久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 田尻 祐司の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Protective effect of 3-hydroxybutyrate against endoplasmic reticulum stress-associated vascular endothelial cell damage induced by low glucose exposure.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 3月
    PLoS One
  • / Vol.13 No.3 e0191147
  • 2

  • Definitive diagnosis of mandibular hypoplasia, deafness, progeroid features and lipodystrophy (MDPL) syndrome caused by a recurrent de novo mutation in the POLD1 gene.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 2月
    Endocr J
  • / Vol.65 No.2 227-238
  • 3

  • Pivotal Role of TNF-α in the Development and Progression of Nonalcoholic Fatty Liver Disease in a Murine Model.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 1月
    Horm Metab Res
  • / Vol.50 No.1 80-87
  • 4

  • Ghrelin and exercise: a possible virtuous circle.
  • 雑誌 / 単著 / 2017年 8月
    Diabetol Int
  • / Vol.8 No.4 347-349
  • 5

  • Haemoglobin variants may cause significant differences in haemoglobin A1c as measured by high-performance liquid chromatography and enzymatic methods in diabetic patients: a cross-sectional study.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 7月
    Ann Clin Biochem
  • / Vol.54 No.4 432-437
  • 6

  • 外来待ち時間を利用した質問票による糖尿病患者に認められる神経症状の実態調査.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 6月
    糖尿病
  • / Vol.60 No.6 466-470
  • 7

  • Different effects of linagliptin and sitagliptin on blood pressure and renal function in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 4月
    Diabetol Int
  • / Vol.8 No.4 397-401
  • 8

  • Beneficial effects of metformin on energy metabolism and visceral fat volume through a possible mechanism of fatty acid oxidation in human subjects and rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 2月
    PLoS One
  • / Vol.12 No.2 e0171293
  • 9

  • Novel subtype of congenital partial lipodystrophy with mandibular hypoplasia, sensorineural deafness and short stature of unknown genetic origin.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 1月
    J Diabetes Investig
  • / Vol.8 No.1 121-122
  • 10

  •  症例で学ぶ栄養学-糖尿病性腎症
  • 単行本 / 分担執筆 / 2017年
    建帛社
  • / 134-135
  • 11

  • Experimental validation of talc pleurodesis for carcinomatous pleuritis in an animal model.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 7月
    Gen Thorac Cardiovasc Surg
  • / Vol.64 No.7 409-413
  • 12

  • いま知っておきたい2型糖尿病の注射療法の疑問67
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年
    南江堂
  • / 222-227
  • 13

  • 高齢者糖尿病の治療-運動療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年
    日本臨牀社
  • / Vol.74 No.Suppl 2 566-570
  • 14

  • Folic acid supplementation of aspirin therapy further improves vascular endothelial function among patients with type 2 diabetes: a short-term crossover study.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年12月
    Diabetol Int
  • / Vol.6 No.4 284-289
  • 15

  • Effects of a sodium glucose co-transporter 2 selective inhibitor, ipragliflozin, on the diurnal profile of plasma glucose in patients with type 2 diabetes: A study using continuous glucose monitoring.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年11月
    J Diabetes Investig
  • / Vol.6 No.6 699-707
  • 16

  • Voluntary exercise contributed to an amelioration of abnormal feeding behavior, locomotor activity and ghrelin production concomitantly with a weight reduction in high fat diet-induced obese rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 9月
    Peptides
  • / Vol.71 No.9 49-55
  • 17

  • Cross-sectional and Longitudinal Analyses of Factors Contributing to the Progressive Loss of the β-cell Function in Type 2 Diabetes
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 8月
    Internal Medicine
  • / Vol.54 No.16 1971-6
  • 18

  • 糖尿病自律神経障害に伴う胃排出障害に対するアコチアミドの有効性
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 8月
    糖尿病
  • / Vol.58 No.8 564-7
  • 19

  • 糖尿病診療のスキルアップ-SGLT2阻害薬時代のDPP-4阻害薬の使用について
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 4月
    月刊糖尿病,医学出版
  • / Vol.7 No.4 88-93
  • 20

  • Age-related changes in the diurnal variation of ketogenesis in patients with type 2 diabetes and relevance to hypoglycemic medications.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 3月
    Endocr J
  • / Vol.62 No.3 235-241
  • 21

  • 糖尿病専門医と非専門医の違い―2013年久留米1日外来調査結果―
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 3月
    プラクティス
  • / Vol.32 No.2 219-224
  • 22

  • 運動意欲と食リズムのクロストーク 摂食促進ホルモン・グレリンによる自発運動量制御機構の解明
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書
  • / Vol.30 64-8
  • 23

  • 運動意欲と食リズムのクロストーク 摂食促進ホルモン・グレリンによる自発運動量制御機構の解明
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    デサントスポーツ科学
  • / Vol.36 177-85
  • 24

  • 成人後の体重増加が2型糖尿病患者のインスリン抵抗性や心血管病リスクに及ぼす影響
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    肥満研究 
  • / Vol.21 No.1 56-61
  • 25

  • Q&A:DPP-4阻害薬の使用経験から得られたこと
  • その他 / 単著 / 2014年 8月
    DITN
  • / No.441 8
  • 26

  • Development of a novel, short, self-completed questionnaire on empowerment for patients with type 2 diabetes mellitus and an analysis of factors affecting patient empowerment
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 8月
    BioPsychoSocial Medicine
  • / Vol.8 No.19
  • 27

  • DPP-4阻害薬シタグリプチンの長期的効果と安全性に関する報告
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 7月
    糖尿病 
  • / Vol.57 No.7 513-9
  • 28

  • 2型糖尿病患者における血管内皮機能の特徴 糖尿病罹病期間や肥満・高血圧・脂質異常症との関連
  • 雑誌 / 2014年 5月
    糖尿病合併症
  • / Vol.28 No.1 106-14
  • 29

  • A randomized crossover study of the efficacy and safety of switching from insulin glargine to insulin degludec among patients with type 1 diabetes
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    Diabetology International
  • / Vol.5 No.1 74-7
  • 30

  • DPP-4阻害薬anagliptin 1日1回投与の有効性に関する研究
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 1月
    診療と新薬
  • / Vol.51 No.1 31-4
  • 31

  • 2型糖尿病患者における血中葉酸濃度と病態的特徴および食事内容との関連.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    日本体質医学会雑誌
  • / Vol.76 No.2 37-41
  • 32

  • 膵疾患
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年
    「糖尿病研修ノート」 改訂第2版、診断と治療社
  • / 531-4
  • 33

  • Adding of sitagliptin on insulin therapy effectively and safely reduced a hemoglobin A1c level and glucose fluctuation in Japanese patients with type 2 diabetes.
  • 雑誌 / 2014年
    ISRN Endocrinology
  • / 639489
  • 34

  • Prevalence and clinical characteristics of unremembered nocturnal eating in diabetic subjects:Kurume sleep trouble in obesity and metabolic disorders(KUSTOMED)study
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 9月
    Endocrine Journal
  • / Vol.60 No.9 1059-63
  • 35

  • Selective modulation of Wnt ligands and their receptors in adipose tissue by chronic hyperadiponectinemia
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 7月
    PLOS ONE
  • / Vol.8 No.7 1-11
  • 36

  • 高齢者の運動療法③
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 5月
    糖尿病医療スタッフのプラクティス
  • / Vol.30 No.3 282-284
  • 37

  • Modulation by adiponectin of circadian clock rhythmicity in model mice for metabolic syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    Endocr J
  • / Vol.60 No.4 483-492
  • 38

  • Changes in subcellular distribution of n-octanoyl or n-decanoyl ghrelin in ghrelin-producing cells
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    Frontiers in Endocrinology
  • / Vol.84 No.4 1-8
  • 39

  • メタボリックシンドロームを合併した日本人2型糖尿病の特徴とその予防
  • その他 / 単著 / 2013年 3月
    心身医学
  • / Vol.53 No.3 224-229
  • 40

  • 高齢者の運動療法③
  • その他 / 単著 / 2013年 3月
    プラクティス
  • / Vol.30 No.3 282-4
  • 41

  • 高齢者の運動療法②
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    糖尿病医療スタッフのプラクティス
  • / Vol.30 No.2 159-161
  • 42

  • 高齢者の運動療法②
  • その他 / 単著 / 2013年 2月
    プラクティス
  • / Vol.30 No.2 159-61
  • 43

  • 高齢者の運動療法①
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 1月
    糖尿病医療スタッフのプラクティス、医歯薬出版
  • / Vol.30 No.1 33-35
  • 44

  • Subcutaneous fat of extremities independent of abdominal fat does not promote insulin resistance and cardiovascular risk in Japanese type 2 diabetic patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    Diabetology International
  • / Vol.4 No.1 45-51
  • 45

  • 高齢者の運動療法
  • その他 / 単著 / 2013年 1月
    プラクティス
  • / Vol.30 No.1 33-5
  • 46

  • The reliability and validity of the Japanese version of the Diabetes Family Behavior Checklist (DFBC) for assessing the relationship between type 2 diabetes mellitus patients and their families with respect to adherence to treatment regimen.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    Diabetes Res Clin Pract
  • / Vol.99 No.1 39-47
  • 47

  • Effects of exercise therapy alone and in combination with a calcium channel blocker or an Angiotensin receptor blocker in hypertensive patients
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 7月
    Clinical and Experimental Hypertension
  • / Vol.34 No.7 523-9
  • 48

  • Disrupted Regulation of Ghrelin Production Under Antihypertensive Treatment in Spontaneously Hypertensive Rats
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 6月
    Circulation Journal
  • / Vol.76 No.6 1423-9
  • 49

  • Hyperadiponectinemia protects against premature death in metabolic syndrome model mice by inhibiting AKT signaling and chronic inflammation. Otabe S, Wada N, Hashinaga T, Yuan X, Shimokawa I, Fukutani T, Tanaka K,
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 4月
    J Endocrinol
  • / Vol.213 No.1 67-76
  • 50

  • Anorexigenic effects of miglitol in concert with the alterations of gut hormone secretion and gastric emptying in healthy subjects.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 4月
    Horm Metab Res
  • / Vol.44 No.4 312-8
  • 51

  • なにが変わるの?糖尿病
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 4月
    糖尿病ケア、メディカ出版
  • / Vol.9 No.4 224-229
  • 52

  • Different A-type natriuretic Peptide level in five strains of mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 4月
    J Vet Med Sci
  • / Vol.74 No.4 499-502
  • 53

  • Increased production of active ghrelin is relevant to hyperphagia in nonobese spontaneously diabetic Torii rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 4月
    Metabolism
  • / Vol.61 No.4 491-5
  • 54

  • Long-term efficacy of sitagliptin for the treatment of type 2 diabetic patients in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 3月
    Endocr J
  • / Vol.59 No.3 197-204
  • 55

  • A-Type Natriuretic Peptide Level in Angiotensin II Type 1a Receptor Knockout Mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 2月
    Exp Anim
  • / Vol.61 No.2 131-8
  • 56

  • Metabolic clearance rate is a more robust and physiological parameter for insulin sensitivity than glucose infusion rate in the isoglycemic glucose clamp technique.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年10月
    Diabetes Technol Ther
  • / Vol.13 No.10 1057-61
  • 57

  • Surrogate index for insulin sensitivity composed of factors not using glucose and insulin in Japanese patients with diabetes.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 4月
    J Diabetes Invest
  • / Vol.2 No.2 140-147
  • 58

  • 2型糖尿病の経口血糖降下薬治療における最近の話題   
  • その他 / 単著 / 2011年
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.74 No.2 8-13
  • 59

  • 2型糖尿病患者における体組成の特徴とインスリン抵抗性および心血管危険因子との関連 
  • その他 / 共著 / 2011年
    日本体質医学会雑誌
  • / Vol.73 No.1 1-5
  • 60

  • Classification and characteristics of interferon-related diabetes mellitus in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Hepatology Research
  • / Vol.41 184–188
  • 61

  • Plasma levels of n-decanoyl ghrelin, another acyl- and active-form of ghrelin, in human subjects and the effect of glucose- or meal-ingestion on its dynamics.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Regulatory Peptide
  • / Vol.167 No.1 140-148
  • 62

  • 糖尿病診療に必要な知識-インスリン抵抗性の評価法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年
    診断と治療社
  • / 149-154
  • 63

  • Validity of haemoglobin A1c and glycoalbumin for an appropriate evaluation of glycaemic control in Japanese diabetic patients with chronic renal failure.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    NDT Plus
  • / Vol.3 507-509
  • 64

  • 1型糖尿病(訳)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    ストレス百科事典(丸善)
  • / 78-83
  • 65

  • Excessive maternal transmission of diabetes in Japanese families with young-onset type 2 diabetes and insulin secretion defect according to clinical features.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Acta Diabetol 
  • / Vol.47 No.Suppl 1 133-138
  • 66

  • 肥満症の疫学・病態・診断学の進歩-肥満症診断学の進歩-血液・尿検査上の留意点
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    日本臨床
  • / Vol.68 No.増刊2 561-565
  • 67

  • Distinct pharmacodynamics of insulin glargine and insulin detemir: crossover comparison in Type 1 and Type 2 diabetic patients on basal-bolus regimen.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Diabetes Res Clin Pract
  • / Vol.90 e64-66
  • 68

  • インスリン抵抗性と2型糖尿病、ストレス(訳)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    ストレス百科事典(丸善)
  • / 128-133
  • 69

  • Clinical characteristics of thyroid abnormalities induced by sunitinib treatment in Japanese patients with renal cell carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Endocr J
  • / Vol.57 873-880
  • 70

  • 特殊な病態における糖尿病治療-膵疾患
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    診断と治療社
  • / 531-534
  • 71

  • Reduction of Skeletal Muscle, Especially in Lower Limbs, in Japanese Type 2 Diabetic Patients With Insulin Resistance and Cardiovascular Risk Factors.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Metab Syndr Relat Disord 
  • / Vol.8 137-142
  • 72

  • 糖尿病治療の新戦略~メタボリックシンドローム(MetS)の観点から~.
  • 雑誌 / 単著 / 2010年
    臨牀と研究
  • / Vol.87 1766-1770
  • 73

  • Variation of fasting serum C-peptide level after admission in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Diabetes Technol Ther
  • / Vol.11 593-599
  • 74

  • 質疑応答Q and A「脳性麻痺患者の持続する低血糖」.
  • 単行本 / 単著 / 2008年
    日本医事新報
  • / Vol.4416 95-96
  • 75

  • LMNA(Lamin A/C)、PPARγ遺伝子に変異を認めず感音性難聴、成長障害を認めるKobberling型の先天性部分型リポジストロフィーの長期観察例-チアゾリジン誘導体の効果を中心として-
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    糖尿病
  • / Vol.51 849-860
  • 76

  • Attenuated metabolic effect of waist measurement in Japanese female patients with type 2 diabetes mellitus.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Diab Res Clin Pract
  • / Vol.82 66-72
  • 77

  • Indicators for the efficacy of pioglitazone before and during treatment in Japanese type 2 dabetic patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Diabetes Technol Ther
  • / Vol.9 No.5 p.429-437
  • 78

  • High-sensitivity C-reactive protein in Japanese Patients with type 2 diabetes.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Obesity Research
  • / Vol.13 1810-1816
  • 79

  • 血栓症に関するQ&A Part4「糖尿病・高血圧における動脈硬化の診断指標について教えて下さい」.
  • その他 / 単著 / 2005年
    血栓と循環
  • / Vol.13 219-221
  • 80

  • 食事療法と運動療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年
    糖尿病性腎症と新しい治療戦略 医薬ジャーナル社
  • / 111-117
  • 81

  • Alpha 1 adrenergic inhibition ameliorates insulin resistance in diabetic patients through its effects on hemodynamics.
  • その他 / 共著 / 2004年
    7th China-Japan Friendship Symposium on Diabetes, Guangxi Guilin, China.
  • 82

  • 病診連携からみた糖尿病診療
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年
    日本糖尿病学会編.糖尿病学の進歩(第38集) 診断と治療社
  • / 103-105
  • 83

  • Alpha 1 adrenergic inhibition ameliorates insulin resistance in diabetic patients through its effects on hemodynamics.
  • その他 / 共著 / 2004年
    64th Scientific Sessions of American Diabetes Association, Orland, USA.
  • 84

  • 糖尿病患者の動脈硬化の特徴
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年
    別冊・医学のあゆみ-糖尿病・代謝症候群-state of arts 2004-2006 医歯薬出版株式会社
  • / 500-503
  • 85

  • やる気を引き出す運動療法.
  • その他 / 共著 / 2004年
    糖尿病診療マスター
  • / Vol.2 665-670
  • 86

  • Q&A動脈硬化症の予防・治療.
  • その他 / 共著 / 2004年
    今月の治療
  • / Vol.12 859-862
  • 87

  • Lower plasma adiponectin concentration predicts the efficacy of pioglitazone in diabetic patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Diab Obes Metab
  • / Vol.6 231-233
  • 88

  • ヒトインスリン製剤使用中に肝機能障害を認めた糖尿病の1例.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Diabetes Frontier
  • / Vol.14 89-93
  • 89

  • 糖尿病性腎症の新しい治療薬;総論~糖尿病性腎症の基本治療方針~.
  • その他 / 共著 / 2002年
    医薬ジャーナル
  • / Vol.38 1233-1237
  • 90

  • Relationship between high sensitivity C-reactive protein and atherosclerosis in diabetic patients.
  • その他 / 共著 / 2002年
    62nd Scientific Sessions of American Diabetes Association, San Francisco USA.
  • 91

  • :糖尿病の療養指導Q and A-糖尿病の運動療法の指導.
  • その他 / 単著 / 2002年
    プラクティス
  • / Vol.19 178-179
  • 92

  • Effects of biotin on glucotoxicity or lipotoxicity in rat pancreatic islets.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Metabolism
  • / Vol.51 163-168
  • 93

  • 糖尿病患者におけるエルゴメーターを用いた運動能力の測定~特に頚動脈内膜中膜複合体肥厚度(IMT)との関連~.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    糖尿病
  • / Vol.45 219-224
  • 94

  • Glucosamine-induced β-cell dysfunction: A possible involvement of glucokinase or glucose-transporter type 2.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Pancreas
  • / Vol.24 228-234
  • 95

  • Adiponectin as a reliable marker for insulin resistance in type 2 diabetic patients.
  • その他 / 共著 / 2002年
    62nd Scientific Sessions of American Diabetes Association, San Francisco, USA.
  • 96

  • スルホニルウレア剤で治療中の2型糖尿病患者に対するトログリタゾンの併用効果.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    臨床と研究
  • / Vol.78 989-998
  • 97

  • Effects of bezafibrate on β-cell function of rat pancreatic islets.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Eur J Pharmacol
  • / Vol.426 201-206
  • 98

  • 老化に伴うインスリン抵抗性.
  • その他 / 共著 / 2001年
    内科
  • / Vol.87 880-883
  • 99

  • The role of cyclic AMP in the pathogenesis of glucose desensitization in rat pancreatic islets.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Pancreas
  • / Vol.22 419-426
  • 100

  • Improvement by aminoguanidine of insulin secretion from pancreatic islets grafted to syngeneic diabetic rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Biochem Pharmacol
  • / Vol.60 263-268
  • 101

  • 長期臥床患者のインスリン感受性とインスリン分泌能の検討-栄養管理状態での相違-.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    日本体質学雑誌
  • / Vol.62 38-43
  • 102

  • 2型糖尿病患者のスルフォニルウレア剤2次無効例に対する速効型食後血糖降下剤(ナテグリニド)の使用経験.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    日本体質学雑誌
  • / Vol.62 52-56
  • 103

  • Aminoguanidine exerts a β-cell function-preserving effect in high glucose-cultured β-cells (INS-1).
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Int J Exp Diab Res
  • / Vol.1 111-119
  • 104

  • Interactions between vitamin E and glucose on B-cell function in the rat: An in vivo and in vitro study.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Pancreas
  • / Vol.18 274-281
  • 105

  • NIDDMと膵β細胞glucose toxicity
  • 単行本 / 分担執筆 / 1998年
    専門医のための糖尿病学レビュー ’98-’99 総合医学社
  • / 41-48
  • 106

  • 膵B細胞糖毒性におけるnitric oxide (NO)産生の役割.
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Peptide Hormone in Pancreas
  • / Vol.18 58-62
  • 107

  • 高グルコース下の膵B細胞機能低下における膵ラ氏島advanced glycosylation end products (AGEs)産生の役割.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Peptide Hormone in Pancreas
  • / Vol.17 88-92
  • 108

  • Long term effects of aminoguanidine on insulin release and biosynthesis: Evidence that the formation of advanced glycosylation end products inhibits B cell function.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Endocrinology
  • / Vol.138 273-280
  • 109

  • 慢性高血糖による膵B細胞glucose toxicityの分子機構に関する研究-グルコサミン合成経路の関与について-.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Peptide Hormone in Pancreas
  • / Vol.17 83-87
  • 110

  • Interactions between vitamin E and glucose on B-cell functions in the rat: An in vivo and in vitro study.
  • その他 / 共著 / 1997年
    57th Scientific Sessions of American Diabetes Association, Boston, USA.
  • 111

  • Advanced glycosylation end products in pancreatic islets: Coupling to high glucose exposure and deterioration of β-cell function.
  • その他 / 共著 / 1996年
    56th Scientific Sessions of American Diabetes Association, San Francisco, USA.
  • 112

  • Aminoguanidine enhances glucose-induced insulin response from high-glucose cultured rat islets.
  • その他 / 共著 / 1995年
    31st Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes, Stockholm, Sweden
  • 113

  • 糖尿病性腎症に対するベラプロストナトリウムの臨床効果.
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    臨床と研究
  • / Vol.71 1683-1687
  • 114

  • Empty sellaに合併したACTH単独欠損症の1例.
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    ホルモンと臨床
  • / Vol.42 67-71
  • 115

  • Effects of thromboxane synthetase inhibitor (OKY-046) on urinary prostaglandin excretion and renal function in streptozotocin-induced diabetic rats.
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    J Diab Comp
  • / Vol. 8 126-132
  • 116

  • グルコースのEndothelin (ET)-1産生に及ぼす影響-in vitroとin vivoにおける検討-.
  • 雑誌 / 共著 / 1991年
    Ann Japan Soc Res Diab Complicat
  • / Vol.4 39-44
  • 117

  • 糖尿病性腎症における血中、尿中ラミニンの変動と組織学的検討.
  • 雑誌 / 共著 / 1991年
    臨床と研究
  • / Vol.68 3710-3714
  • 118

  • 糖尿病性末梢神経障害に対するプロスタグランディンE1点滴静注の効果とその指標としてのサーモグラフィー.
  • 雑誌 / 共著 / 1990年
    逓信医学
  • / Vol.42 283-286
  • 119

  • Reduction of urinary albumin excretion by thromboxane synthetase inhibitor, OKY-046, through modulating renal prostaglandins in patients with diabetic nephropathy.
  • 雑誌 / 共著 / 1990年
    Diab Res Clin Pract
  • / Vol.10 231-239
  • 120

  • Effect of Galanin on arginine-stimulated pancreatic hormone release from isolated perifused rat islets.
  • 雑誌 / 共著 / 1990年
    Horm Metabol Res
  • / Vol.22 1-6
  • 121

  • プロスタサイクリンの調節と糖尿病性腎症の治療.
  • 雑誌 / 共著 / 1990年
    腎と透析
  • / Vol.29 575-579
  • 122

  • Effects of captopril on urinary excretion of albumin and prostaglandins in patients with diabetic nephropathy.
  • 雑誌 / 共著 / 1990年
    Diabetes Res
  • / Vol.13 145-150
  • 123

  • 糖尿病性腎症におけるDilazepの治療効果.
  • 雑誌 / 共著 / 1989年
    Therapeutic Research
  • / Vol.10 5335-5340
  • 124

  • Albumin index in spot urine from outpatients with noninsulin- dependent diabetes mellitus.
  • 雑誌 / 共著 / 1989年
    Endocrinol Japon
  • / Vol.36 747-754

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp