAPY
  • / Vol.17 No.2 86-90
  • 10

  • 卵巣癌に対する化学療法はCAPかパクリタキセルか 卵巣癌初回治療としての新レジメンの効果
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    日本産科婦人科学会九州連合地方部会誌
  • / Vol.52 93-97
  • 11

  • Clinical characteristics of mucinous adenocarcinoma of the ovary.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    J Clin Oncol
  • / Vol.20 186b
  • 12

  • Weekly 1 Hour Paclitaxel Infusion in Patients with Recurrent Gynecological Tumors : a Pilot Study
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Jpn J Clin Oncol
  • / Vol.31 No.8 395-398
  • 13

  • 婦人科癌
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    総合臨床
  • / Vol.50 No.2 293-299
  • 14

  • Successful treatment of two patients with recurrent endometrial cancer by weekly paclitaxel
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Cancer letters
  • / Vol.160 9-12
  • 15

  • PaclitaxelによるHypersensitivity reactionの1例
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    日本産科婦人科学会雑誌
  • / Vol.52 No.9 1375-1378
  • 16

  • 卵巣癌初回化学療法における経済効率の検討
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    日本産科婦人科学会雑誌
  • / Vol.51 No.3 p 287-p 292
  • 17

  • I, II期卵巣明細胞癌に対する治療背景と予後
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    日本産科婦人科学会雑誌
  • / Vol.51 No.4 p 213-p 218
  • 18

  • Clinical characteristics of clear cell carcinoma of the ovary: A distinct histologic type with poor prognosis and resistance to platinum -based chemotherapy
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Journal of Clinical Oncology
  • / Vol.18 p 361-p361
  • 19

  • プラチナ耐性卵巣癌に対するsalvage regimenとしてのイリノテカン併用療法の検討
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Oncology & Chemotherapy
  • / Vol.15 No.2 p 135-p138
  • 20

  • 卵巣腫瘍と腫瘍マーカー
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    産婦人科治療
  • / Vol.79 No.6 p 647-p 652
  • 21

  • 1CA125の修飾因子に関する研究
  • 雑誌 / 単著 / 1990年
    Oncology & Chemotherapy 6巻
  • / p343-p349

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp