久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 東南 辰幸の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Serum albumin level is a notable profiling factor for non-B, non-C hepatitis virus-related hepatocellular carcinoma: A data-mining analysis.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Hepatol Res.
  • / Vol.44 No.8 837-45.
  • 2

  • MRIおよびMRCPは有用か?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    日本医学放射線学会, 日本放射線専門医会・医会(編);画像診断ガイドライン 2013年版. 金原出版, 268-269, 2013.
  • / 268-269
  • 3

  • 胆管癌が疑われた場合, CTは有用か?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    日本医学放射線学会, 日本放射  線専門医会・医会(編);画像診断ガイドライン 2013年版. 金原出版, 266-267, 2013.
  • / 266-267
  • 4

  • 胆管癌と胆管炎の鑑別にはCTやMRIは有用か?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    日本医学放射線学会, 日本放射線専門医会・医会(編);画像診断ガイドライン 2013年版. 金原出版, 270-271, 2013
  • / 270-271
  • 5

  • CD14 expression and Kupffer cell dysfunction in non-alcoholic steatohepatitis: superparamagnetic iron oxide-magnetic resonance image and pathologic correlation.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    J Gastroenterol Hepatol.
  • / Vol.27 No.4 789-96.
  • 6

  • Quantification of hepatic iron concentration in chronic viral hepatitis: usefulness of T2-weighted single-shot spin-echo echo-planar MR imaging.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    PLoS One.
  • / Vol.7 No.3 e33868.
  • 7

  • Evaluation of the mean and entropy of apparent diffusion coefficient values in chronic hepatitis C: correlation with pathologic fibrosis stage and inflammatory activity grade.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Radiology.
  • / Vol.258 No.3 739-48
  • 8

  • Correlation of Kupffer cell function and hepatocyte function in chronic viral hepatitis evaluated with superparamagnetic iron oxide-enhanced magnetic resonance imaging and scintigraphy using technetium-99m-labelled galactosyl human serum albumin.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Exp Ther Med.
  • / Vol.2 No.4 607-613
  • 9

  • Periostin, a matrix protein, has potential as a novel serodiagnostic marker for cholangiocarcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Oncol Rep.
  • / Vol.25 No.5 1211-6
  • 10

  • Chronic hepatitis and cirrhosis on MR imaging. Magn Reson
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Imaging Clin N Am.
  • / Vol.18 No.3 383-402
  • 11

  • Chronic hepatitis and cirrhosis on MR imaging. Magn Reson
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    Imaging Clin N Am.
  • / Vol.18 No.3 383-402.
  • 12

  • Diffusion-weighted imaging of soft tissue tumors: usefulness of the apparent diffusion coefficient for differential diagnosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Radiat Med.
  • / Vol.26 No.5 287-95
  • 13

  • Supplement improves  nutrition and stresses caused by examination-associated fasting in patients with liver cirrhosis.     
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Hepatol Res.
  • / Vol.38 No.12 1178-85
  • 14

  • Evaluation of small (
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    European Journal of Radiology
  • / Vol.64 133-139
  • 15

  • コアキシャル法による大腿動脈経由リザーバー留置術(2.7Fダブルスパイラルカテーテルを用いた留置法)
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Interventional Radiology
  • / Vol.17 No.4 350-354
  • 16

  • 遅発性外傷性横隔膜ヘルニアの一例
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    福岡県放射線科医誌 
  • / Vol.120 14-17

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp