久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 岡田 季之の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 大腸炎によって異所性発現するAIDの役割
  • その他 / 共同発表 / 2020年 7月
    第57回日本消化器免疫学会総会
  • 2

  • Recent updates on the basic mechanisms and pathogenesis of inflammatory bowel diseases in experimental animal models
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 4月
    Intestinal Research
  • / Vol.18 No.2 151-167
  • 3

  • これだけは読んでおきたい!消化器医のための重要論文240篇
  • 単行本 / 分担執筆 / 2019年12月
    シービーアール 筆頭著者 松本 主之 (編集主幹)
  • 4

  • 炎症条件下に異所性発現するAIDの生理学的意義の検討
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会
  • 5

  • 炎症条件下に異所性発現するAIDの生理学的意義の検討
  • その他 / 共同発表 / 2019年 8月
    第56回日本消化器免疫学会総会
  • 6

  • Rasal3-mediated T cell survival is essential for inflammatory responses
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 1月
    Biochemical and Biophysical Research Communications
  • / Vol.496 No.1 25-30
  • 7

  • Genetically Engineered Mouse Models for Studying Inflammatory Bowel Disease
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 1月
    J Pathol.
  • / Vol.238 No.2 205-219
  • 8

  • The Ras GTPase-activating protein Rasal3 supports survival of naïve T cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 3月
    PLOS ONE
  • / Vol.10 No.3 e0119898
  • 9

  • The Ras GTPase-activating protein Rasal3 supports survival of naive T cells.
  • その他 / 共同発表 / 2014年12月
    第43回日本免疫学会学術集会
  • 10

  • ISC13 .....
  • その他 / 共同発表 / 2014年12月
    第43回日本免疫学会学術集会
  • 11

  • Themis is important for differentiation of regulatory T cells.
  • その他 / 共同発表 / 2014年12月
    第43回日本免疫学会学術集会
  • 12

  • Differential function of Themis CABIT domains during T cell development.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 2月
    PLOS ONE
  • / Vol.9 No.2 e89115
  • 13

  • Differential function of two CABIT domains in Themis.
  • その他 / 共同発表 / 2013年12月
    第42回日本免疫学会学術集会
  • 14

  • Themis CABIT domains exert distinct functions in thymocyte positive selection.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 8月
    15th INTERNATIONAL CONGRESS OF IMMUNOLOGY.
  • 15

  • Themis regulates cytokine production and differentiation of Th subsets.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 8月
    第41回日本免疫学会学術集会
  • 16

  • Identification of genes specifically methylated in Epstein-Barr virus-associated gastric carcinomas.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 7月
    Cancer science.
  • / Vol.104 No.10 1309-1314
  • 17

  • Differential function of Themis CABIT domains during T cell development.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    International Kyoto T cell conference
  • 18

  • Role of DNA methylation in the development of Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    Journal of Medical Virology.
  • / Vol.85 No.1 121-127
  • 19

  • Functional analysis of Themis protein domains.
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    THYMUS international conference
  • 20

  • Themis分子内ドメインの機能解析
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    第22回Kyoto T cell conference.
  • 21

  • Possible involevemt of Wnt11 in colorectal cancer progression.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年12月
    Mol Carcinogenesis
  • 22

  • Analysis of Themis (Gasp) Transgenic mice.
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    第40回日本免疫学会総会
  • 23

  • Themis (Gasp) is indispensable in early thymocyte positive selection.
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    第40回日本免疫学会総会
  • 24

  • The role of TWIST1 expression in colorectal carcinomas.
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    第70回日本癌学会学術総
  • 25

  • Possible involvement of Wnt11 in colorectal cancer progression.
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    第70回日本癌学会学術総
  • 26

  • Gasp(Themis)トランスジェニックマウスの解析
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第21回Kyoto T cell conference
  • 27

  • Methylation level of the RASSF1A promoter is an independent prognostic factor for clear cell renal cell carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 8月
    Annals of oncology.
  • / Vol.21 No.8 1612-1617
  • 28

  • TWIST1 hypermethylation is observed frequently in colorectal tumors and its overexpression is associated with unfavorable outcomes in patients with colorectal cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 8月
    Genes, Chromosomes and Cancer.
  • / Vol.49 No.5 452-462
  • 29

  • EBV感染と胃癌 Epstein–Barr Virus infection and gastric cancer. 『食道・胃の前癌病変、高発癌状態を巡って』
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年 2月
    臨床消化器内科
  • / Vol.25 No.3 225-336
  • 30

  • Epstein-Barr virus陽性胃がんにおけるDNAメチル化異常.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 5月
    消化器科.化学評論社
  • / Vol.48 No.5 509-513
  • 31

  • Aneuploidy Predicts Outcome in Patients with Endometrial Carcinoma and Is Related to Lack of CDH13 Hypermethylation.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 6月
    Clinical Cancer Research.
  • / Vol.14 No.11 3354-3361
  • 32

  • Hypermethylation Status of APC Inversely Correlates With the Presence of Submucosal Invasion in Laterally Spreading Colorectal Tumors.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 1月
    Molecular Carcinogenesis
  • / Vol.47 No.1 1-8

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp