久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 井上 雅広の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Suppression of death-associated protein kinase 2 by interaction with 14-3-3 proteins.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 5月
    Biochem Biophys Res Commun.
  • / Vol.doi: 10.1016/j.bbrc.2015.05.105.
  • 2

  • Identification and characterization of a cell division-regulating kinase AKB1 (associated kinase of Trypanosoma brucei 14-3-3) through proteomics study of the Tb14-3-3 binding proteins.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 2月
    J. Biochem.
  • / Vol.158 No.1 49-60
  • 3

  • Possible role of inter-domain salt bridges in oligopeptidase B from Trypanosoma brucei: critical role of Glu172 of non-catalytic b-propeller domain in catalytic activity and Glu490 of catalytic domain in stability of OPB.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 8月
    J. Biochem.
  • / Vol.154 No.5 465-473
  • 4

  • Trypanosoma brucei 14-3-3I and II proteins predominantly form a heterodimer structure that acts as a potent cell cycle regulator in vivo.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 5月
    J.Biochem
  • / Vol.153 No.5 431-439
  • 5

  • A Critical Role for highly Conserved GLU610 Residue of Oligopeptidase B from Trypanosoma Brucei in Thermal Stability
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    J. Biochem.
  • / Vol.147 No.2 201-211
  • 6

  • Epistatic and Functional Interactions of Catechol-O-Methyltransferase (COMT) and AKT1 on Neuregulin1-ErbB Signaling in Cell Models
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    PLoS ONE
  • / Vol.5 No.5 e10789. doi:10.1371/journal.pone.0010789
  • 7

  • Phosphorylation-Dependent Protein Interaction with Trypanosoma brucei 14-3-3 Proteins that Display Atypical Target Recognition
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    PLoS ONE
  • / Vol.5 No.12 e155566. doi:10.1371/journal.pone.0015566
  • 8

  • Phosphorylation-dependent Lys63-linked polyubiquitination of Daxx is essential for sustained TNF-{alpha}-induced ASK1 activation
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Cancer Res.
  • / Vol.69 No.19 7512-7517
  • 9

  • Mutant p53 disrupts the stress MAPK activation circuit induced by ASK1-dependent stabilization of Daxx
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Cancer Res.
  • / Vol.69 No.19 7681-7688
  • 10

  • Oxidative stress plays a critical role in inactivating mutant BRAF by geldanamycin derivatives
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Cancer Res.
  • / Vol.68 No.15 6324-6330
  • 11

  • The 14-3-3 Proteins of Trypanosoma brucei Function in Motility, Cytokinesis, and Cell Cycle
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 4月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.280 No.14 14085-14096
  • 12

  • Chaperon activities of the 26S and 20s proteasome.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Current Protein and Peptide Science
  • / Vol.6 197〜203
  • 13

  • Cloning, expression analysis, and tissue distribution of esp-1/testisin, a membrane-type serine protease from the rat.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    The Journal of Medical Investigation.
  • / Vol.50 78〜86
  • 14

  • Cloning and expression of novel mosaic serine proteases with and without a transmembrane domain from human lung.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Biochimica et Biophysica Acta.
  • / Vol.1518 204〜209
  • 15

  • 14-3-3 t associates with a translational control factor FKBP12-rapamycin-associated protein in T-cells after stimulation by pervanadate.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    FEBS Lett.
  • / Vol.467 61〜64
  • 16

  • Structural analysis of esp-1 gene (PRSS 21)
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Biochem. Biophys. Res. Commun.
  • / Vol.266 564〜568

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp