久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 川山 智隆の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • "Frequent exacerbator" is a phenotype of poor prognosis in Japanese patients with chronic obstructive pulmonary disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 2月
    Int J Chron Obstruct Pulmon Dis
  • / Vol.11 207-16
  • 2

  • Responsiveness of blood and sputum inflammatory cells in Japanese COPD patients, non-COPD smoking controls, and non-COPD nonsmoking controls.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 2月
    Int J Chron Obstruct Pulmon Dis
  • / Vol.11 295-303
  • 3

  • Evaluation of the Modified Medical Research Council Dyspnea Scale for Predicting Hospitalization and Exacerbation in Japanese Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 1月
    Intern Med
  • / Vol.55 No.1 15-24
  • 4

  • 気管支喘息の気道炎症をどうコントロールするか
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年11月
    臨と研
  • / Vol.92 No.11 113-120
  • 5

  • 気道炎症の評価方法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年10月
    呼と循
  • / Vol.63 No.10 973-981
  • 6

  • 呼気NO測定―適応と臨床的意義―
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 9月
    Medicina
  • / Vol.52 No.9 1494-1498
  • 7

  • 呼吸器疾患における右心不全あるいは肺性心の管理
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 8月
    呼吸
  • / Vol.34 No.8 799-806
  • 8

  • Chronic rhinosinusitis is associated with airflow obstruction in Japanese never-smokers without asthma.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 7月
    Int J Respir Pulm Med
  • / Vol.2 No.023
  • 9

  • アトピー型気管支ぜん息患者における気道過敏性とアレルゲン吸入負荷試験の意義
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 6月
    アレルギーの臨
  • / Vol.35 No.6 79-82
  • 10

  • 8-6-8 心不全
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 5月
    喘息予防・管理ガイドライン2015
  • / 256-258
  • 11

  • 8-6-9 胃食道逆流症(GERD)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 5月
    喘息予防・管理ガイドライン2015
  • / 259-260
  • 12

  • 喀痰採取法と細胞診.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 4月
    新呼吸器専門医テキスト
  • / 72-74
  • 13

  • Serum level of periostin can predict long-term outcome of idiopathic pulmonary fibrosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 4月
    Respir Investig
  • / Vol.53 No.2 73-81
  • 14

  • 吸入療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 4月
    新呼吸器専門医テキスト
  • / 164-166
  • 15

  • Paired maximum inspiratory and expiratory plain chest radiographs for assessment of airflow limitation in chronic obstructive pulmonary disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 3月
    Eur J Radiol
  • / Vol.84 No.4 726-31
  • 16

  • COPDの病態理解の変遷と治療の新展開. 5. COPDと併存症.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 2月
    Prog med
  • / Vol.35 No.2 223-229
  • 17

  • COPD assessment tests scores are associated with exacerbated chronic obstructive pulmonary disease in Japanese patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 9月
    Respir Investig
  • / Vol.52 No.5 288-295
  • 18

  • 全身成人病としてのCOPD. 睡眠障害, うつ病.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 9月
    成人病と生活習慣病
  • / Vol.44 No.9 1070-1077
  • 19

  • 特集/重症喘息. 治療(生物学的製剤を中心に).
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 6月
    アレルギーの臨
  • / Vol.34 No.6 31-35
  • 20

  • COPDの最新情報 フェノタイプ分類と個別化医療の可能性.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 5月
    日本呼吸器学会誌
  • / Vol.3 No.3 329-336
  • 21

  • Exhaled nitric oxide measurement may predict asthma exacerbation after stepping down formoterol/budesonide combination therapy in adult asthma.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 5月
    J Allergy Ther
  • / Vol.5 No.173
  • 22

  • COPDを改めて問う 治療:肺病変と気道病変への対策.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 4月
    The lung perspectives
  • / Vol.22 No.2 156-165
  • 23

  • 気管支喘息およびCOPDの吸入療法.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 4月
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会雑誌
  • / Vol.24 No.1 57-59
  • 24

  • The progression of comorbidity in IL-18 transgenic chronic obstructive pulmonary disease mice model.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.445 No.3 597-601
  • 25

  • Natural regulatory T cells in isolated early responders compared with dual responders with allergic asthma.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    J Allergy Clin Immunol
  • / Vol.133 No.3 696-703
  • 26

  • COPD治療のコントラバシー. 血液検査でCOPDの病状がわかるバイオマーカーはないのか?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 2月
    内科
  • / Vol.113 No.2 257-263
  • 27

  • 病態からみたCOPDの治療戦略
  • 単行本 / 単著 / 2014年 2月
    飯塚医師会報VOICE
  • / Vol.132 No.2 28-29
  • 28

  • Overexpression of CD163, CD204 and CD206 on alveolar macrophages in the lungs of patients with severe chronic obstructive pulmonary disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 1月
    PLoS One
  • / Vol.9 No.1 e87400
  • 29

  • Interleukin-18 expression, CD8(+) T cells, and eosinophils in lungs of nonsmokers with fatal asthma.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 1月
    Ann Allergy Asthma Immunol
  • / Vol.112 No.2 23-28
  • 30

  • 病態からみたCOPD治療戦略
  • 単行本 / 単著 / 2013年12月
    八女筑後医報
  • / Vol.369 No.12 8-15
  • 31

  • Increased serum levels of soluble IL-18 receptor complex in patients with allergic asthma.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年12月
    Allergol Int
  • / Vol.62 No.4 513-515
  • 32

  • 特集変貌する肺の生活習慣病COPD-早期診断で併存症にも影響-「COPDと全身併存症.」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年11月
    Modern physician
  • / Vol.33 No.11 1341-1347
  • 33

  • 古くて新しいCOPDは多種多彩な全身性併存症を保有する.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 8月
    久留米医学会雑誌.
  • / Vol.76 No.8 255-261
  • 34

  • Prognostic value of EGFR mutation and ERCC1 in patients with non-small cell lung cancer undergoing platinum-based chemotherapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 8月
    PLoS One
  • / Vol.8 No.8 e71356
  • 35

  • 特集/喘息とCOPDの合併 合併病態の治療と予後.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 7月
    アレルギーの臨床
  • / Vol.33 No.7 43-48
  • 36

  • Decreased CTLA4+ and Foxp3+ CD25highCD4+ Cells in Induced Sputum from Patients with Mild Atopic Asthma.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    Allergol Int
  • / Vol.62 No.2 203-13
  • 37

  • 特集「COPDの併存症とその治療」 うつ・睡眠障害.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 6月
    呼吸器内科
  • / Vol.23 No.6 577-584
  • 38

  • Positive association between the plasma levels of 5-hydroxyindoleacetic acid and the severity of depression in patients with chronic obstructive pulmonary disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 5月
    BMC Psychiatry
  • / Vol.13 No.1 159
  • 39

  • Successful treatment with tacrolimus in a case of lung-dominant connective tissue disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 3月
    Intern Med
  • / Vol.52 No.5 605-9
  • 40

  • シンポジウムII COPD assessment test(CAT)を用いたCOPD管理.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 2月
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌
  • / Vol.23 No.2 127-132
  • 41

  • 特集ガイドラインをふまえ、気管支喘息の病態研究・治療の最前線に迫る 「心不全合併喘息の臨床対応はどのようにおこなうか」. 
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 1月
    Respiratory Medical Research
  • / Vol.1 No.1 43-49
  • 42

  • IL-18 induces airway hyperresponsiveness and pulmonary inflammation via CD4+ T cell and IL-13.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    PLoS One
  • / Vol.8 No.1 e54623
  • 43

  • 8-6-8 胃食道逆流症 (GERD)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年11月
    喘息予防・管理ガイドライン2012
  • / 236-237
  • 44

  • 8-6-5 喘息と心不全
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年11月
    喘息予防・管理ガイドライン2012 協和企画
  • / 233-235
  • 45

  • Interleukin-18 in pulmonary inflammatory diseases.
  • 雑誌 / その他 / 2012年10月
    J Interferon Cytokine Res.
  • / Vol.32 No.10 443-9.
  • 46

  • Depression, but not sleep disorder, is an independent factor affecting exacerbations and hospitalization in patients with chronic obstructive pulmonary disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 8月
    Respirology.
  • / Vol.17 No.6 940-9.
  • 47

  • Development of the Japanese version of the COPD Assessment Test.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 6月
    Respir Investig.
  • / Vol.50 No.2 34-9
  • 48

  • Associated demographics of persistent exhaled nitric oxide elevation in treated asthmatics.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 5月
    Clin Exp Allergy
  • / Vol.42 No.5 775-81.
  • 49

  • 研修医・一般医に知ってほしい呼吸器疾患診断・治療法 胸部単純X線写真
  • 単行本 / その他 / 2012年
    呼吸
  • / Vol.31 No.2 166-173
  • 50

  • COPD薬物療法の新展開 疾患進行に対する薬物療法
  • 単行本 / その他 / 2012年
    MEDINAL
  • / Vol.2 No.3 34-42
  • 51

  • Overexpression of chitinase 3-like 1/YKL-40 in lung-specific IL-18-transgenic mice, smokers and COPD.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 9月
    PLoS One
  • / Vol.6 No.9 e24177
  • 52

  • Insulin resistance associated with systemic inflammation in POCD
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    American Thoracic Society international conference 2011
  • 53

  • Periostin, a matrix protein, is a novel biomarker for idiopathic interstitial pneumonias.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    Eur Respir J
  • / Vol.37 No.5 1119-1127
  • 54

  • 呼吸器疾患とGERD「GERDと喘息・慢性咳嗽」
  • その他 / 単独発表 / 2011年 4月
    第51回日本呼吸器学会学術講演会
  • 55

  • 気管支喘息の病態とその治療の選択
  • その他 / 単著 / 2011年 1月
    大牟田内科小児科医会報
  • / 3-7
  • 56

  • Prognostic value of SUVmax measurements obtained by FDG-PET in patients with non-small cell lung cancer receiving chemotherapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 1月
    Lung Cancer
  • / Vol.71 No.1 49-54
  • 57

  • わが国で治験実施中のCOPD治療薬
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年
    THE LUNG perspectives
  • / Vol.19 No.2 133-136
  • 58

  • COPDの新しいQOL評価法 ーCAT-
  • その他 / 共著 / 2011年
    Medical Practice
  • / Vol.28 No.3 483-487
  • 59

  • 好酸球性肺炎(急性/慢性)
  • 単行本 / 単著 / 2011年
    今日の治療指針 2011
  • / 302-303
  • 60

  • COPDの薬物療法
  • その他 / 単著 / 2011年
    大川三潴医師会誌
  • / Vol.夏号 11
  • 61

  • Elevated levels of thioredoxin 1 in the lungs and sera of idiopathic pulmonary fibrosis, non-specific interstitial pneumonia and cryptogenic organizing pneumonia.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年11月
    Intern Med.
  • / Vol.49 No.22 2393-2400
  • 62

  • Reference ranges for exhaled nitric oxide fraction in healthy Japanese adult population.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 8月
    Allergol Int.
  • / Vol.59 No.4 363-367
  • 63

  • Endogenous and Exogenous Thioredoxin 1 Prevents Goblet Cell Hyperplasia in a Chronic Antigen Exposure Asthma Model.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 6月
    Allegrology International
  • / Vol.58 No.3
  • 64

  • 呼吸器救急への対応 心肺蘇生
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 4月
    臨床呼吸器内科マニュアル
  • / 1-13
  • 65

  • 治療手技 気管挿管と人工呼吸管理
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 4月
    臨床呼吸器内科マニュアル
  • / 162-171
  • 66

  • 検査 呼気凝縮液採取法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 4月
    臨床呼吸器内科マニュアル
  • / 96-99
  • 67

  • 検査 喀痰検査
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 4月
    臨床呼吸器内科マニュアル 南江堂
  • / 65-68
  • 68

  • Validation of "lung age" measured by spirometry and handy electronic FEV1/FEV6 meter in pulmonary diseases.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 4月
    Internal Medicine
  • / Vol.48 No.7 513-521
  • 69

  • High plasma brain natriuretic peptide levels in stable COPD without pulmonary hypertension or Cor pulmonale
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 4月
    Internal Medicine
  • / Vol.48 No.7 503-512
  • 70

  • 閉塞性細気管支炎
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 1月
    今日の治療指針2009 医学書院
  • / 220-221
  • 71

  • II-E. 画像診断 III-C. 長時間作用型b2刺激薬
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 7月
    気管支喘息の診療ポイントガイド
  • / 28-38, 61-68
  • 72

  • 基準値と各種ノモグラム
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 6月
    臨床呼吸機能検査 第7版
  • / 300-317
  • 73

  • Validation of symptom-based COPD questionnaires in Japanese subjects
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 5月
    Respirology
  • / Vol.13 No.3 420-426.
  • 74

  • Effect of add-on therapy of tiotropium in COPD treated with theophylline
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 3月
    Int J Chron Obstruct Pulmon Dis
  • / Vol.3 No.1 137-147
  • 75

  • Clinical efficacy of the transdermal tulobuterol patch in patients with chronic obstructive pulmonary disease: a comparison with slow-release theophylline
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 3月
    Intern Med
  • / Vol.47 No.6 503-509
  • 76

  • Interleukin-18 production and pulmonary function in COPD
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 2月
    Eur Respir J
  • / Vol.31 No.2 287-297
  • 77

  • Effects of Inhaled Fluticasone Propionate on CTLA-4 positive CD4+CD25+ Cells in Induced Sputum in Mild Asthmatics
  • その他 / 共同発表 / 2007年12月
    12th Congress of the APSR
  • 78

  • 気管支喘息の最近の話題
  • その他 / 講演会 / 2007年12月
    伊万里・有田地区三師会学術講演会
  • 79

  • シンポジウム1「呼吸器感染症治療のガイドライン―up to date―」Ⅲ.「気道感染症ガイドライン」
  • その他 / 単独発表 / 2007年11月
    第59回日本呼吸器学会九州地方会
  • 80

  • COPDの診断と治療 ―チオトロピウムを中心に―
  • その他 / 講演会 / 2007年11月
    徳山医師会講演会
  • 81

  • 気管支喘息の最近の話題
  • その他 / 講演会 / 2007年10月
    大牟田医師会学術講演会
  • 82

  • 21世紀の生活習慣病~COPDをどう診察しどう治療するか?
  • その他 / 講演会 / 2007年 9月
    三井・小郡COPD研究会
  • 83

  • 21世紀の生活習慣病~COPDをどう診察しどう治療するか?
  • その他 / 講演会 / 2007年 9月
    筑後市勉強会
  • 84

  • 気管支喘息の最近の話題
  • その他 / 講演会 / 2007年 9月
    小郡・三井医師会学術講演会
  • 85

  • 気管支喘息におけるロイコトリエン拮抗薬の位置づけ
  • その他 / 講演会 / 2007年 9月
    田川医師会学術講演会
  • 86

  • 21世紀の生活習慣病~COPDをどう診察しどう治療するか?
  • その他 / 講演会 / 2007年 9月
    筑前地区勉強会
  • 87

  • 気管支喘息の最近の話題
  • その他 / 講演会 / 2007年 9月
    大川三潴内科小児科医師会学術講演会
  • 88

  • 気管支喘息の最近の話題
  • その他 / 講演会 / 2007年 8月
    柳川山門医師会学術講演会
  • 89

  • 気管支喘息における最新治療戦略とその効果判定について
  • その他 / 講演会 / 2007年 5月
    唐津東松浦郡呼吸器疾患学術講演会
  • 90

  • 「COPDの急性増悪 ―エビデンスに基く治療―」 1.急性増悪の定義,その予知,早期発見
  • その他 / 単独発表 / 2007年 5月
    第47回日本呼吸器学会学術講演会
  • 91

  • 日本人を対象としたCOPD質問票の有用性についての検討
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    第47回日本呼吸器学会学術講演会
  • 92

  • Enhanced expression of IL-18 and IL-13 in lungs of COPD
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    第47回日本呼吸器学会学術講演会
  • 93

  • Enhanced expression of IL-18 and IL-13 but not IL-4 or IFN-γ in COPD
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    American Thoracic Society of Respirology(APSR)
  • 94

  • Thioredoxin prevents the development and progression of elastase-induced emphysema
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.354 No.3 712-719
  • 95

  • COPDの診断と治療「チオトロピウムを中心に」
  • その他 / 講演会 / 2007年 3月
    田川医師会・田川薬剤師会学術講演会
  • 96

  • 気管支喘息とCOPDにおける抗コリン薬の位置づけ
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年
    気管支喘息とCOPDの類似点・相違点 メディカルレビュー社
  • / 56-63
  • 97

  • Pulmonary Inflammation and Emphysema:Role of Cytokines IL-18 and IL-13
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Am J Respir Crit Care Med
  • / Vol.176 No.1 49-62
  • 98

  • The risk factors for mortality of community-acquired pneumonia in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    J Infect Chemother
  • / Vol.13 No.3 157-165
  • 99

  • COPDの急性増悪の原因
  • その他 / 共著 / 2007年
    呼吸と循環
  • / Vol.55 No.4 395-403
  • 100

  • 胸部X線写真 -緊急呼吸器疾患と見逃しやすい呼吸器疾患の見方-
  • その他 / 共著 / 2007年
    呼吸と循環
  • / Vol.55 No.9 1027-1035
  • 101

  • 胸部X線写真―正常およびよくみる呼吸器疾患の見方―
  • その他 / 共著 / 2007年
    呼吸と循環
  • / Vol.55 No.8 911-920
  • 102

  • Effects of thioredoxin on established airway remodeling in a chronic antigen exposure asthma model
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Biochemical and Biophysical Research Communications
  • / Vol.360 No.3 525-530
  • 103

  • Regulatory T Cell と気管支喘息
  • その他 / 共著 / 2005年
    呼吸
  • / Vol.24 No.7 573〜578
  • 104

  • 新しくなったガイドラインの変更点-GOLDと日本呼吸器学会の比較-
  • その他 / 共著 / 2005年
    THE LUNG
  • / Vol.13 No.2 15〜22

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp