久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 姉川 美奈の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 記念講演「Surgical Management of Deep Brain Stimulator Infection without Electrode Removal: Report of Two Cases」
  • その他 / 共同発表 / 2020年10月
    第32回日本頭蓋底外科学会
  • 2

  • Surgical Management of Deep Brain Stimulator Infection without Electrode Removal: Report of Two Cases
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 3月
    Journal of Neurological Surgery Reports
  • / Vol.81 e15-e19
  • 3

  • PAT移植を用いた下腿・足部の難治性潰瘍治療の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 9月
    形成外科
  • / Vol.62 No.9 1029-1037
  • 4

  • ポスター「チーム医療と地域包括ケア病棟を活用した難治性足潰瘍患者への新たな取り組み」
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    第60回日本形成外科学会 総会・学術集会
  • 5

  • シンポジウム1「色素性病変(先天性、加齢性疾患含む)」 扁平母斑・ベッカー母斑に対するQスイッチルビーレーザー治療の有効性とその限界
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    第37回日本レーザー医学会総会
  • 6

  • ミニシンポジウム「奥義を語る『難治性足潰瘍』」 病院間連携で難治性足潰瘍患者の在院日数短縮と在宅復帰を進める取り組み
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第8回日本創傷外科学会総会・学術集会
  • 7

  • シンポジウム「美容・形成外科②」 顔面神経減荷術後の顔面神経麻痺に対する低反応レベルレーザー治療の有効性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    第27回日本レーザー治療学会
  • 8

  • シンポジウム「LLLTの臨床応用と光治療の新展開」 He-Neレーザーを用いた頚部放射線性皮膚炎に対する低反応レベルレーザー治療の有効性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    第26回日本レーザー治療学会
  • 9

  • 難治性不妊症に対する低反応レベルレーザー治療の検討.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 4月
    日本レーザー医学会誌.
  • / Vol.34 No.4 367-371
  • 10

  • 扁平母斑200例に対するQスイッチルビーレーザー単独治療後の無効症例の検討.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年12月
    日形会誌.
  • / Vol.33 No.12 875-880
  • 11

  • シンポジウム「皮膚科領域におけるレーザーの応用」 顔面扁平母斑113例に対するQスイッチ付きルビーレーザー治療後の無効例の検討
  • その他 / 共同発表 / 2013年11月
    第34回日本レーザー医学会総会
  • 12

  • 小児レーザー治療における保護者の意識調査と患者用説明冊子の有用性の検討.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 7月
    形成外科.
  • / Vol.56 No.7 743-749
  • 13

  • A new Approach to Laser Therapy for Small Mass of Melanocytic Nevi on the Face.
  • その他 / 共同発表 / 2013年 5月
    The 6th Fukuoka-Busan Over-seas Society of Plastic Surgeons.
  • 14

  • Capillary malformation(単純性血管腫)に対するパルス色素レーザー治療の合併症例2例
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 3月
    形成外科
  • / Vol.56 No.3 317-323
  • 15

  • 両側乳輪内多乳頭症に対して新しい乳頭形成術を行った1例
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    日形会誌
  • / Vol.33 No.1 41-47
  • 16

  • NEW COMBINED LASER THERAPY FOR SMALL MASS OF MELANOCYTIC NEVI ON THE FACE.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 9月
    The4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies
  • 17

  • 隆起性の色素性母斑に対するZebra methodを用いたレーザー複合療法の有効性の検討.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 8月
    形成外科.
  • / Vol.55 No.8 899-904
  • 18

  • ポスター「ペディグラステクノロジーを用いた巻き爪、陥入爪のケア」
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    第4回日本創傷外科学会
  • 19

  • パネルディスカッション「Scarless healingを目指したレーザー治療」 当科における隆起性の顔面色素性母斑に対するレーザー治療の工夫
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    第4回日本創傷外科学会
  • 20

  • シンポジウム「皮膚科・形成外科におけるレーザー治療2」 尋常性疣贅に対する低反応レベルレーザー治療の治療効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    第24回日本レーザー治療学会
  • 21

  • Evaluation of Zebra Method of Combined Laser Therapy for the Mass of Melanocytic Nevi.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    The11th Korea-Japan Congress of Plastic and Reconstructive Surgery
  • 22

  • The new method of a nipple plasty for Intra-areolar polythelia.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    The11th Korea-Japan Congress of Plastic and Reconstructive Surgery
  • 23

  • 隆起性色素細胞母斑に対するレーザー複合療法
  • その他 / 共同発表 / 2012年 4月
    第55回日本形成外科学会 総会・学術集会
  • 24

  • 皮膚を含めた進行乳癌切除例に対する大胸筋弁腋窩充填法の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2012年 4月
    第55回日本形成外科学会 総会・学術集会
  • 25

  • 扁平母斑200例に対するQスイッチ付きルビーレーザー治療後の再発症例の検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年 4月
    第55回日本形成外科学会 総会・学術集会
  • 26

  • 両側性乳輪内多乳頭症に対する新しい乳頭形成術の工夫
  • その他 / 共同発表 / 2012年 2月
    第17回日本形成外科手術手技学会

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp