久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 柳(石原) 圭子の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Kir2.1 チャネル内向き整流性の細胞外 K+濃度依存性のメカニズム
  • その他 / 単独発表 / 2019年 9月
    生理学研究所 研究会2019「イオンチャネルと生体膜のダイナミズム:構造生物学の先にあるもの」
  • 2

  • IK1(Kir2.1)チャネルの細胞外K+依存性の分子機構
  • その他 / 単独発表 / 2019年 7月
    第66回日本不整脈心電学会学術大会 心電学フロンティア2019 K+チャネルのしくみ
  • 3

  • New insights into K+ dependences of the strong inward rectifier potassium channel Kir2.1
  • その他 / 単独発表 / 2019年 3月
    The 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019) in conjunction with the 96th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Symposium44 (International Scientific Program Committee Symposium) / Cutting-edge approaches to long-lasting questions and novel aspects of inward rectifier K+ channels -- A quarter-century anniversary of cDNA isolation (ISPP, Israel)
  • 4

  • New insights into basic properties of the strong inward rectifier K+ channel
  • その他 / 単独発表 / 2018年12月
    The 49th NIPS International Symposium "Ion channels: looking back, seeing ahead"
  • 5

  • SCIENCE TOPICS ―内向き整流性カリウムチャネル透過性の細胞外K+濃度依存性は、細胞外Na+による競合的ブロックに起因する~高カリウム血症で心室再分極速度が上昇するメカニズム~
  • その他 / 単著 / 2018年11月
    日本生理学会誌
  • / Vol.80 No.4 83
  • 6

  • External K+ dependence of strong inward rectifier K+ channel conductance is caused not by K+ but by competitive pore blockade by external Na+
  • 雑誌 / 単著 / 2018年 7月
    Journal of General Physiology
  • / Vol.150 No.7 977-989
  • 7

  • 内向き整流カリウムチャネルのKイオン透過の制御機構
  • その他 / 単独発表 / 2017年 9月
    平成29年度生理学研究所研究会「膜システムの機能的・構造的統合」
  • 8

  • カリウムイオンの濃度により心電図の再分極が起こるのはなぜか?(質疑応答・臨床一般)
  • その他 / 単著 / 2017年 7月
    日本医事新報
  • / No.4862 61-62
  • 9

  • K+電流と心筋活動電位
  • その他 / 単独発表 / 2017年 3月
    第94回日本生理学会, 教育プログラム
  • 10

  • Mechanisms for external K+ dependence of K+ permeation and gating of Kir2.1 inward rectifier K+ channel
  • その他 / 共同発表 / 2017年 3月
    J Physiol Sci, The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Symposium 12: Simulation studies of structures, dynamics, and functions of ion channels and transporters
  • / Vol.67 No.Supplement 1 S43
  • 11

  • Kir2.1チャネルの細胞外Kイオンに依存するKイオン透過のメカニズム
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    日生誌, 第67回西日本生理学会
  • / Vol.79 No.1 (Pt 2) 28
  • 12

  • 心筋内向き整流K+チャネルのK+透過は細胞外K+に依存するのか
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    生理学研究所 研究会2016「心臓・血管系の包括的な機能統合研究」
  • 13

  • Kir2.1チャネルの細胞外K+に依存する透過と開閉のメカニズム
  • その他 / 共同発表 / 2016年 9月
    平成28年度生理学研究所研究会「膜システムの機能的・構造的統合」
  • 14

  • The hyperpolarization-activated cyclic nucleotide-gated (HCN) channels contain multiple S-palmitoylation sites
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 5月
    J Physiol Sci
  • / Vol.66 No.3 241-248
  • 15

  • HCN4過剰発現・ノックアウトマウスにおける洞房結節機能の変化
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    第55回日本生体医工学会大会
  • 16

  • Clinical concentrations of local anesthetics bupivacaine and lidocaine differentially inhibit human Kir2.x inward rectifier K+ channels
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 4月
    Anesth Analg
  • / Vol.122 No.4 1038-1047
  • 17

  • Revisiting K+ dependence of conductance and gating of strong inward rectifier K+ channels
  • その他 / 共同発表 / 2016年 3月
    J Physiol Sci, The 93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Symposium 33: Structure based approaches to the functioning mechanisms of ion channels and the search for their novel inhibitors
  • / Vol.66 No.Suppl 1 S66
  • 18

  • Neuronal and glial expression of inward rectifier potassium channel subunits Kir2.x in rat dorsal root ganglion and spinal cord
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 3月
    Neurosci Lett
  • / Vol.617 59-65
  • 19

  • 内向き整流性カリウムチャネルのポアの開口には細胞外カリウムイオンの存在を必要としない
  • その他 / 共同発表 / 2015年 9月
    平成27年度生理学研究所研究会「膜システムの機能的・構造的統合」
  • 20

  • Controversy still goes on; lessons from HCN4 knock-out mice
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    Program and Abstracts, The Joint Meeting of the 30th Annual Meeting of the Japanese Heart Rhythm Society and the 32nd Annual Scientific Meeting of the Japanese Society of Electrocardiology, Symposium 4: Sinoatrial Node Pacemaker Activity -The Mechanism of Heart Beats-
  • / 375-376
  • 21

  • Zdhhc3/7, the members of protein-palmitoylation enzymes, inhibit the current amplitude of HCN2 channel
  • その他 / 共同発表 / 2015年 3月
    J Physiol Sci, The 120th Annual Meeting of the Japanese Association Anatomists, the 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.65 No.Suppl 1 S118
  • 22

  • Mechanism of the complete block of the Kir2.1 inward rectifier K+ channel under the external K+-free condition
  • その他 / 共同発表 / 2015年 3月
    J Physiol Sci, The 120th Annual Meeting of the Japanese Association Anatomists, the 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.65 No.Suppl 1 S118
  • 23

  • Ectopic automaticity induced in ventricular myocytes by transgenic overexpression of HCN2
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 1月
    J Mol Cell Cardiol
  • / Vol.80 81-89
  • 24

  • Differential expression of Kir2.x inward rectifier K+ channels in neurons and glial cells in rat dorsal root ganglion and spinal cord
  • その他 / 共同発表 / 2014年 9月
    The 37th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuroscience 2014)
  • 25

  • Induced automaticity in ventricular myocytes from transgenic mice overexpressing HCN2
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 26

  • Functional consequences of a gain-of-function mutation in the Kir2.1 inward rectifier K+ channel associated with short QT syndrome
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 27

  • Epithelium of seminal vesicle modulates neural activity dependent contraction and originates stretch-sensitive contraction
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 28

  • Pathophysiological roles of HCN channel family in the heart
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 29

  • マグネシウムと不整脈(招待講演)
  • その他 / 単独発表 / 2013年 9月
    第33回日本マグネシウム学会学術集会
  • 30

  • Mg2+の電気生理学
  • 雑誌 / 単著 / 2013年 8月
    心電図
  • / Vol.33 No.2 179-185
  • 31

  • 局所麻酔薬リドカインとブピバカインによるKir2.x内向き整流Kチャネル抑制機構
  • その他 / 共同発表 / 2013年 5月
    日本麻酔科学会第60回学術集会
  • 32

  • Inhibition of Kir2.x inward rectifier K+ channels by local anesthetics, lidocaine and bupivacaine
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 33

  • Mgの電気生理学(招待講演)
  • その他 / 単独発表 / 2012年10月
    第29回日本心電学会学術集会 心電学フロンティア2012(第47回理論心電図研究会)
  • 34

  • Low-affinity polyamine block of IK1 facilitating the cardiac repolarization
  • その他 / 単独発表 / 2011年 9月
    The 4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session (APHRS 2011) in Conjunction with 7th Asia Pacific Atrial Fibrillation Symposium (7th APAFS)
  • 35

  • pH-Dependent gating mechanism of Kir2.1 Inward Rectifier K+ channel independent of polyamine and magnesium block
  • その他 / 共同発表 / 2010年 2月
    The Biophysical Society 54th Annual Meeting
  • 36

  • Low-affinity spermine block mediating the outward currents of Kir2 channels: implications for the cardiac strong inward rectifier K+ current IK1
  • その他 / 単独発表 / 2009年 8月
    The IUPS 2009 Satellite Symposium "Ion channels and membrane transport systems: function, structure, and physiology"
  • 37

  • 再分極予備能としての内向き整流Kチャネル電流IK1トランジェント成分
  • その他 / 単独発表 / 2009年 7月
    第24回日本不整脈学会学術大会・第26回日本心電学会学術集会合同学術集会
  • 38

  • Role of Mg2+ block of the inward rectifier K+ current in cardiac repolarization reserve: A quantitative simulation
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 7月
    J Mol Cell Cardiol
  • / Vol.47 No.1 76-84
  • 39

  • Voltage-dependent gating of Kir2.1 inward rectifier K+ channel and the origin of its pH dependence
  • その他 / 共同発表 / 2009年 7月
    The XXXVI International Congress of Physiological Sciences (IUPS2009)
  • 40

  • Heteromeric assembly of inward rectifier channel subunit Kir2.1 with Kir3.1 and with Kir3.4
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.380 No.4 832-837
  • 41

  • 心室筋内向き整流力リウ厶電流と細胞内マグネシウ厶イオン
  • その他 / 単著 / 2008年 6月
    心電図
  • / Vol.28 No.3 235-241
  • 42

  • Inward rectifier potassium current IK1 during the cardiac myocellular repolarization: an in silico study(招待講演)
  • その他 / 単独発表 / 2007年11月
    4th International Symposium of Cell/Biodynamics Simulation Project, Kyoto University "Medical Systems Biology of the Heart"
  • 43

  • Low-affinity spermine block mediating outward currents through Kir2.1 and Kir2.2 inward rectifier potassium channels
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 9月
    J Physiol (London)
  • / Vol.583 No.3 891-908
  • 44

  • Different intracellular polyamine concentrations underlie the difference in the inward rectifier K+ currents in atria and ventricles of the guinea-pig heart
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    J Physiol (London)
  • / Vol.563 No.3 713-724
  • 45

  • Two Kir2.1 channel populations with different sensitivities to Mg2+ and polyamine block: a model for the cardiac strong inward rectifier K+ channel
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    J Physiol (London)
  • / Vol.563 No.3 725-744
  • 46

  • Different polyamine concentrations underlie the regional difference in the strong inward rectifier K+ current in the heart
  • その他 / 共著 / 2005年
    Physiology News
  • / Vol.60 26-27
  • 47

  • Two modes of polyamine block regulating the cardiac inward rectifier K+ current IK1 as revealed by a study of the Kir2.1 channel expressed in a human cell line
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 4月
    J Physiol (London)
  • / Vol.556 No.1 61-78
  • 48

  • Cell-volume regulation by swelling-activated chloride current in guinea-pig ventricular myocytes
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 2月
    Jpn J Physiol
  • / Vol.54 No.1 31-38
  • 49

  • Inward rectifier K+ current under physiological cytoplasmic conditions in guinea-pig cardiac ventricular cells
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 5月
    J Physiol (London)
  • / Vol.540 No.3 831-841
  • 50

  • Identification of human Kir2.2 (KCNJ12) gene encoding functional inward rectifier potassium channel in both mammalian cells and Xenopus oocytes
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 1月
    FEBS Lett
  • / Vol.531 No.2 250-254
  • 51

  • A repolarization-induced transient increase in the outward current of the inward rectifier K+ channel in guinea-pig cardiac myocytes
  • 雑誌 / 共著 / 1998年 8月
    J Physiol (London)
  • / Vol.510 No.3 755-771
  • 52

  • Time-dependent outward currents through the inward rectifier potassium channel IRK1: The role of weak blocking molecules
  • 雑誌 / 単著 / 1997年 2月
    J Gen Physiol
  • / Vol.109 No.2 229-243
  • 53

  • The tetravalent organic cation spermine causes the gating of the IRK1 channel expressed in murine fibroblast cells
  • 雑誌 / 共著 / 1996年 3月
    J Physiol (London)
  • / Vol.491 No.2 367-381
  • 54

  • Gating mechanism of the cloned inward rectifier potassium channel from mouse heart
  • 雑誌 / 共著 / 1994年10月
    J Membr Biol
  • / Vol. 142 No.1 55-64
  • 55

  • The α1A-adrenergic receptor subtype mediates biochemical, molecular, and morphologic features of cultured myocardial cell hypertrophy
  • 雑誌 / 共著 / 1993年 7月
    J Biol Chem
  • / Vol.268 No.21 15374-15380
  • 56

  • Anion channels activated by adrenaline in cardiac myocytes
  • 雑誌 / 共著 / 1990年 9月
    Nature
  • / Vol.347 No.6290 284-286
  • 57

  • モルモット心室筋膜電流成分に対するデノパミンの選択的効果
  • 雑誌 / 共著 / 1990年
    心電図
  • / Vol.10 No.3 336-343
  • 58

  • The Mg2+ block and intrinsic gating underlying inward rectification of the K+ current in guinea-pig cardiac myocytes
  • 雑誌 / 共著 / 1989年12月
    J Physiol (London)
  • / Vol.419 297-320
  • 59

  • 出生時の交換輸血によりキャリアー化し、早期にHBs抗原が陰性化した肝硬変の1例
  • その他 / 共著 / 1988年 6月
    感染症学雑誌
  • / Vol.62 No.6 608-612
  • 60

  • Parvovirus感染に伴いaplastic crisisを来した先天性球状赤血球症の1例
  • その他 / 共著 / 1988年 4月
    日本内科学会雑誌
  • / Vol.77 No.4 553-557
  • 61

  • Erythropoietin産生腎細胞癌の1例
  • その他 / 共著 / 1988年 3月
    日本内科学会雑誌
  • / Vol.77 No.3 449-450

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp