久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 桑原 礼一郎の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 関連企画 セッション 2 下関市 若手キャリアアッププラン~私の履歴書~ 肝臓内科医が感じる肝不全・肝移植診療の悦び
  • その他 / 共同発表 / 2019年12月
    第43回日本肝臓学会西部会
  • 2

  • 肝臓内科医の外科肝移植チームでの診療体験「内科医の精神的ハードルを下げ、外科医の負担を軽減するために」
  • その他 / 共同発表 / 2019年 7月
    第37回日本肝移植学会
  • 3

  • 移植後C型肝炎に対するソホスブビル・レジパスビル療法失敗後にグレカプレビル・ピブレンタスビル療法でSVRを達成した2例の検討
  • その他 / 共同発表 / 2019年 7月
    第37回日本肝移植学会
  • 4

  • Identification of Hepatic Stem Cell Niche By Label Retaining Cell Assay in Fetal and Neonatal Mice
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    The 69th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 5

  • 劇症肝炎の管理指針(Guidelines for fulminant hepatic failure)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2018年 2月
    救急・集中治療最新ガイドライン2018-'19
  • / Vol.1 No.1 357-358
  • 6

  • 肝幹細胞・肝前駆細胞ニッシェの探索
  • その他 / 共著 / 2016年11月
    肝臓、24th JDDW(第20回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.57 No.Suppl.2 A551
  • 7

  • An analysis of drug-induced liver injury, which showed histological findings similar to autoimmune hepatitis
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 6月
    J Gastroenterol
  • / Vol.51 No.6 597-607
  • 8

  • Peribiliary hepatocyteとCanals of Heringの肝幹細胞・肝前駆細胞ニッシェとしての可能性
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    肝臓、第52回日本肝臓学会総会
  • / Vol.57 No.Suppl.1 A223
  • 9

  • ダクラタスビル・アスナプレビル併用療法中にHBV再活性化により肝不全となった1例
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    第42回日本急性肝不全研究会
  • 10

  • 胎生期・発育期のマウスを用いたLabel-Retaining Cell (LRC) Assayによる肝幹細胞ニッチェの探索
  • その他 / 共同発表 / 2015年12月
    第1回G-PLUS (旧称:浜名湖シンポジウム)
  • 11

  • Poster Sessions: Stem Cell Bology:Identification of hepatic stem cell niche by label retaining cell assay with fetal and neonatal mice
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    Hepatology、The 66th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.62 No.(1)(Suppl.) :546A
  • 12

  • シンポジウム(3)胎生期・発育期のマウスを用いたLabel-Retaining Cell Assayによる肝幹細胞ニッチェの探索
  • その他 / 共同発表 / 2015年10月
    肝臓、23rd JDDW(第19回日本肝臓学会大会、第57回日本消化器病学会大会、第13回日本消化器外科学会大会 合同)
  • / Vol.56 No.Suppl.2 A652
  • 13

  • シンポジウム(1)臓器形成期マウスにLabel-Retaining Cell Assayを用いた肝幹細胞ニッチェの探索
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    第22回肝細胞研究会
  • 14

  • 多峰性の肝機能異常が二か月以上にわたり遷延したC 型急性肝炎重症型の一例
  • その他 / 共同発表 / 2014年12月
    プログラム・抄録集、第104回日本消化器病学会九州支部例会、第98回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • / 163
  • 15

  • 肝外三臓器障害を合併したが内科治療で救命したB型劇症肝炎の一例
  • その他 / 共同発表 / 2014年12月
    プログラム・抄録集、第104回日本消化器病学会九州支部例会、第98回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • / 150
  • 16

  • 生体肝移植術・脾摘術後の経過観察中に肺炎球菌による敗血症を発症した二例
  • その他 / 共同発表 / 2014年12月
    プログラム・抄録集、第104回日本消化器病学会九州支部例会、第98回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • / 122
  • 17

  • 特集:B型・C型肝炎治療における臨床検査の役割 3.ウイルス肝炎の診断・治療のための臨床検査 3)肝組織生検および画像検査による評価・診断
  • その他 / 共著 / 2014年 4月
    Med Technol
  • / Vol.42 No.4 355-361
  • 18

  • Hypophosphatemic osteomalacia due to drug-induced Fanconi's syndrome associated with adefovir dipivoxil treatment for hepatitis B
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    Intern Med
  • / Vol.53 No.3 233-237
  • 19

  • VIII.消化器系疾患の診断・治療・ケア:101.劇症肝炎の管理指針(Guidelines for fulminant hepatic failure)
  • その他 / 共著 / 2014年 3月
    救急・集中治療 最新ガイドライン 2014-'15
  • / 330-331
  • 20

  • 生体肝移植の再発C型肝炎に対するインターフェロン療法に関連したImmune-mediated Graft Dysfunctionを呈した1例
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第29回自己免疫性消化器疾患研究会
  • 21

  • 高度の肝障害を来したRefeeding症候群の2症例
  • その他 / 共同発表 / 2013年 8月
    第302回日本内科学会九州地方会
  • 22

  • Low hepatocyte repopulation from stem cells: a matter of hepatobiliary linkage not massive production
  • その他 / 共著 / 2013年 7月
    Gastroenterology
  • / Vol.145 No.1 253-254
  • 23

  • Low hepatocyte repopulation from stem cells: a matter of hepatobiliary linkage not massive production
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 7月
    Gastroenterology
  • / Vol.145 No.1 253-254
  • 24

  • VIII.消化器系疾患の診断・治療・ケア:95.劇症肝炎の管理指針(Guidelines for fulminant hepatic failure)
  • その他 / 2012年 2月
    救急・集中治療 最新ガイドライン 2012-'13
  • / 290-291
  • 25

  • 肝炎診療に必要な遺伝子検査 B型肝炎の遺伝子解析と診療への応用
  • その他 / 共著 / 2011年 8月
    Medical Practice
  • / Vol.28 No.8 1377-1382
  • 26

  • Epithelial cell adhesion molecule (EpCAM) marks hepatocytes newly derived from stem/progenitor cells in humans
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 3月
    Hepatology
  • / Vol.53 No.3 964–973
  • 27

  • V.肝疾患 2. 肝硬変
  • 単行本 / その他 / 2011年 2月
    経静脈治療オーダーマニュアル 2011年版、メディカルレビュー社
  • / 265-269
  • 28

  • VIII.消化器系疾患の診断・治療・ケア:95.劇症肝炎の管理指針(Guidelines for fulminant hepatic failure)
  • その他 / 共同発表 / 2010年 7月
    救急・集中治療 ガイドライン -最新の診療指針- 2010-'11
  • / 280-281
  • 29

  • 肝幹細胞Niche 探索とOval cell kinetics ~アセトアミノフェン(APAP)急性肝障害マウスモデルを用いて~
  • その他 / 共同発表 / 2010年 6月
    第17回肝細胞研究会
  • 30

  • 2. 肝硬変
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年 2月
    経静脈治療オーダーマニュアル、メディカルレビュー社
  • / 255-259
  • 31

  • 劇症肝不全・世界の現状(Overview)
  • その他 / 共著 / 2009年 9月
    肝胆膵
  • / Vol.59 No.3 371-380
  • 32

  • 肝幹細胞Niche探索とOval cell kinetics 〜 アセトアミノフェン(APAP)急性肝障害マウスモデルを用いて 〜
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    第13回九州肝不全研究会
  • 33

  • 急性肝障害マウスにおけるOval cell kineticsと肝再生
  • その他 / 共同発表 / 2009年 6月
    肝臓、第45回日本肝臓学会総会
  • / Vol.50 No.Suppl.1 A178
  • 34

  • Oval cell kinetics and liver regeneration in murine acetaminophen toxicity
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    Hepatology、The 59th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD)
  • / Vol.48 No.Suppl.1 614A
  • 35

  • Predictive Factors Associated with the Progression to Hepatic Failure Caused by Lamivudine-Resistant HBV
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 7月
    Digestive Diseases and Sciences
  • / Vol.53 No.11 : 2999-3006
  • 36

  • Label-Retaining Cell Assayによる肝幹細胞ニッチェ探索(アセトアミノフェン急性肝障害マウスモデルを用いて)
  • その他 / 共同発表 / 2008年 6月
    肝臓、第44回日本肝臓学会総会
  • / Vol.49 No.Suppl.1 A71
  • 37

  • The hepatic stem cell niche: identification by label-retaining cell assay.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 6月
    Hepatology
  • / Vol.47 No.6 1994-2002
  • 38

  • B型慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤による治療成績と現在の問題点
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    日本消化器病学会雑誌、第94回日本消化器病学会総会
  • / Vol.105 No.Suppl. A152
  • 39

  • Identification of the hepatic stem cell niche by label retaining cell assay in acute acetaminophen toxicity
  • その他 / 共同発表 / 2008年 4月
    Journal of Hepatology、The 43rd Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver
  • / Vol.48 No.Suppl.2 S196
  • 40

  • Physiological variations of stem cell factor and stromal-derived factor-1 in murine models of liver injury and regeneration.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 3月
    Liver International
  • / Vol.28 No.3 308-318
  • 41

  • 当科におけるB型慢性肝疾患の治療
  • その他 / 共同発表 / 2007年11月
    第90回日本消化器病学会九州支部例会、第84回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 42

  • The Tissue Biology of Ductular Reactions in Human Chronic Liver Disease
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 7月
    Gastroenterology
  • / Vol.133 No.1 350-352
  • 43

  • The tissue biology of ductular reactions in human chronic liver disease
  • その他 / 共著 / 2007年 7月
    Gastroenterology
  • / Vol.133 No.1 350-352
  • 44

  • Successful treatment with corticosteroid and lamivudine for autoimmune hepatitis in a patient with asymptomatic HBV infection
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 4月
    Dig Dis Sci
  • / Vol.52 No.4 908-913
  • 45

  • Granulocytapheresis (GCAP) for severe alcoholic hepatitis-A preliminary report
  • 雑誌 / 共著 / 2006年11月
    Hepatol Res
  • / Vol.36 No.3 229-236
  • 46

  • Branched-chain amino Acid supplementation complements conventional treatment for spontaneous bacterial peritonitis
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 6月
    Dig Dis Sci
  • / Vol.51 No.6 1057-1060
  • 47

  • 肝移植療法における HCV 陽性レシピエントの問題点と将来展望
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年12月
    「C 型肝炎ウイルスと生体肝移植」市田隆文 編
  • / 34-43
  • 48

  • Clinical course of patients with chronic hepatitis B with viral breakthrough during long-term lamivudine treatment
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 6月
    J Gastroenterol
  • / Vol.40 No.6 625-630
  • 49

  • The selection of the patients with risk of developing hepatic failure after the emergence of lamivudine-resistant HBV
  • その他 / 共同発表 / 2005年 4月
    40th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)
  • 50

  • 4. 新しい B 型肝炎ウイルス治療薬 1) アデホビル
  • その他 / 共著 / 2005年 4月
    医薬ジャーナル
  • / Vol.41 No.4 1201-1205
  • 51

  • The selection of the patients with risk of developing hepatic failure after the emergence of lamivudine-resistant HBV
  • その他 / 共同発表 / 2005年 4月
    40th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)
  • 52

  • Adefovir Dipivoxil as a treatment for hepatic failure caused by lamivudine-resistant HBV strains.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 1月
    Digestive Diseases and Sciences
  • / Vol.49 300-303
  • 53

  • Genetic heterogeneity of the precore and the core promoter region of genotype C hepatitis B virus during lamivudine therapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 1月
    Journal of Medical Virology
  • / Vol.72 No.1 26-34
  • 54

  • Subclones of drug-resistant hepatitis B virus mutants and the outcome of breakthrough hepatitis in patients treated with lamivudine.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年11月
    Intervirology
  • / Vol.46 350-354
  • 55

  • A real-time quantitative polymerase chain reaction method for hepatitis B virus in patients with chronic hepatitis B treated with lamivudine.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 7月
    The American Journal of Gastroenterology
  • / Vol.98 2048-2051

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp