久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 下瀬 茂男の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • BCLC B肝細胞癌におけるsuitableTACE及び分子標的薬介入の意義
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    27th JDDW(第23回日本肝臓学会大会)
  • 2

  • 脈管浸潤を伴う肉腫様肝癌に対して肝動注化学療法(New FP)を主体とした集学的治療で奏効した2例
  • その他 / 共同発表 / 2019年10月
    第44回リザーバー研究会
  • 3

  • Prognostic Impact of Transcatheter Arterial Chemoembolization (TACE) Combined with Radiofrequency Ablation in Patients with Unresectable Hepatocellular Carcinoma: A Comparison to TACE Alone using Decision-tree Analysis after Propensity Score Matching
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 8月
    Hepatology Research
  • / Vol.49 No.8 919-928
  • 4

  • パネルディスカッション(6)再発肝癌の治療選択 BCLC B 肝細胞癌(HCC)への分子標的薬(MTA)の介入の意義及び薬剤選択の検討
  • その他 / 共同発表 / 2019年 7月
    第55回日本肝癌研究会
  • 5

  • シンポジウム(3)進行肝癌の治療:分子標的薬の位置づけ BCLC stage B肝細胞癌における肝動脈化学塞栓術と分子標的薬の位置づけ
  • その他 / 共同発表 / 2019年 5月
    第55回日本肝臓学会総会
  • 6

  • 肝動脈化学塞栓術における予後因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    26th JDDW(第22回肝臓学会大会)
  • / Vol.59 A685
  • 7

  • ワ-クショップ(3)TACE治療の新たな進歩 TACEの予後因子検討から見える 予後改善へむけたDEB-TACEの可能性
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    第54回日本肝癌研究会
  • / 135
  • 8

  • 当院におけるDEB-TACEの治療成績と問題点
  • その他 / 共同発表 / 2017年 1月
    第15回日本肝がん分子標的治療研究会
  • 9

  • DEB-TACEにおける寛解の条件と留意すべき合併症
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    肝臓、24th JDDW(第20回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.57 No.Suppl.2 A562
  • 10

  • 肝細胞癌脳転移巣の出血後に集学的治療を行えた1例
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第52回日本肝癌研究会
  • / 284
  • 11

  • DEB-TACEにおけるTE4の重要性と問題点
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第52回日本肝癌研究会
  • / 246
  • 12

  • Oral Session:Medicine:Efficacy and complications of Dexorubicin drug eluting beads-TACE for unresectabele hepatocellular carcinoma:A single center prospective cohort study in Kurume University Hospital
  • その他 / 共同発表 / 2016年 1月
    8th EAR Proceedings、The 8th East Asia Region (EAR) for HCC in Kurume
  • / 22
  • 13

  • DEB-TACEにおけるTE4の予測因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年12月
    肝臓、第41回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.56 No.Suppl.3 A949
  • 14

  • 当院におけるDEB-TACEとConventional TACEでの治療検討比較
  • その他 / 共同発表 / 2015年10月
    肝臓、23rd JDDW(第19回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.56 No.Suppl.2 A736
  • 15

  • 当院における新規塞栓物質(DC beads)を用いたTACEの初期治療検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 7月
    第51回日本肝癌研究会
  • 16

  • 当院における新規塞栓物質DC Beansを用いたTACEの初期治療検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 3月
    第20回筑後肝癌研究会
  • 17

  • TACE併用リザーバー留置下での集学的治療を用いて著明な奏功を認めた進行肝細胞癌の1例
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    第48回日本肝癌研究会
  • 18

  • 進行肝細胞癌に対してTACE併用リザーバー留置下での集学的治療で治療効果を認めた2例
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    第99回日本消化器病学会九州支部例会、第93回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 19

  • ワークショップ(15)進行肝細胞癌の集学的治療における肝切除の意義
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    日本消化器病学会雑誌、19th JDDW(第9回日本消化器外科学会大会、第53回日本消化器病学会大会、第15回日本肝臓学会大会 合同)
  • / Vol.108 No.Suppl.2 A726
  • 20

  • 切除不能進行肝癌でもTACE併用動注ケモリピにより切除可能になれば予後は改善する
  • その他 / 共同発表 / 2011年 7月
    第47回日本肝癌研究会
  • 21

  • ワークショップ(5)小肝細胞癌患者の自然経過
  • その他 / 共同発表 / 2011年 7月
    第47回日本肝癌研究会
  • 22

  • 切除不能進行肝癌でのTACE併用動注ケモリピにより切除可能になれば予後は改善する
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第97回日本消化器病学会九州支部例会、第91回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 23

  • 巨大肝細胞癌に対してリザーバー下の肝動注化学療法,動脈塞栓術併用後,縮小が得られ外科的切除を行えた一例
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    日本消化器病学会雑誌、第97回日本消化器病学会総会
  • / Vol.108 No.Suppl.2 A324
  • 24

  • 問題症例検討(4)治療:症例
  • その他 / 共同発表 / 2010年 7月
    第46回日本肝癌研究会
  • 25

  • 久留米大学医療センターにおける非B非C肝細胞癌診療の現状
  • その他 / 共同発表 / 2010年 6月
    第95回日本消化器病学会九州支部例会、第89回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 26

  • 肝細胞癌大腿骨転移からの骨接合術後出血に緊急動脈塞栓術が有効だった一例
  • その他 / 共同発表 / 2010年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第96回日本消化器病学会総会
  • / Vol.107 No.Suppl.2 A408
  • 27

  • 久留米大学医療センターにおける非B非C肝細胞癌診療の現状
  • その他 / 共同発表 / 2010年 2月
    第15回筑後肝癌研究会
  • 28

  • 自然経過で8年以上生存している肝細胞癌の1例
  • その他 / 共同発表 / 2009年 7月
    第45回日本肝癌研究会

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp