久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 大園 綾花の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Establishment of IgA ELISAs of mammalian recombinant proteins of human desmocollins 1-3.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    J Dermatol Sci
  • / Vol.83 No.1 75-77
  • 2

  • Detection of IgE autoantibodies to BP180 and BP230 and their relationship to clinical features in bullous pemphigoid.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Br J Dermatol
  • 3

  • 'Reply to: Clinical and immunological findings in 104 cases of paraneoplastic pemphigus': reply from the authors.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Br J Dermatol
  • / Vol.174 No.2 461-462
  • 4

  • Clinical and immunological findings in 104 cases of paraneoplastic pemphigus.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Br J Dermatol
  • / Vol.173 No.6 1447-1452
  • 5

  • Anti-laminin-gamma1 Pemphigoid Developed in a Case of Autosomal Recessive Congenital Ichthyosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Acta Derm Venereol
  • / Vol.95 No.1 93-94
  • 6

  • Oesophageal involvement in epidermolysis bullosa acquisita.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Br J Dermatol
  • / Vol.172 No.1 288-290
  • 7

  • Pemphigoid Nodularis with Diverse IgG, IgA and IgE Antibodies Showing Neutrophilic Papillary Microabscesses.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Acta Derm Venereol
  • / Vol.95 No.2 239-240
  • 8

  • Characterization of two cases of bullous pemphigoid reactive only with BP230 on Japanese enzyme-linked immunosorbent assays.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Acta Derm Venereol
  • / Vol.94 No.6 734-736
  • 9

  • Immunological and statistical studies of anti-BP180 antibodies in paraneoplastic pemphigus.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    J Invest Dermatol
  • / Vol.134 No.8 2283-2287
  • 10

  • Three cases of pseudolymphoma successfully treated with amoxicillin.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Eur J Dermatol
  • / Vol.23 No.5 717-718
  • 11

  • Overlap syndrome comprised of systemic sclerosis and systemic lupus erythematosus associated with spinocerebellar ataxia type 6 and MALT lymphoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Eur J Dermatol 23(1):
  • / Vol.23 No.1 117
  • 12

  • 多中心性細網組織球症の1例
  • その他 / 共同発表 / 2011年 1月
    第134回日本皮膚科学会徳島地方会(1月21日,徳島市)
  • 13

  • SLEに合併したlivedoid vasculopathy の1例
  • その他 / 共同発表 / 2011年 1月
    第34回皮膚脈管膠原病研究会(1月21-22日,宮崎市)
  • 14

  • 嚢腫構造を呈した伝染性軟属腫の一例
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    第350回福岡地方会
  • 15

  • 経過中に全身の水疱形成を認めた結節性類天疱瘡の1例
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    第62回日本皮膚科学会西部支部学術大会
  • 16

  • ミトコンドリア脳筋症患児に
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    臨床麻酔
  • / Vol.33 1199-1200

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp