久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 古賀 浩徳の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Glycosylation of ascites-derived exosomal CD133 is a potential prognostic biomarker in patients with advanced pancreatic cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2019年12月
    Medical Molecular Morphology
  • / Vol.52 No.4 198-208
  • 2

  • Involvement of WNT Signaling in Two-faced Actions of Claudin-2 in Liver Cancer Cells
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    The 70th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 3

  • Effects of a DPP4 Inhibitor on Progression of NASH-related HCC and the p62/ Keap1/Nrf2-Pentose Phosphate Pathway in a Mouse Model
  • 雑誌 / 共著 / 2019年10月
    Liver Cancer
  • / Vol.8 No.5 359-372
  • 4

  • Two-faced effects of Claudin-2 on Wnt signaling in liver cancer cells
  • その他 / 共同発表 / 2019年 9月
    第78回日本癌学会学術総会
  • 5

  • High Serum Interleukin-34 Level is a Predictor of Poor Prognosis in Patients with Nonviral Hepatocellular Carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 9月
    Hepatology Research
  • / Vol.49 No.9 1046-1053
  • 6

  • Prognostic profile of patients with non-viral hepatocellular carcinoma: A comparative study with hepatitis C virusrelated hepatocellular carcinoma using data mining analysis
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 7月
    Oncology Letters
  • / Vol.18 227-236
  • 7

  • Direct-acting antiviral agents do not increase the incidence of hepatocellular carcinoma development: a prospective, multicenter study
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 5月
    Hepatology International
  • / Vol.13 No.3 293-301
  • 8

  • Predictors of hepatocellular carcinoma recurrence associated with the use of direct-acting antiviral agent therapy for hepatitis C virus after curative treatment: A prospective multicenter cohort study
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 3月
    Cancer Medicine
  • / Vol.8 No.5 2646-2653
  • 9

  • Claudin-2 Activates LKB1-AMPK Signals, Thereby Inducing Cell-Cycle Arrest and Autophagy in Liver Cancer Cells
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    The 69th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.68 1267A
  • 10

  • Marked accumulation of fluorodeoxyglucose and inflammatory cells expressing glucose transporter-3 in immunoglobulin G4-related autoimmune hepatitis
  • 雑誌 / 共著 / 2018年10月
    Hepatology Research
  • / Vol.48 No.11 937-944
  • 11

  • English Oral Session:Claudin-2 activates LKB1-AMPK signals, thereby inducing cellcycle arrest and autophagy in liver cancer cells
  • その他 / 共同発表 / 2018年 9月
    第77回日本癌学会学術総会
  • 12

  • 九州地域におけるDAA治療によるSVR後の肝発癌状況の報告
  • その他 / 単独発表 / 2018年 9月
    第20回九州肝癌研究会学術講演会
  • 13

  • High expression of CD44v9 and xCT in chemoresistant hepatocellular carcinoma: Potential targets by sulfasalazine
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 9月
    Cancer Science
  • / Vol.109 No.9 2801-2810
  • 14

  • ワ-クショップ(7)高齢化時代の肝癌診療 第進行肝細胞癌治療における年齢の影響
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    第54回日本肝癌研究会
  • / 163
  • 15

  • Section 2:The Wnt target CLAUDIN-2 regulates tumorigenesis and stemness in human liver cancer cells
  • その他 / 共同発表 / 2018年 4月
    The 109th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research(AACR)
  • 16

  • Rapidly growing hepatocellular carcinoma after direct-acting antiviral treatment of chronic hepatitis C.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 2月
    Clinical Journal of Gastroenterology
  • / Vol.11 No.1 69-74
  • 17

  • The Wnt Target Gene CLAUDIN-2 Regulates Tumorigenesis of Combined Hepatocellular- Cholangiocarcinoma Cells
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    The 68th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.66 972A
  • 18

  • Recent Advances in the Pathogenesis of Hepatitis C Virus-Related Non-Alcoholic Fatty Liver Disease and Its Impact on Patients Cured of Hepatitis C
  • その他 / 共著 / 2017年10月
    Current Hepatology Reports
  • / Vol.16 No.4 317–325
  • 19

  • HES1はWNTシグナル改変肝癌細胞においてスフィア形成能や造腫瘍能を決定的に制御する
  • その他 / 共同発表 / 2017年 9月
    第76回日本癌学会学術総会
  • 20

  • Pancreatic neuroendocrine tumors and EMT behavior are driven by the CSC marker DCLK1
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 6月
    Molecular Cancer Research
  • / Vol.15 No.6 744-752
  • 21

  • 肝癌における Wnt シグナル研究
  • その他 / 単独発表 / 2017年 4月
    第71回久留米医学会総会
  • 22

  • Aerobic versus resistance exercise in non-alcoholic fatty liver disease: A systematic review
  • その他 / 共著 / 2017年 1月
    J Hepatol
  • / Vol.66 No.1 142-152
  • 23

  • TCF-4 isoform upregulates CLAUDIN-2, therapy activating NOTCH signaling in human liver cancer cells
  • その他 / 単著 / 2016年11月
    Research Report 2015
  • 24

  • English Oral Sessions: Wnt Signaling: TCF-4 isoform upregulates CLAUDIN-2, thereby activating NOTCH signaling in human liver cancer cells
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    第75回日本癌学会学術集会
  • 25

  • Pancreatic DCLK1 marks quiescent but oncogenic progenitors: a possible link to neuroendocrine tumors
  • その他 / 共著 / 2016年 8月
    Stem Cell Investig
  • / Vol.3 37(page 1-2)
  • 26

  • Expression of transforming growth factor β1 promotes cholangiocarcinoma development and progression
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 6月
    Cancer Letters
  • / Vol.380 No.1 153-162
  • 27

  • Ex vivo expansion of circulating CD34+ cells enhances the regenerative effect on rat liver cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 4月
    Mol Ther Methods Clin Dev
  • / Vol.3 16025(page 1-13)
  • 28

  • 幹細胞未分化状態維持因子Hes1はNotchおよびWntからdual regulationを受ける
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    第102回日本消化器病学会総会
  • / Vol.113 No.Suppl. A301
  • 29

  • Poster Session(09)Regulation of Hes1 expression by the Wnt transcription factor T-cell factor-4
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    The 107th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 30

  • Oral Session: HCC:Regulation of Hes1 expression by the Wnt transcription factor T-cell factor-4
  • その他 / 共同発表 / 2016年 2月
    Hepatology International、25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • / Vol.10 No.Suppl.1 S55
  • 31

  • The SxxSS motif of T-cell Factor-4 isoforms regulates Wnt5a expression and EMT in human liver cancer cells
  • その他 / 単著 / 2015年11月
    Research Report 2014
  • / 42-43
  • 32

  • Poster Session:Liver & Biliary III:T-cell factor-4 isoforms participate in EMT through Wnt5A inducation in human liver cancer cells
  • その他 / 共同発表 / 2015年10月
    23rd United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • 33

  • International Poster Session:Expression of HES1, a Notch regulator of biliary features, is regulated by T-cell factor-4 isoforms
  • その他 / 共同発表 / 2015年10月
    肝臓、23rd JDDW(JDDW合同企画, 第19回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.56 No.(Suppl.2) A795
  • 34

  • High expression of the putative cancer stem cell marker, Dclk1, a putative cancer stem cell marker
  • 雑誌 / 共著 / 2015年10月
    Oncology Letters
  • / Vol.10 No.4 2015-2020
  • 35

  • TCF-4の構造的差異による肝癌細胞stemness形質の制御
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    肝臓、第51回日本肝臓学会総会
  • / Vol.56 No.Suppl.1 A394
  • 36

  • Poster Section 16 : The SxxSS motif of T-cell factor-4 isoforms regulates Wnt5a expression and EMT in human liver caner cells
  • その他 / 共同発表 / 2015年 4月
    The 106th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 37

  • Oral Session(3)Deregulation of Wnt signal in HCC
  • その他 / 単独発表 / 2015年 2月
    Agenda for HCC Workshop (YKTB Universities)
  • 38

  • The SxxSS motif of TCF-4 isoforms regulates non-canonical Wnt signaling in liver cancer cells
  • その他 / 単著 / 2014年11月
    Research Report 2013
  • / 31
  • 39

  • COX-2 inhibitor and ACE inhibitor-based treatment on HCC: report of two cases
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    32nd World Congress of Internal Medicine 2014(WCIM 2014)
  • 40

  • シンポジウム(2)Wntシグナル転写因子TCF-4 isoformによる細胞機能調節機構
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    プログラム・抄録集、第46回日本臨床分子形態学会総会・学術集会
  • / 41
  • 41

  • English Oral Session: Molecular networks in cancer-related genes:The SxxSS motif of TCF-4 isoforms regulates non-canonical Wnt signaling in liver cancer cells
  • その他 / 共同発表 / 2014年 9月
    第73回日本癌学会学術総会
  • 42

  • Toxicity of parasporin-4 and health effects of pro-parasporin-4 diet in mice
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 7月
    Toxins
  • / Vol.6 No.7 2115-2126
  • 43

  • The Wnt signal transcription factor TCF-4 directly regulates Bcl-xL expression in human hepatocellular carcinoma cells
  • その他 / 共同発表 / 2014年 4月
    The 105th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 44

  • ワ-クショップ(3)NAFLD-NASH の病態と治療:NAFLD患者におけるsmall-dense LDLコレステロール解析の意義
  • その他 / 共同発表 / 2013年12月
    肝臓、第40回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.54 No.Suppl.3 A710
  • 45

  • 妊娠中に発症し胎児に腹水を認めた自己免疫性肝炎の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2013年11月
    肝臓
  • / Vol.54 No.11 780-786
  • 46

  • Poster Session:T-cell Factor-4 isoforms directly regulate Bcl-xL expression in human hepatocellular carcinoma (HCC) cells
  • その他 / 共同発表 / 2013年11月
    Hepatology、The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.58 No.Suppl.1 181A
  • 47

  • TCF-4 directly regulates Bcl-xL expression in liver cancer cells
  • その他 / 共著 / 2013年11月
    Research Report 2012
  • / 34-35
  • 48

  • ワ-クショップ(7)肝胆膵疾患と糖・脂質代謝異常:NAFLD患者におけるリポ蛋白粒子サイズの検討
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    肝臓、JDDW 2013(第44回日本消化吸収学会総会、第55回日本消化器病学会大会、第17回日本肝臓学会大会 合同)
  • / Vol.54 No.Suppl.2 A520
  • 49

  • English Oral Session:TCF-4 directly regulates Bcl-xL expression in liver cancer cells
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    第72回日本癌学会学術総会
  • 50

  • Wntシグナル転写因子TCF-4によるBcl-xL発現制御
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    日本消化器病学会雑誌、JDDW 2013(第55回日本消化器病学会大会)
  • / Vol.110 No.Suppl. A814
  • 51

  • 特集II.肝発癌・進展機序における幹細胞の役割:低酸素環境におけるβ-TCF-4相互作用と肝癌の悪性化
  • その他 / 共著 / 2013年10月
    消化器内科
  • / Vol.57 No.4 485-490
  • 52

  • ワ-クショップ(1)種々の肝胆膵疾患の発生機序解明の新知見:Wntシグナル転写因子TCF-4によるBcl-xL発現の転写レベル調節機構
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第45回日本臨床分子形態学会総会・学術集会
  • 53

  • The SxxSS motif of T-cell factor-4 isoforms modulates Wnt/β-catenin signal activation in hepatocellular carcinoma cells
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 8月
    Cancer Letters
  • / Vol.336 No.2 359-369
  • 54

  • Upregulation of T-cell factor-4 isoform-responsive target genes in hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 8月
    Liver International
  • / Vol.33 No.7 1100-1112
  • 55

  • Probiotics promote rapid-turnover protein production by restoring gut flora in patients with alcoholic liver cirrhosis
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    Hepatology International、23rd Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • / Vol.7 No.Suppl.1 S42
  • 56

  • シンポジウム(1)NAFLD患者における脂質粒子サイズの検討
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    第101回日本消化器病学会九州支部例会、第95回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 57

  • Probiotics promote rapid-turnover protein production by restoring gut flora in patients with alcoholic liver cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    Hepatology International
  • / Vol.7 No.2 767-774
  • 58

  • アルコール性肝硬変に対するプロバイオティクスの効果
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    肝臓、第49回日本肝臓学会総会
  • / Vol.50 No.Suppl.1 A128
  • 59

  • Human TCT-4 isoforms regulate apoptosis through upregulating Bcl-xL expression in a SxxSS motif-dependent manner
  • その他 / 共同発表 / 2013年 4月
    The 104th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 60

  • Wntシグナル転写因子TCF-4のアイソフォームにおける構造機能相関
  • その他 / 単独発表 / 2013年 3月
    Liver Forum in Kyoto(第15回学術集会)
  • 61

  • Wntシグナル転写因子TCF-4のアイソフォームにおける構造機能相関
  • 雑誌 / 単著 / 2013年 3月
    Liver Forum in Kyoto(第15回学術集会記録集)
  • / 66-73
  • 62

  • 特集II:肝疾患と幹細胞をめぐる進歩 T-cell factor (TCF)-4 アイソフォームによる低酸素耐性と腫瘍形成能制御
  • その他 / 共著 / 2013年 3月
    消化器内科
  • / Vol.56 No.3 331-339
  • 63

  • 高脂血症患者血清における脂質粒子サイズの検討
  • その他 / 単独発表 / 2013年 1月
    第4回筑後メタボリックシンドローム研究会
  • 64

  • TCF-4アイソフォームは抗癌剤耐性形質を制御する
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    ゲノム情報の臨床応用(第20回浜名湖シンポジウム記録集)、アークメディア
  • / 187-193
  • 65

  • TCF-4 アイソフォームは抗癌剤耐性形質を制御する
  • その他 / 共同発表 / 2012年12月
    第20回浜名湖シンポジウム
  • 66

  • Parasporin-4のマウスに対する毒性と担癌マウスに対する抗腫瘍効果
  • その他 / 共同発表 / 2012年12月
    第5回パラスポリン研究会
  • 67

  • Poster Session (2): Drug resistance as a function of human T-cell Factor-4 isoform expression in hepatocellular carcinoma cells
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    Hepatology、The 63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.56 No.Suppl.1 622A
  • 68

  • シンポジウム(10) 低酸素環境におけるβ-catenin-TCF-4相互作用と肝癌の悪性化
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    肝臓、20th JDDW(第16回日本肝臓学会大会、第54回日本消化器病学会大会、第10回日本消化器外科学会大会 合同)
  • / Vol.53 No.Suppl.2 A592
  • 69

  • English Oral Session: T-cell factor-4 isoforms regulate resistance involving upregulation of Bmi-1 in hepatocellular carcinoma cells
  • その他 / 共同発表 / 2012年 9月
    第71回日本癌学会学術総会
  • 70

  • シンポジウム(4) Wntシグナル転写因子T-cell factor-4は抗癌剤耐性を制御する
  • その他 / 共同発表 / 2012年 9月
    第44回日本臨床分子形態学会総会・学術集会
  • 71

  • Wnt/β-catenin/TCF-4シグナル伝達と低酸素
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    第8回広島肝臓プロジェクト研究センター シンポジウム
  • 72

  • Loss of the SxxSS motif in a human T-cell factor-4 isoform confers hypoxia resistance to liver cancer: An oncogenic switch in Wnt signaling
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 6月
    PLoS ONE
  • / Vol.7 e39981(Page 1-14)
  • 73

  • Wntシグナルと低酸素ニッチの接点:T-cell factor-4 isoformは特異的モチーフ依存性にHIF-α分解を制御する
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    肝臓、第48回日本肝臓学会総会
  • / Vol.53 No.Suppl.1 A430
  • 74

  • Poster Section(29) Thiazolidinediones augment anticancer effects of gemcitabine on human pancreatic cancer cells through PPARγ activation
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    102nd Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 75

  • PPARγ potentiates anticancer effects of gemcitabine on human pancreatic cancer cells
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 3月
    Int J Oncol
  • / Vol.40 No.3 679-685
  • 76

  • 微生物由来のがん細胞傷害性タンパク質parasporin-4のマウスに対する毒性
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    日本農芸化学会2012年度大会
  • 77

  • アメリカ肝臓病学会第62回年次総会リポート: Hepatopedia - AASLDを楽しむ
  • その他 / 単著 / 2012年 2月
    Hepatoday(肝炎・肝硬変・肝細胞癌ダイジェスト誌)
  • / Vol.26 3-5
  • 78

  • Poster session (4): Treatment of Liver Cancer:Expression profile of fourteen splice-variants of T-cell factor-4 transcription factor of WNT signaling in human HBV and HCV-related HCC tissues
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    Hepatology、The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.54 No.4(Suppl.) 1359A
  • 79

  • 閉塞性黄疸患者血清から見出したBDNF の肝再生における意義
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    肝臓、第39回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.52 No.Suppl.3 A946
  • 80

  • ワークショップ(8):ヒト肝癌細胞由来T-cell factor-4 isoformによる低酸素耐性と腫瘍形成能制御
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    肝臓、19th JDDW (第15回日本肝臓学会大会、第53回日本消化器病学会大会、第9回日本消化器外科学会大会 合同)
  • / Vol.52 No.Suppl.2 A555
  • 81

  • TCF-4のSxxSSモチーフ欠損はHIF-2α発現を介して肝細胞癌に造腫瘍能をもたらす
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    第70回日本癌学会学術総会
  • 82

  • ヒトT-cell factor-4 アイソフォームによる低酸素耐性:低分化癌発育メカニズム
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    第43回日本臨床分子形態学会総会・学術集会
  • 83

  • COX-2阻害剤、ACE阻害剤、およびVitamin K2併用により長期生存中の肝細胞癌2症例
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第97回日本消化器病学会九州支部例会、第91回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 84

  • 閉塞性黄疸患者血清のプロテオミクス
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    肝臓、第47回日本肝臓学会総会
  • / Vol.52 No.Suppl.1 A192
  • 85

  • PPARγ活性化剤併用によるgemcitabineの抗癌作用増強
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    日本消化器病学会雑誌、第97回日本消化器病学会総会
  • / Vol.108 No.Supple. A217
  • 86

  • Identification of T-cell factor-4 isoforms that contribute to the malignant phenotype of hepatocellular carcinoma cells
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 4月
    Exp Cell Res
  • / Vol.317 No.7 920-931
  • 87

  • Preferential ubiquitination of hypoxia-inducible factors depends on the SxxSS motif in human T-cell factor-4 isoforms derived from hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2011年 4月
    102nd Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 88

  • A T-cell factor-4 isoform promotes an aggressive hepatocellular carcinoma (HCC) phenotype involving hypoxia-inducible factor-2α
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    Hepatology、The 61st Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.52 No.(4)(Suppl.) 592A
  • 89

  • Tumor-initiating potential of T-cell factor-4 variants derived from human hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2010年 9月
    4th ILCA Annual Conference
  • 90

  • Characterization and function of unique T-cell factor-4 splicing isoforms that exhibit tumor repressive phenotypes in hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2010年 4月
    The 101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 91

  • A T-cell factor-4 motif regulates the phenotype of hepatocellular carcinoma cells
  • その他 / 共同発表 / 2010年 4月
    The 101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 92

  • Noncanonical Wnt11 inhibits hepatocellular carcinoma cell proliferation and migration
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 1月
    Mol Cancer Res
  • / Vol.8 No.2 254-265
  • 93

  • Autocrine loop for IGF-I receptor signaling in SLUG-mediated epithelial-mesenchymal transition
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 2月
    Int J Oncol
  • / Vol.34 No.2 329-338
  • 94

  • Targeting cell-cycle progression by troglitazone
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    2nd World Conference on Magic Bullets (Ehrlich II)
  • 95

  • Mdm2およびIGF-I receptor発現量と肝細胞癌の悪性化
  • その他 / 共同発表 / 2008年 6月
    肝臓、第44回日本肝臓学会総会
  • / Vol.49 No.Suppl.1 A351
  • 96

  • Autocrine Loop for Insulin-like Growth Factor Receptor Signaling in SLUG-induced Epithelial-mesenchymal Transition
  • その他 / 共同発表 / 2008年 4月
    Annual Meeting 2008, American Association for Cancer Research
  • 97

  • Enhanced Sensitivity to Insulin-like Growth Factor in Epithelial-mesenchymal Transition
  • その他 / 共同発表 / 2008年 2月
    7th Kyushu Cancer Forum
  • 98

  • 膵癌化学療法:ポスト・ジェムシタビン単独療法時代の新戦略
  • 雑誌 / 単著 / 2007年12月
    膵臓病研究財団 第14回研究報告書(2006年度)
  • / No.14 17-21
  • 99

  • Differential Expression of Discoid Domain Receptors in Epithelial-mesenchymal Transition
  • その他 / 共同発表 / 2007年11月
    Hepatology、58th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (Boston)
  • / Vol.46 No.Suppl.1 779A
  • 100

  • Discoid Domain Receptor-switching in Epithelial-mesenchymal Transition
  • その他 / 共同発表 / 2007年10月
    第66回日本癌学会学術総会
  • 101

  • 上皮間葉移行の分子機序:IntegrinからDDR2へのswitching
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    肝臓、第43回日本肝臓学会総会
  • / Vol.48 No.Suppl.1 A133
  • 102

  • 細胞接着破綻が招く上皮間葉移行ー新たに獲得される形質の解析ー
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年 4月
    消化器発癌における炎症・再生・細胞応答の役割、アークメディア(東京)
  • / 139
  • 103

  • SLUG-induced Expression of Discoid Domain Receptor 2 in Epithelial-mesenchymal Transition
  • その他 / 共同発表 / 2007年 4月
    Annual Meeting 2007, American Association for Cancer Research
  • 104

  • Flavonoid-induced degradation of STAT3 in human hepatoma cells
  • その他 / 共同発表 / 2007年 3月
    Hepatology International、17th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver
  • / Vol.1 No.1 49
  • 105

  • 細胞接着破綻が招く上皮間葉移行ー新たに獲得される形質の解析ー
  • その他 / 共同発表 / 2006年12月
    第14回浜名湖シンポジウム(浜松)
  • 106

  • STAT3のユビキチン依存性分解亢進:フラボノイドの新しい抗腫瘍作用機序
  • その他 / 共同発表 / 2006年 9月
    第65回日本癌学会学術総会
  • 107

  • STAT3のユビキチン依存性分解亢進:フラボノイドの新しい抗腫瘍作用機序
  • その他 / 共著 / 2006年 9月
    日本癌学会学術総会記事
  • / 45
  • 108

  • ルテオリンはリン酸化STAT3 (Tyr705)のユビキチン依存性分解を促進する
  • その他 / 共同発表 / 2006年 5月
    第42回日本肝臓学会総会
  • 109

  • ルテオリンはリン酸化STAT3 (Tyr705)のユビキチン依存性分解を促進する
  • その他 / 共著 / 2006年 5月
    肝臓
  • / Vol.47 A102
  • 110

  • Luteolin promotes degradation in signal transducer and activator of transcription 3 in human hepatoma cells: an implication for the anti-tumor potential of flavonoids
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 5月
    Cancer Res
  • / Vol.66 No.9 4826-4834
  • 111

  • Phosphorylation-site-specific degradation of STAT3 by luteolin in human hepatoma cells: an implication for the anti-tumor potential of flavonoids
  • その他 / 共著 / 2006年 4月
    Proceeding of the American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting
  • / Vol.47 173
  • 112

  • Phosphorylation-site-specific degradation of STAT3 by luteolin in human hepatoma cells: an implication for the anti-tumor potential of flavonoids
  • その他 / 共同発表 / 2006年 4月
    Annual Meeting 2006, American Association for Cancer Research
  • 113

  • Degradation of tyrosine705-phosphorylated signal transducer and activator of transcription (STAT) 3 contributes to the potent antitumor effect of luteolin in human hepatoma cells
  • その他 / 共同発表 / 2005年11月
    56th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases
  • 114

  • Degradation of tyrosine705-phosphorylated signal transducer and activator of transcription (STAT) 3 contributes to the potent antitumor effect of luteolin in human hepatoma cells
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    Hepatology
  • / Vol.42 No.4 (Suppl.) 96A-97A
  • 115

  • シソ種子抽出ルテオリンによる肝癌細胞アポトーシス誘導の分子機序
  • その他 / 共同発表 / 2005年 9月
    日本癌学会学術総会記事
  • 116

  • Chemoprevention of HCC
  • その他 / 単独発表 / 2005年 9月
    Asian Pacific Digestive Week 2005 (APDW)
  • 117

  • シソ種子抽出ルテオリンのリン酸化部位特異的STAT3分解促進作用
  • その他 / 単独発表 / 2005年 9月
    第4回 久留米若手研究者セミナー
  • 118

  • シソ種子抽出ルテオリンによる肝癌細胞アポトーシス誘導の分子機序
  • その他 / 共同発表 / 2005年 9月
    第64回日本癌学会学術総会
  • 119

  • 臨床研究医からの好意的反応
  • その他 / 単著 / 2005年 7月
    久留米医師会 広報
  • / Vol.320 3
  • 120

  • シソ種子抽出ルテオリンによる肝癌細胞アポトーシス誘導の分子機序
  • その他 / 共同発表 / 2005年 7月
    第1回 京都セルバイオロジー研究会
  • 121

  • PPARγ過剰発現とPPARγリガンドによる刺激はp27のmislocalizationを是正する
  • その他 / 共同発表 / 2005年 6月
    第41回日本肝臓学会総会
  • 122

  • PPARγ過剰発現とPPARγリガンドによる刺激はp27のmislocalizationを是正する
  • その他 / 共著 / 2005年 6月
    肝臓
  • / Vol.46 No.Suppl (1) A155
  • 123

  • Overexpression of peroxisome proliferator-activated receptorγ and its ligand-mediated activation restore mislocalization of p27Kip1 in human hepatoma cells
  • その他 / 共同発表 / 2005年 4月
    Annual Meeting 2005, American Association for Cancer Research
  • 124

  • Overexpression of peroxisome proliferator-activated receptorγ and its ligand-mediated activation restore mislocalization of p27Kip1 in human hepatoma cells
  • その他 / 共著 / 2005年 4月
    Proceeding of the American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting
  • / Vol.46 534〜535
  • 125

  • ルテオリンによる肝癌細胞アポトーシスの誘導:STAT3分解とFas発現増強
  • その他 / 単独発表 / 2005年 3月
    第1回九州がんフォーラム
  • 126

  • トログリタゾン肝障害の発生機序
  • その他 / 単著 / 2005年 2月
    日本醫事新報
  • / No.4218 107〜108
  • 127

  • 2. インスリン抵抗性発現における C 型肝炎ウイルスコア蛋白の細胞生物学的意義
  • その他 / 共著 / 2005年 1月
    臨床と研究
  • / Vol.82 No.1 151
  • 128

  • SOCS1 による肝硬変、肝細胞癌の制御
  • その他 / 共著 / 2005年
    臨床免疫
  • / Vol.43 No.4 451-454
  • 129

  • Overexpression of peroxisome proliferator-activated receptorγ and its ligand-mediated activation restore mislocalization of p27Kip1 in human hepatoma cells
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    55th Annual Meeting of the AASLD (Boston)
  • 130

  • Overexpression of peroxisome proliferator-activated receptorγ and its ligand-mediated activation restore mislocalization of p27Kip1 in human hepatoma cells
  • その他 / 共著 / 2004年10月
    Hepatology
  • / Vol.40 No.4 (Suppl.) 370A〜371A
  • 131

  • PPARγ依存的MAPKの活性化とp27蓄積
  • その他 / 共著 / 2004年10月
    日本癌学会学術総会記事
  • 132

  • PPARγ依存的MAPKの活性化とp27蓄積
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    第63回日本癌学会総会(福岡)
  • 133

  • Troglitazone肝障害
  • その他 / 共著 / 2004年 2月
    消化器科
  • / Vol.38 No.2 212-217
  • 134

  • Troglitazone肝障害:グルタチオン欠乏による肝細胞毒性の増強
  • その他 / 共著 / 2003年11月
    肝臓
  • / Vol.44 A526
  • 135

  • 酸化ストレスと肝障害Troglitazone肝障害:グルタチオン欠乏による肝細胞毒性の増強
  • その他 / 共同発表 / 2003年11月
    第35回日本肝臓学会西部会(岡山)
  • 136

  • 消化器病学研究の最前線:肝癌細胞におけるPPARγと細胞周期の接点
  • その他 / 単独発表 / 2003年11月
    第82回日本消化器病学会九州支部例会(長崎)
  • 137

  • COX-2選択的阻害剤の作用点としてのPPARγ
  • その他 / 単独発表 / 2003年10月
    第3回肝疾患フォーラム(大阪)
  • 138

  • PPARγリガンドの新しい機能:PPARγを介したSkp2の機能制御
  • その他 / 共著 / 2003年 9月
    Cancer Science
  • / 128
  • 139

  • PPARγリガンドの新しい機能:PPARγを介したSkp2の機能制御
  • その他 / 共同発表 / 2003年 9月
    第62回日本癌学会総会(名古屋)
  • 140

  • トログリタゾンによる肝細胞障害機序の検討
  • その他 / その他 / 2003年 7月
    第10回肝細胞研究会(東京)
  • 141

  • Troglitazone肝障害:酸化ストレスによるミトコンドリアの巨大化と機能低下
  • その他 / その他 / 2003年 5月
    第39回日本肝臓学会総会(福岡)
  • 142

  • Troglitazone肝障害:酸化ストレスによるミトコンドリアの巨大化と機能低下
  • その他 / 共著 / 2003年 5月
    肝臓
  • / Vol.44 A269
  • 143

  • Prognostic significance of the F-box protein Skp2 expression in diffuse large B-cell lymphoma
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Am J Hematol
  • / Vol.73 230-235
  • 144

  • Hydrogen peroxide overproduction in megamitochondria in troglitazone-treated human hepatocytes
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Hepatology
  • / Vol.37 136-147
  • 145

  • PPARγリガンドによる肝癌細胞のG1期停止機構
  • 単行本 / 分担執筆 / 2003年
    肝臓フォーラム’02記録集 医事出版社(東京)
  • / 211-221
  • 146

  • 薬物性肝障害と酸化ストレス
  • その他 / 共著 / 2003年
    肝胆膵
  • / Vol.47 569-576
  • 147

  • Troglitazone induces p27Kip1-associated cell-cycle arrest through down-regulating Skp2 in human hepatoma cells
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Hepatology
  • / Vol.37 1086-1096
  • 148

  • Hepatocellular Carcinoma: Is there a Potential for Chemoprevention Using Cyclooxygenase-2 Inhibitors?
  • 雑誌 / 単著 / 2003年
    Cancer
  • / Vol.98 661-667
  • 149

  • 原発性胆汁性肝硬変におけるUncoupling protein-2の発現
  • 単行本 / 分担執筆 / 2003年
    臨床胆汁酸研究の進歩2002 アークメディア (東京)
  • / 78-80
  • 150

  • Skp2過剰発現肝癌細胞はtroglitazone抵抗性を獲得する
  • その他 / 共同発表 / 2002年10月
    第61回日本癌学会総会(東京)
  • 151

  • 原発性胆汁性肝硬変におけるuncoupling protein-2の発現
  • その他 / 共同発表 / 2002年 7月
    第13回臨床胆汁酸研究会(東京)
  • 152

  • TroglitazoneによるSkp2減弱:抗腫瘍剤としての可能性
  • その他 / 共同発表 / 2002年 6月
    第38回日本肝臓学会総会(大阪)
  • 153

  • PPARγリガンドによる肝癌細胞のG1期停止機構
  • その他 / 単独発表 / 2002年 3月
    第14回肝臓フォーラム(西部)(大阪)
  • 154

  • PPARγリガンドによるSCFSkp2減少とp27Kip1蓄積
  • その他 / その他 / 2002年 2月
    第5回九州がんフォーラム(福岡)
  • 155

  • PPARγリガンドの肝癌細胞に対する抗腫瘍作用:SCFSkp2抑制によるp27Kip1蓄積
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年
    再生・増殖・分化と消化器病 アークメディア(東京)
  • / 52-56
  • 156

  • Involvement of p21WAF1/Cip1 and p27Kip1 in troglitazone-induced cell-cycle arrest in human hepatoma cell lines
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年
    Frontier in Hepatology Springer-Verlag Tokyo
  • / 61-72
  • 157

  • Ratio of serum vascular endothelial growth factor to platelet count correlates with disease activity in a patient with POEMS syndrome
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Eur J Intern Med
  • / Vol.13 70-74
  • 158

  • Abnormal accumulation in lipopolysaccharide in biliary epithelial cells of rats with self-filling blind loop
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Int J Mol Med
  • / Vol.9 621-626
  • 159

  • PPARγリガンドの肝癌細胞に対する抗腫瘍効果: SCFSkp2抑制によるp27Kip1蓄積
  • その他 / 単独発表 / 2001年12月
    第9回浜名湖シンポジウム(浜松)
  • 160

  • Skp2 reduction and p27Kip1 accumulation in G1-arrested hepatoma cells through peroxisome proliferators-activated receptor γ activation
  • その他 / 共同発表 / 2001年11月
    52th Annual Meeting of the AASLD (Dallas)
  • 161

  • PPARγリガンドの肝癌細胞に対するanti-tumor potential: Skp2減少とp27Kip1蓄積
  • その他 / その他 / 2001年10月
    第5回九州肝癌の発症・予防研究会(福岡)
  • 162

  • ヒト肝癌におけるPPARγを介したSkp2の減少とp27蓄積
  • その他 / 共同発表 / 2001年 9月
    第60回日本癌学会総会(横浜)
  • 163

  • PPARγを介した肝癌細胞の増殖抑制にはp21WAF1/Cip1、p27Kip1、およびp18が関与する
  • その他 / 共同発表 / 2001年 5月
    第9回肝病態生理研究会(横浜)
  • 164

  • PPARγを介した肝細胞癌の増殖抑制にはp21WAF1/Cip1、p27Kip1、およびp18が関与する
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    薬理と治療
  • / Vol.29 s155-s159
  • 165

  • PPARγを介した肝癌細胞の増殖抑制にはp21WAF1/Cip1およびp27Kip1が関与する
  • その他 / 共著 / 2001年
    薬理と臨床
  • / Vol.29 S154-S159
  • 166

  • Involvement of p21WAF1/Cip1, p27Kip1, and p18INK4c in troglitazone-induced cell-cycle arrest in human hepatoma cell lines
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Hepatology
  • / Vol.33 1087-1097
  • 167

  • PPARγ活性化によるヒト胎児由来不死化肝細胞の増殖抑制と分化誘導
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    薬理と治療
  • / Vol.29 S149-S154
  • 168

  • Haematopoietic cell-specific CDM family protein DOCK2 is essential for lymphocyte migration
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Nature
  • / Vol.412 826-831
  • 169

  • Involvement of p21WAF1/Cip1 and p27Kip1 in troglitazone-induced cell-cycle arrest in hepatoma cells
  • その他 / 2000年12月
    12th Yamaguchi Symposium on Liver Disease (Ube)
  • 170

  • PPARγを介した肝癌細胞の増殖抑制にはp21WAF1/Cip1およびp27Kip1が関与する
  • その他 / 2000年10月
    第59回日本癌学会総会(横浜)
  • 171

  • Troglitazone, a ligand for peroxisome proliferators-activated receptorγ, inhibits cell cycle progression in human hepatoma cell lines
  • その他 / 2000年 6月
    IASL-APASL Joint Meeting 2000 (Fukuoka)
  • 172

  • Involvement of p21WAF1/Cip1 and p27Kip1 in troglitazone-induced cell-cycle arrest in human hepatoma cell lines
  • その他 / 2000年 5月
    DDW 2000 (San Diego)
  • 173

  • Ursodeoxycholic acid reduces expression of heat shock proteins in primary biliary cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Liver
  • / Vol.20 78-87
  • 174

  • ヒト肝細胞癌の脱分化とcyclooxygenase-2の発現
  • その他 / 1999年10月
    DDW-Japan(第41回日本消化器病学会大会)(広島)
  • 175

  • Expression of cyclooxygenase-2 in human hepatocellular carcinoma: relevance to tumor de-differentiation
  • その他 / 1999年10月
    XI Korea-Japan International Meeting on Viral Hepatitis
  • 176

  • 胆管障害の機序
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    肝胆膵
  • / Vol.39 p21-p27
  • 177

  • Pulse intrtavenous cyclophosphamide treatment for steroid-resistant interstitial pneumonitis associated with polymyositis
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Intern Med
  • / Vol.38 p733-p738
  • 178

  • 胆汁酸におけるアポートシス誘導
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    肝胆膵
  • / Vol.39 p347-p352
  • 179

  • Expression of cyclooxygenase-2 in human hepatocellular carcinoma: relevance to tumor dedifferentiation
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Hepatology
  • / Vol.29 p688-696
  • 180

  • COX-2と肝癌
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    血液・腫瘍科
  • / Vol.38 p116-p121
  • 181

  • Involvement of Fas ligand-expressing T lymphocytes in bile duct injury of primary biliary cirrhosis
  • その他 / 1998年11月
    49th Annual Meeting of the AASLD (Chicago)
  • 182

  • ヒト肝細胞癌におけるcyclooxygenase-2 (COX-2)の発現
  • その他 / 1998年10月
    第2回九州肝癌の発症・予防研究会(福岡)
  • 183

  • 原発性胆汁性肝硬変の胆管周囲におけるFas ligand陽性リンパ球の検討
  • その他 / 1998年 9月
    第30回日本臨床電子顕微鏡学会総会ならびに学術講演会(東京)
  • 184

  • 原発性胆汁性肝硬変肝における核内DNA断片化と Bcl-2発現に及ぼすウルソデオキシコール酸の効果
  • その他 / 1998年 4月
    第34回日本肝臓学会総会(横浜)
  • 185

  • 原発性胆汁性肝硬変患者の胆管上皮細胞および肝細胞における核内DNA断片化と Bcl-2蛋白表出
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    薬理と治療
  • / Vol.26 p S337-p340
  • 186

  • Biliary secretion of endotoxin and pathogenesis of primary biliary cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Yale J Biolo Med
  • / Vol.70 p403-p408
  • 187

  • Reduced expression of cyclooxygenase-2 during development of hapatocellular carcinomas
  • その他 / 1997年11月
    48th Annual Meeting of the AASLD (Chicago)
  • 188

  • PBC患者の胆管上皮細胞および肝細胞における核内DNA断片化と Bcl-2蛋白表出
  • その他 / 1997年10月
    第5回肝病態生理研究会(盛岡)
  • 189

  • Nuclear DNA fragmentation and expression of Bcl-2 in primary biliary cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Hepatology
  • / Vol.25 p1028-p1031
  • 190

  • Nuclear DNA fragmentation and Bcl-2 expression in primary biliary cirrhosis
  • その他 / 1996年 5月
    Digestive Disease Week (DDW) 1996(San Francisco)
  • 191

  • PBC患者の胆管上皮細胞および肝細胞における核内DNA断片化とBcl-2蛋白発現
  • その他 / 1996年 4月
    第32回日本肝臓学会総会(神戸)
  • 192

  • 原発性硬化性胆管炎の動物モデル
  • 雑誌 / 共著 / 1996年
    消化器科
  • / Vol.22 p559-p564
  • 193

  • Nuclear DNA fragmentation in biliary epithelial cells and in hepatocytes in primary biliary cirrhosis
  • その他 / 1995年11月
    46th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)(Chicago)
  • 194

  • CT of lymphoepithelial cysts of the pancreas
  • 雑誌 / 共著 / 1995年
    J Comput Assist Tomo
  • / Vol.19 p221-p224
  • 195

  • Reevaluation of prognostic factors in gastric leiomyosarcoma
  • 雑誌 / 共著 / 1995年
    Am J Gastroenterol
  • / Vol.90 p1307-p1312
  • 196

  • 門脈圧亢進症の血管造影診断
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    腹部画像診断
  • / Vol.14 p535-p542
  • 197

  • Early advanced hepatocellular carcinoma: evaluation of CT and MR appearance with pathologic correlation
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    Radiology
  • / Vol.192 p379-p387
  • 198

  • 肝細胞癌術後再発症例の検討
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    腹部画像診断
  • / Vol.14 p390-p395
  • 199

  • Preliminary evaluation of the new tumor marker, CYFRA 21-1, in lung cancer patients
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    Jpn J Clin Oncol
  • / Vol.24 p263-p268

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp