久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 森部 弘樹の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Isolation of intragenic suppressor of tsp-15-splicing mutant in Caenorhabditis elegans
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 7月
    microPublication Biology
  • / 10.17912/micropub.biology.000126
  • 2

  • テトラスパニン・Dual oxidase複合体の活性酸素シグナルによる寿命延長効果
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会
  • 3

  • Lifespan extension and ECM remodeling by dual oxidase-mediated ROS signaling
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    第70回日本細胞生物学会・第51回日本発生生物学会 合同大会
  • 4

  • 線虫C. elegansにおけるROSを介した咽頭サイズ制御機構の解析
  • その他 / 共同発表 / 2017年12月
    2017年度 生命科学系学会合同年次大会
  • 5

  • Lifespan extension by peroxidase/dual oxidase-mediated ROS signaling through pyrroloquinoline quinone in C. elegans.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 7月
    J. Cell Sci.
  • / Vol.130 2631-2643
  • 6

  • 線虫C.elegansにおけるROSを介した咽頭サイズ制御機構の解析
  • その他 / 共同発表 / 2016年12月
    第39回日本分子生物学会年会
  • 7

  • 線虫におけるDual Oxidase/BLI-3の役割
  • その他 / 共同発表 / 2015年12月
    第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会
  • 8

  • テトラスパニンによるDuox活性酸素産生システムの制御
  • その他 / 共同発表 / 2013年12月
    第36回日本分子生物学会年会
  • 9

  • Co-occurrence of tetraspanin and ROS generators: Conservation in protein cross-linking and other developmental processes
  • その他 / 共著 / 2013年 4月
    Worm
  • / Vol.2 e23415
  • 10

  • Tetraspanins in lower eukaryotes
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    Tetraspanins, Springer
  • / pp187-201
  • 11

  • Tetraspanin is required for generation of reactive oxygen species by the dual oxidase system in Caenorhabditis elegans.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 9月
    PLoS Genet.
  • / Vol.8 e1002957
  • 12

  • MIG-13 controls anteroposterior cell migration by interacting with UNC-71/ADM-1 and SRC-1 in Caenorhabditis elegans.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 3月
    FEBS Letters
  • / Vol.586 740-746
  • 13

  • HB-EGF and PDGF Mediate Reciprocal Interactions of Carcinoma Cells with Cancer-Associated Fibroblasts to Support Progression of Uterine Cervical Cancers.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年11月
    Cancer Res.
  • / Vol.71 No.21 6633-6642
  • 14

  • Generation of reactive oxygen species (ROS) directed by tetraspanin in C. elegans
  • その他 / 共同発表 / 2011年 7月
    Dynamic Regulation of Membrane-Based Processes by Tetraspanins & Other Scaffold Proteins, FASEB Summer Research Conferences
  • 15

  • テトラスパニンによる活性酸素産生の制御
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第63回日本細胞生物学会大会
  • 16

  • TSP-15, a member of the C. elegans tetraspanins, is required for the strength of nematode exoskeleton through collagen cross-linking by reactive oxygen species
  • その他 / 共同発表 / 2010年 9月
    4th European Conference on Tetraspanins, Birmingham, UK
  • 17

  • 線虫外骨格形成においてテトラスパニンにより制御される分子経路の同定
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    第62回日本細胞生物学会大会
  • 18

  • Identification of regulatory pathway for exoskeletal development directed by tetraspanin in C. elegans
  • その他 / 共同発表 / 2010年 4月
    International Symposium on Organelle Network: Interface among Infection-Immunity, Vell Biology, and Glycobiology, Osaka University Global COE Program Frontier Biomedical Science Underlying Organelle Network Biology.
  • 19

  • 線虫を用いたテトラスパニン機能関連因子の遺伝学的探索
  • その他 / 共同発表 / 2009年12月
    第32回日本分子生物学会年会
  • 20

  • 線虫を用いたテトラスパニン機能関連因子の遺伝学的探索
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    第82回日本生化学会大会
  • 21

  • Investigation of regulatory pathway of tetraspanin in C. elegans
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    The 7th Scientific Meeting of the ARC Centre of Exellence of Biotechnology and Development, Melbourne, Australia
  • 22

  • 線虫を用いたテトラスパニンとその相互作用分子の制御経路の遺伝学的解析
  • その他 / 共同発表 / 2009年 6月
    第61回日本細胞生物学会大会
  • 23

  • テトラスパニンTSP-15は線虫cuticleの発生に必須である
  • その他 / 共同発表 / 2008年 6月
    第60回日本細胞生物学会大会
  • 24

  • Investigation of genetic pathway of C. elegans tsp-15
  • その他 / 共同発表 / 2008年 6月
    Signal Transduction Through Tetraspanins and Other Multi-Protein Cell Surface Complexes, FASEB Summer Research Conferences, New Haven, USA
  • 25

  • Genetic analysis of tetraspanin in C. elegans
  • その他 / 共同発表 / 2006年 7月
    Membrane organization by tetraspanins and small multi-transmembrane proteins, FASEB Summer Research Conferences, Tucson, USA
  • 26

  • テトラスパニンTSP-15の線虫表皮形成と維持における機能の解析
  • その他 / 共同発表 / 2005年12月
    第28回日本分子生物学会
  • 27

  • Isolation of suppressors for epidermal abnormalities elicited by tsp-15 mutation
  • その他 / 共同発表 / 2005年 6月
    15th International C. elegans meeting, Los Angeles, USA
  • 28

  • Tetraspanin protein (TSP-15) is required for epidermal integrity in Caenorhabditis elegans
  • 雑誌 / 共著 / 2004年10月
    J. Cell Sci.
  • / Vol.117 5209-5220
  • 29

  • A tetraspanin protein TSP-15 is required for epidermal integrity in C. elegans, Awaji, Japan
  • その他 / 共同発表 / 2004年 6月
    1st East Asia C. elegans meeting
  • 30

  • A tetraspanin protein TSP-15 is required for epiermal integrity in C. elegans
  • その他 / 共同発表 / 2004年 5月
    第57回日本細胞生物学会大会
  • 31

  • Mice with defects in HB-EGF ectodomain shedding show severe developmental abnormalities
  • 雑誌 / 共著 / 2003年11月
    J. Cell Biol.
  • / Vol.163 469-475
  • 32

  • TSP-15, a tetraspanin protein is required for maintenance of epidermal integrity in C. elegans.
  • その他 / 共同発表 / 2002年 8月
    第三回Cエレガンス日本集会
  • 33

  • Tetraspanins in C. elegans
  • その他 / 共同発表 / 2002年 6月
    Advances in Tetraspanin Research, FASEB Summer Research Conferences, Tucson, USA
  • 34

  • 線虫tetraspaninタンパク質TSP-15の表皮統合性における機能
  • その他 / 2002年 5月
    日本発生生物学会35回大会
  • 35

  • 線虫tetraspaninタンパク質TSP-15の表皮統合性における機能
  • その他 / 共同発表 / 2001年12月
    第24回日本分子生物学会年会
  • 36

  • Suppression of polydactyly of the Gli3 mutant (extra toes) by deltaEF1 homozygous mutation
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 8月
    Dev. Growth Differ.
  • / Vol.42 367-376
  • 37

  • Identification of CtBP1 and CtBP2 as corepressors of zinc finger-homeodomain factor deltaEF1
  • 雑誌 / 共著 / 1999年12月
    Mol. Cell Biol.
  • / Vol.19 8581-8590
  • 38

  • DeltaEF1, a zinc finger and homeodomain transcription factor, is required for skeleton patterning in multiple lineages
  • 雑誌 / 共著 / 1998年 1月
    Development
  • / Vol.125 21-31
  • 39

  • T細胞の分化をつかさどる転写因子群
  • その他 / 共著 / 1998年 1月
    細胞工学
  • / Vol.17 30-38
  • 40

  • Impairment of T cell development in deltaEF1 mutant mice
  • 雑誌 / 共著 / 1997年 4月
    J. Exp. Med.
  • / Vol.185 1467-1479
  • 41

  • Organization of the gene encoding transcriptional repressor deltaEF1 and cross-species conservation of its domains
  • 雑誌 / 共著 / 1996年 9月
    Gene
  • / Vol.173 227-232

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp