久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 住江 修治の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • ワ-クショップ(1) 臨床に対応した肝癌組織亜分類の推奨 肝細胞癌における病理学的な門脈侵襲分類の臨床的重要性とその予測因子の解析
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    第54回日本肝癌研究会
  • / 126
  • 2

  • ラジオ波焼灼療法を施行した20mm以下の肝細胞癌の解析:乏血性と多血性結節の比較検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    肝臓、第51回日本肝臓学会総会
  • / Vol.56 No.Suppl.1 A283
  • 3

  • Effect of pioglitazone on outcome following curative treatment for hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus infection: A prospective study
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 1月
    Mol Clin Oncol
  • / Vol.3 No.1 115-120
  • 4

  • 肝動脈塞栓化学療法、肝動注化学療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年10月
    消化器病診療(第2版)、一般財団法人日本消化器病学会
  • / 355-358
  • 5

  • ピオグリタゾンのHCV関連肝細胞癌再発抑制における有効性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2014年 5月
    肝臓、第50回日本肝臓学会総会
  • / Vol.55 No.Suppl.1 A342
  • 6

  • The significance of classifying microvascular invasion in patients with hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    Ann Surg Oncol
  • / Vol.21 No.3 1002-1009
  • 7

  • Gd-EOB-DTPA造影MRIをさらに深く知る:Gd-EOB-DTPA造影MRIによる肝細胞癌の形状評価 肉眼所見との対比
  • その他 / 共著 / 2013年11月
    日獨医報
  • / Vol.58 No.2 164-170
  • 8

  • HCV関連肝細胞癌に血管芽球性T細胞リンパ腫を合併した1例
  • その他 / 共同発表 / 2013年11月
    第303回日本内科学会九州地方会
  • 9

  • 肝細胞癌の悪性度評価における腫瘍肉眼型予測の重要性
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    肝臓、JDDW 2013(第17回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.54 No.Suppl.2 A640
  • 10

  • 3cm以下肝細胞癌の治療選択における腫瘍肉眼型予測の重要性
  • その他 / 共同発表 / 2013年 7月
    第49回日本肝癌研究会
  • 11

  • 小結節(20mm以下)の肝細胞癌にも関わらず多発肝内転移を合併した一例
  • その他 / 共同発表 / 2013年 1月
    第19回肝血流動態イメージ研究会
  • 12

  • ピオグリタゾンのHCV関連肝細胞癌再発抑制における有効性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    肝臓、20th JDDW(第16回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.53 No.Suppl.2 A735
  • 13

  • 肝細胞癌の病理学的門脈侵襲における腫瘍肉眼型予測の重要性
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    第48回日本肝癌研究会
  • 14

  • ワ-クショップ(4):肝細胞癌における病理学的な高度門脈侵襲の臨床的重要性とその予測因子の解析
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    肝臓、第48回日本肝臓学会総会
  • / Vol.53 No.Suppl.1 A55
  • 15

  • Total and high molecular weight adiponectin and hepatocellular carcinoma with HCV infection
  • 雑誌 / 共著 / 2011年11月
    PLoS One
  • / Vol.6 No.11 e26840(1-8)
  • 16

  • Poster session (4): Treatment of Liver Cancer:Total and high molecular weight adiponectin and hepatocellular carcinoma with HCV infection
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    Hepatology、The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.54 No.4(Suppl.) 1407A
  • 17

  • 総/高分子アディポネクチン濃度とHCV関連肝細胞癌
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    肝臓、19th JDDW (第15回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.52 No.Suppl.2 A608
  • 18

  • 病理学的高度門脈侵襲の臨床的重要性と画像診断による腫瘍肉眼型予測の意義
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    肝臓、18th JDDW(第14回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.51 No.Suppl.2 A565
  • 19

  • 腫瘍肉眼型の治療前予測におけるGd-EOB-DTPA造影MRIの有用性
  • その他 / 共同発表 / 2010年 7月
    第46回日本肝癌研究会
  • 20

  • 肝細胞癌における腫瘍肉眼型の治療前予測の重要性
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    肝臓、17th JDDW(第13回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.50 No.Suppl.2 A560
  • 21

  • 繊維化マーカーによる高危険群設定
  • その他 / 共著 / 2009年10月
    内科
  • / Vol.104 No.4 621-625
  • 22

  • 肝細胞癌における腫瘍肉眼型の治療前予測の重要性
  • その他 / 共同発表 / 2009年 7月
    第45回日本肝癌研究会
  • 23

  • 肝細胞癌の診断におけるSonazoid-USの有用性
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    日本消化器病学会雑誌、第95回日本消化器病学会総会
  • / Vol.106 No.Suppl. A194
  • 24

  • The role of gross classification as the predictor of microvascular invasion in hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2009年 2月
    Hepatology International、19th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • / Vol.3 No.1 157
  • 25

  • 肝細胞癌の診断におけるSonazoid-USの有用性
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    肝臓、16th JDDW(第12回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.49 No.Suppl.2 A576
  • 26

  • Microvascular invasion in patients with hepatocellular carcinoma and its predictable clinicopathological factors
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 5月
    Ann Surg Oncol
  • / Vol.15 No.5 1375-1382
  • 27

  • 肝細胞癌における腫瘍肉眼型の重要性と臨床病理学的特徴
  • その他 / 共同発表 / 2007年10月
    肝臓、15th JDDW(第11回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.48 No.Suppl.2 A447
  • 28

  • Significance of glucose intolerance and SHIP2 expression in hepatocellular carcinoma patients with HCV infection
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 9月
    Oncol Rep
  • / Vol.18 No.3 545-552
  • 29

  • Surveillance program for early detection of hepatocellular carcinoma in Japan: results of specialized department of liver disease
  • 雑誌 / 共著 / 2006年11月
    J Clin Gastroenterol
  • / Vol.40 No.10 942-948
  • 30

  • 肝細胞癌の腫瘍肉眼型における CO2 US angiography の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    肝臓、14th DDW-Japan(第10回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.47 No.Supple.2 A448
  • 31

  • Down-regulated SH2-containing inositol phosphatase (SHIP)-2 expression in HCC and hyperinsulinemia are involved in prognosis of men with HCV infection
  • その他 / 共同発表 / 2005年11月
    56th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 32

  • Interventional radiology for advanced hepatocellular carcinoma: comparison of hepatic artery infusion chemotherapy and transcatheter arterial lipiodol chemoembolization.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年12月
    American Journal of Roentgenology
  • / Vol.181 No.5 1327-1334

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp