久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 小曽根 基裕の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 不眠症治療のゴールと減薬・休薬のコツ~平成30年度診療報酬改訂を受けて~
  • その他 / 講演 / 2019年 9月
    不安または不眠に関する研究会in宝塚, 宝塚 2019.9.28
  • 2

  • 統合失調症に伴う睡眠障害 睡眠からみる新しい統合失調症の治療戦略
  • その他 / 講演 / 2019年 9月
    筑豊精神科集談会, 飯塚 2019.9.24
  • 3

  • 不眠の治療
  • その他 / 講演 / 2019年 9月
    秋の「すいみんの日」市民公開講座2019 福岡, 福岡 2019.9.7
  • 4

  • 統合失調症に伴う睡眠障害 睡眠からみる新しい統合失調症の治療戦略
  • その他 / 講演 / 2019年 9月
    筑後精神科診察所懇話会, 久留米 2019.9.27
  • 5

  • 不眠症治療のゴールと減薬・休薬のコツ~平成30年度診療報酬改訂を受けて~
  • その他 / 講演 / 2019年 7月
    八幡臨床外科医会, 八幡 2019.7.17
  • 6

  • よりよい睡眠を目指して 睡眠障害の最新治療と漢方薬にできること
  • その他 / 講演 / 2019年 7月
    久留米精神科医会学術講演会, 久留米 2019.7.8
  • 7

  • (ランチョンセミナー)高齢者における不眠症対策のコツ
  • その他 / 単独発表 / 2019年 7月
    第8回日本精神科医学会学術大会, 札幌 2019.7.5
  • 8

  • 睡眠薬に関する適正使用はどのような事が求められるか-平成30年度診療報酬を踏まえて-
  • その他 / 講演 / 2019年 7月
    不眠症診察インターネットライブセミナー, 東京 2019.7.10
  • 9

  • 不眠症治療のゴールと減薬・休薬のコツ
  • その他 / 講演 / 2019年 6月
    PARTNER Web 講演会, 久留米 2019.6.4
  • 10

  • L-dopa投与によりAnhedoniaが著明に改善したParkinson病の一例
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟 2019.6.20-22
  • 11

  • 症状との共存に工夫を要した高齢者の身体症状症の一例
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟 2019.6.20-22
  • 12

  • (シンポジウム)睡眠薬減量の動機づけ動画作成の試み
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟 2019.6.21
  • 13

  • (共催シンポジウム)診療報酬改訂後の不眠症薬物療法
  • その他 / 単独発表 / 2019年 6月
    日本睡眠学会第44回定期学術集会, 名古屋 2019.6.28
  • 14

  • Recoveryを目指した睡眠からみる新しい統合失調症の治療戦略
  • その他 / 講演 / 2019年 6月
    第81回宮崎県精神科医会, 宮崎 2019.6.29
  • 15

  • (ランチョンセミナー)高齢者における不眠症対策のコツ
  • その他 / 単独発表 / 2019年 6月
    第34回日本老年精神医学会, 仙台 2019.6.7
  • 16

  • (アフタヌーンセミナー)高齢者における不眠症対策のコツ
  • その他 / 単独発表 / 2019年 6月
    公益社団法人日本精神神経科診療所協会2019年度定時総会第25回学術研究会埼玉大会, さいたま 2019.6.22
  • 17

  • 一般医のための不眠症治療のゴールと減薬・休薬のコツ 減薬・休薬を見据えた不眠治療とは
  • その他 / 講演 / 2019年 6月
    第4回 CMCD Care Seminar 学術講演会, 千葉 2019.6.5
  • 18

  • 睡眠と統合失調症
  • その他 / 講演 / 2019年 5月
    福精協筑後ブロック院長会学術集会, 久留米 2019.5.28
  • 19

  • 一般医のための不眠症治療のゴールと減薬・休薬のコツ 減薬・休薬を見据えた不眠治療とは
  • その他 / 講演 / 2019年 4月
    第24回AU医療連携カンファレンス, 東京 2019.4.25
  • 20

  • よりよい睡眠を目指して 睡眠障害の最新治療と漢方薬にできること
  • その他 / 講演 / 2019年 4月
    第1回 Atsugi Kampo Evening, 厚木 2019.4.17
  • 21

  • 高齢者の睡眠障害の特徴と対応について
  • その他 / 単著 / 2019年
    クリニシアン
  • / Vol.66 No.670 18-23
  • 22

  • (睡眠学入門 第5回)時差症状を減らして快適に過ごすには
  • その他 / 単著 / 2019年
    よぼう医学
  • / Vol.5 10
  • 23

  • (睡眠学入門 第4回)体内時計を意識しよう
  • その他 / 単著 / 2019年
    よぼう医学
  • / Vol.4 10
  • 24

  • (睡眠学入門 第6回)睡眠衛生からみた働き方改革関連法の意義
  • その他 / 単著 / 2019年
    よぼう医学
  • / Vol.6 10
  • 25

  • 平成30年度診療報酬改定後の不眠症治療はどのように変わったか?
  • その他 / 単著 / 2019年
    クリニシアン
  • / Vol.66 No.672 37-43
  • 26

  • (睡眠学入門 第3回)よく眠って学習能力を高めよう
  • その他 / 単著 / 2019年
    よぼう医学
  • / Vol.3 10
  • 27

  • 不眠症の漢方治療-簡便な使い分け-
  • その他 / 共著 / 2018年
    Geriatric Medicine
  • / Vol.56 No.6 519-522
  • 28

  • 加齢による睡眠・概日リズムの変化
  • その他 / 共著 / 2018年
    Geriatric Medicine
  • / Vol.56 No.1 7-10
  • 29

  • 誌上ディベート 睡眠薬の是非 不眠症治療における睡眠薬の意義
  • その他 / 共著 / 2018年
    アンチ・エイジング医学
  • / Vol.13 No.6 814-818
  • 30

  • High rebound mattress toppers facilitate core body temperature drop and enhance deep sleep in the initial phase of nocturnal sleep (doi:10.1371/journal.pone.0197521).
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    PLoS ONE
  • / Vol.13 No.6 1-13
  • 31

  • 過眠症(ナルコレプシーを含む)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2018年
    今日の治療指針 東京, 医学書院
  • / 1031-1032
  • 32

  • (監訳)Ⅰ.不眠症
  • 単行本 / 分担執筆 / 2018年
    睡眠障害国際分類第3版 東京, ライフサイエンス
  • / 1-22
  • 33

  • うつ病
  • 単行本 / 分担執筆 / 2018年
    おとなの病気は、ぼくらが予防!未来の健康防衛隊
  • / 225-238
  • 34

  • 睡眠障害 ①総論
  • 単行本 / 分担執筆 / 2018年
    骨粗鬆症診療 大阪, 医薬ジャーナル社
  • / 1331-133
  • 35

  • (睡眠学入門 第2回)自分に必要な睡眠時間を知ろう
  • その他 / 単著 / 2018年
    よぼう医学
  • / Vol.2 10
  • 36

  • (睡眠学入門 第1回)睡眠を軽視する時代
  • その他 / 単著 / 2018年
    よぼう医学
  • / Vol.1 10
  • 37

  • 健康相談室【Q&A 相談内容】Q 不眠で5年近く抗不安薬を服用 やめどきがわからない
  • その他 / 単著 / 2018年
    月刊ヘルスアンドライフ
  • / Vol.10 30
  • 38

  • 睡眠負債の概念と現状-漢方でどうとらえるか-
  • その他 / 共著 / 2018年
    Progress in Medicine
  • / Vol.38 No.10 1111-1115
  • 39

  • 平成30年度診療報酬改定後の不眠症治療(解説)
  • その他 / 共著 / 2018年
    ねむりとマネージメント
  • / Vol.5 No.2 92-95

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp