久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 志波 直人の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 廃用によるサルコペニアと骨粗鬆症 ―宇宙飛行士の健康管理を参考に―
  • その他 / 単独発表 / 2019年12月
    第3回高知フレイル研究会
  • 2

  • 筋骨格系廃用萎縮に対するハイブリッドトレーニングの効果 宇宙医学関連研究の結果を参考に
  • その他 / 単独発表 / 2019年11月
    栃木県臨床整形外科医会
  • 3

  • 日々の運動の重要性を考える ―宇宙飛行士の健康管理を参考に―
  • その他 / 単独発表 / 2019年11月
    済生会学会
  • 4

  • 中高年に対する転倒予防 ―宇宙飛行士の健康管理を参考に―
  • その他 / 単独発表 / 2019年11月
    第20回股関節市民フォーラム
  • 5

  • 運動器リハビリテーションにおける最新の知見 ―筋骨格系の廃用性変化と運動による全身効果―
  • その他 / 単独発表 / 2019年 9月
    第17回骨関節修復再建フォーラム
  • 6

  • 運動の全身への効果を考える(認知症を含めて)―宇宙飛行士の健康管理を参考に―
  • その他 / 単独発表 / 2019年 9月
    第9回田川医師会地域住民公開講座
  • 7

  • 筋骨格系廃用萎縮に対する運動の重要性 宇宙医学関連研究の結果からマイオカイン研究まで
  • その他 / 単独発表 / 2019年 7月
    第19回東京骨関節フォーラム
  • 8

  • 電気刺激併用運動療法:ハイブリッドトレーニングの効果を検証する(シンポジウム)
  • その他 / 単独発表 / 2019年 7月
    第31回日本運動器科学会
  • 9

  • History of GJSOT International Symposium 92nd JOA (21st GJSOT meeting)
  • その他 / 単独発表 / 2019年 5月
    第92回日本整形外科学会学術総会
  • 10

  • 宇宙医学と整形外科 運動器維持への取り組み(モデレーター)(シンポジウム)
  • その他 / 単独発表 / 2019年 5月
    第92回日本整形外科学会学術総会
  • 11

  • わが国の整形外科女性医師の現状と久留米大学整形外科の男女共同参画の実際(男女共同参画シンポジウム)
  • その他 / 共同発表 / 2019年 5月
    第92回日本整形外科学会学術総会
  • 12

  • Hybrid training systemによる廃用予防への挑戦 ―宇宙医学実験の知見を参考に―
  • その他 / 単独発表 / 2019年 3月
    愛知県整形外科医会
  • 13

  • ハイブリッドトレーニングによる筋骨格系と全身への効果検証 ―宇宙医学実験と産学共同研究の成果より―
  • その他 / 単独発表 / 2019年 2月
    第7回浜の町整形外科セミナー
  • 14

  • 整形外科専門医制度と地域医療構想
  • その他 / 単独発表 / 2019年 2月
    第18回久留米関節セミナー
  • 15

  • 宇宙環境で有効なトレーニング装置の研究と開発 ―宙陸両用の装置を目指して―
  • その他 / 単独発表 / 2019年 1月
    分野横断プラットフォーム構築企画・宇宙医学ワークショップ「人類の宇宙進出時に必要となる宇宙医学・生物学研究」
  • 16

  • ロコモティブシンドロームへの宇宙医学の応用-宇宙医学と臨床医学の相互フィードバックを目指して-
  • その他 / 単独発表 / 2018年12月
    奈良県医師会整形外科
  • 17

  • 市民公開講座 骨と筋肉の健康維持のために重要なこと ―国際宇宙ステーションでの医学実験結果より学ぶ―
  • その他 / 単独発表 / 2017年10月
    リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
  • 18

  • ハイブリッドトレーニングによる宇宙医学実験より サルコペニアと骨粗鬆症について考える
  • その他 / 単独発表 / 2017年 9月
    大阪スポーツ障害研究会
  • 19

  • 骨と筋肉の健康維持のために ―国際宇宙ステーションの実験結果より―
  • その他 / 単独発表 / 2017年 7月
    平成29年度久留米大学医学部看護学科同窓会総会
  • 20

  • 活動性の低下はサルコペニアと骨粗鬆症を来す ―国際宇宙ステーションの実験結果より―
  • その他 / 単独発表 / 2017年 7月
    第43回日本骨折治療学会
  • 21

  • サルコペニアと骨粗鬆症から運動の重要性を知る ―国際宇宙ステーションの実験結果より―
  • その他 / 単独発表 / 2017年 7月
    八女筑後学術講演会
  • 22

  • リハビリテーションの大切さ ―基本から最新の研究まで―
  • その他 / 単独発表 / 2017年 6月
    NPO法人ドナセナ15周年記念講演会
  • 23

  • 「脊椎・脊髄手術、その術中術後合併症」脊椎術後硬膜外血腫のピットフォール
  • その他 / 共同発表 / 2017年 6月
    第87回西日本脊椎研究会
  • 24

  • Effect of the Hybrid Training Method on the disuse atrophy of the musculoskeletal system of the astronauts staying in International Space Station for a long term - Initial verification in the International Space Station -
  • その他 / 共同発表 / 2017年 6月
    18th Japanese-Deutsch Orthopadische und unfallchirurgische Tagung
  • 25

  • 宇宙医学と臨床医学の同時進行と相互フィードバックを目指して
  • その他 / 単独発表 / 2017年 1月
    第11回 膝OAと運動・装具療法セミナー
  • 26

  • 廃用性の筋骨格系変化と骨粗鬆症
  • その他 / 単独発表 / 2017年 1月
    久留米市骨粗鬆症検診事業講演
  • 27

  • 【特集 医工、産学連携によるリハビリテーション】筋骨格系廃用萎縮予防装置の開発
  • 雑誌 / 単著 / 2017年
    MB Med Reha
  • / No.205 34-39
  • 28

  • 地域で生活する喜びを求めて「障害者が地域で生活するためのリハビリテーション」久留米でのリハビリテーション研究20年
  • その他 / 単独発表 / 2016年12月
    NPO法人ゴロリンハウス20周年記念講演会
  • 29

  • サルコペニアと骨粗鬆症の予防について考える ―運動器の廃用予防を参考に―
  • その他 / 単独発表 / 2016年11月
    第14回山梨大学整形外科セミナー特別講演
  • 30

  • 運動器に対する疼痛管理の重要性 ―廃用変化予防を中心に―
  • その他 / 単独発表 / 2016年10月
    第5回千葉慢性疼痛研究会
  • 31

  • サルコペニアと骨粗鬆症について考える。―国際宇宙ステーション実験結果より―
  • その他 / 単独発表 / 2016年10月
    整形外科カレントコンセプト
  • 32

  • 国際宇宙ステーション実験結果から考えるサルコペニアと骨粗鬆症
  • その他 / 単独発表 / 2016年 8月
    東北大学整形外科談論会
  • 33

  • ハイブリッドトレーニングによる宇宙医学実験より サルコペニアと骨粗鬆症について考える
  • その他 / 単独発表 / 2016年 7月
    第28回運動器科学会(ランチョンセミナー) 
  • 34

  • 宇宙飛行士の骨や筋肉の衰えについて考える。―久留米大学とJAXAとの共同研究結果よりー
  • その他 / 単独発表 / 2016年 7月
    久留米大学オープンキャンパス
  • 35

  • 活動性の低下は骨粗鬆症を加速する ―運動器の廃用性変化と老化について―
  • その他 / 単独発表 / 2016年 6月
    筑後・佐賀医療連携フォーラム
  • 36

  • 高齢社会におけるリハビリテーションの重要性
  • その他 / 単独発表 / 2016年 6月
    平成28年度栄養士会通常総会研修会
  • 37

  • 宇宙空間における筋骨格系廃用とサルコペニア-国際宇宙ステーション実験の結果より-
  • その他 / 単独発表 / 2016年 3月
    第4回日本脆弱性骨折ネットワークFFNJ 
  • 38

  • 久留米大学整形外科の近況報告。平成29年度から始まる新専門医制度など
  • その他 / 単独発表 / 2016年 3月
    北九州久留米会
  • 39

  • ハイブリッドトレーニング ISS実験成果報告と今後の長期有人宇宙探査に向けた取り組み 有人火星探査に向けた課題の抽出と獲得すべき技術
  • その他 / 共同発表 / 2016年 3月
    JAXA報告会
  • 40

  • 筋骨格系廃用と疼痛管理の重要性
  • その他 / 単独発表 / 2016年 3月
    骨関節フォーラムin岐阜
  • 41

  • 筋骨格系廃用予防について考える―国際宇宙ステーション実験の結果を参考に―
  • その他 / 単独発表 / 2016年 2月
    第22回高知関節疾患懇話会
  • 42

  • 国際宇宙ステーション実験の結果から筋骨格系廃用予防について考える
  • その他 / 単独発表 / 2016年 2月
    第12回 Monday Orthopaedics Seminar (MOS会)
  • 43

  • 骨折予防のための新しい運動療法 ―ハイブリッドトレーニング法―  特集 骨折予防のための栄養と運動
  • 雑誌 / 単著 / 2016年
    骨と腎代謝
  • / Vol.29 No.4 325-331
  • 44

  • 筋肉のエイジング・アンチエイジングーサルコペニアと運動の効果について
  • 雑誌 / 単著 / 2016年
    臨床整形外科
  • / Vol.51 No.4 361-366
  • 45

  • 2研究倫理を効果的に学ぼう  -倫理講習 リハ研究の進め方・まとめかた これから始める人といまさら聞けない人のために   Ⅱ章 倫理と利益相反―倫理委員会への書類提出と研究承認まで。
  • 雑誌 / 単著 / 2016年
    Journal of Clinical Rehabilitation
  • / Vol.25 No.4 399-403
  • 46

  • 8いざ研究を始めよう  ―研究実施 リハ研究の進め方・まとめかた これから始める人といまさら聞けない人のために  Ⅰ章 計画と実施 ―研究計画の立案方研究費獲得、実施まで
  • 雑誌 / 単著 / 2016年
    Journal of Clinical Rehabilitation
  • / Vol.25 No.2 170-174
  • 47

  • 骨折脱臼のリハビリテーション 10運動器リハビリテーション
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年
    今日の整形外科治療指針第7版
  • / 332
  • 48

  • 宇宙飛行士とロコモティブシンドローム -運動療法の重要性について考える
  • その他 / 単独発表 / 2015年12月
    第5回運動器抗加齢医学研究会(ランチョンセミナー)
  • 49

  • 運動の重要性について考える ロコモティブシンドロームって何? 介護する立場、される立場 介護の予防と対策
  • その他 / 単独発表 / 2015年11月
    第18回久留米大学健康の広場
  • 50

  • 骨粗鬆症とサルコペニアの予防 ―宇宙飛行士の健康管理を参考に―
  • その他 / 単独発表 / 2015年10月
    第52回東海地区整形外科教育研修会
  • 51

  • 骨粗鬆症とサルコペニアの予防 ~宇宙飛行士の健康管理を参考に~
  • その他 / 単独発表 / 2015年10月
    第52回東海地区整形外科教育研修会
  • 52

  • 宇宙飛行で起こる筋肉と骨の衰え ~ロコモティブシンドロームとの意外な関係~
  • その他 / 単独発表 / 2015年 9月
    佐世保市民公開講座
  • 53

  • 運動器リハ~運動器障害(大腿骨近位部骨折)患者の回復期リハを極める~
  • その他 / 単独発表 / 2015年 8月
    回復期リハビリテーション専従医師研修会
  • 54

  • サルコペニアとリハビリテーション
  • その他 / 単独発表 / 2015年 8月
    福岡県病院協会栄養管理研修会
  • 55

  • 運動療法の基本について考える。
  • その他 / 単独発表 / 2015年 7月
    戸畑セミナー 整形外科カンファランス
  • 56

  • 脊椎・脊髄病のリハビリテーション
  • その他 / 単独発表 / 2015年 7月
    病態別リハビリテーション医学会研修会
  • 57

  • 宇宙飛行士の健康管理からリハビリテーションの重要性を考える。
  • その他 / 単独発表 / 2015年 7月
    第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会
  • 58

  • 運動器リハビリテーションとは、運動器リハビリテーションのプロセス
  • その他 / 単独発表 / 2015年 7月
    第8回運動器リハビリテーションセラピスト資格継続研修会
  • 59

  • 骨粗鬆症予防と活動性維持の重要性~宇宙飛行士の健康管理を参考に~
  • その他 / 単独発表 / 2015年 6月
    会津整形外科医会
  • 60

  • 筑後地区の骨粗鬆症による脆弱性骨折治療と予防の取り組み
  • その他 / 単独発表 / 2015年 6月
    筑後地区薬剤師会
  • 61

  • ロコモと運動器の廃用性変化について考える ~宇宙飛行士の健康管理を参考に~
  • その他 / 単独発表 / 2015年 6月
    第78回山形整形外科研究会
  • 62

  • Hybrid Training Systemによる廃用予防への挑戦 ~宇宙、そして地上で~
  • その他 / 単独発表 / 2015年 5月
    第52回日本リハビリテーション医学会 指導医講習会
  • 63

  • Effect of the Hybrid Training Method on the disuse atrophy of the musculoskeletal system of the astronauts staying in International Space Station for a long term -Initial verification in ISS-
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    86th Annual Scientific Meeting of the Aerospace Medical Association
  • 64

  • 宇宙医学における運動器の維持とメカニカルストレス
  • その他 / 単独発表 / 2015年 3月
    第42回日本生体電気・物理刺激研究会 特別公演
  • 65

  • 長期宇宙滞在による骨格筋廃用萎縮予防装置の研究と開発  ~国際公募国際宇宙ステーション利用研究に参加して~ シンポジウム 宇宙飛行に伴う医学的問題とその対策 
  • その他 / 単独発表 / 2015年 3月
    第92回日本生理学会
  • 66

  • 動器の廃用性変化と運動の重要性について ~宇宙飛行士の健康管理を参考に~
  • その他 / 単独発表 / 2015年 2月
    Yokohama Bone & Joint Seminar
  • 67

  • 運動器の廃用性変化と運動の重要性について考える ~宇宙飛行士の健康管理を参考に~
  • その他 / 単独発表 / 2015年 2月
    第5回透析運動療法研究会
  • 68

  • 宇宙飛行士の健康管理を参考にロコモティブシンドロームを考える ~国際宇宙ステーション利用研究に参加して~
  • その他 / 単独発表 / 2015年 2月
    第25回和歌山整形外科学会
  • 69

  • 骨粗鬆症予防と活動性維持の重要性~宇宙飛行士の健康管理を参考に~
  • その他 / 単独発表 / 2015年 2月
    第123回筑後地区内分泌代謝疾患症例検討会
  • 70

  • 活動性の低下とロコモティブシンドロームについて考える ~宇宙飛行士の健康管理を参考に~
  • その他 / 単独発表 / 2015年 1月
    長崎労災病院共催研究会
  • 71

  • 筋力低下に対する軌道上ヒト対象研究。特集 宇宙医学とリハビリテーション
  • 雑誌 / 単著 / 2015年
    総合リハビリテーション 
  • / Vol.43 No.7 621-626
  • 72

  • Electrically stimulating antagonist muscles improves strength in older.men.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Gerontechnology
  • / Vol.113 No.4 420-425
  • 73

  • Electrically Stimulated Antagonist Muscle Contraction Increased Muscle Mass and Bone Mineral Density of One Astronaut  - Initial Verification on the International Space Station
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    PLoS ONE 10(8): e0134736. doi:10.1371/journal. pone.0134736 2015
  • / Vol.10 No.8
  • 74

  • 活動性の低下とロコモティブシンドロームについて考える ~宇宙飛行士の健康管理を参考に~
  • その他 / 単独発表 / 2014年12月
    第6回KKS研究会
  • 75

  • 宇宙飛行士に起こる筋肉や骨の衰えをどのように防ぐか ~国際宇宙ステーションで久留米大学が実施した世界初の実験~
  • その他 / 単独発表 / 2014年12月
    久留米地区ロータリークラブ講演会
  • 76

  • 大腿骨近位部骨折地域連携パスの重要性
  • その他 / 単独発表 / 2014年12月
    聖マリア病院地域医療支援講演会
  • 77

  • 宇宙飛行士の健康管理を参考に   ~運動器リハビリテーションについて考える~ リハビリテーションのこれから 
  • その他 / 共同発表 / 2014年 4月
    第29回日本医学会総会
  • 78

  • ISS内使用を想定した電気刺激ハイブリッドトレーニングシステム
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    バイオメカニズム22-人間の動きの分析19
  • / 225-236
  • 79

  • 『知っておきたい疾患特有の所見と判別テスト』-麻痺性疾患-
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Monthly Book Orthopaedics 2014 10月増大号
  • / 147-157
  • 80

  • 骨粗鬆症外来診療の実際 宇宙飛行士の健康管理を参考に運動器の加齢変化を考える
  • その他 / 単独発表 / 2013年12月
    八女筑後医師会学術講演会
  • 81

  • 宇宙医学と臨床医学同時進行・相互フィードバックを目指して
  • その他 / 単独発表 / 2013年 8月
    内閣府宇宙戦略室主催 第一回宇宙政策セミナー
  • 82

  • 運動器の廃用と老化について考える ―宇宙飛行士の運動器変化から―
  • その他 / 単独発表 / 2013年 8月
    第20回西日本整形外科スポーツ医学研究会
  • 83

  • 運動器の廃用と老化 ―転倒予防について考える― 宇宙飛行士の健康管理を参考にロコモ予防を考える
  • その他 / 単独発表 / 2013年 7月
    第25回日本運動器科学会
  • 84

  • 運動器の加齢と廃用について 宇宙飛行士との関係は?
  • その他 / 単独発表 / 2013年 6月
    第39回日本骨折治療学会勤務医会
  • 85

  • 活動性の低下はロコモを加速する ―宇宙飛行士に起こる運動機能の低下を参考に― 
  • その他 / 単独発表 / 2013年 6月
    第306回福岡臨床整形外科医会
  • 86

  • ロコモと運動器廃用について―宇宙飛行士の健康管理を参考に―
  • その他 / 単独発表 / 2013年 5月
    筑後臨床整形外科医会
  • 87

  • 運動器の廃用と老化について考える ―宇宙飛行士の運動器変化から― 
  • その他 / 単独発表 / 2013年 2月
    福岡労災保険指定病院協会学術講演会
  • 88

  • 片麻痺に対する短下肢装具の適応装着判定視診
  • 単行本 / 単著 / 2013年
    運動器診療 最新ガイドライン 中村耕三編
  • / 127-128
  • 89

  • 4-3 A交際協力と国際学会の動向
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    リハビリテーション医学白書2013年版
  • / 126-131
  • 90

  • Cycling exercise to resist electrically stimulated antagonist increases oxygen uptake: a pilot study.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    J of Rehabilitation Research and Development
  • / Vol.50 No.4 545-553
  • 91

  • 治療の実際:高齢化と運動器の加齢変化(ロコモティブシンドローム)とその対策 
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    志波直人、松瀬博夫、名護健、佐藤孝二
  • / Vol.90 No.4 119-125
  • 92

  • 義肢装具 下腿義足の適合判定と切断氏の管理指針
  • 単行本 / 単著 / 2013年
    運動器診療 最新ガイドライン 中村耕三編
  • / 125-126
  • 93

  • 治療の実際:高齢化と運動器の加齢変化(ロコモティブシンドローム)とその対策 
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    臨床と研究
  • / Vol.90 No.4 119-125
  • 94

  • 骨格筋電気刺激を用いた運動療法の試み ―ロコモ、メタボから宇宙飛行士まで― 運動器の10年―ロコモティブシンドローム―
  • 雑誌 / 単著 / 2013年
    クリニシアン
  • / 82-86
  • 95

  • Oxygen Uptake during Aerobic Cycling Exercise Simultaneously Combined with Neuromuscular Electrical Stimulation of Antagonists.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Nov Physiother
  • / 3-6
  • 96

  • 宇宙医学と運動器 整形外科には宇宙に広がる未来がある
  • 雑誌 / 単著 / 2013年
    臨床整形外科
  • / Vol.48 No.3 213
  • 97

  • 高齢化と運動器のリハビリテーション ―宇宙飛行士の運動器変化を参考に― 
  • その他 / 単独発表 / 2012年 6月
    八幡リハセミナー
  • 98

  • Hybrid Training in Japanese Antarctic Research Expedition to Evaluate Operational Feasibility.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    Life in Space for Life on Earth Symposium
  • 99

  • 1.総論的ガイドライン、義肢装具、片麻痺に対する短下肢装具の適応装着判定指針。
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 6月
    運動器診療最新ガイドライン, 総合医学社
  • / 127-128
  • 100

  • 1.総論的ガイドライン、義肢装具 下腿義足の適合判定と切断肢の管理 
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 6月
    運動器診療最新ガイドライン, 総合医学社
  • / 125-126
  • 101

  • 運動器の加齢変化に対するリハビリテーションの重要性
  • その他 / 単独発表 / 2012年 5月
    第148回北九州臨床整形外科医会
  • 102

  • 運動器のリハビリテーションを考える―宇宙飛行士の運動器変化を参考に― 
  • その他 / 単独発表 / 2012年 5月
    筑後・八女医師会(三月回)
  • 103

  • 神経筋疾患,運動ニューロン疾患,末梢神経障害.研修医のための見逃すと困る整形外科疾患
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 4月
    関節外科‐基礎と臨床‐,4月増刊号
  • / Vol.31 43-52
  • 104

  • 症例11.運動療法の有効例.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 4月
    症例に学ぶNASH/NAFLDの診断と治療-臨床で役立つ症例32,診断と治療社
  • / 129-132
  • 105

  • 国際宇宙ステーションに長期滞在する宇宙飛行士の筋骨格系廃用性萎縮へのハイブリッド訓練システムの開発。
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    第89回日本生理学会大会
  • 106

  • Infraspinatus fatigue during resisted arm elevation with isometric contraction: an electromyographic study.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    J Shoulder & Elbow Surg
  • / Vol.21 No.8 1104-1109
  • 107

  • Space flight/bedrest immobilization and bone. Development a devise to maintain the skeletal muscles in space
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Clinical calcium
  • / Vol.22 No.12 1871-1878
  • 108

  • 拮抗筋電気刺激を利用した高齢者用下肢トレーニング装置の開発
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    整形外科と災害外科
  • / Vol.61 No.2 304
  • 109

  • 論文投稿に関する編集者からの提言―概要―。
  • 雑誌 / 単著 / 2012年
    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine
  • / Vol.39 No.4 170-172
  • 110

  • ハイブリッドトレーニングシステムを用いた足関節筋力・筋肥大効果 
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    帝京大学福岡医療技術学部 紀要 
  • / Vol.7 37-44
  • 111

  • 特集 機能的・治療的電気刺激の今 ハイブリッドトレーニングシステム
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Journal of Clinical Rehabilitation
  • / Vol.21 No.6 544-553
  • 112

  • 運動器の加齢変化とリハビリテーション
  • その他 / 単独発表 / 2011年 6月
    大阪整形外科・リハビリテーション研究会
  • 113

  • 志波直人:Ⅰ.運動器とは 3.筋肉.その他7項目について分担執筆。
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年 5月
    運動器のリハビリテーションポケットマニュアル,診断と治療社
  • 114

  • Hybrid-Training of Voluntary and Electrical Muscle Contractions Reduces Steatosis, Insulin Resistance and IL-6 Levels in Patients with NAFLD: A Pilot Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Journal of Gastroenterology
  • / Vol.46 No.6 746-57
  • 115

  • “Hybrid exercise” prevents muscle atrophy in association with a distinct gene expression pattern.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Kurume Medical Journal
  • / Vol.57 No.4 2010
  • 116

  • 高齢者の大腿骨近位部骨折におけるビタミンK不足状況―低カルボキシル化オステオカルシンを用いた検討―
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    整形外科と災害外科
  • / Vol.60 No.4 768-772
  • 117

  • Hybrid-Training of Voluntary and Electrical Muscle Contractions Decreased Fasting Blood Glucose and Serum Interleukin-6 Levels in Elderly People: A Pilot Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism
  • / Vol.36 No.2 2011
  • 118

  • 物理療法のエビデンスと実践 1.電気刺激療法(筋力増強)
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Journal of Clinical Rehabilitation
  • / Vol.20 No.11 1048-1053
  • 119

  • Increasing Muscle Strength and Mass of Thigh in Elderly People with the Hybrid-Training Method of Electrical Stimulation and Volitional Contraction.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Tohoku J Exp Med
  • / Vol.221 No.1 77-85
  • 120

  • Hybrid-Training Method Increases Muscle Strength and Mass in the Forearm without Adverse Effect of Hand Function.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Kurume Medical Journal
  • / Vol.57 No.4 125-132
  • 121

  • 宇宙環境の環境へのリスク
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    ストレス百科事典,丸善,
  • / 149-154
  • 122

  • Development of a Training Method for Weightless Environment Using Both Electrical Stimulation and Voluntary Muscle Contraction.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Tohoku J Exp Med
  • / Vol.220 No.1 83-93
  • 123

  • Plasma Growth Hormone Is Elevated Immediately after Resistance Exercise with Electrical Stimulation and Voluntary Muscle Contraction.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Tohoku J Exp Med.
  • / Vol.222 No.1 p.69-75
  • 124

  • Surface Electrical Stimulation to Realize Task Oriented Hand Motion.
  • 雑誌 / プロシーディング / 2009年 9月
    31th Annual International Conference of the IEEE EMBS(CD-ROM)
  • / 662-664
  • 125

  • Simulation of Human Body Motion under the Condition of Weightlessness,
  • 雑誌 / プロシーディング / 2009年 8月
    ICCAS-SICE International Joint Conference 2009, 3835-3839 (CD-ROM), August 18-21, 2009.
  • / 3835-3839
  • 126

  • 電気刺激療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年
    神経疾患 最新の治療,南江堂
  • / p.65-71
  • 127

  • FES Position Control of Forearm Uning EOG, ADVANCES IN NEURO-INFORMATION PROCESSING,
  • 雑誌 / プロシーディング / 2008年11月
    5th International Conference, ICONIO 2008, Revised Selected Papers, Springer-Verlag
  • / 494-503
  • 128

  • Ⅳ各論 5機能回復訓練 4)切断と義肢 b)装具.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 6月
    運動器リハビリテーション実践マニュアル.全日本病院協会
  • / p.157-163
  • 129

  • Development of Intelligent Suits for Disuse Atrophy of Musculoskeletal System Using Hybrid Exercise Method.
  • 雑誌 / プロシーディング / 2008年
    Proceeding of 26th ISTS. 参照リンク
  • / 3
  • 130

  • Discrete Element Analysis in Musculoskeletal Biomechanics.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Molecular & Cellular Biomechanics 118, pp. 1-17, 2008.
  • / Vol.118 1-17
  • 131

  • 筋骨格系廃用委縮とその対応について
  • その他 / 単独発表 / 2007年 9月
    福岡県労災指定医教育講演会(2007.9.25、福岡)
  • 132

  • 脊椎・脊髄疾患とリハビリテーション
  • その他 / 単独発表 / 2007年 8月
    第5回日本整形外科学会脊椎脊髄病学医研修会(2007.8.27、東京)
  • 133

  • 筋肉の新しいトレーニング法
  • その他 / 単独発表 / 2007年 8月
    第8回運動器研究会(2007.8.24、徳島)
  • 134

  • 極限環境下での筋骨格系廃用防止用VRトレーニングシステムの開発
  • その他 / 単独発表 / 2007年 8月
    バイオメディカルファジィ学会 第20回年次大会講演論文集,27-30, 北九州市若松区ひびきの学術研究都市
  • 135

  • 筋力維持効果のあるインテリジエントスーツー宇宙医学への応用ー.
  • その他 / 単独発表 / 2007年 7月
    異分野交流セミナー「生体工学研究の最新動向と展望―Ⅳ」独立法人科学技術振興機構JSTイノベーションプラザ福岡(2007.7.31. 福岡)
  • 136

  • 骨粗鬆症、骨格筋委縮への取り組みと宇宙医学研究について
  • その他 / 単独発表 / 2007年 7月
    久留米臨床外科医会(2007.7.18、久留米)
  • 137

  • 骨粗鬆症への取り組み
  • その他 / 単独発表 / 2007年 7月
    北九州外科医会(2007.7.19、北九州)
  • 138

  • 骨粗鬆症へのわれわれの対応について
  • その他 / 単独発表 / 2007年 6月
    AIM研究会(2007.6.26、久留米)
  • 139

  • 骨粗鬆症と筋骨格系廃用委縮への取り組みについて
  • その他 / 単独発表 / 2007年 6月
    大牟田臨床整形外科医会(2007.6.12、大牟田)
  • 140

  • 外来診療における骨粗鬆症治療
  • その他 / 単独発表 / 2007年 5月
    アトル研究会
  • 141

  • 宇宙環境での筋力維持インテリジェントスーツの研究開発.
  • その他 / 共同発表 / 2007年 1月
    第23回宇宙環境利用シンポジウム
  • 142

  • 電気刺激による筋力増強
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    理学療法
  • / Vol.24 No.7 946-953
  • 143

  • 宇宙環境での筋力維持インテリジェントスーツの研究開発 . 参照リンク
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Space Utiliz Res
  • / Vol.23 277-280
  • 144

  • Muscle Maintenance by Volitional Contraction against Applied Electrical Stimulation,
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Kurume Medical Journal
  • / Vol.54 35-40
  • 145

  • Proc. of the Intrernational Astronautical Congress,
  • その他 / 共著 / 2007年
    58th Intrernational Astronautical Congress-2007, CD-ROM (IAC-07-A1.2.06,
  • 146

  • Locomotion assiatance for the person with mobility impairment: Fuzzy control of cycling movemnet by means of surface electrical-stimulation.
  • 雑誌 / プロシーディング / 2007年
    Proceeding of 29th Int'l Conf of IEEE EMBS
  • / 2420-2423
  • 147

  • Virtual Reality Training System in Space with Effective Sensory Feedback for Preventing Musculoskeletal Atrophy.
  • 雑誌 / プロシーディング / 2007年
    Proc. of the 58th International Astronautical Congress-2007 CD-ROM (IAC-07-A1.2.06, 4 pages)
  • 148

  • Locomotion assiatance for the person with mobility impairment: Fuzzy control of cycling movemnet by means of surface electrical-stimulation
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Proceedings of the 29th Annual Int’l Conf. of the IEEE EMBS
  • / 2420-2423
  • 149

  • 骨粗鬆症ガイドラインの概要について.
  • その他 / 単独発表 / 2007年
    Osteoporosis in 久留米
  • 150

  • STUDY OF THE DEVELOPMENT OF DEVICE TO MAINTAIN THE SKELETAL MUSCLES IN THE SPACE
  • その他 / 共同発表 / 2006年 6月
    21stISTS (International Symposium on Space Technology and Science), 2006.6.6. Kanazawa
  • 151

  • 変形性膝関節症の保存療法。
  • その他 / 教育研修講演 / 2006年 6月
    ランチョンセミナー、第43回日本リハビリテーション医学会学術集会。2006.6.1-3.東京。
  • 152

  • 宇宙環境における筋骨格系廃用対策。企画:宇宙における特殊な病態―医用工学への期待、
  • その他 / 共同発表 / 2006年 5月
    第45回日本生体医工学会(ME学会)、2006.5.16.福岡。
  • 153

  • 廃用筋萎縮へのわれわれの取り組み ―宇宙医学への応用が期待される電気刺激医療
  • その他 / 教育研修講演 / 2006年 5月
    第16回日本リハビリテション医学会中国・四国地方会、専門医・認定臨床医生涯教育研修会、2006.5.28.宇部
  • 154

  • 産官学連携による筋骨格系維持装置の開発。企画:医工連携による運動器疾患治療研究、
  • その他 / 共同発表 / 2006年 5月
    第45回日本生体医工学会(ME学会)、2006.5.15.福岡。
  • 155

  • 4.機能的電気刺激・治療的電気刺激の進歩
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年 4月
    リハビリテーション医学の新しい流れ。先端医療シリーズ36.東京、先端医療技術研究所
  • / p.120-124
  • 156

  • 宇宙環境で有効な筋骨格系維持装置の研究。
  • その他 / 共同発表 / 2006年 1月
    第22回宇宙利用シンポジウム、2006.1.17、東京
  • 157

  • 微小重力下でのヒトの筋骨格系減弱を防止するためのハイブリッド運動法の適用について。
  • その他 / 共同発表 / 2006年 1月
    22回宇宙利用シンポジウム、2006.1.17、東京
  • 158

  • 宇宙環境で有効な筋骨格系維持装置の研究
  • 雑誌 / プロシーディング / 2006年
    Space Utilization Research 参照リンク
  • / Vol.22 190-191
  • 159

  • 生体信号処理におけるノイズ低減
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    北九医工誌
  • / Vol.17 73-76
  • 160

  • ハイブリッド訓練が膝関節に及ぼす影響について
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    第13回日本FES研究会学術講演会論文集
  • / 50-53
  • 161

  • Electromyographic fatigue analysis of back muscles during remote muscle control.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Journal of Back and Musculoskeletal Rehabilitation
  • / Vol.19 61-66
  • 162

  • 運動機能 特集 老化と廃用―予防と治療
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    総合リハ
  • / Vol.34 No.7 629-632
  • 163

  • A Countermeasure for Preventing Athrophy of Musculoskeletal System under Microgravity
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    SICE-ICCAS 2006 SICE-ICASE International Joint Confererence
  • / 5862-5867
  • 164

  • 4.機能的電気刺激・治療的電気刺激の進歩 リハビリテーション医学の新しい流れ
  • 雑誌 / 2006年
    先端医療シリーズ36.東京、先端医療技術研究所
  • / 120-124
  • 165

  • Study of the development of device to maintain the skeletal muscles in the space. Proceeding of the twenty-fifth international symposium on space technology and science
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    selected papers
  • / 1233-1235
  • 166

  • ハイブリッド訓練後の手指機能への影響
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    第13回日本FES研究会学術講演会論文集
  • / 13-15
  • 167

  • 大腿部に対するHybrid訓練の刺激強度の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    日本臨床バイオメカニクス学会誌 
  • / Vol.27 337-341
  • 168

  • 筋骨格系廃用防止のための電気刺激VRトレーニングシステムの開発
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    第13回日本FES研究会学術講演会論文集
  • / 34-38
  • 169

  • 膝屈伸運動におけるハイブリッド訓練法運動負荷の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    九州・山口スポーツ医・科学研究会誌
  • / Vol.18 33-38
  • 170

  • Muscle Training by Means of Combined Electrical Stimulation and Volitional Contraction.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Aviat Space Environ Med
  • / Vol.77 581-585
  • 171

  • Improvement in Knee Extension Strength through Training by Means of Combined Electrical Stimulation and Voluntary Muscle Contraction.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Tohoku J. Exp. Med.
  • / Vol.209 33-40
  • 172

  • 宇宙環境における筋骨格系廃用対策。企画:宇宙における特殊な病態―医用工学への期待、
  • 雑誌 / プロシーディング / 2006年
    生体医工学
  • / Vol.44 No.1 134
  • 173

  • 微小重力下でのヒトの筋骨格系減弱を防止するためのハイブリッド運動法の適用について。
  • 雑誌 / プロシーディング / 2006年
    Space Utilization Research 参照リンク
  • / Vol.22 186-189
  • 174

  • 前腕筋群へのハイブリッド訓練法による筋力増強効果
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    第13回日本FES研究会学術講演会論文集
  • / 24-26
  • 175

  • : 骨盤・股関節7章。股関節疾患の保存治療
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年
    最新整形外科学大系16、越智隆弘ら編、東京、中山書店
  • / 128-138
  • 176

  • 治療的電気刺激用表面電極の開発
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    第13回日本FES研究会学術講演会論文集
  • / 54-60
  • 177

  • ハイブリッドトレーニング法が歩行へ及ぼす影響について
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    第13回日本FES研究会学術講演会論文集
  • / 30-33
  • 178

  • 産官学連携による筋骨格系維持装置の開発。企画:医工連携による運動器疾患治療研究、
  • 雑誌 / プロシーデイング / 2006年
    生体医工学
  • / Vol.44 No.1 130
  • 179

  • 宇宙医学への応用が期待される骨格筋電気刺激―産官学連携へのわれわれの取り組み―。
  • その他 / 特別講演 / 2005年12月
    第12回日本FES研究会学術講演会特別講演。2005.12.3.東北
  • 180

  • 電気刺激を用いた骨格筋収縮についてー筋骨格系廃用に対する取り組みー。
  • その他 / 教育研修講演 / 2005年10月
    第12回日本リハビリテーション医学会北海道地方会リハビリテーション分科会, 2005.10.8. 札幌
  • 181

  • Development of a Device To Maintain Skeletal Muscle Mass and Strength In Space
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    56th International Astronautical Congress, 2005.10.15-21. Fukuoka
  • 182

  • リハビリテーションで用いる電気刺激についてーとくに電気刺激による骨格筋収縮についてー。
  • その他 / 教育研修講演 / 2005年 5月
    鹿児島整形外科教育研修会北薩地区地方会、2005.5.17.川内
  • 183

  • 宇宙空間で筋力維持効果のあるインテリジエントスーツの開発について。
  • その他 / 単独発表 / 2005年 4月
    JAXA産官学ユニット第5回宇宙での生活支援研究会。2005.4.12.東京
  • 184

  • 拮抗筋電気刺激を用いた上肢、下肢の運動療法。
  • その他 / 共同発表 / 2005年 4月
    第44回日本生体医工学大会、2005.4.26.筑波
  • 185

  • 腰痛
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年 3月
    最新リハビリテーション医学第2版
  • / 351-355
  • 186

  • 宇宙医学への電気刺激の応用
  • その他 / 単独発表 / 2005年 3月
    宇宙航空開発機構(JAXA)筑波宇宙センター技術ユニット・サブユニット特別講演会、2005.3.8.筑波
  • 187

  • 宇宙空間で有効な筋力維持装置開発の研究。
  • その他 / 共同発表 / 2005年 1月
    第21回宇宙利用シンポジウム、2005.1.12、東京
  • 188

  • 宇宙環境で有効な骨格筋維持装置開発の研究。
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 1月
    Space Utilization Research 参照リンク
  • / Vol.21 236-239
  • 189

  • 骨関節疾患の理学療法。股、大腿。、112-133, 2005.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年
    リハ実践テクニック メジカルビュー社
  • / 112~133
  • 190

  • 拮抗筋電気刺激を用いた上肢、下肢の運動療法
  • 雑誌 / プロシーディング / 2005年
    生体医工学
  • / Vol.43 No.1 193
  • 191

  • スペースメディスン(航空宇宙医学)への応用が期待される電気刺激療法。特集/新時代の運動器リハビリテーション。
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    整形外科
  • / Vol.56 No.8 1141-1148
  • 192

  • 極限環境下におけるヒトの筋骨格系への効果的運動法に関する研究
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    日本機械学会論文集C編
  • / Vol.71 No.711 3231-3238
  • 193

  • ここまで知っておきたい痛みへのアプローチ⑰痛みのある患者への生活指導―歩行補助具― 3.変形性関節症における疼痛と歩行補助具―変形性股関節症を中心に―。
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    痛みと臨床
  • / Vol.5 No.2 60-65
  • 194

  • 整形外科看護のウソ?ホント?
  • 雑誌 / 単著 / 2005年
    整形外科看護
  • / Vol.10 No.1 48-49
  • 195

  • 340. 志波直人: 宇宙空間で有効な骨格筋維持装置開発の研究。
  • その他 / 単独発表 / 2004年 9月
    宇宙環境利用に関する公募地上研究平成15年度終了テーマ研究成果報告会、2004.9.3、東京
  • 196

  • Development of practical and effective hybrid exercise for use in weightless environment
  • その他 / 共同発表 / 2004年 9月
    26th Annual Int’l Conf. of the IEEE EMBS (San Francisco, USA), Sept., 1-5, 2004.
  • 197

  • Effect of hybrid exercise of the quadriceps femoris.
  • その他 / 共同発表 / 2004年 4月
    Korean-Japanese Joint Conference on Rehabilitation Medicine 2004 2004.4.23 京都
  • 198

  • Gait Simulator.
  • その他 / 共同発表 / 2004年 4月
    Korean-Japanese Joint Conference on Rehabilitation Medicine 2004 . 2004.4.23 京都
  • 199

  • Development of practical and effective hybrid exercise for use in weightless environment,
  • 雑誌 / プロシィーデイング / 2004年
    Proc. of the 26th Annual Int’l Conf. of the IEEE EMBS
  • / 4252-4255
  • 200

  • 筋萎縮に対する電気刺激の効果。―電気刺激による筋力増強効果について― 
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Monthly Book of Medical Rehabilitation
  • / Vol.42 73-80
  • 201

  • 宇宙空間で有効な筋力維持装置開発の研究。-Hybrid法を用いた基礎実験-
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    バイオメカニズム
  • / Vol.17 印刷中
  • 202

  • 股関節疾患のリハビリテーション。
  • その他 / 教育研修講演 / 2003年 9月
    第4回岐阜県リハビリテーション研究会日本リハビリテーション医学会認定臨床医生涯教育研修会。(岐阜)
  • 203

  • 宇宙空間で有効な筋力維持装置開発の研究-Hybrid法を用いた基礎実験-。
  • その他 / 共同発表 / 2003年 7月
    第18回バイオメカニズムシンポジウム。(久住)
  • 204

  • リハビリテーション外来における骨関節疾患の治療。
  • その他 / 教育研修講演 / 2003年 3月
    日本リハビリテーション医学会近畿地方会認定臨床医生涯教育研修会。(大阪)
  • 205

  • Computer Simulation of Normal and Abnormal Human Walking
  • 雑誌 / プロシーディング / 2003年
    Proc. Of Int’l Society of Biomechanics XIXth Congress
  • / 1-4
  • 206

  • 三次元歩行解析における関節中心の再検討.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    日本臨床バイオメカニクス学会誌
  • / Vol.24 329-333
  • 207

  • 電気刺激による筋力増強の効果。
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    理学療法ジャーナル
  • / Vol.37 No.7 563-568
  • 208

  • 大腿切断者の歩行解析。―特集 下肢再建術と歩行機能の解析―、
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    関節外科
  • / Vol.22 No.2 214-221
  • 209

  • 歩行シミュレータ。
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    シミュレーション
  • / Vol.22 No.3 143-147
  • 210

  • 障害診断書作成マニュアル、特定疾患の主治医意見書 -広範脊柱管狭窄症-
  • 雑誌 / 単著 / 2003年
    臨床リハビリテーション
  • / Vol.12 No.3 266-269
  • 211

  • Electrical Stimulation-Assisted Erogometer Leg Cycle Motion
  • 雑誌 / プロシーディング / 2003年
    Proc. Of Int’l Society of Biomechanics XIXth Congress
  • / 1-4
  • 212

  • Muscle Endurance and Power Spectrum of the Triceps Brachii in Wheelchair Marathon Racers with Paraplegia
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Spinal Cord
  • / Vol.41 511-515
  • 213

  • Agonist Contractions Against Electrically Stimulated Antagonists,
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Arch Phys Med Rehabil
  • / Vol.84 No.6 843-848
  • 214

  • 障害診断書作成マニュアル、特定疾患の主治医意見書 -労災保険障害診断書-骨折。
  • 雑誌 / 単著 / 2003年
    臨床リハビリテーション
  • / Vol.12 No.4 362-365
  • 215

  • リハビリテーション外来における骨関節疾患の治療。
  • その他 / 教育研修講演 / 2002年10月
    日本リハビリテーション医学会東北地方会認定臨床医生涯教育研修会。(秋田)
  • 216

  • Agonist Contractions against Electrically Stimulated Antagonist. -Study of the Development of Effective Device to Prevent Skeletal Muscle Atrophy in the Space
  • その他 / 共同発表 / 2002年10月
    4th Asia Pacific Congress of Aerospace Medicine. (Tsukuba)
  • 217

  • 整形外科外来診療で用いる物理療法と新しい知見。
  • その他 / 教育研修講演 / 2002年10月
    山口県臨床整形外科医会講演会。(山口小郡)
  • 218

  • シンポジウム、歩行解析の未来、変形性股関節症の歩行解析と問題点。
  • その他 / 共同発表 / 2002年 5月
    日本リハビリテーション医学会総会(東京)
  • 219

  • Evaluation of the Effectiveness of a New Exercise Method that Uses Electrically Stimulated Antagonist.
  • その他 / 共同発表 / 2002年 4月
    Korean-Japanese Joint Conference on Rehabilitation Medicine 2002 ( Gyeongju, Korea)
  • 220

  • 変形性股関節症の保存療法としての運動療法。
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年
    整形外科運動療法実践マニュアル  全日本病院出版会
  • / 57-74
  • 221

  • MRI Quantification of Muscle Activity Following Volitional Exercise and Neuromuscular Electrical Stimulation.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Am J Phys Med & Rehabil
  • / Vol.81 446-451
  • 222

  • 拮抗筋の電気刺激による遠心性収縮を伴う筋力増強法。―長期間の電気刺激による刺激強度と筋出力の変化―
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    理学療法学
  • / Vol.29 No.6 171-177
  • 223

  • リハビリテーションの最先端機器―三次元動作解析装置の紹介―。
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    久留米大学コンピュータジャーナル
  • / Vol.17 15-20
  • 224

  • 股関節機能障害者の歩行解析。
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    臨床バイオメカニクス
  • / Vol.23 277-281
  • 225

  • 物理療法で用いる電気刺激の基礎知識。
  • 雑誌 / 単著 / 2002年
    治療学
  • / Vol.36 No.8 27(815)
  • 226

  • 整形外科疾患(1)―とくに変形性股関節症と人工股関節について―。
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    臨床リハ
  • / Vol.11 No.8 738-745
  • 227

  • 変形性股関節症患者の歩行解析―臨床使用における問題点―。
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    リハビリテーション医学
  • / Vol.39 No.9 530-535
  • 228

  • 股関節のバイオメカニクス。
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    関節外科
  • / Vol.21 68-78
  • 229

  • 整形外科疾患(2)―転倒によって起こる骨折―。
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    臨床リハ
  • / Vol.11 No.9 830-836
  • 230

  • 部分荷重歩行時の部分荷重量の計測.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    理学療法福岡
  • / Vol.15 49-51
  • 231

  • 特別講演「歩行を科学する」。
  • その他 / 共同発表 / 2001年10月
    第19回日本私立医科大学理学療法学会。(久留米)
  • 232

  • 筋力と筋活動の評価について
  • その他 / 教育研修講演 / 2001年 9月
    。日本リハビリテーション医学会認定臨床医生涯教育研修会。(福岡)
  • 233

  • 整形外科での物理療法の実際と新しい知見。
  • その他 / 教育研修講演 / 2001年 7月
    第30回福岡県整形外科医会、教育研修講演。(福岡)
  • 234

  • 脊柱起立筋の筋疲労評価。
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    臨床リハ
  • / Vol.10 No.10 914-918
  • 235

  • MRIを用いた肩関節内・外旋筋の筋収縮状態の観察。
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    理学療法学
  • / Vol.28 No.7 302-306
  • 236

  • Effects of knee and Ankle Movements on Foot Impact Forces in Human Walking,
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    JSME International Journal, Series C
  • / Vol.44 No.4 1089-1096
  • 237

  • 一流柔道選手の交合状態と重心動揺の関係。
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    日本咀嚼学会誌
  • / Vol.11 No.1 37-44
  • 238

  • 拮抗筋の遠心性収縮を伴う疑似閉鎖性運動連鎖筋力増強法について。ー電気刺激による筋力増強法ー
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    整形外科と災害外科
  • / Vol.50 No.4 1040-1043
  • 239

  • リハビリテーション医学と工学―医工連携が生んだ先端技術―
  • その他 / 共同発表 / 2000年11月
    教育研修講演。バイオメカニズム学会、(福岡)
  • 240

  • リハビリテーションにおけるバイオメカニクス。
  • その他 / 共同発表 / 2000年 8月
    日本機械学会2000年度年次大会、特別プログラム講師(東京)
  • 241

  • 整形外科疾患のリハビリテーション。
  • その他 / 教育研修講演 / 2000年 6月
    教育研修講演 平成12年度福岡県理学療法士会新人研修会、(福岡)
  • 242

  • 計算機シミュレーションによる異常歩行解析。
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    日本整形外科学会誌
  • / Vol.74 No.8 S1566
  • 243

  • 運動療法中に股関節に加わる負荷について。
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    バイオメカニズム15 ―形と動きの探求―
  • / Vol.20 235-242
  • 244

  • 特集=老年期の病態と治療 腰痛。
  • 雑誌 / 単著 / 2000年
    MEDICAMENT NEWS
  • / Vol.1655 23-25
  • 245

  • Chiari骨盤骨切り手術における大腿骨頭への外転筋の力学的効果。―有限要素法を用いて―
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Hip Joint
  • / Vol.26 598-601
  • 246

  • 表面電極による電気刺激時の筋出力測定―拮抗筋の電気刺激による遠心性収縮を伴う筋力増強法―
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    日本臨床バイオメカニクス学会誌
  • / Vol.21 467-470
  • 247

  • MRIを用いた機能的電気刺激(FES)による筋活動の評価。
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    日本整形外科学会誌
  • / Vol.74 No.8 S1448
  • 248

  • Analysis of human abnormal walking using a multi-body model.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    J Biomech
  • / Vol.33 No.11 1405-1414
  • 249

  • 拮抗筋の電気刺激による遠心性収縮を伴う疑似閉鎖性運動連鎖訓練法について。
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    日本整形外科学会誌
  • / Vol.74 No.8 S1561
  • 250

  • Biomechanical Evaluation of Foot Pressure and Loading Force during Gait in Rheumatoid Arthritic Patients with and without Foot Orthosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Kurume Medical Journal
  • / Vol.47 No.7 211-221
  • 251

  • Joint Preserving Operation for Osteoarthrosis of the Hip in Adult Cerebral Palsy.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Aust.N.Z.J Surg
  • / Vol.70 431-437
  • 252

  • 拮抗筋の電気刺激による筋力増強法。-電気刺激による筋出力測定、主動作筋の抵抗としてー
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    九州山口スポーツ医科学研究会誌
  • / Vol.12 62-67
  • 253

  • 慢性関節リウマチ患者に用いた足底挿板が足底圧に与える影響。
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    整形外科と災害外科
  • / Vol.49 No.2 520-524
  • 254

  • Biomechanical Study of the Resurfacing Hip Arthroplasty. Finite Element Analysis of the Femoral Component.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    J of Arthroplasty
  • / Vol.15 No.4 505-511
  • 255

  • Biomechanical effect of the foot orthosis for the rheumatoid arthritic patients.
  • その他 / 共同発表 / 1999年10月
    76th American Congress of Rehabilitation Medicine, (Orlando, USA)
  • 256

  • 頚部脊柱管拡大術(縦割法)と後療法。
  • 単行本 / 分担執筆 / 1999年
    整形外科手術後療法のコツー私はこうしているー 全日本病院出版会、東京、
  • / 10-14
  • 257

  • 計算機シミュレーションによる異常歩行解析の試み。
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    日本臨床バイオメカニクス学会誌、
  • / Vol.20 p351-357
  • 258

  • 運動療法中に股関節に加わる負荷について。
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    日本臨床バイオメカニクス学会誌、
  • / Vol.20 p97-100
  • 259

  • Computer Simulation of Hip Osteotomies for Dysplastic Coxarthroses: Use of a Rigid Body Spring Model.
  • 単行本 / 分担執筆 / 1993年
    Hip Biomechanics, Springer-Verlag
  • / 171-186
  • 260

  • 感染性遷延治癒、偽関節の治療
  • 単行本 / 分担執筆 / 1986年
    骨折・外傷シリ-ズNo.2, 遷延癒合と偽関節, 南江堂
  • / p.115-125

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp