久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 草野 弘宣の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 新生児期・乳児期の胆汁うっ滞性疾患の病理
  • その他 / 共著 / 2021年 1月
    診断病理
  • / Vol.38 No.1 1-10
  • 2

  • Programmed Death-Ligand 1 and Programmed Death-Ligand 2 Expression Can Affect Prognosis in Extramammary Paget's Disease
  • 雑誌 / 共著 / 2021年 1月
    Anticancer Res
  • / Vol.41 No.1 219-226
  • 3

  • Inferior Vena Cava Anomalies with Portal Vein System Continuation Presenting as Portal Hypertension with a Long-term Follow-up
  • 雑誌 / 共著 / 2020年11月
    Intern Med
  • / Vol.59 No.22 2897-2901
  • 4

  • 混合型肝癌
  • 単行本 / 分担執筆 / 2020年11月
    腫瘍病理鑑別診断アトラス 肝癌 第2版
  • / 117-123
  • 5

  • Androgen receptor expression is useful to predict the therapeutic effect in HER2-positive breast carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2020年11月
    Breast Cancer Res Treat.
  • / Vol.184 No.2 277-285
  • 6

  • Histopathological findings of nonalcoholic fatty liver disease and nonalcoholic steatohepatitis.
  • その他 / 共著 / 2020年10月
    J Med Ultrason
  • / Vol.47 No.4 549-554
  • 7

  • Usefulness of Tumor Tissue Biopsy for Predicting the Biological Behavior of Hepatocellular Carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 7月
    Anticancer Res
  • / Vol.40 No.7 4105-4113
  • 8

  • Peroxiredoxin 4 promotes embryonal hepatoblastoma cell migration but induces fetal cell differentiation
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 6月
    Am J Transl Res
  • / Vol.12 No.6 2726-2737
  • 9

  • 【肝細胞性腫瘍の分類・亜分類の最前線】中間型肝癌の捉え方
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 4月
    肝胆膵
  • / Vol.80 No.4 655-659
  • 10

  • Diverse histomorphology of HER2-positive breast carcinomas based on differential ER expression.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 3月
    Histopathology
  • / Vol.76 No.4 560-571
  • 11

  • Distinctive clinicopathological features and KRAS and IDH1/2 mutation status of cholangiolocellular carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 1月
    Hepatol Res
  • / Vol.50 No.1 84-91
  • 12

  • Elevated Expression of EPHA2 Is Associated With Poor Prognosis After Radical Prostatectomy in Prostate Cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年11月
    Anticancer Res
  • / Vol.39 No.11 6249-6257
  • 13

  • Effect of food on the pharmacokinetics and therapeutic efficacy of 4-phenylbutyrate in progressive familial intrahepatic cholestasis
  • 雑誌 / 共著 / 2019年11月
    Sci Rep
  • / Vol.9 No.1 17075
  • 14

  • Antiproliferative Effect of Lenvatinib on Human Liver Cancer Cell Lines In Vitro and In Vivo.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年11月
    Anticancer Res
  • / Vol.39 No.11 5973-5982
  • 15

  • Significance of neoadjuvant chemoradiotherapy for borderline resectable pancreatic head cancer: Pathological local invasion and microvessel invasion analysis.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 9月
    Mol Clin Oncol
  • / Vol.11 No.3 225-233
  • 16

  • Malic enzyme 1 is a potential marker of combined hepatocellular cholangiocarcinoma, subtype with stem‐cell features, intermediate‐cell type
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 9月
    Hepatol Res
  • / Vol.49 No.9 1066-1075
  • 17

  • High sulfite oxidase expression could predict postoperative biochemical recurrence in patients with prostate cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 9月
    Med Mol Morphol
  • / Vol.52 No.3 164-172
  • 18

  • Programmed death‑ligand 1 expression is an unfavorable prognostic factor of hepatocellular carcinoma after archiving sustained virologic response for hepatitis C virus infection
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 8月
    Oncol Lett
  • / Vol.18 No.2 1458-1466
  • 19

  • Low-molecular-weight Protein Tyrosine Phosphatase Is a Possible Biomarker for Predicting Postoperative Biochemical Recurrence in Prostate Cancer With Negative Surgical Margins
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 2月
    Anticancer Res
  • / Vol.39 No.2 957-964
  • 20

  • Infantile-onset inflammatory bowel disease in a patient with Hermansky-Pudlak syndrome: a case report.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 1月
    BMC Gastroenterol
  • / Vol.19 No.1 9
  • 21

  • Intrabiliary growth type of metastasis from colon cancer, 12 years after curative colectomy: a case report.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 1月
    BMC Surg
  • / Vol.19 No.1 8
  • 22

  • Novel neuroblastoma amplified sequence (NBAS) mutations in a Japanese boy with fever-triggered recurrent acute liver failure
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 1月
    Hum Genome Var
  • / Vol.7 No.6 2
  • 23

  • 術後早期に再発した直腸腺内分泌細胞癌(MANEC)の1例
  • その他 / 共著 / 2019年
    臨牀と研究
  • / Vol.96 489-492
  • 24

  • 超音波検査が診断に有用であった唾液腺腺様囊胞癌の1切除例—超音波画像と病理組織像の対比を中心に—
  • その他 / 共著 / 2019年
    超音波検査技術
  • / Vol.44 464-469
  • 25

  • 化学放射線療法で完全奏功後,長期生存中の食道神経内分泌癌
  • その他 / 共著 / 2019年
    日本消化器病学会雑誌
  • / Vol.116 71-79
  • 26

  • PD-L1 expression in pancreatic adenosquamous carcinoma:PD-L1 expression is limited to the squamous component.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年12月
    Pathol Res Pract
  • / Vol.12 No.214 2069-2074
  • 27

  • Pathological findings that contribute to tissue stiffness in the spleen of liver cirrhosis patients
  • 雑誌 / 共著 / 2018年11月
    Hepatol Res
  • / Vol.48 No.12 1000-1007
  • 28

  • SurePath LBC improves the diagnostic accuracy of intrahepatic and hillier cholangiocarcinoma,
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 8月
    Cytopathology
  • / Vol.4 No.29 349-354
  • 29

  • Clinical, Pathologic, and Genetic Features of Neonatal Dubin-Johnson Syndrome: A Multicenter Study in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 5月
    J Pediatr
  • / Vol.196 161-167
  • 30

  • Insulinoma-associated protein 1(INSM1) is a useful marker for pancreatic neuroendocrine tumor.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 3月
    Med Mol Morphol
  • / Vol.1 No.51 32-40
  • 31

  • regulator of G-protein signaling 5 enhances portal vein invasion in hepatocellular carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 2月
    Oncol Lett
  • / Vol.2 No.15 1763-1770
  • 32

  • A review of ALK-rearranged renal call carcinomas with a focus on clinical and pathobiological aspects.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Pol J Pathol
  • / Vol.2 No.69 109-113
  • 33

  • 多中心性発生の膵神経内分泌腫瘍の1例
  • その他 / 共著 / 2017年
    日本臨床細胞学会九州連合会雑誌
  • / Vol.48 57-60
  • 34

  • 【肝臓 I:肝病理診断のポイントーびまん性肝疾患ー】 小児の肝疾患の病理 成人へのトランジション
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    病理と臨床
  • / Vol.35 No.3 257-266
  • 35

  • Effect of sorafienib on des-γ-carboxyprothrombin secretion by a human hepatocellular carcinoma cell line.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Oncol Lett
  • / Vol.2 No.14 2170-2176
  • 36

  • Muscle RAS oncogene homolog(MRAS)recurrent mutation in Borrmann type IV gastric cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2016年10月
    Cancer Medicine
  • / Vol.10 No.1002 4.959
  • 37

  • The expression of organs-1,keratin(K) and K18 in combined hepatocellular-cholangiocarcinoma,subtypes with stem-cell features,intermediate-celltype
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 3月
    J Clin Pathol
  • / Vol.10 No.1136 1-6
  • 38

  • Two Cases of Renal Cell Carcinoma Harboring a Novel STRN-ALK Fusion Gene.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Am J Surg Pathol
  • / Vol.6 No.40 761-9
  • 39

  • Clinicopathological features of neoplasms with neuroendocrine differentiation occurring in the liver.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    J Clin Pathol
  • 40

  • Anti proliferative effect of ME3738,a derivative of soyasapogenol, on hepatocellular carcinoma cell lines in vitro and in vivo.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Biomedical reports
  • / Vol.6 No.5 731-6
  • 41

  • Growth inhibitory effect of an injectable hyaluronic acid-tyramine hydrogels incorporating human natural interferon-α and sorafenib on renal cell carcinoma cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Acta Biomater
  • / Vol.29 103-11
  • 42

  • Pagetoid spread を伴う肛門腺由来肛門菅癌の1例
  • その他 / 共著 / 2015年 5月
    日本臨床外科学雑誌
  • / Vol.76 No.5 1118-1123
  • 43

  • Pegylated Interferon-α2a Inhibits Proliferation of Human Liver Cancer Cells In Vitro and In Vivo.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年12月
    PLOS ONE
  • / Vol.8 No.12 e83195
  • 44

  • Antiproliferative effects of sorafenib and pegylated IFN-α2b on human liver cancer cells in vitro and in vivo
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    Int J Oncol
  • / Vol.42 No.6 1897-1903
  • 45

  • Prognostic aspects of Hepatocellular Carcinoma
  • 単行本 / 単著 / 2013年
    ISBN: 978-90-367-6539-8
  • 46

  • Intraductal neoplasm of the intrahepatic bile duct: clinicopathological study of 24 cases.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 7月
    World J Gastroenterol
  • / Vol.18 No.28 3673-80
  • 47

  • How normal is the liver in which the inflammatory type hepatocellular adenoma develops?
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Int J Hepatol
  • / 805621
  • 48

  • Markers for microvascular invasion in hepatocellular carcinoma: where do we stand?
  • 雑誌 / 共著 / 2011年10月
    Liver Transpl
  • / Vol.17 S72-80
  • 49

  • 肺の乳頭腺腫の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 4月
    診断病理
  • / Vol.27 No.2 128-30
  • 50

  • 治療抵抗性の肝不全・血球貪食症候群を呈し、剖検にて肝脾T細胞リンパ腫と診断された1例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 1月
    肝臓
  • / Vol.51 No.1 28-34
  • 51

  • Usefulness of Lavage Cytology During Endoscopic Transpapillary Catheterization Into the Gallbladder in the Cytological Diagnosis of Gallbladder Disease
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Diagnostic Cytopathology
  • / Vol.37 No.6 402-406
  • 52

  • Ossifying synovial sarcoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Pathol Res Pract
  • / Vol.205 No.3 195-8
  • 53

  • Pathomorphologic study of undifferentiated carcinoma in seven cases : relationship between tumor and pancreatic duct epithelium
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    J Hepatobiliary Pancreat Surg
  • / Vol.16 No.4 478-484
  • 54

  • Multi-centric pancreatic cancer without PanIN lesion.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    J Hepatobiliary Pancreat Surg
  • / Vol.16 No.5 699-703
  • 55

  • 術前膵腫瘍と診断された腹腔内デスモイド腫瘍の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 4月
    膵臓
  • / Vol.23 No.2 152-7
  • 56

  • 採取法の違いによる膵管細胞診の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 1月
    日本臨床細胞学会雑誌
  • / Vol.46 No.1 7-11

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp