久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 佐藤 貴弘の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Role of biological rhythm in the performance of physical activity.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 5月
    J Phys Fit Sports Med.
  • / Vol.6 No.3 125-134
  • 2

  • 膵臓の時計遺伝子発現に及ぼすグレリン作用
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    第90回日本内分泌学会学術総会
  • 3

  • 分子と形態からひもとく新たな脳-ホルモン連関: 飢餓を生き抜くための産熱調節
  • その他 / 共著 / 2017年 3月
    第122回日本解剖学会総会全国学術集会
  • 4

  • Purification and characterization of bioactive peptides RYamide and CCHamide in the kuruma shrimp Marsupenaeus japonicus.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Gen. Comp. Endocrinol.
  • 5

  • Identification and immunoregulatory function of neuromedin U (Nmu) in the Japanese Pufferfish Takifugu rebripes.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Dev. Comp. Immunol..
  • 6

  • 生体リズムとホルモン〜自律神経系への作用について
  • その他 / 共著 / 2016年11月
    the 22nd International Congress of Zoology & the 87th meeting of Zoological Society of Japan
  • 7

  • 膵臓の時計遺伝子発現に及ぼすニコチン作用の解析
  • その他 / 共著 / 2016年10月
    第43回日本神経内分泌学会学術集会
  • 8

  • 外界の温度変化から体内の温度環境を守るしくみ -さまざまな体温調節とホルモン-
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年 8月
    ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ V ホメオスタシスと適応 -恒-
  • 9

  • 摂餌に関する記憶学習および探索行動に及ぼすグレリンの役割
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    第89回日本内分泌学会学術総会
  • / Vol.92 No.1 279
  • 10

  • トーパーの誘導・維持機構の解明とその先にあるもの
  • その他 / 単独発表 / 2016年 3月
    第6回長浜若手バイオ交流会
  • 11

  • Ghrelin O-acyltransferase (GOAT), a specific enzyme that modifies ghrelin with a medium-chain fatty acid.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    J Biochem.
  • / Vol.160 No.4 189-194
  • 12

  • グレリン遺伝子欠損マウスの摂餌に関する記憶学習能力及び探索能力の解析
  • その他 / 共著 / 2015年 9月
    第42回日本神経内分泌学会
  • / 71
  • 13

  • 脳温に及ぼすグレリン作用の解析
  • その他 / 共同発表 / 2015年 4月
    第88回日本内分泌学会学術総会
  • 14

  • 褐色脂肪細胞の機能調節を介した肥満制御の可能性
  • その他 / 単独発表 / 2015年 4月
    実験動物技術者協会九州支部総会
  • 15

  • Identification and application of Drosophila novel bioactive peptides dRYamides.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 4月
    Am J Life Sci.
  • / Vol.3 No.2-3 3-7
  • 16

  • Physiological functions and pathology of ghrelin.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 4月
    Am J Life Sci.
  • / Vol.3 No.2-3 8-16
  • 17

  • 自然発生矮小マウスの変異遺伝子の探索
  • その他 / 単独発表 / 2015年 4月
    第1回 帝京大学若手内分泌セミナー
  • 18

  • グレリン遺伝子欠損マウスの解析 〜 競争と新たな展開 〜
  • その他 / 単独発表 / 2015年 3月
    第5回長浜若手バイオ交流会
  • 19

  • 摂食調節ペプチドと飢餓応答
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 1月
    The Lipid, メディカルレビュー社
  • / Vol.26 No.1 35-39
  • 20

  • Regulation of the human ghrelin promoter activity by transcription factors, NF-kB and Nkx2.2.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 1月
    Int J Endocrinol.
  • 21

  • Low glucose-induced ghrelin secretion is mediated by an ATP-sensitive potassium channel.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J.Endocrinol.
  • / Vol.226 No.1 25-34
  • 22

  • Suppressive effects of dRYamides on feeding behavior of the blowfly, Phormia regina.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Zoological lett.
  • 23

  • Ghrelin is required for dietary restriction-induced enhancement of hippocampal neurogenesis: lessons from ghrelin knockout mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年12月
    Endocr J.
  • 24

  • グレリンの分泌調節系およびグレリンによる体温調節系の解析
  • その他 / 単独発表 / 2014年10月
    第41回日本神経内分泌学会学術集会
  • / 30
  • 25

  • 中枢温と腹腔温に対するグレリン作用の検討
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    第41回日本神経内分泌学会学術集会
  • / 71
  • 26

  • Effect of gherlin on the intestinal transport and gastric emptying
  • その他 / 共同発表 / 2014年 9月
    The Conference on Bioactive Peptides for Cell-Cell Communication 2014
  • / 36
  • 27

  • Involvement of the vagus nerve in the enhancing effect of gastrointestinal motility by ghrelin
  • その他 / 共同発表 / 2014年 9月
    20th International Symposium on Regulatory Peptides (REGPEP2014)
  • / 77
  • 28

  • グレリンの作用経路におけるグレリンの役割について
  • その他 / 共同発表 / 2014年 7月
    第32回内分泌代謝学サマーセミナー
  • / 67
  • 29

  • 胃排出能と消化管輸送能に及ぼすグレリンの役割
  • その他 / 共同発表 / 2014年 4月
    第87回日本内分泌学会学術総会
  • 30

  • Ghrelin stimulates proliferation, migration and differenciation of neural progenitors from the subventricular zone in the adult mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Exp Neurol.
  • / Vol.252 75-84
  • 31

  • Production of ghrelin by the stomach of patients with gastric cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Kurume Med J.
  • / Vol.60 No.3-4 99-104
  • 32

  • Peripheral administration of morphine attenuates postincisional pain by regulating macrophage polarization through the COX-2-dependent pathway.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Molecular Pain,
  • / Vol.10 36
  • 33

  • Physiological roles of ghrelin in obesity.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年10月
    Obesity Research & Clinical Practice
  • / (accepted)
  • 34

  • FABP3 and brown adiposyte-chaacteristic mitochondrial fatty acid oxidation enzymes are induced in beige cells in a different pathway from UCP1.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年10月
    Nakamura Y., Sato T., Shiimura Y., Miura Y. and Kojima M.
  • / Vol.441 42-46
  • 35

  • Ghrelin directly stimulates adult hippocampal neurogenesis: implications for learning and memory.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Endocr J.
  • / Vol.60 No.6 781-789
  • 36

  • 初代褐色脂肪細胞のucp1発現に対するグレリンおよび成長ホルモンの作用
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    第33回 日本肥満学会
  • 37

  • 摂食促進ホルモン•グレリンによる自律神経機能の体温調節メカニズム
  • その他 / 共同発表 / 2012年
    第46回日本実験動物技術者協会総会
  • / 188
  • 38

  • High performance liquid chromatography analysis of hypothalamic ghrelin.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年
    Sato T. and Kojima M.
  • / Vol.514 101-112
  • 39

  • Modulation by adiponectin of circadian clock rhythmicity in model mice for metabolic syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Endocr J.
  • / Vol.60 No.4 483-492
  • 40

  • 時間制限給餌に伴うグレリンの分泌動態と体温変動について
  • その他 / 共同発表 / 2012年
    第85回日本内分泌学会学術総会
  • / Vol.88 No.1 364
  • 41

  • 寒冷刺激下における白色脂肪組織でのfabp3の発現動態について
  • その他 / 共同発表 / 2012年
    第85回日本内分泌学会学術総会
  • / Vol.88 No.1 332
  • 42

  • Isolation of the bioactive peptides CCHamide-1 and CCHamide-2 from Drosopjila and their putative role in appetite regulation as ligands for G protein-coupled receptors.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Front Endocrinol.
  • / Vol.3 177
  • 43

  • Different distribution of neuromedin S and its mRNA in the rat brain: NMS peptide is present not only in the hypothalamus as the mRNA, but also in the brainstem.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Front Endocrinol.
  • / Vol.3 152
  • 44

  • Structure, regulation and function of ghrelin.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    J Biochem.
  • / Vol.151 No.2 119-128
  • 45

  • 低エネルギー条件下におけるグレリン遺伝子欠損マウスの体温変動
  • その他 / 共同発表 / 2011年 8月
    第32回 日本肥満学会
  • 46

  • 白色脂肪組織におけるFABP3の役割の解明
  • その他 / 共同発表 / 2011年 7月
    第29回内分泌代謝学サマーセミナー
  • 47

  • 制限給餌条件下におけるグレリン遺伝子欠損マウスの体温変動
  • その他 / 共同発表 / 2011年 7月
    第29回内分泌代謝学サマーセミナー
  • 48

  • 病因・病態解明のためのグレリンの基礎知識
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年 6月
    最新医学
  • / Vol.66 1380-1390
  • 49

  • Structure, regulation and function of ghrelin.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    J Biochem.
  • / (Epub ahead of print)
  • 50

  • Identification of the endogenous cysteine-rich peptide trissin, a ligand for an orphan G protein-coupled receptor in Drosophila.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    BBRC
  • / Vol.414 44-48
  • 51

  • Identification of the novel bioactive peptides dRYamide-1 and dRYamide-2, ligands for a neuropeptide Y-like receptor in Drosophila.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    BBRC
  • / Vol.410 872-877
  • 52

  • Galanin in adrenocorticotropic hormone cells is decreased by castration.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Cell Tissue Res.
  • / (Epub ahead of print)
  • 53

  • Continuous Antagonism of the Ghrelin Receptor Results in Early Induction of Salt-Sensitive Hypertension.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 7月
    J. Mol. Neurosci.
  • / Vol.43 193-199
  • 54

  • シンポジウム:エネルギー代謝研究の進歩「グレリン研究の進歩」
  • その他 / 共同発表 / 2010年 7月
    第28回内分泌代謝学サマーセミナー
  • / 40
  • 55

  • Continuous Antagonism of the Ghrelin Receptor Results in Early Induction of Salt-Sensitive Hypertension.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 7月
    J. Mol. Neurosci.
  • / Vol.43 193-199
  • 56

  • 体温調節におけるグレリンの役割〜メカニズムの解明を目指して
  • その他 / 単独発表 / 2010年 7月
    第16回成人病の病因・病態の解明に関する研究会
  • 57

  • グレリンの体温低下作用とそのメカニズムの解析
  • その他 / 共同発表 / 2010年 7月
    第28回内分泌代謝学サマーセミナー
  • / 64
  • 58

  • Purification and Characterization of Caprine Ghrelin and Its Effect on Growth Hormone Release.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 5月
    J Mol Neurosci.
  • / Vol.42 99-105
  • 59

  • Thermoregulation by ghrelin.
  • その他 / 共同発表 / 2010年 3月
    The 14th International Congress of Endocrinology-Satellite Symposium Obesity and Metabolic Syndrome.
  • 60

  • The physioloical role of ghrelin in thermoregulation.
  • その他 / 共同発表 / 2010年 3月
    The 14th International Congress of Endocrinology.
  • / Vol.57 No.Suppl2 S228
  • 61

  • Phenotypic analysis of ghrelin knockout mouse.
  • その他 / 共同発表 / 2010年 3月
    The 14th International Congress of Endocrinology.
  • / Vol.57 No.Suppl2 S228
  • 62

  • Roles of ghrelin in the control of growth hormone secretion.
  • その他 / 共同発表 / 2010年 3月
    The 14th International Congress of Endocrinology.
  • / Vol.57 No.Suppl2 S517
  • 63

  • Identification of novel peptides for orphan GPCRs in drosophila.
  • その他 / 共同発表 / 2010年 3月
    The 14thInternational Congress of Endocrinology.
  • / Vol.57 No.Suppl2 S443
  • 64

  • A Postweaning Reduction in Circulating Ghrelin Temporarily Alters Growth Hormone (GH) Responsiveness to GH-Releasing Hormone in Male Mice But Does Not Affect Somatic Growth.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 2月
    Endocrinology
  • / [Epub ahead of print]
  • 65

  • Deorphanized Drosophila GPCRs.
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    The 9th International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides: Phylogenetic Aspects of Neuropeptides - from Invertebrates to Humans
  • / 7
  • 66

  • The analysis of physiological roles of ghrelin in salt sensitive hypertension.
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    The 9th International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides: Phylogenetic Aspects of Neuropeptides - from Invertebrates to Humans
  • / 18
  • 67

  • グレリンによる自律神経の調節メカニズムの解明
  • その他 / 単独発表 / 2009年 9月
    第36回日本神経内分泌学会
  • / 15
  • 68

  • 血圧調節におけるグレリンの役割
  • その他 / 共同発表 / 2009年 7月
    第27回 内分泌代謝学サマーセミナー
  • / 2
  • 69

  • 腸管運動へのニューロメジンUの関与
  • その他 / 共同発表 / 2009年 7月
    第27回 内分泌代謝学サマーセミナー
  • / 4
  • 70

  • Production of n-octanoyl-modified ghrelin in cultured cells requires prohormone processing protease and ghrelin O-acyltransferase, as well as n-octanoic acid.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 7月
    J Biochem.
  • / 146 , 675-682
  • 71

  • ショウジョウバエオーファン受容体に対するリガンド探索
  • その他 / 共同発表 / 2009年 7月
    第27回 内分泌代謝学サマーセミナー
  • / 3
  • 72

  • Ghrelin O-acyltransferase (GOAT) has a preference for n-hexanoyl-CoA over n-octanoyl-CoA as an acyl donor.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 6月
    Biochem Biophys Res Commun.
  • / Epub ahead
  • 73

  • Deorphanized Drosophila GPCRs
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    第6回 GPCR研究会
  • 74

  • 特集: 循環体液調節ペプチド-最近の進歩- グレリンの基礎と新たな可能性
  • その他 / 共著 / 2008年11月
    循環器科
  • / Vol.64 No.5 468-475
  • 75

  • グレリン遺伝子欠損マウスからグレリンの生理機能を探る
  • その他 / 共同発表 / 2008年 8月
    第35回日本神経内分泌学会•第23回日本下垂体研究会合同学術集会
  • / 50
  • 76

  • グレリンの基礎と新たな可能性
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 5月
    循環器科
  • / Vol.64 No.5 468-475
  • 77

  • グレリンによる自律神経機能の調節メカニズムの解明
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    第81回 日本内分泌学会学術総会
  • / Vol.84 No.1 187
  • 78

  • 視床下部におけるグレリンの同定とその生理機能.
  • その他 / 共同発表 / 2008年 3月
    第113回 日本解剖学会総会•全国学術集会 シンポジウム15:視床下部性神経ペプチド研究の新展開
  • / Vol.83 No.(supplement) p.104
  • 79

  • 新規生理活性ペプチド、ニューロメジンSの摂食調節作用
  • その他 / 共同発表 / 2008年 2月
    第22回 日本糖尿病•肥満動物学会 年次学術集会 シンポジウム2
  • / 61
  • 80

  • シンポジウム2:グレリンノックアウトマウスの表現型
  • その他 / 共同発表 / 2008年 2月
    第22回 日本糖尿病•肥満動物学会 年次学術集会
  • / 31
  • 81

  • Ghrelin deficiency does not influence feeding performance.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 1月
    Regul Pept.
  • / Vol.145 7-11
  • 82

  • Structure of Mammalian and nonmammalian ghrelins.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年11月
    Vitam Horm. 2007;77:31-46.
  • / Vol.77 31-46
  • 83

  • グレリン産生の胃内分布および胃切除術後の血中グレリン濃度変化の検討
  • その他 / 共同発表 / 2007年 7月
    第62回 日本消化器外科学会 定期学術総会
  • / Vol.40 No.7 575
  • 84

  • ニューロメジンUと生体リズム、ストレス
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年 7月
    ペプチドと創薬.メディカルドゥ
  • / p.153-158
  • 85

  • グレリンノックアウトマウスにおける摂食行動、摂食リズム、学習記憶能の解析
  • その他 / 共同発表 / 2007年 6月
    第80回日本内分泌学会学術総会
  • / Vol.82 No.1 178
  • 86

  • グレリンの代謝調節作用と循環調節作用
  • その他 / 共著 / 2006年12月
    臨床高血圧
  • / Vol.12 No.4 242-257
  • 87

  • グレリンによる摂食調節の分子機構
  • その他 / 共著 / 2006年10月
    実験医学
  • / Vol.24 No.16 2466-2470
  • 88

  • グレリンの代謝調節作用と循環調節作用
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年10月
    臨床高血圧
  • / Vol.12 No.4 242-257
  • 89

  • グレリンによる摂食調節の分子機構
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年10月
    実験医学
  • / Vol.24 No.16 2466-2470
  • 90

  • Physiological functions of ghrelin-from knockout mouse study (ORAL, INVITED)
  • その他 / 共同発表 / 2006年 9月
    GPCRs Symposium [Hakone]
  • 91

  • Physiological functions of ghrelin - from knockout study.
  • その他 / 共著 / 2006年 9月
    GPCRs Symposium, Hakone.
  • / 14
  • 92

  • Ghrelin deficiency does not modulate feeding performance in mice (POSTER)
  • その他 / 共同発表 / 2006年 9月
    The 16th International Symposium on Regulatory Peptides [Hakone]
  • 93

  • Ghrelin deficiency dose not modulate feeding performance in mice.
  • その他 / 共著 / 2006年 8月
    The 16th International Symposium on Regulatory Peptides (REGPEP'06), Hakone.
  • / 31
  • 94

  • グレリンノックアウトマウスを用いたグレリンの生理機能解析
  • その他 / 共同発表 / 2006年 8月
    久留米大学神経合同セミナー [福岡]
  • 95

  • 炎症における神経ペプチド,ニューロメジンU(NMU)の役割
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年 4月
    臨床免疫
  • / Vol.45 No.4 463-467
  • 96

  • GPCR研究の最前線 ニューロメジンU
  • その他 / 共著 / 2006年 4月
    内分泌・糖尿病科
  • / Vol.22 No.4 379-387
  • 97

  • GPCR研究の最前線 ニューロメジンU
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年 4月
    内分泌・糖尿病科
  • / Vol.22 No.4 379-387
  • 98

  • グレリンと摂食障害
  • その他 / 共著 / 2006年 3月
    PharmaMedica
  • / Vol.24 No.3 35-38
  • 99

  • グレリンと摂食障害
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年 3月
    PharmaMedica
  • / Vol.24 No.3 35-38
  • 100

  • Regulation of gonadotropin secretion and puberty onset by neuromedin U.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 1月
    FEBS Lett.
  • / Vol.2580 No.14 3485-3488
  • 101

  • The neuropeptide neuromedin U promotes IL-6 production from macrophages and endotoxin shock.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 1月
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.341 No.4 1149-1154
  • 102

  • The neuropeptide neuromedin U promotes inflammation by direct activation of mast cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 7月
    J Exp Med.
  • / Vol.202 No.2 217-224
  • 103

  • ラット視床下部におけるグレリンの同定と合成・分泌動態の検討
  • その他 / 共同発表 / 2005年 7月
    第78回 日本内分泌学会 [東京]
  • 104

  • ラット視床下部におけるグレリンの同定と合成・分泌動態の検討
  • その他 / 共同発表 / 2005年 7月
    第32回 日本神経内分泌学会 [沖縄]
  • 105

  • ラット視床下部におけるグレリンの同定と合成・分泌動態の検討
  • その他 / 単独発表 / 2005年 5月
    第2回 GPCR研究会 [東京]
  • / 24
  • 106

  • Molecular forms of hypothalamic ghrelin and its regulation by fasting and 2-deoxy-D-glucose administration.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Endocrinology
  • / Vol.146 2510-2516
  • 107

  • グレリン遺伝子欠損マウスを用いた、成長ホルモン細胞の機能調節に関する研究(ISSN 0386-7617)
  • その他 / 共著 / 2005年
    財団法人 成長科学協会
  • / Vol.29 151-160
  • 108

  • Developmental changes in the pattern of ghrelin's acyl-modification and the levels of acyl-modified ghrelins in murine stomach.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    Endocrinology
  • / Vol.146 2709-2715
  • 109

  • ニュロメジンUは性腺刺激ホルモンの分泌に影響を与える.
  • その他 / 共著 / 2005年
    第23回 内分泌・代謝学サマーセミナー
  • / 46
  • 110

  • ラット視床下部におけるグレリンの同定と合成・分泌動態の検討.
  • その他 / 共著 / 2005年
    第2回GPCR研究会
  • / 24
  • 111

  • ラット視床下部におけるグレリンの同定と合成・分泌動態の検討
  • その他 / 共著 / 2005年
    第78回日本内分泌学会
  • / P195
  • 112

  • ニューロメジンUノックアウトマウスにおける性腺刺激ホルモン発現量の変化.
  • その他 / その他 / 2005年
    第78回日本内分泌学会
  • / P280
  • 113

  • ラット視床下部におけるグレリンの同定と合成・分泌動態の検討
  • その他 / 共著 / 2005年
    第32回日本神経内分泌学会
  • / YN03
  • 114

  • 哺乳・離乳移行期に認められるグレリンの脂肪酸修飾の変動に関する検討.
  • その他 / その他 / 2005年
    第78回日本内分泌学会
  • 115

  • Presynaptic modulation by neuromedin U of sensory synaptic transmission in rat spinal dorsal horn neurons.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    J. Physiol.
  • / Vol.559 (Pt3) 707-713
  • 116

  • 中鎖脂肪酸によるグレリンのアシル化調節に関する検討
  • その他 / 共著 / 2004年
    第77回日本内分泌学会
  • / P321
  • 117

  • イモリから単離された新規VIP関連ペプチドの遺伝子クローニングとその発現
  • その他 / その他 / 2004年
    第77回日本生化学会
  • 118

  • ACTH細胞でのGalanin発現に対するTestosteroneの作用機序の解析.
  • その他 / その他 / 2003年
    第101回日本畜産学会大会
  • / VII28-07
  • 119

  • 胃器官培養を用いたグレリン分泌調節機構の検討
  • その他 / その他 / 2003年
    第76回日本内分泌学会.
  • 120

  • Immunohistochemical detection of pituitary transcription factor-1 in paraffin sections of bovine adenohypophysis after wet heat-induced antigen retrieval.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Anim. Sci. J.
  • / Vol.74 137-143
  • 121

  • ウシの視床下部と下垂体前葉におけるオレキシンの発現.
  • その他 / その他 / 2003年
    第101回日本畜産学会大会
  • / VII28-05
  • 122

  • Cellular localization of orexin and orexin receptors (OXRs) in bovine adenohypophysis.
  • その他 / 共著 / 2003年
    43rd Annual Meeting, The American Society for Cell Biology, San Francisco.
  • 123

  • 下垂体前葉細胞のガラニン発現に対するテストステロンの作用機序の解析.
  • その他 / その他 / 2002年
    日本下垂体研究会第17回大会.
  • 124

  • Galanin Expression in ACTH Cells of Bovine Adenohypophysis.
  • その他 / 共著 / 2002年
    42rd Annual Meeting, The American Society for Cell Biology, San Francisco.
  • 125

  • ウシの視床下部と下垂体前葉におけるオレキシンの発現.
  • その他 / 共著 / 2002年
    第4回オレキシン研究会
  • 126

  • ウシの視床下部と下垂体前葉でのオレキシンの発現.
  • その他 / 共著 / 2002年
    日本下垂体研究会第17回大会.
  • 127

  • スジイルカの黄体退行に伴うコラーゲンアイソタイプの挙動
  • その他 / その他 / 2002年
    第100回日本畜産学会大会
  • / PD30-05
  • 128

  • ウシ筋肉内脂肪前駆細胞株(BIP細胞)の軟骨細胞への分化.
  • その他 / 共著 / 2002年
    第100回日本畜産学会大会
  • / IX28-20
  • 129

  • 筋再生過程におけるサイトカインの発現様式.
  • その他 / その他 / 2002年
    第100回日本畜産学会大会
  • / IX28-06
  • 130

  • Pulsatile growth hormone secretion, circulating insulin-like growth factor-1 concentration and cellular density of somatotrophs differ between Wagyu and Holstein steers.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Anim. Sci.
  • / Vol.73 425-432
  • 131

  • Effects of restricted concentrate feeding during the early growing phase on growth performance, carcass characteristics and the somatotropic axis in Holstein steers.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Anim. Sci. J.
  • / Vol.72 483-493
  • 132

  • Castration suppress the expression of pituitary transcription factor-1 in somatotrophs.
  • その他 / 共著 / 1999年
    Proc. of the Jap. Sci. for Comp. Endocirinol.
  • / 44
  • 133

  • Mammosomatotrophs develop within mammotroph clusters in bovine adenohypophysis.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Tissue Cell
  • / Vol.31 499-504
  • 134

  • Somatotrophs and mammotrophs in adenohypophysis of Japanease Black steers: an immunohistochemical and morphological study.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Anim. Sci. J.
  • / Vol.70 329-335
  • 135

  • Differentiation of mammosomatotrophs in swine adenohypophysis.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Acta Histochem. Cytochem.
  • / Vol.32 315-320
  • 136

  • Effects of castration on ACTH cell function.
  • その他 / 共著 / 1998年
    Proc. of the Jap. Sci. for Comp. Endocirinol.
  • / 31
  • 137

  • Reproductive Biology Update : Heterogeneity and development of somatotrophs and mammotrophs in domestic animals
  • 単行本 / 分担執筆 / 1998年
    Shokado Booksellers Company, Kyoto,
  • / p.305-313
  • 138

  • Functional changes of mammosomatotrophs associated with the aging of bovine and swine.
  • その他 / 共著 / 1998年
    Proc. of the Jap. Sci. for Comp. Endocirinol.
  • / 32

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp