久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 松原 庸勝の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 化膿性脊椎炎における経皮的病巣掻爬ドレナージ不応例に対する術式選択の検討
  • その他 / 共同発表 / 2019年 7月
    第42回日本骨・関節感染症学会
  • 2

  • 成人における前腕骨骨幹部骨折術後再骨折をきたす特徴
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第45回日本骨折治療学会
  • 3

  • 硬膜外膿瘍または傍椎体膿瘍を伴った化膿性脊椎炎に対する経皮的病巣掻爬ドレナージ術の治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2019年 5月
    第92回日本整形外科学会学術総会
  • 4

  • ラット椎間板掻爬モデルにおけるPorous Hydroxyapatite/CollagenとPlatelet Rich Plasmaを用いた椎体間骨癒合の検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    第32回日本整形外科学会基礎学術集会
  • 5

  • 胸腰椎破裂古拙に対するSubchondral Bone Support Techniqueを併用した脊椎固定術の治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2017年 8月
    第6回 Japan Association of Spine surgeons with Ambition
  • 6

  • examination of the accuracy of percutaneous pedicle screw fixation and the factor of misplacement.
  • その他 / 共同発表 / 2017年 7月
    The 17th Annual meeting of the Pacific and Asian Society Minimally Invasive Spine Surgery
  • 7

  • Risk factors associated with poor prognosis after percutaneous suction aspiration and drainage for pyogenic spondylitis
  • その他 / 共同発表 / 2017年 6月
    18th Japanese-Deutsch Orthopadische und unfallchirurgische Tagung
  • 8

  • Porous Hydroxyapatite/CollagenとPlatelet Rich Plasmaを用いた椎体間骨癒合の検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年 6月
    第133回西日本整形・災害外科学会学術集会
  • 9

  • 化膿性脊椎炎に対する低侵襲治療法の検討〜経皮的病巣掻爬ドレナージ vs 高圧酸素療法〜
  • その他 / 共同発表 / 2017年 5月
    第90回日本整形外科学会学術集会
  • 10

  • 経皮的椎弓根スクリュー固定の治療成績および逸脱因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会
  • 11

  • 化膿性脊椎炎に対する低侵襲治療法の検討 経皮的病巣掻爬ドレナージVS高圧酸素療法
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会
  • 12

  • 下腿骨幹部開放骨折に対する二期的手術の有効性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年 3月
    第30回日本創外固定・骨延長学会学術集会
  • 13

  • 下腿骨幹部開放骨折の治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2017年 3月
    第30回日本創外固定・骨延長学会学術集会(2017 3.3–4,  久留米市)
  • 14

  • 下腿骨幹部開放骨折に対する二期的手術の有効性の検討 骨折 39(4) 893-897,2017
  • 雑誌 / 単著 / 2017年
    骨折
  • / Vol.39 No.4 893-897
  • 15

  • percutaneous pedicle screw systemの治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    第25回日本インストゥルメンテーション学会
  • 16

  • 可能性脊椎炎に対する低侵襲治療法の検討~疼痛の改善を中心に~
  • その他 / 共同発表 / 2016年 9月
    第24回日本腰痛学会
  • 17

  • Examination of a minimally invasive treatment for pyogenic spondylitis -percutaneous suction aspiration and dranage(PSAD)vs Hyperbaric oxygen therapy(HBOT)-
  • その他 / 共同発表 / 2016年 9月
    16th World Congress on Pain
  • 18

  • 経皮的椎弓根スクリュー固定の治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2016年 8月
    第5回Japan Association of Spine surgeons with Ambition
  • 19

  • 化膿性脊椎炎に対する低侵襲治療法の検討-経皮的病巣掻把ドレナージvs高圧酸素療法-
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第39回日本骨関節感染症学会
  • 20

  • 下腿開放骨折の治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第42回日本骨折治療学会
  • 21

  • 可能性脊椎炎に対する低侵襲治療法の検討~疼痛の改善を中心に~
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    第85回西日本脊椎研究会
  • 22

  • 化膿性脊椎炎に対する低侵襲治療法の検討 経皮的病巣掻爬ドレナージvs高圧酸素療法
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    第131回西日本整形・災害外科学術学会
  • 23

  • 化膿性脊椎炎における経皮的病巣掻把ドレナージの有効性と限界
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    第89回日本整形外科学会学術総会
  • 24

  • 化膿性脊椎炎における経皮的病巣掻爬ドレナージの治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    第45回日本脊椎脊髄病学会
  • 25

  • Effectiveness and limitations of percutaneous suction aspiration and drainage for pyogenic spondylitis
  • その他 / 共同発表 / 2016年 3月
    19th Asia Pacific Orthopaedic Association Congress
  • 26

  • 大腿骨複合骨折の治療経験
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    骨折
  • / Vol.38 No.2 410-415
  • 27

  • Tramadol製剤の長期使用経験
  • その他 / 共同発表 / 2015年12月
    第8回日本運動器疼痛学会
  • 28

  • Tramadol製剤の長期使用経験
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    第130回西日本整形外科災害外科学会

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp