久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 高橋 知子の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Identification and Expression Analysis of Upregulated Genes in the Resting Egg-producing Water Flea (Daphnia pulex)
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Zoological Science
  • / Vol.33 106-115
  • 2

  • ミジンコの休眠卵産生に関与する遺伝子の探索
  • その他 / 共同発表 / 2014年 9月
    日本動物学会第85回大会
  • 3

  • Isolation of the bioactive peptides CCHamide-1 and CCHamide-2 from Drosophila and their putative role in appetite regulation as ligands for G protein-coupled receptors.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Frontiers in Endocrinology
  • / Vol.3 No.177
  • 4

  • Identification of the endogenous cysteine-rich peptide trissin, a ligand for an orphan G protein-coupled receptor in Drosophila.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Biochemical and Biophysical Research Communication
  • / Vol.414 No.1 44-48
  • 5

  • Identification of the novel bioactive peptides dRYamide-1 and dRYamide-2, ligands for a neuropeptide Y-like receptor in Drosophila.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Biochemical and Biophysical Research Communication
  • / Vol.410 No.4 872-877
  • 6

  • Neuromedin U is necessary for normal gastrointestinal motility and is regulated by serotonin.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Annals of the New York Academy of Sciences
  • / Vol.1200 104-111
  • 7

  • Production of n-octanoyl-modified Ghrelin in Cultured Cells Requires Prohormone Processing Protease and Ghrelin O-acyltransferase, as well as n-octanoic Acid
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    The Journal of Biochemistry
  • / Vol.146 No.5 675-682
  • 8

  • Ghrelin deficiency does not influence feeding performance
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Regulatory Peptides
  • / Vol.145 7-11
  • 9

  • Reguration of gonadotoropin secretion and puberty onset by neuromedinU
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    FEBS Letters
  • / Vol.580 3485-3488
  • 10

  • The neuromedin U promotes IL-6 production from macrophages and endotoxin shock   
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Biochemical and Biophysical Research Communications
  • / Vol.341 1149-1154
  • 11

  • Characterization of obesity in Japanese monkeys (Macaca fusucata)in pedigreed colony
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Journal of Medical Primatology
  • / Vol.35 30-37

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp