久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 須田 憲治の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Intergenerational differences in the effects of transcatheter closure of atrial septal defects on cardiac function.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 5月
    Journal of Cardiology
  • 2

  • Antiplatelet and antithrombotic thearpy for giant coronary aneurysm
  • 単行本 / 分担執筆 / 2017年 1月
    Kawasaki disease. Current understanding of the mechanism and eveidence-based treatment. Springer
  • / 199-206
  • 3

  • Displacement of Amplatzer septal occlude in a patient with atrial septal defects and an atrial septal aneurysm.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 7月
    Cardiolgy in the Young
  • / Vol.26 No.7 1430-1431
  • 4

  • Serum Tenascin-C as a Novel Predictor for Risk of Coronary Artery Lesion and Resistance to Intravenous Immunoglobulin in Kawasaki Disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 7月
    Circulation Journal
  • / Vol.80 2376-2381
  • 5

  • 肺動脈から見る心腔内エコーの世界 動脈管開存、大動脈縮窄への応用
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年 6月
    心エコー「続! インターベンションに役立つ心エコー」
  • / Vol.17 No.6 558-563
  • 6

  • 川崎病の臨床 川崎病の合併症の管理
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年 6月
    日本臨床増刊 最新冠動脈疾患学(下)
  • / 541-545
  • 7

  • Intra-cardiac echocardiography guided stent implantation into stenosed superior vena cava in a patient with a history of contast anaphylaxis
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 4月
    Heart and Vessels
  • / Vol.31 No.4 631-634
  • 8

  • Persistent peripheral arteritis long after Kawasaki disease – Another documentation of ongoing vascular inflammation –.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 7月
    International Journal of Cardiology
  • / 88-90
  • 9

  • 急性期 巨大冠動脈瘤:トータルケア
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 6月
    小児科臨床ピクシス9「川崎病のすべて」改訂
  • / 146-149
  • 10

  • Transpulmonary echocardiography to guide stent implantation into coarctation of the aorta.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 5月
    Echocardiography
  • / Vol.32 No.5 872-874
  • 11

  • Statin reduces persistent coronary arterial inflammation evaluated by serial 18fluorodeoxyglucose positron emission tomography imaging long after Kawasaki disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 3月
    International Journal of Cardiology
  • / Vol.179 61-62
  • 12

  • 冠動脈病変を有する例を適切に管理する
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 3月
    小児科診療 特集:症例から学ぶ川崎病の診断・治療・管理のエッセンス 三浦 大編 診断と治療社
  • / Vol.78 No.3 397-402
  • 13

  • Successful diuretics treatment of protein-losing enteropathy in a patient with Noonan syndrome and repaired congenital heart disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 2月
    Pediatrics International
  • / Vol.57 No.2 39-41
  • 14

  • Trans-pulmonary echocardiography as a guide for device closure of patent ductus arteriosus.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 2月
    Catheterization and Cardiovascular Intervention
  • / Vol.86 No.2 264-270
  • 15

  • V.川崎病の治療 川崎病冠動脈後遺症への対応.冠動脈瘤に対する抗血栓療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 9月
    日本臨床 特集:川崎病ー基礎・臨床研究の最新知見。 日本臨床社
  • / Vol.72 No.9 1659-1663
  • 16

  • Refractory pulmonary hypertension following extremely preterm birth: Paradoxical improvement in oxygenation after atrial septostomy
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 7月
    European JOurnal of Pediatrics
  • / 1537-1540
  • 17

  • Ⅲ 循環器疾患 心房中隔欠損-部分肺静脈還流異常を含めて
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 5月
    増刊号 小児疾患診療のための病態生理 改訂5版 東京医学社
  • / 198-202
  • 18

  • Novel calmodulin mutations associated with congenital arrhythmia susceptibility.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 5月
    Circulation Cardiovascular Genetics
  • / 466-474
  • 19

  • Clinical features of adult patients with Eisenmenger's syndrome in Japan and Korea.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 5月
    International Journal of Cardiology
  • / Vol.167 205-209
  • 20

  • 三尖弁閉鎖症
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 4月
    心エコーハンドブック 先天性心疾患 金芳堂
  • / 172-182
  • 21

  • Serial hemodynamic assessment using doppler echocardiography in a fetus with left ventricular aneurysm presented as fetal hydrops.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 3月
    Journal of Perinatology
  • / Vol.33 486-489
  • 22

  • 第27章 血液生化学と体液
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    ハリエットレーンハンドブック-ジョンズ・ホプキンス病院小児科レジデントマニュアル
  • / 661-674
  • 23

  • 第7章 心臓病学
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    ハリエットレーンハンドブックージョンズ・ホプキンス病院小児科レジデントマニュアル
  • / 153-199
  • 24

  • Thirty-year follow-up of carnitine supplementation in two siblings with hypertrophic cardiomyopathy caused by primary systemic carnitine deficiency.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 8月
    International Journal of Cardiology
  • / Vol.159 No.1 e14-15
  • 25

  • Stent-anchored coil embolotherapy -novel treatment procedure for huge pulmonary arterio-venous malformation in hereditary hemorrhagic telangiectasia -.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 5月
    International Journal of Cardiology
  • / Vol.157 No.1 122-4
  • 26

  • 手術を受けた先天性心疾患に対する心エコー:周産期と遠隔期.完全大血管転位とSenning術・Rastelli術・Jatene術.心エコー 
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 3月
    文光堂
  • / Vol.13 No.3 304-311
  • 27

  • Impact of Transcatheter Closure of Atrial Septal Defects on the Cardiac Function.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 3月
    Journal of Medical Ultrasonics
  • 28

  • Ⅳ成人期の先天性心疾患の治療1.カテーテル治療 1)カテーテルインターベンション ②その他.新・心臓病診療プラクティス「大人になった先天性心疾患」 
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 3月
    文光堂,東京 
  • / Vol.1 No.1 110-115
  • 29

  • Ⅳ成人期の先天性心疾患の治療 カテーテル治療 1)カテーテルインターベンション ②動脈管開存.新・心臓病診療プラクティス「大人になった先天性心疾患」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 3月
    須田憲治 文光堂,東京
  • / Vol.1 No.1 106-109
  • 30

  • Ch 63. Kawasaki disease in Pediatric Cardiovascular Medicine, 2nd ed. .
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 3月
    Kato H & Suda K, Wiley-Blackwell Publishing Ltd, West Sussex, UK
  • / Vol.1 No.1 919-936
  • 31

  • Persistent coronary arterial inflammation in a patient long after the onset of Kawasaki disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 1月
    International Journal of Cardiology
  • / Vol.154 No.2 193-194
  • 32

  • Increased plasma type B natriuretic peptide in the acute phase of Kawasaki disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年10月
    Pediatr Int.
  • / Vol.53 No.5 736-741
  • 33

  • Long-term prognosis of patients with Kawasaki disease complicated by giant coronary aneurysms: a single-institution experience.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    Circulation
  • / Vol.123 No.17 1836-1842
  • 34

  • Microembolic signals measured by transcranial Doppler during transcatheter closure of atrial septal defect using the Amplatzer septal occluder.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 4月
    Cardiol Young
  • / Vol.21 No.2 182-186
  • 35

  • Repair of left coronary artery ostial isolation caused by aortic valve leaflet.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年12月
    Interact Cardiovasc Thorac Surg
  • / Vol.11 No.6 796-797
  • 36

  • Entrapment of the left coronary artery ostium by the aortic valve leaflet, promoting myocardial ischemia.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年11月
    J Am Coll Cardiol.
  • / Vol.56 No.20 1679
  • 37

  • Stanford type B aortic dissection associated with pregnancy in patients with Marfan syndrome. – A case report and review of the literature –.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 6月
    J Cardiol Cases
  • / Vol.1 180-183
  • 38

  • 巨大冠動脈瘤:自然歴
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 7月
    小児科臨床ピクシス9 川崎病のすべて 中山書店
  • / 137-138
  • 39

  • A Multi-center and retrospective case study of warfarin and aspirin combination therapy in patients with giant coronary aneurysms caused by Kawasaki disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 7月
    Circ J
  • / Vol.73 1319-1323
  • 40

  • Portal-systemic encephalopathy after a Fontan-type operation in patient with polysplenia syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 6月
    Eur J Cardiovasc Surg
  • / Vol.35 No.6 1083-1085
  • 41

  • Intermittent heparin infusion in small children with ischemic heart disease caused by Kawasaki disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    Int J Cardiol
  • / Vol.133 No.3 417-419
  • 42

  • Progressive left coronary ostial stenosis after rotablator ablation appreciated by Doppler echocardiography.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Pediatric Cardiology
  • / Vol.30 No.1990-1
  • 43

  • Transcatheter coil embolization for patent ductus arteriosus in the elderly: Report of a case and review of the published work.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Geriatric Gerontology International
  • / Vol.9 No.329-32
  • 44

  • Impact of intravenous Immunoglobulin Infusion on longitudinal left ventricular performance in patients with acute Kawasaki disease of usual course.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Journal of Cardiology
  • / Vol.54 No.45-51
  • 45

  • 抗血栓療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年
    小児内科 特集 川崎病:最近の進歩と課題
  • / Vol.41 113-115
  • 46

  • Cardiovascular Evaluation of Fetal Anemia due to Alloimmunization.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 8月
    Fetal Diagn Ther.
  • / Vol.24 No.3 197-202
  • 47

  • Pitfalls of echocardiographic evaluation of anomalous origin of the left coronary artery from the pulmonary trunk.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 7月
    Cardiol Young
  • / Vol.18 No.4 1-2
  • 48

  • Multi-detector computed tomographic imaging of left pulmonary arterial stenosis after occlusion of the patent arterial duct with a coil.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 6月
    Cardiol Young
  • / Vol.18 No.3 356-7
  • 49

  • Usefulness of higt-concentration calcium chloride solution for correction of activated partial thromboplastin time (APTT) in patients with high-hematocrit value.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 6月
    Thrombosis research
  • / Vol.121 No.6 781-5
  • 50

  • 冠動脈瘤に対する抗血栓療法.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 2月
    日本臨床 川崎病
  • / Vol.66 No.2 355-359
  • 51

  • 先天性心疾患のカテーテルインターベンション(ASDを含む).
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 1月
    第2部特集 コラボレーションが進む 先天性心疾患の治療.Circulation up-to-date
  • / Vol.3 No.1 69-82
  • 52

  • 冠動静脈瘻
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年
    小児疾患診療のための病態生理 小児内科増刊号
  • / Vol.40 221-224
  • 53

  • Effect of Japanese diagnostic criteria revision in Kawasaki disease for treatment and cardiovascular outcome.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年11月
    Circulaiton Journal
  • / Vol.71 No.11 1791-1793
  • 54

  • Emergency stent implantation into obstructed inferior caval vein in a patient with heterotaxy and anomalous hepatic venous drainage.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 2月
    Pediatrics International
  • / Vol.49 No.2 251-252
  • 55

  • 心臓病学
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年
    ハリエットレーンハンドブック ジョンズ・ホプキンズ病院小児科レジデントマニュアル メディカル・サイエンス・インターナショナル
  • 56

  • ハリエットレーンハンドブック-ジョンズ・ホプキンズ小児病院レジデントマニュアル
  • 単行本 / 監訳 / 2007年
    メディカルサイエンスインターナショナル
  • 57

  • 冠動脈瘻に対するコイル塞栓術の検討.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 9月
    日本小児循環器学会雑誌
  • / Vol.22 No.5 531-538
  • 58

  • Prediction of resistance to intravenous immunoglobulin treatment in patients with Kawasaki disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 8月
    J Pediatrics
  • / Vol.149 No.2 237-240
  • 59

  • Comparison of efficacy of medium-sized cutting balloons - vs - standard balloon for dilation of peripheral pulmonary stenosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 7月
    Am J Cardiol
  • / Vol.97 No.7 1060-1063
  • 60

  • Annual Review 循環器 2006: 心房中隔欠損のカテーテル治療.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年 1月
    中外医学社
  • / 322-332
  • 61

  • 胎児心エコー検査はどのような疾患を診断できるのでしょうか?  
  • その他 / 単著 / 2005年12月
    小児内科
  • / Vol.37 No.12 1589-1591
  • 62

  • Long-Term Prognosis of Kawasaki Syndrome with Giant Coronary Aneurysms is Acceptable with Multiple Catheter and Surgical Interventions.
  • その他 / 共著 / 2005年11月
    American Heart Association 2005
  • 63

  • Steroid Pulse Therapy as an Alternative to the Second Dose of Gamma Globulin in Kawasaki Syndrome.
  • その他 / 2005年11月
    American Heart Association 2005
  • 64

  • キャリーオーバーが問題となる主な疾患 川崎病.特集 小児難治性疾患のキャリーオーバーと成育医療-日常生活がより豊かになるために-
  • その他 / 共著 / 2005年 9月
    小児看護
  • / Vol.28 No.9 1126-1130
  • 65

  • Alleviation of hemolysis after the stent implantation into an obstructed extra-cardiac conduit
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    Int J Cardiol
  • / Vol.99 No.1 135-136
  • 66

  • Stent implantation into vertical arterial duct in adult patient with cyanotic congenital heart disease..
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 1月
    Ann Thorac Surg
  • / Vol.79 No.1 e5-6
  • 67

  • Shunt Obstruction after an air travel in adult patient with cyanotic congenital heart disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 1月
    Cardiology
  • / Vol.103 No.1 142
  • 68

  • Hemoptysis from collateral arteries 12 years after a Fontan-type operation.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 1月
    Ann Thorac Surg
  • / Vol.79 No.1 e7-8
  • 69

  • Increased vascular endothelial growth factor in patients with cyanotic congenital heart diseases may not be normalized after a Fontan type operation.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 9月
    Ann Thorac Surg
  • / Vol.78 No.3 942-946
  • 70

  • Recanalization of occluded modified Blalock-Taussig shunt using topical recombinant tissue plasminogen activator with balloon angioplasty.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 6月
    Cardiol Young
  • / Vol.14 No.3 322-323
  • 71

  • Reversible Atrioventricular conduction disturbances associated with closure of atrial septal defects using the Amplatzer device.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 5月
    J Am Coll Cardiol
  • / Vol.43 No.9 1677-1682
  • 72

  • Balloon dilation of the stenotic fifth aortic arch in a newborn with double-lumen aortic arch.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 3月
    Heart
  • / Vol.90 No.3 245
  • 73

  • Myotonic dystrophy presented by atrial flutter in a school child.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 2月
    Cardiol Young
  • / Vol.14 No.2 89-92
  • 74

  • 胎児心エコーの心血行動態を知る。
  • その他 / 単著 / 2004年 1月
    心エコー
  • / Vol.15 114-123
  • 75

  • Correlation of echocardiographic parameters and severity of fetal anemia due to alloimmunization.
  • その他 / その他 / 2003年10月
    The Canadian Cardiovascular Congress 2003. Toronto, Canada
  • 76

  • Clinical implication of Plasma natriuretic peptides in children with ventricular septal defect.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 6月
    Pediatr Int.
  • / Vol.45 No.3 249-254
  • 77

  • Activated renin-aldosterone-angiotensin system in pediatric patients with ventricular septal defect.
  • その他 / その他 / 2003年 5月
    38th Annual meeting. The Association for European Paediatric Cardiology. May 28 -31, 2003, Amsterdam, Netherlands.
  • 78

  • Transcatheter occlusion of patent ductus arteriosus using tornado platinum coils.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 2月
    Pediatr Int.
  • / Vol.45 No.1 45-48
  • 79

  • 動脈管塞栓後のプラチナコイルのRetraction.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 2月
    心臓
  • / Vol.35 685-689
  • 80

  • Kawasaki disease complicated by cerebral infarction.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 2月
    Cardiol Young
  • / Vol.13 No.1 103-105
  • 81

  • Echocardiographic Evaluation of Fetal Hydrothorax: The Effusion Ratio as a Diagnostic Tool.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 1月
    Ultrasound Obstet Gynecol
  • / Vol.21 37-40
  • 82

  • Atrioventricular conduction disturbances associated with closure of atrial septal defects using the Amplatzer device.
  • その他 / その他 / 2002年11月
    Annual Meeting of the American Heart Association, Chicago, IL, USA.
  • 83

  • 著明な心拡大と心機能低下を呈した6ヶ月女児の大動脈縮窄に対する経皮的バルーン拡大術。
  • 雑誌 / 共著 / 2002年10月
    心臓
  • / Vol.34 681-685
  • 84

  • Increased vascular endothelial growth factor in patients with cyanotic congenital heart disease may not be normalized after Fontan type operation.
  • その他 / その他 / 2002年 3月
    Annual Meeting of the American College of Cardiology, Atlanta, GA, USA.
  • 85

  • Echocardiographic Features of hydropic and non-hydropic fetuses with pleural effusion
  • その他 / 2001年 5月
    The 3rd World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery,, Toronto, Canada
  • 86

  • 1 川崎病の経過中に肝性脳症を発症した1例。
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 5月
    日本小児科学会雑誌
  • / Vol.105 No.2 123-126
  • 87

  • Plasma natriuretic peptides in children with ventricular septal defect.
  • その他 / 2001年 5月
    The 3rd World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery, Toronto, Canada.
  • 88

  • Extremely high plasma BNP (>= 1000pg/ml) indicates need for early intervention in children with cardiac disease.
  • その他 / その他 / 2001年 5月
    The 3rd World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery, May 27-31, 2001, Toronto, Canada.
  • 89

  • Transcatheter occlusion of patent ductus arteriosus using tornado platinum coils.
  • その他 / 2001年 5月
    The 3rd World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery,, Toronto, Canada.
  • 90

  • 1 右室流出路再建に使用したMonocusp ventricular outflow patchの遠隔成績。
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 5月
    胸部外科
  • / Vol.53 853-856
  • 91

  • Unsuccessful hepatic conversion for pulmonary arteriovenous malformations after total cavopulmonary shunt placement
  • その他 / 2001年 5月
    The 3rd World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery,, Toronto, Canada.
  • 92

  • Angiogenic factors in patients with congenital heart disease.
  • その他 / 2001年 3月
    Annual Meeting of the American College of Cardiology Orland, Fl, USA
  • 93

  • Transcatheter coil closure of large patent ductus arteriosus with 0.052-inch Gianturco coils using myocardial biopsy forceps in a 70-year-old woman.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 2月
    Jpn J Thorac Cardiovasc Surg
  • / Vol.49 No.6 381-383
  • 94

  • Echocardiographic predictors of outcome in newborns with congenital diaphragmatic hernia
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 5月
    Pediatrics
  • / Vol.105 No.5 1106-1109

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp