久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 原   樹の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • DNA cleavage and trypanosomes death by a combination of Alamar Blue and Au(III).
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Journal of the Chemical Society of Pakistan
  • / Vol.42 141-148
  • 2

  • コンタクトレンズ保存液からのアカントアメーバの検出.
  • 雑誌 / 2020年
    久留米大学医学部附属臨床検査専門学校紀要
  • / Vol.28 21-24
  • 3

  • Human case of Onchocerca japonica infection in Fukushima, Northeastern Honshu, Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Parasitology International
  • / Vol.72 doi 101943
  • 4

  • ハエ幼虫症の一例について
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Clinical Parasitology
  • / Vol.30 89-91
  • 5

  • Pathogenic free-living amoebic encephalitis in Japan
  • その他 / 共著 / 2019年
    Neuropathology
  • / Vol.39 251-258
  • 6

  • 臨床的に有用な赤痢アメーバの迅速な染色法
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    久留米大学医学部附属臨床検査専門学校紀要
  • / Vol.26 32-35
  • 7

  • 赤痢アメーバの簡易迅速染色法
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Clinical Parasitology
  • / Vol.29 27-29
  • 8

  • 微小ダニの屋内の主な生息場所と殺ダニ方法
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    久留米大学医学部附属臨床検査専門学校紀要
  • / Vol.25 8-9
  • 9

  • 最近10年間に当研究室に検査依頼のあった条虫症例
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Clinical Parasitology
  • / Vol.28 93-95
  • 10

  • 再発を繰り返した蟯虫症例
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Clinical Parasitology
  • / Vol.27 No.1 20-22
  • 11

  • アニサキス幼虫の不活化に関する検討
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    久留米大学医学部附属臨床検査専門学校紀要
  • / Vol.24 28-30
  • 12

  • 当院で経験した無鉤条虫症の輸入症例
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Clinical Parasitology
  • / Vol.25 No.1 83-85
  • 13

  • 【見逃すな,寄生虫感染症!】神経症状を主症状とする寄生虫感染症 アメーバ性髄膜脳炎
  • その他 / 単著 / 2014年 7月
    臨床と微生物
  • / Vol.41 No.4 385-391
  • 14

  • 診断の1年後に駆虫し2隻の虫体排出が認められた日本海裂頭条虫症の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Clinical Parasitology
  • / Vol.25 No.1 83-85
  • 15

  • Successful treatment of granulomatous amoebic encephalitis with combination antimicrobial therapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Internal Medicine
  • / Vol.52 1977-1981
  • 16

  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-(Ⅰ)】Ⅱ感染性疾患 原虫感染症 アメーバ症
  • その他 / 単著 / 2013年
    日本臨床;別冊(神経症候群(Ⅰ))
  • / 892-896
  • 17

  • 熱帯熱マラリア治療4ヶ月後に卵形マラリアを発症した1例
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Clinical Parasitology
  • / Vol.24 No.1 78-80
  • 18

  • 内視鏡検査にて見出された美麗食道虫の人体感染例
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Clinical Parasitology
  • / Vol.20 No.1 58-60
  • 19

  • Novel culture medium for Naegleria fowleri
  • その他 / 共同発表 / 2007年
    XIIth International Meeting on the Biology and Pathogenicity of Free-Living Amoebae
  • 20

  • The 14-3-3 proteins of Trypanosoma brucei function in motility, cytokinesis, and call cycle.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 4月
    The Journal of Biological Chemistry
  • / Vol.280 No.14 14085〜14096
  • 21

  • Expression of TGF-β-like molecules in the life cycle of Schistosoma japonicum.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Parasitology Research
  • / Vol.95 367〜373
  • 22

  • Diagnosis of the primary amoebic meningoencephalitis due to Naegleria fowleri.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Parasitology International
  • / Vol.54 219〜221
  • 23

  • 日常診療で役に立つ寄生虫情報システム
  • 雑誌 / 共著 / 2004年10月
    治療
  • / Vol.86 No.10 2653〜2658
  • 24

  • African trypanosome interactions with an in vitro model of the human blood-brain barrier.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Journal of Parasitology
  • / Vol.90 No.5 970〜979
  • 25

  • In vitro toxicity of palladium(II) and gold(III) porphyrins and their aqueous metal ion counterparts on Trypanosoma brucei brucei growth
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Chemico-Biological Interactions
  • / Vol.148 19〜25
  • 26

  • 遺伝子同定法の信頼性と問題点
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Clinical Parasitology
  • / Vol.13 No.1 16-18
  • 27

  • Neutropenia augments experimentally induced Schistosoma japonicum egg granuloma formation in CBA mice, but not in C57BL/6 mice
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Parasite Immunology
  • / Vol.24 479〜488
  • 28

  • Effective gene transfer into Trypanosoma brucei bloodstream forms by particle bombardment
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Molecular and Biochemical Parasitology
  • / Vol.119 117〜119
  • 29

  • 遺伝子同定法の信頼性と問題点
  • その他 / 共同発表 / 2002年
    第13回日本臨床寄生虫学会大会シンポジウム
  • 30

  • Toxic effects of mercury(II), cadmium(II) and lead(II) porphyrins on Trypanosoma brucei brucei growth
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Chemico-Biological Interactions
  • / Vol.139 177〜185
  • 31

  • Effect of nitric oxide synthase inhibition on Schistosoma japonicum egg-induced granuloma formation in the mouse liver
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Parasite Immunology
  • / Vol.23 281〜289
  • 32

  • Schistosoma japonicum egg granuloma formation in the interleukin-4 or interferon-γ deficient host
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Parasite Immunology
  • / Vol.23 271〜280
  • 33

  • Critical roles of glycosylphosphatidylinositol for Trypanosoma brucei
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 9月
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA
  • / Vol.97 No.19 10336〜10341
  • 34

  • The first case of primary amoebic meningoencephalitis due to Naegleria fowleri in Japan
  • その他 / 共同発表 / 2000年
    XVth International Congress for Tropical Medicine and Malaria
  • 35

  • Expression of recombinant metacyclic VSG of Trypanosoma brucei using baculovirus expression system
  • その他 / 共同発表 / 2000年
    12th Japanese-German Symposium on Protozoan Diseases
  • 36

  • Transfection study as a tool for Trypanosoma brucei biology
  • その他 / 共同発表 / 1998年
    IXth International Congress of Parasitology
  • 37

  • Trypanosoma brucei as a gene expression system
  • その他 / 共同発表 / 1998年
    IXth International Congress of Parasitology
  • 38

  • The application of molecular biological tools to epidemiology of African Trypanosomosis
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Tokai J. Exp. Clin. Med.
  • / Vol.23 No.6 401〜411
  • 39

  • Inhibitory effect of circulating egg antigens on Schistosoma japonicum egg-induced granuloma formation
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Journal of Parasitology
  • / Vol.83 No.5 842〜847
  • 40

  • Rapid uptake and phosphorylation of D-mannose, and limited D-mannose 6-phosphate isomerization in the glycolytic pathway of bloodstream forms of Trypanosoma brucei gambiense
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    The Kurume Medical Journal
  • / Vol.44 105〜113
  • 41

  • Investigation for the method to purify VSG of Trypanosoma brucei gambiense
  • その他 / 共同発表 / 1996年
    XIVth International Congress for Tropical Medicine and Malaria
  • 42

  • Effect of mannose on the growth of Trypanosoma brucei gambiense bloodstream form
  • その他 / 共同発表 / 1994年
    9th Japanese-German Cooperative Symposium on Protozoan Diseases
  • 43

  • Comparative studies on larval and pupal phenoloxidase of the housefly, Musca domestica L.
  • 雑誌 / 共著 / 1993年
    Comparative Biochemistry and Physiology
  • / Vol.106B No.2 287〜292
  • 44

  • Properties of cuticular phenoloxidase from pupae of the housefly, Musca domestica L.
  • 雑誌 / 共著 / 1991年
    Agricultural and Biological Chemistry
  • / Vol.55 No.1 13〜17
  • 45

  • Properties of phenoloxidase purified from larvae of the housefly
  • 雑誌 / 共著 / 1989年 9月
    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University
  • / Vol.67 127〜139
  • 46

  • Purification and kinetic properties of phenoloxidase from pupae of the housefly
  • 雑誌 / 共著 / 1989年
    Agricultural and Biological Chemistry
  • / Vol.53 No.5 1387〜1393

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp