久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 築井 克聡の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドの初期使用経験
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    第67回西日本泌尿器科学会総会
  • 2

  • 当科で腹腔鏡下副腎摘除術を施行した褐色細胞腫27例の臨床的検討
  • その他 / 単独発表 / 2015年 8月
    第25回 九州内視鏡下外科手術研究会
  • 3

  • Duration of First-line Treatment with Molecular Targeted-Therapy Is a Prognostic Factor in Metastatic Renal Cell Carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 6月
    Anticancer Research
  • / Vol.35 3415-3422
  • 4

  • 当科で腹腔鏡下副腎摘除術を施行した褐色細胞腫27例の臨床的検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    第27回日本内分泌外科学会総会
  • 5

  • Brachytherapy Basic Seminar
  • その他 / 単独発表 / 2015年 2月
    第1回 筑後Brachytherapy Conference
  • 6

  • Assessment of cell proliferation in renal cell carcinoma using dual-phase 18F-fluorodeoxyglucose PET/CT
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    ONCLOGY LETTERS
  • / 822-828
  • 7

  • Neoadjuvant hormonal therapy併用腹腔鏡下前立腺全摘除術(LRP)症例の 臨床的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Japanese Journal of Endourology
  • / Vol.28 258-262
  • 8

  • 当科にて摘除した副腎腫瘍117例の臨床病理学的特徴の検討
  • その他 / 共同発表 / 2014年11月
    第66回西日本泌尿器科学会総会
  • 9

  • その他 / 単独発表 / 2014年 5月
    第105回 九州泌尿器科連合地方会学術集会
  • 10

  • CRPC患者に対するエストラムスチンの有用性
  • その他 / 共同発表 / 2013年 4月
    日本泌尿器科学会
  • 11

  • PETを契機に発見されたvon Recklinghausen病に合併した褐色細胞腫の一例
  • その他 / 共同発表 / 2010年 2月
    日本泌尿器科学会福岡地方会 第285回例会

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp