久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 辻丸 秀策の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • DSM-5における成人期ADHDの臨床的特性と文献的考察
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 3月
    久留米大学文学部紀要 社会福祉学科編
  • / Vol.17.18 No.1 39-45
  • 2

  • 「子どもの貧困」に対する市民の意識
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 3月
    長崎国際大学 論叢
  • / Vol.17 175-182
  • 3

  • 統合失調症の新しい診断・統計マニュアルDSM-5についての臨床的詳解と批判的検討
  • 雑誌 / 単著 / 2016年 3月
    比較文化研究
  • / Vol.50 No.1 21-34
  • 4

  • 大学生による学習支援が小学生に及ぼす短期的効果-小学生のQOLに関する基礎的研究-
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 3月
    久留米大学文学部紀要 社会福祉学科編
  • / Vol.16 1-12
  • 5

  • 成年後見人制度の第三者後見人と医療における同意についての研究
  • 雑誌 / 単著 / 2014年 3月
    久留米大学比較文化年報
  • / 65-77
  • 6

  • 気分障害のある人の日常生活・社会復帰支援 事例65
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 4月
    ソーシャルワーク演習のための88事例-実践につなぐ理論と技術を学ぶ  中央法規出版
  • / 149
  • 7

  • 慢性覚せい剤中毒と妄想型統合失調症の類似性と異種性に関する臨床精神医学的研究
  • 雑誌 / 単著 / 2013年 3月
    久留米大学比較文化年報
  • / 1-10
  • 8

  • スクールソーシャルワークにおける精神保健福祉士の専門的援助  児童思春期精神医学
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 6月
    スクールソーシャルワーク入門  へるす出版
  • / 53-75
  • 9

  • スクールソーシャルワークにおける精神保健福祉士のアセスメント   精神医学的アセスメント
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 6月
    スクールソーシャルワーク入門  へるす出版 東京
  • / 106-139
  • 10

  • アルコール症の精神症状と臨床診断学的研究
  • 雑誌 / 単著 / 2012年 3月
    久留米大学比較文化年報
  • / Vol.21 No.1 107-131
  • 11

  • 大学と保健福祉
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年 3月
    大学と健康生きがいのあるまちづくり   久留米大学比較文化研究所
  • / 63-82
  • 12

  • Emotional Intelligence Scale (EQS)の併存的妥協性の検証
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 3月
    比較文化研究
  • / 15-19
  • 13

  • 福祉系大学生の職業選択に対する意識調査
  • 雑誌 / 共著 / 2011年12月
    久留米大学健康・スポーツセンター研究紀要
  • / 44-51
  • 14

  • 遺言者死亡後に行われた意思能力をめぐる精神鑑定
  • 雑誌 / 単著 / 2011年 3月
    久留米大学比較文化年報
  • / Vol.20 No.1 1-39
  • 15

  • 精神保健福祉士の相談記録の書き方
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 9月
    こころの科学
  • / Vol.153 No.9 31-36
  • 16

  • 中学生に対するアンガーマネジメントプログラムの実施とその効果の測定 ~POMS短縮版を用いた気分変化の検証を中心に~
  • 雑誌 / 共著 / 2009年11月
    久留米大学健康・スポーツ科学センター研究
  • / Vol.17
  • 17

  • Traumatic responses of Japanese psychiatric nurses in the work place
  • その他 / 共同発表 / 2009年
    The International Society for Traumatic Stress Studies 25th Annual Meeting, Atlanta,USA
  • 18

  • 学校災害-PTSD患者に対する後方視的研究-
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 4月
    精神科治療学
  • / Vol.23 No.7 865-875
  • 19

  • 精神保健福祉援助実習における学習生の援助感の遷移
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 4月
    久留米大学健康・スポーツ科学センター研究
  • / Vol.2007 No.15 47-55
  • 20

  • 精神科臨床現場における被害者・被災害支援者の現状と課題
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 4月
    精神医学
  • / Vol.50 No.5 455-464
  • 21

  • 若者の「子育て観」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年
    子供の福祉-現代社会を写す鏡 東京 五絃社
  • / 153-164
  • 22

  • 精神保健福祉現場実習における学生の心理的変化に関する研究 ~実習前・中・後での測定結果の比較から~
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    久留米大学文学部紀要社会福祉学科編
  • / Vol.7
  • 23

  • 社会福祉学科専攻大学生と看護学科専攻学生の子育てイメージ比較
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.6
  • 24

  • 視覚教材(VTR)の視聴による精神科医療に対するイメージの変化 ~精神保健福祉士養成課程と栄養士養成課程の学生を比較して~
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    久留米大学文学部紀要社会福祉学科編
  • / Vol.7
  • 25

  • 実習生の自尊感情とセルフ(自己)イメージとの関係について ~精神保健福祉現場実習前後からの検討~
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    久留米大学文学部紀要社会福祉学科編
  • / Vol.7
  • 26

  • 精神保健福祉現場実習における自己イメージの構造とその影響要因
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    久留米大学文学部紀要社会福祉学科編
  • / Vol.6
  • 27

  • 久留米市近郊の高速道路サービスエリアにおける障害者専用駐車場の使用に関する研究
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    久留米大学文学部紀要社会福祉学科編
  • / Vol.7
  • 28

  • 社会福祉学科専攻大学1・2年生と3・4年生の子育てイメージ比較
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    久留米大学文学部紀要社会福祉学科編
  • / Vol.7
  • 29

  • 精神保健福祉現場実習における学生の気分状態とその変化に関する研究
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    精神保健福祉
  • / Vol.38
  • 30

  • 精神科看護師が職場で被るトラウマ反応
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    精神医学
  • / Vol.49
  • 31

  • 社会福祉学生の疾患に対する認識 ~身体疾患と精神疾患の比較から~
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.6
  • 32

  • 消防隊員のメンタルヘルスについての実態調査報告
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 3月
    久留米大学文学部紀要社会福祉学科編 第6号
  • / Vol.6
  • 33

  • 福祉学生の対象者別イメージ比較~ホームレスと精神障害者イメージ~
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 3月
    久留米大学文学部紀要社会福祉学科編
  • / Vol.6
  • 34

  • 精神保健福祉現場実習における精神障害者イメージとストレス感情との関連性
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 3月
    久留米大学心理学研究第5号
  • / Vol.5
  • 35

  • 精神保健福祉現場実習における実習ストレスと対処行動について
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 3月
    久留米大学健康・スポーツ科学センター 研究紀要
  • / Vol.13
  • 36

  • 福祉専門職(PSW)教育における「医療現場と大学の協働」と「卒後教育ニーズと大学の支援」について
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 3月
    精神神経学雑誌 第108巻第8号
  • / Vol.108 No.8
  • 37

  • 精神保健福祉現場実習における実習生の気分変化と対処行動との関係
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 3月
    久留米大学健康・スポーツ科学センター 研究紀要 
  • / Vol.14
  • 38

  • Images of psychiatric medicine which had by students majoring psychiatric social work-The relation between the changes of the images. After watching a VTR program and impressive scenes of the program.
  • その他 / 共同発表 / 2006年
    The 9th International Congress of Behavioral Medicine,Bangkok,Thailand
  • 39

  • The comparison of images of nurturing between junior college students in nutritional science dept and professional high school students in nursing science dept
  • その他 / 共同発表 / 2006年
    the 9th International Congress of Behavioral Medicine,Bangkok,Thailand
  • 40

  • 福祉専門職(PSW)教育における「医療現場と大学の協働」と「卒後教育ニーズと大学の支援」について
  • その他 / 共同発表 / 2006年
    第102回日本精神神経学会シンポジューム
  • 41

  • Image-building and stress during the practice in institute for the certified psychiatric social worker in Japan
  • その他 / 共同発表 / 2006年
    The 20th ,World Association for Psychosocial Rehabilitation,Athens,Greece
  • 42

  • 病的悲嘆はPTSDといい得るか
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    精神医学
  • / Vol.47 No.3 305-312
  • 43

  • アルコール症の季節性に関する研究
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    日本アルコール精神医学雑誌
  • / Vol.11 No.2 5-14
  • 44

  • 「精神医学」受講における学生の精神障害者イメージの変化
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    久留米大学文学部社会福祉学科編
  • / Vol.5 37-46
  • 45

  • 精神保健福祉士の新人教育の現状と大学の役割
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    久留米大学文学部社会福祉学科
  • / Vol.5 69-77
  • 46

  • 患者家族と一般家族の統合失調症に対する社会的距離とイメージ
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    久留米大学文学部社会福祉学科
  • / Vol.5 57-67
  • 47

  • ホームレス支援における福祉的アプローチの意義
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    久留米大学文学部社会福祉学科
  • / Vol.5 47-56
  • 48

  • 中学生の相談ニーズとイメージとの関連性について
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    久留米大学文学部社会福祉学科編
  • / Vol.5 27-35
  • 49

  • 精神科看護職のバーンアウトについて-他職種との比較から-
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.4 127-134
  • 50

  • 看護職者に生じる悲嘆反応と対処行動
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.3 99-112
  • 51

  • 人質事件からみるトラウマの諸問題
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 3月
    久留米大学文学部社会福祉学科
  • / Vol.4 17-28
  • 52

  • 不妊治療に伴う心理的葛藤とソーシャルサポート-不妊治療2症例を通して-
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 3月
    久留米大学文学部社会福祉学科
  • / Vol.4 29-34
  • 53

  • 死別の予期と他者への相談が死別後の悲嘆反応と対処行動に与える影響-一般成人を対象として-
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 3月
    久留米大学比較文化年報
  • / Vol.13 127-150
  • 54

  • 「精神障害」イメージの諸相-福祉学生を対象として-
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 3月
    久留米大学比較文化年報
  • / Vol.13 127-150
  • 55

  • 多様化する多文化間ストレスと比較・社会精神医学-久留米大学病院における過去19年間の外国人受診者の動向と比較文化精神医学およびメンタルヘルスに関する研究-
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 3月
    久留米大学比較文化年報
  • / Vol.12 1-24
  • 56

  • 痴呆高齢者グループホームの現状と課題
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 3月
    久留米大学文学部社会福祉学科
  • / Vol.3 49-55
  • 57

  • 精神分裂病から統合失調症へ
  • その他 / 単著 / 2003年
    久留米大学心理相談室紀要
  • 58

  • ガン患者の抑うつと不安について-自己評価尺度をもちいて-
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.1 47-52
  • 59

  • 言語性幻聴の日内変動と時間治療学的アプローチ
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 3月
    久留米大学文学部社会福祉学科
  • / Vol.第1,2 24-29
  • 60

  • 長期入院中のアルコール依存症に対する園芸療法の心理効果
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.1 53-60
  • 61

  • Neuroendocriology of depressive patients.
  • その他 / 共同発表 / 2002年
    25th International Congress of Stress. Edinburgh
  • 62

  • 分裂病者の背景因子と覚醒水準-光眼輪筋反射による分裂病者の日内覚醒水準変動から-
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 3月
    久留米大学心理学研究
  • / Vol.1 36-46
  • 63

  • てんかん患者の自動車運転状況と交通事故との関連性-外来通院てんかん患者512名の分析から-
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 3月
    久留米大学文学部社会福祉学科編 第1,2巻
  • / Vol.第1,2 15-21
  • 64

  • Plasma HVA, MHPG in Depressive Patientys
  • その他 / 共同発表 / 2001年
    European Congress of the World Psychiatric Association Madrid
  • 65

  • The effects of prenatal stress on the circadian rhythm of adrenocortical hormone secretion in rats.
  • その他 / 共同発表 / 2001年
    European Congress of the World Psychiatric Association Madrid
  • 66

  • フルマ酸クエチアピンの治療抵抗性精神分裂病に対する臨床効果
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 2月
    臨床精神薬理
  • / Vol.2 653−668
  • 67

  • Correlation between immunodys function and stress by alchol withdrawal symptoms.
  • その他 / 共同発表 / 2000年
    38th International Congress on Alchol, Drugs and other Dependencies, Vienna.
  • 68

  • Dysfunction of HPA system and immnosystem after alcohol withdrawal.
  • その他 / 共同発表 / 2000年
    22th C.I.N.P. Congress Brussels
  • 69

  • ノースウエスタン大学Turek Lab
  • その他 / 単著 / 1999年
    日本時間生物学雑誌
  • / 52-55
  • 70

  • Decreased testosterone levels in alcoholics after abstinence: association with withdrawal symptoms.
  • その他 / 共同発表 / 1998年
    21st Congress of Collegium Internatinale Neuro-Psychopharmacologicum, Glasgow.
  • 71

  • Age-related changes in the effects of lithium carbonate and/or clomipramine HCL on the circadian free-running period in rats.
  • その他 / 共同発表 / 1998年
    21st Congress of Collegium Internatinale Neuro-Psychopharmacologicum, Glasgow.
  • 72

  • The phase-shifting effects of D1 antagonist (SCH-23390) on circadian activity rhythm.
  • その他 / 共同発表 / 1997年
    6th World Congress of Biological Psychiatry, Nice
  • 73

  • The effects of different doses of ethanol on the circadian rhythms of locomotor activity in rats.
  • その他 / 共同発表 / 1997年
    6th World Congress of Biological Psychiatry, Nice
  • 74

  • Effects of immobilization on re-entrainment of circadian locomotor activity in rats.
  • その他 / 共同発表 / 1997年
    6th World Congress of Biological Psychiatry, Nice
  • 75

  • The role of dopamine system in the striatum on the light pulse induced PRCs.
  • その他 / 共同発表 / 1996年
    20th Congress of Collegium Internatinale Neuro-Psychopharmacologicum, Melbourne
  • 76

  • 生体リズムに及ぼすストレスの影響とその意義
  • その他 / 共同発表 / 1996年
    第17回生物学的精神医学会シンポジュウム。 大阪
  • 77

  • アルコール症による生体リズム破壊の神経機構
  • その他 / 単著 / 1996年
    健康科学振興財団研究成果報告書
  • 78

  • The effects of ethanol on the circadian rhythms of locomotor activity and body temperature in rats.
  • その他 / 共同発表 / 1996年
    20th Congress of Collegium Internatinale Neuro-Psychopharmacologicum, Melbourne
  • 79

  • ストレスによる生体リズム破壊の神経機構
  • その他 / 単著 / 1995年
    科学研究費研究成果報告書
  • 80

  • Effects of vitamin B12 on the lithium carbonate-induced prolongation of free-running period in rat circadian rhythms.
  • その他 / 共同発表 / 1994年
    20th Congress of Collegium Internatinale Neuro-Psychopharmacologicum, Melbourne
  • 81

  • Stress-induced phase-shifts in the locomotor activity rhythm and increases in noradrenaline turnover in the locus coeruleus region.
  • その他 / 共同発表 / 1994年
    20th Congress of Collegium Internatinale Neuro-Psychopharmacologicum, Melbourne
  • 82

  • メチルB12の臨床効果と作用機序の研究
  • 単行本 / 分担執筆 / 1993年
    睡眠・覚醒リズム障害 インターメッド 東京
  • 83

  • アルコール症と生体リズム
  • その他 / 単著 / 1992年
    文部省科学研究費研究報告書
  • 84

  • ビタミンB12のラット活動リズム再同調促進作用
  • その他 / 共同発表 / 1992年
    第5回臨床時間生物学会シンポジュウム。東京
  • 85

  • Alcohol-induced hyperactivity of hypothalamic-pituitary-adrenal function: reversal after ethanol withdrawal.
  • その他 / 共同発表 / 1992年
    18th Congress of Collegium Internatinale Neuro-Psychopharmacologicum, Nice
  • 86

  • The phase-shifting effects of ethanol on the circadian rhythm of locomotor activity in rats.
  • その他 / 共同発表 / 1991年
    5th World Congress of Biological Psychiatry, Florence
  • 87

  • Effects of acute and chronic alcohol ingestions on hypothalamic-pituitary-adrenal and gonadal systems in human subjects.
  • その他 / 共同発表 / 1991年
    5th World Congress of Biological Psychiatry, Florence
  • 88

  • Effects of acute alcohol ingestion on ACTH and cortisol response to human-CRH administration in human normal subjects.
  • その他 / 共同発表 / 1991年
    5th World Congress of Biological Psychiatry, Florence
  • 89

  • The facilitating effects of vitamin B12 on the re-entrainment of body temperature and rest-activity to new light-dark cycle.
  • その他 / 共同発表 / 1991年
    5th World Congress of Biological Psychiatry, Florence
  • 90

  • Circadian variation in the responses of plasma ACTH, β-endorphin and cortisol to human CRH in normal men.
  • その他 / 共同発表 / 1990年
    17th Congress of Collegium Internatinale Neuro-Psychopharmacologicum, Kyoto
  • 91

  • Circadian variation of brain noradrenaline turnover in the rat exposed to stress.
  • その他 / 共同発表 / 1990年
    17th Congress of Collegium Internatinale Neuro-Psychopharmacologicum, Kyoto
  • 92

  • Effects of ethanol on circadian rhythms of spontaneous locomotor activity in blind rats.
  • その他 / 共同発表 / 1990年
    17th Congress of Collegium Internatinale Neuro-Psychopharmacologicum, Kyoto
  • 93

  • Effects on acute and chronic treatment with ethanol on circadian rhythms of spontaneous locomotor activity in blind rats.
  • その他 / 共同発表 / 1986年
    The first international conference on higher nervous functions, Osaka
  • 94

  • FG 7142-induced increases in dopamine and DOPAC levels in the locus coeruleus region depends upon noradrenergic activity.
  • その他 / 共同発表 / 1986年
    The first international conference on higher nervous functions, Osaka.

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp