久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 東元 祐一郎の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • FGF23はHepcidin-Ferroportin鉄代謝制御系に影響を与えるか
  • その他 / 共同発表 / 2020年11月
    第65回日本透析医学会学術集会総会
  • 2

  • Association of advanced glycation end products with sarcopenia and frailty in chronic kidney disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 9月
    Sci. Rep.
  • / Vol.10 No.1 17647-17659
  • 3

  • Fibroblast growth factor 23 contributes to regulation of hepcidin/ferroportin axis.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 8月
    Austin J. Pharmacol. Ther.
  • / Vol.8 No.1 1-5
  • 4

  • Erythropoiesis stimulating agents are associated with serum fibroblast growth factor 23 metabolism in patients on hemodialysis
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 6月
    Clin. Kidney J.
  • / Vol.sfaa042 1-7
  • 5

  • Heparin and Amyloid β2-Microglobulin
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 4月
    Int. J. Clin. Case Rep.
  • / Vol.2 No.2 1-4
  • 6

  • Glyceraldehyde-derived pyridinium evokes tubular cell damage via RAGE interaction.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 4月
    Int. J. Mol. Sci.
  • / Vol.21 2604-7
  • 7

  • フルクトース由来終末糖化産物のアプタマーはフルクトースが引き起こす内皮細胞障害を抑制しうる
  • その他 / 共同発表 / 2019年12月
    第42回日本分子生物学会
  • 8

  • マウス皮下に移植した悪性黒色腫の増殖は終末糖化産物(AGE)及びその受容体(RAGE)のDNAアプタマーにより抑制しうる
  • その他 / 共同発表 / 2019年12月
    第42回日本分子生物学会年会
  • 9

  • Long-term local injection of RAGE-aptamer suppresses the growth of malignant melanoma in nude mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 9月
    J. Oncol.
  • / Vol.2019 No.387601 1-10
  • 10

  • Aptamer raised against receptor for advanced glycation end products (RAGE) improves survival rate in septic mice
  • その他 / 共同発表 / 2019年 9月
    32nd International Symposium on Pediatric Surgical Research
  • 11

  • Fructose causes endothelial cell damage via activation of advanced glycation end products-receptor system.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 8月
    Diabet. Vasc. Dis. Res.
  • / Vol.2019 1-6
  • 12

  • 終末糖化産物(AGE)及びその受容体(RAGE)をターゲットとしたDNAアプタマーは動物モデルの悪性黒色腫の増殖を抑制する
  • その他 / 共同発表 / 2019年 5月
    第5回日本核酸医薬学会年会
  • 13

  • 発現相関遺伝子群による包括的な遺伝子機能推定法の開発
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    第41回日本分子生物学会年会
  • 14

  • 終末糖化産物受容体(RAGE)アプタマーは動物の糖尿病腎症の発症・増悪と悪性黒色腫の増殖・転移を阻害する
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    第41回日本分子生物学会年会
  • 15

  • Cellulose-derived charcoal binds to glyceraldehyde-driven advanced glycation end products in vitro
  • 雑誌 / 共著 / 2018年10月
    Diabetes Frontier Online
  • / Vol.5 e1-8
  • 16

  • 発現相関遺伝子群による遺伝子の影響範囲推定法の開発
  • その他 / 共同発表 / 2018年 9月
    第7回生命医薬情報学連合大会
  • 17

  • Crucial Role of RAGE in Inappropriate Increase of Smooth Muscle Cells from Patients with Pulmonary Arterial Hypertension.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 9月
    PLOS One
  • / Vol.13 No.9 1-11
  • 18

  • 血清エリスロフェロンの測定系の確立とヘプシジンとの相関
  • その他 / 招待講演 / 2018年 8月
    医療法人翠悠会研究セミナー
  • 19

  • Amyloid β2-Microglobulin
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 8月
    J. Clin. Exp. Nephrol.
  • / Vol.3 1-2
  • 20

  • Advanced glycation end products evoke inflammatory reactions in proximal tubular cells via autocrine production of dipeptidyl peptidase-4
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 8月
    Microvasc. Res.
  • / Vol.120 90-93
  • 21

  • Selection of DNA Aptamer that Block the Fibrillogenesis of a Proteolytic Amyloidogenic Fragment of β2m (ΔN6β2m)
  • その他 / 共同発表 / 2018年 7月
    第4回日本核酸医薬学会年会
  • 22

  • マイクロアレイのメタ解析による遺伝子の持つ機能範囲の推定
  • その他 / 共同発表 / 2018年 7月
    平成30年度日本生化学会九州支部例会
  • 23

  • 終末糖化産物受容体(RAGE)アプタマーは動物モデルの糖尿病性腎症の発症・憎悪、悪性黒色腫の増殖・転移を抑制する
  • その他 / 共同発表 / 2018年 7月
    第4回日本核酸医薬学会年会
  • 24

  • DNA aptamer raised against the C-terminal domain of β2-microglobulin inhibits the fibrillogenesis of ⊿N6β2m
  • その他 / 共同発表 / 2018年 3月
    The XVIth International Symposium on Amyloidosis
  • 25

  • Selection of DNA aptamer that blocks the fibrillogenesis of a proteolytic amyloidogenic fragment of β2m
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 2月
    Ther. Apher. Dial.
  • / Vol.22 No.1 61-66
  • 26

  • RAGE-aptamer attenuates deoxycorticosterone acetate/salt-induced renal injury in mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 2月
    Sci.Rep.
  • / Vol.8 No.1 2686-2698
  • 27

  • マイクロアレイのメタ解析による色素上皮由来因子PEDFの関連遺伝子探索
  • その他 / 共同発表 / 2017年12月
    2017年度生命科学系学会合同年次大会
  • 28

  • 変異型β2ミクログロブリン(ΔN6β2m)特異的DNAアプタマーによるアミロイド凝集抑制効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年12月
    2017年度生命科学系学会合同年次大会
  • 29

  • RAGE-aptamer inhibits the growth and liver metastasis of melanoma in nude mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年11月
    Mol. Med.
  • / Vol.23 295-306
  • 30

  • 核酸アプタマーのスクリーニングと医薬診断薬としての可能性
  • その他 / 招待講演 / 2017年 8月
    東邦大学医学部微生物・感染症学講座セミナー
  • 31

  • The clinical application of nucleic acids aptamers
  • その他 / 単著 / 2017年 7月
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.80 No.6 165-174
  • 32

  • 血清中のエリスロフェロンの測定と夾雑物質の有無
  • その他 / 招待講演 / 2017年 7月
    医療法人翠悠会研究セミナー
  • 33

  • RAGE-aptamer Blocks the Development and Progression of Experimental Diabetic Nephropathy.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 6月
    Diabetes
  • / Vol.66 No.6 1683-1695
  • 34

  • Methylglyoxal-derived hydroimidazolone-1 evokes inflammatory reactions in endothelial cells via an interaction with RAGE.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 5月
    Diabetes Vasc. Dis. Res.
  • / Vol.1 1-4
  • 35

  • Phytochemicals against advanced glycation end products (AGEs) and the receptor system.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 4月
    Curr. Pharm. Des.
  • / Vol.23 No.8 1135-1141
  • 36

  • N-butanol extracts of noni suppress advanced glycation end products (AGEs)-induced inflammatory and thrombotic reactions in endothelial cells through its anti-oxidative properties.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 3月
    BMC Complement Altern Med.
  • / Vol.17 No.1 137
  • 37

  • 変異型β2ミクログロブリン特異的アプタマーによる透析アミロイド―シスの抑制効果
  • その他 / 招待講演 / 2017年 3月
    第3回 アプタマー勉強会
  • 38

  • Phosphorylation of clustered serine residues in the N-terminus of BPS domain negatively regulates formation of the complex between human Grb14 and insulin receptor.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 1月
    J. Biochem.
  • / Vol.162 113-122
  • 39

  • Influence of heparin molecular size on the induction of C-terminal unfolding in β2-microglobulin
  • 雑誌 / 共著 / 2016年12月
    Mol. Biol. Res. Commun
  • / Vol.5 No.4 224-231
  • 40

  • AGEアプタマーはバルーンにより損傷したラット頚動脈中における新生血管内膜の過形成を抑制する
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    第2回日本核酸医薬学会年会
  • 41

  • 終末糖化産物受容体(RAGE)のDNAアプタマーはラットの糖尿病腎症を改善する
  • その他 / 共同発表 / 2016年 9月
    第89回日本生化学会大会
  • 42

  • Protective Role of PEDF-Derived Synthetic Peptide against Experimental Diabetic Nephropathy.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 8月
    Horm Metab Res.
  • / Vol.48 No.9 613-619
  • 43

  • β2-ミクログロブリンの折り込み障害
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 7月
    腎と骨代謝
  • / Vol.29 No.3 207-215
  • 44

  • エリスロフェロン測定系での⾎清中夾雑タンパクの影響
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    第61回日本透析医学会学術集会・総会
  • 45

  • RAGE-DNA aptamerはAGEs-RAGE系を抑制しMR活性腎障害を改善する
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    第59回日本腎臓学会学術総会
  • 46

  • RAGE-DNA APTAMER IMPROVES MR-ASSOCIATED RENAL INJURY THROUGH RAC1-MEDIATED MR ACTIVATION
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    第53回欧州腎臓学会・欧州透析移植学会
  • 47

  • AGEアプタマーのバルーン障害後血管リモデリングに対する効果
  • その他 / 共同発表 / 2016年 3月
    第89回日本薬理学会年会
  • 48

  • AGEアプタマーはバルーンにより損傷したラット頚動脈中における新生血管内膜の過形成を抑制する
  • その他 / 共同発表 / 2015年12月
    第88回日本生化学会大会(BMB2015)
  • 49

  • グリセルアルデヒド由来ピリジニウム(GLAP)はHUVECにおいてRAGEを介した酸化ストレスと炎症性反応と血栓性反応の増悪を引き起こす
  • その他 / 2015年12月
    第88回日本生化学会大会(BMB2015)
  • 50

  • Surface plasmon resonance study on the interaction between the N-terminal region of heme oxygenase-2 and NADPH-cytochrome P450 reductase
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    第52回ペプチド討論会
  • 51

  • ヒト由来ペプチドアミド化酵素PAMに対する癌代謝物の阻害効果
  • その他 / 共同発表 / 2015年 9月
    第9回バイオ関連化学シンポジウム
  • 52

  • DNA aptamer raised against advanced glycation end products (AGEs) prevents abnormalities in electroretinogram of experimental diabetic retinopathy.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 8月
    Ophthalmic Res.
  • / Vol.in press
  • 53

  • Improvement of heme oxygenase-1-based heme sensor for quantifying free heme in biological samples.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 8月
    Anal. Biochem.
  • / Vol.489 50-52
  • 54

  • Pigment epithelium‑derived factor inhibits caveolin‑induced interleukin‑8 gene expression and proliferation of human prostate cancer cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 8月
    Oncol. Lett.
  • / Vol.10 2644-2648
  • 55

  • Development of a monoclonal antibody-based ELISA system for glyceraldehyde-derived advanced glycation end products.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 8月
    Immunol. lett.
  • / Vol.167 No.2 141-146
  • 56

  • ヘムオキシゲナーゼ-1を基盤としたヘムセンサーによる生体試料中の遊離ヘムの定量
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    平成27年度日本生化学会九州支部例会
  • 57

  • Grb14 BPSドメイン内部のリン酸化はインスリン受容体との複合体形成に影響する
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    平成27年度日本生化学会九州支部例会
  • 58

  • DNA Aptamer Raised Against Advanced Glycation End Products (AGEs) Improves Glycemic Control and Decreases Adipocyte Size in Fructose-Fed Rats by Suppressing AGE-RAGE Axis.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 4月
    Horm. Metab. Res.
  • / Vol.47 No.4 253-258
  • 59

  • C-terminal unfolding of an amyloidgenic β2-microgloblin variant: ΔN6-β2-microgloblin.
  • 雑誌 / 2015年 3月
    Amyloid
  • / Vol.22 No.1 54-60
  • 60

  • DNA aptamer raised against advanced glycation end products inhibits melanoma growth in nude mice.
  • その他 / 共同発表 / 2015年 3月
    第88回日本薬理学会年会
  • 61

  • Glyceraldehyde-derived pyridinium (GLAP) evokes oxidative stress and inflammatory and thrombogenic reactions in endothelial cells via the interaction with RAGE.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 1月
    Cardiovasc. Diabetol.
  • / Vol.14 No.1 1-10
  • 62

  • PEDFは内皮細胞のカベオリン-1による炎症誘発作用を阻害する
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    第87回日本生化学会大会
  • 63

  • 終末糖化産物(AGEs)特異的DNAアプタマーはヌードマウスにおけるメラノーマ増殖を抑制する
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    第87回日本生化学会大会
  • 64

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素とヘム‐ヘムオキシゲナーゼ複合体との相互作用および電子伝達機構
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    第87回日本生化学会大会
  • 65

  • Effect of glycogen synthase kinase 3 on the complex forming between growth factor receptor bound protein 14 and insulin receptor
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    第51回ペプチド討論会
  • 66

  • Pro残基をもつAibモデルペプチドの合成とイオンチャネル活性
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    第87回日本生化学会大会
  • 67

  • 核酸アプタマーのスクリーニングと疾患モデル動物への応用
  • その他 / 招待講演 / 2014年 9月
    北海道大学Ambitious leader’s program 物質科学セミナー
  • 68

  • Complex structure of NADPH-cytochrome P450 reductase and heme oxygenase-1
  • その他 / 共同発表 / 2014年 8月
    The 23rd International Union of Crystallography (IUCr) Congress and General Assembly
  • 69

  • AGEsアプタマーとは何ですか
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 8月
    老化物質AGEsワールドに迫る!アンチエイジングのための100の質問―メディカルレビュー社
  • / 118-119
  • 70

  • Evaluation of in vitro properties of predicted kinases that phosphorylate serine residues within nuclear localization signal 1 of high mobility group box 1
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 8月
    J. Pept. Sci.
  • / Vol.20 No.8 613-617
  • 71

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素からヘムオキシゲナーゼへの電子移動に関する構造基盤
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    第14回日本蛋白質科学会年会
  • 72

  • Phosphorylation of Grb14 BPS domain by GSK-3 correlates with complex forming of Grb14 and insulin receptor
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 6月
    J. Biochem.
  • / Vol.155 No.6 353-360
  • 73

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素とヘムオキシゲナーゼの複合体構造
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    第41回生体分子科学討論会
  • 74

  • Grb14によるインスリンシグナル抑制へのGSK-3の関与
  • その他 / 共同発表 / 2014年 5月
    平成26年度日本生化学会九州支部例会
  • 75

  • ヘムオキシゲナーゼ-1のヘム結合における静電相互作用のエネルギー論評価
  • その他 / 共同発表 / 2014年 5月
    平成26年度日本生化学会九州支部例会
  • 76

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素からヘム-ヘムオキシゲナーゼ複合体への電子伝達に関する構造基盤
  • その他 / 共同発表 / 2014年 5月
    平成26年度日本生化学会九州支部例会
  • 77

  • Grb14によるインスリン受容体の阻害へのGSK-3の関与
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    第94回日本化学会春季年会
  • 78

  • カベオリン1との相互作用によるプロテインホスファターゼ5の酵素活性の亢進
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    第94回日本化学会春季年会
  • 79

  • ヘムオキシゲナーゼの基質ポケットから離れた分子表面のLeu77はビリベルジンとの親和性に関与する
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    第94回日本化学会春季年会
  • 80

  • AGEs特異的DNAアプタマーによる糖尿病性腎症の進展抑制効果
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    第87回 日本薬理学会年会
  • 81

  • DNA aptamer raised against advanced glycation end products inhibits neointimal hyperplasia in balloon-injured rat carotid arteries.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 2月
    Int. J. Cardiol.
  • / Vol.171 No.3 443-446
  • 82

  • Structural basis for the electron transfer from an open form of NADPH-cytochrome P450 oxidoreductase to heme oxygenase.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 2月
    Proc.Natl.Acad.Sci.USA
  • / Vol.111 No.7 2524-2529
  • 83

  • DNA aptamer raised against advanced glycation end products inhibits melanoma growth in nude mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 2月
    Lab. Invest.
  • / Vol.94 No.4 422-429
  • 84

  • Laminin receptor mediates anti-inflammatory and anti-thrombogenic effects of pigment epithelium-derived factor in myeloma cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 1月
    Biochem. Biophys. Res. Commn.
  • / Vol.443 No.3 847-851
  • 85

  • Surface Plasmon Resonance Analysis of Interaction of Heme Oxygenase-2 and NADPH-Cytochrome P450 Reductase
  • その他 / 共同発表 / 2013年11月
    第50回ペプチド討論会
  • 86

  • Blockade by phosphorothioate aptamers of advanced glycation end products-induced damage in cultured pericytes and endothelial cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年11月
    Microvasc. Res.
  • / Vol.90 64-70
  • 87

  • Pigment epithelium-derived factor (PEDF) binds to caveolin-1 and inhibits the pro-inflammatory effects of caveolin-1 in endothelial cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年11月
    Biochem. Biophys. Res. Commn.
  • / Vol.441 No.2 405-410
  • 88

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素-ヘム-ヘムオキシゲナーゼ複合体の結晶構造解析に向けて
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    平成25年度日本結晶学会年会
  • 89

  • Hinge欠損型NADPH-シトクロムP450還元酵素とヘムオキシゲナーゼ間の相互作用
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第86回日本生化学会大会
  • 90

  • ヘムオキシゲナーゼ-1のヘム結合のエネルギー論
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第86回日本生化学会大会
  • 91

  • Protein Phosphatase 2A Dephosphorylates Phosphoserines in Nucleocytoplasmic Shuttling and Secretion of High Mobility Group Box 1.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 9月
    J. Biochem.
  • / Vol.154 No.9 299-308
  • 92

  • カベオリン1はPC-3細胞中でプロテインホスファターゼ5と相互作用し内在性の活性化因子として作用する
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第86回日本生化学会大会
  • 93

  • Ala置換変異によってヘムオキシゲナーゼ活性が上昇するLeu77の機能解析
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第86回日本生化学会大会
  • 94

  • Advanced glycation end products evoke endothelial cell damage by stimulating soluble dipeptidyl peptidase-4 production and its interaction with mannose 6-phosphate/insulin-like growth factor II receptor.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 9月
    Cardiovasc. Diabetol.
  • / Vol.12 No.125 125-134
  • 95

  • DNA aptamer raised against AGEs blocks the progression of experimental diabetic nephropathy.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 9月
    Diabetes
  • / Vol.62 No.3 3241-3250
  • 96

  • ヘムオキシゲナーゼ-2とシトクロムP450還元酵素の相互作用におけるビリベルジンの影響
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第86回日本生化学会大会
  • 97

  • EprS, an autotransporter protein of Pseudomonas aeruginosa, possessing serine protease activity induces inflammatory responses through protease-activated receptors.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 7月
    Cell Microbiol.
  • / Vol.15 No.7 1168-1181
  • 98

  • ヘムセンサーとしての青色蛍光蛋白質融合型heme oxygenase-1の作製
  • その他 / 共同発表 / 2013年 5月
    平成25年度日本生化学会九州支部例会
  • 99

  • ヘムオキシゲナーゼのヘム結合の置換等温滴定熱測定による熱力学的解析
  • その他 / 共同発表 / 2013年 5月
    平成25年度日本生化学会九州支部例会
  • 100

  • ヘムオキシゲナーゼ分子表面で揺らぐLeu77のAla置換変異体は何故酵素活性を上昇させるのか?
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    第93回日本化学会春季年会
  • 101

  • Caveolin-1 interacts with protein phosphatase 5 and modulates its activity in prostate cancer cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 2月
    Biochem. Biophys. Res. Commn.
  • / Vol.431 No.4 724-728
  • 102

  • Development of a heme sensor using fluorescently labeled heme oxygenase-1
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 2月
    Anal. Biochem.
  • / Vol.433 No.1 2-7
  • 103

  • 表面プラズモン共鳴法によるヘムオキシゲナーゼ-2とシトクロムP450還元酵素の相互作用の検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年12月
    第85回日本生化学会
  • 104

  • ヘムオキシゲナーゼ分子表面に存在するF79の変異導入解析から見出された電子伝達機構
  • その他 / 共同発表 / 2012年12月
    第85回日本生化学会
  • 105

  • マクロファージからのhigh mobility group box-1の分泌はセリン/スレオニンプロテインホスファターゼ2Aによって負に制御される
  • その他 / 共同発表 / 2012年12月
    第85回日本生化学会
  • 106

  • グリセルアルデヒド由来AGEs特異的チオ核酸アプタマーのスクリーニングと糖尿病性腎症モデルマウスへの応用
  • その他 / 共同発表 / 2012年12月
    第85回日本生化学会
  • 107

  • ヘムオキシゲナーゼのヘム結合の熱力学:置換等温滴定熱測定による精密解析
  • その他 / 共同発表 / 2012年12月
    第85回日本生化学会
  • 108

  • マクロファージからのHigh mobility group box 1の分泌におけるProtein phosphatase 2Aの役割
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    第49回ペプチド討論会
  • 109

  • Serine/Threonine Protein Phospahatse 2AによるHigh Mobility Group Box-1 の分泌抑制マシナリー
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    2012年日本化学会西日本大会
  • 110

  • ヘムオキシゲナーゼ-2由来HRMペプチドのPro残基における機能解析
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    第49回ペプチド討論会
  • 111

  • ペプチドデフォルミラーゼ阻害を標的としたfMLP 誘導体
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    2012年日本化学会西日本大会
  • 112

  • ヘム結合時にヘムオキシゲナーゼの分子表面で揺らぐアミノ酸残基F79の変異体から 見出される知見
  • その他 / 共同発表 / 2012年 9月
    第6回バイオ関連化学合同シンポジウム
  • 113

  • ヘム定量に用いるセンサー蛋白質における蛍光色素の選定およびその導入箇所の検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    第49回化学関連支部合同九州大会
  • 114

  • 蛍光共鳴エネルギー移動によるヘムオキシゲナーゼ-1とシトクロムP450還元酵素間の親和性解析
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    第49回化学関連支部合同九州大会
  • 115

  • フッ素化アミノ酸を用いたEcPDFのP1’認識部位における相互作用の推察
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    第49回化学関連支部合同九州大会
  • 116

  • 基質ペプチドを基盤とするEcPDFおよびHsPDF阻害剤の創成
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    第49回化学関連支部合同九州大会
  • 117

  • ヘムオキシゲナーゼ-1 とヘムとの結合における静電的相互作用の熱力学的解析
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    平成24年度日本生化学会九州支部例会
  • 118

  • NMR解析で見出されたヘムオキシゲナーゼ表面に局在するF79 の機能的役割
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    平成24年度日本生化学会九州支部例会
  • 119

  • 表面プラズモン共鳴法を用いたヘムオキシゲナーゼ-2 変異体とシトクロムP450 還元酵素との相互作用解析
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    平成24年度日本生化学会九州支部例会
  • 120

  • 糖尿病性血管合併症治療薬としてのaptamer
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    第41回日本心脈管作動物質学会
  • 121

  • Identification of essential amino acid residues involved in the interaction of heme oxygenase-1 with caveolin-1.
  • その他 / 共著 / 2012年 3月
    Peptide Science
  • / Vol.48 35-28
  • 122

  • Role of proline in heme regulatory motifs in heme oxygenase-2.
  • その他 / 共著 / 2012年 3月
    Peptide Science
  • / Vol.48 159-160
  • 123

  • ヘム結合時にヘムオキシゲナーゼ表面で揺らぐアミノ酸はどのような機能をもつのか?
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    第92回日本化学会春季年会
  • 124

  • バクテリア由来ペプチド修飾型EcPDF阻害剤の合成と活性評価
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    第92回日本化学会春季年会
  • 125

  • AGEs-DNA アプタマーは糖尿病性糸球体障害を改善する
  • その他 / 共同発表 / 2011年12月
    第23回日本糖尿病性腎症研究会
  • 126

  • ヘムオキシゲナーゼ-1 とヘムの結合の熱力学的解析̃静電相互作用と配位結合
  • その他 / 共同発表 / 2011年12月
    2011年日本生物物理学会九州支部例会
  • 127

  • カベオリン-1によるヘムオキシゲナーゼ-1の阻害において重要なアミノ酸残基の特定
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    第48回ペプチド討論会
  • 128

  • カベオリン-1によるヘムオキシゲナーゼ-1の阻害機構
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    第84回日本生化学会大会
  • 129

  • ヘムオキシゲナーゼのタンパク質分子表面で揺らぐアミノ酸残基R85 の変異体から考察される電子伝達系
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    第26回生体機能関連化学シンポジウム
  • 130

  • ヘムオキシゲナーゼの変異体の解析から考察される電子伝達経路
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    第84回日本生化学会大会
  • 131

  • カベオリン-1によるヘムオキシゲナーゼ-1の阻害において重要なアミノ酸残基の特定
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    第48回ペプチド討論会
  • 132

  • ヘムオキシゲナーゼ-2のヘム調節モチーフ内プロリン残基の役割
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    第48回ペプチド討論会
  • 133

  • ヘムオキシゲナーゼ-2とシトクロムP450還元酵素の相互作用の検討
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    第84回日本生化学会大会
  • 134

  • Caveolin-1 is a competitive inhibitor of heme oxygenase-1 (HO-1) with heme: Identification of a minimum sequence in caveolin-1 for binding to HO-1
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 8月
    Biochemistry
  • / Vol.50 No.32 6824-6831
  • 135

  • アリルアルキルアミン-N-アセチル転移酵素のSNPによる活性への影響
  • その他 / 共同発表 / 2011年 7月
    第48回化学関連支部合同九州大会
  • 136

  • ペプチドホルミラーゼ阻害を標的としたバクテリア由来ペプチドの合成
  • その他 / 共同発表 / 2011年 7月
    第48回化学関連支部合同九州大会
  • 137

  • ヘムオキシゲナーゼの分子表面で揺らぐアミノ酸残基の変異体解析
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    平成23年度日本生化学会九州支部例会
  • 138

  • ヒト由来アポ型アミド化酵素の金属再構成体を用いた反応解析
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    平成23年度日本生化学会九州支部例会
  • 139

  • ヘム分解活性をもたないバイオセンサーの設計と開発
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    平成23年度日本生化学会九州支部例会
  • 140

  • ヘムオキシゲナーゼ-1のヘム結合における静電的相互作用の熱量解析による評価
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    平成23年度日本生化学会九州支部例会
  • 141

  • NMRによって揺らぎが観測されたヘムオキシゲナーゼ表面アミノ酸の機能解析
  • その他 / 共同発表 / 2011年 3月
    日本化学会第90回春季年会
  • 142

  • ペプチドアミド化反応における亜鉛および鉄の役割
  • その他 / 共同発表 / 2011年 3月
    日本化学会第90回春季年会
  • 143

  • キサンチンオキシダーゼ活性を抑制する天然素材の探索-ケルセチンとルテオニンの効果
  • その他 / 共同発表 / 2011年 3月
    第84回日本薬理学会総会
  • 144

  • Reduction of oxaporphyrin ring of CO-bound α-verdoheme complexed with heme oxygenase-1 by NADPH-cytochrome P450 reductase
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 2月
    J. Inorg. Biochem.
  • / Vol.105 289-296
  • 145

  • Sensitive heme sensor using fluorescent-labeled heme oxygenase-1
  • その他 / 共同発表 / 2010年12月
    第83回日本生化学会大会
  • 146

  • Structural modification of 2-aminoisobutylic acid containing peptides toward an acquiring of antimicrobial activities against pathogenic bacteria
  • その他 / 共同発表 / 2010年12月
    5th International Peptide Symposium
  • 147

  • The roles of zinc and iron in peptide amidation
  • その他 / 共同発表 / 2010年12月
    2010環太平洋国際化学会議(Pacifichem2010)
  • 148

  • Modifications on amphiphilicity and cationicity of unnatural amino acid containing peptides for the improvement of antimicrobial activity against pathogenic bacteria
  • 雑誌 / 共著 / 2010年11月
    J. Pept. Sci.
  • / Vol.16 607-612
  • 149

  • An improved anion-exchange high-performance liquid chromatography method for measuring oxidized form of LDLs in human plasma
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 9月
    Ann. Clin. Biochem.
  • / Vol.47 460-466
  • 150

  • カベオリンによるヘムオキシゲナーゼ-1の活性阻害および阻害機構の解明
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    平成22年度 日本生化学会九州支部例会
  • 151

  • ヘムオキシゲナーゼ-2とシトクロムP450還元酵素の結合様式の検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    平成22年度 日本生化学会九州支部例会
  • 152

  • 蛍光ラベル化HO-1を用いたヘムセンサーにおける蛍光色素導入箇所の検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    平成22年度 日本生化学会九州支部例会
  • 153

  • Heme binding analysis of heme regulatory motifs of rat heme oxygenase-2
  • その他 / 共著 / 2010年 2月
    Peptide Science
  • / Vol.47 237-238
  • 154

  • ヘムオキシゲナーゼ-2に含まれるヘム調節モチーフのヘム結合様式
  • その他 / 共同発表 / 2009年11月
    第46回ペプチド討論会
  • 155

  • ヘムオキシゲナーゼ-2とシトクロムP450還元酵素との相互作用におけるヘムとNADP(H)の影響
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    第82回日本生化学会大会
  • 156

  • ラットヘムオキシゲナーゼ-1と基質ヘムとの結合における誘導適合モデルのカロリメトリー解析
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    第82回日本生化学会大会
  • 157

  • 微量ヘム定量法に向けたバイオセンサーの開発
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    第82回日本生化学会大会
  • 158

  • α-ベルドヘム-ヘムオキシゲナーゼ-1複合体の電気化学と結晶構造
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    第24回生体機能関連化学シンポジウム
  • 159

  • Ferrous α-Verdoheme in Complex with Rat Heme Oxygenase-1. Its Crystal Structure and Electrochemistry
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    The 6th International Congress on Heme Oxygenases
  • 160

  • Peptidylamidoglycolate lyase反応における鉄および亜鉛イオンの役割
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    第24回生体機能関連化学シンポジウム
  • 161

  • ヘム分解酵素ヘムオキシゲナーゼのヘム結合解析とヘムセンサーとしての応用
  • その他 / 共同発表 / 2009年 7月
    第58回高分子討論会
  • 162

  • Functional Analysis of Heme Reguratory Motifs of Rat Heme Oxygenase-2
  • その他 / 共著 / 2009年 7月
    Peptide Science
  • / Vol.45 217-220
  • 163

  • 両親媒性ヘリックスのイオンチャンネル形成における静電相互作用の寄与
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    平成21年度日本生化学会九州支部例会
  • 164

  • 等温滴定カロリメトリーによるラットヘムオキシゲナーゼ-1の基質結合における誘導適合モデルの検討
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    平成21年度日本生化学会九州支部例会
  • 165

  • 表面プラズモン共鳴法によるヘムオキシゲナーゼ-2とシトクロムP450還元酵素の相互作用解析
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    平成21年度日本生化学会九州支部例会
  • 166

  • 新規ヘム定量法に向けたバイオヘムセンサーの開発
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    平成21年度日本生化学会九州支部例会
  • 167

  • α-ベルドヘム-ヘムオキシゲナーゼ-1複合体の結晶構造
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    平成21年度日本生化学会九州支部例会
  • 168

  • Crystal structure of rat haem oxygenase-1 in complex with ferrous verdohaem: presence of a hydrogen-bond network on the distal side.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 4月
    Biochem.J.
  • / Vol.419 No.2 339-345
  • 169

  • ベルドヘム-ヘムオキシゲナーゼ-1複合体の還元反応
  • その他 / 共同発表 / 2009年 3月
    第89回日本化学会春季年会
  • 170

  • Involvement of metals in enzymatic and nonenzymatic decomposition of C-terminal alpha-hydroxyglycine to amide: an implication for the catalytic role of enzyme-bound zinc in the peptidylamidoglycolate lyase reaction.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 2月
    Biochemistry
  • / Vol.48 No.7 1654-1662
  • 171

  • CO配位型ベルドヘム-ヘムオキシゲナーゼ複合体のオキサポルフィリン環の還元
  • その他 / 共同発表 / 2008年12月
    第81回日本生化学会大会(BMB2008)
  • 172

  • Crystal structure of rat verdoheme-heme-oxygenase-1 complex
  • その他 / 共同発表 / 2008年12月
    第81回日本生化学会大会(BMB2008)
  • 173

  • ラットヘムオキシゲナーゼ-2由来HRMペプチドのヘム相互作用解析
  • その他 / 共同発表 / 2008年12月
    第81回日本生化学会大会(BMB2008)
  • 174

  • ラットheme-oxygenase-1のヘム結合の熱力学的特性にイオン強度が及ぼす影響
  • その他 / 共同発表 / 2008年12月
    第81回日本生化学会大会(BMB2008)
  • 175

  • ヘムオキシゲナーゼ-1を応用した新型バイオセンサーの開発
  • その他 / 共同発表 / 2008年12月
    第81回日本生化学会大会(BMB2008)
  • 176

  • 質量分析法によるヘムオキシゲナーゼとNADPH-シトクロムP450還元酵素、ビリベルジン還元酵素との相互作用解析
  • その他 / 共同発表 / 2008年12月
    第81回日本生化学会大会(BMB2008)
  • 177

  • Interaction between Heme and Synthetic Peptides Containing Heme Regulatory Motifs of Rat Heme Oxygenase-2.
  • その他 / 共著 / 2008年10月
    Peptide Science
  • / Vol.44 249-250
  • 178

  • ラットヘムオキシゲナーゼ-2が持つヘム調節モチーフの機能解析
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    第45回ペプチド討論会
  • 179

  • In vitro selection of DNA aptamers against advanced glycation end-products.
  • その他 / 単著 / 2008年 8月
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.71 No.7,8 247-253
  • 180

  • A novel secreted protease from Pseudomonas aeruginosa activates NF-kappaB through protease-activated receptors
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 7月
    Cell Microbiol.
  • / Vol.10 No.7 1491-504
  • 181

  • Surface plasmon resonance and mass spectrometric analysis of protein-protein interaction in heme degradation system
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    The 1st Japan-Korea joint symposium on bio-microsensing technology
  • 182

  • ラット由来ヘムオキシゲナーゼ-2が持つヘム調節モチーフの機能解析
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    平成20年度日本生化学会九州支部例会
  • 183

  • 蛍光ラベル化したHeme oxygenase-1を利用したヘムセンサーの開発
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    平成20年度日本生化学会九州支部例会
  • 184

  • ラットHeme oxygenase-1のヘム結合の熱力学的特性に与えるイオン強度変化の影響
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    平成20年度日本生化学会九州支部例会
  • 185

  • ヒトHeme oxygenase-1遺伝子のSNPsによるアミノ酸置換が酵素機能に与える影響
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    平成20年度日本生化学会九州支部例会
  • 186

  • 質量分析法によるヘムオキシゲナーゼとNADPH-シトクロムP450還元酵素、ビリベルジン還元酵素との相互作用解析
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    平成20年度日本生化学会九州支部例会
  • 187

  • Mass spectrometric identification of lysine residues of heme oxygenase-1 that are involved in its interaction with NADPH-cytochrome P450 reductase
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 3月
    Biochem. Biophys. Res. Commun.
  • / Vol.367 No.4 852-858
  • 188

  • Electrochemical reduction of ferrous α-verdoheme in complex with heme oxygenase-1
  • 雑誌 / 共著 / 2007年10月
    J. Inorg. Biochem.
  • / Vol.101 No.10 1394-1399
  • 189

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素からヘムオキシゲナーゼへの電子伝達機構の検討
  • その他 / 招待講演 / 2007年 5月
    平成19年度日本生化学会九州支部学術奨励賞受賞講演
  • 190

  • In vitro selection of DNA aptamers that block toxic effects of AGE on cultured retinal pericytes
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 4月
    Microvasc. Res.
  • / Vol.74 No.1 65-69
  • 191

  • X-ray Crystallographic and Biochemical Characterization of the Inhibitory Action of an Imidazole-Dioxolane Compound on Heme Oxygenase
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 2月
    Biochemistry
  • / Vol.46 No.7 1860-1867
  • 192

  • The reaction of heme- and verdoheme-heme oxygenase-1 complexes with FMN-depleted NADPH-cytochrome P450 reductase: Electrons required for verdoheme oxidation can be transferred through a pathway not involving FMN.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年10月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.281 No.42 31659-31667
  • 193

  • Unfolding, Aggregation and Amyloid Formation by the Tetramerization Domain from Mutant p53 Associated with Lung Cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 2月
    Biochemistry
  • / Vol.45 No.6 1608-1619
  • 194

  • Fibrillar and Granular Aggregation of G334V Mutant p53 Tetramer Peptide
  • その他 / 共著 / 2006年
    Peptide Science
  • / Vol.42 397-398
  • 195

  • 遺伝子工学
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年12月
    基礎医学・生物系の同位体実験-放射性同位体・X線結晶解析の基礎- 久留米大学
  • / 33~49
  • 196

  • A kinetic study of the mechanism of conversion of alpha-hydroxyheme to verdoheme while bound to heme oxygenase
  • 雑誌 / 共著 / 2005年12月
    Biochem. Biophys. Res. Commun.
  • / Vol.338 No.1 578-83
  • 197

  • Involvement of NADP(H) in the interaction between heme oxygenase-1 and cytochrome P450 reductase.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 1月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.280 No.1 729-737
  • 198

  • Purification and characterization of human uroporphyrinogen III synthase expressed in Escherichia coli.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 8月
    J. Biochem (Tokyo).
  • / Vol.136 No.2 211-220
  • 199

  • Characterization of rat heme oxygenase-3 gene. Implication of processed pseudogenes derived from heme oxygenase-2 gene.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 7月
    Gene
  • / Vol.336 No.2 241-250
  • 200

  • Hydroxylamine and hydrazine bind directly to the heme iron of the heme-heme oxygenase-1 complex.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 6月
    J. Inorg. Biochem.
  • / Vol.98 No.7 1223-1228
  • 201

  • Multiepitope Trojan antigen peptide vaccines for the induction of antitumor CTL and Th immune responses.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 4月
    J. Immunol.
  • / Vol.172 No.7 4575-4582
  • 202

  • Binding specificity of multiprotein signaling complexes is determined by both cooperative interactions and affinity preferences.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 4月
    Biochemistry
  • / Vol.43 No.14 4170-4178
  • 203

  • The isoflavonoids genistein and quercetin activate different stress signaling pathways as shown by analysis of site-specific phosphorylation of ATM, p53 and histone H2AX.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 3月
    DNA Repair (Amst)
  • / Vol.3 No.3 235-244
  • 204

  • Phosphorylation site interdependence of human p53 post-translational modifications in response to stress.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 9月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.278 No.39 37536-37544
  • 205

  • Crystal structure of rat heme oxygenase-1 in complex with biliverdin-iron chelate. Conformational change of the distal helix during the heme cleavage reaction.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 8月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.278 No.34 32352-32358
  • 206

  • Dual phosphorylation controls Cdc25 phosphatases and mitotic entry.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 6月
    Nature Cell Biol.
  • / Vol.5 No.6 545-551
  • 207

  • p29ING4 and p28ING5 bind to p53 and p300, and enhance p53 activity.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 3月
    Cancer Res.
  • / Vol.63 No.10 2373-2378
  • 208

  • Proteomic analysis of early melanosomes: identification of novel melanosomal proteins.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 2月
    J. Proteome Res.
  • / Vol.2 No.1 69-79
  • 209

  • Nitric oxide-induced cellular stress and p53 activation in chronic inflammation.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 1月
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA
  • / Vol.100 No.1 143-148
  • 210

  • Destabilization and oligomer formation of p53 tetramer mutant associated with lung carcinoma.
  • その他 / 共著 / 2003年
    Peptide Science
  • / 17-20
  • 211

  • Mutant p53 peptide forms amyloid under physiological condition.
  • その他 / 共著 / 2003年
    Peptide Science
  • / 379-382
  • 212

  • MDM2-HDAC1-mediated deacetylation of p53 is required for its degradation.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年11月
    EMBO J.
  • / Vol.21 No.22 6236-6245
  • 213

  • Crystal structure of rat heme oxygenase-1 in complex with heme bound to azide. Implication for regiospecific hydroxylation of heme at the alpha-meso carbon.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年11月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.277 No.47 45086-45090
  • 214

  • Multiple Chlamydia pneumoniae antigens prime CD8+ Tc1 responses that inhibit intracellular growth of this vacuolar pathogen.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 9月
    J Immunol.
  • / Vol.169 No.5 2524-2535
  • 215

  • A rational strategy to design multiepitope immunogens based on multiple Th lymphocyte epitopes.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 6月
    J Immunol.
  • / Vol.168 No.11 5499-5506
  • 216

  • ATM mediates phosphorylation at multiple p53 sites, including Ser(46), in response to ionizing radiation.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 4月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.277 No.15 12491-12494
  • 217

  • Homeodomain-interacting protein kinase-2 phosphorylates p53 at Ser 46 and mediates apoptosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 1月
    Nature Cell Biol.
  • / Vol.4 No.1 11-19
  • 218

  • Identification of conserved HIV-1-derived helper T lymphocyte epitopes using synthetic peptides and high throughput binding assay.
  • その他 / 共著 / 2002年
    Peptides
  • / 1039-1040
  • 219

  • Side chain effect on ion channel characters of Aib rich peptides.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年12月
    J Biochem (Tokyo).
  • / Vol.130 No.6 749-755
  • 220

  • TAP-independent presentation of CTL epitopes by Trojan antigens.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 6月
    J. Immunol.
  • / Vol.166 No.12 7063-7071
  • 221

  • Initiation of a G2/M checkpoint after ultraviolet radiation requires p38 kinase.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 5月
    Nature
  • / Vol.411 No.6833 102-107
  • 222

  • Identification and antigenicity of broadly cross-reactive and conserved human immunodeficiency virus type 1-derived helper T-lymphocyte epitopes.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 5月
    J. Virology
  • / Vol.75 No.9 4195-4207
  • 223

  • New strategies for studying post-translational modification of proteins and the discovery of new medicine.
  • その他 / 単著 / 2001年
    Peptide News letter Japan
  • / Vol.40 8-10
  • 224

  • Synthesis of a Difluoromethyl-Phosphoserine (F2Pab)-containing Peptides for Generating Specific Antibodies to Phosphorylation Sites.
  • その他 / 共著 / 2001年
    Peptides
  • / 869-870
  • 225

  • PML regulates p53 acetylation and premature senescence induced by oncogenic Ras.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 7月
    Nature
  • / Vol.406 No.6792 207-210
  • 226

  • Human p53 is phosphorylated on serines 6 and 9 in response to DNA damage-inducing agents.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 7月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.275 No.30 23199-23203
  • 227

  • HLA-DR-promiscuous T cell epitopes from Plasmodium falciparum pre-erythrocytic-stage antigens restricted by multiple HLA class II alleles.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 7月
    J. Immunol.
  • / Vol.165 No.2 1123-1137
  • 228

  • Damage-mediated phosphorylation of human p53 threonine 18 through a cascade mediated by a casein 1-like kinase. Effect on Mdm2 binding.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 5月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.275 No.13 9278-9283
  • 229

  • Inactivation of HIV-1 nucleocapsid protein P7 by pyridinioalkanoyl thioesters. Characterization of reaction products and proposed mechanism of action.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 5月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.275 No.20 14890-14897
  • 230

  • Interaction of amphiphilic Aib-containing helical peptides with phospholipid membrane.
  • その他 / 共著 / 2000年
    Peptide Science
  • / 447-450
  • 231

  • Stabilization of tumor suppressor protein p53 through a phosphorylation cascade mediated by DNA damage.
  • その他 / 共著 / 2000年
    Peptide Science
  • / 45-48
  • 232

  • Structure-function relationship of model Aib-containing peptides as ion transfer intermembrane templates.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 4月
    J Biochem (Tokyo)
  • / Vol.125 No.4 705-712
  • 233

  • Ovalbumin in developing chicken eggs migrates from egg white to embryonic organs while changing its conformation and thermal stability.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 4月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.274 No.16 1103-11037
  • 234

  • Calcium-dependent interaction of S100B with the C-terminal domain of the tumor suppressor p53.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 4月
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.274 No.15 10539-10544
  • 235

  • Effects of mutations on tetramer formation of tumor suppressor protein p53.
  • その他 / 共著 / 1999年
    Peptide Science
  • / 303-305
  • 236

  • Effect of environment on the stability of helical Aib-peptides.
  • その他 / 共著 / 1999年
    Peptide Science
  • / 298-300
  • 237

  • Interaction of alanine-based peptides with fluoresceins and their fluorescence quenching behavior.
  • その他 / 共著 / 1998年
    Peptide Science
  • / 37-40
  • 238

  • Pore-forming properties and ion selectivity of amphiphilic Aib-containing model peptides.
  • その他 / 共著 / 1998年
    Peptide Science
  • / 261-264
  • 239

  • A urokinase-sensitive region of the human urokinase receptor is responsible for its chemotactic activity.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年12月
    EMBO J.
  • / Vol.16 No.24 7279-7286
  • 240

  • Determinants of T cell reactivity to the Mycobacterium leprae GroES homologue.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年 7月
    J. Immunol.
  • / Vol.159 No.1 335-343
  • 241

  • Synthesis of phosphopeptides derived from the carboxy-terminal domain human p53 by a segment condensation method.
  • その他 / 共著 / 1997年
    Peptide Chemistry
  • / 85-88
  • 242

  • Solid-phase synthesis and chain-length dependence of the secondary structure of -helical model peptides containing Aib residues.
  • その他 / 共著 / 1997年
    Peptide Chemistry
  • / 253-256
  • 243

  • Synthesis and structure of -helical model Aib-peptides.
  • その他 / 共著 / 1997年
    Innovation and Perspectives in Solid Phase Synthesis and Combinatorial Libraries Proceeding
  • 244

  • Solid-phase synthesis and conformational analysis of amphiphilic Aib-containing helical peptides.
  • その他 / 共著 / 1997年
    Peptides
  • / 545-546
  • 245

  • Chemical synthesis of phosphorylated peptides of the carboxy-terminal domain of human p53 by a segment condensation method.
  • 雑誌 / 共著 / 1996年11月
    Int. J. Pept. Protein. Res.
  • / Vol.48 No.5 429-442
  • 246

  • Structural change in elastin model peptides upon interaction with biologically important metal ions.
  • その他 / 共著 / 1996年
    Peptide Chemistry
  • / 433-436

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp