久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 足達  寿の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Habitual coffee intake reduces all-cause mortality by decreasing heart rate.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 5月
    Heart Vessels.
  • /  doi: 10.1007/s00380-019-01422-0.
  • 2

  • Effects of eplerenone on blood pressure and glucose metabolism in Japanese hypertensives with overweight or obesity.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 4月
    Medicine (Baltimore)
  • / Vol.98 No.15 e14994 doi: 10.1097/MD.0000000000014994.
  • 3

  • Thrombospondin-2 as a Potential Risk Factor in a General Population.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 3月
    Int Heart J.
  • / Vol.60 No.2 310-317. doi: 10.1536/ihj.18-246.
  • 4

  • バルサルタン/シルニジピン配合錠への切り替え効果:主に心拍数の変化からみた検討
  • 単行本 / 単著 / 2019年 2月
    診療と新薬
  • / Vol.56 No.2 90-95
  • 5

  • Age at death of major cardiovascular diseases in 13 cohorts. The seven countries study of cardiovascular diseases 45-year follow-up.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 2月
    Acta Cardiol. Acta Cardiol.
  • / Vol.74 No.1 66-72 doi: 10.1080/00015385.2018.1453960. [Epub ahead of print]
  • 6

  • Usual Dietary Intake and Risk of Stroke.
  • 雑誌 / 単著 / 2019年 2月
    J Atheroscler Thromb.
  • / Vol.26 No.2 132-133 doi: 10.5551/jat.ED100. [Epub ahead of print]
  • 7

  • Association between physical activity, occupational sitting time and mortality in a general population: An 18-year prospective survey in Tanushimaru, Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年11月
    Eur J Prev Cardiol.
  • / doi: 10.1177/2047487318810020.
  • 8

  • Importance of Risk Control on the Incidence of Aortic Artery Disease-Related Disease in Epidemiological Studies.
  • 雑誌 / 単著 / 2018年10月
    Circ J.
  • / Vol.82 No.11 2703-2704 DOI: 10.1253/circj.CJ-18-1072
  • 9

  • Comparative ecologic relationships of saturated fat, sucrose, food groups, and a Mediterranean food pattern score to 50-year coronary heart disease mortality rates among 16 cohorts of the Seven Countries Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 8月
    Eur J Clin Nutr.
  • / Vol.72 No.8 1103-1110 doi: 10.1038/s41430-018-0183-1.
  • 10

  • Twenty-four-Hour Urinary Potassium Excretion, But Not Sodium Excretion, Is Associated With All-Cause Mortality in a General Population.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 1月
    J Am Heart Assoc.
  • / Vol.4 No.7 1 pii: e007369. doi: 10.1161/JAHA.117.007369.
  • 11

  • The strength of the multivariable associations of major risk factors predicting coronary heart disease mortality is homogeneous across different areas of the Seven Countries Study during 50-year follow-up.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 8月
    Acta Cardiologica
  • / Vol.72 No.1 1-7 doi: 10.1080/00015385.2017.1351249.
  • 12

  • Elevated plasma transforming growth factor β1 levels predict the development of hypertension in normotensives: The 14-year follow-up study.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 8月
    American Journal of Hypertension
  • / Vol.30 No.8 808-814 doi: 10.1093/ajh/hpx053.
  • 13

  • A useful tool as a medical checkup in a general population - Bioelectrical impedance analysis-
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 2月
    Frontiers in Cardiovasc Med
  • / Vol.4 No.3 doi: 10.3389/fcvm.2017.00003. eCollection
  • 14

  • Trends in coronary risk factors and electrocardiogram findings from 1977 to 2009 with 10-year mortality in Japanese elderly males – The Tanushimaru Study –
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 1月
    Journal of Cardiology
  • / Vol.70 No.4 353-358 pii: S0914-5087(16)30345-8. doi: 10.1016/j.jjcc.2016.12.004.
  • 15

  • Augmentation index (AI) in a dose-response relationship with smoking habits in males – The Tanushimaru Study –
  • 雑誌 / 共著 / 2016年12月
    Medicine (Baltimore)
  • / Vol.95 No.51 e5368
  • 16

  • Serum Albumin and Cerebro-cardiovascular Mortality During a 15-year Study in a Community-based Cohort in Tanushimaru, a Cohort of the Seven Countries Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年10月
    Intern Med.
  • / Vol.55 No.20 2917-2925(DOI: 10.2169)
  • 17

  • Inflammation, Atherosclerosis and Coronary Artery Disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 8月
    Clin Med Insights Cardiol.
  • / Vol.28 No.8 67-70.
  • 18

  • Impact of Heavy Alcohol Consumption on Impaired Endothelial Function.
  • 雑誌 / 単著 / 2016年 4月
    J Atheroscler Thromb.
  • / Vol.23 1047-1054 /DOI: 10.5551/jat.ED041
  • 19

  • Plasma heat shock protein 27 is increased in renal dysfunction and habitual smoking in a Japanese general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 1月
    Journal of Cardiology
  • / Vol.67 No.1 110–114
  • 20

  • Vascular Inflammation Evaluated by [18F]-Fluorodeoxyglucose-Positron Emission Tomography/Computed Tomography Is Associated With Endothelial Dysfunction.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Arterioscler Thromb Vasc Biol.
  • / Vol.36 No.9 1980-8(doi: 10.1161)
  • 21

  • 動脈硬化と臓器障害
  • 雑誌 / 単著 / 2015年12月
    循環Plus
  • / Vol.16 No.2 .2-6
  • 22

  • 脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)前駆体N端側フラグメント(NT-pro BNP)に与える影響についての臨床的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 9月
    日本臨床内科医会会誌
  • / Vol.30 No.2 238-242
  • 23

  • Trans fatty acid and coronary artery disease.
  • 雑誌 / 単著 / 2015年 9月
    Circ J (Editorial)
  • / Vol.79 No.9 1902-3.
  • 24

  • Plasma Renin Activity and Resting Heart Rate in a Population of Community-Dwelling Japanese: The Tanushimaru Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 7月
    Am J Hypertens.
  • / Vol.28 No.7 894-899
  • 25

  • 地域一般住民における骨代謝マーカー血清TRACP-5bと生活習慣や栄養摂取量との関連についての疫学的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 7月
    日本骨粗鬆症学会雑誌
  • / Vol.23 No.3 87-92
  • 26

  • 血清フェチュインA値とインスリン抵抗性との関連、一般住民における疫学的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 6月
    未病と抗老化
  • / Vol.24 No.7 82
  • 27

  • Ezetimibe combined with standard diet and exercise therapy improves insulin resistance and atherosclerotic markers in patients with metabolic syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 5月
    J Diab Invest
  • / Vol.6 No.3 325-33
  • 28

  • Association of serum eicosapentaenoic acid to arachidonic acid ratio with microalbuminuria in a population of community-dwelling Japanese.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 4月
    Atherosclerosis.
  • / Vol.239 No.2 577-582
  • 29

  • Circulating Inflammatory and Hemostatic Biomarkers are Associated with All-Cause Death and Cancer Death in a Population of Community-Dwelling Japanese: the Tanushimaru Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 4月
    Clin Med Insights Cardiol.
  • / Vol.8 No.suppl3 43-48
  • 30

  • Ezetimibe ameliorates atherogenic lipids profiles, insulin resistance and hepatocyte growth factor in obese patients with hypercholesterolemia.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 1月
    Lipids Health Dis.
  • / Vol.14 No.1 1-6
  • 31

  • Microalbuminuria is an independent prognostic information for cardiovascular disease.
  • 雑誌 / 単著 / 2014年11月
    Atherosclerosis.
  • / Vol.237 No.1 106-7
  • 32

  • High plasma fetuin-A levels are associated with metabolic syndrome among males but not females in a Japanese general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年10月
    Diabetes Res Clin Pract.
  • / Vol.106 No.1 128-35
  • 33

  • Microalbuminuria is an independent prognostic information for cardiovascular disease.
  • 雑誌 / 単著 / 2014年 9月
    Atherosclerosis.
  • / Vol.237 No.1 106-107
  • 34

  • Serum vaspin levels are positively associated with carotid atherosclerosis in a general population
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 1月
    Atherosclerosis
  • / Vol.233 248-252
  • 35

  • Serum Uric Acid Is Associated With the Left Ventricular Mass Index in Males of a General Population.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 1月
    Int Heart J.
  • / Vol.55 No.1 65-70
  • 36

  • Investigation of Effect of Edaravone on Ischemic Stroke.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年12月
    Kurume Med J.
  • / Vol.60 No.12 53-57
  • 37

  • Epidemiology of typical coronary heart disease versus heart disease of uncertain etiology (atypical) fatalities and their relationships with classic coronary risk factors.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年10月
    Int J Cardiol.
  • / Vol.168 No.4 3963-7
  • 38

  • Independent association of elevated serum HGF levels with development of insulin resistance in a 10-year prospective study.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 7月
    Clin Endocrinol(Oxf).
  • / Vol.79 No.1 43-48
  • 39

  • High level of plasma remnant-like particle cholesterol may predispose to development of hypertension in normotensive subjects.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    Am J Hypertens
  • / Vol.26 No.6 793-798
  • 40

  • 家庭血圧における複数機関の測定アドヒアランスと記録の選択バイアス
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    血圧/先端医学社
  • / Vol.20 No.6 92-97
  • 41

  • 家庭血圧における複数期間の測定アドヒアランズと記録の選択バイアス
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 6月
    血圧
  • / Vol.20 No.6 92-97
  • 42

  • High level of plasma remnant-like particle cholesterol may predispose to development of hypertension in normotensive subjects.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    Am J Hypertens.
  • / Vol.26 No.6 793-8
  • 43

  • Reduction in morning blood pressure is a key factor for ameliorating urinary albumin excretion in patients with morning hypertension irrespective of treatment regimen.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 5月
    Circ J.
  • / Vol.77 No.6 1551-7
  • 44

  • 心拍数と心血管合併症の関係
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 3月
    診断と治療社
  • / Vol.101 No.3 373-376
  • 45

  • 心拍数と心血管合併症の関係
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    診断と治療
  • / Vol.101 No.3 373-376
  • 46

  • アルドステロンとインスリン抵抗性の発症.State of the ART
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    臨床高血圧、東京:メデイカルレビュー社
  • / Vol.19 No.1 16-25
  • 47

  • New computer model for prediction of individual 10-year mortality on the basis of conventional atherosclerotic risk factors.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    Atherosclerosis
  • / Vol.227 No.1 159-64
  • 48

  • アルドステロンとインスリン抵抗性の発症.State of the ART
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 1月
    臨床高血圧
  • / Vol.19 No.1 16-25
  • 49

  • Chronic HCV infection was associated with severe insulin resistance and mild atherosclerosis: a population-based study in an HCV hyperendemic area.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    J Gastroenterol.
  • / Vol.48 No.1 93-100
  • 50

  • Investigation of Effect of Edaravone on Ischemic Stroke.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Kurume Med J.
  • / Vol.60 No.2 53-57
  • 51

  • Elevated Serum N-acetyl-ß-D-Glucosaminidase Activity is a Predictor of 28-Year Mortality in a Population of Community-dwelling Japanese -The Tanushimaru Study-
  • 雑誌 / 共著 / 2012年12月
    J Am Geriatr Soc.
  • / Vol.61 467-468
  • 52

  • Plasma Endothelin-1 Level Is a Predictor of 10-Year Mortality in a General Population -The Tanushimaru Study -
  • 雑誌 / 共著 / 2012年12月
    Circulation Journal
  • / Vol.76 No.12 2779-2784
  • 53

  • Serum Hepatocyte Growth Factor Levels and Mortalities from Cancer in Apparently Healthy General Population.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 9月
    J of Epidemiology
  • / Vol.22 No.5 395-401
  • 54

  • アルドステロンとインスリン抵抗性.Information Up-to-Date.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 8月
    血圧
  • / Vol.19 No.8 8-9
  • 55

  • 日本の疫学調査(田主丸研究)
  • 単行本 / 単著 / 2012年 7月
    「循環plus」 株式会社メディカルトリビューン
  • / Vol.12 No.9 10-12
  • 56

  • Decreased serum carnitine is independently correlated with increased tissue accumulation levels of advanced glycation end products in hemodialysis patients
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 7月
    Nephrology
  • / Vol.17 No.8 689-694
  • 57

  • 特集「わが国の循環器疫学研究の成果と課題:久山町研究、田主丸研究50周年を迎えて
  • 雑誌 / 単著 / 2012年 7月
    心臓
  • / Vol.44 No.7 784-787
  • 58

  • Utility of measuring C-reactive protein for prediction of in-hospital events in patients with acute aortic dissection.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 5月
    Heart and Vessels
  • / in press
  • 59

  • 地域住民の栄養摂取量と冠危険因子の50年間の変遷
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 1月
    日循予防誌
  • / Vol.47 No.1 30-36
  • 60

  • Plasma Aldosterone Levels and Development of Insulin Resistance: Prospective Study in a General Population
  • 雑誌 / 共著 / 2011年12月
    Hypertension
  • / Vol.58 No.6 1043-1048
  • 61

  • Low DBP may not be an independent risk for cardiovascular death in revascularized coronary artery disease patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年10月
    J Hypertens
  • / Vol.29 No.10 1889-1896
  • 62

  • Low DBP may not be an independent risk for cardiovascular death in revascularized coronary artery disease patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年10月
    J Hypertens
  • / Vol.29 No.10 1889-1896
  • 63

  • Systolic Blood pressure predicts cardiovascular mortality in a farming but not in a fishing community: 40-year follow-up of the Japanese cohorts of the Seven Countries Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 8月
    Circulation Journal
  • / Vol.75 No.8 1890-1896
  • 64

  • LDL-C/HDL-C ratio predicts carotid intima-media thickness progression better than HDL-C or LDL-C alone.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 7月
    Journal of Lipids
  • / in press
  • 65

  • Trends in dietary intakes and serum cholesterol levels over 50 years in Tanushimaru in Japanese men.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 7月
    Food and Nutrition Sciences
  • / Vol.2 No.5 476-481
  • 66

  • Ca拮抗薬―臨床と研究の最前線:循環器疾患医が考えるCa拮抗薬の選択ポイント-心拍数の観点から-.
  • 単行本 / 単著 / 2011年 7月
    メデイカルトリビューン社
  • / Vol.11 No.7 7-9
  • 67

  • 心不全.ケアマネジャーに必要な疾患と活用:達人ケアマネ
  • 単行本 / 単著 / 2011年 5月
    日総研出版
  • / Vol.5 No.4 47-51
  • 68

  • 心筋梗塞・狭心症.ケアマネジャーに必要な疾患と活用:達人ケアマネ
  • 単行本 / 単著 / 2011年 5月
    日総研出版
  • / Vol.5 No.3 61-66
  • 69

  • Factors associated with plasma ghrelin level in Japanese general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 4月
    Clinical Endocrinology
  • / Vol.74 No.4 453-458
  • 70

  • 疫学―健康問題の最近の話題と今後の展望―, 田主丸・牛深研究(Seven Countries Study), 保健の科学、
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年 4月
    豊川裕之編、杏林書院
  • / Vol.53 No.4 241-244
  • 71

  • High white blood cell counts and low estimated glomerular filtration rate (eGFR) are independently associated with serum levels of monocyte chemoattractant protein-1 (MCP-1) in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 3月
    Clin Cardiol
  • / Vol.34 No.3 189-194
  • 72

  • 女性における血清尿酸値と総死亡との関連 -田主丸住民検診での疫学的検討-
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 2月
    日循予防誌
  • / Vol.46 No.2 174-179
  • 73

  • 特集「わが国の心筋梗塞死亡率の低下要因」:わが国の心筋梗塞死亡率はなぜ低下したか:Seven Countries Studyの知見からみた考察. 動脈硬化予防
  • 単行本 / 単著 / 2011年 2月
    メジカルビュー社
  • / Vol.10 No.2 23-28
  • 74

  • Q&Aでわかる肥満と糖尿病、カデュエット配合剤. 肥満と糖尿病
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年 2月
    丹水社
  • / Vol.10 No.2 257-258
  • 75

  • Attributable Risks of Atrial Fibrillation in Japan: From the View Point of Epidemiology (Editorial)
  • 雑誌 / 単著 / 2011年
    Circulation J
  • / Vol.75 2537-2538
  • 76

  • Ghrelin(グレリン)とインスリン抵抗性との関連について, ― 大規模な一般住民検診による疫学的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    健康管理事業団研究助成論文集
  • / Vol.XXVI 3-11
  • 77

  • A comparative study of treatments for chronic subdural hematoma: Burr hole drainage versus burr hole drainage with irrigation
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Kurume Med J
  • / Vol.58 35-39
  • 78

  • 抗血栓薬服用例における慢性硬膜下血腫の治療経験
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    神経外傷(日本脳神経外傷学会機関紙)
  • / Vol.34 No.2 172-176
  • 79

  • High level of plasma endothelin-1 predicts development of hypertension in normotensive subjects.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年10月
    Am J Hypertens
  • / Vol.23 No.10 1103-1107
  • 80

  • Serum levels of pigment epithelium-derived factor (PEDF) are an independent determinant of insulin resistance in patients with essential hypertension.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 8月
    Int J Caridiol
  • / Vol.143 No.1 96-98
  • 81

  • 心血管病発症抑制のための血圧・脂質同時管理の重要性. 患者さんに支持される薬~カデュエット配合錠第Ⅲ相試験に参加して~
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年 4月
    Astellas Square
  • / Vol.6 No.4 7-8
  • 82

  • 大動脈疾患―大動脈解離と胸腹部大動脈瘤:診断と治療の進歩. 1.疫学 1)大動脈解離の疫学
  • 単行本 / 単著 / 2010年 2月
    日本内科学会雑誌
  • / Vol.99 No.2 222-225
  • 83

  • Respiratory function and other biological risk factors for completed suicide: 40 years of follow-up of European cohorts of the Seven Countries Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 1月
    J Affect Disord
  • / Vol.120 No.1-3 249-253
  • 84

  • Ghrelin(グレリン)とインスリン抵抗性との関連について, -大規模な一般住民検診による疫学的検討-
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    健康管理事業団研究助成論文集
  • / Vol.XXVI 3-11
  • 85

  • Interstitial Foxp3-positive T cells may predict renal survival in patients with myeroperoxidase anti-neutrophil cytoplasmic antibody (MPO-ANCA)-associated glomerulonephritis.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Clin Exp Pharmacol Physiol.
  • / Vol.37 879-883
  • 86

  • Systolic blood pressure response to exercise as a predictor of mortality in patients with chronic heart failure.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Int Heart J
  • / Vol.51 No.2 111-115
  • 87

  • 最新文献紹介「耐糖能状態ごとの尿酸値と生死に関する前向き研究」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    「高尿酸血症と痛風」メディカルレビュー社
  • / Vol.18 No.2 84
  • 88

  • Positive association of circulating levels of advanced glycation end products (AGEs) with pigment epithelium-derived factor (PEDF) in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Pharmacol Res
  • / Vol.61 103-107
  • 89

  • Involvment of angiotensin II in intestinal cholesterol absorption.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Pharmacol Res
  • / Vol.61 460-465
  • 90

  • Factors associated with serum high mobility group box 1 (HMGB1) levels in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年12月
    Metabolism
  • / Vol.58 No.12 1688-1693
  • 91

  • 臨床栄養医学
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年10月
    「高血圧」南山堂
  • / Vol.1 No.1 249-252
  • 92

  • 頻脈と肥満,糖尿病
  • その他 / 共著 / 2009年 9月
    血圧
  • / Vol.16 No.9 748-749
  • 93

  • Low-density lipoprotein levels are one of the independent determinants of circulating levels of Advanced Glycation End Products (AGEs) in non-diabetic subjects.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 9月
    Clinical Cardiology
  • / Vol.32 No.9 E12-15
  • 94

  • 高血圧症および高LDLコレステロール血症を合併している患者を対象としたカデュエット(アムロジピン/アトルバスタチン配合剤)の群間比較第3相試験
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 9月
    新薬と臨牀
  • / Vol.58 No.9 1496-1510
  • 95

  • Decreased high-density lipoprotein (HDL)-cholesterol level is an independent correlate of circulating tumor necrosis factor-α in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 9月
    Clinical Cardiology
  • / Vol.32 No.9 E29-32
  • 96

  • コレステロール -基礎から臨床へ- 
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 5月
    「コレステロールと冠動脈疾患」ライフサイエンス出版
  • / Vol.1 No.1 70-74
  • 97

  • Higher heart rate may predispose to obesity and diabetes mellitus: 20-year prospective study in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 2月
    Am J Hypertens
  • / Vol.22 No.2 151-155
  • 98

  • Prognostic value of plasma high-sensitivity C-reactive protein levels in Japanese patients with stable coronary artery disease: The Japan NCVC-Collaborative inflammation Cohort (JNIC) Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 1月
    Atherosclerosis
  • / Vol.207 No.1 272-276
  • 99

  • Independent determinants of soluble form of receptor for advanced glycation end products in elderly hypertensive patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Metabolism
  • / Vol.58 No.3 421-425
  • 100

  • Serum levels of pigment epithelium-derived factor (PEDF) are positively associated with visceral adiposity in Japanese patients with type 2 diabetes.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Diabetes Metab Res Rev
  • / Vol.25 52-56
  • 101

  • Reduction of charge-modified LDL by statin therapy in patients with CHD or CHD risk factors and elevated LDL-C levels: the SPECIAL Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年12月
    Atherosclerosis
  • / Vol.201 No.2 353-359
  • 102

  • シリーズ高尿酸血症を考える、「疫学的に見た高尿酸血症の重要性~田主丸研究からみた高尿酸血症動向~」
  • 単行本 / 単著 / 2008年 4月
    医薬の門,医薬の門社
  • / Vol.48 No.4 79-82
  • 103

  • State of the ART 「心拍数と心血管疾患」
  • 単行本 / 単著 / 2008年 2月
    臨床高血圧、東京:メデイカルレビュー社
  • / Vol.14 No.2 16-24
  • 104

  • Plasma level of asymmetric dimethylarginine (ADMA) as a predictor of carotid intima-media thickness progression - Six-year prospective study using carotid ultrasonography -
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Hypertens Res
  • / Vol.31 No.6 1185-1189
  • 105

  • State of the ART. 「心拍数と心血管疾患」
  • その他 / 単著 / 2008年
    臨床高血圧
  • / Vol.14 No.2 16-24
  • 106

  • シリーズ高尿酸血症を考える.「疫学的に見た高尿酸血症の重要性〜田主丸研究からみた高尿酸血症動向〜」
  • その他 / 単著 / 2008年
    医薬の門
  • / Vol.48 No.4 79-82
  • 107

  • Serum levels of soluble form of receptor for advanced glycation end products (sRAGE) are positively associated with circulating AGEs and soluble form of VCAM-1 in patients with type 2 diabetes.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Microvasc Res
  • / Vol.76 No.1 52-56
  • 108

  • Serum dehydroepiandrosterone sulfate levels predict longevity in men. - 27-year follow-up study in a community-based cohort (Tanushimaru study) -
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    J Am Geriatr Soc
  • / Vol.56 No.6 994-998
  • 109

  • Circulating advanced glycation end products (AGEs) and soluble form of receptor for AGEs (sRAGE) are independent determinants of serum monocyte chemoattractant protein-1 (MCP-1) levels in patients with type 2 diabetes.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Diabetes Metab Res Rev
  • / Vol.24 No.2 109-114
  • 110

  • Is antiplatelet therapy for the prevention of ischemic stroke associated with the prognosis of intracerebral hemorrhage?
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Kurume Medical Journal
  • / Vol.55 71-77
  • 111

  • Homogeneity in the relationship of serum cholesterol to coronary deaths across different cultures: 40-year follow-up of the Seven Countries Study:
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Eur J Cardiovasc Prev R
  • / Vol.15 719-725
  • 112

  • Circulating matrix metalloproteinase-2 is an independent correlate of proteinuria in patients with chronic kidney disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Am J Nephrol
  • / Vol.29 No.2 109-115
  • 113

  • Serum C-reactive protein levels predict survival in hepatocellular carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年10月
    Liver Int.
  • / Vol.27 No.8 1091-7
  • 114

  • Habitual coffee but not green tea consumption is inversely associated with metabolic syndrome - An epidemiological study in a general Japanese population -
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 6月
    Diabetes Res Clin Pract
  • / Vol.76 No.3 383-389
  • 115

  • 田主丸研究
  • 単行本 / 単著 / 2007年 4月
    CARDIAC PRACTICE, 特集「わが国における循環器疫学研究のコホート」メジカルビュー社、東京
  • / Vol.18 No.2 63-66
  • 116

  • Plasma levels of asymmetric dimethylarginine (ADMA) are related to intima-media thickness of the carotid artery - An epidemiological study -
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    Atherosclerosis
  • / Vol.191 No.1 206-210
  • 117

  • NO合成阻害物質ADMA
  • その他 / 共著 / 2007年 2月
    循環器科
  • / Vol.61 No.2 144-151
  • 118

  • 動脈硬化性疾患のサロゲートマーカー、NO合成阻害物質ADMA
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年 2月
    循環器科、科学評論者
  • / Vol.61 No.2 144-151
  • 119

  • 特集「わが国における循環器疫学研究のコホート」田主丸研究
  • その他 / 単著 / 2007年 2月
    CARDIAC PRACTICE
  • / Vol.18 No.2 63-66
  • 120

  • Elevation of soluble form of receptor for advanced glycation end products (sRAGE) in diabetic subjects with coronary artery disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Diabetes Metab Res Rev
  • / Vol.23 No.5 368-371
  • 121

  • Pigment epithelium-derived factor inhibits neointimal hyperplasia after vascular injury by blocking NADPH oxidase-mediated reactive oxygen species generation.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Am J Pathol
  • / Vol.170 2159-2170
  • 122

  • 成人病、特に脳・心血管病を予防するN-3系脂肪酸の役割の研究
  • 雑誌 / 単著 / 2007年
    第52回社会厚生事業助成、医学研究報告集
  • / 115-117
  • 123

  • Serum level of advanced glycation end-products(AGEs) is an independent determinant of plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) in nondiabetic general population
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Horm Metab Res
  • / Vol.39 845-848
  • 124

  • Forty-year coronary mortality trends and changes in major risk factors in the first 10 years of follow-up in the seven countries study
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Eur J Epidemiol
  • / Vol.22 747-754
  • 125

  • A low level of C-reactive protein in Japanese adults and its association with cardiovascular risk factors: the Japan NCVC- collaborative inflammation cohort (JNIC) study.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Atherosclerosis
  • / Vol.194 238-244
  • 126

  • 終末糖化産物(AGEs)は糖尿病・動脈硬化性疾患の進展・予防の予知因子となり得るか? — 一般住民を対象とした疫学的研究から、生活習慣病予防を検討 —
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    第22回(財)総合健康推進財団
  • / 1-8
  • 127

  • 一般住民を対象とした疫学的研究から終末糖化産物(AGEs)は生活習慣病の進展・予防の予知因子となり得るか?
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    第22回健康医科学研究助成論文集
  • / 1-6
  • 128

  • Positive association between serum levels of advanced glycation end products and the soluble form of receptor for advanced glycation end products in nondiabetic subjects.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 9月
    Metabolism
  • / Vol.55 No.9 1227-1231
  • 129

  • Positive association of serum levels of advanced glycation end products (AGEs) with thrombogenic markers in humans.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 7月
    Metabolism
  • / Vol.55 No.7 912-917
  • 130

  • Elevated serum levels of pigment epithelium-derived factor in the metabolic syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 6月
    J Clin Endocrinol Metab
  • / Vol.91 No.6 2447-2450
  • 131

  • Factors associated with poor prognosis of ischemic stroke.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Medical Postgraduates
  • / Vol.44 No.1 87-94
  • 132

  • 循環器疾患の予防に向けての炎症反応指標の応用に関する研究:特に炎症反応指標と冠危険因子の重積と予後の関連について
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    厚生労働省循環器病研究委託費 14公-6研究報告集(主任研究者:都島基夫)
  • / 24-26
  • 133

  • CURRENT REPORTS
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年
    「THE CIRCULATION FRONTIER」メジカルビュー社
  • / 101-105
  • 134

  • Elevated serum levels of pigment epithelium-derived factor in patients with end-stage renal disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Clin Chem
  • / Vol.52 1970-1971
  • 135

  • High plasma level of remnant-like particle cholesterol in the metabolic syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年10月
    Diabetes Care
  • / Vol.28 2514-2518
  • 136

  • Trends in nutritional intake and serum cholesterol levels over 40 years in Tanushimaru, Japanese men
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 5月
    J Epidemiol
  • / Vol.15 No.3 85-89
  • 137

  • Strong association between serum Hepatocyte Growth Factor and metabolic syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 5月
    J Clin Endocrinol Metab
  • / Vol.90 No.5 2927-2931
  • 138

  • コホート研究の成果(16).
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年 4月
    「Seven Countries Study」 メジカルビュー社
  • / Vol.4 No.1 66-69
  • 139

  • 薬物療法の適応とそのタイミング
  • その他 / 共著 / 2005年 2月
    Mebio
  • / Vol.22 No.2 101-105
  • 140

  • 年代別のわが国のコレステロール年次変化から読みとれる将来の心血管発症と死亡リスク増加の予測
  • その他 / 共著 / 2005年 1月
    循環器科
  • / Vol.57 No.1 15-20
  • 141

  • 高コレステロール血症の治療目標.年代別のわが国のコレステロール年次変化から読みとれる将来の心血管発症と死亡リスク増加の予測.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年
    科学評論社
  • / Vol.57 No.1 15-20
  • 142

  • 高レムナント血症. 薬物療法の適応とそのタイミング.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年
    メジカルビュー社、東京
  • / 101-105
  • 143

  • The relation between pulse pressure and cardiovascular mortality in 12,763 middle-aged men from various parts of the world; A 25-year follow-up of the Seven Countries Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Arch Intern Med
  • / Vol.165 2142-2147
  • 144

  • 循環器疾患コホート研究の手引き
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年
    「Seven Countries Study」メディカルレビュー社
  • / 109-112
  • 145

  • ストレス状況と栄養摂取状況の関連について
  • その他 / 共著 / 2004年
    久留米大学健康・スポーツ科学センター研究紀要
  • / Vol.11 No.1 45-51
  • 146

  • Plasma endothelin-1 level is related to renal function and smoking status but not to blood pressure - An epidemiological study -.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    J Hypertens
  • / Vol.22 713-718
  • 147

  • A case-control study found that low albumin and smoking were associated with aortic dissection.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    J Clin Epidemiol
  • / Vol.57 No.4 386-391
  • 148

  • Very long chain N-3 fatty acids intake and carotid atherosclerosis - An epidemiological study evaluated by ultrasonography -
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Atherosclerosis
  • / Vol.176 145-149
  • 149

  • Association of plasminogen activator inhibitor-1with insulin resistance in Japan where obesity is rare
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Metabolism
  • / Vol.52 226-229
  • 150

  • ストレス状況と栄養摂取状況の関連について
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    久留米大学健康・スポーツ科学センター研究紀要
  • / Vol.11 45-51
  • 151

  • Plasma homocysteine levels and atherosclerosis in Japan: Epidemiological study by use of ultrasonography
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Stroke
  • / Vol.33 2177-2181
  • 152

  • Is insulin resistance or diabetes associated with stroke?
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Diab Res and Clin Pract
  • / Vol.51 215-223
  • 153

  • Novel risk factors for cardiovascular disease: an epidemiological study in Tanushimaru, Japan
  • 単行本 / 分担執筆 / 2001年
    Backhuys Publishers, Physical Fitness and Health Promotion in Active Aging
  • / 213-218
  • 154

  • Cardiovascular risk factors as determinants of 25-year all-cause mortality in the Seven Countries Study
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Eur J Epidemiol
  • / Vol.17 337-346
  • 155

  • Heart rate and mortality in a Japanese general population
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    J Clin Epidemiol
  • / Vol.54 495-500
  • 156

  • Platelet-derived nitric oxide and coronary risk factors.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 4月
    Hypertension.
  • / Vol.35 No.4 904-7
  • 157

  • The role of obesity in the association of cardiovascular risk factor and glucose intolerance in small Japanese and North American communities
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Diabetes Res and Clin Pract
  • / Vol.49 41-51
  • 158

  • Hyperinsulinemia and ECG abnormalities
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Cardiology Review
  • / Vol.17 No.6 25-34
  • 159

  • Association between alcohol intake and development of hypertension in Japanese normotensive men: 12-year follow-up study
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Am J Hypertens
  • / Vol.13 482-487
  • 160

  • 中年男性におけるアルコール摂取と身体指標や食生活との関連
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    日本公衆衛生学会雑誌
  • / Vol.47 No.10 879-886
  • 161

  • Cigarette smoking and mortality risk, 25-year follow-up of the Seven Countries Study
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Arch Intern Med
  • / Vol.159 P733-740
  • 162

  • Predictors of death from congestive heart failure in hypertrophic cardiomyopathy
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Am J Cardiol
  • / Vol.83 P1280-1283
  • 163

  • Clustering of cardiovascular risk factors in hyperinsulinemia in Japanese without diabetes
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Diabetes Res and Clin Pract
  • / Vol.40 P181-190
  • 164

  • Hyperinsulinaemia and the Development of ST-T Electrocardiographic Abnormalities
  • 雑誌 / 共著 / 1997年11月
    Diabetes Care
  • / Vol.20 No.11 1997
  • 165

  • Hyperinsulinaemia as a predictor of hypertension: an 11-year follow-up study in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 1996年
    J of Hypertension
  • / Vol.14 483-488
  • 166

  • Insulin and ischemic heart disease
  • 雑誌 / 共著 / 1995年 8月
    Asian Med J.
  • / Vol.38 No.8 437-442
  • 167

  • Serum N-Acetyl-β-D-Glucosaminidase Activity in Predicting the Development of Hypertension
  • 雑誌 / 共著 / 1995年 6月
    Hypertension
  • / Vol.25 No.6 1311-1314
  • 168

  • Association of Hyperinsulinemia and Serum Free Fatty Acids with Serum High Density Lipoprotein-Cholesterol
  • 雑誌 / 共著 / 1995年
    J of atherosclerosis and Thrombosis
  • / Vol.2 No.1 53-59

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp